観劇予報

METライブビューイングで恋愛ドラマの名作『ロメオとジュリエット』間もなく上映!

s_ (C)Kristian Schuller/Metropolitan Opera のコピー
 (C)Kristian Schuller/Metropolitan Opera

ニューヨークのリンカーン・センターに位置する世界屈指のオペラハウス、メトロポリタン歌劇場。
その最新公演を映画館で上映する「METライブビューイング」は、世界のトップ歌手たちの夢の競演、最高のオーケストラ、刺激的な演出の数々を、リーズナブルな価格で楽しめる画期的なオペラ・エンターテインメント。こんシーズンも注目のオペラを、新宿ピカデリー・東劇ほか、全国にて順次上映中だ。
2月末からのラインナップは、『ロメオとジュリエット』『ルサルカ』『椿姫』と、一生に一度は観ておきたい、心を揺さぶる恋愛ドラマの名作オペラが揃った。

グノー『ロメオとジュリエット』
東劇◎上映期間 2/25〜3/3
MET上演日 2017/1/21 上映時間3時間30分(休憩1回)フランス語
指揮:ジャナンドレア・ノセダ 
演出:バートレット・シャー
出演:ディアナ・ダムラウ、ヴィットーリオ・グリゴーロ、エリオット・マドール、ミハイル・ペトレンコ

甘美な音楽が綴る世紀の恋!D・ダムラウ&V・グリゴーロのドリームカップルが魅せるオペラの奇跡。
「家」に引き裂かれ運命に翻弄される恋人たち!シェイクスピアが遺した永遠の悲恋物語をオペラ化したグノーの傑作が、ドリームキャストで制作!人気演出家B・シャーが壮麗かつスケール豊かに再現するイタリアの古都を舞台に、
世界のプリマD・ダムラウと花形テノールV・グリゴーロの強力カップルが、甘い二重唱や魅惑のアリアを歌い上げる。美しき声と旋律が引き立てる伝説の恋、これぞ、オペラの奇跡。
 
(C)Ken Howard Metropolitan Opera
 (C)Ken Howard Metropolitan Opera


ドヴォルザーク『ルサルカ』
東劇◎上映期間 3/18〜24
MET上演日 2017/2/25 上映時間3時間40分(休憩2回)チェコ語
指揮:マーク・エルダー 
演出:メアリー・ジマーマン 
出演:クリスティーヌ・オポライス、ブランドン・ジョヴァノヴィッチ、ジェイミー・バートン、カタリーナ・ダライマン、エリック・オーウェンズ

王子に恋した水の精の愛と哀しみ!ゴージャスな歌姫、K・オポライスがオペラ版「人魚姫」を絶唱!
人間の王子に恋した水の精ルサルカ!人間の体と引き換えに声を失った彼女の恋は叶うのか?珠玉のアリア〈月に寄せる歌〉で知られるオペラ版「人魚姫」を、注目の歌姫K・オポライスが熱唱!透明感あふれる音楽にほとばしる自然と人間の共存への憧れをファンタジックに描くM・ジマーマンの演出は、今シーズンの最注目プロダクション。円熟のベテランM・エルダーの指揮に、E・オーウェンズ、K・ダライマンら一流キャストが加わって、切ない愛のおとぎ話が花開く!


ヴェルディ『椿姫』
東劇◎上映期間4/8〜4/14
MET上演日 2017/3/11 上映時間2時間45分(休憩1回)イタリア 語
指揮:二コラ・ルイゾッティ
演出:ヴィリー・デッカー 
出演:ソニア・ヨンチェヴァ、マイケル・ファビアーノ、トーマス・ハンプソン

恋人のために身を引く薄幸の高級娼婦。超新星 S・ヨンチェヴァが歌い上げる不滅のヒロイン!
高級娼婦が真実の愛に巡り逢った時、残された時間はわずかだった…。〈乾杯の歌〈〉プロヴァンスの〈海と陸〉など名旋律に彩られた、世界で一番愛される「オペラの中のオペラ」!ヒロインの悲痛な運命を象徴化したW・デッカーの名プロダクションで、美貌と美声をあわせ持つ超新星 S・ヨンチェヴァが、時を超えて心を揺さぶる不滅の愛を歌い上げる。シンプルかつドラマティックな音楽に熱い生命を吹き込むN・ルイゾッティの指揮も注目だ


このあとも『イドメネオ』『エフゲニー・オネーギン』『ばらの騎士』など注目のオペラが次々に予定されている。
〈公式HP〉shochiku.co.jp/met/

MET16-17チラシ表面




お得なチケット販売中!『紳士のための愛と殺人の手引き』




kick 

shop 

nikkan 

engeki

小川絵梨子演出で初めての本格的ストレートプレイ挑む!『令嬢ジュリー』城田優 インタビュー

L3A9364_OK

近代演劇の先駆者と称されるスウェーデンの劇作家ストリンドベリ。日本でも多くの演劇集団によってこれまで数々の作品が上演されてきた。そんな作家の二大傑作、『令嬢ジュリー』と『死の舞踏』が、Bunkamuraシアターコクーン内に特設される2つの小劇場で、気鋭の演出家小川絵梨子の演出により、連日交互上演されることになった。(3/10より4/1まで。)
この極めて刺激的な試みの一翼を担って『令嬢ジュリー』の下男ジャン役を演じるのが城田優。ミュージカル界で多くの実績を積み上げてきた彼が、本格的なストレートプレイの舞台にどう取り組むのか。期待と意気込みを聞いたえんぶ2月号の記事を、別バージョンの写真とともにご紹介する。

_L3A9445

小川演出の魅力とスタッフの言葉が背中を押してくれた

──今回、本格的なストレートプレイへの挑戦に、この『令嬢ジュリー』を選んだ決め手は?
これまでもストレートプレイのオファーはたくさん頂いていたのですが、歌うのが好きということもあって、どうしてもミュージカルの方に気持ちが行っていた部分がありました。でも今回、この『令嬢ジュリー』のお話を頂いた時に、長く信頼している事務所のスタッフ陣が「これは貴方にピッタリだから、是非やるべきだ」と強く推してくれたんです。そういう客観的なプロデュース目線の判断は、いつも信じているんです。更に小川絵梨子さんが演出をされると伺って、僕自身小川さんが演出された作品は何本も拝見させて頂いていて、素晴らしい才能をお持ちの前途洋洋たる演出家さんだと注目していたし、いつかご一緒してみたいという思いをずっと持っていましたから、その2つで出演を決めさせて頂きました。
──小川演出のどういう点に魅力を感じていたのですか?
例えば難解な物語であっても、小川さんの演出によって感覚的に理解できるんです。彼女が創り出す世界観や、独特のセンスがとても好きです。何よりも舞台の上の人物の感情をリアルに見せながら、洗練された空間に仕上げる方なので、客席から観ていてとても興味を惹かれる演出家さんでした。今回一緒に作る側に回ることでどんな発見があるのか、特に役者が納得できるようにディスカッションを重ねながら稽古を進めてくださる方だと聞いているので、ストレートプレイ1年生みたいな僕としては(笑)心強いので、すべてをさらけ出して飛び込んでいこうと思っています。

_L3A9372

──『令嬢ジュリー』という作品について、今感じているのはどんなことですか?
1880年代の貴族と平民という階級社会の中の物語なので、今の時代の日本に生きる僕がリアルに感じようとすると、初めは難しかったです。でも小川さんが手がけられた上演台本を読んでみたら、とてもわかりやすい平易な言葉で、気持ちで話せる台詞になっていたので、まず安心しました。とはいっても3人芝居の中で僕の演じるジャンはほぼ出ずっぱりですし、台詞量も膨大なので、課題は山積みですが、想像していたより何倍も話しやすい言葉になっているので、良かった!と思っています。
──ジャンという役柄に共感するところは?
ジャンは下から這い上がる立場の人間で、いつか実業家になって上に立つ人間になるという話をジュリーにする。たぶん自分はそうなれるという自負と熱い思いを抱いているんだと思うんです。そこは芸能界に入ったばかりの頃の自分に重なりますね。当時は僕のことを誰も知らなかったし、思うように仕事も決まらなかったのですが、でも絶対に上に行く、やりたいことができるように必ずなる!という諦めない心を持っていたので、上に向かおうとする姿勢、ジャンの野心には共通するものを感じます。僕自身は今振り返ると、当時抱いていた夢はほぼ叶えられていて、それは自分でもすごいことだと思うし、だからこそ今は上に行きたいという思いより、質を高めたいという方向に視野が広がっているのですが。そんなふうに自分の経験をジャンの言葉に重ねながら、説得力のある役作りができたらいいなと思っています。

_L3A9445

演出を経験したことで演者としての視野も広がった

──今回、『令嬢ジュリー』と同時に『死の舞踏』も上演されるという珍しい形態ですが。
とても興味深いですよね。シアターコクーンという由緒ある劇場の中に、2つの劇空間を作って、同じ作者の違う作品を1人の演出家で交互上演する。まず客席の半分以上をつぶして舞台面を2つ作ることが、興行としてどれほど難しいかを考えると、制作側の覚悟のすさまじさと勇気を感じます。そういう意味でとてもエンターテイメント性が高いですし、客席の設計図を見ただけで驚きを感じる試みです。全く違う物語ですが、やはりこうして上演するからには、何らかの影響を互いにもたらすと思いますし、小川さんも2つの作品は実はリンクしているとおっしゃっているので、お客様には『令嬢ジュリー』だけでなく『死の舞踏』もご覧頂いて、この新しい試みから何かを感じ取って頂きたいです。
──昨年『THE APPLE TREE』で演出家としてもデビューしたことで、演劇の観方や演じ方に変化はありましたか?
大きく変わりました。これまでプレイヤーだった時には全く気づいていなかったセットや照明、衣装に対しても興味が広がりましたし、スタッフ、キャスト全員を引っ張っていかなければならない立場を経験したことによって、演じる側に戻っても演出家の大変さがわかるようになりました。特に『THE APPLE TREE』が3つの時代の異なる物語から出来ているオムニバス形式だったので、デビュー作にして貴重な経験が出来たのは幸いでしたし、今回同じ作家の違う作品を2作同時に創る小川さんの大変さも想像できる気がします。だからこそ、自分にとって初挑戦ともいえるストレートプレイ『令嬢ジュリー』に懸命に取り組んで、千穐楽の幕が降りた時に、自分なりにステップアップできたと思えるような舞台にしていきたいですね。

_L3A9375
しろたゆう○東京都出身。03年俳優デビュー。ドラマ、映画、舞台と幅広く活躍中。10年ミュージカル『エリザベート』のトート役で第65回文化庁芸術祭演劇部門新人賞を受賞し、15年、5年ぶりに務めた同作品の同役で、第23回読売演劇大賞優秀男優賞を受賞。また岩谷時子奨励賞も受賞するなど絶賛を浴び、16年の4都市上演も好評を博した。近年の主な舞台は『スウィニー・トッド』『テイクフライト』『ロミオ&ジュリエット』『ファントム』『The Love Bugs』、また『THE APPLE TREE』で演出家デビューも果たし、更に活躍の幅を広げている。
 
〈公演情報〉
シス・カンパニー
『令嬢ジュリー』
作◇A・ストリンドベリ
演出・上演台本◇小川絵梨子
出演◇小野ゆり子 城田優 伊勢佳世
『死の舞踏』
作◇A・ストリンドベリ
翻案◇コナー・マクファーソン
演出・翻訳◇小川絵梨子
出演◇池田成志 神野三鈴 音尾琢真
3/10〜4/1◎Bunkamuraシアターコクーン
〈お問い合わせ〉シス・カンパニー 03-5423-5906
〈公式サイト〉http://www.siscompany.com



【取材・文/橘涼香 撮影/岩村美佳】



ユナク(超新星)、ソンジェ(超新星)、イ・ジフン出演。韓国ミュージカル『INTERVIEW』




kick 

shop 

nikkan 

engeki 

堤幸彦の初プロデュースによる「女性ユニット」が『上野パンダ島ビキニーズ』を上演!

ビキニーズKV

数々の大ヒットドラマや映画を生みだし、その独特の世界観で観るものを虜にし、一方で演劇の世界でも琉球ロマネスク『テンペスト』(11年)、スペクタクル時代劇『真田十勇士』(16年)など、数々の舞台演出を手がけてきた鬼才・堤幸彦が、新たなる挑戦として、なんと「女性ユニット」を初プロデュースすることとなった。その名も「上野パンダ島ビキニーズ」。

始動とともに解禁となったビジュアルには、“パンダ”を被り、ビキニ姿で各々ポーズを決める7人の女性たちが。彼女たちは一体何者なのか。一体これからどんな活動を行っていくのか。そして、彼女たちは何故“パンダ”を被っているのか。今後の発表で、そのベールを… いや、パンダを脱ぎ捨て、謎に包まれたその正体が明らかになる!
 
そしてこの「女性ユニット」で、舞台『上野パンダ島ビキニーズ』を、3月に品川プリンスホテル クラブeXにて上演決定! 
作品を固める制作陣には、脚本に今注目の若手劇作家であり演出家の山田佳奈(ロ字ック)、音楽にこれまで100本以上の作品作りに参加している楠瀬拓哉、振付にはLIVE、MV、TV、舞台など幅広い分野で活躍するEBATOを迎え、最強タッグでこの舞台に挑む。
 
【あらすじ 】
沖縄県宮古島付近の海の上、ビキニ姿の⼥⼦達が救命ボートで漂っているところから物語は始まる。
アイドル「タクル」のPV撮影に使われた島に⾏こうと、SNSを介して集まった初対⾯の個性豊か7⼈。地味なヒロイン「朱⾥」、お嬢様「スミレ」、⽥舎ヤンキー「橙⼦」、ギャル「りん」、⿊魔術使い「雫久」、お⾊気担当「つき乃」、超ネガティブ⼥⼦「もえぎ」。
運のいいことに島に漂着できたが、そこは謎の監視カメラはあるものの、謎の⾍が⽣息し、謎のパンダの着ぐるみが無数に落ちていて、島の猿を従えた先住漂流者のおっさんがいる、なんともあやしい無⼈島だった。島を「上野パンダ島」と名付け、おっさんとともに島からの脱出を夢⾒て慣れないサバイバル⽣活を始める7⼈。
生活する中で、本⾳を⾔い合い、本気で怒ってケンカすることで、⽣きていることを実感し、タクルを好きなことでつながることができたとまたお互いの存在を認め合う⼥⼦達だったが、やはりどこかで心を通わせることができずにいた…。
ハプニングだらけのサバイバル生活の中で、「上野パンダ島ビキニーズ」は果たして島から脱出できるのか!?
 
無人島を舞台に巻き起こる、笑いあり!涙あり!ちょっぴり刺激あり!?の、超ハイテンションな、はちゃめちゃサバイバルストーリーとなる。


〈公演情報〉
 上野パンダ島ビキニーズ』
演出◇堤 幸彦
脚本◇山田佳奈(□字ック)
音楽◇楠瀬拓哉
振付◇EBATO
出演◇上野パンダ島ビキニーズ
●3/30〜4/2◎ 品川プリンスホテル クラブeX
※3/30(木) プレビュー公演
〈料金〉5,000円(全席指定・税込)
 プレビュー公演4,500円 (前売・当日共/全席指定/税込)
一般発売日:3月11日(土)AM10:00〜
〈お問い合わせ〉サンライズプロモーション東京 0570-00-3337 (全日10:00〜18:00)
〈公式ホームページ〉 http://www.nelke.co.jp/stage/bikinis






ユナク(超新星)、ソンジェ(超新星)、イ・ジフン出演。韓国ミュージカル『INTERVIEW』




kick 

shop 

nikkan 

engeki
記事検索
QRコード
QRコード

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について