観劇予報

えんぶ4月号

芸術監督・野村萬斎による世田谷パブリックシアター開場20周年記念公演が4月に開催!

s『MANSAIボレロ』2_撮影:政川慎治(Shinji Masakawa) - コピー

世田谷パブリックシアターは2017年4月で、開場20周年を迎える。それを記念して芸術監督・野村萬斎が送る、日本の舞台芸術の「古典ー近代ー現代」を繋ぐ魅力あふれるプログラムが上演される。

萬斎は芸術監督就任以来、狂言師 という自らのアイデンティを活かし 、数々の舞台生み出してきた。
古典の知恵と洗練を現代に還元し、現在の私たちの舞台創造に活かしていきたいという考えから立ち上げた「現代能楽集」シリーズ を企画・監修。シェイクスピア作品を翻案・ 演出した 『まちがいの狂言』 (原作『間違いの喜劇』01 、02 、05 、10 年 )、『国盗人』( 原作 『リ チャード三世』07、 09 年 )、『マクベス』 ( 10、13 、14 、16 年) では 、西洋の古典戯曲を日本芸能ならでは手法や発想で現代に甦らせ、好評を博した。また「狂言劇場」シリーズでは、通常は演劇やダンスが上演される世田谷パブリックシアターに能舞台を立ち上げ、数々の狂言を上演している。

狂言劇場 その四 T-1301 撮影:政川慎治s

今回、開場20周年記念公演に選んだのは、ユーモアあふれる狂言『唐人相撲』と、萬斎による独舞『MANSAIボレロ』。
狂言『唐人相撲』は、現在上演されている狂言の中で、最も多くの演者を要する賑やかな作品。唐に滞在していた相撲取りが皇帝に帰国を願い出ると、名残にもう一度相撲を見せてほしいと所望される。臣下たちが次々と敗れるのを見た皇帝は、ついに自ら相撲取りに勝負を挑むが…。色とりどりの装束やアクロバティックな相撲の技、また唐音(とういん)という架空の中国語の会話など、ユーモアにあふれる狂言。

狂言劇場 その四 T-0929 撮影:政川慎治s
 
『MANSAIボレロ』は、萬斎が長年の構想を経て2011年に世田谷パブリックシアターで初演し、以降、各所で好評を博しているプログラム。ラヴェルの傑作舞踊音楽「ボレロ」と、『三番叟』を軸とする狂言の発想と技法とが結晶し、生まれた珠玉の独舞だ。

『MANSAIボレロ』白5_撮影:政川慎治(Shinji Masakawa)撮影:政川慎治 

劇場開場記念日の4月5日には、世田谷パブリックシアター友の会会員および世田谷区民を対象とした招待公演「トーク&パフォーマンス『MANSAIボレロ』」を開催。
4月7日(金)〜9日(日)は「狂言『唐人相撲』/『MANSAIボレロ』」の2本立て。この作品ではスペシャル企画として、『唐人相撲』の出演者を一般公募する。(詳細はHPにて。)


〈公演情報〉
世田谷パブリックシアターー開場20周年記念公演
「狂言『唐人相撲』/『MANSAIボレロ』」
●4/5(水)「トーク&パフォーマンス『MANSAIボレロ』」
出演◇野村萬斎 ほか ※ゲストは後日発表
●4/7(金)〜4/9(日)「狂言『唐人相撲』/『MANSAIボレロ』」
出演◇ 野村万作 野村萬斎 石田幸雄 深田博治 高野和憲 月崎晴夫 ほか「万作の会」、『唐人相撲』唐人公募出演者
〈料金〉一般/S席6500円 A席4000円 高校生以下・U24/ S席3250円 A席2000円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉世田谷パブリックシアターチケットセンター 03-5432-1515(10:00〜19:00)
発売開始 3月12日(日)


【写真提供/世田谷パブリックシアター 撮影/政川慎治】

 


えんぶ4月号 



kick 

shop 

nikkan 

engeki

安西慎太郎、章平、羽場裕一で演じる3人芝居『スーツの男たち』間もなく開幕!

jpg-large

『クレシダ』『テイクミーアウト』『End of the RAINBOW』などの成果により、第51回紀伊國屋演劇賞団体賞を受賞したシーエイティプロデュースの新作『スーツの男たち』が、3月18日からアトリエファンファーレ高円寺で開幕する。(4月2日まで)

原作はジェイソン・ミリガン作の『スーツの男たちーマフィアについての三部作』。今回は第一部『スーツの男たち』を上演する。出演は、舞台『幽霊』や、ドラマ『男水!』などで注目を集める若手俳優・安西慎太郎、『テイクミーアウト』『弱虫ペダル IRREGULAR 2つの頂上』などで活躍中の章平、舞台、ドラマなどで活躍し続けるベテラン・羽場裕一の3人芝居となる。

【あらすじ】
ニューヨークのグランドセントラル駅。
マフィアの殺し屋マックス(安西慎太郎)とボビー(章平)は待ち伏せしてある男を殺すはずが、間違って別の男を殺してしまう。
彼らのボス(羽場裕一)は仕事をしくじった手下に容赦ない。マックスは逃げようと言うが、ボビーは正直に謝ってしまった方がいいと主張する。結局二人は、バーモント州のボスの家まで夜通し車を運転して行くことになって……。
窮地に立たされた殺し屋たちの心情が、時にユーモラスに、時に切なく描かれる。

【アフタートークショー】
3月23日(木)19:00
3月24日(金)19:00
3月28日(火)14:00/19:00
3月30日(木)19:00
3月31日(金)19:00

〈公演情報〉
IMG_0386

『スーツの男たち』
作◇ジェイソン・ミリガン
翻訳◇芦沢みどり
演出◇落石明憲
音楽◇岩崎廉
出演◇安西慎太郎 章平 羽場裕一
●3/18〜4/2◎アトリエファンファーレ高円寺
〈料金〉7,500円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉CATチケットBOX 03-5485-5999

華丸主演舞台『熱血!ブラバン少女。』に大吉がサプライズ登場!

_98A8343S

博多座3月公演『熱血!ブラバン少女。』は、全国トップレベルの実力を誇る福岡の精華女子高等学校吹奏楽部の大ヒットCDをモチーフに、博多座オリジナルの脚本で舞台化した作品。博多華丸演じる熱血コーチのもとで、全国大会を目指す女子高校吹奏楽部の姿が活き活きと描かれる。
3月4日の初日以降、SNSや口コミで観劇後の感動コメントが続々と広がり前作の『めんたいぴりり〜博多版〜』同様、地元福岡では大好評の舞台となっている。
 
_98A8259S

そんな中、華丸の相方、博多大吉が12日夜の部を観劇、カーテンコール時に、花束を抱えて登壇した。これには1500人の観客も大興奮のサプライズとなった。
前回の『めんたいぴりり〜』では初日のみ大吉も出演(以降は映像出演)し、“初日で千穐楽”という珍!?出演を果たした大吉。今回は純粋に観客として相方の舞台を楽しみ、急きょカーテンコールに登壇することとなった。燕尾服の指揮者姿の華丸を見て「全然、金八っぽくないね」と、これには観客だけでなく出演者からも拍手喝采が起こり、美味しいところを全て持っていかれた華丸は、なすすべもなく「今日イチの拍手じゃないですか」と応じ、さらに大きな笑いが会場を包んだ。

_98A8357S
 
相方に渡す予定だった花束は「あなたは必要ないでしょ!(笑)」と共演者に渡すことを提案。華丸は教え子の吹奏楽部部長役の宮香蓮に譲り、宮が大吉から大きな花束を受け取る姿を嬉しそうに見つめていた。

_98A8387S

最後に大吉は「非常にいいものを観せてもらい感動しました。千穐楽まで相方を可愛がって下さい」と観客にきっちりアピール。コンビ愛あふれるコメントで締めくくり今作品を大絶賛で称えた。
福岡でしか観れない『熱血!ブラバン少女。』は3月26日まで行われる。


〈公演情報〉
OMOTE OUTトンボ無しS

『熱血!ブラバン少女。』 
作・演出◇G2
出演◇博多華丸、星野真里、金子 昇、田中美里、宇梶剛士、森田順平、鳳 蘭
宮香蓮、入来茉里、神田朝香、上野 遥/武内由紀子、斉藤 優、是近敦之、松永玲子
ゲスト出演◇精華女子高等学校吹奏楽部
●2017/3/4〜26◎博多座 
〈料金〉A席12,000円 特B席9,000円 B席7,000円 C席4,000円(全席指定・税込)
チケット発売日:2017年1月14日(土)午前10時より 電話予約・インターネット発売開始
チケット問合せ:博多座電話予約センター 092−263−5555(10:00〜18:00)※日・祝日も受付
インターネット販売:http://www.hakataza.co.jp/

 


 

えんぶ4月号 


kick 

shop 

nikkan 

engeki
記事検索
QRコード
QRコード

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について