稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

チケット50%OFFセール実施中!

ゴツプロ!第四回公演『阿波の音』来年1月、東京・大阪で上演。2月に台北公演も!

Unknown
Unknown

40代の男性俳優7人で結成、公演ごとに人気を集めているゴツプロ!が、来年1月に東京と大阪で第四回公演『阿波の音』上演する。また、第三回公演『三の糸』に続いて台北公演を行うことも決定した。

今回も脚本は竹田新。山野海の脚本家としてのペンネームで、山野海は劇団ふくふくやの主宰として、また女優としても活動中。その竹田新が書き下ろす毎回テイストの違う物語を受けて、役者同士のぶつかり合う熱いドラマを見せるのがゴツプロ!の舞台の魅力。今回は「阿波踊り」をモチーフに男たちの物語が展開する。

──昭和38年、あの頃の大人たちは、未来に何かを残すため、毎日必死に生きていた。
太陽に向かって生きていた。
阿波の踊りに想いを託し、毎日笑って生きていた。
踊る阿呆に見る阿呆、
同じ阿呆なら踊らにゃソンソン!

〈公演情報〉 
ゴツプロ!第四回公演『阿波の音』
脚本◇竹田新
演出◇山野海
出演◇塚原大助 浜谷康幸 佐藤正和 泉 知束
津田恭佑 山本啓之 熊田健大朗 谷口就平 風間 八
かなやす慶行 渡邊 聡 44北川
●2019/1/9〜14◎東京 本多劇場
〈料金〉前売6,000円 当日6,500円(全席指定・税込)
〈チケット発売〉2018年11月11日(日) 11:00〜
●2019/1/18〜21◎大阪 近鉄アート館
〈料金〉前売5,000円 当日5,500円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉『阿波の音』制作部 090-8171-8180(受付時間:11時〜19時※日曜休)
〈ゴツプロ!公式サイト〉www.52pro.info

【台北公演】
●2019/2/15〜21◎華山1914文創園区 烏梅劇院
[住所]No.1,Section1,Bade Road,Zhongzheng District,Taipei City,台湾100
〈料金〉A席1000$ S席1300$(台湾ドル)(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉VM Theatre (02) 2568-1082、烏梅劇院(02) 2358-1914


 


舞台『銀河英雄伝説』


kick shop nikkan engeki

観劇三昧【2018年9月】ラインナップ

観劇三昧先月の新作紹介

えんぶと協力している観劇三昧の、9月ラインナップを一部ご紹介。

観劇三昧は「表現者の未来をつくる」という理念の基、これからご紹介する「演劇動画配信サービス観劇三昧」 や、他にも「演劇グッズ専門店観劇三昧大阪日本橋店」「観劇三昧舞台撮影所」「演劇パス」「演劇ボード」などを運営していま す。

演劇動画配信サービス観劇三昧
https://v2.kan-geki.com/

気になる作品があったら、えんぶショップでもライセンスカードを販売しています。なんと、ちょっぴりお買い得!になっています。


 
観劇三昧9月ラインナップを一部ご紹介。

2018年9月に配信されたのは9劇団9作品
そのうち3劇団新着劇団で、2作品無料配信です。

どうぞお楽しみください。

 
★----------------------------------★

9月4日 19:00〜配信開始

激団リジョロ


#23 眼浸



脚本 演出:JIN


 

【あらすじ】


“僕は限りなく透明だ。それはこの世に存在しないからだ。”

津川守(26)、派遣社員で都内某所在住。
趣味はゲーム、漫画、アニメ鑑賞で休日も外出することは殆ど無い。
家族とは疎遠で友人と呼べる者はおらず、彼は社会を拒絶する。
本棚には漫画に混じって幾度も読み返されたであろう、薄汚れた“ピーター・パン”。
部屋の時間がいつしか止まると、彼だけが自由であり、そして彼はキッチンへと歩を進め、閉まっていた包丁を取り出し、右手で天井に掲げると、この物語は静かに、ただ静かに幕を開けた。

【キャスト】


たじり貴史/星野桃子/越智晴香/東浩輝/保科友花/鈴音ひとみ/興梠豪努/永井俊也/谷岡友貴/前田圭一/斎藤このむ/こんどうひろこ/小中文太/金光仁三

 
★----------------------------------★

9月7日 19:00〜配信開始

kusukusu's rabo


まぁるいたからもの



脚本・演出・構成:くすくす


 

【あらすじ】


秋の満月の夜、満開に咲くことがあるとゆうみつき桜
そこで行われるお祭りで見つけたたからものとは…

【キャスト】


AGATA(Project UZU)/岡田由紀/海徳桃代(松竹芸能)/柏木明日香(劇団壱劇屋)/佐々木穂香/下浦貴士(STAR☆JACKS)/SHOKO/鍋海光(ステージタイガー)/丹羽愛美/ハシグチメグミ(パイのミ)/藤岡靜奈/吉田青弘/和中香穂/村上泰子(kusukusu’s rabo)/こどもの082/森屋純(ジャグリング・ユニット・フラトレス/J-hues)/mk(Flow Art Circle LateR/J-hues)/よん(J-hues)/武隈史子(1日のみ出演)/うんころ姫(1日のみ出演)/野田順子(2日のみ出演)

 
 
★----------------------------------★

9月10日 19:00〜配信開始

★新着劇団


kazakami


Replace Grace


作・演出:木村恵美子


 

【あらすじ】


今からそう遠くない未来。
受精卵遺伝子組み換え技術の研究者、神田希代子は、長年の基礎研究を経てついに臨床研究に臨むことになる。数組のカップルが被験者として選抜され、研究が開始されるも、神田を始めとする関係者達は思いがけない問題に巻き込まれていく。

 

【キャスト】


河村杏里(kazakami)/安味誠貴(茶谷堂)/一川幸恵(アマヤドリ)/内山拓磨/大島萌/國井さえ/タグチマサコ(茶谷堂)/武井広志(寺の娘)/中西崇将(劇団11)/中野匡人(茶谷堂)/堀りん(田上パル)

 
 
★----------------------------------★

9月10日 19:00〜配信開始

DOORプロデュース


サンセットバラード


作・演出:虎本剛(ステージタイガー)


 

【あらすじ】


当たり前に続くと思った毎日が突然変化する今日。

歳をとっても、受け入れられないことだっていっぱいある。

でも、明日を迎える勇気を持つには、まず今を終わらせること。

そんな事実を受け入れたら胸を張って次へ進むことができるかもしれない。

これはアタシが「明日」へ進むために今を終わらせる勇気を持つ物語。

そう明日への扉を開ける物語だったのかもしれない。

 

【キャスト】


是常祐美(シバイシマイ)/うえだひろし(リリパットアーミー供/大西千保/松村里美/AGATA(Project UZU)/小川十紀子(遊気舎)/早川丈二(MousePiece-ree)

 
 
★----------------------------------★

9月15日 15:00〜配信開始

☆無料配信!


雀組ホエールズ


イヌジニ2016



作・演出:佐藤雀


 

【あらすじ】


どんなに離れてしまっても
あなたと歩いた道を忘れない。

あなたが迎え入れてくれたその日から
この鉄格子に閉じ込められた今でさえ
私はあなたのことを思いながら『生きる』

 

【キャスト】


絵川杏奈/草野とおる/持永雄恵/杏蘭/鈴木ゆか/松村美生子/山崎麗央奈/紗夜/江原健大/岡遼平/片谷隆矩/小西いづ/​佐藤聡哉/蝶羽/阪本浩之

 
 
★----------------------------------★

9月18日 19:00〜配信開始

☆無料配信!


May


ホライズンマーチ 2018



作・演出・音響:金哲義(May)


 

【あらすじ】


◆1930年代の日本、大阪。
主人公のアン・ギパンは、故郷の済州島を離れ、友人達と共に日本へ希望を抱いてやって来た。
時代が戦火へ進む中で、アンは安田と日本名を名乗り、闇商売をしながら貧しく明るく生き抜こうとする。
共に渡ってきた友人たちも成功を夢見つつ、故郷に希望を持ち帰る事を願っていた。
やがて安田は、秋子という女性に、叶うはずもない恋心を抱く。
そんなある日。
安田の元にも、戦地に誘う紙が届く。

◆初演は2006年。2017年には激団リジョロさんにより再演された作品です。
2018年、韓国の済州島4・3平和人権マダン劇祭に、May座長・金哲義が招待され、
改めて上演の運びとなりました。
上演に際し、有志によるチーム[ハナアリラン]を結成。
物語は日本語のまま、野外のスクリーンに韓国語字幕を投影して上演されました。
済州島から渡ってきた青年の物語は、こうして済州島に帰ることができました。

◆この作品は、野外公演を撮影したものです。
多少画面が揺れたり、風の音等が入りますが、徐々に宵闇に包まれていく野外の雰囲気をお楽しみください。

 

【キャスト】


練間沙(PAM)/中鶴間大陽(バニラモデルマネージメント)/藤谷以優/チェサン/金秀鎮/筒井茄奈子/上原優香/柴垣啓介(劇団ひまわり)

 
 
★----------------------------------★

9月21日 19:00〜配信開始

★新着劇団


タテヨコ企画


月の平均台(再演)



作:横田修/演出:青木シシャモ


 

【あらすじ】


妻がいなくなった。心当たりはない。

たった一つの目撃情報を頼りに、夫は見知らぬ森の奥へと足を踏み入れた。
そこは暗い闇の世界。
よからぬ噂が絶えぬところ。

奇妙な森の住人たち、変わり果てた妻、頼りにならない仲間たち・・・幾多の困難を乗り越えて、夫は妻を連れ帰ることができるのか?
月夜の晩の冒険譚。

 

【キャスト】


市橋朝子/大塚あかね/舘智子/ちゅうり/西山竜一/久行しのぶ/向原徹(以上タテヨコ企画)岩倉真彩/上松コナン/河内拓也(劇団ステア)/久我真希人(ヒンドゥー五千回)/タカハシカナコ/細身慎之介(CAVA)/山森信太郎(髭亀鶴)/吉田テツタ/渡部彩萌

 
 
★----------------------------------★

9月24日 19:00〜配信開始

フロアトポロジー


纏者の皿〜赤〜



作:角畑良幸
演出:小崎愛美理


 

【あらすじ】


一台の大きな冷凍庫。その中には、びっしりとタッパーに小分けにされた肉が詰まっている、、、− 『食えば、あの女になれるらしい』
薄汚れ磨り減った人間達は自らの欲望を満たすため、そう噂される肉を食っては「あの女」へと 姿を変えていく。 その群れはやがて、元の姿に戻れないと知りながらも、『心臓』を目指して肉を食らうことを 止められなくなっていく......。
そしてまた彼らは肉になる。
変身願望をもった人々の可笑しくも憐れな連鎖の物語。

 

【キャスト】


奥野亮子/野川雄大/片渕真子/寺田結美/駄場詩織/小崎愛美理/函波窓/須田マドカ

 
 
★----------------------------------★

9月28日 19:00〜配信開始

★新着劇団


劇団enji


イタイ☆ホテル



作・演出:谷藤太


 

【あらすじ】


ホテル「風鈴」。遺体を安置し、部屋によっては遺族が宿泊もできる通称・遺体ホテル。
遺体対面室の入り口にある機械の画面にカードを認証させると、自動的に壁から棺が出てくる。つまり壁の奥が立体駐車場のようになっていて、最大55体の遺体を収納できる。
母を失ったことで葬儀業に関心を持つようになった平沢夏美が新しいバイトとしてやってくる。
厳しい主任の原口早苗や癖のあるベテランの中村、冠婚業から転職したばかりという福田などホテルのスタッフの他に、出入りの葬儀屋や葬儀コーディネーター、遺体を修復するエンバーマーなど、「さまざまな死」を扱うプロたちに教えられながら成長していく。
客も、ヤクザや遺体を持ち込む運送会社社長、浮気の疑惑に揺れる主婦、はたまた遺体ホテルに反対する夫婦が怒鳴り込んできたりと多様である。
そんな中で、倉本昌枝という高齢のご婦人が、自分の死に支度をしたいとやってきて、夏美が担当になる。
二人で何ヶ月もかけて「自分らしい死に方・葬儀」について相談し、また夏美にとってもきちんと向き合えなかった「母の最後」をつぐなうような気持ちで誠心誠意対応する。
しかし、昌枝の娘だと名乗る、はるかミューラーが現れて、昌枝が突然死し葬儀は全部終わったという。だがそれは生前に昌枝と夏美が計画していたものとはまるで違うものだった。
落胆して悲嘆にくれる夏美だったが、昌枝の「遺骨は山にまいて欲しい」という最後の願いだけは聞き届けようとはるかに食い下がるのだが……。

 

【キャスト】


嶋田あや/川島美衣/篠原啓介/千代延憲治/松山尚子/平山さとみ/浦田昌和/鈴木浩之/吉田幸矢/荒井眞理子/永井博章/戸塚有紀/蜂谷英昭/磯崎美穂/岩上弥生

 
 




■オンライン観劇サービス【観劇三昧】
観劇三昧アプリ
パソコンの方はこちらからhttp://kan-geki.com
観劇三昧日本橋店・下北沢店 観劇三昧物販出張所
電子チケットサービス【演劇パス】


舞台『銀河英雄伝説』



kick shop nikkan engeki

小野寺修二の演出で『竹取』がフィジカルにプリミティブに立ち上がる。現代能楽集宗愧歇茵拆絮蘆罅

 現代能楽集充茵抻1董Ю通攣_W0Q1670

世田谷パブリックシアターの「現代能楽集」シリーズは、狂言師である芸術監督・野村萬斎が、古典の知恵と洗練を現代に還元し、現在の私たちの舞台創造に活かしていきたいと考え、生まれたシリーズ。第九弾となる今回はフィジカルシアターの旗手、小野寺修二を構成・演出に迎え、日本最古といわれる物語文学『竹取物語』の再生に挑んでいる。(シアタートラムにて、17日まで)
 
出演には演技派女優の小林聡美・貫地谷しほり、そして小田直哉(大駱駝艦)、崎山莉奈、藤田桃子などのダンサーや、能楽師の佐野登(能楽師 宝生流シテ方)、また古川玄一郎(打楽器奏者)とのコラボで、新たな『竹取』の世界を構築している。

02.W0Q1766

舞台美術と言えるものは伸縮する白いゴム状の長い紐だけ。それをダンサーが操り、物語に添って形を変えて、世界を変えていく。その中で、「かぐや姫」の成長と別れの物語が綴られていく。

現代的な衣裳や髪型の登場人物とダンサーたち。だが彼らが踊る「昔話」の世界からは、プリミティブな闇や怖ろしさのようなものまで、立ち上がってくる。

01.世田谷パブリックシアター :青木司_W0Q1698

ダンサーたちの動きはあるときは整然と、あるときは自由で、そのどの瞬間も美しい。そんな生き生きした空間を、まるで「死」のように静かに横切っていく能楽師。彼のいる空間は異界のようであり、決して交わらないように見える。
 
03. 撮影:青木司_W0Q1700

「昔話」の結末と同様、「かぐや姫」は月へと帰って行く。残された翁の叩く太鼓が凄絶だ。愛するものを失った叫びは、宇宙を切り裂くかのように響き渡り、聞くものの心を乱れさせる。 

小野寺修二が描いたこの『竹取』の物語は、観るものの五感のすべてに訴えかけるフィジカルで深遠な舞台となった。

04.現代能楽集宗愧歇茵抻1董Ю通攣_T3_0407

〈公演情報〉
現代能楽集宗愧歇茵
構成・演出◇小野寺修二
脚本◇平田俊子  
音楽◇阿部海太郎
企画・監修◇野村萬斎
出演◇小林聡美 貫地谷しほり
小田直哉(大駱駝艦) 崎山莉奈 藤田桃子 古川玄一郎(打楽器奏者) 佐野登(能楽師 宝生流シテ方)
●10/5〜17◎シアタートラム



【文/佐藤栄子 写真提供/世田谷パブリックシアター 撮影/青木司】

 


舞台『銀河英雄伝説』


kick shop nikkan engeki
記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について