稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

しあわせの雨傘

“演劇”と“舞踊”の境界を越える『出口なし』白井晃の演出でKAATが来年1月〜2月に上演!

出口なし横
白井晃、首藤康之、中村恩恵、秋山菜津子

KAAT神奈川芸術劇場では、来年1月〜2月、20世紀を代表するフランスの劇作家で哲学者 J.P.サルトルの戯曲『出口なし』を、 “言葉”と“身体”を切り口に上演する。演出はKAAT神奈川芸術劇場の芸術監督・白井晃、出演者は世界的なバレエダンサー首藤康之、振付家としても活躍する中村恩恵、そして実力派女優・秋山菜津子。“演劇”と“舞踊”の境界を越える作品として創作する。

これまでKAATでは白井晃演出作品には、『Lost Memory Theatre』『夢の劇』では日本を代表するコンテンポラリーダンサー森山開次、『マハゴニー市の興亡』では世界的なダンスコンテストでの優勝歴もあるRuuなど、著名なダンサーたちが振付として参加してきた。「身体」による表現は白井晃作品の中では言葉・音楽とともに重要な要素であり、戯曲の魅力を観客に伝えるために大きな役割を担ってきた。本作『出口なし』では、身体表現の要素を前面に打ち出し、ダンサー首藤康之らとともに、戯曲に描かれた“言葉”と、舞台に存在する“身体”の新たな可能性を探りだす。
 
戯曲『出口なし』は、劇作家サルトルの代表作であり、1944 年の初演以来、様々な形で上演されている。主な登場人物は密室に閉じこめられた素性の知れない3人の男女のみ。窓や鏡はなく、鍵のかかった扉が1つあるだけのその部屋の中では、自身の姿を見ることはできず、相対する他者によってしか自己を認識できない。本作は、哲学者であるサルトルの思想である実存主義(人間は存在が先にあって、その後他者との交わりによって目的や意義を得る)を強く反映した作品でもある。この3人の男女によるスリリングな会話劇『出口なし』を、ダンサーと俳優の混合キャストで上演することで、20世紀を代表する哲学者サルトルが戯曲にこめたメッセージがどのように劇空間に立ち上がるのだろうか。
 
この舞台には3人のパフォーマーが出演する。密室の“男”には、マシュー・ボーン、モーリス・ベジャールなど現代の世界的振付家の作品に多数出演するなど海外でも活躍、近年は俳優としての活動にも力を入れている首藤康之。KAATでは2011年の開館から『DEDICATED』シリーズを継続的に上演し、高い評価を得ている。“女”役には首藤のダンス・パートナーであり、自身も振付家として精力的に活動する中村恩恵。そしてもう1人の“女”には、映像・舞台と幅広く活躍し、野田秀樹、栗山民也、長塚圭史など、名だたる演出家が厚い信頼を寄せる女優・秋山菜津子。白井晃演出作品には『中国の不思議な役人』(2009年)以来9年ぶりの出演となる。
KAATの中スタジオという戯曲の場面設定の「密室」に近いコンパクトな空間で、演劇、舞踊、それぞれのジャンルで傑出したパフォーマー3名が生み出す、新たな『出口なし』に期待が集まる。
 
【コメント】

白井晃/演出
舞台表現において、演劇とダンスの境界線を越えた包括的な形がないかと模索してきた。演劇作品であるサルトルの『出口なし』を、身体性豊かに表現するという大胆な挑戦に、ダンサーの首藤さん、中村さん、女優の秋山さんが挑んでくれる。言葉を身体表現に変容させることと、身体表現を言語化することの振幅運動の中で、今まで見えなかった心理の在り方が浮かび上がって来る。それは、表現の境界線を綱渡りしていくようなスリリングな瞬間でもある。自分の存在は他者の視線によって規定される、というサルトルの思想が色濃く反映されたこの作品は、身体と言葉の関係にも通じるものがある。今回のクリエーションの機会を得て、表現の領域侵犯をより大胆に加速させていきたい。

首藤康之(ダンサー)
僕が最も影響を受けた振付家の一人、モーリス・ベジャールさんが J.P.サルトルの『出口なし』をモチーフに創作した『3人のソナタ』という作品を 20 代の時に観てからこの戯曲をいつか演ってみたいと思っていました。2014年に、僕が続けてきた「DEDICATED」シリーズを白井晃さんに演出をお願いし、ともに創作をしました。その時は“舞踊とは?言葉とは?演劇とは?身体と言葉の融合とは?”などと色んな疑問符を持ちながら作業をしていたのですが、本番が終わった時は新たな領域に一歩足を踏み入れた新鮮な感覚になりました。舞踊家である僕を白井さんが真実を持った言葉の世界へ旅をさせていただいた素晴らしい結果でした。
今回、秋山菜津子さんとご一緒させていただくことになり(以前から大好きな女優さんでご一緒するのが本当に楽しみです!)、中村恩恵さんと共に、白井版『出口なし』という新しい旅に出発できることを今からワクワクしながら待っています!

中村恩恵(ダンサー・振付家)
2014年の白井晃さん演出作品への出演は私にとって初めての演劇体験でした。舞台上で表現をするという点に関しては無言劇であるバレエの出身の私にとって、これまでの活動の延長線上とも言えなくはないのですが。その際、白井晃さんが「ダンサブル」という言葉を頻繁に用いられました。舞踊家の私にしてみれば、舞台に立っている全ての瞬間が「舞踊」だと認識していたので、「舞踊的な表現を」と求められると大いに戸惑いを覚えました。公演後も、何が「舞踊的」で、何が「演劇的」なのだろうとあれこれ考えました。その後、舞踊作品『ハムレット』の創作に白井さんからアドバイスを頂く機会もあり、白井さんの目指す演技、また身体のあり方が自分なりに少し見えてきたように感じています。『出口なし』の上演に当たり、白井晃さんの世界観をより深く体現できるように努めたいと思っています。また、今回初めてご一緒する女優の秋山菜津子さんとの創作も楽しみにしています。

秋山菜津子(女優)
ダンス要素も必要なこの作品に世界的な舞踏家お二人とご一緒させて頂けるとは…幸せだなと思うと同時に“怖いもの知らず過ぎないか!私!”そう心で叫んでます。稽古場で本当に叫びださないよう気を引き締めて頑張ります。演出家の方とも久しぶりにご一緒するのでこちらも気を引き締めて臨みたいと思っています。基本的には演技することも歌うことも踊ることも分け隔てなく好きなので。ドキドキしながら楽しんでそして素敵な舞台を皆様にお届けしたいです。
 
〈公演情報〉
KAAT 神奈川芸術劇場プロデュース
『出口なし』
原作:J.P.サルトル
演出:白井晃
出演:首藤康之 中村恩恵 秋山菜津子
●2019年 1〜2 月◎KAAT神奈川芸術劇場 中スタジオ 
〈チケット発売〉2018年10 月初旬(予定)
〈お問い合わせ〉チケットかながわ 0570-015-415
http://www.kaat.jp/news_detail?id=1194




チケット全品セール中!


kick shop nikkan engeki

爽やかに熱く、感動とともに去っていくトップスター高世麻央。OSK新橋演舞場公演『レビュー夏のおどり』上演中!

_MG_0147

涼しげな青がよく似合う爽やかな男役であり、同時に炎のような紅もまた映える熱いスター高世麻央。『レビュー夏のおどり』は、彼女のその2つのカラーを象徴するようなコスチュームと明かりが、鮮やかに心に残る舞台だ。そんな高世麻央のラストステージ、新橋演舞場での初日が7月5日開幕した。(7月9日まで。9日はさよならショーも上演)

OSK日本歌劇団には1996年入団、22年間在籍する中で、解散の危機やその後の苦難も乗り越え、2014年9月、トップスターに就任した。2016年からは3年連続で、この新橋演舞場で『レビュー夏のおどり』の上演を実現させてきた。その思い入れ深い劇場での「さよなら公演」は、高世麻央を送り出すにふさわしいOSKらしいレビュー、エンターテインメント性に富んだクオリティの高い舞台に仕上がった。

第一部はOSKの定番でもある和物レビュー『桜ごよみ 夢草紙』。構成・演出・振付を手がけている西川箕乃助が「高世本人の思い入れのある作品・場面を中心としたレビュー」(パンフレットより)というコンセプトで、オープニングからOSKの象徴とも言うべき桜をモチーフに構成。94期の初舞台生10名の“桜姫”を交えて、東京公演参加の38名が平安朝の優雅な衣裳で舞い踊る、華やかで豪華な「オープニング」で幕を開ける。
 
_MG_0022

次の場面は「鏡の夢」、振付を変えながら何度も繰り返し上演されているもので、楊琳、真麻里都、愛瀬光という若手男役3人が、鏡の中に映る高世の若衆とともに端正に踊る。
 
そのあとは趣を変えて、歌舞伎の所作事で有名な「釣女」、桐生麻耶のコメディセンスが光る。大名に若手の虹架路万、大名が釣りあげる上臈に朝香櫻子、太郎冠者が釣りあげる醜女に緋波亜紀と特別専科のベテランが活躍。

_MG_0047

続いて、高世の女役の美しさが見られる「楊貴妃」、さらに貴公子・高世を堪能できる「光源氏」と、優美な和の世界が繰り広げられる。「楊貴妃」では玄宗皇帝に扮した桐生との別れを思わせるシーンが切なく、「光源氏」では高世源氏を囲むように踊る公家たち、楊、真麻、虹架、愛瀬の姿が頼もしい。

_MG_0062

そこから一気に賑やかな「民謡メドレー」へとなだれ込み、〈浪花小唄〉から〈お江戸日本橋〉までご当地ソングが歌い継がれ、桐生を中心に見事な群舞が繰り広げられる。
終盤に入っての「蝶の道行」は、この公演で高世の相手役をつとめている可憐な舞美りらとデュデット。さらに「葉桜」では白藤麗華を中心に桜の精たちとともに舞う。そのなかで背景の桜が葉桜へと色を変え、移りゆく季節が鮮やかに表現される。

_MG_0128

再び平安朝へと景色が戻るといよいよ「フィナーレ」。風格の朝香櫻子や緋波亜紀、そして初々しい初舞台生までが居並ぶ中に、匂い立つように貴公子の高世麻央が登場。艶やかな総踊りのあと、その美しい姿を隠すように第一部の幕が降りる。

_MG_0155

第二部は洋物レビューの『One Step to Tomorrow!』。作・演出・振付を担当する名倉加代子ならではの格好いいダンスシーンが次々と押し寄せる、パワフルで勢いのあるステージだ。
「オープニング」は高世以下総勢28人によるシャープな群舞。そこから「虹の彼方」へと場面が変わると、高世、桐生、楊、真麻、虹架、愛瀬、華月奏と男役7人が、レインボーカラーをまとって踊る。高世、そして9月に退団が決まっている真麻、今この時しか見られないこの7人の並び、なんとも感慨深いシーンだ。

_MG_0191
 
次は「ローズファンタジー」、麻咲梨乃の振付でタンゴの名曲〈ジェラシー〉を舞美を中心に白藤麗華、遙花ここ、城月れい、麗羅リコ、実花もも、穂香めぐみが大人っぽく色香を醸しながら踊る。曲の半ばから高世や男役たちも加わり、9組のカップルで踊るタンゴが官能的だ。

続く場面はファンタジー要素のある「ストーム」。桐生扮する砂漠の長者と白藤扮する白い鳥は、嵐の中で迷った若者たち(楊、真麻、虹架)を助け、元の世界へと導いていく。文明と自然というメタファーを含んだ物語で、ストームの猛々しい群舞が見せ場だ。

_MG_0256
 
場面が変わると、高世にとってとくに思い入れのある曲をモチーフにした「This is the Moment」。黒燕尾の男役たちの一糸乱れぬダンスはトップスター高世の矜持を感じさせ、“今このとき”の心境を歌いあげるような絶唱が心に沁みる。
 
_MG_0282

次の場面は、舞美、白藤、遙花、城月、麗羅、実花がカウガールとなって登場、キュートに歌い踊る。そこから、お待ちかねOSKレビューの華、「ラインダンス」へ。初舞台生10名を交え、総勢19名のロケットは、爪先まで揃って美しい。

_MG_0294

いよいよクライマックスが近づく。赤い衣裳の高世の歌に合わせて、黒のスーツでカチッと決めた男役と娘役たちが踊る「今伝えたいこと」。高世は歌う〈今、旅立ちのとき、わたしに悔いはない〉。
そして、自ら感傷を吹き飛ばすかのように明るく踊り、客席に向かって語りかける。「今、私の心は熱い感謝に思いでいっぱいです。この熱い思いを、熱い熱い仲間たちとともにお届けします! ジャストダンス!」。掛け声とともに始まるジャズ、弾けるパワフルな群舞。仲間たちが次々に踊りながら高世に近づき、笑みを交わし、眼差しを交わし合う。幸せと優しさ溢れる光景なのに涙なしには見られない。全員の熱い思いがほとばしり、この瞬間よ永遠にとばかりダンスに命を注ぎこむ。

_MG_0357

ついに「フィナーレ」が始まる。白いスパンコールの燕尾で大羽根を背負って階段を降りてくる高世麻央。キラキラ光る瞳には、これまで築いてきた絆、託していく未来、そんな想いが浮かんでいるようだ。この素晴らしい公演、『レビュー夏のおどり』を花道に、新しい世界へと踏み出していく高世麻央。そして、その背中を見つめる仲間たちには、4年後、OSK日本歌劇団創立100周年という大きな明日が待っている。

【高世麻央よりコメント】
いつも大変お世話になり、ありがとうございます。
OSKでのラストステージとなります『レビュー 夏のおどり』の公演が本日より新橋演舞場で始まります。
皆様からたくさんのあたたかい応援をいただいて、ここまで頑張って来ることができました。
感謝の気持ちを込めて、メンバーみんなと心ひとつに『レビュー 夏のおどり』を最高のものにしたいと思っています。
一瞬一瞬を心に刻み、有終の美を飾ることができますよう全力で臨みます。
私はこの公演で卒業させて頂きますが、4年後の100周年に向かっているOSKの魅力がたくさん詰まった躍動感あふれる舞台、お一人でも多くの方に観ていただきたいです!!
どうぞよろしくお願い致します。

〈公演情報〉
20180528_05

OSK日本歌劇団 新橋演舞場公演
『レビュー夏のおどり』
第1部 桜ごよみ 夢草紙
 構成・演出・振付◇ 西川箕乃助
第2部 One Step to Tomorrow!
 作・演出・振付◇名倉加代子
出演◇高世麻央 桐生麻耶 楊琳 真麻里都 舞美りら 白藤麗華 ほかOSK日本歌劇団 
●7/5〜9◎新橋演舞場
〈料金〉S席(1・2階席) 9,500円 A席(3階席) 5,000円(全席指定・税込) 
〈お問い合わせ〉チケットホン松竹0570-000-489(10:00〜18:00 年中無休・年末年始除く)
〈OSK公式サイト〉http://www.osk-revue.com
 

 

【取材・文/榊原和子 撮影/山崎伸康】


チケット全品セール中!


kick shop nikkan engeki 
 

世界的に活躍するダンサー・振付家の伊藤郁女が父と踊る作品『私は言葉を信じないので踊る』

KAORI ITO  (c) Gregory Batardon-1s

フランスを拠点に精力的に作品を発表してきた伊藤郁女(かおり)。彼女の作品中でも特に高い評価を受けている『私は言葉を信じないので踊る』が、7月 21日、22 日、彩の国さいたま芸術劇場で上演される。海外で活躍する日本人若手クリエイターでダンサー・振付家の伊藤郁女と、彫刻家の父・伊藤博史がダンスと言葉の交差点で再会するデュエットである。

伊藤郁女は、フランスの振付家フィリップ・ドゥクフレが日本で創作し、世界中で上演された作品『IRIS』をきっかけに渡欧。その後もアンジュラン・プレルジョカージュ、ジェイムズ・ティエレ(チャップリンの孫)、シディ・ラルビ・シェルカウイ、アラン・プラテルなど、世界の名だたる振付家たちにその才能を認められ、ヨーロッパのダンスシーンのなかで意欲的な活動を展開している。現在、パリの3つの市立劇場でレジデンス・アーティストの契約をしているなど、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いだ。

KAORI ITO_Je danse (c)Gregory Batardon-3s

この作品『私は言葉を信じないので踊る』は、娘である伊藤郁女が彫刻家の実父とのユニークな関係を綴った話題作。2015年の初演以来、これまで40都市以上で上演されている。
舞台上には娘と父、ただ二人。「どうして?」「なぜ?」と、父親に夥しい数の質問を投げかけ、踊る娘は、言葉を信じていないと言う。
「どうして煙草を吸うの?」「なぜ私の友達を嫌うの?」「私が小さかった頃、なぜギリシアの音楽を聴いていたの?」「ステージ・デザイナーの仕事をしなくなったのはどうして?」「娘を誇りに思う?」「どうして弟の批判をするの?」
あるときは無垢な少女のように、あるときは父親を責めるかのように必死に問いかけ続ける娘の一方で、一見気難しそうに見える父親は飄々として、どこかユーモラスな空気を醸し出す。

KAORI ITO (c) Gregory Batardon_s

【伊藤郁女による制作ノート】
2011年3月、津波の年。10 年ぶりに東京にある実家の自分の部屋を見に行きました。そこは 20 代の頃から全く変わっていませんでした。両親はいつもなにも手をつけず、そのままにしていました。そんなとき、リビングルームで見つけた私の写真。その写真を見て、私はこの家では自分が死者であるかのような感覚に陥りました。それはまるで両親が日本にいた頃の私をそのまま保存しようとしているかのよう、私が家を出てからまるで時間が止まったかのようでした。
娘にとって、父親は権力と越えなければならない人間を象徴するものです。私はいつも父を喜ばせようとしていました。私の人生すべてをかけて、父を幸せにしようとがんばってきたつもりです。小さいときは自分が何をすべきか、父はいつも指示しました。父は彫刻家なので、以前は、いつも彼の芸術的なアドバイスに敬意を持って耳を傾けていました。父は私が憧れた人であり、真実を知っている人で、だから私は父の指示には忠実に従ってきました。ときに父のアドバイスは実に深淵なものでした。「空間の中で動く必要は無い、踊りが空間を動かすんだ」
父は常に娘の私への権力を誇示しようとしてきました。ひょっとすると、それゆえ私は父の娘であり続けたのかもしれません。逆説的ですが、父のもとを去った今、芸術家として父を身近に感じるようになり、感情的には遠くに感じるようになりました。最近になって、私を喜ばせようとしていたのは父のほうであったことに気づきました。父は今、私に対してダンサーとして敬意を示しています。プロのダンサーと認識しているからこそ、私と踊りたいと思ったのです。
私が日本に戻ったとき、父は私とダンスホールで踊りたがりました。いつもそれが嫌でしたが、今では公共の場で父と踊る準備ができています。
ステージ上の父をもう一度観たい。
彫刻とダンスで培われた、私たち親子の身体が再びステージ上で繋がることによって、空間が動くことでしょう。
距離があったことにより、私たちは愛情を別の、より繊細な方法で表現することが必要とされました。日本では一般的に感情を表に出しません。日本で家族が再び親しくなるとき、同じものを見て共有することで親密さが得られますが、地球の反対側で生きることで、自分の家族に対して他人のような感覚をもつようになり、具体的な関係性は失われてしまいます。
おそらく、この作品の目的は私たちが一緒に踊ることにあります。かつて私たちが言葉で伝えられたことを表現するために。なぜなら私も父も、言葉を信じないからです。

KAORI ITO_Je danse (c)Gregory Batardon-4s

【メディアによる舞台評】

『ル・モンド』紙 ― ロジータ・ボワソー
「伊藤郁女は、感動的でヒューマニズム溢れる作品を創った。そしてそれは父親と彼ら2人の関係に捧げられている。」

『Mouvement』― アリス・ブルジョワ
「『私は言葉を信じないので踊る』は、ダンサーで振付家の伊藤郁女と父親の対話を、ダンスと会話で巧みに構成した心を揺さぶる作品だ。この作品は芸術への愛の物語でもある。父と娘のユニークな関係を扱った本作は、今後我々の記憶に刻まれる。」

『リベラシオン』紙 ― エヴ・ボーヴァレ
「悪魔祓いをしようとしているのか、あるいはソクラテスの問答法(産婆術)か。それは嬉しい驚きだった。タイトルは一見平凡だが、そのテーマは作品の中で強度をもって表現され、反復される。」

『Le Temps』紙 ― アレクサンドル・ドゥミドフ
「父と娘はこの上ない繊細な愛の物語を描く。『私は言葉を信じないので踊る』は、娘と父が関係を修復しようとする物語である。」

『La Provence』紙 ― ジャン・バラク
「本作はゆったりと展開する。その理由は明らかで、遠慮深くあるものの、傷つきやすい猫のような踊りからは稲妻が走り、一瞬舞踏のように見えたりもする。我々に問いかけ、心を揺さぶる美しいカタルシスの作品だ。」

KAORI ITO_Je danse (c)Gregory Batardon-1s

■『私は言葉を信じないので踊る』公演トレーラー


〈公演情報〉
彩の国さいたま芸術劇場ダンス・ラインナップ 2018-2019 
『私は言葉を信じないので踊る』
テキスト・演出・振付◇伊藤郁女
舞台美術◇伊藤博史
出演◇伊藤郁女 伊藤博史
●7/21、22◎彩の国さいたま芸術劇場 小ホール
〈料金〉一般 4,000円 U-25  2,000 円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉SAF チケットセンター 0570-064-939(休館日を除く 10:00〜19:00)

[日本ツアー]
●7/27・28◎穂の国とよはし芸術劇場 PLATアートスペース
〈料金〉一般 3,000円、U24 1,500円、高校生以下1,000円
〈お問い合わせ〉プラットチケットセンター 0532-39-3090

●8/4・5◎ 金沢21世紀美術館 シアター21
〈料金〉一般 3,000円(ほか割引料金あり)
〈お問い合わせ〉金沢21世紀美術館 交流課 076-220-2811


【資料提供/彩の国さいたま芸術劇場 (c) Gregory Batardon】



チケット全品セール中!


kick shop nikkan engeki 
記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について