観劇予報

全商品対象!ご購入金額の30%をポイントプレゼント!

スタジオライフが三原順原作の漫画『はみだしっ子』を初舞台化!


対談
倉田淳  笹生那実

男優劇団スタジオライフが三原順原作の『はみだしっ子』を初舞台化する。 『はみだしっ子』は1975年から1981年まで「花とゆめ」に連載され、熱狂的なブームを巻き起こした傑作漫画。親に見捨てられ、この世の「はみだしっ子」となったグレアム、アンジー、マックス、サーニンという4人の少年たちがある時はあたたかく、ある時はしたたかに生きていく様を描いた作品だ。スタジオライフでは2001年10月に『Sons』を取り上げて以来、16年ぶりの三原作品上演となる。

上演に先駆けて、笹生那実とスタジオライフの脚本・演出の倉田淳との対談が行われた。笹生は三原と同じ年、同じ雑誌でデビューした元漫画家。三原順の没後、三原ファンの立場から三原作品の単行本未収録作品の刊行を求める活動を続けている。

『はみだしっ子』の作品について笹生は「親からの虐待など辛いことが描かれているが、そういう環境にない子供でも共感できる深さがある。少年4人のキャラ分けが魅力的だと思います」と語る。 三原作品に出てくる深い言葉、えぐられるような言葉に強い感銘を受けたという倉田が「三原先生は人生を見極め、突き詰める目をどこで培われたんでしょう」と尋ねると、笹生は「それは三原さんが生まれ持ったもの。他の人には真似できないもので、魂の底から出て来ている感じがする」と答えた。

 倉田は『はみだしっ子』舞台化に関して「魂の言葉が散りばめられている作品。長いストーリーですが、ダイジェストにはしたくない。シンプルな舞台作りで、観客の方たちと一緒にイメージの中でワープしながら、子供たちの奥底に入っていけるような舞台を作っていきたい」と意気込みを語った。 笹生は「ファンの方の中には“5歳児をどうやって表現するんだ”と不安に思う方もいらっしゃるかもしれない。でも、スタジオライフなら作品の魂を受け継いで表現してくださると思う。大人の男性が女の子や少年も演じるというスタジオライフだからこそ、見る側も頭の中で作り上げていくことができるんです」とエールを送った。

集合写真
 出演者

(文/大原 薫)

<公演データ> 

スタジオライフ『はみだしっ子』
チラシヴィジュアル
原作◇三原順 
脚本・演出◇倉田淳
出演◇山本芳樹 曽世海司 岩 大 船戸慎士 松本慎也 仲原裕之 緒方和也 宇佐見輝 澤井俊輝 若林健吾 久保優二 田中俊裕 千葉健玖 牛島祥太 吉成奨人 伊藤清之 鈴木宏明 前木健太郎/藤原啓児

10/20(金)~11/5日(日)◎東京芸術劇場 シアターウエスト
チケット発売:2017年9月3日(日)
ホームページ http://www.studio-life.com/



えんぶ6号、7/10発売!






kick 

shop 

nikkan 

engeki

舞台版「戦国BASARA」最新作 間もなく開幕! 眞嶋秀斗・井上正大インタビュー

0007

名だたる武将たちが活躍する大人気アクションゲーム「戦国BASARA」、その舞台版の最新作「斬劇『戦国BASARA 小田原征伐』」が、8月11日から20日までAiiA 2.5 Theater Tokyoにて、8月25日から27日まで大阪の立命館いばらきフューチャープラザ グランドホールにて上演される。
山中鹿之助などの新キャストも登場。なかでもストーリーで重要な役割を果たすのが、前作から伊達政宗役を演じている眞嶋秀斗と、全シリーズで片倉小十郎役を務めている井上正大。
「斬劇」と銘打った大迫力のシーン満載の、この舞台にかける2人が、その意気込みを語ってくれた「えんぶ8月号」のインタビューを、別バージョンの写真とともにご紹介する。

0019
井上正大・眞嶋秀斗

伊達主従として初めてがっつり組む2人

──いよいよ「戦国BASARA」の夏がやってきます。
眞嶋 今回は「小田原征伐」ということで、新キャラクターが出てきますし、新キャストの方々が参加します。より一層熱気に溢れた舞台になります。個人的には、時代がさかのぼることで、「蒼紅共闘」で真田幸村と組むことや、前作では映像出演された井上さんの片倉小十郎と、初めて伊達主従で組ませていただくことが楽しみです。
井上 眞嶋くんの政宗様と、初めてがっつり主従を組むことになります。会った時からすごくフィーリングが合ったので、僕も楽しみです。
──今回、役作りで変わる部分などは?
眞嶋 前作で初めて伊達政宗を演じさせていただいてから、政宗への愛が日に日に深まっていて、皆さんの求めている「戦国BASARA」を体感していただくにはどうすればいいのか、毎日考えています。それをしっかり表現できるように、殺陣の技術も磨いて、政宗のカリスマ性も発揮しながら、堂々と立てるようになりたい。
井上 今回、自分に課している挑戦は、殺陣を本当の真剣で演じているように見せること。小十郎は重心の低い達人のような殺陣を求められるのですが、試行錯誤していくうちに、無外流の居合い道場で真剣を握る機会がありました。やはり竹光とは扱い方や所作、抜刀や納刀の仕方、もちろん斬り方も全く違っていて、刃がブレてはいけないし、力を入れてはいけない。そういった経験をもとに、舞台上でリアリティーを追求していきたいですね。
眞嶋 すごいな。僕も六爪をもっと磨きたいですね。6本とも抜く角度が違っているので、自分のベストポジションを見つけたい。六爪を体の一部として戦えるようにしないと政宗ではないので、夏までにもっともっと六爪と一緒にいるようにします。
井上 殺陣をやっていて、実は大変なのは斬られる側で、斬られるリアクションがうまくいかないと斬る相手が弱く見えてしまう。そこが一番大変だしスタミナを消費するんです。だから、斬られる側を意識しつつ、斬る間合いやテンポを追求していきたいですね。
 
0013

「ギャップ」が面白い眞嶋秀斗、「漢」の井上正大
 
──お互いの印象を聞かせてください。
眞嶋 ズバリ「漢」ですね。どっしりとされているところは見習いたいです。それに、前作でゲスト回に出られた時に、台本を持って来て、「自分のシーンはこうしようか」など綿密に考えてきてくれて、とても嬉しかったんです。逆に何もできてない自分が情けなくて。
井上 全然情けなくなんかないから(笑)。眞嶋くんは、「ギャップ」が面白い。舞台上では凜とした政宗の印象が強いのに、舞台裏では声が細くて、「何なんだこのギャップは!」(笑)。
眞嶋 ははは(笑)。
井上 全キャストの中で、役と一番真逆のキャラクター(笑)。それに見かけよりハートが熱かったりするのも良いギャップです。
──そんなお二人に、この作品への意気込みを。
眞嶋 この夏、すべてをかける勢いで稽古に臨んでいきたいです。2度目の政宗としてパワーアップした姿を胸を張ってお見せしたい。座長としても役者としても、成長した姿を観ていただきたいです。小さいお子さんでも楽しめる作品ですし、「戦国BASARA」の世界を知らない方でも、キャラクターや殺陣など見どころがいっぱいあります。
井上 ゲームやアニメの「戦国BASARA」ファンの方々に、どれだけ満足していただけるか、そのために出演者全員がすごい熱量で挑んでいます。毎回進化しているし、今回もまた新しいチャレンジをしています。ぜひ舞台版ならではの魅力を劇場で体感してほしいです。
 
0018
井上正大・眞嶋秀斗

ましましゅうと◯95年生まれ。群馬県出身。15年よりミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズンの桃城武役として出演、活躍を続けている。そのほかの最近の舞台は、ミュージカル『青春-AOHARU-鉄道』2〜信越地方よりアイをこめて〜など。昨年の斬劇『戦国BASARA 関ヶ原の戦い』から伊達政宗役を務めている。

いのうえまさひろ◯89年生まれ。神奈川県出身。08年に『ミュージカル・テニスの王子様』で初舞台。09年連続ドラマ『仮面ライダーディケイド』でテレビ初主演。映画版でも主役を務める。最近の舞台は、『警視庁抜刀課 vol.1』(W主演)など。舞台『戦国BASARA』では斬劇シリーズで片倉小十郎役を務めている。

 

〈公演情報〉
PR

斬劇『戦国BASARA』小田原征伐
原作◇CAPCOM
(「戦国BASARA」シリーズ)
構成・演出・映像◇ヨリコジュン
企画・原作監修◇小林裕幸(CAPCOM)、山本真(CAPCOM)
シナリオ協力◇松野出
出演◇眞嶋秀斗 松村龍之介 中尾拳也 沖野晃司/井上正大 椎名鯛造/小谷嘉一 他
●8/11〜20◎AiiA 2.5 Theater Tokyo
8/25〜27◎立命館いばらきフューチャープラザ グランドホール
〈料金〉7,900円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉東京公演  サンライズプロモーション東京 0570-00-3337
        大阪公演 キョードーインフォメーション 0570-200-888
〈公演HP〉 
http://www.basara-st.com



【取材・文/竹下力 撮影/岩田えり】




えんぶ6号、7/10発売!






kick 

shop 

nikkan 

engeki

演劇ユニット日穏-bion-の第9回公演『夕顔』8月に上演!

IMG_1526


役者・脚本家・アナウンサーとして活動する岩瀬晶子が、プロデュースを手掛ける演劇ユニット日穏-bion-。
戦争やいじめ・差別など社会的問題を背景に盛り込みながらも、心にダイレクトに響くような、笑って泣ける密度の濃い作品を上演。昭和を舞台にした作品が多く、どこか懐かしさを感じさせる温かい世界観は、世代を問わず、多くの方々から好評を得ている。その第9回公演が、8月23日から27日まで中野のテアトルBONBONで開催される。

【あらすじ】
栃木県でかんぴょう農家を営む川上家の長女・夕子。夏の収穫期には、三女・苺子や隣人たちがやってきて作業を手伝うのが恒例となっている。そこに何年も音沙汰のなかった次女・夏実が突然姿を現す。久しぶりの再会を喜ぶ苺子たちと裏腹に、夕子だけは夏実と目を合わせようとしなかった。それぞれが秘密を抱えて集まってくる、ある夏の日の物語・・・。
 

〈公演情報〉
日穏-bion-第9回公演
『夕顔』
企画・脚本◇岩瀬晶子 
演出◇たんじだいご
出演者◇剣持直明(劇団だるま座)、岩瀬晶子(日穏-bion-)、増澤ノゾム、山本南伊、平野貴大(劇団PATHOSPACK)、中島愛子(張ち切れパンダ)、宮内勇輝(劇団フルタ丸)、吉田芽吹、たんじだいご
●8/23〜27◎テアトルBONBON
〈料金〉前売3900円 当日4200円 高校生以下2500円
☆割引公演24日・25日の昼公演3500円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉080-4659-2008
〈HP〉http://bion.jp




えんぶ6号、7/10発売!






kick 

shop 

nikkan 

engeki
記事検索
QRコード
QRコード

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について