観劇予報

えんぶ最新号好評発売中!

前川知大×長塚圭史の初タッグ作品 シアターコクーン『プレイヤー』ビジュアル完成!

プレイヤー宣材-メイン
前川知大×長塚圭史の初タッグによる作品『プレイヤー』は、8月4日より27日まで、Bunkamuraシアターコクーンにて上演されることは既報だが、そのビジュアルが完成し発表された。

本作『プレイヤー』の元になるのは、前川知大が全作品の作・演出を手掛ける劇団イキウメで、06年に上演した戯曲『PLAYER』。謎の死を遂げた女性が死後の世界から語りかけ、死者の声が選ばれし生者の身体を利用し再生されるというサイコホラー作品。この、死が生の世界を侵食していく作品世界を、劇中劇として取り込み、稽古するカンパニーの姿を描くのが、今回の新しい作品『プレイヤー』。
これまでシアターコクーンの空間に挑戦的で壮大な世界を生み出してきた長塚圭史が演出を手がける。長塚が今、演出家として興味を持っている表現方法と、前川が好んで書き、得意とする入れ子構造の仕掛け、そして初タッグとなる2人が起こす化学反応で、この夏最大の話題作が誕生する。

〈生きる者が死者の再生装置となっていく戯曲『PLAYER』〉と、〈俳優たちが劇作家の言葉を再生する“Play”〉、そして〈観客の目の前にいる俳優たちが“俳優役を演じる”〉という、幾重にも“演じること”が重なる本作。戯曲『PLAYER』が持つ不穏な世界が、演じる俳優たちを侵食していき、生と死、現実と虚構の境界線は次第に曖昧になっていく。死が生を侵食する不穏な世界観を表現したビジュアルとなっている。

プレイヤー宣材-サブ

出演者は、蜷川幸雄に見出されて以降、舞台、映画、TVドラマ、CMなど幅広く活躍する藤原竜也。共演には、前川とは5度目のタッグとなる仲村トオル。前川をして「演じる役の論理や感情を照れなく伝えられる」と言わしめる真っすぐさが本作にどう生かされるのか。そして、12歳で初主演したドラマ『瑠璃の島』では高い演技力で注目を浴び、以降映像作品を中心に活躍する成海璃子、変幻自在の演技力と際立つ存在感の木場勝己、さらに、作品のキーパーソンとなる女性演出家役に元宝塚男役トップスターの真飛聖ほか、魅力的な豪華実力派キャストが結集した。

【ストーリー】
記憶という死者を、再生する
ある劇場のリハーサル室。演劇の稽古が行われている。演目は『PLAYER』。幽霊の物語だ。
死者の言葉が生きた人間の体で再生されるという、死が生を侵食してくる物語。
物語は、劇中劇『PLAYER』と稽古場という二つの人間関係を行き来しつつ進行し、次第にその境界が曖昧になってゆく。彼らはなにを「再生」しているのか。

公演情報〉 
シアターコクーン・オンレパートリー2017 『プレイヤー』
作◇前川知大
演出◇長塚圭史
出演◇藤原竜也 仲村トオル 成海璃子 シルビア・グラブ 峯村リエ 高橋努 安井順平 村川絵梨 長井短 大鶴佐助 本折最強さとし 櫻井章喜 木場勝己 真飛聖
●8/4〜27◎Bunkamuraシアターコクーン
〈料金〉S席10,500円 A席8,500円 コクーンシート5,500円(全席指定・税込)
   一般発売:6月3日(土) 10:00AM〜
〈チケット問い合わせ〉 03-3477-9912(発売日初日特電) 03-3477-9999(6/4以降)
  Bunkamuraチケットセンター(10:00〜17:30/オペレーター対応)プレイヤー
〈お問い合わせ〉Bunkamura 03-3477-3244(10:00〜19:00) 
   http://www.bunkamura.co.jp/

●8/31〜9/5◎森ノ宮ピロティホール
〈お問い合わせ〉キョードーインフォメーション 0570-200-888(10:00〜18:00)
  http://www.kyodo-osaka.co.jp/

●9/9・10◎静岡市民文化会館・中ホール
〈お問い合わせ〉静岡朝日テレビ 054-251-3302(平日10:00〜18:00)
  http://www.satv.co.jp/0500event/


【ビジュアル撮影:細野晋司】






えんぶ最新号好評発売中! 




kick 

shop 

nikkan 

engeki 

「何をもって日本人とするのか」を焙り出す舞台『アジアン・エイリアン』6月に上演!

『アジアン・エイリアン』宣伝ビジュアル中(撮影・富岡甲之) (1)

「日本人とは何か」(何をもって日本人とするのか)。深遠なテーマをサスペンス・ドラマとして描いた1998年初演・2000年再演の『アジアン・エイリアン』が、2017年現在の我が国の社会事情に照らし合わせて戯曲を大幅に改訂、17年ぶりに新演出で上演される。
 
本作ではさまざまな問題が浮き彫りになっていく。例えば、「今なお潜在化する在日等に対する差別意識」「日本国籍を取得できず無国籍となって生きる人々」「戸籍を売買して生きる人々」「厳然としてある出自などの個人情報による差別社会」…。
偏見や差別から遠く離れて「共生社会」に向かうには、私たちはいったい何と向き合えばいいのだろうか。

【あらすじ】
病院の霊安室前。室内には交通事故で死んだ、ある男女の遺体が安置されている。
知らせを聞いた境田健吾は病院に駆けつる。死んだ女は境田の姪、死んだ男は境田と仕事上の関わりが深かったカメラマンで、姪の婚約者でもあった。
そこへ死んだ男の姉だと名乗る女が現れ、事態は一転。大きな謎が沸き起こる…。 そして、その不可解さを助長するかのように、霊安室のドアの下から「水」が染み出してくる。しかし、その水は境田にも、男の姉だと名乗る女にも、誰にも認知されない。
この国において、「私が私であることの必然」は何に求めればよいのか。
染み出して溜まっていく「認知されない水」が意味するものは果たして何なのか。

赤坂RED/THEATERという小劇場で1トンの本水を使用。染み出る水は何なのか?じわじわと忍び寄る、この国の真実をあぶりだす問題作。
この社会において「何をもって日本人とするのか」を斬新な視点と舞台演出で切実に観客に問いかける。

【劇団ワンツーワークス(OneTwo-Works)】
劇作家・演出家の古城十忍を代表とする演劇集団。元劇団一跡二跳の俳優を主力メンバーに、2009年に活動をスタート。数々の社会問題をジャーナリスティックな視点で描く古城十忍の新作書き下ろしオリジナル作品を中心に、現代社会にコミットする作品を次々に発表。
一方、「自殺」をテーマに多くの人々にインタビューし、その証言を再構成して舞台化した『誰も見たことのない場所』、子どもを産む現状を取材した『産まれた理由』などのドキュメンタリー・シアターは古城がイギリス留学から得た1つのスタイルとして確立した。また本邦初演の戯曲上演も積極的に行い、これらオリジナル戯曲、ドキュメンタリー・シアター、翻訳戯曲がワンツーワークスの3つの柱となっている。
古城十忍(こじょうとしのぶ)○劇作家・演出家、「ワンツーワークス」主宰。宮崎県生まれ。熊本大学法文学部卒。熊本日日新聞政治経済部記者を経て1986年、劇団一跡二跳を旗揚げ。以降、さまざまな社会問題をジャーナリスティックな視点で描く。05年、文化庁新進芸術家派遣でロンドンおよびダンディ(スコットランド)に留学。帰国後、イギリスで学んだ、インタビュー取材に基づく膨大な証言から戯曲を構成する「ドキュメンタリー・シアター」の上演にも力を注ぐ。08年、一跡二跳を解散。翌09年に「ワンツーワークス」を始動。現在、公益社団法人日本劇団協議会常務理事、埼玉県立芸術総合高校講師、東京都立総合芸術高校講師。


〈公演情報〉
ワンツーワークス#22『アジアン・エイリアン』
作・演出◇古城十忍 
出演◇奥村洋治(ワンツーワークス) 関谷美香子(ワンツーワークス)) 多田直人(演劇集団キャラメルボックス) 山田悠介 池永英介 山中雄輔(劇団スパイスガーデン) 増田 和(ワンツーワークス) 原田佳世子(ワンツーワークス) 小山広寿(ワンツーワークス) 吉澤萌々茄 石川亞子 松尾敢太郎 田村往子
●6/22〜7/2◎赤坂レッドシアター
〈料金〉前売4,500円 当日4,800円 学生3,000円※「学生」チケットは当日、受付にて学生証を提示(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉(株)オフィス ワン・ツー/劇団ワンツーワークス 03-5929-9130  





えんぶ最新号好評発売中! 




kick 

shop 

nikkan 

engeki

カムカムミニキーナ『狼狽〜不透明な群像劇〜』間もなく開幕! 八嶋智人・藤田記子インタビュー

_B1A5661_

小さなひとつの事件をきっかけとして、時の流れを縦横無尽に乗り越えて物語世界を構築し、現代社会へ鋭い問いを投げかけるカムカムミニキーナ。2017年の本公演『狼狽〜不透明な群像劇〜』が、6月2日の四日市文化会館での初日を皮切りに、大阪、東京で公演を行う。

【あらすじ】
人気作家のゴーストライター疑惑を追う一人の記者がたどり着いた関東奥地の山村。
時代から取り残されたようなその狭い地域には、狼に命を救われたという、都落ちの悲劇の皇子の伝説が色濃く残る。
どこか後ろめたい空気を漂わせる村人達は一様に犬を飼っていて、四六時中、村には犬の遠吠えが鳴り止まない…
古民家に滞在し、不気味な日々を過ごしながら、記者は件の作家を追い詰めていく。
やがて『狼谷にもう一つの村がある』というメモを残して、その記者は忽然と姿を消したのだった…

「狼狽」というキーワードをもとに、ミステリアスなストーリーが展開していくこの作品を率いるのは、劇団の主力俳優にして外部での活動も目覚ましい八嶋智人と藤田記子。日頃から仲がいい二人に、新作について、また劇団について思うことを語ってもらった「えんぶ6月号」のインタビューを別バージョンの写真とともにご紹介する。

_B1A5667_
八嶋智人・藤田記子

片方だけでは危うくなるこの世界
 
──『狼狽』について、お二人はどれくらい概要を聞いていますか?
八嶋 ええと、まさに今、あらすじを読んでいる真っ最中です(笑)。この間、劇団でミーティングがあったので、松村に「次はどんな話にするの?」って聞いたら、「それは、ひとことでは言われへんな」で終わっちゃいましたから。
藤田 あらすじを読んでみても、私としてはよくわからないなと(笑)。やっぱり実際に演じてみるまでは、まったく掴めないですね。
八嶋 「狼狽」という言葉は、どちらの漢字も伝説上のオオカミのことで、一方は前足が長くて後ろ足が短く、もう一方は前足が短くて後ろ足が長い。これらが寄り添って平均を保っているので、どちらかが欠けると危うくなるというのを表しています。この爛丱薀鵐広瓩、1つの大きなテーマになるだろうと思っています。最近、世情もなんだかきな臭くなってきていますが、生と死、男と女など、どちらか片方ではなく、表裏一体で考えなきゃいけない、と。
──劇団外での活動も多いですが、カムカムはご自分にとってどんな場所なのでしょう?
八嶋 僕にとっては、松村の書くホンは一番難解だし、一番慣れ親しんでいる場所ゆえに、俳優としては何をやっても新鮮味がないという、一番厳しい場所。だからこそ、劇団員はどういうことをやるのか、稽古を見るのが楽しみでもありますね。
藤田 劇団公演は年1回なので、自分が前回からどれだけ成長できているのか、すごく緊張します。八嶋さんや松村さんから「お前、あかんくなったな」という目で見られたら、ホントに終わりだと思うので。私にとって八嶋さんって一番尊敬する先輩で、お会いするたびに変化し続けていて、「すごいな」と思わされるんですよ。いつでも先輩が先に進んでくれているというのが、ありがたいなって思います。
八嶋 いい後輩だね(笑)。僕らはたぶん二人とも我の強いタイプの俳優で、若いころは自分が良ければ満足していたような気がします。でも27年劇団活動をしてきたなかで、「カムカムは、松村の書く世界を体現する劇団だ」と意識が変わってきた。もちろん、自分というのはどれだけ制御しても漏れいづるものだと思いますが、最近は二人とも「より、作品に埋没したい」と思っているんじゃないかと感じますね。

_B1A5647_

全部観ていただいて初めて腑に落ちる

──今回の客演陣、ナイロンの新谷真弓さんや姜暢雄さん、KAKUTAの多田香織さん、芹井祐文さんという顔ぶれも非常に魅力的です。
八嶋 新谷さんは手練れな女優さんで、ビジュアルもかわいい。実は昔から松村作品のことをすごく愛してくれていて、理解度も高いんです。
藤田 姜くんは二枚目でカッコいいうえに、独自の発想で妄想を膨らませるのが得意そうなので、刺激をもらえるのが楽しみです。
八嶋 多田さんは作品前半、中心となって引っ張っていく役どころを任されているので、松村の信頼が厚いんだなと思います。芹井くんは以前カムカムに出演しているし、演出助手をやってくれたこともあるから、心強いですね。
藤田 ここ数年、徐々に「ストーリーは複雑だったけど、わかりやすい」と言っていただけるようになってきました。ウチの作品って、とにかく全部を観ていただいて初めて腑に落ちる、というモノなんだと思うんです。
八嶋 言葉でわかりやすく説明できるようなことだったら、演劇にする必要がないですからね。今回は三方囲みの舞台になるそうなので、お客さんにもよりダイレクトに松村の書く世界観を体感してもらえる、そんな作品になると思います!

_B1A5672_
八嶋智人・藤田記子

やしまのりと〇奈良県出身。90年、松村武とともに、劇団カムカムミニキーナを旗揚げ。強い個性と鮮やかなセリフ回しキレのあるトークを武器に、舞台のみならず、ドラマや映画などの映像作品、またバラエティ番組においても広く活躍中。劇団以外の最近の出演舞台は『國語元年』『消失』『あたらしいエクスプロージョン』など。

ふじたのりこ〇東京都出身。94年、劇団カムカムミニキーナに入団。ダイナミックな演技で、舞台に大きなうねりをもたらす女優として、多方面で活躍中。08年には劇団拙者ムニエル澤田育子との演劇ユニット「good morning N°5」を立ち上げる。最近の出演舞台は『青木さん家の奥さん供戞悒ぅ鵐肇譽薀鵐垢虜廖戞悗匹匹畧磧戞愧羚颪良垰弋弔別鮨諭戮覆鼻


〈公演情報〉
21

カムカムミニキーナ
2017本公演
『狼狽 〜不透明な群像劇〜』
作・演出◇松村武
出演◇八嶋智人 藤田記子 吉田晋一 長谷部洋子 田原靖子/姜暢雄 新谷真弓(ナイロン100℃)  多田香織(KAKUTA)  芹井祐文 他
●6/2◎四日市文化会館 第2ホール、
6/10・11◎近鉄アート館、
6/17〜25◎東京芸術劇場シアタ−ウエスト 
〈お問い合わせ〉 カムカムミニキーナ 090-6328-1076




【取材・文/木下千寿 撮影/安川啓太】



えんぶ最新号好評発売中! 




kick 

shop 

nikkan 

engeki
記事検索
QRコード
QRコード

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について