観劇予報

おん・すてーじ『弥次さん喜多さん』双

永遠に輝き続けるモーツァルトの人気作『フィガロの結婚』間もなく開幕!

2013Figaro_09_AEK6914


伯爵の召使いフィガロと恋人スザンナの結婚をめぐる1日の騒動が生き生きと描かれた喜劇『フィガロの結婚』。観るたびに新しい発見があるモーツァルト不朽の名作。単独で演奏されることも多い有名な序曲、そしてアリア「恋とはどんなものかしら」「もう飛ぶまいぞ、この蝶々」などモーツァルトの生命力溢れる音楽は万人を魅了してやまない。白と黒のモノトーンを基調とし、登場人物が舞台を縦横無尽に動き回るホモキの演出は、作品のテーマである「秩序の崩壊」を鮮やかに描き出している。

2013Figaro_10_SAE7988

キャストには欧米の一流歌劇場で活躍する最前線の歌手陣が勢揃した。
アルマヴィーヴァ伯爵役は、ウィーン国立歌劇場、メトロポリタン歌劇場などで活躍し、モーツァルト作品を得意とするピエトロ・スパニョーリ。伯爵夫人役は新国立劇場でもおなじみのアガ・ミコライです。新国立劇場研修所出身で、今やバイエルン州立歌劇場をはじめヨーロッパで大活躍の中村恵理が10年ぶりにスザンナ役で新国立劇場に出演するのも大きな話題。フィガロ役のアダム・パルカ、ケルビーノ役のヤナ・クルコヴァら初登場の歌手にも注目。指揮は、13年『タンホイザー』以来の登場となるコンスタンティン・トリンクスがつとめる。

2013Figaro_02_SAE7381

【第1幕】
アルマヴィーヴァ伯爵の使用人フィガロとスザンナはもうすぐ結婚。しかし伯爵はスザンナを狙っており、女中頭マルチェッリーナは借金の証文をたてにフィガロとの結婚を目論んでいる。思春期の小姓ケルビーノがスザンナに伯爵夫人への思いを語っていると、伯爵が部屋に来たため、慌てて椅子の陰に隠れる。伯爵がスザンナに迫っていると、今度はドン・バジリオが来て、伯爵も大慌てで隠れる。ケルビーノが伯爵夫人に熱い視線を送っていたとバジリオが語ると、伯爵は怒って姿を現す。ケルビーノは伯爵に軍隊入りを命じられてしまう。
 
【第2幕】
夫の愛が冷めてしまったと嘆く伯爵夫人。フィガロは伯爵夫人とスザンナに、伯爵を懲らしめる策を話す。それは女装したケルビーノと逢引させるというもの。さっそく仕度を始めるが、部屋に伯爵夫人とケルビーノ2人きりのときに伯爵が来たため、急いでケルビーノを衣裳室に隠す。愛人が潜んでいると疑う伯爵は、伯爵夫人と押し問答の末に、扉を開ける。すると、中にはスザンナがいて、伯爵だけでなく伯爵夫人も唖然。ここはフィガロの機転で窮地を脱したが、次にマルチェッリーナが借金の契約通りフィガロと結婚させろと訴えてきた。
 
【第3幕】
借金の証書をめぐる裁判で、フィガロが生い立ちを話すうち、彼はマルチェッリーナとバルトロの子であることが判明。3人は親子の再会を喜ぶ。伯爵夫人とスザンナは衣裳を交換して逢引きする計画を立てる。フィガロとスザンナ、マルチェッリーナとバルトロの結婚式が行われ、その時にスザンナは伯爵に誘いの手紙を渡す。
 
【第4幕
夜。伯爵はスザンナと逢引きするが、その中身は伯爵夫人だと全く気づいていない。フィガロが伯爵夫人に愛を語るのを見た伯爵は怒るが、女性2人が入れ替わっていることを知り呆然。伯爵は非を認め大団円となる。
る。

2013Figaro_04_AEK6382


〈公演情報〉
新国立劇場2016/2017シーズン
モーツァルト作曲オペラ『フィガロの結婚』全4幕〈イタリア語上演/字幕付〉
指揮◇コンスタンティン・トリンクス 
演出◇アンドレアス・ホモキ 
美術◇フランク・フィリップ・シュレスマン 
衣裳◇メヒトヒルト・ザイペル 
照明◇フランク・エヴァン  
出演 
アルマヴィーヴァ伯爵/ピエトロ・スパニョーリ
伯爵夫人/アガ・ミコライ
フィガロ/アダム・パルカ
スザンナ/中村恵理
ケルビーノ/ヤナ・クルコヴァ
マルチェッリーナ/竹本節子
バルトロ/久保田真澄
バジリオ/小山陽二郎
ドン・クルツィオ/糸賀修平
アントーニオ/晴 雅彦
バルバリーナ/吉原圭子
二人の娘/岩本麻里、小林昌代
合唱指揮◇三澤洋史
合唱◇新国立劇場合唱団
ダンサー◇新国立劇場バレエ団
管弦楽◇東京フィルハーモニー交響楽団
●4/20、23、26、29、31◎新国立劇場オペラパレス
〈料金〉S席21,600円 A席16,200円円 B席10,800円 C席6,480円 D席3,240円 Z席1,620円(全席指定・税込)
新国立劇場ボックスオフィス 03-5352-9999(10〜18時)





方南ぐみ 『あたっくNo.1』 




kick 

shop 

nikkan 

engeki




演劇集団風煉ダンス『まつろわぬ民』関連イベント、トーク&ライブ『まつろわぬ民とは誰か?』4/16東中野・ポレポレ座にて開催!

毎回、度肝を抜く美術と衣装と、何ものにもとらわれない自由な表現で、観客を魅了する演劇集団「風煉ダンス」。
matsurowanu
 
5/26より座・高円寺1で上演される『まつろわぬ民 2017』を前に、トーク&ライブ『まつろわぬ民とは誰か?』を4/16東中野・ポレポレ座にて開催する。
トーク参加者は、音楽劇『まつろわぬ民』誕生のきっかけとなる歌「まづろわぬ民」を生み出し歌った、主演の歌姫・白崎映美。
その白崎に「まづろわぬ民」を作らせるきっかけとなった小説『イサの氾濫』を書いた作家・木村友祐、その小説の画と装丁を手がけた漫画家・ますむらひろしのほか、「東北学」で知られる赤坂憲雄、批評家・平井 玄、作・演出を手がける風煉ダンス主宰・林周一。

ミニライブには津軽三味線も登場!

間近で感じる『まつろわぬ民』に渦巻く熱い熱。お見逃しのないように!

〜このイベント開催経緯と内容〜

▶東日本大震災/原発事故の年末に発表された木村友祐の小説『イサの氾濫』。
▶古くから蛦夷えみしと呼ばれ、“まつろわぬ民(”服従しない民)と目された寡黙な東北の民よ、今こそ叫べ!というメッセージに「全身の血が逆流した」という白崎映美。
▶「私もその末裔だ!」と白崎映美&東北6 県ろ〜るショー!!を結成、ロック、ジャズ、歌謡、民謡が交雑する東北の土着感溢れる音と歌をとどけ続けてきた。
▶その熱い歌に触発された演劇集団 風煉ダンスが、2014 年、白崎主演の音楽劇『まつろわぬ民』を創作上演。
▶翌年、白崎とますむらひろし (画・装丁)に後押しされて小説は単行本に。
▶大反響を呼びおこした劇は今年東京と東北で再演される。
▶コトバから歌へ、歌から劇へとうねりを上げる“まつろわぬ民”の〈氾濫〉が今、おおきな注目を集めている。
▶そもそも“まつろわぬ民”とは歴史的に、また2017 年現在の日本、世界でどういう存在であるのか?
▶本・歌・劇の当事者たちに東北学の泰斗、批評家が加わり、“まつろわぬ民”をめぐってその存在の深層、可能性について思い思いに語り合う。
▶朗読×津軽三味線、「東6」トリオのミニライブもお楽しみに。

〜参加者プロフィール〜
Shirasaka
白崎映美…1990年、上々颱風でエピックソニーよりデビュー。JAL 沖縄キャンペーンCM、スタジオジブリ『平成狸合戦ぽんぽこ』映画音楽等、多岐に渡る活動で支持を集める。2013年上々颱風休止後、「白崎映美&東北6県ろ〜るショー!!!!」などの音楽活動、舞台やTV出演など幅広くソロ活動を展開中。昨年6月、『鬼うたひ』(亜紀書房刊)発表。山形県酒田観光大使。
公式サイト http://emishirasaki.com/


Kimura
木村友祐…1970年生まれ、青森県八戸市出身。著書に『海猫ツリーハウス』(第33回すばる文学賞受賞作)、『聖地Cs』(第36回野間文芸新人賞候補作)がある。『イサの氾濫』は第25回三島由紀夫賞候補作。2013年、演劇プロジェクト『東京ヘテロトピア』(PortBの高山明氏構成・演出)に参加、東京のアジア系住民の物語を執筆。管啓次郎氏の呼びかけで2014年よりはじまった『鉄犬ヘテロトピア文学賞』の選考委員。

Masumura
ますむらひろし…1952年山形県米沢市生まれ。宮澤賢治の影響を受け漫画家になる。アタゴオルという幻想世界を長年描く。現在、『銀河鉄道の夜』を再度漫画化中。近刊『ヨネザアド幻想』『やまなし/オツベル/ひかりの素足/虔十公園林』。第26回日本漫画家協会賞大賞、第11回宮沢賢治学会イーハトーブ賞などを受賞。木村友祐の小説『イサの氾濫』のカバー画・装丁も担当している。

Akasaka
赤坂憲雄…東京都出身。学習院大学教授。福島県立博物館館長。専門は東北文化論と日本思想史。「東北学」を掲げて、地域学の可能性を問いかけてきたが、東日本大震災を経て、被災地から東北学の第二ステージを探りはじめている。主な著書に、『異人論序説』、『子守り唄の誕生』『東北学/忘れられた東北』、『岡本太郎の見た日本』、『北のはやり歌』『震災考』『司馬遼太郎 東北をゆく』ほか多数。

Hirai
平井 玄…1952年新宿2丁目生まれ。批評家。早稲田大学文学部抹籍。映画『山谷 やられたらやりかえせ』やパレスチナ音楽など、アート=運動に携わる。主な著書:『千のムジカ 音楽と資本主義の奴隷たちへ』、『愛と憎しみの新宿 半径一キロの日本近代史』、『彗星的思考 アンダーグラウンド群衆史』、『ぐにゃり東京』

Hayashi
林 周一…風煉ダンス代表、劇作家、役者、造形作家。1990 年、座長の笠原真志と圧倒的な舞台美術と祝祭性の強い空間表現の演劇集団 風煉ダンスを結成。叙情性とバカバカしさがほとばしる荒唐無稽なストーリーの背後には、現代社会への静かな問いかけがある。近年は、東日本大震災と福島第一原発事故に想を得た『レーニン伯父さん』『まつろわぬ民』、野外劇『泥リア』『スカラベ』を上演。

Okada
岡田 修… 1957年山形県酒田市生まれ。80年山田千里に師事、津軽での修行を始める。85年津軽三味線全国大会優勝。“津軽のにおい”を大切にしながらもオリジナル曲にも果敢に挑み、国内外で演奏活動。99年、唄三部作CD『空へ』、2004年2nd『回帰』、13年『梯 かけはし』を発表。

Nishimura
西村直樹…上々颱風(現在休止中)のベースマンこと西やん。ヴァイオリンとのデュオNaoNahoやタンゴバンドLAST TANGO、白崎映美や西川郷子、あずみけいこ等歌手のサポート、ジャズセッションで活躍中。

〜詳細〜
image008

4/16(日)16時〜 (開場30分前)
会場:ポレポレ坐 (東中野駅徒歩1分)
料金:一般2,500円(当日2,800円) 学生 2,000円(当日2,200円)
問・予約:マルメロ tel 03-5627-7583 e-mail: marmeloyama@gmail.com
風煉ダンス tel 080-3939-2020 e-mail: furendance@gmail.com http://furen-dance.info/

◆演劇集団 風煉ダンス『まつろわぬ民2017』 5/26(金)〜6/4(日)@座・高円寺1、6/10(土)〜11(日)@福島・いわきアリオス、6/16(金)@山形・シベールアリーナ 



方南ぐみ 『あたっくNo.1』 




kick 

shop 

nikkan 

engeki

いよいよ開幕! 〜崩壊シリーズ〜『リメンバーミー』 山崎樹範インタビュー

_B1A3686_Enbu_YamazakiShigenori

昨春、劇場を圧倒的な爆笑の渦に巻き込んだ〜崩壊シリーズ〜『九条丸家の殺人事件』。待望のシリーズ第2弾『リメンバーミー』が、4月13日からついに幕を開ける。(30日まで俳優座劇場、のち大阪、名古屋、福岡で公演)
新作オリジナルストーリー描き下ろしで、主演は前回に引き続き、山崎樹範。
おめでたい話題もあって公私ともにいい流れにのっている山崎が「初めて自分の代表作と言えるようなものができた」と笑顔で振り返るこのシリーズ。
第1弾での思い出と、新作に向けての意気込みを語ってもらった「えんぶ4月号」のインタビューを、別バージョンの写真とともにご紹介する。

_B1A3679_OKカット

どこにフォーカスを当てて笑いをとっていくか

──第1弾の稽古や本番で印象に残っていることは?
まず、演出のオークラさんが稽古に時間通りに来ない(笑)。それは、毎日台本を書き直しているからで、その台本をもらって稽古して、また台本を直してというのを毎日繰り返して、最終的には最初とはまるっきり違う台本が出来上がりました(笑)。オークラさんの演出は、とにかくジャッジが早いです。演劇は稽古を積み重ねて面白く作り上げていくのが普通ですが、役者をどうこうするのではなく、構造的にガラッと変えてしまうんです。その手法は衝撃的でした。
──通常の演劇の演出との手法とは、全然違いますね。
稽古始めにオークラさんは、「ここの感情は?というような質問は一切しないでください。そこはご自身でお願いします。僕は、何が面白いかを考えるんで」と明言されたんです。そう言ってもらえたことで、とてもやりやすくなりました。僕らが考えるべきは、「どこにフォーカスを当てて笑いをとっていくか」ということで、逆に誰か1人でも役に特化して考えだすと、笑いが崩壊してしまうんですよ。だから稽古は、それぞれが役の生理を我慢するという調整でした。
──栗須健司役ですが、どんなところにやり甲斐が?
前提が爛瀬瓩平有瓩覆里如¬鮑遒蠅鬚靴覆ていいところと、イヤな部分を見せても、芝居という体でごまかせる(笑)。台本にないイヤなツッコミや、言ったらダメだと思われるような発言もどんどんやりました。前作のラストで、僕の告白で上地(春奈)さんが泣くシーンで、涙でマスカラが溶けたりして泣き顔が本当に美しくなくて(笑)、「ブスだなー」って、思ったことがそのまま口に出ちゃったんです。でもお客さんが引くことなく笑ってくれたので、「俺、ココでは何やってもいいんだ!」と思いました。はまり役を見つけたなと思っています。

_B1A3697_Enbu_YamazakiShigenori

猴靴哭瓩良分をどれだけ膨らませて過ごしてきたか

──この崩壊シリーズの魅力はどこだと思いますか?
お客さんに余計なことを考えさせず、ただただ笑って見てもらうというのが、崩壊シリーズの本質なんです。前回は個々の力、集団での力をふんだんに盛り込んで笑わせましたが、去年の楽しかった思い出は一旦忘れて、また新たに取り組みたいと思っています。この1年、僕ら出演者が猴靴哭瓩良分を、どれだけ膨らませて過ごしてきたかを問われることになるでしょうね。今回の内容については、オークラさんからとくになにも聞いていません。今聞いても、どうせまた現場で変わるし(笑)、でもきっと、大丈夫です!
──最後に今回の公演に向けての意気込みを。
年齢から最近、体力が落ちてきているので、ウォーキングを始めました。この間、代々木公園の小さいほうの周回コースを2周したら死にそうになったんで、改めて体力づくりをしないと本番もたないなって思っています。前回は、本番前には必ずVAAMを飲んでいたんですよ。あれを飲むとすっごく汗が出るので、周りに「あんなに汗かいて頑張ってる!」と思われたんですけど、実はVAAMの力で(笑)。基本、努力したくないので、今回も頑張らずに頑張っていることをみせていけたらなと思っています。

_B1A3680_Enbu_YamazakiShigenori
やまざきしげのり○東京都出身。95年より劇団 カムカムミニキーナに参加。ドラマ、バラエティー、映画などで活躍中。最近の主な出演作品は、映画『幸福のアリバイ〜Picture〜』『龍三と七人の子分たち』、ドラマ『しあわせの記憶』(MBS)『HOPE〜期待ゼロの新入社員〜』(CX)、舞台はカムカムミニキーナ『ダイナリィ>』〜崩壊シリーズ〜『九条丸家の殺人事件』『鈴木おさむ劇場 美幸』など。


〈公演情報〉
remeberme
〜崩壊シリーズ〜『リメンバーミー』
作・演出◇オークラ
出演◇山崎樹範/松下洸平 味方良介 上地春奈 
大水洋介(ラバーガール) 伊藤裕一/彩吹真央/梶原善
●4/13〜30◎俳優座劇場
●5/3・4◎松下IMPホール
●5/11◎日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
●5/13・14◎都久志会館
〈お問い合わせ〉東京/サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(全日10:00〜18:00)
http://www.houkai-st.com/





【取材・文/木下千寿 撮影/安川啓太】 




方南ぐみ 『あたっくNo.1』 




kick 

shop 

nikkan 

engeki 
記事検索
QRコード
QRコード

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について