稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

『銀河鉄道999』お得なチケット販売中

ハイバイの岩井秀人が構成・演出!さいたまゴールド・シアター番外公演 『ワレワレのモロモロ ゴールド・シアター2018春』5月初旬に上演!

●【横長】GT_NEWshugo_CMYK のコピー-1

さいたまゴールド・シアターの公演を劇団「ハイバイ」の岩井秀人が構成・演出する『ワレワレのモロモロ ゴールド・シアター2018春』が、5月10日〜5月20日、彩の国さいたま芸術劇場で上演される。

「ハイバイ」の全作品を作、演出してきた岩井秀人が描く作品は、ひきこもりの経験を始めとした岩井の実体験が基盤となっている。家族に暴力的だった父の闘病生活によって変化する夫婦のかたちを描いた『夫婦』に代表されるように、岩井自身の体験を戯曲にして自分自身が演じる「私小説」ならぬ「私演劇」のようなスタイルで創作してきた。また、出演者が自分自身の体験を戯曲にして演じる『ワレワレのモロモロ』を全国各地で展開している。

今回の公演は、平均年齢78.4歳(2018年1月15日現在)のさいたまゴールド・シアターのメンバーが、自身に起きたできごとを台本化し自ら演じる『ワレワレのモロモロ ゴールド・シアター2018春』。
第二次世界大戦、朝鮮戦争、戦後の民主主義運動、経済成長やウーマンリブといった時代の象徴的な出来事を経験してきた彼ら。喜びも悲しみも豊かな経験にして人生を切り拓き、自分の足で歩んできた彼らから発せられる言葉、演じる彼らの身体からは、その背景を想像することはもちろん、もっと奥深い「人生」そのものを考えさせられる。
 
蜷川幸雄が語った、さいたまゴールド・シアター設立の目的とは
――年齢を重ねるということは、さまざまな経験を、つまり深い喜びや悲しみや平穏な日々を生き抜いてきたということの証でもあります。その年齢を重ねた人々が、その個人史をベースに身体表現という方法によって新しい自分に出会うことは可能ではないか?ということが、私が高齢者の演劇集団を創ろうと思った動機です。その表現集団の名前を「さいたまゴールド・シアター」とします。
老人は天使じゃない。自己主張をする。個々の自己主張が一つにまとまっていくのは格闘技のように大変です。でも、それがまた面白い。
彼らは人生のリアルというものを背負ったまま舞台に立つから、それは観たこともない演劇になるのです――

この言葉通り、今回の作品もまた、これまでに出会ったことのない世界を見せてくれるに違いない。
 



〈公演情報〉
本チラシ(文字抜き) のコピー

さいたまゴールド・シアター番外公演
『ワレワレのモロモロ ゴールド・シアター2018春』
構成・演出◇岩井秀人
出演◇さいたまゴールド・シアター ユニット
石井菖子、大串三和子、神尾冨美子、小林允子、佐藤禮子、谷川美枝、田村律子、
百元夏繪、益田ひろ子、小川喬也、高橋清、竹居正武、遠山陽一、森下竜一
●5/10〜20◎彩の国さいたま芸術劇場 NINAGAWA STUDIO (大稽古場)
〈料金〉一般 3,500円円 メンバーズ 3,200円円 U-25 2,500円(税込/全席自由・整理番号付)
〈お問い合わせ〉.048-854-1170(火曜〜日曜10:00〜20:00)
http://www.saf.or.jp/arthall/stages/detail/4874


【写真:宮川舞子 チラシビジュアル 宣伝コラージュ=田内一子(さいたまゴールド・シアター)宣伝デザイン=柳沼博雅】


『銀河鉄道999』お得なチケット販売中
kick shop nikkan engeki 

往年の名曲とダンスで彩られるThe レビュー『カーテンコールをもう一度!』好評再演決定!

カーテンコール_4shotS[1]
金井克子 前田美波里 中尾ミエ 尾藤イサオ
 
往年の名曲とダンスで彩られる“ザッツ・レビュー”で、60年代、70年代の青春再び!
2017 年の銀河劇場で初上演、大好評を得たThe レビュー『カーテンコールをもう一度!』が、六本木EX シアターで再演されることになった。
 
誰もが観ているうちにエネルギーをもらい、劇場から出るときにはスキップしたくなる。そんなステージを目指して、現役スターのベテラン俳優たちが、かつて一世を風靡したきらびやかなレビューを再現すべく歌い踊るステージ。プロデューサーでもある中尾ミエに「年齢的にも最初で最後だろうと思っての挑戦」と言わしめていた本作が、本人たちのやる気と昨年上演の自信によって、再び、今度は六本木の EX シアターで披露される。
 
カーテンコール_2017年時の舞台写真
初演のステージから

バレエで維持するスレンダーな肢体で変わらぬ美声を披露する金井克子、もともとレビュー出身で、若い頃の妖艶さそのままの見事なスタイルを誇る前田美波里、圧倒的な歌唱力に加え、本作のために新たにタップダンスを修練したという中尾ミエ、スタンドマイクを逆さに、パワフルに歌い上げるロカビリー界のレジェンド・尾藤イサオ。この大スターたちが生バンドの名曲と共に、希望と夢とパワーを目いっぱい詰め込んだステージを創り上げる!

過去を振り返るミュージカルチックな展開の第一部と、現在の彼ら彼女らが現代に再現するという設定のレビューショーが第二部という二部構成は変わらず。かつての名曲を懐かしむオールドファンだけではなく、レビューを観たことのない若い世代からも共感を得た本作が、エネルギッシュでエレガント、セクシーでゴージャスな“ザッツ・レビューショー”として再び幕を開ける。

〈公演情報〉
The レビュー『カーテンコールをもう一度!』  2018
構成・脚本・訳詩◇山川啓介
構成・演出・振付◇本間憲一
出 演◇金井克子 前田美波里  中尾ミエ 
吉元和彦  本間ひとし 本間憲一
北村岳子 吉井乃歌 吉元美里衣 中西彩加
宮垣祐也 りんたろう 松本和宜
尾藤イサオ
演奏◇佐々木了民& The Vintage orchestra
●9/5〜7◎EX シアター六本木
〈料金〉通常チケット10,000 円[おみやげ付き] ディナーセットチケット15,000 円[おみやげ付き&お食事付き](全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉東京音協 03-5774-3030(平日 11:00〜17:00)
〈チケット発売〉 4 月 28 日(土)AM10:00〜






『銀河鉄道999』お得なチケット販売中
kick shop nikkan engeki

鈴木おさむ作・演出、廣瀬智紀×川栄李奈 W主演舞台、10月に上演決定!


廣瀬智紀_150312(C)あり_RGB廣瀬智紀川栄メインA写s川栄李奈 

鈴木おさむ作・演出による、ラブファンタジー舞台が10月に上演される!
出演者は、“劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season月”の熱演で活躍の場を広げる廣瀬智紀と、テレビ・CMで活躍中、演技にも定評のある川栄李奈が、W主演で挑む。
また、鈴木おさむ本人からの要望で、女子の切ない恋心を絶妙に描くシンガーソングライター大塚愛による主題歌書き下ろしが実現。大塚は舞台音楽書き下ろしに初挑戦となる。

osamu_photo鈴木おさむ
 大塚愛MAIN_A写s大塚愛

そのほかの出演者として、AmazonのCMや舞台『スマートモテリーマン講座』などでの存在感ある演技が注目されている戸塚純貴、今回初めての舞台出演となる、ドラマでキャラクターの強い役を演じることの多い個性派若手女優の柳美稀、そして、数多くのドラマや舞台で活躍する俳優山崎樹範が出演する。
柳美稀_2L戸塚純貴new山崎樹範_s
柳美稀、戸塚純貴、山崎樹範

鈴木おさむは「今、全力でかけ上っている若い4名のキャストといぶし銀の男、計5名による、切なくて泣ける恋の物語を作ります。“泣き恋”していただきたい」とコメント。
W主演の廣瀬智紀は「自分の殻をまた一つ突き破りたい」、川栄李奈は「おさむさんの世界観の中できちんと自分をつくっていけるよう頑張りたい」と意欲を表した。

公演は、本年10月〜東京・オルタナティブシアターほか、全国各都市で上演予定。気になるタイトルや公演詳細は、5月下旬発表予定となる。
 
〈公演情報〉
suzukiosamubutai_teaser

タイトル「未定」(5月下旬解禁予定)
作・演出◇鈴木おさむ
音楽◇大塚 愛 
出演◇廣瀬智紀 川栄李奈/戸塚純貴 柳 美稀 山崎樹範
●2018年10月〜◎東京・オルタナティブシアター ほか  

記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について