観劇予報

『向日葵かっちゃん』舞台化決定!

劇団チョコレートケーキの古川健がナチス政権下の市民意識の変化を描く! 青年座公演『旗を高く掲げよ』

青年座『旗を高く掲げよ』チラシ
青年座劇場が、まもなく50年を迎えようとしている。1969 年に開場したこの劇場は、常に新しい創造の場だった。そして、今年も演劇界注目の劇作家の新作を連続上演が決まっている。

その第1弾が劇団チョコレートケーキの古川健が書き下ろす『旗を高く掲げよ』。タイトルは、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の党歌からとった。古川健は、歴史上の出来事を題材に独自の視点で骨太な戯曲を創作する作家として高い評価を受けている。演出は新作の立ち上げに定評のある黒岩亮、最近では、野木萌葱作『崩れゆくセールスマン』『外交官』などを手がけている。

「模範的なファシストは、模範的な市民でありえる」。言い換えれば、「模範的な市民は、模範的なファシストになりうる」を基本テーマとして、第二次世界大戦下(1938 年〜45 年)のドイツ・ベルリンを舞台に、一人の男とその家族が変貌する様を序章と終章を含む6つの時代を追って描き出す。
「知的と誠実とナチの三項連立はない」、これはナチスが政権を握るとスイスに亡命した小説家トーマス・マンの言葉とされる。つまり知的で誠実であればナチでないし、知的でナチなら誠実でないし、ナチで誠実なら知的でないということだ。ナチス政権下、SS(ナチス親衛隊)という組織の中で生きる一般市民の意識変化を、私達の市民生活に重ね合わせることで、現代日本人に警鐘を鳴らす。

【ものがたり】
1939年9月、ドイツ軍がポーランドに侵攻し、第二次世界大戦は勃発した。その前年から物語は始まる。
歴史教師のハロルドは善良なる市民。妻レナーテ、娘リーザ、妻の父コントラートとベルリンに暮らすミュラー家は、ごく一般的なドイツ人家庭。1938 年 11 月、ドイツ各地で起こったユダヤ人に対する組織的暴動事件(水晶の夜)直後、事件を受けて亡命を決意したユダヤ人の友人オットーが今後のドイツを憂える。妻レナーテはナチス支持者で、時流に乗らない夫ハロルドに物足りなさを感じている。夫、妻、義父、夫の友人、妻の友人、それぞれの立場からナチスドイツを語る。
その数日後、SS(ナチス親衛隊)の友人ペーターが、ハロルドに歴史の専門知識を活かした仕事をしてほしいとSSへの入隊を奨める。乗り気のレナーテに対し、二の足を踏むハロルドだったが……、迷いながらもついに入隊を決断する。
1940年7月フランスの降伏、1942年4月ホロコースト(ユダヤ人の組織的大量虐殺)開始、1944年9月ドイツ軍敗色濃厚、1945年4月ベルリン陥落寸前、そして……。ドイツ崩壊が進むにつれ、反比例するかのようにナチスへ傾倒していく家族。ナチス独裁政権下のベルリンを舞台に、物語は時を移して転がっていく。
 
【キャスト】
ハロルド・ミュラー(夫)………………石母田史朗 
レナーテ・ミュラー(妻)………………松熊つる松 
リーザ・ミュラー(娘)…………………田上唯 
コンラート・シュルツ(祖父)…………山野史人 
ロッテ(娘の友人)………………………市橋恵 
ペーター・マイヤー(SS の友人) ……豊田茂  
バウワー(副官)…………………………鹿野宗健 
ヘルガ・シュヴァルツ(妻の友人)……渕野陽子 
オットー・ワルター(ユダヤ人)………嶋田翔平 
ブルーノ・コッホ(障がい者の友人)…小豆畑雅一 

本公演期間中に、本年度新作を書き下ろす劇作家や青年座劇場に縁のある演劇人をゲストとして招き、青年座劇場4公演を横断するリレー形式のアフタートークを開催する予定。

〈公演情報〉
劇団青年座 227 回公演
『旗を高く掲げよ』
作◇古川健(劇団チョコレートケーキ)
演出◇黒岩亮
出演◇山野史人 石母田史朗 小豆畑雅一 豊田茂 嶋田翔平 鹿野宗健 渕野陽子 松熊つる松 田上唯 市橋恵
●7/28〜8/6◎青年座劇場
☆7/31 終演後「劇作家リレートーク VOL1」(詳細は HP にて)
〈料金〉一般 4,200円 U25[25歳以下]3,000円(全席指定・税込)※初日割引(7/28)3,000円
〈前売開始〉6月13日
〈お問い合わせ〉劇団青年座 0120-291-481(チケット専用 11時〜18時、土日祝日除く)
〈青年座ホームページ〉http://seinenza.com





『FILL-IN』お得なチケット販売中! 




kick 

shop 

nikkan 

engeki

勘九郎・染五郎・七之助で野田秀樹の傑作『野田版 桜の森の満開の下』を8月に歌舞伎座で上演!

kabukiza_201708fl_23b0052dfd01725c99dc33140b46543e

野田秀樹の作・演出で傑作として知られる『贋作(にせさく) 桜の森の満開の下』が、『野田版 桜の森の満開の下』となって、歌舞伎座「八月納涼歌舞伎」の第三部に上演されることになった。

歌舞伎座における野田作品は、これまで01年『野田版 研辰の討たれ』、03年『野田版 鼠小僧』、08年『野田版 愛陀姫』と、三作品が発表されている。
 
この『野田版 桜の森の満開の下』は、劇団夢の遊眠社時代に『贋作 桜の森の満開の下』として1989年に初演。坂口安吾の小説「桜の森の満開の下」と「夜長姫と耳男」をモチーフに、飛騨匠と国盗りの物語に男女の破滅的な愛を絡めた重層的な作品で、野田戯曲の中でも屈指の傑作として人気を誇っている。92年に夢の遊眠社公演として再演されたのち、01年に新国立劇場主催で再々演された。
今回は、野田と親交のあつかった故中村勘三郎との縁を引き継いで、息子の中村勘九郎が主演、新たに歌舞伎作品として立ち上げる。

【配役】
耳男    勘九郎
オオアマ  染五郎
夜長姫   七之助
早寝姫   梅枝
マナコ   猿弥
赤名人   亀蔵  
エンマ   彌十郎
ヒダの王  扇雀

なお「八月納涼歌舞伎」の第一部は、『刺青奇偶(いれずみちょうはん)』『玉兎(たまうさぎ)』『団子売(だんごうり)』。
長谷川伸による新歌舞伎の名作『刺青奇偶』では中車と七之助が夫婦を演じる、また『玉兎』は、中村勘九郎の長男勘太郎が、おとぎ話にちなんだ舞踊に一人で挑戦する。『団子売』は十八世勘三郎&十世三津五郎の名コンビで度々上演された舞踊を、猿之助と勘九郎の顔合わせで上演する。

第ニ部は、『修禅寺物語(しゅぜんじものがたり)』と『東海道中膝栗毛 (とうかいどうちゅうひざくりげ)歌舞伎座捕物帖』。
『修禅寺物語』は、初代坂東好太郎三十七回忌、二世坂東吉弥十三回忌追善狂言。父、兄の追善に寄せて、坂東彌十郎をはじめとしたゆかりの俳優が勤める。『東海道中膝栗毛』は、昨年の納涼歌舞伎で話題を集めた染五郎・猿之助の弥次さん喜多さんの珍道中。今回は、歌舞伎座を舞台にしたミステリー仕立てのストーリーとなる。
※昨年の『東海道中膝栗毛』はシネマ歌舞伎として、6月3日から東劇ほか全国で上映中。


〈公演情報〉
「八月納涼歌舞伎」
第一部 「刺青奇偶(いれずみちょうはん)」
    「上 玉兎(たまうさぎ)」
    「下 団子売(だんごうり)」
第二部 「修禅寺物語(しゅぜんじものがたり)」
    「東海道中膝栗毛 歌舞伎座捕物帖」
第三部 「野田版 桜の森の満開の下(さくらのもりのまんかいのした)」
●8/9〜27◎歌舞伎座
第一部 午前11時〜
第二部 午後2時15分〜
第三部 午後6時30分〜
〈料金〉1等席15,000円 2等席11,000円 3階A席5,000円 3階B席3,000円 1階桟敷席17,000円(全席指定・税込)
〈チケット発売〉7月12日(水) 
〈お問い合わせ〉チケットホン松竹 0570-000-489 

藤原樹(THE RAMPAGE)、高野洸、岩谷翔吾(THE RAMPAGE)らがフレッシュに生き生きと演じる『あたっくNo.1』上演中!

DSC_1396
 
熱い支持を受けて再演を繰り返している方南ぐみの人気舞台『あたっくNo.1』が、若いキャストたちによって、6月2日に幕を開けた。(11日まで博品館劇場にて) 
脚本・演出の樫田正剛の代表作で、彼の伯父が戦地に向かう潜水艦内で書き綴った日記から着想を得た作品だ。
役者陣は、人気ダンス&ボーカルグループTHE RAMPAGEの岩谷翔吾と藤原樹が舞台初出演、劇団プレステージの太田将煕、『チア男子!!』『スタミュ』などの高野洸、劇団Patchの近藤頌利、さらに戸谷公人、橋本真一、太田将煕、諒太郎など勢いのある若手たちが顔を並べる。また、初演から出演している扉座の岡森諦やベテラン水谷あつし、THE CONVOYの瀬下尚人が上官として脇を支えている。この合計11名の豪華メンツが舞台を所狭しと駆け巡り、熱気漂う舞台となっている。
 
DSC_2137

【あらすじ】
「見送る者は無言の自然のみ。行く先は何処ぞ…」。1941年11月18日。男たちは行き先も目的も告げられることなく広島の呉から潜水艦伊18号に乗艦した。祖国を離れた2日後、艦長が全員に告げる。行き先はハワイ真珠湾。敵はアメリカ。「敵に不足なし」艦内に若者たちの咆哮が爆音と共に鳴り響く。しかし、上層部は彼らにとある秘密を隠していた。その秘密を巡って彼らは争い葛藤をするのだが、時は残酷に迫ってきて…。

DSC_1340

舞台は息苦しくなるような狭い兵員室後部。潜水艦の後ろの甲板に位置しているこの場所で、ここに兵員は寝泊りをしている。中央には銀行の金庫室にあるような頑丈な扉、そして奥には質素な寝どころのみ。暗転後、上手の「イ−18」と書かれた箱にスポットライトが当たり、やがて、この舞台の着想を得たという、樫田の伯父の魂を宿した柏田勝杜兵曹長(藤原樹)が徐々に浮かび上がる。彼は白い軍服に身をまとい、箱に座って日記を読み上げる。そんな勝杜に、古瀬繁道中尉(橋本真一)が「日記なんて野暮な真似を」などと笑いながら話しかける。密閉された圧迫感のある空間を和ませる雰囲気が清々しい。そこから舞台が始まる。
 
DSC_1393

演劇キックのインタビューで(http://kangekiyoho.blog.jp/archives/52027751.html)、岩谷翔吾が最初のシーンについて「ダンス的な要素がある」と語っていたように、まるでスローモーションのように走る動作をキャスト全員で魅せる。明日を信じて祖国に戻ろうという熱い決意をにじませたようなダンスで、特にパフォーマーとして活躍中の岩谷翔吾、藤原樹、THE CONVOYの瀬下尚人ら、やはりダンス巧者たちの動きには目を奪われる。
 
DSC_1604

そこから舞台は、横川寛模一等兵曹の誕生日会のために、彼の上司である古瀬の音頭で「Happy Birthday to You」の練習をしているシーンに変わる。もちろんアメリカは敵で英語は敵性語になっているので、日本語に意訳してあるのだが、「誕生日めでたい貴様」というおかしな歌詞や盆踊りのような音頭が、客席の笑いを誘う。

DSC_1632

この舞台は戦地に向かう船上での出来事を描く苛烈な作品だが、若い軍人たちは。まだリアルな戦争そのものからは遠く、10代や20代の放つ青さを全開していて、青春の輝きを感じさせてくれる。そこには、今の時代と少しも変わらない笑いがあり、涙があり、妄想も明日への夢もある。だが、大きな違いは、彼らは戦時下に生きていて、彼ら自身では解決できない葛藤があるということだ。
また、この作品を魅力的にしているのは、すべてのキャストが主人公で、それぞれの立場や考え方が詳細に描かれていることで、それによって俳優個々が光って見えるのだ。
 
DSC_1486
 
戸谷公人が演じる寺内中尉は力のない上司で、同じ中尉の古瀬が皆に愛されることが許せない。部下の北少尉に押されて出世しようと頑張るのだが、自分が選ばれると思っていた敵軍に打撃をお見舞いする任務に、古瀬の部下の横川が選ばれたとを知り、腹立たしく思う。そんな屈折にとらわれていた寺内が、次第に仲間への思いを変化させていく様は泣かせる。

DSC_1513

太田将煕は寺内の部下の北吾一少尉。軍人らしく上下関係を重視するのだが、寺内の曖昧で弱気な態度が気にいらない。そこで必死に上官らしく振舞ってくれと懇願し、考えをめぐらしたりする。太田はそんな北の若さゆえの直情と、当時の上官・部下に存在する義理と人情の世界を誠実に演じてみせる。
 
DSC_1311

古瀬繁道中尉の橋本真一は誰からも愛される人間を、自然に熱く演じる。古瀬は、部下の横川だけでなく、自身も「小ちゃい潜水艦」に乗り込むこと、それが死地への片道切符の旅であることを皆に隠している。そして国のためだと言い聞かせた覚悟があるからこそ、笑顔を振りまき、誰よりも優しく接する。そんな内心の諦念を見せることない古瀬の明るさが胸に迫る。

DSC_1701

二等主計兵曹の永井実を演じる近藤頌利は、コメディーリリーフ的な存在として場面を賑わせる。彼はコックであることを卑しく思い、自分も爆撃に参加したいという思いがある。また男性しか愛せない彼が、仲間たちを和ませるために、筋肉質な身体を使った裸エプロンなどで笑わせる姿は切ない。

DSC_1543

諒太郎は軍医大尉の村松秀明で、潜水艦内の情報を全て把握したうえで、彼らの悲劇を見つめる重要な役割を果たしている。軍医として皆の健康状態をチェックしているのだが、実は古瀬と横川の健康状態が一番大切で、それに葛藤を感じる彼の、人間らしい悲しみが背中から浮かび上がってくる。

DSC_1399

高野洸は一等兵曹の二本柳肇、知的で合理主義で、平等主義を体現したような芯の強い人間だ。日本の国力ではアメリカに勝てないと現実を訴え、潜水艦内ではすべての兵員が平等ではないかと説く。いわば兵員たちの心の内を一身に担い、同時に客席や現代の人々の戦争観を背負ったような存在だ。高野は、その大役をシャープな身のこなしと豊かな感情表現で演じきる。劇中で上官と取っ組み合いをする場面など、その本気度がリアルに迫って恐いほどだ。
 
DSC_2453

岡森諦は主計兵曹長の渡久保権太。コック長の役割でありつつ父性を感じさせる役どころで、皆をまとめ、また極限状態にある兵員に人間としての尊厳を失わせないように諭し続ける。初演から演じているだけあって、登場するだけで安心感がある。時にはおっちょこちょいで笑わせ、時には老年の夢を語り泣かせるなど、この作品全体を熟知しての演技が圧巻だ。
 
DSC_2244

水谷あつしは整備兵曹長の宇津木真。整備士として艦内を見回っているのだが、どこか間が抜けていて、お茶目といってもいい役柄だ。誰より歌が下手くそで、誰よりも状況が把握できないのだが、それゆえのホッとさせる部分と可笑しさを巧みに演じてみせる。
 
DSC_2037

瀬下尚人は大滝鉄男少尉で、元は陸軍や海軍という表舞台で活躍していたことで、潜水艦内の兵員を「ドン亀」呼ばわりする。この戦争に諦念を感じているやさぐれた存在なのだが、兵員たちの熱い息吹に触れることで、次第に潜水艦の役割に目覚めていく。その変貌ぶりをいぶし銀のような演技力で見せてくれる。
 
DSC_2396

そして初舞台の2人。THE RAMPAGEの岩谷翔吾は横川寛模一等兵曹を演じて、初舞台とはまったく感じさせない生き生きした存在感がある。「小ちゃい潜水艦」に乗って敵地へ乗り込む覚悟を持った彼は、丸刈りの頭で、胸を張って声を出し、はち切れんばかりの笑顔をいつも忘れない。その明るさと強さが、観るものの心に迫り、最後にとてつもないカタルシスをもたらすのだ。

DSC_2639

同じくTHE RAMPAGEの藤原樹は柏田勝杜兵曹長を演じていて、語り部役でもあり、仲間と仲間をつなぐ存在として、ある意味ではこの舞台のすべてを表現してみせる。時には10代の若者らしいたわいのない妄想で笑いを取り、泣き、怒り、悲しみを、ダンスとセリフと表情で力強く訴えてくる。その姿には、1941年の開戦前夜の日本人の心情そのものが託されているような気さえして、胸が痛くなるのだ。
 
DSC_2268

作・演出の樫田正剛の脚本は、戦争を決して悲しみだけでは捉えていないように見える。反戦や非戦といった括りだけでは語れない、人間そのものにある業を、極限状態の中から丁寧にすくいながら、笑いに、涙に、怒りに変えて見せる。登場人物それぞれのキャラクターを、きちんとフォーカスしてみせる演出は見事で、人間個々の命の大切さを伝えてくるとともに、どんな状況でも勇気を忘れないで生きること、そして誰もが寄り添って生きることが希望だと訴えかけてくる。そのことで時代性を感じさせない新鮮な舞台として、明日も見えないような2017年の日本で生きる我々にも、ひたむきに生きる勇気を与えてくれるのだ。

DSC_2852


(注)ここから具体的な内容に触れている写真があります。事前に情報を入れたくない方は、観劇後の閲覧をお勧め致します。

DSC_2087
DSC_1507
DSC_1473
DSC_1870
DSC_1910
DSC_1947
DSC_2023
DSC_2172
DSC_2227
DSC_2488
DSC_2598
DSC_2668
DSC_2775
DSC_2757
DSC_2859


〈公演情報〉
 0000000075462

方南ぐみ企画公演『あたっくNo.1』
脚本・演出◇樫田正剛 
音楽◇三沢またろう
出演◇岩谷翔吾 太田将煕 岡森諦 近藤頌利 瀬下尚人 高野洸 戸谷公人
橋本真一 藤原樹 水谷あつし 諒太郎(50音順)
●6/2(金)〜11(日)◎博品館劇場
〈料金〉¥6,500(全席指定・税込)
〈お問い合せ〉方南ぐみ info@2017attackno1.info
 


【取材・文・撮影/竹下力】



動物電気の単行本を発売します!! 




kick 

shop 

nikkan 

engeki
記事検索
QRコード
QRコード

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について