観劇予報

おん・すてーじ『弥次さん喜多さん』双

『篤姫』囲み取材

IMG_4403軽

2008年のNHK大河ドラマで人気となった『篤姫』が、明治座で公演中である。
原作は宮尾登美子の人気歴史小説『天璋院篤姫』で、薩摩の島津家から第13代将軍・徳川家定の正室となった篤姫がヒロインの物語。

夫である家定に急逝され、天皇家から嫁入りしてきた皇女和宮(遠野あすか)との確執に悩み、だが倒幕の時代の波の中で、天璋院篤姫は徳川のために最後まで闘う。大奥三千人を取り締まり、嫁いだ徳川家を守るために、自分の信じる道を進んでいく感動の女性史なのである。
今回の明治座公演は、膨大なドラマを3時間にまとめ、テレビよりも緊迫したテンポで、「より真実の篤姫」の物語が、豪華なキャストによって繰り広げられている。

この作品の初日には、原作者である宮尾登美子、篤姫の内山理名、その義理の父である島津斉彬の西岡徳馬、そして小椋佳が作詞・作曲した主題歌を歌っている島津亜矢によって、初日の興奮も冷めやらぬ中での囲み取材が行われた。

DSCF1766
【囲みインタビュー】
宮尾「皆さんご覧になっていかがでしたか?いい芝居でしたよね。役者さんがいいし、大奥物というのはいんびなイメージがありがちだけど、それがない。篤姫の気迫というか気概がみなぎってて、ご覧になったお客様が勇気をもらえるものになってます。頑張っていきたい方には、ぜひこの作品をご覧になって欲しいです。DSCF1735このセットも素晴らしいわよね。モダンで意外なデザインで、朝倉摂さんとはとても仲いいのですが、これは若い人にも受けるような面白いものだと思いました。
内山さんは前に大河ドラマの『宮本武蔵』で朱美をやって、それがよくて目をかけてた人で、男っぽいとこがあっていいの。その勘が当たりました。衣装も本当に綺麗で嬉しかった。全ての女性に勇気を与えてくれる作品。主題歌の島津さんは声がいいでしょう。迫力がありますから、とてもぴったりで嬉しかった。私はカラオケが好きなんです。今度歌います」

DSCF1762内山「素敵な台詞がたくさん込められていたので、私自身、稽古中もこのセリフに助けられました。この道を真っ直ぐ歩いて行くしかないとか、先生のお言葉を大事に伝えさせていただきました。今日は精一杯やらせていただいたのですが、最後までこのエネルギーでいきたいです。強い女性像という点では、苦労もしましたが、セリフと先輩の女優さんたちに助けていただいて、綺麗なお着物をたくさん着られるので、それも盛り上がるエネルギーになってます。お客様にも綺麗な着物を楽しんでいただきたいです。
(男らしいと言われて)女が歩いて行く道は男らしくないといけないかなと思いますが、それも女の道かなと。女の一生を演じるなんて初めてですから、自分だけで考えるのは限度があったので、やはり先輩の俳優さんたちにたくさん教えていただきました。DSCF1734(強さについて)強さはやはり必要というか、この仕事をしていて強くあらねばと思うことがありますし、女だからできないことより、女だからこそできることがあると思います」

西岡「僕もいろいろ芝居をやってますが、今日はとってもいい初日だったと思います。内山さんがどんどんよくなってて、とてもがんばってるので好感があると思います。今日は、うちの家内と娘が観に来て、楽屋に来たとき、二人とも泣いてました。女は泣けるのよと、強く生きていかなくちゃとか言ってました(笑)。いい芝居ができたんだなと思ってます。内山さんはふだんは可愛らしいですよ。でも日ごとに篤姫になってますから、女の一生という形ですから、やはり育っていくことが必要な芝居ですしね。すごく吸収力がある。これからもどんどんよくなるのを期待しててください」

島津「観せていただいたのは三幕だけでしたが、本当に胸に迫って来るものがありましたし、その中で自分の歌が聞こえてきて感無量でした。“女の道は前に進むしかない”という、あの心で歌わせていただきました。いい作品の主題歌で感激です。このお話をいただいたときから、私でいいんでしょうかと思っていたのですが、本当にありがたいことだと感謝しています」

IMG_4226軽IMG_3944軽

IMG_3778軽明治座公演『篤姫』
原作◇宮尾登美子
脚本◇長谷川康夫
演出◇西川信廣
出演◇内山理名 西岡徳馬 香寿たつき 遠野あすか 国広富之 高橋かおり 小林綾子 今拓哉 秋野暢子 他
●2/4〜24◎明治座
〈料金〉A席¥12000(全席指定)  
〈お問合せ〉明治座03-3660-3900 

http://www.meijiza.co.jp

 

  【取材/榊原和子 文/岩見那津子】

 

『THE 39 STEPS−秘密の暗号(コード)を追え!−』制作発表

s_P2050498
2
5日、『THE 39 STEPS−秘密の暗号(コード)を追え!−』の囲み取材が、シアタークリエにて行われた。アルフレッド・ヒッチコック監督の『三十九夜』という映画を元に作られたのが、この『THE 39 STEPS』。2007年にはローレンス・オリヴィエ賞を受賞している作品である。

 

時は1935年のロンドン。ミュージックホールで銃の発砲騒ぎに遭遇したリチャード・ハネイ(石丸幹二)は、アナベラ・シュミット(高岡早紀)という女性に出会う。アナベラは、自分はスパイでありイギリス軍の重要機密を守るために追われているとハネイに告白。しかし、その夜、彼女は何者かに命を奪われてしまう。アナベラ殺害の容疑者として手配されてしまうハネイ。殺人の疑いを晴らすためには、アナベラの任務の謎を解き、真犯人を捕まえるしかない。警察、スパイ、殺人者を巻き込んでハネイの逃亡劇が始まる。

 

出演者はたったの4人。その4人が139役を演じるというのが最大の見所。最小限のセットの中、小道具をさまざまな物に見立てて進んで行くストーリーは、観客の想像力を刺激するに違いない。今回の囲み取材にも、リチャード・ハネイ役の石丸幹二、アナベラをはじめとする3人の女性を演じる高岡早紀、そして、他ストーリーに登場する、全てのキャラクターを演じるクラウン役の浅野和之と今村ねずみ。この4人が登場した。

 

s_P2050499

【囲み取材】

 

−−明日初日ということで、稽古はどうですか?

石丸 まだまだね、まだまだ!

高岡 ドキドキがいっぱいですねー!

石丸 あの舞台に上がってみて、セットと初めて向き合って、ほとんど障害物競走みたいな感じなんですよね。今日のゲネプロの時は上手くいくと思いますが。

−−139役やられるということで想像がつかないんですが、稽古やられてみていかがでしたが?

石丸 すごいですよね139役ってね。

高岡 石丸さん一役じゃん。(笑)

石丸 僕、一役なんですけどね、でもみなさんをね、応援してます!(笑)高岡さんは美女と3役。あと浅野さんと今村さんが出てくるたびに違うキャラクターになって。

高岡 100役?

今村 そう聞いてますね。僕も高岡さんと一緒に美女も。(笑)

石丸 ねずみさんは、女優さんもやってますよね。(笑)まぁそれは見てのお楽しみで。

−−たくさん役がありますが難しい役は?

浅野 難しい役…みんな難しいですけどねー。どの役も。まぁ、今村さんなんて、人間だけじゃなく物にもなりますからね。(笑)

今村 岩やります。木やります。

高岡 いやらしい木とかね。

今村 とにかくスピード感があるんで、そのスピードに振り回されないように、芝居をちゃんとやらなきゃいけないですし、舞台上で僕達しか見えないだけで、実は周りのスタッフが一緒になって動き回ってくれてます。舞台が動く裏で、全員が一緒になって創り上げる舞台だって言う。その辺のコンビネーションをね。

石丸 まぁ、大丈夫ですよ!このメンバーですから!あの外国のスタッフの方たちと一緒に作り上げてるんですけど、日本の演劇のスタイルとまた違う、イギリスのスタイルになってますね。あんまり日本で見たことないような芝居になってると思うので、そこも楽しみにしていただきたいです。

−−小道具の使い方も注目ですね。

高岡 大道具が逆にないですもんね。

今村 自分達が道具にならなきゃいけなかったりします。例えばトランプが急にカウンターになったりとか、ドアを繋いで色んな部屋になったりとか、家になったりとかしますから、その辺のイマジネーションの広げ方が結構面白いと思います。

石丸 出てくるはずのものが出てこない、そういう設定もあったりして、まぁ、コメディですから、なんでもありです。

高岡 私はとにかく今、ここで金髪でいるってことがとっても恥ずかしくて!(笑)もう、恥ずかしいんです。

石丸 似合ってるよ?

高岡 いや、恥ずかしくて、すみません。いや、舞台に上がったらそういう役だから、いいんだす。

石丸 いいんだす。(笑)

高岡 ほらここにいると、役でもなんでもない、自分達だったりするでしょ?それなのに金髪っていうのが、とっても恥ずかしくて、舞台の上では、みんなも私も外人なので…浅野さんも外人でしょ?

浅野 外人のフリしてます。(笑)

石丸 スカートも履いてますしね。スコットランドの民族衣装のスカートとかはいてます。3役全然キャラクターが違うので高岡さんの見所そこですね!

浅野 高岡さんの見所出ちゃいましたね。(笑)

今村 石丸さん出ずっぱりでしょ?

石丸 僕出ずっぱりですねーでもみなさんも出ずっぱりでしょ?

浅野 でも一番出てるよ

−−最後に一言まとめを。

石丸 『THE39STEPS』シアタークリエ、明日初日です!

どうぞみなさん見に来て下さい!お待ちしてます!

 

THE 39 STEPS−秘密の暗号(コード)を追え!−』

●2/6〜3/4◎シアタークリエ

演出◇マライア・エイトキン

日本版演出◇ディヴィド・ニューマン

出演◇石丸幹二 高岡早紀  浅野和之 今村ねずみ

<料金>S席¥8500 A席¥7000

<お問合せ>東宝テレザーブ 03-3201-7777

                 http://www.toho.co.jp/stage/

                               【取材・文/岩見那津子】

『ドラキュラ伝説〜千年愛〜』制作発表

_MG_3599

2008年に『DRACULA—ドラキュラ伝説—』として上演された松平健主演の舞台が、今回、キャストも新たに、内容も濃く一新され『ドラキュラ伝説〜千年愛〜』として再演される。その製作発表が1月19日、都内のレストランのチャペルで行われた。

舞台は15世紀半ばのトランシルバニア。最愛の妻・アマンダを亡くしたドラキュラ伯爵は妻を蘇らせる代わりに、自分が吸血鬼になるという契約を悪魔と交わす。それから400年の月日が流れ、ドラキュラはアマンダと瓜二つの娘・ミーナがロンドンに住んでいることを知る。ミーナと距離を縮めるドラキュラ。しかし、そこには宿敵、ヴァンヘルシング伯爵の姿もあり…。
従来のドラキュラ伝説とは少し違って、愛のために悪魔と契約して己の存在に苦しむという設定の、ピュアなラブロマンスである。

_MG_3593会見は松平のドラキュラ伯爵と姿月のミーナの挙式という、ドラマ仕立てのなかで始まった。身長のある2人がコスチュームで演じる様子はすでに芝居の中にいるような不思議な世界がそこに出来上がっている。
セレモニーのあと、記者会見が行われた。
出席者は、ドラキュラ伯爵を演じる松平健、アマンダとミーナ2役の姿月あさと、ヴァン・ヘルシング教授の今井清隆、弁理士ジョナサン・ハーカーのIZAMの4人。

【一問一答】

ーーまずはドラキュラ役の松平さんから。

松平 初演から2年経ちました。私もとても好きな作品の一つだったので、再演出来るということを本当に嬉しく思っています。今回キャストがほとんど新しくなり、初めて共演する方ばかりなので、前作以上に盛り上がっていきたいですし、良い作品になると期待いたしております。

ーー姿月さんは宝塚歌劇の退団10周年を迎え、今回は、退団後初の女性役としての出演ですが?

姿月 宝塚を退団して10年、何作かミュージカルには出演させていただきましたが、少年役などで出ておりまして(笑)、舞台で女性を演じ、歌うというのは初めての経験です。松平さんをはじめ、みなさんと初めてお目にかかったんですが、途端に「デカっ!」とびっくりし合いました(笑)。そういう身体の大きさも生かし、舞台も大きく素晴らしいドラキュラ伝説にしていきたいと思います。

ーーヴァンヘルシング教授役の今井清隆さん。

今井 4、5年前になりますかね、松平さんと一度だけ飲んで、カラオケに行ったことがあります。その時に健さんのお人柄に触れて一度でいいからご一緒にお仕事したい!と思っていたのが、今回叶いました。敵役ですが、ドラキュラの愛を知って、自分の心も変わって行くという変化をお客様にも伝えていきたいと思っております。

ーージョナサン役のIZAMさん。

IZAM テレビや舞台でたくさん見せていただいていた大先輩たちと、今回ご一緒するので緊張感を持って、稽古場から千秋楽まで頑張っていきたいと思います。初演で僕の役を演じたのは大澄賢也さんなのですが、大澄さんとはまた違うタイプの役として演じられたらと思っています。

ーー姿月さんは、宝塚退団後、初の女性役でのミュージカル出演ということで、そのあたりの期待を聞かせてください。

姿月 宝塚は、男役10年と言うのですが、私も辞めて女10年。やっと再生できたかなと思っています(笑)。共演する方々、作品、自分自身としてもいい時期にいいものに巡り会えた気がしていて、とっても嬉しいです。ちょっとだけ可愛く見えると嬉しいな、と(笑)。

ーー松平さんと、姿月さん、お互いの魅力をもう少しお願いします。

松平 印象としては大変男っぽい方かと思っていたら、結構女性らしいのでホッとしてます(笑)。でもこれで、ヒールを履かれたらもっと大きくなるので、私もヒール履くぐらいじゃないと(笑)。

姿月 今回、松平さんとご一緒にということで、引き受けさせていただいたところもあります。先日もテレビを見ていたら刀で立ち回りをしていらして、今日も馬に乗っていらっしゃるんじゃないかと(笑)。先ほどの結婚式の誓いの場面で、普通だったら抱擁で熱いキスとなるところは、二人で「どないせぃちゅーねん!」みたいな(笑)。目が合って同じ空気を感じたということで(笑)、これから稽古場でコミュニケーションを重ねていくということが楽しみになりました。ドラキュラ伯爵は、400年もずっと愛し続けて待っていてくださるので、愛してくださるような女性にならなければいけないなと。がんばりたいと思います。がんばる……絶対がんばります(笑)。

ーー前回も素敵な曲がいっぱいありましたが、今回新曲はありますか? またそれを歌われる抱負をお願いします。

松平 前回フライングの場面で歌った歌を、より気持ちが伝わるような新しい歌にしていただきまして。歌うのも楽しみにしております。

姿月 私はソロの曲が1曲増えるとうかがってます。全体的な歌のキー合わせもまだしていないので、相談させていただいて、全部が全部ソプラノの表現ではなくしていきたいというのを、これからちょっとお話させていただくつもりです。ぜひ楽しみにしていてください。

 

_MG_4335

『ドラキュラ伝説〜千年愛〜』

●4/7〜13◎新国立劇場 中劇場

●5/8〜9◎長野市民会館

●5/12◎札幌芸術文化の館(旧札幌厚生年金会館)

●5/25◎長野市民会館

●5/29〜30◎中日劇場


企画・原案◇赤坂雅之

演出◇藤井大介(宝塚歌劇団)

作詞・脚本◇高橋知伽江

作曲◇青木朝子

出演◇松平健 姿月あさと 今井清隆 IZAM 光枝明彦 紫城るい 真織由季 朝澄けい 初嶺磨代 他

<料金>

東京/S席¥11000 A席¥9000 (全席指定/税込)

大阪/S席¥10500 A席¥8500 (全席指定/税込)

名古屋/S席¥10000 A席¥6000 (全席指定/税込)

札幌/S席¥9000 A席¥7500 (全席指定/税込)

<チケットに関するお問い合わせ>

東京公演/ディスクガレージ 03-5436-9600 (12時〜19時)

大阪公演/キョードーインフォメーション  06-7732-8888

愛知/中日劇場 052-263-7171 

札幌/キョードー札幌  011-221-0144(9:30〜17:30)

 

      【文/岩見那津子 撮影/岩村美佳】


記事検索
QRコード
QRコード

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について