稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

しあわせの雨傘

舞台『タンブリング』vol.3 稽古場ルポ&インタビュー

005
佐々木喜英・柳下大・馬場徹


男子新体操をテーマにした青春ドラマ『タンブリング』vol.3が、8月8日の東京国際フォーラム ホールCを皮切りに大阪、また東京と上演されるが、この『タンブリング』は、テレビで2010年に放送されたドラマの舞台版、第三弾となる。
 

物語は、ドラマの3年後から始まる。烏森高校を卒業し、男子新体操の強豪大学へ進学した水沢拓(柳下)は、男子新体操部のエースとして活躍するが、ある事件がもとで退学し、鶴島大学へ編入、新体操とは無縁の日々を送っていた。その鶴島大では、男子新体操部が廃部の危機に瀕しており、部長の木下遼(馬場)や月岡悠人(佐々木)たちは、なんとか団体戦出場を果たそうと部員を集めていた。そんなある日、木下はキャンパスで水沢の姿を見つける。実は、2人は同じ小学校の幼馴染みだった。入部してほしいと頼み込む部員たちに、「新体操をやめた」と言ってかたくなに拒む水沢だが……。

テレビドラマ版にも水沢拓役として出演した柳下大が舞台初主演。『新・幕末純情伝』や『SAMURAI7』などで注目される馬場徹や、ミュージカルからストレートプレイまで幅広く活躍する佐々木喜英といった若手たちが中心のキャスティング。その出演者が一丸となって,吹き替えなしで挑む男子新体操が、なんといってもこの舞台の大きな見どころとなっている。演出・振付は、これまでのvol.1、vol.2に引き続き、増田哲治(TETSUHARU)が手がけている。



【稽古場レポート】

 

020

夏の盛りに始まる『タンブリング』vol.3の舞台。初日に向けて熱い汗を流す出演者たちを、都内で行なわれている稽古場に訪ね、見学とインタビューをする機会を得た。


普通の稽古場と違って目をひくのは、セットの中心を占めている新体操のマット。そのマットの上で、キャストたちが新体操のトレーニングを行なっている。黙々と練習メニューに取り組む出演者たち。

宙返りがうまくできない人がいたら、周りがすっとアシストに入り、アドバイスをするなど、早くもチームワークのよさが感じられる。

そのあとストレッチと発声練習、芝居の稽古へ向けて準備が始まる。せりふを確認しながらストレッチをする人、振付を確認する人、腕立て伏せに励む人など、それぞれクールダウンしながら、台本の読みあわせや立ち稽古、止めながらの通し稽古に向かって準備を整えていく。


009

この日の稽古は2幕目。物語の鍵を握るシーンから始まる。
まずは、柳下、馬場、佐々木による台本の読み合わせ。台本を片手に、演出家の説明や指示を聞きながら、本番さながらに芝居を進めていく。たとえば、セリフの言葉1つ変えるにしても、出演者と演出家が率直に話し合う。

立ち稽古に移る頃には、3人とも台本に目をやる頻度が格段に少なくなっている。

立ち稽古でもアイディアを出し合いながら、1つ1つのセリフや動きを大切に芝居を組み立てていく。そんなふうに稽古が進んでいくなかで、3人の芝居が、みるみるうちにブラッシュアップされていく。

セリフ回しや動きを毎回少しずつ変えてみるなど、試行錯誤を重ねながら稽古に取り組む姿には、確かな芝居心とともによりよい舞台を作り上げたいという思いが溢れていた。

018

017


そんな熱気に満ちた稽古場で柳下大・馬場徹・佐々木喜英に話を聞いた。


【柳下大・馬場徹・佐々木喜英インタビュー】


001

――舞台は、ドラマから3年後という設定ですが、それぞれの役どころを教えてください。
 

柳下 ドラマでも演じていた水沢拓という役です。新体操が大好きで、高校の時、新体操に情熱をかけていて、大学でも新体操を続けていましたが、ある事件をきっかけに、新体操から離れることになって……。自分にとって新体操とは何なのかということで悩んだり、大学生なので高校生よりも現実と夢との葛藤があったりします。そんななかで、高校の時と同じように、素晴らしい仲間にまた出会えて、自分の未来、将来を見つめるという役柄です。
 

馬場 僕は木下遼という役です。トモくん(柳下大)が演じる水沢拓とは幼馴染みで、大学の新体操部の部長として新体操をやっているんですが、単純に部員が足りないというところからスタートし、人を勧誘しては部に招いて、自分たちの夢に向かってやっているなかで、水沢と出会います。木下的にはちょっと企みがあって、水沢にアプローチするのですが、そのなかで水沢は、自分の本当にやりたいことに向かって頑張っていく。僕は今回(水沢に)きっかけを与えていく役割りですね。
 

佐々木 僕は月岡悠人を演じます。ばーちょん(馬場)が演じる木下遼と同じ(大学)四年生で、昔から部員が足りなくて、新体操部で団体に出たいという夢を叶えるためにずっと2人で頑張ってきたという役です。僕の役は、自分が鏡に映っている姿を見て自分に酔いしれるような部分もあるんですけど(笑)。
柳下 ちょっと本人に似ている部分が。

佐々木 そうですね、実際僕も鏡よく見ますけど(笑)。そういうちょっとナルシストっぽい、クールなキャラクターですが、内に秘めた新体操への情熱はものすごい。自分ばっかり見てるようで、何気に周りも見ていて、周りの人の異変に気づいたりするという役です。

 002

皆さん、吹き替えなしで新体操をされますが、苦労しているところは?
 

柳下 僕は、最初は感覚を取り戻すのが大変でしたね。それと同時に、ドラマでやっていた時に、筋肉が足りなかったとすごく実感していたので、舞台に向けて筋トレは日々してきました。

佐々木 僕も新体操は初経験ですし、周りのメンバーが運動能力が高いので、ついていくことが、まず大変でした。でもトモくんとか、僕が困っているとすぐ横について補助してくれたりするので、支えられながら。

柳下 いやいやいや。

佐々木 僕もトモくんと同じで、筋肉がずっと足りてなかったんですよ。

柳下 でも今いちばん筋肉ある。筋トレしすぎだよ(笑)。

佐々木 倒立とかでも支える筋肉がないんだなって最初思ったので、筋トレを頑張ろうと。本番まで期間が短いので、プロテインを買って飲んだり、稽古の合間にひたすら筋トレしてます。

柳下 いや、びっくりしましたよ。だって1か月前ぐらいは俺のほうが筋肉あったんだから。最近見たら、俺よりついてて! プロテインすげえって(笑)。
 

s_003

――本当に筋肉ありますね。よかったら柳下さんもちょっと見せてください。
 

柳下 俺も結構、頑張ったんですよ。(ジャージを脱いで逞しい二の腕を見せてくれる)

佐々木 すごい。やっぱりトモくんのほうが筋肉がありますよ。

柳下 いや、(佐々木は)最初はほんとに細かったから、すごいよ。

佐々木 僕は体重が58キロだったんですが、今63になりました。

柳下 俺も63だから、同じぐらいになってる。


――その増えた5キロは全部筋肉なんですね。そういう皆さんの鍛えた身体と技がこの舞台で見られるわけですが、物語のほうの見どころも教えてください。
 

佐々木 今回はvol.1、vol.2と違って大学生のお話です。実際に新体操をやってる人たちも高校生と大学生では結構レベルの差があるので、そこを見せていきたいですね。運動神経が高いメンバーが集まっているので、前の舞台とはまた違う新体操を見てほしいと思います。

馬場 そうですね。今までは高校生の設定でやってきたものが、今回大学生という。

柳下 おんなじこと言わないよね。

佐々木 はははは(笑)。

馬場 (笑)。言いません!

柳下 今、真面目なトーンだったから、心配になっちゃった。びっくりした(笑)。

馬場 なので、もっと濃い、しっかりしたものをお届けしないといけないと思います。あとは、体操メンバーをサポートしつつ、基本的には僕が話を回す人なんで、自分の役割りはしっかり果たそうかなと。実際に体操をやる躍動感とともに、内容の濃いものをお届けできるように作っていきますので、ぜひ楽しみに見ていただければと思います。

柳下 そうですね、やっぱり前回が高校生で、今回は大学生で。

馬場 だから、言ってる言ってる(笑)。

佐々木 一緒、一緒(笑)。

柳下 (笑)。今回のテーマは「夢」です。この作品は、まず夢を持つことの楽しさや大切さというもの、夢に向かい一歩踏み出す勇気というものを、大学生の僕たちを通して伝えている作品です。夢を持ってなかった人は夢を持つきっかけになったり、前に踏み出そうとしている人の後押しになるような作品になったらいいし、観た方の気持ちが前向きになったり、勇気を持てたりする、そういう舞台になればいいなと思っています。


015
やなぎしたとも◎1988年生まれ、神奈川県出身。06年、D-BOYSに加入。音楽ユニットD☆DATEとしても活動中。最近の舞台は『検察側の証人〜麻布広尾町殺人事件』『熱海殺人事件NEXT 〜くわえ煙草伝兵衛捜査日誌』(11年)、『淋しいマグネット』(12年)など。

ばばとおる◎1988年生まれ、東京都出身。ミュージカル『テニスの王子様』で人気を博す。最近の舞台は『新・幕末純情伝』ミュージカル『ダンス オブ ヴァンパイア』(11年)、VISUALIVE『ペルソナ4』『SAMURAI7』『蒼い妖精とピノッキオ』(12年)など。

ささきよしひで◎1987年生まれ、東京都出身。最近の舞台は『淋しいのはお前だけじゃない』(11年)『道化の瞳』(12年)、『朗読劇 私の頭の中の消しゴム』(11年、12年)など。また、2012年6月より近未来型音楽ユニット「3Peace☆Lover」としても活動中。



201207020026_b

舞台『タンブリング』vol.3

脚本◇広田光毅

演出・振付◇増田哲治(TETSUHARU)

出演◇柳下大、馬場徹、佐々木喜英、木戸邑弥、春川恭亮、青柳塁斗、延山信弘、志尊淳、土屋シオン、浅香航大、江田結香・新垣理沙/石井正則

●8/8〜12◎東京国際フォーラム ホールC

●8/17〜8/19◎イオン化粧品 シアターBRAVA!

●9/21〜9/23◎赤坂ACTシアター(東京凱旋公演)

〈料金〉

東京公演/S席7800円 A席6800円(税込・全席指定)

大阪公演/7800円(税込・全席指定)

東京凱旋公演/7800円(税込・全席指定)

〈問合せ〉

東京公演/DHE 03-5457-8883 (平日12:00〜18:00)

大阪公演/イオン化粧品 シアターBRAVA! 06-6946-2260 (10:00〜18:00)

東京凱旋公演/DHE 03-5457-8883 (平日12:00〜18:00)
HP http://www.tumblingtbs.jp/

 

【取材・文/塩田史子 撮影/冨田実布】

 演劇ぶっく8月号(通巻158号)はえんぶ☆Shopにて販売中です。

kick0625_1
全国書店でもご購入できます。    
 
 



『MACBETH』に主演する矢崎広インタビュー


s_005

シェイクスピアのマクベスといえば、名だたるベテラン俳優が演じてきた大役である。そのマクベス役に若手俳優の矢崎広がチャレンジする。

25歳という若さながらキャリアはすでに10年近い彼は、映画『バッテリー』、TVドラマ『ごくせん』『赤い糸』『東京DOGS』、舞台は『時計じかけのオレンジ』や『ドラキュラ』『サンセット大通り』などに出演、その活躍ぶりで注目を集めている実力派。

今回の『MACBETH』は、共演に馬渕英俚可や松村雄基を迎え、演出担当は人間の内面を丁寧に描き出す板垣恭一、脚本は気鋭の若手・斎藤栄作、シェイクスピア研究で有名な河合祥一郎の翻訳で、「ラフォーレ原宿」というユニークな空間での上演となる。話題満載の舞台で初めての主演に挑む矢崎広にインタビュー。


s_007

単身16歳で役者を目指して上京


ーーその若さで『MACBETH』の主演ということですが、キャリアはすごく長くて、なんと16歳で俳優になりたくて山形から出てきたんですね、

そうなんです。その頃、自分は何になりたいんだろうと、毎日思いつめて悩んでいて、今でもそういう突き詰めて考えるところはあるんですが、その時は結局自分は「ひと花咲かせたい」というか、目立ちたかったのかも(笑)。そこが今回演じるマクベスに通じるところでもあるんですが(笑)。なので、やっぱり東京に出ようと。
 

ーー普通ならまず高校を卒業してからなのに、よくご両親が許しましたね。

母親は学校の教師だったこともあって、やはり反対でした。でも父がすごく理解があって、もともと父は神奈川で会社勤めをしていたのですが、親の仕事を継ぐために山形に戻ってきたんです。だから東京に行きたい気持ちもわかると言ってくれて。
 

ーー素敵なお父さんですね。

本当にスーパーな父親なんです。僕や弟の身体能力も父譲りです。でも野球の才能は全部弟に持っていかれたみたいで(笑)、弟は今、社会人野球の選手をしています。母親は子どもを谷底に落とすライオンみたいな強さがあって(笑)、しかも我が子よりも教え子が大事という人なんです。そういう2人の強さを僕も少しは受け継いでいたから、1人で東京に出てこれたんだと思います。
 

ーー東京では児童劇団に入って、そこから『テニスの王子様』などを皮切りに舞台や映像で活躍してきたわけですが、着実にポジションを上げているのがすごいですね。

本当に周囲の人たちに恵まれていると思うんです。とにかく,「何もできないけど、やる気だけはあります!」と言うしかない僕に、「じゃ、やってみろよ」と言ってくれる人がたくさんいて、なおかつ「気持ちだけじゃどうにもならないんだぞ」と厳しく叱ってくれる人もいたおかげで、ここまでこれました。ファンの方も含めて、周囲の方たちにすごく見守られている。それをいつも感じています。


s_015

マクベスと同じように野心と欲望の塊が自分の中にあります


ーー最近、めきめきと存在感が出てきている矢崎さんですが、役者として変化したような作品とかきっかけがあったのでしょうか?

去年の1月に『時計じかけのオレンジ』に出演したんです。ピートいう役で小栗旬さん扮するアレックスのグループの1人だったんですけど、むちゃくちゃをやる若者にならなくてはいけないのに、どうやってもなりきれない自分に、すごくがっかりしたんです。
 

ーーなりきれないまま舞台に出ていた?

むちゃくちゃをする「演技」をしていました。よく、なりきることの気持ちよさとか、なりきってしまったら何も怖くないとか言いますよね。その意味がよくわかりました。今の僕が持っているパーツだけではピートになりきれなくて、何をしてもダメで。喉も傷めてしまったんですが、たぶんそれは感情がつながっていないのにセリフを無理に言ってたからかなと。そんなことさえわかってなかったところから、わかっただけでも有り難かったんですけど。本当に自分がぶっ壊れたという感じでした。
 

ーーすごく大きな壁だったんですね。今は乗り越えた感じですか?

今日は何も考えずに立てたなと思うことが少しずつ多くなってます。それがいつもできているかと言ったら疑問なんですが、本当に役として生きられたという感覚がちょっとずつ増えている。まだまだトライ中なんですが、何か入り口が見えたし、あれ以来、舞台や芝居の捉え方は確実に変わってきました。
 

ーーそういう感覚を経験して、今回の『MACBETH』はかえって恐くありませんか?

それが、今、マクベスのセリフを覚えているところなんですが、あまり意味のわからない言葉や状況がないんです。不思議なくらい難しいという感覚がないのは有り難いなと。
 

ーーマクベスは矢崎さんに遠くない人物なんですね。

彼の野心とか恐怖とか意外と遠くないんです。王という立場になったとき彼が感じる喜びとか不安なども、僕が舞台に立つようなことに近いのかなと想像したり。僕は俳優として今年で9年目なんですが、マクベスと同じように野心と欲望の塊が自分の中にあって、うまくいかない自分への怒りもあるし、思い描く理想の自分と現実の自分のギャップにふがいなさも感じているんです。そういう時期にこのマクベス役がきたことで、すごく自分に重なるんです。


s_017

早く前に進んで行きたい


ーーちょっと話はそれますが、『サンセット大通り』のアーティ役も評判でしたし、ミュージカルの舞台も多くなっていますね。

ミュージカルに関しては、最近大きな役をいただくようになって、「これはヤバイぞ(笑)」と、ちょっとびびってます(笑)。
 

ーー歌との向き合いかたはどんな感じですか?

もともと好きですし、『テニスの王子様』などでも歌っていたのですが、ブロードウェイ・ミュージカルに出て、本格的なミュージカル俳優さんたちの素晴らしさを目の当たりにすると、このままではダメだなと。どんどんレッスンしていきたいし、今は「声がいいね」と言ってもらえるのですが、それを「歌がいいね」と言ってもらえるようになりたいです。
 

ーーフィールドも広がっているところに、『MACBETH』で初主演、さらにステップアップの良い機会になりそうですね。

これを大きなステップにしたいのですが、でも、「やった!」と思って満足したくないし、さらに挑戦につなげていきたいと思っています。マクベスという役を通していろいろなことに早く気づきたいし、もっと進んで行きたい。早く前に前に行きたいという欲望が強いんです。「生き急いでる」というか(笑)。
 

ーーその目指す方向というか、役者としての目標は?

役者として魅力ある存在になりたいです。矢崎広として何を観ている方に届けられるだろうか、どんなふうに心に残るだろうか、それを追求していきたいし、何をやらせても「矢崎広だからこそ」という部分を追求していきたいです。先ほど「生き急ぐ」という言葉を使いましたが、そのくらいの気持ちでいかないと、まだまだ霞んでしまう存在だと自分に言い聞かせています。
 

ーーでは矢崎広が人に負けないところは?

「熱いね」とよく言われるので「熱さ」かな。それから、演出の板垣(恭一)さんには「命かかってるね」と言っていただいたので、それもそうかな(笑)。でも、本当は僕はまだ人に負けないものを見つけてないと思うんです。それがわかったら強いだろうし、もう1つ大きくなれるんじゃないかと思っています。

 


s_001

やざきひろし◎1987年生まれ、山形県出身。2004年ミュージカル『空色勾玉』でデビュー。ミュージカルやストレートプレイなど舞台を中心に活躍。ドラマは『ごくせん』(NTV)『東京DOGS』(CX)『金魚倶楽部』(NHK)『戦国鍋TV』(KTV)など、映画は『ごくせん THE MOVIE』に出演。最近の舞台は『パンクオペラ 時計じかけのオレンジ』、ミュージカル『ドラキュラ』『大江戸鍋祭』ミュージカル『薄桜鬼』、ミュージカル『『サンセット大通り』など。

 


macbeth(文字あり)

『MACBETH』

原作◇ウィリアム・シェイクスピア

翻訳◇河合祥一郎

脚本◇斎藤栄作

演出◇板垣恭一

出演◇矢崎広、馬渕英俚可/宮下雄也(RUN&GUN)、国沢一誠(ヒカリゴケ)、小林且弥、二瓶拓也、末原拓馬、マーク、長倉正明、山本侑平、加藤啓 /松村雄基  

●8/11〜19◎ラフォーレミュージアム原宿

〈料金〉6800円(全席指定/税込み)

 る・ひまわりhttp://le-himawari.co.jp/

 オフィシャルブログ http://ameblo.jp/yazakimacbeth/





【取材・文/榊原和子 撮影/冨田実布】

演劇ぶっく8月号(通巻158号)はえんぶ☆Shopにて販売中です。
kick0625_1
全国書店でもご購入できます。    
 
 


演劇ぶっく“おまけ付き”夏のバックナンバーフェア開催中!

劇団☆新感線、TEAM NACS、大人計画、NODA・MAPが載っている演劇ぶっくバックナンバーフェア各5冊の、掲載部分の立ち読みができます。

えんぶ☆ショップでは7月9日〜8月31日まで演劇ぶっく“おまけ付き”夏のバックナンバーフェアを開催中です。対象商品は上記4劇団が掲載されている演劇ぶっく各5冊で1セット。これに売り切れた演劇ぶっくの中からピックアップした“おまけ” 4劇団の貴重な記事のカラーコピー(A3見開き)がつきます。

おまけの画像はこちらでご確認いただけます。
http://blog.livedoor.jp/enbublog-forecast/archives/51809992.html


下記の画像で 4劇団(各5冊1セット)の記事をお確かめのうえ、フェアにご参加ください! 
(えんぶ☆ショップ スタッフ一同)

■劇団☆新感線

129号『犬顔家の一族の陰謀』古田新太・宮藤官九郎・勝地涼 いのうえひでのり
犬顔1
犬顔2
犬顔3
犬顔4

135号『五右衛門ロック』橋本じゅん・森山未來 いのうえひでのり
五右衛門1

五右衛門2
五右衛門3
五右衛門4

142号『蛮幽鬼』上川隆也
蛮1
蛮2
蛮3

145号『薔薇とサムライ』古田新太・天海裕海 浦井健治・高田聖子・粟根まこと
薔薇1
薔薇2
薔薇3
薔薇4
薔薇5

154号『髑髏城の七人』早乙女太一・勝地涼・粟根まこと
髑髏1
髑髏2
髑髏3


■大人計画

95号『キラークイーン666』宮藤官九郎
キラー1
キラー2

124号「大人計画フェスティバル」平岩紙・皆川猿時・近藤公園
フェス1
フェス2

フェス4
フェス5


128号『ドブの輝き』池津祥子・伊勢志摩・顔田顔彦・宮崎吐夢・村杉蝉之介 井口昇
ドブ1
ドブ2
ドブ3
ドブ4

142号『サッちゃんの明日』猫背椿・皆川猿時・家納ジュンコ・小松和重
さっちゃん1
サッチャン2

149号『母を逃がす』池津祥子・皆川猿時・平岩紙
母を1
母を2


■NODA・MAP

125号『ロープ』藤原竜也
ロープ1
ロープ2
ロープ3

138号『パイパー』橋爪功・大倉孝二
パイパー1
パイパー2
パイパー3


146号『ザ・キャラクター』古田新太
キャラ1
キャラ2

148号『表に出ろいぃ!』野田秀樹・黒木華・太田 緑 ロランス
表1
表2
表3

151号『南へ』野田秀樹
南へ1
南へ2


■TEME NACS
 
(TEME NACSのみ下記6冊の他、販売ページに記載されている9冊も含めた全15冊の中から5冊を選んでご注文ください)

137号 NACSTYLE7拡大版 森崎博之・安田顕・戸次重幸・大泉洋・音尾琢真
拡大版1
拡大版

146号 NACSTYLE16 後藤ひろひと・音尾琢真
後藤・音尾

147号 NACSTYLE17 鈴井貴之・森崎博之
鈴江・森崎

151号 NACSTYLE21 大宮エリー・戸次重幸
大宮・戸次

153号 NACSTYLE23 大泉洋
大泉

157号 NACSTYLE最終回 おわりとはじまり 森崎博之・安田顕・戸次重幸・大泉洋・音尾琢真
表紙のヒト1
表紙のヒト2
表紙のヒト3

バックナンバーフェア商品は
えんぶ☆ショップにて、販売中です。



http://enbu.shop21.makeshop.jp/shopbrand/009/001/X/

記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について