稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

浪漫活劇譚『艶漢』第二夜

私の観劇計画6月その6 植本潤(花組芝居)×坂口真人(演劇ぶっく編集長)

トム・プロジェクト『子供騙し』

12kodomo

作・演出◇水谷龍二
出演◇高橋長英 篠井英介 冨樫真

6/21〜26◎紀伊國屋ホール


坂口 じゃあ、後もちょっとお客さんの少なそうなものを並べてみようよ。
植本 うん。いやいや、うんって言っちゃった(笑)。編集長、毒がたまってるんでしょうか。…これは再演ですね。トム・プロジェクトさんのプロデュースで『子供騙し』。
坂口 じゃあ言い方を変えましょう。小さめの劇場で丁寧につくってる作品、って言ったらどうお?
植本 どうお?って(笑)。これは再演なんですけど、初演のときは緒形拳さんがなさっていたものですね。そのポジションに今度は高橋長英さんがお入りになって、前回から引き続き、うちの先輩の篠井英介さんと、冨樫真ちゃんが出てます。
坂口 床屋さんの話ですよね。先月も床屋の話をした気がするね。
植本 『スウィーニー・トッド』?
坂口 そうそう。床屋はエキセントリックか否かという話をしたでしょ。これも床屋の話で楽しいと思うな。
植本 床屋の話好きなの?
坂口 でもさ、床屋さんの話はたいがい映画でも観に行くとおもしろいよね。
植本 『髪結いの亭主』みたいな?
坂口 ひさうちみちおさんの漫画でも『理髪店主の悲しみ』という床屋さんの話があって、田口トモロヲ主演で映画にもなりましたね。
植本 昔、『剃刀』という芝居を観たことがあるな。それもおもしろかった。
坂口 まず外さないですよ。床屋は大丈夫。
植本 パーマ屋さんの話も楽しいよ。映画でみんな同じ髪型にするパーマ屋さんの話。もたいまさこさんが出てたやつ。6/21(火)〜26(日)新宿・紀伊國屋ホールでの上演です。前売が5000円、当日が5500円、トム・プロジェクトプロデュース『子供騙し』。作・演出は水谷龍二さんです。

私の観劇計画6月その4 植本潤(花組芝居)×坂口真人(演劇ぶっく編集長)

パルコプロデュース『幽霊たち』

Ghosts

原作◇ポール・オースター
構成・演出◇白井晃
出演◇佐々木蔵之介 市川実日子 有川マコト 細見大輔 原金太郎 斉藤悠 奥田瑛二

6/14〜7/3◎パルコ劇場
ほか地方公演有り。


植本 パルコプロデュース『幽霊たち』。ポール・オースター作。
坂口 それは白井晃さんが演出で、思い入れの強い作品だと思いますよ。
植本 出演が佐々木蔵之介くん、市川実日子さん、絶対王様の有川マコトくん、細見大輔さん、原金太郎さん、奥田瑛二さん。これさ、タイトルはよく聞くんだけど。
坂口 25年ぐらい前に書かれた小説ですね。存在のアイデンティティみたいな、抽象的な話かもしれないですね。見え方は具対的だけど、心理的な展開がある。
植本 「私立探偵のブルーは、ある男の追跡を依頼される。変化のない監視生活の中で、やがてブルーは自己の存在を見失っていく。」楽しそうだけど、はたして幽霊が出てくるのかはわからない感じですね。
坂口 直接は出てこないんでしょうね。佐々木蔵之介さんとかがそういう役をやるとリアリティがありそうじゃないですか。
植本 振付で小野寺修二さん、おのでらんが入ってる。振付のある舞台なんでしょうか?
坂口 白井さんってそういう演出に長けてるでしょ。
植本 そうだね。最近の白井さんの萩原聖人とやっているシリーズとか、フィリップ・リドリーの作品とかも半分精神世界が入ってたりする。
坂口 しかも佐々木蔵之介って“戸惑いが“似合いそうな感じがするんですよ。
植本 音楽の三宅純さんて、白井さんがやっぱりパルコでやった『中国の不思議な役人』のときの方ですね。衣裳は太田雅公さん。僕の好きな衣裳をつくる方ですよ。重い感じの質感の衣裳をつくる方です。『ゴースト〜幽霊たち』は6/14(火)〜7/3(日)パルコ劇場です。入場料金は7500円です。
坂口 あ、そうか。「幽霊たち」って彼らのことだね。存在が定まらない人たちのこと。
植本 紹介したあとに何を言うのかとドキドキしました(笑)。

私の観劇計画6月その5 植本潤(花組芝居)×坂口真人(演劇ぶっく編集長)

本能中枢劇団『リボンの心得』

リボン

作・演出◇西島明
出演◇猿飛佐助 吉原朱美 信川清順 鵜沼由佳 宮下今日子 田辺茂範 ほか

6/18〜26◎こまばアゴラ劇場

植本 6月に観られるお芝居を紹介します。
坂口 一番お客さんが少なそうなのからいきましょうか。
植本 なんてこと言うの!?それ、うれしくないんじゃないの?『リボンの心得』。本能中枢劇団。えーと、全然わからないんですけど。
坂口 西島明さんです。もとベターポーヅの方の作品です。
植本 「もと」なんだっけ。
坂口 「もと」ですよ。名前変えて本能中枢劇団になったんです。
植本 猿飛佐助さんってもともと劇団員だよね?
坂口 猿飛さんと吉原朱美さんという女性が残って西島さんと一緒にやってるんです。
植本 そこに今回は信川清順ちゃんとか出るんだ。
坂口 そうそう。
植本 なぜこれを出してきた!?
坂口 おもしろいからですよ。今回イチオシです。
植本 お客さんが入らないかもしれないということを心配されてるんですね。
坂口 うん、もう入らなくてもいいのかもね。
植本 ダメでしょう(笑)。
坂口 ものすごく想像力をかきたてられるし、観ていて楽しいですね。これは絶対外せない、という感じですね。
植本 宮下今日子ちゃんも出てるし、ロリータ男爵の田辺茂範さんも出てるんだ。
坂口 田辺さんはまあ、いいんですが。
植本 いいんだ。なんで?
坂口 うちで連載していただいていて。勝手に友達感覚なんです(笑)。
植本 そういうことか。『リボンの心得』…どういう話なのか全くわからないぞ。
坂口 キャッチフレーズも詩的ですよ。
植本 ちょっと読んでみようか?「俺は狙われている、リボンをつけた馬に。木の陰からじっと見てる、リボンをつけた馬が。馬の得意技は大外狩り。滅多に見れない踊りを踊る。キスと見せて歯形をつける。あなた言ったのよ、結婚するんだ、ゆずれない。ちきしょう。揺れてるよ。風もないのに。鬣に結んだリボンに。」もう全然わかんない!
坂口 ほら、おもしろいでしょう!これ、みんな行ってほしいな〜。
植本 馬が出てくるのかどうかもよくわかんない(笑)。6/18(土)〜26(日)駒場アゴラ劇場での上演。チケットは3000円、当日3300円。全10ステージ『リボンの心得』本能中枢劇団です。坂口さん、なんでそんなに満足げなんだ(笑)。
坂口 いやいや(笑)。
記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について