観劇予報

おん・すてーじ『弥次さん喜多さん』双

西田シャトナーの名作『破壊ランナー』で主演する池田純矢インタビュー

池田本データ

生身の人間が音速で走るレースを、生身の舞台で演じ切る──。
90􃻥􃻜年代、演劇界の常識を覆した伝説的作品、西田シャトナーの名作『破壊ランナー』が、バージョン・アップして、4月21日〜30日、Zeppブルーシアター六本木で上演される。パワーマイムというスタイルで演劇界に衝撃をもたらした「惑星ピスタチオ」の代表作の1つだ。
今回、この名作の主演をつとめるのは、俳優として、また劇作家・演出家としても活躍する池田純矢。『破壊ランナー』に出演したレジェント俳優・保村大和をはじめとする豪華共演者とともに、身体表現の極致ともいえるシャトナーワールドが展開される。
そんな作品で主役として豹二郎ダイアモンド役に挑戦する池田に、この作品への思い、そして俳優と作・演出家という2つの顔について話してもらった「えんぶ4月号」の記事を、別バージョンの写真とともにご紹介する。

0018

強いヒーローに憧れて格闘技を身に付ける

──西田シャトナーさんの作品に出演するの初めてだそうですね。
はい。でも作品は何本も観ています。いつもエネルギーのすごさに圧倒されますし、同時に繊細な絵作りに感動します。
──独特の身体表現であるパワーマイムについては?
初めて観たときは衝撃でした。ある意味、子供時代の遊びの延長を本気でやっている凄さというか。子供の頃は、自分で擬音をつけながらメカニックな動きをして遊んだりしますよね。あれを高度なレベルで表現にしている。自分があれをやる側になったら相当たいへんだなと思いました。
──池田さんは殺陣やアクションはもちろん、新空手、ボクシング、エクストリーム・マーシャルアーツと様々な格闘技も身に付けていますね。
幼稚園児の頃にビデオで黒沢明監督の『七人の侍』を観て夢中になって、将来の夢は三船敏郎か勝新太郎になりたいと(笑)言ってたんです。もちろん戦隊ヒーローも好きでしたし、ジャッキー・チェンも好きで、ああなりたいと思って格闘技をやるようになったんです。
──その身体能力は俳優という仕事に役立ったと思いますが、演じるということを意識したのは?
初めて1つの役と向き合う作業をしたのが映画の『DIVE』(08年)で、そのとき熊澤(尚人)監督にめちゃくちゃ怒られたんです。「まっすぐ立て。ちゃんと立て」と。あとで思い返すと「役としてちゃんとそこにいろ」ということなのですが、当時13か14歳だったので、ただただ怒られてることしかわからなかったんです。でも悔しくて自分なりに頑張って考えて。完成した映画を観たらすごく面白くて、自分ではない自分がいたんです。そこで演じることへの意識が目覚めた気がします。
──強いヒーローになることから、それを演じる側へと意識変換したわけですね。
大人になってもヒーローに憧れているわけにはいきませんからね(笑)。少しずつお芝居をさせてもらう中で、俳優という職業に憧れが移っていったんだと思います。

0014

役という絶対的なものがあるとすごく安心する

──俳優という仕事が自分に合っていると思うところは?
僕は自分のことはよくわかってなくて、どれが自分なのかとても曖昧なんです。たとえば今話しているのは役者池田純矢ですし、プライベートでも色々な顔を演じている気がするんです。本当の自分は?と考えると答えられないし、むしろ役をやっている時のほうが全力で答えを出そうとするので、今回なら豹二郎はこういう人間だと言えるんですけど、自分のことは怖くなるくらいわからない。だから役という絶対的なものがあることですごく安心するんです。
──最近、作・演出家としても活動していますが、俳優だけでは表現しきれないものがあるのでしょうか? 
もちろん書くことでしか表現できないものがあるからですが、作・演出をすることで俳優としての自分に色々なものが返ってくるんです。僕は演出をするとき、その俳優の体と声を借りて、自分のやりたい芝居を表現しているつもりなのですが、その中で想像してもいなかった声や表情に出会える。自分が演じるならこうなると思って書いた本でも、他の役者さんが演じることで、思いがけない発見があるんです。そういう意味で作・演出という仕事から、役者としての自分にフィードバックするものは大きいです。
──最後に『破壊ランナー』への抱負をぜひ。
この作品は90年代に生まれて、その後の演劇の世界に大きな影響を与えました。この中に出てくるパワーマイムという表現がなかったら、生まれなかった作品が沢山あったと思います。その伝説的な作品を、シャトナーさんは「再演ではなく新しく上演する」とおっしゃっています。それを僕らで可能にしたいし、間違いなく面白いものにする。その覚悟ですので、期待していただきたいです!

0004
いけだじゅんや○大阪府出身。06年、JUNONスーパーボーイコンテストで史上最年少準グランプリを獲得。以後、映画、ドラマ、舞台で活躍中。主な出演作品に、ドラマ『海賊戦隊・ゴーカイジャー』『牙狼< GARO >〜闇を照らす者〜』『人形佐七捕物帳』、映画『DIVE!!』『ライチ☆光クラブ』、舞台『ミュージカル薄桜鬼 藤堂平助篇』(初主演)少年社中『リチャード3世』(主演)『ベイビーさん〜あるいは笑う曲馬団について〜』(主演)AGAPE store 『七つの秘密』bpm本公演 『アヴェ・マリターレ!』(主演)など。作・演出家としてエン*ゲキ#01『君との距離は100億光年』(15年)エン*ゲキ#02『スター☆ピープルズ!!』(17年)を発表。


〈公演情報〉
hakaiPR のコピー

キティエンターテインメント×東映プレゼンツ
SHATNER of WONDER #5
『破壊ランナー』
作・演出◇西田シャトナー 
出演◇池田純矢/河原田巧也  米原幸佑 宮下雄也  平田裕一郎 白又敦  伊万里有/鎌苅健太 兼崎健太郎  村田充 ほか 
●4/21〜30◎Zeppブルーシアター六本木 
〈お問い合わせ〉 東京音協:03-5774-3030 
http://hakai-runner.com




【取材・文/宮田華子 撮影/岩田えり】



『明治座 五月花形歌舞伎』 




kick 

shop 

nikkan 

engeki 

山賢人主演のスペクタクル時代劇『里見八犬伝』全国公演スタート!

_ABC0094

ライヴ・エンタメに新風を巻き起こしているスペクタクル時代劇の決定版『里見八犬伝』が、物語の舞台ともなっている南総館山から全国公演をスタートさせた。4月18日〜24日の東京・文京シビックホールはじめ、大阪・高松・高知・長崎・福岡・金沢・広島・愛知・青森・仙台・東京凱旋、計全国12都市にて上演する。
 
_ABE0014
西銘駿、玉城裕規、丸山敦史、松島庄汰、青木玄徳、荒井敦史、山崎賢人、和田雅成


この『里見八犬伝』の物語は、知勇に優れ、仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌 8つの玉に導かれた8人の勇猛果敢な犬士(剣士)たちが出会い、立ちはだかる怨霊集団に果敢に挑み、戦いの末に悪を打ち滅ぼしていくという、滝沢馬琴原作の壮大な歴史ドラマ。その原作を、時代物の舞台作品に抜群の腕を振るう鈴木哲也が既存の物語設定をもとに書き下ろし、故・深作欣二監督の息子である深作健太が、父の代表作でもある当作品を、舞台版として演出している。

初演から2年4ヶ月ぶりの上演となる今回は、2014年版で初舞台にして主演を飾り、迫真の演技で大絶賛を浴びた山賢人が、再び主演の犬塚信乃に挑む。注目の八犬士には、青木玄徳、玉城裕規、和田雅成、西銘駿、松島庄汰、荒井敦史、丸山敦史という勢いのあるメンバーが大集結!さらに青野楓や栗山航など若手注目株の俳優や、松田賢二や比嘉愛未など実力派俳優たちも参戦し、大迫力のアクションも胸を打つドラマ性もますますグレードアップ。対決、変幻、忠義と裏切り、恋と友情など…、様々な要素が散りばめられた人間ドラマをベースに、活劇的娯楽性も盛り込まれ、ドラマティックで胸を打つ、魅惑のアクションエンターテインメントに仕上がっている。 

_ABC0911
 
【キャスト】
犬塚信乃/山崎賢人
犬山道節/青木玄徳
犬川荘助/玉城裕規
犬田小文吾/和田雅成
犬江新兵衛/西銘駿
犬坂毛野/松島庄汰
犬飼現八/荒井敦史
犬村大角/丸山敦史

浜路/青野楓
左母二郎/栗山航
ゝ大法師/松田賢二
玉梓役/伏姫/比嘉愛未
  
_ABC0091

【山賢人コメント】 
2年半ぶりの『里見八犬伝』です。前回からのキャストと今回は新しいキャストもいて、だからこそ新しい化学反応が起こっていて、どんどん良い方向に向かっています。
『里見八犬伝』ゆかりの地であるこの館山で、前回の2014年は大千秋楽を迎えることが出来て、そして今回は初日をこの館山で始められることには意味があると思います。全力でお客様に届けたいです。
──前回と今回で変わったところや、今回新たに挑戦するところは?
前回とは違う信乃を演じたいと思っています。言葉で表すのは難しいので、お客様にはぜひ劇場へ観に来て頂いて新しい信乃を感じて欲しいです。今回改めて台本を読んでみて、前回理解しきれていなかっところもやっと理解できて、もっとこうしたいと思えるようになってきました。より信乃という役を掘り下げていけた気がしているのでそこを観て欲しいです。
──前回は殺陣のシーンが大変話題になりましたが、今回の殺陣はいかがでしょうか?
諸鍛冶さんのつけてくれる殺陣は、その時その時の感情が素直に出やすい立ち回りなので、感情を乗せやすかったです。最初のシーンでは、信乃は基本的には人を斬りたくないので素手で戦ったりしていますが、仕方なく刀を抜いて戦う姿も殺陣の振付けで表現されています。特に今回すごく好きなシーンは、荘助と浜路が死んだ後の信乃の怒りの立ち回りで、前回とはかなり変わったのでぜひ観て頂きたいです。
そして今回は舞台美術の移動も激しくて、セットが動きながらそこからキャストが出て来たりするのでインパクトがあって、見どころの一つです。
──前回は初舞台・初座長・初時代劇、今回も2年半振りに座長としてメンバーを引っ張るという気持ちは?
前回も今回も経験豊富な先輩方がたくさんいらっしゃるので支えられながら、でも自分自身はしっかりと信乃を演じることで、みんなを引っ張っていきたいです。今回は、前回からの素敵なキャストの方々に加えて、新たに素敵なキャストの方々も揃ったので、すごく楽しいです。
──最後に舞台をご覧になるお客様にむけて。
舞台里見八犬伝、全力でみなさまに伝えられるように頑張りますので、ぜひ楽しみにしていてください。よろしくお願いします。

_ABC0517

【演出・深作健太コメント】 
──いよいよ明日から初日ですが、意気込みをお願い致します。
2年半ぶりの再演ということで、何よりも成長した山賢人くんと一緒にやれるのが嬉しいです。そして、新しい八犬士も素敵な面々が集まり、日々稽古場でもいろんな新しいことが生まれてきたので、2017年度版としてブラッシュアップした作品に仕上がったと思います。僕としては、決定版のつもりで演出しましたので、お客様に「里見八犬伝」の魅力が熱く伝わればいいなと思っています。
──前回上演の2014年と変わった点は?
2014年度は、まず賢人君が初座長・初舞台・初時代劇ということで、初日が開くまでわからなかったんです。でも幕が開くと、全然違う信乃がいて、びっくりしました。初演は賢人君の若さと初めてのエネルギーが何か作品の力を引っ張っていったと思います。でもそこから2年半経って、賢人君も大きく成長し変化したので、より成熟した信乃の魅力が引き出されています。また作品自体も座長の魅力に引っ張られて、みんなが仲を深める作業をしている感じがしています。だから、アクションももちろん、言葉の一つ一つ、人間ドラマの一つ一つを深めた作品になっていっています。
──アクションシーンが増えましたね。
今回、殺陣がうまい役者さんがそろいましたし、賢人君も本当に殺陣が上達したので、アクション監督の諸鍛冶さんも手をゆるめずどんどんアクションが難しくなっていっています(笑)。
──ラストの立ち回りのシーンについて
今まで、ばらばらだった八犬士が力をあわせて玉梓のお城に乗り込んでいく、そういう意味では八人八様のアクション、八人八様のドラマが殺陣の中に盛り込まれていす。そしてまたそれぞれの物語に終結が付いていくシーンであるので、「里見八犬伝」最大の見せ場ですし、30分の大立ち回りはなかなか珍しいとも思います。何よりも俳優さんから伝わる熱気を劇場で、ぜひ生でお客様に体験してほしいです。


〈公演情報〉
flyer_img_omote

『里見八犬伝』
脚本◇鈴木哲也    【
演出◇深作建太
出演◇山賢人、青木玄徳、玉城裕規、和田雅成、西銘駿、松島庄汰、荒井敦史、丸山敦史、
青野楓、栗山航、松田賢二、比嘉愛未 他
●4/15・16◎千葉 千葉県南総文化ホール
●4/18〜24◎東京 文京シビック 大ホール
●4/28〜30◎阪 梅田芸術劇場メインホール
●5/3◎高松 レクザムホール
●5/5◎高知 高知県立県民文化ホール
●5/7◎長崎 長崎ブリックホール
●5/10◎@福岡 福岡サンパレス
●5/13◎@金沢 本多の森ホール
●5/16◎広島 広島文化学園HBGホール
●5/19〜21◎愛知 刈谷市総合文化センターアイリス大ホール
●5/24◎青森 リンクステーションホール青森
●5/27◎仙台 東京エレクトロンホール宮城
●5/30・31◎東京 新宿文化センター大ホール
【HP】http://satomi2017.jp/ 






方南ぐみ 『あたっくNo.1』 




kick 

shop 

nikkan 

engeki 




安部公房の傑作『城塞』が上村聡史演出、山西惇主演で新国立劇場で開幕!

9538da3273bd60b2df7290a21f055de81d52fe0fstd

安部公房作『城塞』が、気鋭の演出家・上村聡史によって、4月13日から新国立劇場 小劇場で上演中だ。(30日まで)

この作品は、新国立劇場の演劇シリーズ「かさなる視点―日本戯曲の力―」の第2弾で、昭和30年代の日本の名作戯曲を30代の気鋭の演出家たちに託す3ヶ月連続のシリーズ。第1弾で3月公演の三島由紀夫作・谷賢一演出の『白蟻の巣』に続いて、4月はこの『城塞』、5月は田中千禾夫作・小川絵梨子演出『マリアの首』、6月はウィリアム・サローヤン作・宮田慶子演出『君が人生の時』、7月がジョン・オズボーン作・千葉哲也演出『怒りをこめてふり返れ』というラインナップが続く。

『城塞』は、戦時下のとある家庭で繰り返される、父子による奇妙な"ごっこ"を描き、戦争によって富を築いたブルジョア階級の責任を問う痛烈な視点が際立つ傑作で、山西惇、辻萬長ら重厚な舞台を支える実力派俳優陣の名演も大きな見どころだ。

c0a274520e30b8acd2cee65e72c4c3e112ae11e2std

【あらすじ】
とある家の広間。爆音が響く。電燈が尾を引いて消える。どうやら戦時下のようである。
「和彦」と呼ばれる男とその父が言い争っていた。父は「和彦」とともに内地に脱出しようとするのだが、「和彦」は母と妹を見捨てるのか、と父を詰る。しかし、それは「和彦」と呼ばれる男が、父に対して仕掛けた、ある"ごっこ"だった……。

上村聡史は新国立劇場では、2013/2014シーズンに、サルトル作『アルトナの幽閉者』を演出。難解で複雑な構造の戯曲を鮮やかに視覚化し、質の高い舞台成果を上げたことは記憶に新しい。常に問題意識を持ち、時代や状況に批評精神を投げかける上村の演出で、『城塞』の新たな上演に期待が高まる。
また出演者も山西惇をはじめ、椿真由美、松岡依都美、たかお鷹、辻萬長という実力派5人が、安部公房の骨太な戯曲に挑んでいる。 

457a7ae1d4143626c74b63499aa35149e355deb6std

この作品の初日公演開幕にあたり、出演の山西惇によるコメントが届いた。

【山西惇コメント】

私が生まれた1962年、戦後17年目に初演された作品ですが、怖いくらい今の日本にも通じる物語です。私が演じる戦争成金の「男」は、父の代から続く事業を引き継ぎさらに大きくしながらも、罪の意識に苛まれ続けている。戦争が人の心に残す傷の大きさ、深さを思わずにはいられません。…とはいえ、安部公房らしいシュールな喜劇性も存分に盛り込まれていますので、大いに楽しんでいただけるのではないかと思います。
 

〈公演情報〉

top_vs_p_fortress

2016/2017シーズン
かさなる視点―日本戯曲の力― Vol. 2
『城塞』
作◇安部公房
演出◇上村聡史
出演◇山西 惇 椿真由美 松岡依都美 たかお鷹 辻萬長(※「辻」は点が1つのしんにょうです)
●4/13〜30◎新国立劇場 小劇場
 〈料金〉A席6,480円 B席3,240円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉新国立劇場ボックスオフィス 03-5352-9999




kick 

shop 

nikkan 

engeki
記事検索
QRコード
QRコード

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について