観劇予報

『向日葵かっちゃん』舞台化決定!

クセになる歪み。奥秀太郎「FREAKS」

目を背けたくなるぐらいグロテスクな愛情表現なのに、
完全に拒絶できないのは自分の中にもそういった偏愛を抱えているからなのだろうか。
少し怖くなる。

10月のはじめに東京芸術劇場小ホールにて行われた奥秀太郎作・演出の舞台『FREAKS』。
麻薬中毒、知的障害、不倫に殺人。
映し出される映像によって次々と変化していく場所。
雨の降る公園、夜の高速道路、都会的なマンションの一室、刀鍛冶を営む男の庵・・・
冒頭、能舞台のような所から話が始まったり、
「刀」がポイントとして使われたりと日本的な空気感が舞台上には漂う。
そこから見えてくるのは人のドロっとした暗く重い欲望だった。
でもその欲望は、真っ当に発散させることのできなかった愛情と紙一重である気がした。
紙一重だから怖い。

それにしても、作・演出の奥は自身の内側に一体どんな思いを秘めているのだろうか。
同じく東京芸術劇場の小ホールで行われた『赤い靴』、
先日シアターコクーンで上演された『キミドリ』、
いずれにしても歪んだ感情の中に純粋さがあるというか、
普通の人ならなんの疑問も持たずに進んで行くだろう線路から、
だいぶ前に脱線して、そのまま生きてきた人の物語というか、少し曲がっている。

この歪んだ感情とリアルなのに幻想を孕んだ綺麗な映像とが混ざり合った所に、
奥秀太郎独特の世界があるのだと思う。
鞘から覗く刀の冷たく鋭い輝きが彼の作品と少し重なる。
出てくる人たちの感情は、
それぞれにぐちゃぐちゃしているので目を背けたくなる時もあるが、
そこも含めてクセになる世界だ。

 


『FREAKS』

作・演出◇奥秀太郎
出演◇畠山勇樹 中本昂佑 幸田尚恵 嶋崎朋子 今奈良孝行 野村恵里 鈴木雄大 岡本孝 倉持哲郎 續木淳平 あらいまい 内田悠一 森一生 小根山悠里香 嶋田菜美 松谷友香

●10/2、3◎ 東京芸術劇場小ホール

<料金>
5,000円(税込)




【文/岩見那津子】

 

KERA×コクーン第五弾!昭和三部作『黴菌』製作発表


s_RIMG3003

製作発表の場にいるだけでも期待が高まる豪華キャストが揃った。
ケラリーノ・サンドロヴィッチ×シアターコクーンのプロデュース公演、第五弾。去年の『東京月光魔曲』に続く昭和三部作の第二弾『黴菌』の製作発表が9月30日に行われた。
前回の『東京月光魔曲』は盆回りを多用したダイナミックな舞台転換も印象的だったが、今回は打って変わって密室劇になるとの話。台本はまだまだ未完成だということだが、KERA作品ではおなじみのメンバーと、意外だけれどその意外さがまた楽しみに繋がるキャストが勢ぞろい。個性的かつ大人な役者たちが集まった12月のシアターコクーンで、一体どんな密室劇が繰り広げられるのだろうか。
この日の製作発表には作・演出をつとめるケラリーノ・サンドロヴィッチと、仕事で欠席の生瀬勝久以外の出演者全員が登場した。


【挨拶】

s_RIMG2915
ケラリーノ・サンドロヴィッチ
今回の『黴菌』は敗戦の年、昭和20年を舞台にした密室劇です。昭和三部作ということなんですが前回の『東京月光魔曲』は東京の街に見立てた舞台がダイナミックに回転して、時間や場所が飛んだんですけれども、今回は完全に密室劇で、ある数日を切り取る形になります。昭和20年の3月、東京大空襲の月から始まって、終戦の日8月15日、そして最後はこの上演時期と同じ年末に終わらせようと思っておりますが、まだ台本は全然完成しておりません。でも一応そういう構想でございます。戦争を背景にしたドラマというと、戦争の強大さというものが大きな影を落とすことになると思うんですけど、僕なりにその時期を描くとしたら、「どんなことをやったら自分の仕事になるかな?」ということを考えました。今回五斜池家という巨大な邸宅が舞台になるんですけど、そこには戦争を避けて育った放蕩三兄弟が住んでおりまして、山崎さんと生瀬さんと北村さんに演じていただくんですけど、その兄弟たちとその家族、そこに訪れる人たちのドラマになります。リアリスティックに始まって、最終的にはいつもそうなんですけど、散文的に始まって詩的に終わる。みたいなことになると思います。最後に思いもよらないところまで台本的にいければ面白いと思ってます。どうぞよろしくお願いします。

s_RIMG2929
北村一輝
色々話したいんですが、台本がないので何をどう話したら良いかわからないんですが(笑)、素直にこのスタッフ、キャストの中でできることが一俳優として凄く楽しみです。尊敬している俳優さんと共演できることっていうのは数少ないことでありまして、この中で自分なりに精一杯頑張っていきたいと思ってます。今まで舞台っていうのは、どこかでアウェー感があってそんなに楽しめたって経験がないんですが、今回本当に楽しむつもりで精一杯やりたいなと思ってます。できるだけ…できるだけというか、必ず良い作品になるように精一杯頑張りますのでみなさんよろしくお願いします。

s_RIMG2932
仲村トオル

この話を最初にいただいた時には、商社マンとありまして割と経済的に豊かな役と書かれていました。あとプレスシートにもある写真を撮る時には資産家だと言われていたんですが、昨日の夜、届いたFAXには“人を疑うことを知らない実直な工場の工員”とありました(笑)。ちょっとビックリしました。どのくらいビックリしたかというと、今朝頼んだ本がさっきAmazonから届いたと孫に言われてビックリしているおじいちゃんぐらいビックリしています(笑)。「そんな遠くからそんなに早く!?」、「今自分がどこにいるかわからない!」みたいな状態ですが(笑)、なんとか自分の居場所を見つけたいと思います。

s_RIMG2935
ともさかりえ

私も最初は仲村さんの奥さんの役だって聞いていて、でも昨日いただいた最新の登場人物の設定では“謎の女”になっていました(笑)。KERAさんとはこれまで映像、舞台、何度かご一緒させていただいてきたんですけど、KERAさんの新作でご一緒するのは初めてのことですので、とても楽しみにしております。

s_RIMG2941
高橋惠子

私はKERAさんとは今日お会いするのが二度目ぐらいです。それも、最初にお会いした時に「日本人ですよね?」って聞いたぐらいで、そのぐらいしかお話していないんです。でも今回お話をいただいてとても嬉しく思いました。是非一緒に仕事がしたいと思っていましたので、今回どんな役なのかもまだハッキリとはわかりませんが、私にとってはちょっとした冒険旅行に出掛けるような気分でありまして。地球以外の星に行くのかどうか…でもそのくらいの覚悟はしておりますので、どんなことになっても楽しんで本当に良い作品にして行きたいと思っております。

s_RIMG2943
山崎一
僕はKERAさんの舞台はしょっちゅうやってるんですけど、今回、面白いなと思ってるのは、北村さん、仲村さん、高橋さん…というKERAさん色というか、KERAさんにはないかなというキャスティングをされているような気がして、そこにすごく期待していますし、どういう形でこれらが作品に繋がっていくのかに今からとてもワクワクしています。今回は密室の作品になるということで、それにも期待しています。

s_RIMG2949
岡田義徳

まずこのキャストの中にいられることだけで僕は幸せなんですけど、本当に足を引っ張らないように頑張りたいなと思っているのと、昨日いただいた台本の中で僕の役が“クスリ漬けのモルモット”という役になっておりまして(笑)、どうこれをやろうか?って思いもありますけど、これだけのキャストのみなさんがいれば楽しくやれそうな気がします。あと、自分の役に奥さんが付いたのも初めてなので、そこもすごく楽しみにやっていきたいと思います。

s_RIMG2952
犬山イヌコ
その岡田さんの奥さんの役になりました、犬山イヌコです。昨日の時点では私は生瀬さん、五斜池家の妻ということで「やったお金持ちだ!」と思ったんですけど、モルモットの妻ということで(笑)、頑張りたいと思います。やりがいがありそうです。私はKERAさんのナイロン100℃の劇団員なので、しょっちゅうやっているといえばそうなんですけど、今回山崎さんが言ったように、新鮮かつゴージャスなキャストでやるのが非常に楽しみであります。あとこの『黴菌』っていうタイトルを周りの人が既に間違えていて「『細菌』ってお芝居やるんでしょ?」って言われるので、その辺を間違わないでいただければなと思います(笑)。

s_RIMG2960
緒川たまき

年末のコクーンという劇場は独特の華やかさがあって一度は立ってみたいなと思っていました。あの中に立てるということ、このメンバーで立てるということを凄く楽しみにしています。私はちなみに仲村さんと兄妹の役なんですけど、ずっとお会いしたことがなくて、今年初対面でお会いして、夏に映画で夫婦の役をやらせていただいて、そして今回は兄妹ということで、急にこんなにご縁ができて個人的に嬉しく思っております。みなさんとご一緒できること、とっても楽しみにしています。

s_RIMG2963
みのすけ

ナイロン100℃のメンバーとして、今回犬山と僕が出るんですが、KERAさんとは高校時代から僕は一緒なので長いんですけど、外部公演では初めてケラさんと一緒にやることになったので、とてもそこは嬉しく思っています。いつもやっているメンバーと、また初めてやるこの豪華のメンバーとの融合が密室劇という濃い中でどう繰り広げられるかが楽しみです。

s_RIMG2971
小松和重
今回は五斜池さんの運転手という役で、これから免許取りに行って、みなさまに華麗なドライビングテクニックを見せられるように頑張ろうと思います(笑)。あとあの、本当にあれですね、今、言うかどうか、迷ったんですけど、このタイミングではないとは思うんですけど、KERAさん、緒川さん、ご結婚おめでとうございます。(場内:笑)なかなか言えなくて(笑)。みなさんと楽しい現場になるように頑張りたいと思います。

s_RIMG2975
池谷のぶえ

今回の現場は自分にとっては何度かご一緒させていただいてる方と、初めてご一緒させていただく方と、ちょうど同じぐらいのバランスで安心感がありつつ、刺激的な現場になるのではないかなと楽しみにしております。KERAさんの作品も新作が5年ぶりぐらいになるので楽しみです。一番初めにこのお話をいただいた時に私は早々に謎の死を遂げていたんですけれども、一日も長く生き延びられるように頑張りたいと思います。

s_RIMG2981
長谷川博己
今回初めてKERAさんの作品に出られてとても嬉しいです。KERAさんは本当にバンド時代から見ていて、KERAさんの作品に出たいなと思っていたので、その念願が叶って嬉しく思っています。この豪華なキャストの中で先輩方の背中を見ながら自分も成長していけたらと思っております。







シアターコクーン・オンレパートリー2010
『黴菌』

作・演出◇ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演◇北村一輝 仲村トオル ともさかりえ 岡田義徳 犬山イヌコ みのすけ 小松和重 池谷のぶえ 長谷川博己 緒川たまき 山崎一 高橋惠子 生瀬勝久

●12/4〜12/26◎Bunkamuraシアターコクーン

<料金>
特設S席 9,500円/S席 9,500円/A席 7,500円/コクーンシート 5,000円(全席指定・税込)

<問い合わせ>
Bunkamura 03-3477-3244(10:00〜19:00)



【取材/文 岩見那津子】 

終わらない行軍「砂と兵隊 Sables&Soldats」

砂漠をひたすら匍匐前進して進む兵隊達。
向う先も、目的もよくわからない。
同じ砂漠を通り過ぎる新婚旅行中の夫婦、母親を探している父と娘達、
一人の男を追い続ける日傘をさしたワンピース姿の女性。
そして常に彼らとは逆の方向へと歩く、敵なのか、なんなのかわからない男女二人組の兵隊。

ここがどこなのか、時代はいつなのか、
目的もわからなければ、場所も時間もわからないという設定。
ただ兵隊達は人を殺すことができる銃を常に携帯している。
誰かの命を奪う、または自分の命を奪われる可能性のある、
そんな緊迫した空間にいるのかと思いきや、
交わされる会話は、近々母親が再婚するだとか、
父親がペットを飼いたいと言っているだとか極めて日常的。
自然と笑いも生まれている。
最初はそのあまりに日常的な会話と銃声の聞こえる戦場との間に違和感を覚えたのだけれど、
徐々に、もしかしたらこれがリアルなのではないか?という気がしてきた。

実体がつかめない大きなものからの命令を受け、目的もわからないまま行軍を続ける。
そこには自分が戦地に赴いているなどという重い実感はあまり存在せず、
それなのに、実際、誰かの命は奪われ続けている。

男女二人組の兵隊が桃缶を食べるシーンが印象的。
口にした甘い甘い桃の果肉。
缶から滴り落ちる甘い汁。
二人が手にした美味しい桃缶は、新婚旅行中だった夫婦の旦那が持っていたものだ。
旦那は民間人だったが洋服の袖に、
偶然、軍人であることを示す腕章を付けていたがために殺された。

もう一つ最後に大きく印象に残るのが、この芝居の終わり方。
出演者が一列に並んで拍手を受ける、というお決まりのカーテンコールを一切拒否。
舞台には終演を伝える言葉が映し出され、客席では案内のお兄さんが、
ひたすらに「本日の上演は終了いたしました。」と退場を促す声をかけ続けている。
しかし、舞台上には行軍を続ける兵士たち、母親を探す家族、日傘をさした女性…
それぞれが今までと同じように、砂漠を歩き続けていた。
客席に人がいなくなるまで、永遠に歩き続けるのだと思う。

もはや理由も何もわからなくなっているのに、
人が死んでいるのに、この行軍は終わらないんだ。

終わらない終演からもメッセージを感じた。



なおこの作品のフランス語版『Sables&Soldats』が、
10月5日、6日に同じくこまばアゴラ劇場にて上演される。





青年団第63回公演/青年団国際演劇プロジェクト2010


『砂と兵隊/Sables&Soldats』


作・演出◇平田オリザ
翻訳◇ローズマリー・マキノ
出演◇「砂と兵隊」山内健司 ひらたよーこ 志賀廣太郎 渡辺香奈 ほか
「Sables&Soldats」クレマンティーヌ・べアール ケイト・モラン 福士史麻 河村竜也 ほか


●9/16〜10/6◎こまばアゴラ劇場


<料金>
一般:3,500円 学生・シニア(65歳以上):2,500円 高校生以下:1,500円(全席自由/税込)


<問い合わせ>
青年団 03-3469-9107


【文/岩見那津子】

記事検索
QRコード
QRコード

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について