稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

光より前に

“お得な!” 特選チケット販売情報

“お得な!” 特選チケット販売情報と、
「えんぶの日」特別企画セールのお知らせ! byえんぶ


毎月9日は「えんぶの日」となっておりまして。えんぶ☆ショップでは2月9(土)〜11(木)の3日間、特別企画セールを開催、ショップ内全商品が30%OFFに! 一部シークレット企画として50%OFFのエンタメ商品もあります。また、えんぶ☆ミロクル(無料会員制)ではお年玉付き「えんぶチャート」クイズも実施いたします。ぜひご参加ください!

では、新規発売&一部オススメチケットのご紹介です。

市川海老蔵主演『夏祭浪花鑑』◎ル テアトル銀座


3gatsu_kabuki


























主人公(市川海老蔵)が積年の恨みを晴らす義父殺しを華やかなだんじり祭りを背景に、壮絶に演じる人気演目『夏祭浪花鑑』と口上、下駄でのタップダンスが見物の陽気な『高杯』を上演します。

『三月花形歌舞伎』
3/3〜25◎ル テアトル銀座

♪ご購入はこちら→えんぶ☆ショップ

『ラスト』WAHAHA本舗


last

















上品な下品を本気でバカやるスペクタクルなエンター
テインメント!大久保ノブオ、佐藤正宏、柴原理恵、
久本雅美、梅垣義明らが揃う全体公演も今回がラストです!

WAHAHA本舗『ラスト』
4/6〜14◎赤坂ACTシアター

♪ご購入はこちら→ えんぶ☆ショップ


音楽劇『探偵〜哀しきチェイサー2』

tantei


























神戸元町を舞台に沢田研二がマスター兼私立探偵に扮して活躍する音楽劇。今作のマドンナは南野陽子。作・演出はマキノノゾミ、cobaの音楽やピアノの生演奏も楽しみです

音楽劇『探偵〜哀しきチェイサー2』
3/14〜26◎紀伊國屋サザンシアター

♪ご購入はこちら→ えんぶ☆ショップ


『月の剥がれる』アマヤドリ

tsukino


















「ひょっとこ乱舞」大爆破から一年。ドラマ演劇の最新型を提示せんとする野心作を、30人編成でお届けする渾身の大作。ドラマとパフォーマンスの正面衝突で火花が弾ける!?

アマヤドリ『月の剥がれる』
▼3/4〜10◎座・高円寺1

♪ご購入はこちら→えんぶ☆ショップ


『連続おともだち事件』クロムモリブデン

renzoku


























過激なスタッフワークとクレイジーな演出が混ざり合うクセになる麻薬的な魅力を放つ実力派劇団新作公演! レンタルフレンドを巡る現代の風景。

クロムモリブデン『連続おともだち事件』
3/6〜20◎赤坂RED/THEATER

♪ご購入はこちら→えんぶ☆ショップ


『秘を以て成立とす』KAKUTA


hiwomotte


























道学先生の脚本や『熱風』の脚本・演出も手がけた桑原裕子書き下ろし! 清水宏、藤本喜久子、瓜生和成、吉見一豊などの強力なくせ者客演俳優陣を揃え、満を持しての劇団本公演です!

KAKUTA『秘を以て成立とす』
3/1〜10◎シアタートラム

♪ご購入はこちら→えんぶ☆ショップ


◆「えんぶ☆ショップ」には、上記でご紹介したチケットの他、まだまだ素敵な公演チケットがあります。ぜひショップにてお確かめください。また、各公演チケットの販売日時・枚数は限定となっておりますのでご了承ください。

キュートでポップなオフ・ブロードウェイミュージカル『ZANNA ザナ 〜a musical fairy tale〜』公開稽古 キャストコメント

s_IMG_6833
東山光明、Spi、岡田亮輔、千葉直生
渡部豪太、高垣彩陽、田中ロウマ、上木彩矢
  
同性同士のカップルが当たり前の世界で、異性カップルが恋をしてしまったら…! 
ポップで楽しいオフ・ブロードウェイミュージカル『ZANNA ザナ 〜a musical fairy tale〜』。
その公開稽古が行われ、演出家と出演者がそれぞれこの作品への抱負を語ってくれた。


小林香(訳詞・演出)
この作品が初演された2002年で、その時にニューヨークにいて実際に観ています。小さい劇場で上演されていましたが、現地の新聞などでも取り上げられて話題になっていました。同性同士のカップルを描いた舞台でしたので、日本では上演は難しそうだなと思っていましたが、その作品を自分が演出して、しかも東宝で上演する日が来ようとは思いもしませんでした。
2013年の今、上演されるということに非常に時代は変わったのだと感じます。本作を上演すると決めた東宝の皆さん、シアタークリエの皆さんにはリスペクトの気持ちを抱いています。
この作品はおとぎ話です。あべこべの世界で、痛烈なパロディでもあり、漫画チックな笑いもあり、とてもピュアなラブストーリーです。また、恋愛に限らず、ありとあらゆる「LOVE」についての物語です。
セクシャル・マイノリティを描いていますが、キャストと話し合ったときに「愛したい人を愛せる世界にしようぜ」という言葉が出ましたが、「すべての少数派の人たちのために、棲みよい世界をつくっていこう」ということを訴えている作品だと思いますし、そのための方法まで作品の結末で鮮やかな手法で提案されていて、非常によくできている作品です。

自分は少数派であると感じている人たちに、劇中のザナの台詞で「僕はあなたを変えられない。あなたを変える必要もない。けれど差別と偏見に満ちた世界を変えていくことはできる」と言っています。
また、この作品の素晴らしさは、このメッセージをミュージカルで伝えているところで、ミュージカルで世界を変えることができるのではないかと信じさせてくれる作品です。

オフ・ブロードウェイはじめ世界各地で上演されていますが、この8人のキャストは世界のどのプロダクションにも引けをとらない素晴らしいキャストだと思います。まだ完璧に仕上がってはいませんが、これからご覧いただくシーンで何かを感じていただけたらと思います。よろしくお願い致します。



s_IMG_6894

渡部豪太

17歳のスティーブ役です。この作品はセクシャル・マイノリティを取り上げた画期的で斬新な作品だと思います。僕は自分がいろいろな点でマイノリティであると感じることがよくあります。けれど、こうやって毎日楽しく大好きなお芝居をしている自分は非常に恵まれていると感じています。毎日楽しいです。楽しい作品です。よろしくお願いします。

 

高垣彩陽

ケイト役を演じさせていただきます。私はミュージカルに出演するのが夢でした。まだまだクリアしていかなければならない課題をクリアしながら、素晴らしい仲間たちと一緒にこの作品を届けるために心を尽くしたいと思っています。台本を初めて読んだ時に、マイノリティもマジョリティも、どんなラベルでも関係なく、相手の痛みを思うこと。それがこのあべこべの世界観の中に込められていると感じました。作者はじめ多くの人の願いが込められた作品で、その代弁者の一人としてこの作品に向き合っていきたいです。

 

田中ロウマ

ちょっとガッシリした17歳の(笑)、ザナです! すごい素敵なことを皆さんが言ってくれたので気持ちは同じです!

 

上木彩矢

言うことがとくにないというか、言葉ではうまく表現出来ないので、ぜひ観にきてください。自分の価値観がきっと変わると思います。

 

東山光明(Honey L Days)

17歳と言いながら、キャストの平均年齢を一番上げているかもしれません(笑)。僕は歌の力を信じています。誰が欠けてもいけない作品なので、みんなの発する言葉や一音一音の音を、僕自身感じて、最高に楽しい舞台をつくっていきたいと思っています。

 

Spi

17歳のアーヴィン役です。考えると17歳の自分がすごく嫌いでした。めちゃくちゃ冷めていてなんでも一歩引いていました。今回、この舞台で17歳の役を表現することによって、皆さんに、まだ遅くないんじゃないか、元気を取り戻すのは遅くないんじゃないかと思っていただければいいなと思っています。

 

岡田亮輔

DJタンク役を演じます。僕は公演初日の2日前に30歳になるんですが、8人だけのキャストで、全員が17歳の役を演じるという舞台はなかなかないと思います。みんなの全然違う個性と、この作品の魅力がどういう化学反応を起こすかを楽しみにしていただければ。そして生のライブの舞台を観にきてください。

 

千葉直生

愛したい人を愛せる世界にしようぜ!Baby!(拍手)本当にこの作品は言葉では簡単に語れない、観ていただかないと伝わらない作品だと思います。観ればハッピーになるし、優しくなります。後悔はさせません。ぜひ観にきてください!


 



zanna_main4

ZANNA ザナ 〜a musical fairy tale〜』

脚本・音楽・歌詞◇ティム・アシート

脚本・歌詞補筆◇アレクサンダー・ディネリラス

演出・訳詞◇小林香

出演◇渡部豪太、高垣彩陽、田中ロウマ、上木彩矢、東山光明、

pi、岡田亮輔、千葉直生

2/1823◎シアタークリエ

〈料金〉8.800円(全席指定・税込)学生シート4.500円(学生証提示)

〈問合わせ〉東宝テレザーブ 03-3201-7777

公式HP http://www.tohostage.com/zanna/index.html

 

  

 
【取材・文・榊原和子】


演劇キック トップページはこち http://www.enbu.co.jp/kick/index.html


話題の舞台を観るならえんぶチケット → http://enbu.shop21.makeshop.jp/



演劇ぶっく2月号はえんぶ☆ショップ  

キュートでポップなオフ・ブロードウェイミュージカル『ZANNA ザナ 〜a musical fairy tale〜』公開稽古レポート

s_IMG_6831


同性同士のカップルが当たり前という街を舞台に、高校生たちの姿を描いた楽しいミュージカルが、2月18日からシアタークリエで幕を開ける。(23日まで)

この作品は02年にオフオフブロードウェイで上演され、その内容のユニークさとポップな舞台の楽しさで話題を呼び、ロンドンや韓国をはじめ70のプロダクションで上演されている。
副題の「a musical fairy tale」はおとぎ話のミュージカルという意味で、同性同士のカップルがマジョリティで異性とのカップルは差別されるという"あべこべ"世界を舞台に、高校同士の甘酸っぱい恋や魔法使いザナの奮闘ぶりが描かれ、「ありのままの自分を受け入れて人を愛することの素敵さ」を伝える希望に溢れたミュージカルである。
今回は日本初演、シアタークリエで若さ溢れるキャストによって上演される

 

【物語】
アメリカ中西部の街・ハーツビル。
同性同士のカップルが当然というこの街で、魔法の力を持つ高校生ザナ(田中ロウマ)は今日も朝から恋のキューピッド。仲良しの小鳥のシンディと力を合わせ、生徒たちや街の人たち皆が、愛するパートナーを持って幸せに暮らせるように願い、女の子同士、男の子同士のカップル作りに余念がない。
ある日、スティーブ(渡部豪太)という転校生がやって来る。上手く馴染めるか不安な彼を、優等生のケイト(高垣彩陽)、恋に悩むロバータ(上木彩矢)、いつもマイペースなアーヴィン(Spi)、校内ラジオのDJ・タンク(岡田亮輔)、プロム委員のキャンディ(千葉直生)たちは優しく受け入れる。生徒たちは皆で、マイク(東山光明)が書いたミュージカルを上演することになるが……
 

17歳の高校生を演じるキャストたちは、映像や舞台で活躍する俳優の渡部豪太、声優でシンガーでもある高垣彩陽、ミュージカル界で実力が知られる田中ロウマ、歌手で昨年『RENT』で初舞台を踏んだ上木彩矢、Honey L Daysとして活動するミュージシャンで俳優の東山光明、『RENT』をはじめ舞台で活躍するSpi、ミュージカルからストレートプレイまで幅広い岡田亮輔、歌唱力に定評のある千葉直生という、個性豊かな8人である。日本版の訳詞と演出は、ショー作品やミュージカルを数多く発表している小林香が手がけている。


この作品の稽古風景が1月下旬、都内の稽古場で公開された。 

 

s_IMG_6875

最初の場面は、オープニングの“EXTRA LOVE”
朝7時。魔法使いのザナが目覚める。そして、今日も持っていない愛と余ってる愛を結びつけるのに大忙し。そんなザナのもとに、いろいろなカップルの噂話が届けられる。次々とハーツビルハイスクールへ通う高校生たちがやってきて、全員で賑やかに明るいナンバーを歌い上げる。

 

s_IMG_6906
次のシーンは、“LOVEみたい
いつもと違うおかしな自分?「なぜか勉強が手に付かない」。学校一の人気者でモテモテのマイクが、内気な転校生のスティーブに一目惚れ。マイクはザナに相談すると「それは恋よ!」魔法でけしかけられて、ついに告白してみたら、スティーブも?!真剣なのにちょっとユーモラスな2人。

 

s_IMG_6936
続いて、あるのは恋する時間だけ
恋に一生懸命なロバータなのに、恋人はたいへんな浮気者。今日もウェイトレスのバイトを放り出して長電話。お客はみんな呆れ顔だがロバータは気にしない。「人生でいちばん大切な時間は恋!」と情熱的にパワフルに歌い上げる。

 
【キャストコメントへ続く】



 


 zanna_main4


ZANNA ザナ 〜a musical fairy tale〜』

脚本・音楽・歌詞◇ティム・アシート

脚本・歌詞補筆◇アレクサンダー・ディネリラス

演出・訳詞◇小林香

出演◇渡部豪太、高垣彩陽、田中ロウマ、上木彩矢、東山光明、

pi、岡田亮輔、千葉直生

2/1823◎シアタークリエ

〈料金〉8.800円(全席指定・税込)学生シート4.500円(学生証提示)

〈問合わせ〉東宝テレザーブ 03-3201-7777

公式HP http://www.tohostage.com/zanna/index.html

 


【取材・文・榊原和子】

演劇キック トップページはこち http://www.enbu.co.jp/kick/index.html


話題の舞台を観るならえんぶチケット → http://enbu.shop21.makeshop.jp/



演劇ぶっく2月号はえんぶ☆ショップ  

 
記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について