観劇予報

『向日葵かっちゃん』舞台化決定!

訃報/つかこうへい氏逝去


k-et-0712-0001-ns

日本の現代演劇に大きな影響を与え、また映画や小説の世界にも多大な足跡を残した作家、つかこうへい氏が、7月10日に肺がんのため、千葉県鴨川市内の病院で死去した。享年62歳だった。

1948年福岡県の嘉穂郡の生まれ、慶応義塾大学仏文科に在学中の1960年代末から学生劇団で活動。早稲田大学の劇団「暫」で、三浦洋一や平田満、そして風間杜夫などと出会い、70代には、『熱海殺人事件』『蒲田行進曲』をはじめとする衝撃的な舞台を次々に発表、若者を中心につかこうへいブームを巻き起こした。また、73年には、『熱海殺人事件』で岸田國士戯曲賞を最年少で受賞している。

『蒲田行進曲』は82年に深作欣二監督で映画化され、平田満と風間杜夫、そして人気女優の松坂慶子主演で、空前の大ヒット作となった。この作品の中で演じられた大部屋俳優ヤスの階段落ちは、今も名場面として伝説になっている。

82年に、つかこうへい事務所を解散、以後は執筆活動に専念していたが、89年の演劇集団円との共同作業をきっかけに演劇界に復帰。筧利夫と富田靖子主演の『飛龍伝’90』から再ブレーク。94年から「北区つかこうへい劇団」を創設、北区の要請を受けて始めた人材育成と作品作りの拠点とした。この劇団の活動は現在も続いている。

口立て稽古というユニークな作品作り、また役者たちの心の中に踏み込んで裸にするスパルタ式の稽古は、俳優たちにとって大きな衝撃と変化をもたらし、90年代からは、富田靖子 、牧瀬里穂、石田ひかり、内田有紀、広末涼子、小西真奈美、石原さとみ、黒木メイサなどの女優たち、男優では阿部寛、ジャニーズの錦織一清、草彅 剛、佐藤アツヒロ、風間俊介などもつか作品で鍛えられ、役者として飛躍するきっかけになっている。

つかこうへいというペンネームについては、在日韓国人2世だったことから、「いつか公平な世の中になるように」という意味を込めたという説もある。83年に再婚したつか劇団の元女優との間に一人娘がいて、愛原実花という芸名で宝塚歌劇団雪組のトップ娘役をつとめている(9月に退団予定)。

今年1月に肺がんにかかっていることを公表。入院して抗がん剤治療を受けながら、病室から電話で『飛龍伝2010 ラストプリンセス』(新橋演舞場2月公演)の稽古指導をするなど、演劇への思いは最後まで変わらなかった。6月に入って危篤に近い状態になり、7月10日午前10時55分、家族に看取られながら、病院で息を引き取った。遺体は都内の自宅に安置され、故人の遺言により葬儀は密葬で執り行われる。

 

【追加記事/遺書】

つかこうへい氏(本名金峰雄 キム・ボンウン)が、今年1月25日に肺がん治療と入院を公表する前の今年1月1日付けの遺言を残していたことを、12日、所属事務所が公開した。病状が悪化した4月上旬に、マネジャーに「自分が死んだ時に開けて読むように」と封をした封筒を預けていたという。以下が遺書の全文になる。

 

友人、知人の皆様、つかこうへいでございます。
思えば恥の多い人生でございました。
先に逝くものは、後に残る人を煩わせてはならないと思っています。
私には信仰する宗教もありませんし、戒名も墓も作ろうとは思っておりません。通夜、葬儀、お別れの会等も一切遠慮させて頂きます。
しばらくしたら、娘に日本と韓国の間、対馬海峡あたりで散骨してもらおうと思っています。
今までの過分なる御厚意、本当にありがとうございます。

2010年 1月1日 つかこうへい



【アールユーピーからのコメント】

8月6日に幕を開ける予定で、現在稽古中の筧利夫主演『広島に原爆を落とす日』の、主催であるアールユーピーからは、以下のようなコメントが発表された。

ーつかこうへいさんのご逝去にあたりー

つかこうへいさんご逝去の報を受け、私たちは深い悲しみの中にいます。
折りしも、亡くなられた7月10日は、全ての出演者、スタッフが集まり、顔合わせの会を行なっておりました。
8月6日に幕を開けるつかこうへい作『広島に原爆を落とす日』を上演するにあたり、つかさんからこの作品に託されたつかさんの教え子たちから
「つかさんが元気になられることを願って、今回は私情を交えさせて参加させていただきたく」等の言葉があり、私たちの稽古がスタートいたしました。
今はご冥福を祈りつつ、一丸となって初日の幕を開けることに励みたいと思います。
尚、主演の筧利夫さんのコメントは、ご本人の心の整理がつき次第、発表させていただきます。

株式会社アールユ−ピー 菅野重郎・岡村俊一

 

【岡村俊一緊急インタビュー】

8月6日から幕を開ける『広島に原爆を落とす日』は、つかの直弟子である岡村俊一が演出を手がけている。つかこうへい世界を土壌に演出家として腕を磨いてきた岡村俊一にとっては、くしくも追悼公演となってしまったこの作品だが、恩師の訃報を聞いたばかりの岡村氏がインタビューに答えてくれた。

岡村「つかさんは恩師であり、僕にとって口にはできないほど大きな影響を与えてくれた人です。この世界に入ることになったのもつか作品のファンだったからだし、プロデューサーになって話をするようになってから、「お前は分析力があるから演出をしろ」と言われて、それで演出家になってしまったわけですから。
つかさんの助手的な立場でたくさんの作品に関わらせてもらって、そこで覚えた役者の魅力の引き出し方や見せ方、舞台の使い方は、僕が少年隊や劇団EXILEの舞台を手がけるときに大きく役に立ちました。つか演出はスターもジャージ姿で、セットもないという無対象演技だったけど、本当に役者が輝いていた。エンターティメントの原点としての役者の見せ方を教えてくれたと思います。
そばにいて感じた素のつかさんは、強い怒りのエネルギーを持ちながら、明るく笑っていられる人。そしてひじょうに人間くさくて面白いんです。とくに記憶に残ってることがあって、それは『飛龍伝’90』の初日のことなんですが。開演前につかさんが舞台監督を呼びつけて、「お前、少しくらいの拍手でカーテン上げるような、こすっからいことをするんじゃねーぞ」と脅かしてたんです。ところが終演したら客席が総立ちですごい拍手で、僕なんか震えがきてて。でも舞台監督はつかさんに脅されてるから、なかなかカーテンを上げないんですよ。そしたらつかさんがダーッと走ってきて「何やってんだ、幕を開けろ、早く開けろ!」って舞台監督を怒鳴って(笑)。すごく小心で繊細なところと、すごく素直ですぐ感動する面があって、そういうところがとても人間らしいし、人間としてすごくかわいい人でした。
つかさんの病気を知ってから、どこか心の奥で覚悟はしていたけど、やっぱりつらい。つかさんの写真が目に入ると泣けてきます。
今のこの『広島に原爆を落とす日』の演出をしていると、物語の主人公はつかさん自身じゃないかと思うようなことがたくさん出てきます。つかさんの想いそのものじゃないか、というようなセリフもたくさんあって胸に突き刺さってくる。でも、どういう状況でも公演を打つこと、芝居を続けるのがつかさんの遺志ですから、今日も明日も休まずに稽古する。それが僕らの今できることだと思っています」


【取材・文/榊原和子】

 

 

 


二期会オペラとH・アール・カオスのコラボ『ファウストの劫罰』大島早紀子インタビュー

4

2007年に、東京二期会オペラ『ダフネ』で大成功を収めた「二期会&大島早紀子」のコラボレーションが再び実現、7月15日から東京文化会館大ホールで幕を開ける。

コンテンポラリーダンスのカンパニー「H・アール・カオス」は、カンパニーの主宰で演出・振付家である大島早紀子の美意識の高い創造性と、白河直子を中心としたダンサーたちの傑出した身体表現で世界的に活躍し、また、これまでに数々のアーティストと幅広くコラボレートしてきた。

その1つとして、3年前に東京二期会オペラとリヒャルト・シュトラウスの『ダフネ』を発表、白河直子を中心としたダンサーたちの美しく生命力に溢れた表現と、オペラの歌い手たちの豊かな声が織りなす世界は、クラシックとダンスの融合する新しい表現世界を見せてくれた。
その成功を受けて、今回は、フランスを代表する作曲家ベリオーズが、文豪ゲーテの代表作「ファウスト」に基づいて作曲した最高傑作『ファウストの劫罰』を、再び東京二期会とコラボレートすることになった。

『ファウストの劫罰』は、「4部からなる劇的物語」で、悪魔メフィストフェレスとの契約によって青年に戻ったファウスト博士と、美しきマルグリートとの出会いと別れ、そして壮絶な結末が描かれている。この作品はコンサート形式で演奏されることは多いが、オペラとして上演される機会は少ないないものだけに、今回の東京二期会の公演はその意義は大きい。それに加えて才能あふれる大島早紀子の演出、指揮はフランス・オペラの巨匠ミシェル・プラッソンということでも大きな話題を呼んでいる。
そんな大作に取り組んでいる大島早紀子に、今回の『ファウストの劫罰』への取り組みについて話を聞いた。
 
2

5

【大島早紀子インタビュー】
 
ーー前回の東京二期会とのコラボレーション、『ダフネ』で感じたオペラとダンスに通じるものはどんなことでしょう?
大島 オペラもダンスも、音楽を耳だけでなく全身で共振して表現することであり、また、空間のエネルギーや空気そのものをその場で感じながら表現していく。そういう点では深く共通するものだと感じました。
またオペラでは物語のクライマックスの瞬間、声の享楽に歌手が身をゆだねます。そこには意味からの飛翔がありますが、ダンスでもダンサーが身体を超えた瞬間に、観客は大きな陶酔を感じます。そういった表現に到達した世界が前回の『ダフネ』にはあったし、そこに共通性を感じることができたと思います。
 
ーー『ファウストの劫罰』の世界をどのようにとらえていますか?
大島 一見、幻想性に富んでいますが、時代を超えて現代にも通じる普遍的なテーマを持っていると思います。
ファウストは悪魔であるメフィストフェレスによって、マルグリートとの夢をみることになりますが、これは現代のメディアでくりかえし刷り込まれる“理想の女性像”という幻想に置き換えることができます。またメフィストフェレスがもたらす“神から与えられた肉体の有限性からの解放”という幻想は、現代の人々の中にとっても無縁ではないと思っています。
 
ーーそんな現代と通底する物語を、どんな形で表現していこうと?
大島 ベルリオーズの音楽の持つドラマ性を、歌手とダンサーの共同作業で、1つの壮大で衝撃的な夢として、観客の皆さんに体験していただきたいし、ファウストの愛や喜び、苦悩や絶望をともに感じられる時間にできればと思っています。
この作品には一回聞いたら忘れられない素晴らしい曲がたくさんありますし、エンディングの天上の音楽は、まさにこの世のものとは思えない美しさです。ゲーテの時空をベルリオーズが永遠化した『ファウストの劫罰』は、人類の至宝であり、人間の偉大な夢です。その夢を芸術的な恍惚感と陶酔感で満たす世界を創り出していきたいと思っています。
 
1

3
(写真はすべて2007年東京二期会『ダフネ』より)


東京二期会/東京フィル 
ベルリオーズ・プロジェクト2010 
『ファウストの劫罰』

原作◇ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ「ファウスト」
台本◇エクトール・ベルリオーズ、アルミール・ガンドニエール、ジェラール・ドゥ・ネルヴァル/字幕付原語(フランス語)上演
作曲◇エクトール・ベルリオーズ
指揮◇ミシェル・プラッソン
演出・振付◇大島早紀子
キャスト◇福井敬、樋口達哉、林美智子、林正子、小森輝彦、泉良平、佐藤泰弘、北川辰彦
メインダンサー◇白河直子
ダンサー◇木戸紫乃、斉木香里、泉水利枝、池成愛、野村真弓
合唱◇二期会合唱団
児童合唱◇NHK東京児童合唱団
管弦楽◇東京フィルハーモニー交響楽団
 
●7/15〜18◎東京文化会館 大ホール(JR上野駅公園口前)
〈料金〉S席¥18000、A席¥14000、B席¥10000、C席¥7000、D席¥5000、学生席¥2000(全席指定/税込)
 
〈問合せ〉二期会チケットセンター 03-3796-1831(平日10:00〜18:00/土曜10:00〜15:00/日・祝休業)

 
【取材・文/榊原和子 撮影/鍔山英次】

ナンセンスだけど感動的。本能中枢劇団稽古場ルポ

nishijima01

昨年の夏に演劇活動を再開した元ベターポーヅの西島明。
昨年、猿飛佐助と吉原朱美とともに旗揚げした本能中枢劇団では、個性的な客演陣を迎え、大成功を収めた。
出演者も最後までどこがおもしろいか不安というほどのナンセンスさは、西島の台詞や間、音楽、美術、動きの選択により、そのシーンの“意味”は分からないけれど、なぜか心を打つ感動的な作品に昇華されていた。
待ちに待った今回の公演のタイトルは『家庭の安らぎの喜びと恐怖』。
穏やかなような、そうでもないような気持ちが揺らぐタイトルのチラシにはこうある。

わたしの心の本棚は
悩み別に並んでいる
恋? だめ 昔?
あー言えばよかった
ずっと? ぎゅっとよ
もうベテランなのよ
結社のこともくわしいの
簡易ディスコに行って
コタツのことを
キスと言おう

客は皆、劇場に
パンを持参すること!


この文章に胸を打ち抜かれ、彼の独特の世界ができるヒントを探しに稽古場へ潜入してきました。

・    ・    ・    ・    ・

私が到着したのは7月5日の稽古が始まる18:00の少し前。
すでにほとんどの出演者が着替えを済ませ、ストレッチなどをしながら談笑している。
壁には模造紙で書いた予定表が書いてあり、ここでの稽古は6月22日から始まっている。劇団員の吉原朱美によると稽古は今3合目あたり。
昨日まで本番中だったクロムモリブデンの森下が到着し、歓待を受けている。
いよいよ今日から全員が揃っての稽古が始まるのだ。

narita,iino,morisita01

和やかな雰囲気の中、おもむろに「4ページから」と指示を出し、床に座る演出の西島。
このシーンは、主に飯野遠、成田さほ子、森下亮の3人が演じている。
寝ている森田ガンツにちょっかいを出す中国人の妹が飯野。
その妹をたしなめ、「姉さん」と読んでくれないことを気に病むしっかり者の姉が成田。
ふらっと登場し去っていく謎めいた兄が森下。
妹だけが中国人、あるいは兄がやたらに妹たちに優しい、というあまり実際には見あたらない設定だが、妹思いの一生懸命の成田の演技で妙に親近感のわくシーンになっている。

nishijima02

西島は、今日から参加した森下には、「ここはもう少し抑えめに、ところどころで台詞を張るように」と具体的な指示を与え、カタコトの日本語での演技に苦戦している飯野には、中国人のぞんざいな感じを彼の独特の中国人観(「何でも食べちゃう。食べれないものは薬にしちゃうぞ」という乱暴な感じ)を披露し、役のニュアンスを伝える。

narita,iino,morita01

まずは椅子に座って、次に立って演じる3人。
立つ位置も最初は特に指示がないため、各自でこの台詞の時は、ここがいいかなと探りながら演じていく。
数回演じたところで、西島から徐々に位置や並びについての指示が入る。
西島は時にはお手本を見せたり、役の関係性を説明したりしながら稽古は進んで行く。

意外なくらい穏やかな雰囲気の中進む稽古には、終始リラックスしたムードが漂っている。
西島の指示をすぐに理解し、自分のものにしようとする俳優の姿勢に、作品が出来るまでの秘密の一つを垣間見た気がした。

syugo

出演者のみなさんと作・演出の西島さん。この日は森下さんのお誕生日でした。


この日にお話をお伺いした劇団員の吉原朱美さんのインタビューはこちらでご覧いただけます。

演ぶShop【チケット店】では、割引価格でチケットを限定販売中です。
http://www.enbu.co.jp/kick/shop/

公演情報
tirashi

本能中枢劇団
『家庭の安らぎの喜びと恐怖』

7/23〜8/1◎こまばアゴラ劇場
作・演出◇西島明
振付◇山田うん
出演◇猿飛佐助 吉原朱美 森下亮(クロムモリブデン) 飯野遠(民藝) 真下かおる(くねくねし) 成田さほ子(拙者ムニエル) 森田ガンツ(猫のホテル) 横塚真之介 宮下今日子
<料金>前売¥3000  当日¥3300(整理番号付自由席)
<お問い合わせ>三村里奈  090-2916-1739 mrco@m8.dion.ne.jp

http://honchu.net/

【取材・文/矢崎亜希子】
記事検索
QRコード
QRコード

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について