観劇予報

『ファインディング・ネバーランド』お得なチケット販売中!

早乙女太一の剣が舞う公開殺陣稽古。『薄桜鬼 新選組炎舞録』

 DSCF4880
テレビアニメとして今年4月に放送され話題となったゲーム『薄桜鬼』が、若手女形役者として人気の高い早乙女太一主演で舞台化されることになった。
『薄桜鬼』は、
08年に発売され女性ユーザーからの支持が高い恋愛アドベンチャーゲーム。新選組の土方歳三と、父親を捜す蘭方医の娘、雪村千鶴の出会いをきっかけに、新選組の男たちの夢と生き方を描いていく。

主演の早乙女太一は、大衆演劇の劇団朱雀の二代目座長として、その美しい女形ぶりや見事な立ち回りなどが魅力の役者だが、昨年は劇団☆新感線に客演して好評を博すなど、そのフィールドを広げている。また他の出演者としては、映像や映画でも活躍している黒川智花や木村了、そしてロックバンドORANGE RANGEのボーカルRYOなどが共演する。

今回の舞台は10月1日から17日まで天王洲の銀河劇場で上演されるが、公演に先だって、9月7日、都内の稽古場で殺陣稽古の様子が、取材陣に公開された。

 DSCF4896

【囲み会見の挨拶】

早乙女太一「僕は土方歳三をやります。稽古の最初の1週間くらい出られなかったんですが、稽古場がすごく和気藹々としてて熱気があって楽しくやらせていただいてます。メンバーが若い人ばかりですから、すごく刺激を受けてます。新しい時代劇という感じの芝居だと思いますので、1回1回大事にやっていきたいです」

黒川智花「私は雪村千鶴という女の子です。周りが男のかたばかりで最初は緊張したのですが今はもう慣れました。あと目の前で着替えされるのにびっくりしました、できればそれはやめてほしいなと(笑)。殺陣は、間違えたら刺すと先生に言われてますのでがんばります」

木村了「早乙女くんたち新選組の前にたちふさがる風間千景です。楽しいですし、みんな仲いいです。太一くんとの殺陣が多いのですが、その楽しさが見てるかたに伝わればいいなと思ってます」

川岡大次郎「僕は山南敬助という新選組の副長です。のちに物語のキーになる役でも登場します。太一くんと了くんは息が合ってるみたいで殺陣も楽しそうにやってますね。僕もここまで殺陣が満載なのはめったにないと思いますので、太一くんに負けないようにがんばります」

RYO「僕は新選組と戦う天霧です。初舞台なので、最初は何もしゃべれないなくらい緊張してたんですが、本当にみんなが気軽に声をかけてきたくれたりするので、今はもうすっかり仲良く楽しくやれてます」

すでに食事会もしたというメンバーたち。太一が「コーラの一気飲み」を7杯もやってくれたと、和やかなムードがいっぱいだ。会見のあと公開殺陣稽古が始まった。


 DSCF4941

●まず稽古場では「1場」の殺陣。

森の中を、新選組の土方歳三(早乙女)、沖田総司(窪田正孝)、藤堂(武田航平)、斎藤(中村倫也)、原田(橋本淳)、近藤勇(坂本爽)、永倉新八(中村誠治郎)、山南敬助(川岡大次郎)などが歩いていると、突然不逞の浪士に襲われ乱戦になる。そこに千鶴の父、雪村綱道(木下ほうか)が現れるという設定。

殺陣師の諸鍛冶裕太による立ち回りの段取りを聞いて、それぞれ、その通りに動いていく。稽古場全面を使っての斬り合いは迫力満点。不逞の浪士たちは斬られたはずなのに、次々に起きあがり襲ってくる。そこに現れた土方役の早乙女太一は、鮮やかな剣さばきで、浪士たちを切り捨てていくというシーンだ。

短いリハーサル時間なのに、段取りは完璧。それだけでなく土方の殺気さえ漂わせるところは、さすが早乙女太一ならではである。

DSCF4996DSCF4984


次は「6場」の稽古。

土方と千鶴が剣の稽古をしていると、2人の前に鬼の風間千景(木村了)天霧九寿(RYO)不知火匡(伊崎右典)が現れて斬りかかってくる。そこへ沖田、藤堂、斎藤、原田、永倉が現れて応戦する場面。

千鶴の夢のシーンから始まり、土方との会話が交わされる。そして千鶴と剣の手合わせをする土方。黒川相手の立ち回りとはいっても、動きの鋭さや形の決め具合が揺るぎない。

他の役者たちに殺陣がつけられているときは、他の役者たちの動きを位置を変えて見たり、黙々と自分の動きを繰り返したりと、太一の研究心は相変わらずだ。その磨きに磨き抜かれた立ち回りの魅力を見せてくれる公演本番が楽しみである。

 

DSCF4902 DSCF5004

『薄桜鬼 新選組炎舞録』

演出◇キムラトシヒロ

脚本◇毛利亘宏

出演◇早乙女太一、黒川智花、木村了、RYO、川岡大次郎、窪田正孝、武田航平、中村倫也 他

10/117◎天王洲銀河劇場

〈料金〉S席8500円 A席5500

〈問い合わせ〉オデッセー 03-5444-6966

 

【取材・文/榊原和子】

サンタを信じる強さ。『ビリーバー』

CAT-00230_R

寓話ではあるが、誰もが見る夢と現実が映し出されている。『ビリーバー』の設定は、まず、21世紀アメリカの悲劇「911」がその下敷きにあるのだ。

物語は、小惑星がこの地球に近づきつつあり、まもなく激突する可能性が高いという世界的危機が迫るなか、ある観測所で天文学者ハワード・ボナーと息子のスティーブンが、迫ってくる隕石を見つけようと巨大な天体望遠鏡をのぞいているところから始まる。

こともあろうにハワードは、「八頭のトナカイと赤い服を着た男」を、その望遠鏡の中に見てしまうのだ。その瞬間からサンタを信じることになった父と、その出来事に対して夢物語ということでしか理解を示さない9歳の息子スティーブンの間にズレが生まれはじめる。どうしても息子にサンタクロースがいると信じさせたいハワードの行動と熱意は、やがて妻にも周囲の人々にも奇異に映りはじめる。

普通にありふれた夫婦関係であり親子関係であった家族が、サンタという非現実的な出来事をきっかけに、それぞれの関係性を見直す状況へと追い込まれていき、また社会的にも波紋を広げていく。そんなハードな展開をどこかファンタジーの優しさと笑いを交えながら見せていくのは、いい意味で湿り気の少ない鈴木勝秀の演出と、出演者たちの生き生きしたやりとりの魅力によるところが大きい。

勝村政信が演じるどこまでも真剣で誠意あふれるハワードの行動力、言葉の説得力。9歳のスティーブンに扮する風間俊介が見せる多面的に揺れる少年の心。理解できないと批判しながらも夫を愛している妻の草刈民代の包容力。そしてサンタをはじめ祖父から警官、医者、店員などさまざまな役柄を演じる川平慈英の変幻自在な楽しさ。たった4人きりの出演者たちだが、彼らがシンプルで抽象的なセットを一瞬にして観測所、家庭、学校や街中に変えて見せ、物語は日常をベースに宇宙まで果てしなく広がっていく。

小惑星の激突という終末を目の前にした時間だからこそ、真剣にハワードが息子に伝えようとした「サンタクロースという夢」。それはついには父子をはるか北極まで駆り立てていき、そこでしか出会えない確かな「夢」を見せてくれる。そのシーンに込められたさりげないユーモアとファンタジックな美しさ。それこそが、あの「9・11」の終末感の中から立ち上がるために、人々がよりどころとした「夢」の1つだったにちがいない。

CAT-00048_R





 

『ビリーバー』

作◇リー・カルチャイム

演出◇鈴木勝秀

出演◇勝村政信、風間俊介、草刈民代、川平慈英

9/312◎東京 世田谷パブリックシアター

9/1718◎大阪 梅田芸術劇場

9/19◎福岡市民会館

9/21◎仙台電力ホール

〈問い合わせ〉

東京・世田谷パブリックシアター 03-5432-1515

大阪・梅田芸術劇場06-6377-3888

福岡・ピクニック 092-715-0374

仙台・仙台放送 022-268-2174


【文/榊原和子】

出雲大社分祠にて松井誠が大入祈願!『阿国歌舞伎〜いいご縁をさずかりに〜』

s_RIMG2295

『阿国歌舞伎〜いいご縁をさずかりに〜』の大入り祈願&制作発表会が9月7日、六本木の出雲大社分祠にて行われた。

「和」の美しさを発信すること(衣装の監修は市田ひろみ)、そして、激動の時代に踊りを通じて人々に力を与え続けた歌舞伎の始祖、出雲の阿国の生きざまを描くことで舞台を見る観客にもエネルギーを与えたい。そんな思いが作品に込められる。

四条川原で絶大な人気を誇っていた阿国(松井誠)。そこに現れたのは当代随一のかぶきもの名古屋山三郎(川崎麻世)とその恋人のお京(瀬戸内美八)。反発し合いながらも惹かれあう阿国と山三に嫉妬したお京は、復讐を誓い、阿国を蹴落とそうと自分の芸を磨き阿国との対決に臨む。阿国の恋の行方は?阿国は天下一の看板を守り通すことができるのか?

出演者の松井誠、川崎麻世、瀬戸内美八らは豪華な衣装をまとって登場。阿国の故郷出雲にゆかりのある出雲大社分銅で、まずは大入り祈願のお祓いを受ける。厳粛な空気の中で良い縁と大入りを祈願。その後の制作発表にも衣装姿のまま登場し、舞台に対する意気込みを語った。

s_RIMG2285

松井誠「私の生い立ちといいますか、私は芝居小屋の奈落で生まれまして、そういう中で育ってきた芸を試みる者としましては、いずれご縁があれば阿国を演じる時がくるのではないかと思っておりました。今回、私も役者人生25周年でございます。そして50歳という節目を迎えまして、こういうご縁をいただきました。新しい阿国像が出来ればと日々努力して皆様と稽古に励んでおりますので、よろしくお願いいたします。」

川崎麻世「松井さんとは4年ぶりで共演させて頂きます。三山役ができるということで、非常に光栄なんですが、松井さんというと阿国もできれば三山もできる。その役を自分がやるということで非常に緊張しておりますが、とにかくかぶき者で、戦国の三大美男子に入っているという三山を只今稽古中です。最初は照れてたんですが、回りにキャーキャー言われる役がだんだん癖になってきてます(笑)。今までにないスペクタクルであり、宝石箱をひっくりかえしたような、素晴らしい舞台になると思いますのでよろしくお願いします。」

瀬戸内美八「私はお京という役をやらせていただくんですが、お京というのは阿国が現れるまでは一番だったんです。そこからストンと落ちてしまうんですが、でも一番だったという明るく、華麗で、華やかなポジションを作れればいいと思っております。今回の松井さんの阿国の本当に綺麗で華やかで、神々しい姿を拝見しております。松井さんや、川崎さんとも初めてですが大変楽しい、暖かいお稽古場です。そんな中で自分のお京という役をしっかり作っていきたいと思っております。」

松井は阿国の以外にも、スサノオ役と信長役の全部で3役をこなす。他、秀吉役の小林アトム、一座の座員たちなどで仁科仁美、真由子、北嶋マミ、神崎順らが共演する。公演は東京をはじめ東北から出雲まで各地で11月まで行なわれる。

s_RIMG2291

『阿国歌舞伎〜いいご縁をさずかりに〜』

原案◇石飛仁

脚本◇杉本美鈴

演出◇鷹の羽辰昭

出演◇松井誠、川崎麻世、小林アトム、仁科仁美、真由子、北嶋マミ、神崎順、瀬戸内美八

●9/24◎エレクトロンホール宮城

●9/25◎岩手県民会館

●9/2730◎赤坂ACTシアター

●10/23◎出雲市民会館

●11/18◎京都会館第2ホール

●11/19◎大阪サンケイブリーゼ

<料金>

東京公演

SS10,000S9,000A7,000B6,000

出雲公演

S7,000A6,000B5,000

 

<問い合わせ>

公演に関する問い合わせ

株式会社ドラマ・ステーションJAPAN 03-5427-1887

 

【取材・文/岩見那津子】


記事検索
QRコード
QRコード

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について