稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

観劇予報は2019年2月20日に引っ越しました。
新しい記事はこちらから読めます。

演出に熊林弘高、満島ひかり・坂口健太郎ほかの出演でシェイクスピアの名作喜劇『お気に召すまま』今夏プレイハウスで上演決定!

キャスト組合わせ写真
満島ひかり 坂口健太郎
満島真之介 温水洋一 
中村 蒼 中嶋朋子


東京芸術劇場では、今夏、ウィリアム・シェイクスピアの名作喜劇『お気に召すまま』を、熊林弘高を演出に迎えて上演する。

東京芸術劇場では若い演出家に新たな活躍の場を提供、気鋭の演出家・熊林弘高とは、充実した共同作業を積み上げてきた。シアターウエスト、シアターイーストといった比較的小劇場を主戦場にしていた彼にとって、初めて800席超のプレイハウスでの演出作品となったチェーホフ作の『かもめ』(16)。広い空間を効果的に使い、非常に挑戦的かつ魅力的な作品に仕立て、高い評価を得た。1年に1作か2作程度と、演出家としては寡作で知られる熊林だが、発表するたびに評価を上げ、今や多くの俳優が彼の作品への出演を希望するようになっている。
その熊林が今年演出する作品が、いたずら心満載のシェイクスピアの恋愛喜劇、『お気に召すまま』。彼がこの作品を手掛けるという意外性も合わせて、どのような舞台になるのか、興味深い。

出演者は、百鬼オペラ『羅生門』以来2年ぶりの舞台出演となる満島ひかり、そして熊林演出『かもめ』で、主人公の1人、悩める青年トレープレフ役に抜擢されて鮮烈な舞台デビューを果たし、以来3年ぶり2度目の舞台出演となる坂口健太郎。また中嶋朋子、小林勝也、山路和弘といった、熊林が信頼するキャストたちが『かもめ』から引き続き再度集結。さらに熊林作品で初舞台を踏み、4年ぶりに姉弟共演となる満島真之介、加えて実力派若手俳優の中村蒼、ベテラン個性派俳優の温水洋一が参加する。
熊林と組んで臨んだ『かもめ』のニーナ役では、自分の中のありったけを集めて演じたいと語り、見事に舞台で輝いてみせた満島ひかりが今回演じるのは、坂口健太郎演じるオーランドーと恋に落ち、伯父である侯爵から追放されてしまうロザリンド。アーデンの森を舞台に、性差を越えて燃え上がる様々な恋模様を、いくつもの名セリフで紡ぐ。

【あらすじ】
青年オーランドー(坂口健太郎)は追放された前侯爵の娘・ロザリンド(満島ひかり)と恋に落ちるが、父の遺産を継いだ実の兄オリヴァ―(満島真之介)に命を狙われていると知り、アーデンの森に逃げる。同じくロザリンドも、伯父である新公爵に追放されることに。彼女はオーランドーを追って、従妹で新公爵の娘シーリア(中嶋朋子)と、召使のタッチストーン(温水洋一)を伴い森に向かう。女道中では危険だからと、ロザリンドは男装して”ギャニミード”と名乗る。
森で暮らすオーランドーはロザリンドのことばかり想っている。そこに”ギャニミード”が登場して彼の恋の悩み相談に乗る。ついには「自分をロザリンドだと思って口説いてごらん」と言い、オーランドーは彼が実はロザリンドだと知らずに、思いのたけを告白。二人の恋愛ごっこは次第にエスカレートしていく…。

〈公演情報〉
『お気に召すまま -As You Like It-』
作◇ウィリアム・シェイクスピア
演出◇熊林弘高
出演◇満島ひかり 坂口健太郎
満島真之介 温水洋一 
萩原利久 碓井将大  テイ龍進 Yuqi(UQiYO) 
広岡由里子 久保酎吉   山路和弘 小林勝也 
中村 蒼 中嶋朋子
●7月下旬~8月中旬(予定)◎東京芸術劇場 プレイハウス
〈お問い合わせ〉東京芸術劇場ボックスオフィス 0570-010-296 (休館日を除く10:00〜19:00) 
〈公式サイト〉https://www.asyoulikeit.jp
〈公式ツイッター〉@asyoulikeit_jp







『僕のド・るーク』


kick shop nikkan engeki 

美しく、どこか空怖ろしい物語、おぼんろ『ビョードロ〜月色の森で抱きよせて〜』上演中!

_ER_0205

ライブハウスでありミュージカルを上演する劇場としても知られる新宿FACE、その内部が異次元の不思議な森に姿を変えていた。
空間から造ることをも含めて物語を立ち上げる劇団「おぼんろ」、その手作り感満載の舞台美術は今回も期待を裏切らない。FACEの本来のステージ部分にまでセットが建て込まれ、中央のアクティングエリアは客席と地続きに、そこから四方に伸びた通路を登場人物たちが風を孕んで駆け抜ける。
隅々まで工夫が凝らされ、観る者と一体化した空間で、まるで絵本のように美しい、だがどこか空怖ろしい物語が、瞬きする間もないほどの密度で繰り広げられていく。

_MR_0472

【あらすじ】
愛されたい。でも、近寄ってほしくない
「ビョードロ」と言うのは、鬱蒼とした森の奥底に住まう民の名前。彼らは、「病原菌」を作り出す技術を持っていて、何百年もの間、忌み嫌われてきた存在である。しかし、作られた病原菌は細菌兵器として戦争や政治に利用されることが常であった。
あるとき作られた一体の病原菌は「ジョウキゲン」と名付けられた。彼は彼なりに無邪気に意気込み、自分を造り出した「ビョードロ」を喜ばせるため、より凶悪な「病原菌」になろうとし続ける。手を触れればどんな者でも苦痛を伴わせて殺してしまう「ジョウキゲン」は、次第に、自分がある願いを抱いていることに気付く。それは、絶対に絶対に叶えられてはならない願いなのだった────。

_MR_0969

物語の内容はシビアで重い。2013年の初演ということは、まだ近い過去だった震災と原発事故の影を感じさせずにはいない。劇中で語られる「ジョウキゲン」の「花を枯らしてタネにしてしまう」能力は、ベトナム戦争で使用された枯れ葉剤などを思い起こさせるが、この日本の今を生きる観客としては、やはりどうしても原発事故の脅威とシンクロしてしまう。また、大量殺戮兵器を作り出してしまう民、「ビョードロ」は人類そのものにも、その単語の響きのように人類が抱える「病んだ心」にも思えてくるのだ。
だが、今回の作品に限らず、「おぼんろ」の一番の魅力は、救いのない病んだ現実を見据えながら、夢を紡ぐことをやめないことで、人間のあるべき姿、あるべき美しさを提示し続けてみせることだろう。世界はもしかしたら、いやたぶん間違いなく破滅に向かっている、としてもその最後まで誠実さと愛をもって生きること。世界が終わる瞬間まで愛を信じ続けること。そんなメッセージがこの『ビョードロ』のラストからも伝わってきて、痛みや悲しみをも超える限りない優しさで心を解き放ってくれるのだ。

_MR_0135
 
そんな物語の核の部分を生きる語り部たちは5人。
半分だけ「ビョードロ」の若者ユスカを演じるのは客演の鎌苅健太。素朴でナイーブな資質がタクモへの篤い友情や父への切ない思慕に生きて、初出演とは思えないほど「おぼんろ」の世界にも違和感なく馴染んでいる。
町に住む金持ち階級「シーラン」の娘リペンは黒沢ともよ。「ビョードロ」のユスカとタクモの幼なじみとして、分け隔てなく彼らと付き合う真っ直ぐな心を、明るく自由な個性で表現。軽やかな動きも魅力的だ。
リペンの父で「病原菌」を売り込むジュペンは、さひがしジュンペイ。悪の象徴でありエゴイズムの塊のような人物なのだが、どこか人間臭さと哀れを感じさせることで、物語世界にリアリティと深みを加えている。
病原菌の「ジョウキゲン」は、わかばやしめぐみ。彼女の自在で豊かな表現力には毎回魅了されるが、今回の「ジョウキゲン」は文字通り「上機嫌」な中に、渦巻く様々な感情が見え隠れして、その傷ついた魂を見事に表現してみせる。 
作・演出家の末原拓馬は「ビョードロ」のタクモ役。どちらかと言えば受け身の、周囲に振り回される役どころだが、その役割りに必要な懐の深さと大きな愛で、作品のテーマを十二分に担っている。

_ER_0466

最後になったが、今回の『ビョードロ〜月色の森で抱きよせて〜』の大きな見どころに、ムーヴメントアクターたちのパフォーマンスがある。初演には5人のキャストだけで紡いだ物語を、より広汎な観客へ届けたいという作・演出の末原の想いもあって、一大エンターテイメントに仕上がった。
その原動力となっているのが、9人のムーヴメントアクターたち。アクロバットやコンテンポラリーダンス、軟体技であるコントーション、エアリアルやバトントワーリングなどを、個々の技術だけでなく、ときには集合体となり、あるいは静止画になり、物語の一部となって視覚化してみせる。人間離れしたといってもいい彼らの技術と身体が、「おぼんろ」の世界観を壊すことなく、さらに想像を飛躍させる手助けになっている。この優れた表現者たちを『ビョードロ』の世界に見事に融合させて、物語を空間全体に構築してみせた末原拓馬の演出力に拍手を送りたい。
 
_MR_0550
_MR_0342
_MR_0996

〈公演情報〉
劇団おぼんろ第17回本公演
『ビョードロ〜月色の森で抱きよせて〜』
作・演出◇末原拓馬
出演◇鎌苅健太 黒沢ともよ
末原拓馬
わかばやしめぐみ さひがしジュンペイ 
Rina. 武子 展久 渡辺翔史 茉莉花
miotchery 田中翔 松本聖也  齋藤のどか 権田菜々子 
●2/14〜17◎新宿FACE 
〈料金〉一般参加チケット5,000円 当日5,500円 トリオ割チケット12,000円(3人セットチケット) ひよっこ(高校生以下)3,000円(税込)
当日別途ワンドリンク500円
〈お問い合わせ〉お問い合わせ おぼんろ制作部 info@obonro.net
〈公式サイト〉https://www.obonro-web.com/
〈公式ツイッター〉@obonro



【文/榊原和子 舞台写真/MASA】




『僕のド・るーク』


kick shop nikkan engeki 

映画愛に満ちた奇想天外なロマンティック・コメディの大傑作!『キネマと恋人』待望の再演!

kinema_senden0202_small(撮影:西村祐介)

ケラリーノ・サンドロヴィッチが描くロマンティック・コメディ『キネマと恋人』が6月に再演される。
本作は2016年に初演され、連日観る人を温かい気持ちに包み込む傑作で、第4回 ハヤカワ「喜劇悲劇」賞や、作・演出家のケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)が、紀伊國屋演劇賞個人賞や読売文学賞戯曲・シナリオ賞に輝くなど、高い評価を受けた。今回は3年ぶりに、作・演出のKERAをはじめ、オリジナル・キャストやスタッフもそのままに、会場はシアタートラムから世田谷パブリックシアターに移しての待望の再演となる。

作品内容は、傑作を生み出し続けるアメリカ人映画監督ウディ・アレンの映画『カイロの紫のバラ』(1985年製作、86年日本公開)に、インスパイアされたKERAが、背景を1936年(昭和11年)の日本、架空の「 梟島(ふくろうしま)」の港町に置き換え、登場人物たちは架空の方言を話すという設定で作り上げた。この時代の日本は、政治・経済・文化のどの領域でも、世界恐慌の煽りを受けていた激動の時代であり、大正ロマンの残滓と昭和モダンが花開いた時期。庶民の娯楽の座を占め始めていた映画は、まさに市井の人々の心のオアシスだった。そんな時代背景を踏まえて、銀幕の俳優への女性の淡い恋心をめぐる騒動を、KERA ならではのファンタジックでビターなコメディに仕立てている。

【あらすじ】
昭和11年、東京から半年遅れて映画が上演される、梟島の小さな映画館が舞台。ハルコにとって映画
は生き甲斐。ある日いつものように映画を観ていると、銀幕から寅蔵が話しかけてきて―――

騒動の渦中の二人を演じるのは、妻夫木聡と緒川たまき。『キネマと恋人』初演時がKERA作品への初出演となった妻夫木聡は、映画・テレビにて次々と主演作が公開され、どのような監督・脚本の作品でもキャラクターを演じ切る日本を代表する俳優のひとり。舞台俳優としてもこれまで野田秀樹作・演出作品に5作出演、パリ国立シャイヨー劇場の舞台も踏んだ実績がある。本作では、『カイロの紫のバラ』同様、“映画の登場人物”と“映画俳優”の二役を演じ分け、その演技力を遺憾なく発揮する。
緒川たまきが演じるのは、夫との貧しい生活のなかで、唯一の楽しみは映画館で映画に浸ることだと
いう健気な女性。緒川自身、『カイロの紫のバラ』は好きな作品で、映画版のミア・ファローのように無垢な透明感と色香を併せ持つ緒川は、初演時にもその純朴でチャーミングなキャラクターで人々を魅了した。
緒川演じる女性の妹役には、ともさかりえ。映画では描かれていない姉妹のコントラストを描き出す。個性が光る役所を数多く演じてきたともさかが、映画にはない新たな彩りを加える。
この3人を取り巻く人物を演じるのは、緒川の夫役の三上市朗のほか、佐藤誓、橋本淳、尾方宣久、ナイロン100℃のメンバー廣川三憲と村岡希美、そして小野寺修二の振付を体現するダンサーたち。
スタッフには映像監修・上田大樹や振付の小野寺修二をはじめ、KERAの世界観を見事にステージ上に現出させるメンバーが再集結。スタッフそして一人ひとりの魅力があふれるキャスト陣が3年ぶりにタッグを組んで、傑作『キネマと恋人』を再び届ける。

〈公演情報〉 
世田谷パブリックシアター+KERA・MAP #009
台本・演出◇ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演◇妻夫木聡 緒川たまき
ともさかりえ
三上市朗 佐藤誓 橋本淳
尾方宣久 廣川三憲  村岡希美
崎山莉奈 王下貴司  仁科幸 北川結 片山敦郎
●6/8〜23◎世田谷パブリックシアター
〈チケット一般発売〉4月13日(土)
〈料金〉一般 S席7,800 円 A席4,800 円 U24・高校生以下は半額 ほか
〈チケット取扱い〉 世田谷パブリックシアターチケットセンター 03-5432-1515 (10〜19 時)
【ツアー公演】
●6/28〜30◎北九州芸術劇場 中劇場
●7/3〜 7◎兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
●7/12〜 15◎名古屋市芸術創造センター
●7/20・21◎盛岡劇場 メインホール
●7/26〜28◎りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館・劇場




『僕のド・るーク』


kick shop nikkan engeki
記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について