稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

『江戸のマハラジャ』

芝居のリアリティは舞台も映像も同じ。8年ぶりの映像作品出演!中川晃教 特別インタビュー

S_L3A8687

舞台で活躍中の中川晃教が、11月25日(土)からNHK総合テレビで放送される、大河ファンタジー『精霊の守り人〜最終章〜』に、ラダール役で出演する。ミュージカルを中心とした舞台活動と、自身の音楽活動に主軸を置く中川にとって、8年ぶりの映像ドラマ作品出演となった。久しぶりの映像現場での芝居は、舞台の芝居とどう違っていて、どう繋がっていたのか。そこから考える芝居への思いなどを聞いた。
『精霊の守り人』は上橋菜穂子原作の小説『精霊の守り人』シリーズが原作のドラマ作品。2016年3〜4月に第汽掘璽坤鵝2017年1〜3月に第競掘璽坤鵑放送された。最終章では、原作の『闇の守り人』『天と地の守り人』を元に描かれる。

S_L3A8730

舞台での方法を応用しながら細かく芝居できるところが楽しい

──8年ぶりの映像作品となりましたが、ラダール役を演じるうえで、その作業は舞台のときと変わらないですか?
変わらないです。ただ、映像は撮影に入って、テストのあとすぐに本番なので、そういう意味では自分の中で感情として出来上がっていなくてはいけないですね。頂いたラダール役にしどころを感じたので、自分の中での準備や、どう演じようか考えるのが楽しかったです。そして、綾瀬はるかさんが演じるバルサにとってどうあるべきか、関わる役とどう芝居を作っていくかなどを考えました。一番舞台と違うところは、カメラがあることと、引きと寄りがあること、その角度ひとつで意思が強くも弱くも見えるので、そこを逆算して組み立てていくところですね。圧倒的に映像の経験値がないですが、舞台での方法を応用しながらも、大枠は違わないと思いますし、むしろもっと細かく芝居できるところが楽しいですね。
──働いている脳の感覚は同じですか?
同じです。でも、より集中力が高いかもしれません。舞台は空間も大きいので、例えば2000人を感動させる全体の空間を埋めるためには、目の前の集中力ではなく、いかに客席の一番奥まで集中するかと思ったときの、体の開き方ひとつが違うんです。映像の場合は近くの空間と引きの空間があるので、その切り替えは必要ですね。
──目の前に観客がいる状況と、いない状況というのは?
そこは当然全然違いますよね。でも作品によっても違います。舞台でも和田憲明さん演出でやらせて頂いた『死神の精度』では、客席に背を向けろと言われました。客席は壁だと思って、客がいることを意識しなくていいということですよね。後ろにいる人に話しかけているのに、前を向く芝居を求められる作品もありますし、劇場のサイズそれぞれの見せ方によって、役者が個人で判断して見せている場合もあります。そこは舞台も映像も同じかなと思います。

S_L3A8661

自分がやってきたことが間違いではなかった、益々精進して行きたい

──演じるうえで『精霊の守り人』ならではと思ったことはありますか?
『精霊の守り人』は、ファンタジーという肩書きが付いている点で言うと、キャラクターひとつひとつが濃いです。その登場人物のキャラクターに負けては駄目なんです。カンバル国王・ログサム役の中村獅童さんが話していた言葉が印象に残っていますが、「ログサムは強い人間だから、あえて大きくやっている」と。それは芝居が大きいということではなく、感情や表現であり、その芝居がこの役に合っているんですよね。もちろんずっと大きいわけではなく、人間様々な状況がありますから、そのリアリティは舞台も映像も同じだと思うんですよね。この作品に出演している人それぞれ、ファンタジーならではの役に負けないキャラクターを、ちゃんと作れる人達が集まっていると思います。役者の力量で大きく変わってくる作品で、非現実空間の中でリアルに芝居をしている人達です。そこが音楽やダンスになっていくミュージカルと共通するなと感じます。
──確かに映像作品のなかでも、ファンタジーという要素が独特で、舞台ファンで『精霊の守り人』を好きな方も多いのではないかと思います。
獅童さんもこれを歌舞伎でやったら、ミュージカルでやったら、『LIFE! 〜人生に捧げるコント〜』でやったら面白いんじゃないかって話してたんですよ! カンバル王国のメンバーが、本気でコントにしたら面白いんじゃないかなと、それくらいソフトとしてすごくしっかりしたものですよね。
──改めてこの作品を終えていかがですか?
ひとことで言うと、今回自信がつきました。映像の初めての仕事だった『コンカツ、リカツ』、次の大河ドラマ『天地人』は、どちらも腑に落ちていなかったですが、今回8年近く経って、その間に舞台で経験してきたことが間違っていなかったんだと。映像と舞台は同じなんだと思いました。
──8年前は同じだと思えなかった?
気負っていたと思います。舞台と映像は違うものだと思っていましたね。8年間、本気で一作一作とぶつかって得て来たものが、今すごく身となってひとつの自信になったと思います。さらに今回吸収出来たことや、共演者の方達から頂いた刺激から、もっと出来ると思える気持ちも生まれました。自分がやってきたことが間違いではなかったんだと、読売演劇賞最優秀男優賞、菊田一夫演劇賞を取らせて頂いたタイミングでもありますし、益々自分を鼓舞して、精進して行きたい気持ちです。

S_L3A8674

実はストレートプレイをやりたいと思っている

──最近は舞台といえばミュージカルが続いていますが、ストレートプレイはいかがですか?
実はすごくやりたいです。ストレートプレイをやりたいと思う一番の理由は、繊細に表現出来るから。『精霊の守り人』でも思いましたが、映像は寄りますし、しかも色んな角度から寄られますよね。その時に、自分がそのことを意識しながら、何を芝居するかというところが、すごく繊細に映り、そこを舞台ではもっと大きいところで表現しています。大きく出来るということは、小さい確実なものを持っているから拡大出来るわけで、実はどちらも出来ることがミュージカルにとっても、映像にとっても、音楽にとっても生かされることだと思えたんです。
役者の力で持っていくというところに、演出家の方針みたいなものを感じる場合もありますし、役者はあくまでも役であって、こういう作品を作りたいんだというものがはっきりと伝わって来る演出家もいます。例えばそれは、和田さんとやったときには、和田さんが描く作品のなかの、その人間として自分が存在できるかを大切にしたくなるんです。それは、こういうストレートプレイの世界なんだと提示されているから、自分がその駒になり、こういうふうにやりたいけれど出来ないという役者としての葛藤が生まれ、自分の役割が明確になる。逆に拮抗しあう役者の力量が問われる作品もありますし、色んなストレートプレイがあるので、もっと自分のなかで知りたいなという思いが、純粋な興味としてあります。どこかストレートプレイじゃないと表現出来ない、試せない部分に魅力を感じますし、絶えずアンテナを張っています。
音楽は自分の中に最初からあったものです。そして、ミュージカルをやったことによって、自分に音楽があったことが、ミュージカルの扉を開く一番の武器だと確信することが出来ました。芝居から生まれるのがミュージカルで、何を表現して何を語りたいかが音楽になっていくので、歌は音符だけではないんですよね。僕は、ミュージカルにおいてプロだと思いたい気持ちが強くなったことで、初めてストレートプレイに挑戦しようという思いに至っているので、ストレートプレイをやる前とそれ以降とでは、台本の読み方も変わりましたし、役の作り方も当然幅が広がり、自分じゃない人間を演じることの意味を柔軟に捉えられるようになりました。

S_L3A8771

舞台を好きなお客さんがハマるひとつの要素になる

──最後にメッセージをお願いします。
舞台が好きなお客さんも『精霊の守り人』を見たら、原作を読みたいと思うだろうし、色んなキャラクターに感情移入することで見えてくる世界もあるだろうし、物語の内容を詳しく知らずに見ている人も、テレビドラマの今までにない魅力を感じて頂けると思います。森の中や、時代の中の建物や景色、シチュエーションが、本当に私達が住んでいる日常とは全然違うところにあり、そこに生きている人間たちを描いていますが、着ているもの、肌の色など、どこか今の私達と同じなのかなと思って見てみると、時代としては現代ではなく、そこに色んなイマジネーションが掻き立てられる面白さがあります。
それは舞台を好きなお客さんからすると、ハマるひとつの要素になるでしょうし、バルサの視点で三年に渡ってストーリーが展開していく、そんな舞台がもしあったならば、ものすごいバジェットですよね。僕が関わった作品で考えると『銀河英雄伝説』がそういう形でした。舞台ではなかなか出来ないような超大作に匹敵するような作品だからこそ、絶対に楽しいと思ってどんどん見たくなると思います。そして僕自身も、この作品を経験する前と経験した後とでは、確実に変わったと思いますし、見てくださっている方にもそう思って頂ける、ターニングポイントになった作品だと思います。ぜひご覧ください。

S_L3A8737
なかがわあきのり○宮城県出身。01年自身の作詞作曲による「I WILL GET YOUR KISS」でデビュー。02年日本初演のミュージカル『モーツァルト!』の主役に抜擢され、初舞台にして第57回文化庁芸術祭演劇部門新人賞、第10回読売演劇大賞優秀男優賞、杉村春子賞を受賞。以後音楽活動と共に数々のミュージカル、ストレートプレイに出演。最近の主な舞台作品は『CHESS』『グランドホテル』『フランケンシュタイン』『ビューティフル』など。昨年の『ジャージー・ボーイズ』で演じたフランキー・ヴァリ役で第24回読売演劇大賞最優秀男優賞、菊田一夫演劇賞などを受賞。

〈作品情報〉
NHK大河ファンタジー『精霊の守り人〜最終章〜』
2017年11月25日(土)スタート
NHK総合 毎週土曜 午後9時00分から9時58分 <連続9回>



【取材・文・写真/岩村美佳】



『サロメ』
kick shop nikkan engeki 

舞台『義風堂々!!』が開幕! 志村玲於・古川毅・早乙女友貴・小野健斗インタビュー

義風堂々 決定0007

前田慶次の莫逆の友・直江兼続の物語として、月刊コミックゼノンで連載中の「義風堂々!!」が舞台化され、11月17日にAiiA 2.5 Theater Tokyoで開幕した。(26日まで。そののち大阪でも上演)。
 
この作品は「花の慶次-雲のかなたに-」の魂を受け継ぐ作品として、2008年より連載を開始。「花の慶次」で、原作者の原哲夫自身が描き切れていなかったと語る、"義"を貫く漢の生き様を力強く描いている。

【 あらすじ 】
時は戦国時代。上杉家軍師・直江兼続(猪野広樹)は従者・茂助(志村玲於)忍び・次郎坊(早乙女友貴)と共に、命を賭して上杉家盟主・上杉景勝(伊藤裕一)に仕えていた。
ある時、遊郭で天下一の傾奇者にして伝説のいくさ人・前田慶次(鍵本輝)と出会い、二人は『莫逆の友』となってゆく。
『義』で結ばれた兼続と慶次は、時の関白・豊臣秀吉(窪寺昭)による佐渡攻めの謀略を乗り切る。
だが、徳川家康(ブラザートム/天宮 良)に兼続の出生の秘密を悟られてしまい、忍び・下坂左玄(小野健斗)や名軍師・島左近(古川毅)たちが次々と動き出すー。
主人公となる上杉家軍師・直江兼続をめぐる人々の中で、兼続の従者・茂助役の志村玲於、徳川方の名軍師・島左近役の古川毅、兼続の忍び・次郎坊役の早乙女友貴、家康の忍び・下坂左玄役の小野健斗が、扮装姿も凜々しく集まってくれた「えんぶ10月号」のインタビューを別バージョンの写真とともにご紹介。

0001
小野健斗・早乙女友貴
古川毅・志村玲於

原作もののプレッシャーをバネにして

──戦国時代の話ですが、時代ものへの興味は?
志村 昔からこういう戦国ものは好きでした。アニメ系だと『戦国BASARA』ものとか。それに時代劇を見たり、ゲームをやったりというのはありました。
古川 僕は小さい頃から時代ものが好きで、父親と大河ドラマを見ていた時期もあります。安土桃山時代を背景にした作品は大好きで、直江兼続とか上杉景勝もよく知っています。
──早乙女さんと小野さんは、時代ものには沢山出ていますが、原作ものに出るときのハードルは?
小野 やっぱり演じる以上は原作をより面白く皆さんに届けたいという気持ちが強いですね。
早乙女 実写化というか、原作ものをやるときはプレッシャーがあります。でもそのプレッシャーをバネにして、漫画とは違った魅力だったり、良さを出していけたらいいので。
──志村さんと古川さんは、こういう舞台は初めてだそうですね。お互いに、この部分は舞台に向いているなというところは?
古川 玲於は明るいんです。いい意味で人柄が演技に出ると思うので、そこは向いています。それに日頃からお芝居をやりたいと言っていて、殺陣も習ったりしているので、今回一緒なのは心強いです。
志村 毅は真面目だし、すごく誠実です。そういうところが島左近という役に、すごく合っているんじゃないかな。自分が信じた道を迷わず進むタイプなので、今回の経験を自分のやりたいことに生かしていけるのではないかと思います。
 
同じ作品でも、エネルギーや空気感は毎回違う

──早乙女さんと小野さんは共演経験がありますね。お互いについては?
小野 友貴は、とにかくずば抜けて殺陣がうまい。速いし、ついていけない。
早乙女 でも健斗に殺されたよね。1対1じゃなくて何人がかりだったけど(笑)。健斗の殺陣もカッコいいです。タッパがあるので迫力が増す。今回、槍とか持ったら、戦う範囲が広がるので、怖いんじゃないかな(笑)。
古川 話を聞いてて、ちょっと不安になってきた(笑)。
志村 僕は殺陣は絶対やりたいんです。でも茂助にそういうシーンがあるか、まだ微妙なんです。
──早乙女さんから殺陣についてアドバイスするとしたら?
早乙女 技術の話は置いておいて、まず力まないこと。力が入っちゃう人がいるんです。力むとロボットみたいな硬い動きになるし、体力もなくなっていく。力まず楽しんでやるといいんじゃないかな。それに好きかどうかですよね。好きだったら練習も楽しめる。あとは色々な方の良いところをとって、自分なりにアレンジすることですね。
──カッコいい“漢”の戦いが楽しみですね。最後に意気込みを。
志村 原作を好きな人も、今回僕たちが出ることで初めて知った人にも、絶対に楽しんでもらえる舞台にしたいです。共演の方たちから刺激を受けて、日々進化していきたいし、その進化をぜひ見ていただきたいので、ぜひ劇場に目撃しに来てください。
古川 今回、僕は初舞台なので、先輩方から色々なものを盗めたらと思っています。それを成長の糧にしたい。後になってこの舞台を振り返ったとき、しっかり戦っていたなと思えるように、真正面からぶつかって沢山のものを得たいと思います。
早乙女 今回、全部で20公演ありますが、同じ作品でも、人から出てくるエネルギーや空気感は、毎回まったく違うんです。そこが舞台の魅力ですし、それを体感しにきてください。
小野 戦国時代、人はギリギリで生きていたと思うんです。だからギリギリのところで演じていかないと意味がないと思うし、1人1人がギリギリのところまでもって行くことが、当時の人たちの生き様をお客様に伝えることになる。みんなでギリギリまでがんばって、戦国時代の漢の生き様を伝えられたらと思っています。

【プロフィール】
0009
小野健斗・早乙女友貴
古川毅・志村玲於

しむられお○東京都出身。2015年9月、「EBiDAN」(エビダン/恵比寿学園男子部)内から選抜された9人組ダンスボーカルユニット「SUPER★DRAGON」として活動中。2017年1月『BIOHAZARD THE Experience』で舞台初出演を果たした。
 
ふるかわつよし○東京都出身。2015年9月、「EBiDAN」(エビダン/恵比寿学園男子部)内から選抜された9人組ダンスボーカルユニット「SUPER★DRAGON」として活動中。舞台はこれが初舞台になる。

さおとめゆうき○福岡県出身。1歳半で父・葵陽之介が座長をつとめる劇団朱雀で初舞台を踏み、2015年の劇団解散まで所属。劇団公演以外にも舞台出演は多数。近年の主な舞台は『蒼の乱』『南の島に雪が降る』『つかこうへいダブルス』『オレノカタワレ』『AZUMI・幕末編』『THE SHINSENGUMI2015』『TRUMP』『刀舞鬼 -KABUKI-』『新・幕末純情伝』『瞑るおおかみ黒き鴨』『あずみ 戦国編』『ちるらん 新撰組鎮魂歌』『ALATA』など。

おのけんと○東京都出身。モデルから、06年の舞台『ミュージカル・テニスの王子様』で俳優デビュー。最近の出演舞台は、『カフェ・パラダイス』『初恋モンスター』ミュージカル『花・虞美人』『Fate/Grand Order THE STAGE -神聖円卓領域 キャメロット-』『煉獄に笑う』舞台『K-MISSING KINGS』など。

〈公演情報〉
PR のコピー
舞台『義風堂々!!』
原作◇「義風堂々!!」シリーズ
「義風堂々!! 直江兼続-前田慶次 月語り-」(原作:原哲夫・堀江信彦、漫画:武村勇治) 「義風堂々!! 直江兼続-前田慶次 酒語り-」(原作:原哲夫・堀江信彦、漫画:武村勇治) 「義風堂々!! 直江兼続-前田慶次 花語り-」(原作:原哲夫・堀江信彦、作画:出口真人)
脚本・演出◇きだつよし
出演◇猪野広樹 鍵本輝(Lead)/志村玲於(SUPER★DRAGON)  古川毅(SUPER★DRAGON)  早乙女友貴 小野健斗伊藤裕一ブラザートム 天宮良(Wキャスト/東京公演のみ)  ほか 
●11/17〜26◎東京 AiiA 2.5 Theater Tokyo
●12/9・10◎大阪 メルパルクホール
〈お問い合わせ〉東京公演/サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(全日10:00〜18:00)




【取材・文/吉田ユキ 撮影/岩田えり】




『サロメ』
kick shop nikkan engeki 

三上市朗らを客演に迎え、はぶ談戯『やわらかい扉』12月に上演!

IMG_はぶ1801

穂科エミが主宰・作・演出し、「昭和」「場末」「行き止まり」の世界観を描きだす、はぶ談戯の20回記念公演『やわらかい扉』が、元MOPの看板俳優・三上市朗や中村真知子、加藤靖久をはじめとする多彩な客演を迎えて、12月初めに上演される。

「ねえ…その扉を開けてちょうだい」煙草をふかす姿が似合う、冷たい母の記憶。笑顔を残して消えた、優しい父の記憶。
甘い、苦い、愛しい、憎らしい……なんて言ってもさ、所詮、曖昧な記憶なわけで。毎日楽しく生きていますよ。ええ、とても。
愛することに長けているもので、いつも、いつでも苦しくて。
愛しい、愛しい、愛しい………ああ、愛しい。でもどうしても、言葉に出すことはできなくて。このまま狂って死んでしまおう…って何度つぶやいたんだろう。
でもね、正直、ここだけの話。本当は……『愛しい』が欲しいんだ。
そんな時、頭のなかではいつもあの曲が流れてる。ずっと気づいてたけど、気づかないふりをしてきた、この固く閉ざされた、やわらかい扉。
その扉を開け、一歩踏み出した時、その扉を開け、一歩踏み込んだ時、
私は、僕は、…………って言えるのかな。

この物語は、悲劇でも、喜劇でもない。
そこにあるのは、すべて『愛』。ただそれだけの話。
はぶ談戯の真骨頂!必見!

 
〈公演情報〉
IMG_はぶ1920
はぶ談戯vol.20『やわらかい扉』
脚本・演出◇穂科エミ
出演◇長谷椿 雅憐 南貴子 穂科エミ(以上、はぶ談戯)/橋本恵一郎(欲棒仙人Ю) 塩口量平(プラチナムプロダクション) 佐河ゆい(株式会社アスタリスク) 川田早矢加 工藤理穂 横尾下下(ポップンマッシュルームチキン野郎) 豊田豪(海賊のように飲む会) 宮川智司 丘咲アンナ/中村真知子 加藤靖久(AND ENDLESS)/三上市朗
●12/6〜11◎テアトルBONBON
〈料金〉前売4,000円 当日4,200円 学割3,200円(要学生証提示)リピーター割3,200円(要半券提示)(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉http://hub-web.jp/information/vol20/



『サロメ』
kick shop nikkan engeki
記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について