観劇予報

えんぶ4月号

映画『パンドラの匣』もうすぐ始まります。

084

見終わった後、今までその世界に自分もいたような
夢から覚めたような不思議な感覚に包まれた映画でした。
太宰治とか小説とか分からなくても
あの雰囲気は感じる・・・そんな映画です。

音楽も美術も演技もetc.すべて素敵なのですが、
特にメインキャストの4人がーー。

主役の染谷将太さんの甘いマスクでもてそうなのに
ひねくれたというか、憂いを帯びた佇まいもよし。
ちょっとお調子者で人気者の看護婦に扮した仲里依紗さんは
女子からみてもかわいくて、キラキラしてる!
後からやってきた婦長の川上未映子さんは
貫禄もありつつ、謎めいた影を残す大人の女性!!
そして、婦長と入れ違いに退院していく患者を演じた
窪塚洋介さんがいい!!!
出番も、台詞もそんなに多くないのに、
ちらっと出てきたときの圧倒的な存在感がすごい。

そんな4人を中心に織り成すささやかな日常生活。
淡い光と色合いの景色、心地よい声と音楽に身を任せ
五感で味わう、そんな太宰作品の映画です。

『パンドラの匣』
10月10日(土)よりテアトル新宿ほか全国ロードショー
監督・脚本・編集◇冨永昌敬
原作◇太宰治『パンドラの匣』(新潮文庫刊)
音楽◇菊地成孔
出演◇染谷将太 川上未映子 仲里依紗 窪塚洋介
<配給>東京テアトル
http://www.pandoranohako.com/index2.html

【文/矢崎亜希子】

『宮城野』囲み&舞台稽古レポート(9月16日)

tnr0909171347005-p3

【宮城野の心を伝えたい】

プリマ・バレリーナとして世界的に活躍してきた草刈民代が、今年の4月、そのバレエ人生に幕を下ろして女優に転身。初舞台となる『宮城野』が9月17日、開幕した。

この『宮城野』は、劇作家矢代静一の傑作戯曲で、1966年に初演、その後、何度も上演されている人気戯曲の1つ。幻の天才絵師「東洲斎写楽」の弟子である矢太郎と、彼を愛する女郎の宮城野の虚々実々のやりとりで見せる舞台だ。

今回は鈴木勝秀の演出で、2人芝居に絞り込み、遊女の宮城野と絵師矢太郎の言葉に隠されたひだの中から、男女の間の本音とウソ、裏切りと誠実が浮かび上がる。

 

16日、公開稽古の前に、草刈民代と安田顕が、この舞台にかける思いを語った。

草刈「音楽と装置と衣裳、全てが美しい舞台になっていると思います。私の演じる宮城野は貧しく生まれ、つらい境遇を生きてきたんですが、どこかで美しくありたいと思っている。そこを大事にしたいしお客様に伝えたい。安田さんは、NACSの舞台を観に行って、とても繊細な感じのする役者さんだと思いましたし、演技のキャリアも豊富で、リハーサルをしていてさすがだなと感じました。私は女優としての初舞台ですが、この素敵な作品に出会えたことは幸せです」

安田「矢代静一さんの名作を鈴木勝秀さんが素晴らしい空間に仕上げてくれました。その中で僕らはまた新しい『宮城野』を見せられればいいなと思っています。矢太郎はダメな男ですが、わかる部分もあります(笑)。草刈さんは、バレエ界でスターだったかたですから、言葉が有るなしではなく、伝わるものは持っているすごいかたです。その草刈さんに一途に惚れていただくのですから、惚れがいのある男になりたいと思います(笑)」

 

宮城

【傑作戯曲を新しいイメージに構築】

舞台上は江戸・麻布の遊郭の一部屋。

さむざむとした座敷で、女郎の宮城野が馴染み客の矢太郎と向き合っている。矢太郎を愛する宮城野は、彼がいつもと違っているのに気づいている。実は矢太郎は、ここに来る前に師匠の東洲斎写楽を殺してきたのだ。

2人が交わす何気ないやりとりから次第に見えてくるのは、それぞれが背負ってきた人生と、お互いへの思い、そのズレ。師匠殺しの本当の動機を知ったときの宮城野の絶望、そしてある決心をするのだが、それは愛なのかそれとも復讐なのか。淡々とした会話劇のなかからあぶり出される男女の本音が、切なく悲しい。

 

初舞台の草刈民代は、遊女衣裳の着こなしはさすがで、安女郎役とはいえ気品のある風情が、宮城野の心根を感じさせて美しい。今回は膨大なセリフへのチャレンジだが、その長ゼリフのなかに揺れ動く宮城野の気持ちをしっかり乗せて届けてくる。

安田顕は、所属する「TEAM NACS」だけでなく、外部の舞台やテレビでも活躍する二枚目俳優だけに、宮城野に惚れられるいい男ぶりがよく似合う。同時に、師匠殺しを犯した荒んだ心や、追いつめられたものの弱さ、卑小さなどを表現してみせる。

音楽と美術は、いつもながら演出の鈴木勝秀の世界観を表現してスタイリッシュ。遊女の座敷の空間には、2人の絆を象徴するかのように赤い糸を張りめぐらせてある。その舞台横の暗がりでは、作曲も手がけた横川理彦のバイオリンが、ときには2人の心の悲鳴のように鳴り響く。

江戸物ではあるけれど、そこで繰り広げられているのは、いつの世も変わらない男女の愛の物語で、最後に行き着いた宮城野の選択と、そこに秘められた想いの複雑さに、作家の深い洞察が感じられる作品だ。

この作品は草月ホールで23日まで 、その後大阪、名古屋、札幌の各地で公演。10月10日には再び東京に戻ってくる。

 

 

 

『宮城野』

作◇矢代静一

演出◇鈴木勝秀

出演◇草刈民代 安田顕

●9/17〜23

<会場>草月ホール  

<料金>S席¥7600 A席¥6500

問い合わせ/0570- 00- 3337 (サンライズプロモーション東京)

●9/26〜27

<会場>シアターBRAVA!

問い合わせ/06-7732- 8888(キョードーチケットセンター) 

●9/29〜30

<会場>名鉄ホール

問い合わせ/052-957-3333(中京テレビ事業) 

●10/5〜7

<会場>札幌共済ホール  

問い合わせ/011-219- 0939(オフィスキュー)

●10/10〜11

<会場>東京グローブ座

<料金>S席¥7500、A席¥6500

問い合わせ/0570- 00- 3337 (サンライズプロモーション東京)

http://e-miyagino.com

 

【取材・文/榊原和子】

『キャバレー』制作発表(9月14日)

DSCF0148
 ヒット・ミュージカル『キャバレー』が、藤原紀香主演で2010年の1月、日生劇場で上演されることが決まった。演出は宝塚歌劇や東宝ミュージカルで、次々に優れた舞台を作り出している小池修一郎、共演には諸星和己や阿部力など新鮮な顔ぶれが揃った。

『キャバレー』の初演は1966年のブロードウェイ、それ以後世界中で上演され、1972年には映画にもなっている。映画ではライザ・ミネリが演じたショーガールのサリー役に、今回挑戦するのは藤原紀香。今年1月に、同じ日生劇場『ドロウジー・シャペロン』でミュージカルデビューを果たし、2度目のミュージカル出演となる。

物語の背景になるのは1920年代のベルリン。ナチズム台頭の兆しが人々の心を不安にさせるなかで、退廃と享楽が渦巻くキャバレー「キット・カット・クラブ」を舞台に、ショーガールであるサリーと売れないアメリカ人作家の恋物語や、その周辺で生きる人々の姿を描いている。

DSCF0155この日の制作発表は麻布十番のクラブで行われ、「キット・カット・クラブ」を模した舞台上に、まずMCの諸星和己が現れ「キット・カット・クラブへようこそ!」という有名なセリフでショーの幕をあげる。サリー役の紀香はピンクのファーと大胆なスリット入りドレスで登場、主題歌の「キャバレー」を熱唱した。

その後、演出家の小池修一郎、共演の諸星和己、阿部力も加わり、記者とのやりとりが始まる。

小池「初演時のアメリカは公民権運動の時代で、社会的な関心が強く、この作品のナチスの問題ともリンクしやすかった。今の2010年の日本でどう受け止めてもらえるか、そこを考えて演出したい。何度も上演されている理由はエンターテインメントとして一級品だから。その部分と時代性とをうまく取り入れていければと思っています。紀香さんは『ドロウジー・シャペロン』で声が出るのを知ってるので、これでまた本格派のミュージカル女優への道が拓けるのではないでしょうか。諸星さんは以前観た作品で彼とは知らずに“すごい表現ができる役者だな、誰だろう”と思って観ていて、びっくりしたことを覚えてます。『キャバレー』という作品についても詳しく、その彼のMC役は非常に期待してます。阿部さんはこまつ座の公演を観て、芝居ができる人だと知っていたけど、オーディションで歌えることもわかったので楽しみです」

DSCF0164藤原「世界的に有名なこのミュージカルで、サリーをさせていただけることはとても光栄だし嬉しいです。ミュージカルは2度目ですが、今回はとくに夢のような舞台ですから、視覚も聴覚もプルプルふるわせながらいい舞台にしたいと思います。最初の舞台出演で学んだことは、毎日いかにベストコンディションを保つかで、そのメンテナンスはたいへんだなと。日々最大の力を出して乗り切っていく毎日に、いろいろな意味ですごく強くなりました。サリーはショーガール、そういう役はやりたかったのですが、でも歌姫なので、その点でもみなさんが満足していただけるように精一杯勉強しながらでがんばりたいし、役としても感情の部分などで、すごく深いものを感じながらできればと思っています」

阿部「ミュージカルはずっとやりたかったのですが、まさかこんな有名な作品に出られるとは思ってなくて。先ほど皆さんお会いしてまたいい意味で緊張してますが、僕たちの作った新しい『キャバレー』になればいいなと思っています。歌は役者になる前は歌の仕事をしたいと思っていたんですが、いつの間にか芝居のほうに進んでにいて、でも歌を忘れてはいなかったので、今回をきっかけに、自分でもうまいへたではなく好きだからとことん勉強したいと思ってます。あまりナンバーは多くないのですが丁寧に歌いたい」

諸星「ニューヨーク公演のアラン・カミングのMCを観て衝撃を受けました。すぐにオーディションを受けに行ったんですが、グリーンカードがないから当たり前で、落ちました(笑)。作品の内容だけでなくその時の客席との一体感とか、全てが強烈で、僕に演劇への新しい発見をさせてくれた思い出があります。もう会えないかと思っていただけに、今回MC役をやれることは本当に嬉しい。MCは大事な役どころですから、毎日がライブだと思って頑張りたい。悩みのない毎日を作ります(笑)」

最後に小池修一郎が再びコメント。

DSCF0152「作られた当時も今も世の中の争いごとはなくなってないし、そういうことへの深いテーマがこの作品にはあるのですが、でも今回はそれを露骨に出すことなく、面白いエンターテインメントとして観ていただきたいし、ミュージカルらしい楽しさを見せていきたい。もう何回も日本でも上演されていて、手垢のついたものになりかねないけど、そこでいかに新鮮さを出すかでしょうね。たぶん多くの人は、紀香さんのサリー・ボウルズが観たいんだと思いますが、サリーという女性はある意味では女性の積極性を持っている。2010年の女性たちの共感を得られるんじゃないかと思ってます。男性のかたは阿部さんのクリフがサリーに襲われるではないけど(笑)、それに近いシーンもありますので、そういうところに好奇心を持っていただくことからでもいいので観にきてください。そこからこの『キャバレー』に託されたテーマを、最後に受け止めていただければいいので」

 DSCF0151

ブロードウェイ・ミュージカル『キャバレー』

2010/01/7〜29◎日生劇場

2010/2/5〜7◎梅田芸術劇場メインホール

2010/2/12〜14◎ 愛知勤労会館

2010/2/20〜21◎北九州芸術劇場大ホール

 

修辞・訳詞・演出◇小池修一郎

出演◇藤原紀香 諸星和己 阿部力 高嶺ふぶき 戸井勝海 杜けあき 木場勝己 他

 

<料金>

日生劇場/S席¥12600 A席¥8400 B席¥4200
     キャバレーシート¥30000(ペア/プログラム1冊付)

梅田芸術劇場/S席¥12000 A席¥8000 B席¥4000

<チケットに関するお問い合わせ>

東京公演/ホリプロチケットセンター03-3490-4949          http://hpot.jp

大坂公演/梅田芸術劇場 06-6377-3800

愛知/キョードー東海 052-972-7466

北九州/北九州芸術劇場 093-562-2655                                                               【取材・文/榊原和子】

 

記事検索
QRコード
QRコード

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について