稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

『レビュー夏のおどり』

ピーター・ブルックの『魔笛』 追加公演決定!

Victor5


世界中を席巻する「モーツァルト×ブルック」の魔術的な舞台『魔笛』が、彩の国さいたま芸術劇場ほかで3月22日から来日公演を行うが、このほど好評につき追加公演が決定した。


世界の演劇史に名を残し、日本の演出家たちにも大きな影響を与えている偉大な演出家ピーター・ブルック。1962年から英国の名門劇場RSC(ロイヤルシェイクスピアカンパニー)で活動。『真夏の夜の夢』『マハーバーラタ』などの来日公演で、日本の演出家たちにドラスティックな衝撃を与えたことでも有名である。
 

シンプルな舞台装置に俳優の肉体と小道具を巧みに利用して、イマジネーション豊かな劇空間を生み出す「なにもない空間」という自身の演劇論に基づいた手法は、時に魔術的とさえ言われ、世界中の観客に大きな衝撃を与えてきた。 


今回の来日公演で上演するモーツァルト最晩年の傑作オペラ『魔笛』は、1791年にドイツ語で書かれた“庶民のため”のジングシュピール(台詞と歌で進行する芝居)として作られ、芸術的な音楽語法と民衆的なメロディが見事に融合された人気作品。

ブルックは、この傑作を今までにない人間讃歌にあふれた『魔笛』に生まれ変わらせた。

舞台には数十本の細い竹と1台のピアノ、7人の歌手、そして2人の俳優のみ。幕間なし、約90分のこの作品は、全編においてモーツァルトのスピリットが息づいていて、モーツァルトが人間に向けた愛に満ちた眼差しが凝縮されている。
 

この『ピーター・ブルックの魔笛』は、2010年11月、パリのブッフ・デュ・ノール劇場で初演、同年のフランス最高の演劇賞モリエール賞の最優秀作品賞(ミュージカル部門)を受賞している。現在24ヵ国を巡演中、ブルックの最新作でもある。


  

ピーター・ブルックの『魔笛』

(ドイツ語(歌)・フランス語(台詞)上演〈日本語字幕付〉

演出◇ピーター・ブルック 

原曲◇ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト 

翻案◇ピーター・ブルック、フランク・クラウチック、マリー=エレーヌ・エティエンヌ 

●3/22~25◎彩の国さいたま芸術劇場

追加公演 3月24日(土)開演19:00 

〈料金〉 S席8,000円 A席5,000円 学生A席3,000円 (全席指定・税込)  

〈問合せ〉チケットセンター 0570-064-939(休館日を除く10:00~19:00) 

http://www.saf.or.jp [P C] http://www.saf.or.jp/mobile/[携帯] 

●その他の追加公演

3月31日、4月1日 北九州芸術劇場  中劇場   

4月7日、8日 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール  中ホール   



Victor2Victor7
写真/2010年初演時の舞台より  Pascal Victor / ArtComArt


【文/榊原和子


演劇ぶっくのネットショップ【えんぶShop☆ミロクル】

演劇ぶっく」4月号 3月9日、全国書店にて発売!

▼こちらでもご購入いただけます▼

演劇ぶっくのネットショップ【えんぶShop☆ミロクル】 
 

ニコミュー『カンタレラ2012〜裏切りの毒薬〜』トークイベントレポ

兼崎&斉藤&小野田&渡辺
兼崎 斉藤 小野田 渡辺

3月7日から銀座・博品館劇場にて上演されるニコニコミュージカル第8弾『カンタレラ2012〜裏切りの毒薬〜』。
この作品は、ニコニコ動画やYoutubeで合計再生回数250万回を越える大ヒットボカロ曲の『カンタレラ』を中心に『パラジクロロベンゼン』『サンドリヨン』の3曲の中で表現される感情や情緒を繋ぐ物語。
舞台は後期ルネサンスのローマ。悪名高き法王の一族・ボルジア家の面々が登場。彼らは“心の闇”を引き出す悪魔の誘惑に惑い、相克する。「信じること・心の強さ」を大テーマに、禁じられた兄妹・父子関係・コンプレックスの問題を描く作品である。

今回の公演は、2011年夏の初演時から、タイトルを始め、原曲を除く他の楽曲・脚本・衣裳を全面改訂、大幅なキャスト変更により、全てを一新しての上演になる。


公演に先立ち、2月18日、原宿「ニコニコ本社」2階TEA ROOM 2525にて、出演者の兼崎健太郎、郷本直也、齊藤ヤスカ、小野田龍之介、渡辺大輔によるトークイベントを開催した。

本イベントは好評につき2回開催、そのイベントのレポートテキストと写真が届いた。


★1回目登場キャスト:兼崎健太郎、齊藤ヤスカ、小野田龍之介、渡辺大輔

★2回目登場キャスト:兼崎健太郎、郷本直也、齊藤ヤスカ、小野田龍之介、渡辺大輔


兼崎&渡辺&小野田&斉藤
兼崎 渡辺 小野田 斉藤
 

《レポートテキスト》
 

17時半より、『カンタレラ2012〜裏切りの毒薬〜』の出演者による1回目のトークイベントが開催された。

主演のチェーザレ・ボルジア役の兼崎健太郎、スペイン王家フェルナンド3世役 齊藤ヤスカ、チェーザレの弟であるホアン・ボルジア役の小野田龍之介、チェーザレの親友であるジョヴァンニ・デ・メディチ役の渡辺大輔が登場。

昨年8月に上演されたニコニコミュージカル第6弾『カンタレラ』の完全改訂版である本作。

「初演とは大きく異なるんでしょうか?」という司会者の質問に、「随分変わったと思いますよ」と即答する兼崎。「前回はチェーザレは自分が周りを振り回す役でしたけど、今回は自分が巻き込まれていく役なんです」と大きく役どころが変わることを明言。続いて渡辺も「今回のジョヴァンニは結構策士なんですよ」とコメント。

完全改訂版となる本作から初参加となる小野田は「初演はDVDで観たんですが、前回は弱いホアンと強いチェーザレという印象でしたけど、ボルジア家の人間でそんなに弱いわけがないんですよ(笑)。今回は違うホアン像を見せますよ」と意気込みを見せた。


また、本作は劇場で観劇するリアルチケットを購入すると、出演者が歌ったCDを会場にきた観客全員に、『カンタレラ』『サンドリヨン』『パラジクロロベンゼン』の3曲を日替わりでプレゼントする。そのCDレコーディングでの裏話も飛び出した。

レコーディングのトップバッターだったという小野田は、「スタジオに行った途端、キーが変わるときいてオーマイガー!って感じでした。でも、僕、すごく優秀でしたよ(笑)、異例中の異例で1曲15分で終わったんです! こんなことないってレコーディングのディレクターさんも言っていました!」とコメント。それに対し、兼崎が「えっ、俺、『カンタレラ』に2時間かかったよ!」と発言し、会場は爆笑に包まれた。


イベント後半は、本作のサブタイトルである「裏切りの毒薬」にちなみ、「裏切りゲーム」を行った。

兼崎&渡辺、齊藤&小野田と2ペアに分かれ、それぞれのペアが約5人のお客さんが座っている1テーブルごとに1つの質問を投げかけ、該当者の数が少ない方が勝ちというルール。該当者が5人中1人、つまり1人の「裏切り者」を出せば勝ちになる。

3回ゲームを行ったが、結果は引き分け!結局、齊藤のアイディアで「あっち向いてホイ」で勝敗を決めることに。激闘(!?)の末、勝ったのは齊藤&小野田ペア!負けてしまった兼崎&渡辺ペアには、罰ゲームとして、“毒薬”カンタレラジュースを飲むことに。

齊藤は頼まれてもいないのにカンタレラジュースの毒味をし、これでは生ぬるいとなんと兼崎のカンタレラジュースに大量の砂糖を投入!炭酸飲料のカンタレラジュースは急に泡立ち始め、会場は大慌て。

結局、兼崎が一気飲みし、続いて渡辺も飲み干す。

兼崎が「シャンパンのお味はいかがですか?」と渡辺に質問し、「最高」と答え優雅な会話をした直後に、「へぶしっ!」と大きな音。なんとそれは小野田の大きなくしゃみの音で、「なんでそこでくしゃみするんだよ!!」とキャスト全員から総ツッコミが入り、会場では大爆笑が起こった。
 

斉藤&小野田
斉藤 小野田


本作では、チェーザレをはじめ、国の有力者たちが、最高権力者である法王の座を狙って陰謀を仕掛けていくストーリー。それにちなみ、「王様ゲーム」ならぬ「法王ゲーム」を行った!

最初に「法王」となったのは、兼崎。他3人に下した命令は「30秒間法王を褒めること」。「スタート!」という司会者の合図とともに全員が兼崎に群がり、口ぐちにほめちぎる、ほめちぎる!なぜか齊藤は褒めつつ、兼崎の服を脱がし始め、だんだんとうんざりした表情になる兼崎(笑)。30秒後、司会者に感想を求められた兼崎さんは「いやー、すごいよ…。何言っているかわからない!ちゃんと褒めて!」とコメントし、会場の笑いを誘った。

その後も2回目、3回目と法王を決めたが、なぜか法王は兼崎に。あまりの当たりっぷりに「俺が法王だ!!」と豪語する兼崎だった。


2回目のトークイベントにはサヴォナローラ役の郷本直也も登場!今作の悪役らしく、法王ゲームでは無理やり「チャンスカード(何でも命令できるカード)」をもぎ取り、齋藤・渡辺に「自分の演じるキャラクターになりきってカンタレラをPRすること」と無茶ぶり。優雅にジョヴァンニを演じる渡辺の隣で、まだ稽古に参加していない齋藤は大苦戦。しかし、持ち前の役者根性で、無事にフェルナンド3世を演じきった。

さらに盛り上がりを見せるカフェイベントは、2回とも大盛況のうちにエンディングへ。

最後に主演の兼崎より「今、素晴らしい役者たちと一緒に、毎日集中して、切磋琢磨している。『カンタレラ2012〜裏切りの毒薬〜』では役者としてのできる限りのパフォーマンスをします。新しくなった『カンタレラ』へ是非お越し下さい。」とコメントし、イベントを締めくくった。


兼崎&渡辺
兼崎 渡辺

【ストーリー】
 

舞台はルネサンス後期(15世紀末)のローマ。悪名高き法王の一族・ボルジア家のチェーザレは、一族の誇りと愛する妹・ルクレツィアを守るため己の信念を貫こうとする。一方、人の心の闇を引き出そうとする悪魔の化身・サヴォナローラはチェーザレの周囲のあらゆる人々を唆して裏切りを誘う。絡みつく策略や愛憎の中、果たして チェーザレとルクレツィアの禁断愛の行方は?ボルジアの家伝の毒薬「カンタレラ」が2人の運命を狂わせていく。「信じること・心の強さ」を大テーマに、禁じられた兄妹愛・父子関係・コンプレックスの問題を描く物語。




ニコニコミュージカル第8弾

『カンタレラ2012〜裏切りの毒薬〜』

●3/7〜13◎銀座 博品館劇場

演出/振付◇上島雪夫

原案◇カンタレラ(作詞/作曲:黒うさP)

原案協力◇サンドリヨン(作詞:orange、作曲:Dios/シグナルP)パラジクロロベンゼン(作詞/作曲:オワタP)

出演◇兼崎健太郎/郷本直也、齋藤ヤスカ、小野田龍之介/野田和佳子、彩夏涼/渡辺大輔 他

〈料金〉リアルチケット6300円(税込)ネットチケット/プレミアム会員:500pt/一般会員:1500pt(ネットチケットはニコニコポイントで購入。1pt=1円。)

〈問合せ〉0570−00−3337 サンライズ東京(前日10:00〜19:00)

http://info.nicovideo.jp/nicomu/cantarella/




演劇ぶっくのネットショップ【えんぶShop☆ミロクル】

演劇ぶっく」4月号 3月9日、全国書店にて発売!

▼こちらでもご購入いただけます▼

演劇ぶっくのネットショップ【えんぶShop☆ミロクル】 
 



カトケン・ワールドより“愛”を込めて贈る『ザ・シェルター』『寿歌』

katoken


30数年前の戯曲でありながら、まさに「今」を映す作品『寿歌』が、カトケンワールドに帰ってくる。

1981年、独立して事務所を立ち上げ、1人芝居『審判』を上演して評判となった加藤健一が、その次の公演として選んだのが名古屋で話題となっていた北村想の『寿歌』だった。
この作品が大ヒット、82年から88年まで5回も再演していて、まさに加藤健一ならではのレパートリーの1つ。そして同じ北村想の作品で、核を風刺した『ザ・シェルター』も、83年に初演して、翌年と88年に再演している傑作戯曲である。

今回はこの「核を描いた伝説的作品」2本立てという注目すべき公演で、休憩をはさんで『ザ・シェルター』『寿歌(ほぎうた)』の順で上演される。
 


【ストーリー】


『寿歌(ほぎうた)』

核戦争が終わった後の、関西のとある町。家財道具をリヤカーに積んで、ゲサク(加藤健一)とキョウコ(占部房子)がやってくる。二人は、ええかげんな芸をして町から町へと渡り歩く、旅芸人である。そこへ、謎の男・ヤスオ(小松和重)がふいに現れ、3人一緒に旅をする事に…。関西弁のおかしな芸人コンビと、謎の男の行く先は?


『ザ・シェルター』

核シェルター製造会社のサラリーマン・センタ(小松和重)は、製品テストのため、自宅の庭のシェルターで、家族4人で3日間生活をする事になる。妻のサトコ(日下由美)と娘のカノ(占部房子)、そして父のセンジューロー(加藤健一)は、まるでピクニックにでも出かけるような浮かれ気分だ。すると、突然コンピュータが故障? 外に出られなくなった一家は、なぜか昔の台風の思い出話で盛り上がり…。



出演者は加藤がゲサクとセンジューローを演じ、これが初めての加藤健一事務所出演という小松和重がヤスオとセンタ、『パパ、I LOVE YOU!』以来3年ぶりの日下由美が『ザ・シェルター』のサトコ、そしてやはり3年ぶり『高き彼物』以来の占部房子がキョウコとカノというのが今回のキャスティング。
気心知れた女優たち、そして今まで共演してなかったことが不思議なくらいの実力派俳優小松という顔ぶれ。そんな共演者たちについて加藤健一はこんなふうにコメントを寄せている。


【加藤健一のコメント】


『ザ・シェルター』のお父さんはすごくしっかりした真面目なサラリーマン。『寿歌』のヤスオは飄々としていて、この世の者なのかもよくわからない役。そんな2つの役ができる人を探していたんです。両方をしっかりこなせるということで、小松和重さんにお願いしました。

占部房子さんは『ザ・シェルター』のカノちゃんを去年5月にリーディングでやったらしいですね。それぐらい占部さんにはピッタリな役なんでしょうね。表現の天真爛漫さとかがカノちゃんに似てるのかな。『寿歌』でも素敵なキョウコを演じてくれるでしょう。

日下由美さんは『ザ・シェルター』のお母さんのサトコ役です。あのお母さんはちょっと天然ボケで可愛らしいお母さんなんですよね。日下さんもちょっと天然入ってるし(笑)、いいお母さんができると思いますよ。とて楽しみです。



81-1


加藤健一事務所

『ザ・シェルター』『寿歌(ほぎうた)』

作◇北村想

演出◇大杉祐

出演◇加藤健一、小松和重/日下由美(『ザ・シェルター』のみ)、占部房子

●3/2〜11◎下北沢・本多劇場

〈料金〉前売/5000円(全席指定・税込)当日/5500円(全席指定・税込)高校生割引/2500円(学生証提示・当日のみ)

〈問合せ〉加藤健一事務所  03-3557-0789

http://homepage2.nifty.com/katoken/


【文/榊原和子】
 

  演劇ぶっくのネットショップ【えんぶShop☆ミロクル】

演劇ぶっく」2月号 全国書店にて好評発売中!

▼こちらでもご購入いただけます▼

演劇ぶっくのネットショップ【えんぶShop☆ミロクル】 


↑【えんぶ☆Shopミロクル】↑『ザ・シェルター』『寿歌』のチケットを20%オフにてチケット限定販売中!



記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について