観劇予報

えんぶ4月号

新国立劇場4月公演は、上村聡史演出で安部公房の骨太な戯曲に挑む『城塞』

「城塞」組写真
たかお鷹、山西惇、辻萬長

新国立劇場は、安部公房作『城塞』を、気鋭の演出家・上村聡史によって、4月13日〜30日に新国立劇場 小劇場で上演する。

この作品は、新国立劇場の演劇シリーズ「かさなる視点―日本戯曲の力―」の第2弾で、昭和30年代の日本の名作戯曲を30代の気鋭の演出家たちに託す3ヶ月連続のシリーズ。第1弾で3月公演の三島由紀夫作・谷賢一演出の『白蟻の巣』に続いて、4月はこの『城塞』、5月は田中千禾夫作・小川絵梨子演出『マリアの首』、6月はウィリアム・サローヤン作・宮田慶子演出『君が人生の時』、7月がジョン・オズボーン作・千葉哲也演出『怒りをこめてふり返れ』というラインナップが続く。

『城塞』は、戦時下のとある家庭で繰り返される、父子による奇妙な"ごっこ"を描き、戦争によって富を築いたブルジョア階級の責任を問う痛烈な視点が際立つ傑作だ。

【あらすじ】
とある家の広間。爆音が響く。電燈が尾を引いて消える。どうやら戦時下のようである。
「和彦」と呼ばれる男とその父が言い争っていた。父は「和彦」とともに内地に脱出しようとするのだが、「和彦」は母と妹を見捨てるのか、と父を詰る。しかし、それは「和彦」と呼ばれる男が、父に対して仕掛けた、ある"ごっこ"だった……。

上村聡史は新国立劇場では、2013/2014シーズンに、サルトル作『アルトナの幽閉者』を演出。難解で複雑な構造の戯曲を鮮やかに視覚化し、質の高い舞台成果を上げたことは記憶に新しい。常に問題意識を持ち、時代や状況に批評精神を投げかける上村の演出で、『城塞』の新たな上演に期待が高まる。
また出演者も山西惇をはじめ、椿真由美、松岡依都美、たかお鷹、辻萬長という実力派5人が、安部公房の骨太な戯曲に挑んでる。 

この作品の稽古初日、顔合わせの模様の動画が届いた。演出家の上村聡史、そして本シリーズの企画者である演劇芸術監督の宮田慶子が何を語ったのか、稽古初日の緊張の中、作品への意欲が伝わってくる。


〈公演情報〉

top_vs_p_fortress

2016/2017シーズン
かさなる視点―日本戯曲の力― Vol. 2
『城塞』
●4/13〜30◎
作◇安部公房
演出◇上村聡史
出演◇山西 惇 椿真由美 松岡依都美 たかお鷹 辻萬長(※「辻」は点が1つのしんにょうです)
〈料金〉A席6,480円 B席3,240円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉新国立劇場ボックスオフィス 03-5352-9999


えんぶ4月号 




kick 

shop 

nikkan 

engeki

大山真志ら、スペースクラフト所属の若手男性俳優によるファン感謝イベント『Men's Crew!』レポート

全体2

スペースクラフト所属の若手俳優によるファン感謝イベント『Men's Crew!』第2回が2017年3月20日(月・祝)に東京・浅草六区ゆめまち劇場にて開催された。
多くの舞台で活躍するほか、昨年放送されたドラマ『真田丸』で大河ドラマ初出演を果たし話題となった大山真志を迎え、第1回のイベントに続いての参加となる奥村秀人、永松文太、前川優希、堀田怜央、石井祐輝。声優部研修生の五十嵐巧巳、三上丈、杉浦隼永、名富航平、阿部渉。さらにイベント初参加の佐藤信長を加えた総勢12名が出演。フレッシュなダンスと笑顔で、オープニングから観客の目を釘付けにしていた。

大山真志2

MCは前回に続き永松と前川が担当。緊張のあまり声が裏返るハプニングがあったものの、「ハッピーホワイトデー!」「イエーイ!」のコール&レスポンスにホッとした表情を見せるふたり。さらにメンバー登場時に、メインゲストの大山がステージを横切りそのまま去って行こうとするのを慌てて引き止めようとする姿に場内は大爆笑! 笑いを通じて、後輩たちの緊張感を解く手腕は、さすがイベント慣れしている大山ならでは。

最初のコーナーは、“思い出のホワイトデー”。
ホワイトデーにまつわる胸キュン・エピソードが語られるのかと思いきや、「バレンタインのお返しに他の人と被らないようにと思ってハンカチを贈ったら、まさかの3人かぶり」という堀田、「違うクラスの女子を呼び出すことが出来ず、お返しを渡せなかった」という奥村、「お菓子作りが得意な母親がガチで作ったスイーツに、クオリティが高すぎて女の子がショックを受けていた」という永松など、バレンタインに続き残念エピソード満載のメンバー。
これを聞いた大山は「イベントなんか気にせず、好きならいつだって告白すればいい!」と、男前なコメントでファンのハートをガッチリつかみ、コーナーを締めくくった。

前回も好評だった“写メって喋って”コーナーでは、大山が今読んでいるアメコミ(※アメリカンコミック)『Watchmen(ウォッチメン)』の表紙、舞台共演者と行ったディズニーランドの写真、癒しの存在の愛犬という3枚の写真が披露された。さらにもう1枚、昨年お誕生日イベントで上映されたドラマで撮影された1枚が披露され「今日は特別にドラマのダイジェストで皆さんに見ていただきます!」と紹介。名作刑事ドラマをリスペクトしたシーンや、CGを使った“W真志”夢の共演に、観客はもちろんメンバーも手を叩いて大喜びだった。

石井祐輝(左)前川優希(右)
 
続く“みんなで決めようキャッチフレーズ”コーナーは、各自にピッタリのキャッチフレーズを新聞の見出しから探そうというもの。「安心の日本製、奥村秀人」「見どころ満載、堀田怜央」「ポイント2倍、石井祐輝」など名言(=迷言!?)の数々が飛び出し、各自のキャラクターの一端をうかがい知ることができた……かも? このコーナーでMVPに輝いた堀田怜央には「客席に向かって愛の告白」という、ご褒美とは名ばかりの罰ゲームが用意されていたが、メッセージの後に投げキスをするという予想外の強心臓ぶりを見せ、メンバーから「やるなぁ」との声が起こった。

ほかにも、声優部研修生による“なりきりキャラクター”コーナーでは、正義のヒーローやアイドルになりきってアフレコをする後輩たちを、奥村が“ドSっぷり”を発揮して新たな魅力を引き出す一幕もあり、いじり倒されても果敢に挑んでいく研修生たちに大きな拍手が送られた。

永松文太、前川優希、堀田怜央、石井祐輝によるメンクル・ミニ・ライブでは、「Just Loving You」「WONDERLAND」の新曲2曲が披露され、パワフルな歌とダンスで会場を盛り上げた。

大山真志
 
一方、大山真志スペシャルライブでは、軽快なポップナンバーからバラードまで、バラエティ溢れる楽曲を歌い上げ観客を魅了した。
「楽しい時間はあっという間、次がラストナンバーです。僕たちスペースクラフト Men's Crew!のテーマ曲『SMILE and SMILE』!」
歌いながら花道に飛び出し、明るくなったフロアを見渡しながら手を振りアピール。
キラキラと紙吹雪が舞う中、場内の興奮は最高潮の内に幕を閉じたのだった。

集合カット
前列/佐藤信長、大山真志、石井祐輝 後列/堀田怜央、奥村秀人、前川優希、永松文太

イベント終了後、「同じ事務所のメンバーとイベントをする機会は、実はなかなかないことなので、こういうイベントができるのがうれしいですね。ただイベント経験がないメンバーばかりなので、MC大丈夫かな、盛り上がるトークが出来てるかなって僕は最初から最後までハラハラしっぱなしでした(苦笑)。お客様に楽しんでいただくためにも、プロ意識を持ってもっと頑張らないと……せっかく大勢の人にアピールできるチャンスをいただいているのだから、もっと自分を出していかないと! 今後も長く続くイベントを目標に頑張って欲しいですね!」と語っていた大山真志。
回を重ねる毎に、フレッシュで個性的な一面を見せ始めるスペースクラフト Men's Crew。今後もさらなる成長と挑戦を見守りたい!


〈イベントデータ〉
スペースクラフト Men's Crew! 〜ホワイトデースペシャル〜
3/20◎浅草六区ゆめまち劇場
出演◇大山真志
奥村秀人、永松文太、前川優希、堀田怜央、佐藤信長、石井祐輝
五十嵐巧巳、三上丈、杉浦隼永、名富航平、阿部渉(声優部研修生)

【資料提供/スペースクラフト】




えんぶ4月号 




kick 

shop 

nikkan 

engeki
 

ミュージカル『ゲゲゲの鬼太郎〜十万億土の祈り唄〜』間もなく開幕! 井上一馬・大塚庸介インタビュー

Unknown-2
ねずみ男/大塚庸介・小豆はかり/井上一馬
 
劇団イッツフォーリーズが2014年に初めてミュージカルとして上演し、大評判となったミュージカル『ゲゲゲの鬼太郎〜十万億土の祈り唄〜』、その3年ぶりの再演が3月28日に俳優座劇場で幕を開ける!(31日まで) 
1968年にアニメ化されて以来、広く親しまれているオープニングテーマ「ゲゲゲの鬼太郎」、そしてエンディングテーマ「カランコロンの歌」は、劇団の創設者いずみたくが作曲したもの。ミュージカル化に際しては、脚本・演出にラサール石井を迎え、“鬼太郎”が誕生するまでの物語を、オリジナルストーリーで描いている。
そのキャストの中から、小豆はかり役の井上一馬とねずみ男役の大塚庸介に、水木しげるの故郷、境港の風景の中で話を聞いた「えんぶ4月号」の記事を別バージョンの写真とともにご紹介する。

水木先生の意思を継いで、身を引き締めて演じる

──豪雪の中、鳥取の境港市にある「水木しげる記念館」で衣裳を着て撮影していただきました。
井上 大塚くんの衣裳は暖かそう(笑)。こっちは寒いよ。ねずみ男は、出っ歯を口に入れて喋るし歌うから大変だね。
大塚 井上さんの頭を作るのも大変ですよ。最初は「まりも」のように小さいから、これを巨大にする苦労があります。ただ、この格好で町を歩いても驚かれなかったですね。
井上 町中が水木ワールドの住人だからね。その日も米子で『死神』の公演があったけど、豪雪の中、270人ものお客様がいらっしゃって、みんなで感動したよね。
大塚 町全体に優しさがあります。
井上 館長の庄司行男さんも突然の訪問を快く受け入れてくださった。水木先生の生い立ちから、執筆していた場所も含めて目撃できて、幼い頃に読んでいた水木作品と今回の『ゲゲゲの鬼太郎』が結びついて、改めて気持ちが引き締まりました。
──役どころは大塚さんがねずみ男、井上さんが小豆はかりなのですね。
大塚 ねずみ男は、人間が持っている欲の代表ですが、鬼太郎のどこか怠けた部分とも共通する、妖怪と人間の間を仲介しているポジションです。
井上 僕はアニメには一切登場しないキャラクターです。天井の上で小豆をパラパラさせて「一瞬は永遠であり永遠は一瞬である」という水木先生の名言を言います。力のない妖怪ですが、哲学的で人間の心の闇を小豆はかりに託した先生の意思を感じさせます。 

力で押し返すのではない方法があるんじゃないのと

──記念館では水木先生のお話も出ましたか?
井上 館長さんが話してくれたことが非常に強烈でした。「鬼太郎がヒットしてお金を儲けさせてくれてありがとう」とおっしゃったそうです。子供向けのファンタジーを作っていながらあえて善人ぶらない。お金を稼ぐことを卑下してはいけない。正直でいなくちゃいけないと。そして、人間というのはしたたかだけど、頑張らなくてもいいんだ、怠けていいんだよと。まさに鬼太郎のことですよね。みんなが優秀でエリートでなくてもいいとおしゃっている気がします。
大塚 今、時代はピリピリしているじゃないですか。だから劇中の「頑張らなくてもいいんだよ」というナンバーが大事なんです。妖怪と戦うシーンでバカになって歌うんですが、その歌で妖怪たちのバリアが浄化されていく。戦争体験をした先生だからこそ、「力で押し返すのではない方法があるんじゃないの」と言っている気がしました。
──この作品は劇団の財産演目になっていきそうですね。
大塚 お客様はこの年齢じゃなきゃだめとかいうのではなく、年齢の高い方から低い方まで、一緒に見てもらいたい作品なんです。とにかく色々な方々に見ていただきたいです。
井上 NHKのニュース番組で2.5次元舞台が若い女性に受けていて、今後の日本の演劇界の柱になると言ってました。この作品も漫画の原作ありきで2.5次元ですが、万人が楽しめて、水木先生の精神性が残り続ける作品にしていきたいですね。
──最後に、作品を楽しみにしている方へ一言。
大塚 この舞台はファミリーミュージカルというカテゴリーに入ると思うんですが、みんなで一緒に楽しめる作品なので。ぜひ親子で観てもらたいですね。
井上 いずみたくが作ったテーマ曲を、ぜひ口ずさんで帰ってほしいです。

Unknown-1
大塚庸介・井上一馬

いのうえかずま○鹿児島県出身。『ルドルフとイッパイアッテナ』で客演を務め、その後イッツフォーリーズに入団。2011年には、てがみ座『線のほとりに舞う花を』で佐藤佐吉賞優秀主演男優賞を受賞。主な出演作品に『お・ど・ろ』『死神』『秋に咲く桜のような』『夏の夜の夢』など。特技はヒップホップダンスからタップダンスまで何でもこなす。

おおつかようすけ○東京都出身。杉並児童合唱団に所属している頃、いずみたくの曲に憧れ役者を志す。その後イッツフォーリーズに入団。また得意のギターを生かしてフォークデュオ「かぼす」を結成。主な出演作品に『おれたちは天使じゃない』『野菊の墓』『霧のむこうのふしぎな町』『死神』など。2017年4月には『見上げてごらん夜の星を』で主演を務める。

〈公演情報〉
鬼太郎(表)029-thumb-350x496-1436

イッツフォーリーズ公演
ミュージカル『ゲゲゲの鬼太郎〜十万億土の祈り唄〜』
原作◇水木しげる
脚本・作詞・演出◇ラサール石井
音楽◇玉麻尚一
挿入歌◇作詞・水木しげる 作曲・いずみたく
出演◇明羽美姫 井上一馬 勝部祐子 大塚庸介 金村瞳
中村つむぎ 田中愛実 新井あゆ美/外岡えりか
築出静夫 縄田晋 四條久美子(ペテカン)  西海健二郎(劇団SET) 丸山優子(劇団SET)
●3/28〜31◎俳優座劇場
〈料金〉前売4,000円/当日4,500円 30日・31日11時 前売3,500円/当日4,000円 U25/3,000円(全席指定・税込) 
〈お問い合わせ〉オールスタッフ 03-5823-1055(平日11:00〜19:00) 
http://www.allstaff.co.jp



【取材・文/竹下力 写真提供/イッツフォーリーズ C水木プロ】 



えんぶ4月号 




kick 

shop 

nikkan 

engeki

 
記事検索
QRコード
QRコード

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について