稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

ミュージカル『GRIEF7』

DIAMOND☆DOGS 15周年記念公演シリーズ FINAL 『DRAMATIC MUSICAL COLLECTION 2018』 公開稽古レポート&泉見洋平、法月康平、木村花代、東山義久、囲み座談会

IMG_1485

今公演をもって充電期間に入ることが発表されているDIAMOND☆DOGS (D☆D)15周年記念公演シリーズ FINAL『DRAMATIC MUSICAL COLLECTION 2018』が、6月27日〜7月4日、銀座の博品館劇場で上演される。

リーダー東山義久を筆頭に、男性ダンス&ボーカルユニットとして多彩な活躍を続けて来たD☆Dは、初期にはメンバーの入れ替わりも多かったが、現有メンバー7人が固まって早くも10年近い時が流れた。その間にボーカル2人、ダンサー5人という枠組みもボーダーレスになるほど、個々メンバーが大きな成長を遂げ、ひと時も休まずに走り続けてきたという印象が色濃い。
そのD☆Dがここで一度立ち止まり、充電期間を設け、メンバーのうち小寺利光とTAKAがD☆D卒業という道を選んだのも、その個々の成長故という側面も大きいのだろう。それは非常に寂しいことでもあるのが正直なところだが、きっとD☆Dはこののち更なるステージに飛躍していくに違いないと信じられる。それだけ個々メンバーの輝きが、今のD☆Dを作り育ててきた。
 
IMG_1427
IMG_1464

そんなD☆D現有メンバー最後の公演となるのが、D☆Dの人気シリーズのひとつ『DRAMATIC MUSICAL COLLECTION 2018』。ミュージカルの名場面、ビッグナンバーをD☆Dならではのダンスシーンも盛りだくさんに、ミュージカルコンサートを超えたミュージカルショーとして、ゲストを含めた全員で歌い踊るステージだ。今回のゲストはこの『DRAMATIC MUSICAL COLLECTION 』お馴染みのイ・ヒョン、法月康平、紅一点の木村花代、そして初参加となる泉見洋平。彼らを迎えてD☆Dのメンバーが躍動するラストステージに向けて、熱を帯びた稽古場が一部公開され、舞台の片鱗が浮かび上がった。

IMG_1384
IMG_1456

稽古場に入った途端聞こえてきたのは『レ・ミゼラブル』のナンバー。泉見洋平マリウスと東山義久アンジョルラスは、実際に帝国劇場の舞台で共に同役を演じた間柄。こう来たか!と思わせられたほど、本格的な場面の再現に胸が高鳴る。D☆Dのメンバー、法月康平も革命を志向する学生たちに扮し、熱いソロ、そしてコーラスが展開されていく。木村花代がファンテーヌのビッグナンバー「夢やぶれて」を切々と歌うなど、場面のつなぎ方も非常に自然で、見応えあるシーンになることは間違いなく、森新吾が自身も場面に入りつつ、また演出家として細かい指示を出していくごとに場面が引き締まっていくのがわかり、ゾクゾクさせられた。

IMG_1406
IMG_1674

休憩に入っても振りの確認、演出の確認など全員が止まることはない。和田泰右と法月が実に楽しそうにスマホを覗いているな…と思うと、それは実は振付の確認。和田から法月に振りが伝授されるのだが、まるでちょっとした手遊びをしているようにしか見えないのに「もうバッチリです!」と二人がクルクル踊り出すのにびっくり。中塚皓平が180度の開脚でやはりスマホを見つめているのも、一般人の目から見ると完全に異次元の世界だ。

IMG_1569
IMG_1567
IMG_1571

こうして稽古は振付を含めて実に真剣に進んでいくのだが、その真剣な場面の只中で、東山が中塚にいきなりパンチを入れて「馬鹿じゃないの?」と中塚が抗議しながら、笑いながら、でも平然と稽古が続いたり、ちょっととてもここでは書けないようなワルフザケが飛び出して、全員が大爆笑になるシーンも。ここにこの二人がいるのも最後なんだな…とこちらがちょっと感傷的にカメラのレンズを向けていると、気づいた小寺利光が満面の笑みでピースサインを送ってくれたり、咲山類とTAKAが並んでいるだけでやっぱり絵になったりと、稽古場自体の雰囲気がまるで高校の部活動のよう。あくまでも自然体で、仲が良くて、稽古自体を楽しんでいて、でもやる時はやる!というメリハリが、D☆Dの舞台の楽しさの秘密を解き明かしてくれるようなひと時になった。

IMG_1580
IMG_1654

そんな公開稽古の後で、泉見洋平、法月康平、木村花代、東山義久が、囲み取材の形で公演への抱負を語ってくれた。

IMG_1895

高校の部活動みたいな稽古場

──お稽古たけなわというところですが、今の感触はいかがですか?
東山 このシリーズは4回全部出ていますが、オープニング等毎回共通している部分はあるものの、ほとんどが新曲で、曲数も多く今回は40曲ぐらいありますから、覚えることがとても多いですね。今、1曲、1曲やっていっているので皆さん大変だと思いますが、ご覧になった通り楽しんでやっています。
──高校の教室に入ったような気持ちも少ししました。
東山 男子高の部活みたいでしょう?(笑)花ちゃん(木村)はいるけど。
木村 私は今回2回目なんですけれども、今回はまだ大人しくて(笑)、前回はもっと中学生っぽかったですね(笑)。ちょっと大人になって高校生になりました(笑)。
東山 (笑)今回、紅一点で。
木村 そう、紅一点。女性1人なのは今回初めてだと聞いてびっくりして、こんな私でいいのかな?と思ったのですが、たぶんあまりにも女の子、女の子した人はこのメンバーに入りにくいのでは?(笑)と思うので、結構男っぽい私は普通に馴染めています。(泉見)洋平ちゃんとは『ミス・サイゴン』で一緒でしたし、知っているメンバーばかりの中で和気藹々と、男子高校生たちに混じって(笑)、楽しくやらせて頂いています。

IMG_1625

泉見 僕は今回初参加させて頂いているのですが、久しぶりに『レ・ミゼラブル』をご一緒させて頂いていて。一緒に帝劇でやってから、9年ぶりくらい?
東山 うん、そうですね。
泉見 それだけの月日が経っているのに、最初の形をつけてもらってから何回も繰り返しているうちに、当時の感覚が戻ってきて。音楽ってすごいな、時間を超えるんだなと感じています。花ちゃんとは『ミス・サイゴン』で一緒だったのですが、今回はクリスを歌わせてもらっているので、違う立場でデュエットをしていて。同じ舞台に立っていて、着替えながらとか(笑)、何百回と聞いた曲なのですが、こんなに難しかったのかなと。
木村 本役でやっていた役もあれば、違う役を歌う場面もありますものね。
泉見 そうそう。『レ・ミゼラブル』の場合は演じていたマリウスだしね。双方面白いですね。
法月 僕は3回目なんですけれど、一番思うのは初めて出た時と違って、D☆Dさんの場面にも「ここノリ出ちゃっても良いんじゃない?」と、おこがましいのですが、D☆Dさんの一員のような感じで出して頂けるようになっているのが、見せ方という意味では成長しているのかな?と自分でも思っています。
木村 ゲストという感覚ではなくなっているのよね?
法月 そうですね。馴染んでます。
東山 もう入っちゃえば?(笑)
法月 それはないんですけど(爆笑)、この世界観に馴染んでD☆Dさんの中に溶け込んでいる感じになったのが、稽古をしていて楽しいです。

IMG_1390

日替わりの場面を含めて盛りだくさんな見どころ

──『レ・ミゼラブル』のシーンはやはりとても盛り上がりますね。
泉見 アイコンタクトしたりすると、あぁ、こうだった!って当時が蘇るね。
東山 そうそう、あぁこうしてたと、どんどん思い出すものがあるので、きっとご覧になるお客様にも楽しんで頂けると思います。
──森新吾さんの演出についてはどうですか?
木村 遊び心がすごくて。こちらが「この曲歌えるかな…」と思っている時にでも、とてもフランクに振り付けてくださるので、楽しんでやれています。
泉見 そう、その振り付けでもD☆Dさんは皆さんすごいじゃないですか。パパパパッとどんどん振りがついていって。僕はそこまでダンスのシーンには出ていないのですが、それでも「右、左、右、左」という感じながら(笑)、ご一緒させてもらって、やはり普段のコンサートとは全然違う感じがするし、現場が面白いです。
法月 僕は今回すごく好きな作品のソロを歌うのですが、その作品の中では踊るシーンではないところで、今回やっぱり踊りながらそのシーンを再現するんですね。でも場面が出来てみると、見せ方が違うだけでちゃんと作品が表現されている。それがやっぱり他にはないものだし、僕の表現の中にダンスの引き出しを増やしてくださったのはD☆Dさんであり森さんなので、すごく感謝しています。
東山 40曲ある中で、皆さんが色々な役になって出てくるので楽しんで頂ける構成になっていますね。皆でワイワイガチャガチャやるシーンもあれば、『レ・ミゼラブル』のコーナーのようにガッツリ場面を再現して、台詞も歌も芝居もする場面もあるので、お客さんに新たな洋平君の一面を見てもらえたり、という発見もたくさんあるように作られています。

IMG_1512

──それぞれご自身の場面で特におススメの見どころは?
東山 本当にいっぱいあるんですけど、やはり洋平君ともう一度という『レ・ミゼラブル』のコーナーはすごく楽しみですし、初めて歌うデュエットがあってとても素敵な歌なので、ちゃんと歌えれば(笑)、素敵なシーンになると思います。
泉見 全然知らない作品のナンバーにも今回チャレンジさせてもらっていて、今まではどちらかと言うと声を張って歌い上げるナンバーを多くやっていたのですが、抑えて歌うなど違う部分を引き出してもらっている気がするので、新たな面をお見せできるように頑張ります。
木村 私は前回に引き続いてイ・ヒョンさんと『オペラ座の怪人』を歌わせて頂きます。やはり自分の中でもとても思い入れのある作品ですし、ファントムを歌ってくださる方がいないと歌えない曲なので、今回の機会に舞台の上で歌わせて頂けるのがとても嬉しいです。この1曲があるだけで、自分の中のプレッシャーは大きいのですが、お客様に楽しんで頂けるように歌いたいです。
法月 このステージは稽古に入る前に「何を歌いたい?」と訊いて頂けて、しかも結構それを採用してもらえるんですよ!
木村 そうなのよね!
法月 それがすごく嬉しいんですが、好きな曲を歌うだけで終わってしまうとカラオケになってしまいますから、この舞台で歌っている意味を見つけて歌っていかないといけないと思っていて。そこが課題でもありますし、僕はイ・ヒョンさんと日替わりですけれども歌わせて頂ける日があるので、それはすごく楽しみです。
──日替わりの場面もあるのですか?
東山 そうですね。2幕に日替わりコーナーがあります。
──では、何回も行かないといけないんですね?
木村 そうなんです!何に当たるかわかりませんから!
東山 毎日来てもらいたいです!

IMG_1771

ゲストではなく、仲の良いメンバーの一員として

──この公演はD☆Dさんが充電期間に入られる前の、現有メンバーでのラストステージという大きな意味合いもある舞台なので、そこに参加されるということも含めて意気込みをお願いします。
法月 僕は本当にこの2年くらい、D☆Dさんとご一緒させて頂く機会が急激に増えて。
東山 メンバーじゃないの?(笑)
法月 メンバーじゃないんですが(笑)。
東山 準メンバーくらい?(笑)
法月 いや「準」でもないんですが(爆笑)、D☆Dさんの舞台があって自分が呼ばれていない時に寂しいなと感じるようになってきていて。D☆Dさんに必要として頂ける意味が自分の中でどんどん明確になってきての今なので、充電前の最後の作品に参加させてもらえるのがとても嬉しいです。自分の魅力を出すというのはもちろんなのですが、その上でD☆Dさんとの時間を大切にしてやっていきたいと思います。
木村 私はD☆Dさんのショーに参加させて頂くだけでなく、観客としてもたくさん観させて頂いていて。舞台上でも魅せますけれども、こうした稽古場でも1人ひとりが本当にマルチで、個性的で、特別な存在の人たちがひとつに集まって、これだけの長い期間よくここまで仲良くいられるなというのが、不思議で仕方がなくて。
東山 リーダーの器ですね(笑)。
木村 あぁ、そういうことにしておきましょう(爆笑)。でも本当に刺々しいところを感じる瞬間が全くないんですね。それがやっぱりこのメンバーが築き上げてきたもの、実績なのかなと思っています。本当に仲の良いこのメンバーで観られるラストということなので、私もゲストという形ではなくて、この舞台の一員としていられるように真摯に向き合っていけたらいいなと思っています。このステージはミュージカルを観たことがない人、ちょっとだけかじった人、ものすごく良く知っている人、どんな方でも楽しんで頂けると思います。それほどたくさんの作品が入っていて、見ても聞いても楽しい場面が目白押しになっています。ミュージカルコンサートはたくさんありますけれども、D☆Dさんの『DRAMATIC MUSICAL COLLECTION』はダンスがたくさん入ったショーの要素が多い、クオリティの高いスパイシーなものなので、今ミュージカルがまたとても盛り上がってきていますから、多くの方に是非観に来て頂いて、今後もこのメンバー1人ひとりを応援して頂けたらと思います。
東山 ありがとうございます。

IMG_1631

泉見 全部言われちゃったのですが(爆笑)。でもD☆Dさんの節目の舞台に初めて呼んで頂けて、共演できることが光栄です。おそらく初めてお目にかかるお客様もたくさんいらっしゃると思うので「なんでこの人が出て来たの?」と言われないようにしないと。
東山 そんなことはない!(笑)
木村 そう、ない、ない!(笑)
泉見 「こんな大事な公演に、なんであなたが出ているの?」ってなったらね。
法月 いやいやいや!(笑)
東山 大丈夫だよ!(笑) 
泉見 ですからこのカンパニーの一員として、1曲1曲心をこめてステージに刻んでいけたらなと思います。
東山 僕らはゲストの皆様と言っていますが、お三方がゲストではなくメンバーの一員と言ってくださるぐらい嬉しいことはありません。本当に15年の歴史の中で色々なセッションをやってきて、これが最後という言い方をするのかどうなのか?ではあるのですが、D☆Dはすごく面白いスタイルを創ってきたとは思うんです。ディナーショー、LIVE、こうしたショー、そして旅行にも行く(笑)。それぞれにファンの方がいらして、色々な提案をしてこられたという気持ちがあります。僕らは皆確かに仲が良いですけれども、新吾が演出をするようになったのをはじめ、個々がそれぞれの役割りを果たしてきて、皆が互いにリスペクトしながら稽古場では遊んでいる(笑)。その今のメンバーでということでは、今回が最後ということになると思えば感慨深いものがあります。でも終わるということははじまることだと思っているので、イ・ヒョン君も含めてこのメンバーとバンドの方達とで、次につながるような素敵なショーを創っていきたいと思っています。劇場でお待ちしています!

IMG_1900
 
※尚、D☆Dメンバー7人での囲みインタビューも近日公開予定です!お楽しみに!

〈公演情報〉
2018drama_1-thumb-593x840-955

DIAMOND☆DOGS 15周年記念公演シリーズ FINAL
『DRAMATIC MUSICAL COLLECTION 2018』
構成・音楽監督◇宮誠
演出・振付◇森新吾
出演◇泉見洋平/東山義久、法月康平、イ・ヒョン/木村花代 
DIAMOND☆DOGS (森新吾、小寺利光、中塚皓平、和田泰右、咲山類、TAKA )
●6/27〜7/4◎博品館劇場
〈料金〉9,000円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉博品館劇場 03-3571-1003
http://theater.hakuhinkan.co.jp/pr_2018_06_27.html



【取材・文・撮影/橘涼香】



ミュージカル『GRIEF7』


kick shop nikkan engeki 

大倉孝二とブルー&スカイのジョンソン&ジャクソン最新作 『ニューレッスン』開幕!

DFC_0648

大倉孝二とブルー&スカイの演劇コンビネーション“ジョンソン&ジャクソン”の新作『ニューレッスン』が渋谷・CBGKシブゲキ‼にて、6月21日、開幕した。
 
ジョンソン&ジャクソンは、俳優の大倉孝二と脚本家・劇作家のブルー&スカイが共同で脚本執筆と演出をし、出演もするという企画。今回で3回目の公演となる。毎回、演劇界のつわもの俳優陣が出演し、ナンセンスな世界を繰り広げているが、今回は、第1回公演にも出演した池谷のぶえが再参戦、加えて「ブルー&スカイのファン」と公言する、いとうせいこうが満を持して参加した。また追加キャストとして、ナイロン100℃劇団員の小園茉奈も加わることになった。

DFC_0309

時は昭和初期、文芸的なニュアンスも漂う世界観からスタートするが、、、、、。
「ただくだらない芝居をつくりたい」と標榜し立ち上がったユニットだけに、予測不可能。意味のない会話の応酬に、観客は、戸惑い、笑い、未だ観たことのない触感の世界に誘われるだろう。
多くは語らない。とにかく劇場で目撃してほしい。

DFC_0417

【コメント】

開幕に際し、ジョンソン&ジャクソンの、大倉孝二とブルー&スカイからコメントが届いた。

DFC_0578

大倉孝二
「本当にどうでもいい芝居が、今回も出来上がりました。観に来て下さる皆さんの中には、何が面白いのか分からない人もいるとも思うんですが、まあ、楽に笑って頂けると、こっちとしては盛り上がるので、もし面白かったら「あはは」と笑って頂けると幸いです。かといって、「楽しまなきゃいけない」ということでもないので、気負わずに、とりあえず劇場にどうでもいい気持ちで来てください。お待ちしてます。」

DFC_0593

ブルー&スカイ
「稽古が始まる前、稽古場でせいこうさんや池谷さんから色々とアドバイスを頂いたり、「こうしたら面白い」とか、「このセリフの方がいいんじゃないか」とか、話し合いができたら良いね、と思いながら、実際できるか分からなかったのですが、それが出来、作品が完成して、僕個人として本当に貴重な体験をさせて頂きました。この貴重な体験が、そんなに内容的に貴重じゃない公演に使えるということは、良いことだな、と思います。そんな感じを観に来てください。頑張ります。」

DFC_0690


〈公演情報〉
jj2018

ジョンソン&ジャクソン
『ニューレッスン』
作・演出◇ジョンソン&ジャクソン(大倉孝二 ブルー&スカイ) 
出演◇大倉孝二 いとうせいこう ブルー&スカイ 小園茉奈 
池谷のぶえ
●6/21〜7/1◎CBGKシブゲキ!!
●7/6〜8◎ABC Hall
〈お問い合わせ〉キューブ 03-5485-2252(平日12:00〜18:00) http://cubeinc.co.jp/stage/info/jj2018.html


【撮影/桜井隆幸】


ミュージカル『GRIEF7』


kick shop nikkan engeki

ピヨピヨレボリューションの次回作は初の恋愛スペクタクル劇!?

歌、ダンス、台詞を交えてのポップなエンタテインメントショーに加え、主宰で脚本を担当する右手愛美が作り上げる確かな世界観で人気のピヨピヨレボリューションの次回作は、“婚活”をテーマにした恋愛スペクタクル劇『プロポーズ難民』。
「普遍的な愛や結婚という題材をグルンと回したり振ったりして全方面から観察、そして考察してみました。ピヨレボ的恋愛観を相変わらずのぶっとんだ設定(本番のお楽しみ★)と圧倒的クオリティの歌、ダンスで魅せます。」(公演リリースより)とのこと。
毎ステージ後に行われるアフターイベントもこのチームならではの趣向を凝らした楽しい工夫が満載!
(詳細は公式HPで)
http://www.piyopiyorevolution.com/

Mrs.CORO
【コロ(演出担当)コメント】
ピヨレボの脚本と作曲である右手愛美は、現在話題沸騰中の恋愛バラエティ「バチェラーJAPAN」に出演して、かなり恋愛観や人生観が変わったようです。
元々ピヨレボの作品って右手の人生の一部を切り取ったようなものが多いのですが、そういう意味で今回も、右手愛美が丸裸になります。
ピヨレボはいわゆる歌やダンスのあるエンタメ舞台と言われるものですが、ただ頭空っぽにして楽しかっただけで終わりたくはなくて、今回はその仕掛けとしてTwitterで毎日「プロポーズ難民的2択」というアンケートを行っています。
アンケートでは自分の人生に迫る究極の2択の出題を心がけていて、観劇前からお客様の価値観を揺さぶれたらなあと。
膨大な量の命題からひとつでもひっかかった上で観劇してもらえたら作品がより面白くなるかなって。
お客様の脳みそが1回入れ替わるみたいなそんな物語体験をしていただけるよう頑張っておりますので、是非!

【ストーリー】
やけに記入項目の多い婚活サイトに登録すると、早速1通のメールが送られてきた。
「あなたはハイスペックな男性に出会うべき、選ばれた女性です。更に女を磨くためのパーティに参加しませんか?」
…あやしい。
でも自分を磨けば過去の酷い恋愛も忘れられるはず!と、覚悟して向かったパーティ会場には、きらびやかなドレスを着た個性的な女たち。
繰り広げられるあの手この手のラブ?? レッスン!?
わたしの結婚どうなっちゃうの〜。

【公演情報】
piyopiyo
ピヨピヨレボリューション
『プロポーズ難民』
脚本・作曲◇右手愛美
演出◇コロ
振付◇maco
出演◇東理紗 maco あずさ 右手愛美(Wキャスト) コロ(Wキャスト)
(以上、ピヨピヨレボリューション)
鹿島田織恵 六川裕史 石川琴絵 鶴岡政希
(以上、ピヨピヨ×××)
山崎未来 中野亜美 橘花梨 吉村慧一郎(アイアンメイメン)
福冨宝(劇想からまわりえっちゃん) 杉本恵祐(ドキュメンツ)
澤田慎司(FUKAIPRODUCE羽衣) 渡邊安理(演劇集団キャラメルボックス)

日程◇7月13日(金)〜22日(日)
会場◇吉祥寺シアター

お問合わせ:090-9312-0447(10:00〜19:00)
※不在の場合は留守電にご用件お願い致します。
info.piyorevo@gmail.com

公式HP


キャラメルボックス『エンジェルボール』


『プロポーズ難民』チケットも日時・枚数限定でお得に販売中!
shop kick  nikkan engeki
記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について