稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

『レビュー夏のおどり』

向田邦子作のふたり芝居 『家族熱』間もなく開幕! ミムラ・溝端淳平 インタビュー

IMGL7388[本データ

没後36年経った今でも、その小説やエッセイが多くの人に愛されている作家・向田邦子。その向田作品として人気を博したドラマを原作に、ミムラと溝端淳平が「ふたり芝居」を演じる舞台『家族熱』が、5月29日からの東京公演を皮切りに、水戸、大阪、兵庫で上演される。

原作の『家族熱』は、1978年に放送された連続ドラマ。後妻として黒沢家に嫁いできた朋子は、家族と前妻が通じていることを知ってしまい、朋子と歳の近い長男・杉男の勧めで家を出ることになる。
企画・台本・演出の合津直枝は、今回の物語を原作の3年後に設定、“家族”という制約から解放された歳の近い義理の母と息子が再会し、激しく揺れる心情をきめ細かく描き出す。
この「ふたり芝居」で、義理の母・朋子を演じるミムラと、息子・杉男を演じる溝端淳平に、向田作品の魅力、役者としてのお互いについて話してもらった「えんぶ6月号」のインタビューを、別バージョンの写真とともにご紹介する。

向田さんの世界なので
綺麗な人間にならないように

──今回取り組む向田邦子さんの作品について、お二人はどう捉えていますか?
ミムラ 向田さんの作品は大好きで沢山読ませていただくのですが、どんな作品も人間の根源的なところまで掘り返して、嫌なところも気持ちいいくらい赤裸々に描き出す。そこが読者を惹きつけるところだと思います。
溝端 男の目線から見るとちょっとぞっとするような鋭さで、女性心理や関係性が描かれていますよね。それに比べると、男ってなんて単純な生き物なんだろうと思います(笑)。

──お二人はこの作品で義理の母と息子を演じるわけですが。
ミムラ 私の役の朋子は、息子とは一回りしか違わない若い後妻で、一生懸命家族のために尽くそうとがんばるんですけど、色々あって家を出るんです。一見いい人間のようですが、向田さんの描く女性ですから、口に出さないだけでエゴイスティックなところもあるし、ずるいところもある。溝端さんが男は単純とおっしゃいましたけど、確かに「隠していることがある」のを隠さないのが杉男で、「何も隠してないわよ」と見せて実はごっそり隠している朋子で(笑)、そこが面白いと思います。朋子をできるだけ綺麗な人間にならないように演じたいですね。
溝端 杉男は3年ぶりに朋子さんと再会しますが、その29歳という年齢がすごく微妙だなと。自分もほぼ同年齢なのですが、大人の男になりきれていない、でも子供でもない。色々背負い込まないといけない立場になって、ある種の男らしさと臆病さが渦まいている。そんな杉男がかつては母という立場だった女性と再会して、家族という枠を超えて秘密をどんどん共有していく。そういう状況は、すごくやり甲斐がありますし、そのぶん内面的な熱量がいると思っています。

「ふたり芝居」は
信じ合うか探り合うか

──舞台では初共演のお二人ですが、ドラマでは共演済みだそうですね。お互いの印象は?
溝端 ミムラさんはすごく器の大きい方で、知識が豊富で、向田さんの作品もすごく読み込んでいらっしゃる。この機会に色々なことを教えていただきたいですね。
ミムラ 私のほうこそ、すでに溝端さんに感化されています。私は色々しゃべることはできるのですが、でも本当に核心をついた言葉ってそぎ落とされているものなんです。溝端さんはそういう言葉を自分の言葉としてストンと話される。そこが杉男という人のどこか不器用なところとか実直さと重なります。このお芝居に関しても、すごく考えてグツグツ煮詰めていらっしゃる感じで、私も鍋のふたをもう少し閉めておいて、煮詰めたほうがいいかなと(笑)。
溝端 僕が杉男と違うのは、この物語の家族とは真逆の、ごく普通の家庭で育ったんです。でも1人の男としては、杉男と朋子さんとの関係性って、すごくときめくものがあって。綺麗な年上の女性で、母なのに母じゃないという。もし友だちに同じ立場の友人がいたら「それ、すごく楽しいじゃない!」と言いたい(笑)。ちょっとタブーをおかすようなドキドキ感ですよね。
ミムラ 溝端さんの凄さは、こういうところです(笑)。
 
──そんなお二人が「ふたり芝居」に挑むわけですが。
ミムラ 私は大人数の芝居ばかりでしたので想像がつかないです。いつも以上に相手役とのコミュニケーションが必要かなと感じるので、溝端さんと一緒に築きあげていきたいです。
溝端 ミムラさんは僕にないものを補ってくださる方だと感じるので、僕も安心です。「ふたり芝居」は信じ合うか探り合うかどちらかだと言いますが、どちらにしろ100%で向き合うわけですから、その濃密さを出せればと。でも、どこかで3割くらい裏切り合ってたりすると面白いかもしれない(笑)。
ミムラ いいですね(笑)。絶対に予定調和にはならないようにしたいですね。

IMGL7404決定JPG
ミムラ・溝端淳平

みむら○埼玉県出身。03年ドラマ『ビギナー』で女優デビュー。映画やTVドラマ、舞台など幅広く活躍する。読書家で執筆活動も行い、コラムやレビューなどを連載中。最近の主な出演作品は、映画『後妻業の女』『彼らが本気で編むときは、』、テレビ『トットてれび』(NHK)『ソースさんの恋』(NHKBS プレミアム)『この声をきみに』(NHK)『大岡越前4』(NHK BSプレミアム)、舞台『人間風車』など。18年3月美村里江に改名を発表。この『家族熱』がミムラとして最後の作品となる。
 
みぞばたじゅんぺい〇和歌山県出身。07年ドラマ『生徒諸君!』で俳優デビュー。10年映画『赤い糸』で、第33回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。BS時代劇『立花登青春手控え』で時代劇初主演。最近の主な出演作品は、テレビ『立花登青春手控え2』(NHK BSプレミアム)、映画『破裏拳ポリマー』『祈りの幕が下りる時』、舞台『レミング〜世界の涯まで連れてって〜』『るつぼ』『管理人』『ムサシ』など。秋には『魔界転生』の上演が控える。

〈公演情報〉
家族熱PR

ふたり芝居『家族熱』
原作◇向田邦子 
企画・台本・演出◇合津直枝 
出演◇ミムラ 溝端淳平
●5/29〜6/5◎東京芸術劇場シアターウエスト
〈料金〉前売 6,000円 当日 6,300円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉テレビマンユニオン  03-6418-8700
●6/9◎水戸芸術館ACM劇場
〈お問い合わせ〉 029-225-3555 
●6/11◎近鉄アート館
〈お問い合わせ〉 06-6622-8802 
●6/12◎兵庫芸術文化センター 阪急中ホール
〈お問い合わせ〉 0798-68-0255



【取材・文/宮田華子 撮影/友澤綾乃】



『真夜中の弥次さん喜多さん』三重
kick shop nikkan engeki

岩松戯曲の傑作『市ヶ尾の坂−伝説の虹の三兄弟』 26年ぶりの再演・新演出で開幕!

DSC04008dss

岩松戯曲の傑作として知られる『市ヶ尾の坂』が、26年ぶりに再演され、5月17日から上演中だ。(6月3日まで下北沢 本多劇場にて。そののち福島、大阪など6都市で上演)
本作は1992年に「竹中直人の会」で上演されたもので、今回は新演出で『市ヶ尾の坂−伝説の虹の三兄弟』として再演するもので、大森南朋、三浦貴大、森優作が三兄弟を演じ、美貌の人妻に麻生久美子、その夫に岩松了、家政婦は池津祥子と、個性溢れる俳優たちが顔を並べている。

pho_0129dss

1992年、市ヶ尾の坂で暮らす三人兄弟がいた。 田園都市計画の名の下、 無くなることを余儀なくされている兄弟の家。 状況に抗うすべとてなく懸命に生きていこうとする母なき兄弟と、三人と触れ合うことになった母になることが出来ぬ美貌の人妻の、 絵合わせのような家族劇。
 
今回の上演にあたり、「25 年後、その市ヶ尾の坂は高速道路の青葉インターに続く壮観な空中道路の入り口になっています。今われわれは、あの兄弟を、あの人妻を、どんな思いで思い返すのでしょうか?」と思いを馳せる作者・岩松了によって物語は生まれ変わった。
出演者で岩松作品経験者は、2013年の『不道徳教室』以来4度目となる大森南朋、09 年『マレーヒルの幻影』で初舞台を経験した麻生久美子、14年の『ジュリエット通り』以来4年ぶりとなる池津祥子。今回が岩松作品に初参加の三浦貴大と森優作。さらに岩松了自身も俳優として加わっている。

pho_0169dss

【コメント】

公演の開幕にあたり、岩松了、大森南朋、麻生久美子、三浦貴大、森優作、池津祥子のコメントが届いた。

岩松了(作・演出/朝倉の夫役)
26年振りの公演となるので、再演ですが、新作舞台のつもりで挑みます。本作は僕が作った作品では珍しく、26年前に実在した場所、時間を元にした架空の物語なので見ている方々に感じ取ってもらえればと思います。見に来て下さった方々が、どういった印象を捉えるか楽しみです。
 
大森南朋(長男・司役)
岩松作品は過去何作か出演していますが、毎回新たな気持ちで緊張感を持って演じています。台詞が綺麗な印象があり、稽古の際には、空間的にお教え頂けるので、その都度新たな事を勉強させて頂けるので好きです。皆さんに気に入ってもらえるか、楽しんでもらえるか今から楽しみです。頑張ります。

麻生久美子(朝倉役)
明日からの初日が不安になるくらい今からとても緊張していますが、大好きな岩松作品に出られる機会を頂いたので、自分の中で楽しんでいければと思います。岩松さんの演出は、いつも必要な遠回りをさせてくれて勉強になりますし、演出する時の言葉がかっこ良くてしびれていま
した。稽古の際には相手がいるからこそ、こう動くといいのかと考えています。以前までは稽古で楽しめる事がなかなかなかったのですが、本作では楽しんで稽古をする事が出来ました。

pho_0098dss

三浦貴大(次男・隼人役)
緊張はしますが、岩松作品には素敵な言葉や台詞がたくさん散りばめられているので、噛まないよう一生懸命頑張ります。岩松さんの演出は周りから厳しいと聞かされていましたが、何度も同じ場面を繰り返す事で、言葉を丁寧に扱う事や、状況に合わせての台詞使いとか今後にも活かせる事を学べました。この作品に出られた事は、これからの役者人生の中で大切な時間になると思います。

森優作(三男・学役)
岩松さんの作品は人の状況というか、相手の状況を敏感に感じないといけないので、緊張しますが一生懸命頑張ります。

池津祥子(朝倉家家政婦・安藤役)
26年前に実際に観て、衝撃を受けた作品に出られてとても嬉しく震えています。岩松作品は想像力をかき立てたり、人間関係を大切とした作品ですし、1つ1つの台詞が素敵なので丁寧に演じていければと思います。
 
pho_0045dss

〈公演情報〉
M&Oplaysプロデュース 『市ヶ尾の坂−伝説の虹の三兄弟』
作・演出◇岩松了
出演◇大森南朋、麻生久美子、三浦貴大、森優作、池津祥子、岩松了
●5/17〜6/3◎本多劇場
〈料金〉6,500円 U-25チケット3,500円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉M&Oplays 03-6427-9486(平日11:00〜18:00)
●6/5◎仙台市 電力ホール
●6/7◎白河市 白河文化交流会館コミネス
●6/12◎富山市 富山県民会館ホール
●6/14・15◎名古屋 日本特殊陶業市民会館ビレッジホール
●6/17◎三島市 三島市文化会館

【撮影/三浦憲治】




『真夜中の弥次さん喜多さん』三重
kick shop nikkan engeki 

永田聖一朗がラインハルト役! 舞台『銀河英雄伝説 Die Neue These』帝国軍メインキャスト発表!

銀河英雄伝説ビジュアル(0517)

大人気作家・田中芳樹氏原作によるSF小説で、1982年に第一巻が刊行されて以来、累計1500万部発行を超え、今なお記録を伸ばし続けているベストセラー小説「銀河英雄伝説」。アニメ、漫画、ゲームなどの関連作品も多く、1988年からは、アニメシリーズが制作され、OVA110話、外伝52話、劇場公開作品3本という、圧倒的ボリュームで展開。多くのファンの心を魅了し続けている。また、2018年4月からは、新作アニメ「銀河英雄伝説 Die Neue These(ディ・ノイエ・テーゼ)」が、ファミリー劇場、TOKYO MX、MBS、BS11にて放送中で、新旧のファンに好評を博している。

その舞台版での新シリーズとなる、舞台『銀河英雄伝説 Die Neue These(ディ・ノイエ・テーゼ) 』の、帝国軍メインキャストが決定した。
主役のラインハルト・フォン・ミューゼル(ローエングラム)役には、ミュージカル『テニスの王子様』などで活躍する永田聖一朗。また、ジークフリード・キルヒアイス役に加藤 将、オスカー・フォン・ロイエンタール役に畠山 遼、ウォルフガング・ミッターマイヤー役に釣本 南(Candy Boy)が決定。第一弾として帝国軍のラインハルトとキルヒアイスによるビジュアルも公開となった。(※キャスト第二弾は6月下旬頃発表予定)

永田聖一朗宣材加藤将写真-1
永田聖一朗、加藤 将
畠山遼写真釣本南写真-1
畠山 遼、釣本 南

【物語】
数千年後の未来、宇宙空間に進出した人類が、銀河帝国と自由惑星同盟の二国に分かれていた。この二国家の対立は実に150年に及び、際限なく広がる銀河を舞台に、絶えることなく戦闘が繰り返されてきた。そして、ふたりの天才の登場によって歴史は動いていく。「常勝の天才」ラインハルト・フォン・ローエングラムと、「不敗の魔術師」と呼ばれるヤン・ウェンリーである。ふたりは帝国軍と同盟軍を率い、何度となく激突する──。

〈公演情報〉
gineiden_mainvisual
 
舞台『銀河英雄伝説 Die Neue These 』
原作◇田中芳樹「銀河英雄伝説」シリーズ(創元SF文庫刊)
演出◇大岩美智子
構成・監修◇高木 登
脚本◇米内山陽子
出演◇永田聖一朗、加藤 将、畠山 遼、釣本 南(Candy Boy) ほか  
●10/25〜28◎東京・Zeppダイバーシティ東京
〈料金〉8,640円(全席指定・税込)
 ※チケット先行販売は、6月下旬を予定 

(c)田中芳樹/松竹・Production I.G





『真夜中の弥次さん喜多さん』三重
kick shop nikkan engeki 
記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について