観劇予報

『ハンサム落語第八幕』

『春よ行くな、』上演中! 劇団「悪い芝居」の音楽家・俳優 岡田太郎インタビュー

s_ 岡田太郎2(撮影:交泰)

劇団「悪い芝居」の音楽家・俳優、岡田太郎が活動の場を一気に広げている。今年は柿喰う客、Baobab、アマヤドリなど勢いのある小劇場の音楽を次々と手がけ、来月10月には所属するバンド「ジャパニーズクラブ」でCDデビューする。現在は、自らの生演奏で音楽を担当する悪い芝居リインカーネーション『春よ行くな、』(作・演出:山崎彬)が京都で、楽曲提供したアマヤドリ『『月の剥がれる』(作・演出: 広田淳一)が東京で上演中だ。

s_悪い芝居リインカーネーション『春よ行くな、』 (2)
悪い芝居リインカーネーション『春よ行くな、』

――今回の『春よ行くな、』は、2013年の『春よ行くな』がベースとなっています。初演では、どういう発想から音づくりを始めたのでしょうか?
正直、初演のときのことが記憶にないんです。悪い芝居に入って4作目の本公演。当時は右も左もわからなくて、自分の中にあるものをめちゃくちゃ出してやろう思ってつくった。その結果がこの音楽になったんやろうなと思います。音ができるまではものすごく考えた記憶はあって、山崎彬が初演で構想ノートを書いているのですが、僕も音楽構想ノートを書いてスタッフに見せたりしていました。今見ると、めっちゃ青臭いんですけどね。※山崎彬の構想ノート http://waruishibai.jp/864197re/
──初演は悪い芝居本公演で初めて舞台に立って生演奏で劇伴を担当した作品だそうですね。
入団して1、2作目の『駄々の塊です』(2011年)と『カナヅチ女、夜泳ぐ』(2012年)は音楽だけ作っていて、3作目の『キャッチャーインザ闇』(2013年)は音響オペレーションをしていました。1、2作目では自分で作った音楽を音響さんに流してもらっていたんですが、日々変わるので毎日、音楽を直していた。それで3作目は自分で音響オペをするようになって、でも結局、作ってあるものを再生しているわけなので、じゃあその場で自分で演奏すればいいじゃん、となったのが初演の『春よ行くな』でした。僕が大事にしているのは、あまり打ち込み音を使わないこと。役者の歩幅など動きのテンポは絶対に一定ではないので、その役者の呼吸に合わせる音楽って、機械の打ち込みではなく人間がその場でつくるものだと思っているんです。だから、生演奏でもやるんです。
──今回のリインカーネーション版をつくるにあたって、音楽は変わりましたか?
自分の年齢も、台本上の役柄の年齢もあがったことはありますね。今回、1〜3曲目は全部、録音し直しています。でも、ちょっと残した部分もあるんですよ。2曲目に、自分の声でめっちゃ叫んだ音が入っているんです。その声をギターアンプに通して、ひずませて聞かせてる。それはそのまま使っていてる。美味しかった部分だけ残してもってきて、録りなおした感じですね。
──音のスタイル、ジャンルとしてはどういうものでしょうか?
言葉にするのは難しいですね。台本のもやもやってしているやつを、ぐちゃぐちゃと音に出した感が初演はあったんですよ。再演は少しひいては観れているかな。ちょっと背伸びした部分の背伸び感も音にも現れていると思うし。一番激しい部分と、けれど落ち着いているところと両面を持ち合わせている音かな。戯曲にもそういう面があると思っています。

s_ 岡田太郎1(撮影:交泰)

2016年は『春よ行くな、』のほか、EPOCH MAN『鶴かもしれない2016』(1月)、柿喰う客フェスティバル2016『サバンナの掟』『いまさらキスシーン』(6月)、悪い芝居vol.18『メロメロたち』(7月)、東京ジャンクZvol.6『サスペンデッドアワー2』(7月)、Baobab『靴屑の塔』(9月)、AKB48 チーム8 単独上演舞台『絢爛とか爛漫とか』(9月)、アマヤドリ『月の剥がれる』(9月)を手がけた。12月には僕たちが好きだった川村紗也(2)『ゆっくり回る菊池』の音楽も担当する。

──最近、一気に仕事の幅が広がっています。
舞台の劇伴のお仕事をいただくようになったのはこの3年ぐらいでしょうか? 作曲はひとりでするのですが、広くいうと演出家さんや作家さんに譜面をもらっている感じがしています。そういう意味では僕の作風は、作家さんたちに広げてもらっているのが大きいですね。一方で、自分の根底にある、自分が作りたいものってなんだろうと悩んだこともありました。
──その根底の部分が、ギターボーカル3人のバンド「ジャパニーズCLUB」の活動ですね?
そうなんです。ジャパニーズCLUBは10月にCDデビューが決まりました。なので、今はすごくいいバランスやなと思います。ギター3人のバンドっておもろいでしょ。CDでは再現不可能なぐらいいろんなことをやろうと思って、打ち込みから、ギター弾き語りなどいろいろやっています。ライブでは、3人で汗かきまくって歌いまくってという感じ。まずは、ジャパニーズクラブでフジロック(FUJI ROCK FESTIVAL)に出たいですね。

s_岡田太郎 稽古風景(撮影:交泰)

──今年は音楽を担当した映画『INNOCENT15』(監督・脚本:甲斐博和)も公開されました。劇伴をつくる音楽家としては、今後どういうものに取り組んでいきたいですか?
ぼくは、このスタッフ、このキャスト、この場所でしかできないという音楽を探してきています。今回、山崎さんに「太郎くんがかっこよかったって、アンケートに書かれへんかったら勝ちやね」って言われたんですが、音響や照明スタッフさんからも、「音や照明がすごかったとか言われたら、それはある意味よくなかったということだ」という話をよく聞きます。ひとつが突出するのはなく、すべてが揃ったからこそ生まれる作品の音でありたいかな。そして、「岡田太郎じゃないとできないから頼んだ」という存在になりたいです。
──具体的にやりたいことはありますか?
音楽家としては演劇にこだわっているわけではないので、いろいろやりたい。ミュージカルだけではなくて、劇伴として歌詞ありきの歌ものも、やりたいですね。ドキドキしている場面でドキドキしているような演技をしながら歌詞でも「ドキドキした♪」とか歌うような、さむいのが多いと思うので、そうじゃないやつを嫌味なく上手くできる演出家とやりたいです。
──では、最後に生演奏で出演中の『春よ行くな、』は、お客さまに何が残るといいなと思っていますか?
せりふとか鳴っていた音とかは残っていなくてよくて、結果、外に出たときに何か心にひっかかるものが変わればいいですね。劇場を出たときに音楽とかせりふが残っていたら、俺らの音や言葉が根付いちゃっただけだから。劇場を出た瞬間から、その人の新しい解釈がはじまって、それを想う力が強くなったらいいなと思います。

s_悪い芝居リインカーネーション『春よ行くな、』
悪い芝居リインカーネーション『春よ行くな、』
 

〈公演情報〉
stage60895_1
悪い芝居リインカーネーション『春よ行くな、』
作・演出◇山崎彬(悪い芝居) 
美術
杉原邦生(KUNIO) 
音楽
岡田太郎(悪い芝居)
●京都公演 9/23〜26◎京都芸術センター 講堂 
●東京公演 10/4〜10◎テアトルBONBON
出演◇奥田ワレタ(クロムモリブデン)、大原研二(DULL-COLORED POP)、永嶋柊吾、片桐はづき、斎藤加奈子(ろりえ)/北岸淳生、、植田順平、山崎彬(以上悪い芝居)

★映画『INNOCENT15』(監督・脚本:甲斐博和)は2016年12月17日(土)〜23日(金)、東京・テアトル新宿でレイトショー。

s_ジャパニーズCLUB ジャケ写
★ジャパニーズCLUBデビューアルバム『J.P.C』
2016年10月19日(水)発売。2000円(税抜)



【撮影/交泰(人物) 舞台写真/堀川高志(kutowans studio)】



『ハンサム落語第八幕』




kick 

shop 

nikkan 

engeki 




最高に笑えてハッピーになれるシェイクスピア! Dステ『お気に召すまま』柳下 大、遠藤雄弥、鈴木壮麻インタビュー

s_0012-2

こんなに笑えるシェイクスピアは初めて」と好評を博してきた青木豪演出による、Dステのオールメール・シェイクスピアシリーズ。その第3弾として登場するのは、シェイクスピア喜劇の中で最も幸福な物語とも言われる『お気に召すまま』。
「当時シェイクスピアもそうしていたに違いない」という戯曲の読み解きから、1人2役でのキャスティングが多用されるなど、シェイクスピア没後400年のメモリアルイヤーに相応しい、仕掛けの詰まった本格喜劇となっている。
そんな作品に取り組む若手演技派の柳下 大と遠藤雄弥、実力派の鈴木壮麻が集まって、作品への意気込み、そしてDステの未来までを語ってくれたえんぶ10月号のインタビューを、別バージョンの写真とともにご紹介する。
 
s_0017
遠藤雄弥、柳下大、鈴木壮麻
 
一点の曇りもない喜劇で人間讃歌

──『お気に召すまま』という作品についてどう感じていますか?
柳下 僕にとっては初めてのシェイクスピア作品ですが、青木豪さんの上演・台本によるこれまでのDステのシェイクスピア作品は、『ヴェニスの商人』も『十二夜』もすごくわかりやすかったんです。ですから自分としては、初シェイクスピアはDステの豪さんのもので出たいなと思っていましたし、豪さんも「一点の曇りもない喜劇」とおっしゃっていて全員がハッピーになれる作品なので、皆で楽しく作っていきたいです。
遠藤 やはり日本人の感性だと、「ここでそのまま思った通り言う?」みたいなストレートな台詞があって、ヨーロッパの時代物だなぁと思います。それを日本人が演じる面白さがまずある上に、今回は喜劇ですから、とても楽しいものになるだろうなと思います。
鈴木 まず人間讃歌の物語ですよね。大ハッピーエンドで素敵だなと思います。シェイクスピアの作品は言葉が豊かなので、そこをどう自分で咀嚼して、命を吹き込んでお客様に伝えていけるか。演じる方のハードルは高いのですが、お客様にはリラックスしてご覧頂きたいです。

s_0048

2役もありの新鮮なキャラクターたち
 
──演じる役柄について教えてください。
柳下 オリヴァー家の三男オーランドーという、王子様みたいな役です。すごく真っ直ぐでピュアな人なので、とことん王子様キャラになりきろうと今回は思っています。本当にただひたすらにロザリンドを恋して、全く周りが見えなくなっているので、そういう状況に陥ることが不自然でないように、何の作為も曇りもない人として作っていきたいです。
遠藤 僕は2役で、松尾貴史さん演じるフレデリック公爵に仕えている宮臣のル・ボーと、アーデンの森の娘のオードリーを演じます。シェイクスピア作品に触れるのも、青木豪さんの演出を受けるのも初めてですし、本多劇場に立つのも女性役も2役を演じることも初めてで、初めてづくしなので、何もかもがとても楽しみです。情報通のル・ボーも、可愛くない女の子という設定のオードリーも、扮装写真を撮った時から面白かったし、新鮮に取り組めると思います。
鈴木 僕も2役で、貴族のアミアンズと、結婚の神のハイメンを演じます。ハイメンは最後の最後に登場して「これにて一件落着」と締めるという役どころです(笑)。アミアンズは歌うシーンが多いのですが、まだ曲ができていませんから、どんな曲を歌うんだろう?という気持ちでいますが。
柳下 壮麻さんはすごく美声の方だから、とても楽しみなんです。
鈴木 いやいやそんな。豪さんが僕の舞台を観に来てくれて「色々なアイディアが浮かびました」と言ってくれているので、怖い部分もありつつ(笑)、楽しんで取り組みたいです。

0030
 
──今回、たくさんの方が2役で出演する中で、柳下さんは1役を通しますね?
柳下 だからこそブレずにいたいと思います。周りの方がどう変わろうとも、ただロザリンドが好きなだけ、一目惚れしただけを貫くのが、いいんじゃないかなと。ロザリンド役の前山剛久君とは一度共演はしているのですが、こんなに絡みがあるのは初めてなので、難しいことは考えず、どんな芝居で来られようとも「好き!」でいようと。そして、ロザリンドが男装をして前に立っても気づかないくらい(笑)一途な思いが、微笑ましく見えたらいいなと思っています。
 
この作品でDステの次の歴史に繋げてい

──お互いへの期待や、魅力を語ってください。
柳下 遠藤さんとの共演は5年ぶりくらいになるんですが。
遠藤 そんなに経ったっけ?
柳下 Dステではすれ違いになっていたから。でもずっと遠藤さんのことは「家の柱」のような人だなと思っていて。役者としてもプライベートでも軸や芯をしっかり持っている方ですから、「お願いします!」という感じです。壮麻さんには意欲的に食いついていって、表現の仕方や良いところを全部盗んでやろう! くらいの気持ちでいます。
遠藤 僕は(柳下)大の芝居に感銘を受けることが多くて、その表現に胸を打たれてます。それに役によって立ち居振る舞いまで変わってきながら、素の明るさや人懐っこさも投影されるのがいいなと思います。壮麻さんはとても柔らかい雰囲気の方で、事務所のパーティで「君が遠藤君なんだね」と話しかけてきてくださったことがあって、僕を知っていてくださったんだ! とすごく感激しました。

s_0046
 
鈴木 知ってますよ! あの時も仲間に入れて欲しくて話しかけたから(笑)、今回共演できるのがとても楽しみです。柳下君は、さっきも僕から良いところを盗むなんて言ってくれましたが、本人がこれだけ主役経験を重ねているのに、いつも腰の低い青年で、僕こそ見習わなければですし、役を生きようとしている役者さんということが手に取るようにわかりますから、そういう人たちと共演できるのが嬉しいです。
──Dステもこの作品で19作を数えて、次はいよいよ節目の20作品目ですね。
柳下 まだどの作品になるかはわかりませんが、いつもの流れの通りだとすると、この『お気に召すまま』の公演中にはきっと発表されていると思います。毎年必ず1本〜2本、公演を続けてこられたのは貴重なことですから、何よりも今後も途切れずに続けていくことが大切だなと。
遠藤 理想としては、同世代の俳優の方達にDステに出たいと言って頂けるように、そこを目標に続けていきたいですね。
柳下 今回も壮麻さんはじめ、強力なベテランの方達に出て頂くので、まず、また出たいとおっしゃって頂ける舞台にするように頑張って次に繋げたいですね。
鈴木 豪さんの演出はシャープで新しさもあるので、若い人たちが飛び込んでいきやすいシェイクスピア・ワールドだと思いますから、節目を目指していく作品として、お客様にも喜んで頂けるものを、一緒に協力して作っていきましょう。
柳下・遠藤 はい、よろしくお願いします!


s_0036-2
やなぎしたとも○88年生まれ。神奈川県出身。06年俳優デビュー。主な出演作品として、TVドラマ『軍士管兵衛』『果たし合い』、舞台『真田十勇士』『熱海殺人事件』『ブロードウェイミュージカル『アダムスファミリー』『いつも心に太陽を』(主演)『オーファンズ』(主演)『浮標(ぶい)』などがあり、17年1月ミュージカル『手紙』への出演が控えている。
 
s_0040-2
えんどうゆうや○87年生まれ。神奈川県出身。映画「ジュブナイル」で俳優デビュー。映像、舞台などで多彩な活躍を続けている。近年の出演作品として、ドラマ「ドクターカー」「おわこんTV」「パーフェクトリポート」映画「ボクは坊さん」「龍三と七人の子分たち」「ホットローズ」舞台城山羊の会『仲直りするために果物を』『宮本武蔵(完全版)』などがある。
 
s_0049-2
すずきそうま○60年生まれ。東京都出身。82年劇団四季に入団。抜群の歌唱力で中心俳優として活躍。98年退団後も舞台を中心に活躍中。作詞・作曲をしたアルバム「宝もの」を始め「クッキー」等のCDを出している。第23回読売演劇大賞優秀男優賞受賞。近年の主な出演作品に『サンセット大通り』『タイタニック』『フロッグとトート』『Forever Plaid2016』『End of the RAINBOW』などがあり、17年1月『フランケンシュタイン』への出演が控えている。

〈公演情報〉
3ed14e

Dステ 19th『お気に召すまま』
作◇ウィリアム・シェイクスピア
翻訳◇松岡和子
演出・上演台本◇青木豪
音楽◇笠松泰洋
出演◇柳下大、石田圭祐、三上真史、加治将樹、西井幸人、前山剛久、牧田哲也、遠藤雄弥、松尾貴史、鈴木壮麻、大久保祥太郎、山田悠介(台本の登場順)
●10/14〜30◎東京・本多劇場 
●11/12、13◎山形シベールアリーナ
●11/19、20◎兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
〈料金〉7,000円 召しませシート6,000円(全席指定・税込) 
〈お問い合わせ〉ワタナベエンターテインメント 03-5410-1885(全日11:00〜18:00)




【取材・文/橘涼香 撮影/岩田えり】



『ハンサム落語第八幕』




kick 

shop 

nikkan 

engeki 

川畑泰史座長の吉本新喜劇が『東京グランド花月』に初登場!

_86A0007-R-

よしもと100年の歴史に裏付けられた看板寄席である"グランド花月"公演、「東京グランド花月」が、9月29日〜10月2日の4日間、東京・池袋のサンシャイン劇場で開催される。
今年3月に開催した3回目の公演を皮切りに、東京公演の定期化をスタートさせた「東京グランド花月」。お笑いの本場・大阪でもなかなか見ることのできない大御所から人気の若手までが総出演する本公演では、漫才、落語、コント、吉本新喜劇のほか、ブレイク中の人気芸人や、今後の活躍が期待される芸人が多数出演。吉本の全てを詰め合わせた"最高の寄席"を豪華ラインナップでお届けする。

今回は、川畑泰史座長の吉本新喜劇が『東京グランド花月』に初登場することが決定。その公演の開催発表囲み会見が9月7日に、東京・よしもと本社にて行われ、「東京グランド花月」出演者を代表して川畑泰史座長、NON STYLE、横澤夏子が登壇した。
 
川畑座長公演は、池乃めだかや諸見里大介など大阪で人気の座員が出演、川畑は「これまでルミネで東京芸人を交えてやったことはあるんですけど、"純"大阪メンバーでやるのは初めてなんで、笑っていただけるか不安な部分もあります」としながらも、「小籔くんやすっちーは"ボケの座長"で、僕は"ツッコミの座長"なんで、2人に比べたらわかりにくいところもあるかもしれないんですけど、安定感のある、見て“面白かった”と思ってもらえる新喜劇にしたい」と意欲を見せる。
「東京公演ならではの演出などは考えていますか?」と聞かれると、「大阪と同じ気持ちでやりたいと思ってるんで、いつも通りでいきたい」「ヘンに東京向けにやってスベっても恥ずかしいんで、スベるなら大阪どおりにやってスベリたいです(笑)」と、スタイルを変えるつもりはないと答える川畑。
 
また、過去全ての公演に出演しているNON STYLEが、公演に皆勤している立場から本公演の見どころを聞かれ、「皆勤するつもりはなかったんですけどね(笑)」と井上裕介がコメントすると、「なんで皆勤なのかというと、東京グランド花月をやろうと言い出したんは僕なんです」と石田明がうそぶき、笑いを誘う。しかし、川畑座長については「周りを活かす座長なので、いろんな人のいろんなキャラが楽しめるのでは」(石田)と期待を寄せた。 
初登場となる横澤夏子が「そうそうたるメンバーの仲間入りができてうれしいです」と喜びを語り、「こんなに豪華なメンバーなんで、お弁当も楽しみです(笑)」と言うと、すかさず井上が「全然やで」と横澤の期待をバッサリ。「会場が古いからしょうがないねんけど、楽屋もタコ部屋みたいやし、行ったらカイジみたいな気分になるで」と続け、笑わせると、川畑も「でも、お弁当が出るだけでも…。ふだん大阪ではまったく出ないんで」と大阪でのさらなる待遇の悪さ(?)をついでにグチってみせる。横澤が「池乃めだかさんにまだお会いしたことがないんです」と告白すると、井上が「そうなん? (大きさは)コレぐらいですよ?」と、近くにあるガンマイクを指さし、笑わせる。
 
また、東京グランド花月については、「新喜劇の大阪のメンバーを全員連れて来れるということがどういうことかというと…、ちょっとずつ儲かっております!」と分析する井上。「だから他には学天即、和牛、とろサーモン…ギャラの安い芸人ばかり連れてきてるんです」と続け、「あれ?でもとろサーモンはなんで入ってるんやろ?ここは(平成)ノブシコブシでよかったんちゃう?」とキャスティングに異議を唱えると、石田が言いにくそうに「ほら、ノブコブさんはネタが1本しかないから…」とコメント。
すると川畑も「言われてみれば…よう気づいたなぁ」と乗っかる。「偉い人も観に来ますし、日常のギャラが上がるチャンスなんでがんばりたい」とギラギラしたところも見せる井上だが、ゲスの極み乙女。の川谷絵音の新たなスキャンダル報道についてコメントを求められ、いろんな角度から分析してもっともらしくコメントすると、「さすがブスの極みさん(笑)」と石田にイヤミを言われる一幕も。
最近、ピンでの活動が増えていることを指摘され、「僕、基本的に井上NGなんで」と相方に共演NGを出す石田に報道陣は大爆笑。コンビ仲を聞かれ「中学からずっと一緒なんで、常にちょっと仲悪いです。年に2〜3回、目を合わせます」ともコメント。「でも電話は毎日してるんで」と続け、井上に「してへんわ!」とツッコまれていた。
 
4日間、入れ替わり立ち代わり豪華なラインナップという「東京グランド花月」。貴重なこの機会をお見逃しなく!

〈公演情報〉
【川畑泰史】【NON STYLE】【横澤夏子】
『東京グランド花月』 
●9/30〜10/2◎サンシャイン劇場
 
●9月29日(木)15:00 19:00
中田カウス・ボタン、宮川大助・花子、 FUJIWARA、学天即、横澤夏子、コロコロチキチキペッパーズ 他
[吉本新喜劇] 川畑泰史(座長)、池乃めだか、諸見里大介 他  
●9月30日(金)15:00 19:00
オール阪神・巨人、トータルテンボス、ロバート、和牛、トレンディエンジェル、ハリセンボン(2回目)、ジャングルポケット 他
[吉本新喜劇] 川畑泰史(座長)、池乃めだか、諸見里大介 他  
●10月1日(土)11:00 15:00 19:00
テンダラー、COWCOW、博多華丸・大吉(2.3回目)、シャンプーハット、インパルス、ピース(2回目)、ウーマンラッシュアワー(3回目)、バンビーノ(1回目) 他
[吉本新喜劇] 川畑泰史(座長)、池乃めだか、諸見里大介 他
●10月2日(日)11:00 15:00
桂文珍、西川のりお・上方よしお、メッセンジャー、ロザン、NON STYLE、キングコング 他
[吉本新喜劇] 川畑泰史(座長)、池乃めだか、諸見里大介 他
〈料金〉1階 5,500円 2階 4,500円(全席指定)
〈お問い合わせ〉チケットよしもと 0570-550-100 


『ハンサム落語第八幕』




kick 

shop 

nikkan 

engeki 
記事検索
QRコード
QRコード