観劇予報

えんぶ最新号好評発売中!

エンタメ性とショーアップで魅せる新派版『黒蜥蜴』 喜多村緑郎・河合雪之丞インタビュー

IMG_0029

江戸川乱歩の人気小説「黒蜥蜴」が、花形新派公演『黒蜥蜴』として6月1日からに三越劇場で上演される。「黒蜥蜴」は、名探偵・明智小五郎と女賊・黒蜥蜴の闘いと愛を、スリリングに妖しく描く面白さで、これまで映画や舞台で何度も上演されている。
今回の新派での上演は、喜多村緑郎、河合雪之丞に加え、尾上松也の妹で新派女優の春本由香、劇団EXILEの秋山真太郎、そしてベテラン永島敏行と、華やかな顔が並ぶ。脚色・演出は齋藤雅文が手がける。
開場90周年を迎える三越劇場というクラシカルな場所を得て、新派ならではの様式美で繰り広げられる今回の『黒蜥蜴』。主役の2人に作品への想いを話してもらった「えんぶ6月号」の記事を、別バージョンの写真とともにご紹介する。

s_IMG_0006

黒蜥蜴は女方が演じるのに相応しい役

──『黒蜥蜴』の上演が決まったときの気持ちから伺いたいのですが。
喜多村 乱歩は大好きで小学生の頃から読んでいて、テレビの天知茂さんの明智シリーズもよく見ていたんです。新派に入る前から新派向きの舞台だと思っていたところに、雪之丞の入団など条件が揃い、実現にこぎつけました。新派でやるからには、三島版とは違うエンターテインメント性を追求したいし、新派独自の『黒蜥蜴』になると思います。
河合 黒蜥蜴の役は、初演は先代の水谷八重子先生で、それから美輪明宏さん、(坂東)玉三郎さんと、錚々たる方が演じてこられた憧れの役です。まさかこんなに早くさせていただけるとは思ってもいなかったので、まさに挑むという気持ち。でも、やるからには良い作品にして、再演や新派のレパートリーとなるようなものにしたいです。
──雪之丞さんの入団が大きなポイントになったというのは?
喜多村 黒蜥蜴は女方が演じるのに相応しい役だと思うんです。とても複雑で肉厚な女性像で、物語に描かれていない過去や幼少期、なぜ女賊になったのかなど、謎に包まれた背景を感じさせないといけない。しかも美貌であること。生身の女性よりも女方が演じることでより豊かに表現できることがあるのではないか、と。そして明智と黒蜥蜴は、まるで双子のような美意識で結ばれています。そこは歌舞伎の世界で一緒だった雪之丞と僕だからこそ出せるものがあると思います。
河合 黒蜥蜴は善悪両方の顔を持っていますし、変装もします。彼女の色々な顔を見せるのに歌舞伎で培った技術が生かせますし、黒蜥蜴の背負っている影は新派の深い人間描写で描くことができそうです。また、女方の私が演じることで、さらに役を膨らませてお見せすることができればと思います。
──2人の恋愛模様も大きな見どころですね。
喜多村 そこがこの作品の一番の面白さで、雪之丞となら美しく見せられるなと。
河合 禁断の愛であり、自分の意志ではコントロールできない運命的な関係ですよね。その部分で、黒蜥蜴の内面がふと見え隠れするといいなと思っています。

乱歩の退廃的な空気は新派によく似合う

──新派公演としても、これを機会に新しい展開が考えられそうですね。
喜多村 歌舞伎もそうですが、その演目が最初に作られたときは現代劇なんですよね。それが時代を経て古典になる。歌舞伎は、僕らの師匠(二代目猿翁)がスーパー歌舞伎という形で現代の息吹を吹き込んだものを創り出した。新派は明治に生まれ、その時代時代の最先端を描いてきて、いまでは近代文学を上演できる数少ない劇団です。だからこそ、名作を継承していく一方で、その精神を引き継ぎながら現代的な手法を駆使した作品も生み出していきたいですし、『黒蜥蜴』がその第1歩になればいいなと。
河合 土台がある新派だからこそ、挑戦することができるんです。
喜多村 『黒蜥蜴』でいえば、内面描写は新派の深さで、映像や照明でショーアップする。僕が新派に憧れたのは、伝統を受け継いでいる文芸部があって俯瞰して作品を見てくれる。ですから、しっかりと新派の世界としてお届けできる。僕らはその中で芝居をきっちり演じながら、エンタメ性とショーアップ性をうまく取り入れていくことができれば、さらにお客様の層も広がっていくのではないかと思うんです。
河合 とにかく良い作品を作ることですよね。お客様が喜んでくださる作品にしていくことで、結果として残っていくのだと思います。
──では最後に意気込みを。
喜多村 乱歩って本当におしゃれなんです。どこか外国の作品のような雰囲気もあるし、大正期、昭和初期の退廃的な空気は、新派に似合うんです。僕個人としても、この作品は一生懸命準備してきましたので、あとは19人の出演者とスタッフ一丸となって楽しみながら弾けていきたいと思っています。
河合 100年先にも上演できるようなものにしたいです。そのためにもお客様に「もう1回観たい」、「またやってください」と言ってもらえるように、皆でがんばりたいと思います。

s_IMG_0032
喜多村緑郎・河合雪之丞

きたむらろくろう○新潟県出身。昭和63年3月国立劇場第九期歌舞伎俳優研修修了。同年4月歌舞伎座『忠臣蔵』で初舞台。同年7月、市川段四郎門下となり10月から市川段治郎を名乗る。後に三代目市川猿之助(現猿翁)の部屋子となり、スーパー歌舞伎で主演を勤めるなど活躍。平成23年12月、二代目市川月乃助を名乗る。新派公演は波乃久里子と共演した『日本橋』で初参加。その後、数々の新派作品に出演。2016年1月の初春新派公演『糸桜』より劇団新派に入団、同年9月に新派の大名跡である喜多村緑郎を二代目として襲名した。

かわいゆきのじょう○東京都出身。昭和63年3月国立劇場第九期歌舞伎俳優研修修了。同年4月歌舞伎座『忠臣蔵』で初舞台。同年7月、三代目市川猿之助(現猿翁)門下となり二代目市川春猿を名乗り、後に部屋子となる。美貌の女方として、多くの舞台で活躍。スーパー歌舞伎供悒錺鵐圈璽后戮任蓮▲淵潴鬚魏栂に演じた。新派公演は、平成22年に三越劇場『滝の白糸』で初参加、初主演。以来、数々の演目に出演。2017年1月の初春新派公演『華岡青洲の妻』より劇団新派に入団、河合雪之丞と名を改めた。

三越劇場での2人のトーク記事はこちら
http://kangekiyoho.blog.jp/archives/52025494.html

〈公演情報〉 
170421_news_img_l
六月花形新派公演 
『黒蜥蜴』
原作◇江戸川乱歩  
脚色・演出◇齋藤雅文  
出演◇喜多村緑郎 河合雪之丞/秋山真太郎(劇団EXILE) 春本由香/永島敏行 他  
●6/1〜24◎三越劇場
〈料金〉9,000円(全席指定・税込) 
〈お問い合わせ〉チケットホン松竹 0570-000-489、三越劇場:0120-03-9354




えんぶ最新号好評発売中! 




kick 

shop 

nikkan 

engeki

屋良朝幸が振付で参加! 佐野瑞樹×佐野大樹のユニットWBB第12回公演『ミクロワールド・ファンタジア』

wbb_logo
 
ジャニーズ事務所所属の佐野瑞樹と、大人気演劇ユニット*pnish*のリーダー佐野大樹の兄弟ユニット「WBB」は、第12回公演『ミクロワールド・ファンタジア』を、7月26日から8月1日まで、東京公演を紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYAで、8月4日から6日まで大阪公演をナレッジシアターにて上演する。

出演者には佐野瑞樹、佐野大樹をはじめ、ミュージカル『刀剣乱舞』やミュージカル『忍たま乱太郎』シリーズなど2.5次元舞台で人気を博す北園涼、同じく『刀剣乱舞』シリーズや、逆2.5舞台としてプロジェクト展開が話題の『錆色のアーマ』などに出演の荒木健太朗、學蘭歌劇『帝一の國』や開幕近い『ALL OUT!!  THE STAGE』で主演を務め、数々の舞台で活躍する原嶋元久、ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズンでの活躍も記憶に新しい山晶吾、そしてミュージカル界のベテランで、商業演劇だけでなく、小劇場公演や2.5次元舞台にも積極的に活躍の舞台を広げる岡幸二郎。そしてこのほどジャニーズJr.の松田元太の出演が決定した。
さらに振付には、佐野瑞樹とは旧知の仲であり、近年振付家としても活躍するジャニーズ事務所の屋良朝幸を迎える!

今回の発表に寄せて、WBBの2人からコメントが届いた。

佐野瑞樹
今回なんと屋良君が振付です!!  しかもジュニアの松田君が出演してくれるという、僕にとって、とても感慨深い公演になりました!!  松田君はめちゃくちゃダンスが上手いと聞いていますし、二世代前のジュニアとして負けないよう頑張りたいと思います(笑)。もちろん作品としてもエンタメ感に溢れた楽しい舞台になると思いますのでご期待ください!!

佐野大樹
ミュージカル風アクションコメディ『ミクロワールド・ファンタジア』。振付になんと屋良朝幸さん!そして松田元太さんが出演してくれます!なんとも贅沢なカンパニーになっております。さぁどんな作品になるのか。演出家として素敵な作品、キャストの皆さんをさらに活かせる最高のステージに出来るように頑張ります!

〈公演情報〉
WBBvol.12『ミクロワールド・ファンタジア』
脚本◇小峯裕之 
演出◇佐野大樹 
振付◇屋良朝幸
出演◇佐野瑞樹 松田元太(ジャニーズJr.)/北園涼 荒木健太朗 原嶋元久 山晶吾/佐野大樹/岡幸二郎 他
〈料金〉6,800円(前売・当日共/全席指定・税込)
●東京 7/26〜8/1◎紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA 
●大阪 8/4〜6◎グランフロント大阪北館4階ナレッジシアター
〈お問い合わせ〉WBB事務局 080-5445−1970(伊藤) 






えんぶ最新号好評発売中! 




kick 

shop 

nikkan 

engeki

新国立劇場オペラ「ニーベルングの指環」3作目『ジークフリート』間もなく開幕!

ジーグ
フィンランド国立歌劇場公演より Photo: Karen Stuke

飯守泰次郎の指揮、ゲッツ・フリードリヒの演出による新国立劇場の「ニーベルングの指環」は、昨年の『ワルキューレ』に続いていよいよ後半に突入、第3作『ジークフリート』が、6月1日から上演される。

楽劇「ニーベルングの指環」は、リヒャルト・ワーグナーが26年にわたって創りあげたオペラ史上最大級の作品で、ドイツの叙事詩「ニーベルンゲンの歌」や北欧神話を題材に、ワーグナー自身が台本を手がけたもの。序夜『ラインの黄金』、第1日『ワルキューレ』、第2日『ジークフリート』、第3日『神々の黄昏』の4部から成っていて、上演に4日間、延べ約15時間を要する。
ワーグナーは、この「指環」の理想的な上演のためにバイロイト祝祭劇場を建て、その地で毎年夏に開催される〈バイロイト音楽祭〉は、ワグネリアン(熱狂的なワーグナーファン)の聖地とされている。新国立劇場では、2001〜2004年、2009〜2010年に「指環」を上演していて、今回は2015年からの上演となっている。

本作『ジークフリート』は、2015年10月の『ラインの黄金』、昨年10月の『ワルキューレ』に続く「指輪」3作目で、英雄ジークフリートの成長物語。前2作とは異なり、冒険に出かけた若者が大蛇を退治し、眠れる姫を目覚めさせるというメルヘン的性格を持つ。また、ワーグナーは、この作品の第2幕途中で作曲を12年間中断したため、音楽の特徴が変化、第3幕の音楽はより豊かで成熟したものとなっている。
ジークフリートの朗々たる「鍛冶の歌」から、単独で演奏されることも多い「森のささやき」、そしてラストの壮大な愛の二重唱まで、様々な聴きどころが満載のオペラだ。

キャストには、世界第一線のワーグナー歌手が勢揃いした。
難役ジークフリートは、同役を当たり役とし、ウィーン、ミュンヘン、バイロイトなど世界各地で50回以上歌っているステファン・グールド。この「指環」シリーズでは、ローゲ役、ジークムント役に続いての出演となる。
ブリュンヒルデ役には、世界的なワーグナー・ソプラノのリカルダ・メルベートを迎えた。さらに、昨年の『ワルキューレ』のヴォータンで大好評を博したグリア・グリムスレイ、2015年の『ラインの黄金』ミーメで鮮烈な印象を残したアンドレアス・コンラッドなど、名だたる歌手たちの再登場に期待が高まる。

Ji
フィンランド国立歌劇場公演より Photo: Heikki Tuuli

【物語】
第1幕/ジークリンデは森で息子ジークフリートを産んで亡くなり、鍛冶屋ミーメがジークフリートを育てていた。ジークリンデから渡された霊剣ノートゥングの破片を鍛えて、大蛇に化けて指環を抱えるファフナーを倒したいとミーメは考えているが、彼にはどうしても鍛えられない。さすらい人の姿をしたヴォータンが「霊剣を鍛えられるのは『恐れを知らない者』だけだ。その者にお前は殺される。」とミーメに伝える。ジークフリートがノートゥングを鍛え上げる。

第2幕/森でファフナーを見張るアルベリヒのもとにさすらい人がやってくる。アルベリヒは、いずれ自分が指環を手に入れ世界を支配する、と言い放つが、さすらい人は、ミーメが連れてくる子が指環を手にすると予言する。ミーメは、大蛇ファフナーのいる洞窟の前にジークフリートを連れてくる。ファフナーが目を覚まして出てきたところを、ジークフリートはノートゥングで心臓を一突き。ファフナーは息を引き取る。剣についたファフナーの血を舐め、森の小鳥の言葉が分かるようになったジークフリートは、洞窟の宝の山から、小鳥から教えてもらった隠れ兜と指環を持って出てくる。さらに、ミーメが自分を毒殺しようとしていることを察知し、一撃をくらわせて殺す。ジークフリートは、岩山に炎に包まれて眠るブリュンヒルデのことを小鳥から教えてもらう。

第3幕/ジークフリートが岩山へ近づこうとすると、さすらい人が立ちはだかる。しかしジークフリートはものともせず、さすらい人の槍をノートゥングで真っ二つにして前へ進む。岩山に辿りついたジークフリートは、女性を初めて見て、あまりの美しさに初めて恐れを知る。そして、口づけして目覚めさせる。ブリュンヒルデは、甲冑も武器もない自分に少し戸惑うものの、永遠にジークフリートのものになると誓う。2人は愛を歌い上げる。


〈公演情報〉
新国立劇場 2016/2017 シーズン オペラ公演 
リヒャルト・ワーグナー作曲
楽劇『ニーベルングの指環』第2日
『ジークフリート』〈新制作〉 
全3幕〈ドイツ語上演/字幕付〉
●6/1、4、7、10、14,17◎新国立劇場オペラパレス
〈料金〉 S席27,000円 A席21,600円 B席15,120円 C席8,640円 D席5,400円 Z席1,620円(全席指定・税込)
新国立劇場ボックスオフィス 03-5352-9999(10〜18時)




えんぶ最新号好評発売中! 




kick 

shop 

nikkan 

engeki
記事検索
QRコード
QRコード

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について