観劇予報

『ファインディング・ネバーランド』お得なチケット販売中!

『サイド・ショウ』伊礼彼方インタビュー  


irei

『サイド・ショウ』が4月7日にいよいよ開幕する。

この作品は、1930年代のアメリカで、ヴォードヴィルの世界で人気者として名を残した結合双生児、ヒルトン姉妹の数奇な生涯を描いた傑作ミュージカルである。

『ドリームガールズ』や『タップ・ダンス・キッド』などで有名な作曲家ヘンリー・クリーガーの珠玉のナンバーで綴られていて、97年に第52回トニー賞のミュージカル作品賞をはじめ4部門にノミネートされている。
その作品で、妹のヴァイオレットに恋するミュージシャンのバディ・フォスター役に扮する伊礼彼方。08年『エリザベート』のルドルフでデビュー、以来、ミュージカルの若手人気スターとして活躍する彼に、この作品と近況をインタビューした。

 

【歌は動きながら覚える】

ーー『サイド・ショウ』でのバディ役はどんな感じですか?

一言でいうと、陽気なアメリカ人という感じです(笑)。ストレートに「結婚しよう」みたいな歌もあって、登場人物の中では一番明るく陽気な人物かも。でも姉妹がくっついているという現実からは逃れられないので、色々な葛藤もあるし、そこがどう結びついていくかというところなんですが。

ーー曲もたくさん歌ってるそうですね。

セリフが音楽で流れるので、とにかくすごくたくさん歌います。曲の入りで一緒に歌って、そのままそこにいて歌っていなくても、ラストでまた一緒に歌う、みたいなこともあるし、ソロ以外にも20数曲たずさわってます。普通は自分の曲を覚えればとりあえず一安心ですけど、これは全体を覚えないとどうにもならないので、そこがたいへんです。毎日稽古を通したいくらいです(笑)。

ーーいつも曲はどんなふうに覚えるんですか?

セリフと一緒で、相手の部分を覚えながらですね。あとこの作品は全部セリフが歌なので、なぜこういう音階になっているのか、そういうことを考えながらとか。僕は座っては覚えられないんです。歩きながらとかジムで自転車こぎながらとか、動きながらのほうが感情がわいてくるんです。だから覚えるという結果は同じでも、動いてたほうが速く覚えられるんです。今、稽古場まで一駅分約20分ぐらい歩いてるんですが、その時間が覚えるのにちょうどいいんです。そういうプロセスが僕には大事で、稽古場はすでにシュミレートしてきたものを実際にやる作業だし、それをチェックしてもらう場という感じです。

 

【刺激的で危うさのある存在】

ーーこの作品の前に出演した『GARANTIDOー生きた証ー』は、ミュージカルだけど、シリアスなお芝居でしたね。

すごく面白かったです。毎回作品に育てられていると思うんですが『GARANTIDO』もそういう作品でした。1つ1つの作品ごとに自分が変化しているといちばん感じるのは、いろんなものを素直に受け入れたり認めることができるようになってきてること。自分が間違ってるなと思ったら、すぐ直せるようになりました(笑)。

ーーすごく前向きで柔軟になってるんですね。

この作品もベテランの方々ばかりですから、僕が混じることのプレッシャーはあるんですが、でもバディという役を伊礼彼方にやらせようということは、今の僕の何かを活かせばいいのかなと。毎日迷ったりする、完璧ではないところが役に活きればいいかなと。バディはそういうところが、僕と重なる。だから今の自分のいっぱいいっぱいなところとか、そんなに頑張らなくていいのに、みたいなところが、バディの痛々しさとかそういうのに結びつけばいいなと思います。

ーー伊礼さんのその若さとか危うさが、いい意味で現場の刺激になるんでしょうね。

いつも「何をしでかすんだろう」と思われていたいですね。どんな現場でも、「なるほどそう行くのか」みたいな意外性とか(笑)。どこか緊張感を感じさせる、危うさも含めて常に刺激的な存在でいたいですね。

 

【バディはぎくしゃく?】

ーー歌唱力もアップしてますね。

いや、まだまだです。日々修行中ですが、やっぱり常に思うのは歌はうまさじゃないんだなと思ってて、聞いてくれる人の心にちゃんと届く、心に響く歌を歌いたいと思っています。でもそれを表現するためにも技術は必要なんで、そこはしっかり頑張ります。『GARANTIDO』のときにも再確認したんですが、誰もうまく歌おうなんて思ってない。言葉を伝えよう、心を伝えようとしてて、それがお客様にも伝わるんです。今回のデイジー役の樹里咲穂さんは『GARANTIDO』でもご一緒だったんですが、本当にそういう面でも技術はもちろん、表現力とかすごい方で、上手く聞かせようとする前に、心に湧き出たモノを素直に表現する…というか、僕が言うのもおこがましいのですが、そういう所がとても素敵でたくさん学ばせて頂いてます。今回もご一緒できるので嬉しいです。ちなみに次回もまたご一緒なんで勉強させてもらいます(笑)。

ーー恋人役の貴城けいさんとは、たしか初共演ですね?

何度か舞台は拝見してますが、まだちゃんと稽古してないせいか、僕が勝手にぎくしゃくしてます(笑)。樹里さんと話してる姿はとても可愛らしいし気さくそうな方なんですが、なぜかまだ僕が緊張してて(笑)、でもバディは実際うぶなのでこれはこれでいいかなと(笑)。貴城けいさんも経験豊富な魅力的な方ですから、一緒に演じ、歌うのが楽しみです。

ーークリーガーさんの音楽はすごく素敵みたいですね。

1曲目を聞いたとたん「このミュージカルやりたい!!」とすぐ言ってたぐらいですから(笑)。こんな職業なんですが僕はすごく一般的な耳で、普通の人の感覚で音楽を聞いちゃうほうなんですが、そういう感覚でいうと、このミュージカルは本当に惹かれるものばかりです。大きいナンバーの間の芝居をつなぐ曲は、ちょっと一般的ではない感性のものもあったり、かもしれないけど、だからこそ大ナンバーが映えるような構成になっている。そういう部分をメリハリつけて聞いていただくために、実際今は稽古場で演出家と相談しながらセリフ調にしたりしてます。

ーーこの作品でまたミュージカルの俳優としての実力をアップさせられそうですね。

させたいですね。芝居の筋はちゃんと通さないといけないけど、同じ人物でも歌い方で感情もどんどん変わってくるので楽しみです。心を叫ぶみたいなシャウトっぽいのもありますし、歌を通じて改めて芝居の奥深さも感じてて、いろいろなことにチャレンジできる素敵な作品に出させて頂いていると思います。

irei_222

 

 

『サイド・ショウ』

脚本・作詞◇ビル・ラッセル

作曲◇ヘンリー・クリーガー

演出◇板垣恭一

出演◇貴城けい 樹里咲穂 下村尊則 大澄賢也 伊礼彼方 岡幸二郎 他

●4/7〜4/18◎東京芸術劇場 中ホール

〈料金〉

【平日】S席?10,000、A席?8,000

【土日】S席?11,500、A席?9,500(全席指定・税込)

〈問合せ〉オフィス・ミヤモト 03-3312-3526(平日11時〜18時)

【取材・文/榊原和子】

 

 

 

早乙女太一明治座公演 囲み&舞台稽古レポート

100330meijiza 668


18歳という若い座長は明治座史上初ということで、大きな話題を呼んでいる早乙女太一の公演が、4月1日に幕を開けた。

今回の公演は、芝居の『嗚呼、田原坂』と『舞踊ショー』の2本立て。芝居は、明治が明けて間もない1877年に、新政府と戦うことになった薩摩藩を背景に、熾烈な戦いで命を散らす美貌の若い剣士、結城新之助の戦いと愛を描き出している。100330meijiza 560

共演は、幼なじみで父の妻になる伊予(持田真樹)、巫女の藤巻(知念里奈)、薩軍の大隊長(山崎銀之丞)、新政府の参謀長(山本亨)、新之助を秘かに思う沙雪(高部あい)、同じ道場で学んだ久坂(内野謙太)など、さまざまな人間たちが、新之助への思いや思惑で絡んで来る。

演出は『あずみ』『女信長』などを手がけた岡村俊一で、新之助の武士としての熱い心情や、父や弟への家族愛、幼なじみへの思慕などを、激しい殺陣を満載した舞台の中で浮かび上がらせる。役者・太一の内面の演技と、エネルギッシュで華麗な殺陣が見どころの舞台だ。

DSCF2322一方の『舞踊ショー』は、太一と彼のホームグランドである劇団朱雀のメンバーたちが、華やかに繰り広げる和物ショーの世界。こちらの太一は、艶やかな芸者姿をはじめさまざまなシチュエーションで、まさます洗練された女形の美しさをたっぷり見せてくれる。






DSCF2320












初日を前にした3月31日、明治座では『嗚呼、田原坂』の通し舞台稽古が行なわれたが、その開演前のロビーで、早乙女太一、持田真樹、知念里奈、そして演出の岡村俊一の囲み取材が行なわれた。
DSCF2310

【一問一答】
ーー座長、いよいよですね。

早乙女「このあと通しがるので、緊張しています」

ーー座長としての公演は、いかがですか。

早乙女「以前、新歌舞伎座でやっているのですが、そのときは自分では空回りしてしまったので、今回は落ち着いて、皆さんに助けていただきながらやってきたいと思ってます」

ーー共演のお二人は太一くんについていかがですか?

知念「すごく素敵です。女・太一も男・太一も(笑)。昨日の舞踊ショーの舞台稽古を見せていただいたのですが、もう虜になりますよ」

早乙女「うれしいです(笑)」

持田「たいへん美しくて、しなやかな殺陣に引き込まれてしまいます」

ーー岡村さん、見どころはやはりそこですか?

岡村「全体でショーも入れて2時間半以上あると思うんですよ。その中で太一くんが引っ込んでるのは2分半くらいじゃないかと思います。稽古場で大量の汗で、痩せたよね?」

早乙女「何キロかはわからないんですが、顔が痩せたと言われますし、自分でもそう思います」

ーーしっかり食べてます?

早乙女「食ってます(笑)」

ーーどのへんがたいへんですか?

早乙女「これだけ長いお芝居の主役をやるのは初めてなので、気持ちはすごくやる気なんですが、体が最後まで付いてこられるかどうか」

DSCF2306ーー立ち回りがいちばんの見せ場だそうですが。

早乙女「そうですね。でも心情的なところを見せるのが難しいです」

ーー当て書きみたいな感じですか?

岡村「若い才能ある青年が時代のせいで死んでいく。そこは現代に通じるものがあります」

ーー内面の理解はばっちり?

早乙女「そうですね、すごいわかります」

ーー恋の始まりかな、みたいなこともあるそうですが?

早乙女「マジで?ということですか?」

ーーいえ舞台で(笑)、マジではあるんですか?

早乙女「いえ、ないです(笑)舞台の中でですね(笑)。お母さんになる人とあります」

ーー持田さんとの恋ですね?

持田「私も好きなんですけど、お父さんの嫁に来てしまってという」

ーーラブシーンは?

持田「ちょっとだけ」

岡村「それふうなのが。ガバっといきます」

早乙女「ガバっです(笑)」

ーーそのへんの演技は持田さんがリード?

早乙女「すごく、がっと来てくれるので」

持田「とても切ない場面で、演じながらいつも胸がきゅっと締め付けられて、早乙女太一くんの芝居に引っ張られてます」

ーー知念さんはこの衣装は?

知念「私は舞台で日本人を演じるのは初めてなんですが(笑)、この格好なんです(笑)」

ーーミュージカルではないから歌わない?DSCF2297

知念「いえ、明治座なのに歌っちゃうんです(笑)。ミュージカルっぽく?」

岡村「なくもあり、ぽくもありだね」

ーー衣装がたいへんそうですね。

知念「動きが、所作とかもたいへんです。太一くんの前で着物を着てるのがねえ」

持田「はい(笑)」

ーー座長から言うことは?

早乙女「ないです」

ーー座長はご飯とか連れてってます?

早乙女「はい。一度」

ーー払ったのは座長ですか?

早乙女「いいえ(笑)」

ーー1ヶ月やるのは回りのかたの支えが大事ですよね。

早乙女「はい、皆さんに助けていただいてがんばります」

100330meijiza 370

明治座4月公演

『嗚呼、田原坂』
作◇西田大輔
演出◇岡村俊一

『早乙女太一 舞踊ショー』
構成・演出◇齋藤恒久

出演◇早乙女太一、持田真樹、知念里奈、山崎銀之丞、山本亨、高部あい、内野謙太、他/劇団朱雀

●4/1〜12◎明治座
〈料金〉A席¥10500   B席¥5000 
〈問合せ〉03-3660-3990(10:00 〜17:00)
http://www.meijiza.co.jp/

 

【取材・文/榊原和子 撮影/工藤ちはる(嗚呼、田原坂)】

 

 


東京ヴォードヴィルショー『無頼の女房』 佐藤B作インタビュー

DSCF1866

「堕落論」などで有名な小説家、坂口安吾をモデルにした東京ヴォードヴィルショーの舞台が、まもなく幕を開ける。

この『無頼の女房』という作品は、作家の中島淳彦が2002年に劇団道学先生に書き下ろして上演、高い評価を上げたもので、その後2006年にも他のカンパニーで再演されている。

内容は、無頼派と呼ばれ奇行で文壇を賑わした文学者の、身を削る創造の苦しみと、それを支えた妻の壮絶なまでの闘いが、中島淳彦ならではの人間への愛と洞察によって、面白くおかしく、ある崇高ささえともなって描かれる。

その戯曲に惚れ込んで、今回ヴォードヴィルショーの公演にと企画したのが座長の佐藤B作。ものを生み出す苦しみという点では、安吾にある共感を感じるという彼に、『無頼の女房』という作品の魅力と稽古場の様子を聞く。

 

【破滅的な作家に共感】

ーーこれは他の劇団でも上演した作品ですが、それをご覧になって惹かれたのですか?

いや、残念ながら観てなくて。中島くんの戯曲を読んで、すっかり魅せられてしまったんです。なんというか、すごく共感するんですよ。人間は素晴らしいところもあるけれど、同時にだらしのない動物であるというようなところを突きつけられるし、そこがすごく好きなところでもあるんです。他の作家の作品だと、わりと艱難辛苦があっても人間はがんばるものだというようなところがあるんですが、中島さんは「いや人間は所詮だらしないんだ」というのがあって、そこがすごく好きですね(笑)。

ーーこれは坂口安吾と奥さんがモデルになっている話で、物を生みだす人間とその家族のすさまじい闘いが描かれていますが、俳優にも似たような面がありますよね?

うちはあめく(みちこ)も役者ですから、それはかなりありますね。互いに役に入れば入る程、家では口をきかなくなりますから(笑)。片方だけが公演してる時は何かと相談にのったりできるんですが、2人とも出ているとなかなか難しい。

ーーでも演劇という共通言語があるのはいいですね。

僕も頼りにしてますからね(笑)。喧嘩すると最低なヤツだなと思うんですが(笑)、女優としては劇団の看板ですし、あいつがいてくれるから今回のこの作品もできるわけですから。

ーーこれはまさに妻の視点が中心になっていて、夫をはじめとする芸術家たちの生態が描かれている感じですね。

そうです。そこがすごくうまく描かれていて面白い戯曲だなと思います。主人公である坂口安吾という人は、僕なんか青春時代に読んで浸りましたし、すごい人だなと思ってますから、それを演じるのは正直プレッシャーなんですが。とりあえず役名の塚口圭吾だと思って(笑)、見るかたにはどちらに受け取ってもらってもかまわないし、そう思ってやらないと、なにしろとんでもないスケールの天才ですから。

ーー自分の肉体も精神も傷めつけながら物を書いた人ですね。

まさに壮絶で、そこを出すのはなかなかたいへんなんですが。自分も足元にも及ばないけど、近いことをしてる部分はあるんです。体に悪いから酒を飲むなと言われるとかえって飲むし(笑)、そっちへ行っちゃいけないよと言われるとわざわざその道を選びたくなる(笑)。人生でもいつも悩んだあげくたいへんな方に行っちゃってる、そういう気がしますからね(笑)。

ーーしかも、破滅的なだけでなく奥さんがいるのに他の女性に憧れ続けていたり、困った人ですし。

それもわかる気がするんですよ。初恋の女性とは大体うまくいかなくて別れたりするわけですが、かえってそれを一生引きずってしまう。女性は掴み切れない存在というか、目の前にいる人とは別の面影を求め続けてしまうところもあるんでしょうね。

ーー太宰治の役も出て来て、面白い役になってますが。

あのあたりも本当にうまく書いてます。笑える場面もあるし、ちょっとブラックな感じもあるし。

 

【一つ上の笑い】

ーー今のヴォードヴィルの芸達者な役者さんたちだからこそできる芝居でもありますね。

それなら嬉しいんですが、本当に喜劇的な部分と悲劇的な部分がうまく書かれてる戯曲です。僕もこの年齢になったからこそ、この本の凄さがわかるというか。こんな良い戯曲とよく出会えたなと思ってるんです。もうちょっと若かったら、もっと単純に面白い戯曲に目が向いてると思うんですが、切なかったりつらかったりしながら笑う、そういうものがやってみたいなと思ってたので、これはまさにぴったりなんです。

ーーネタバレですからあまり言えませんが、最後がなんとも切なくて。

僕はあそこが大好きで、たまらないですね。でも稽古はそのぶんたいへんです。読んだ時のこの面白さを表現できるかと言ったらまた別ですから。消化するまでは苦しみですからね。それに、それぞれの役者たちがこの戯曲を読み解いて、面白いと思ってる気持ちの部分が同じにならないといけないので。

ーー演出の中島さんはわかりやすいですか?

わかりやすく言っていただけるので有り難いんですが、それを出来るかはまた別問題ですからね(笑)。でもみんなの気合いが違いますね。昔、芝居を始めた頃みたいな気合いで。たとえばチェーホフとかゴーリキーの『どん底』みたいな、そういう戯曲と取り組む姿勢に似てるというか。それだけしっかり出来てて、面白いぶん手強い戯曲なんだと思います。

ーー劇団ももう37年ですが、劇団という形の強さがあるから出来る作品かもしれませんね。

確かに今回、単なる笑劇というものよりまた1つ上をめざすというか、演劇と言える喜劇というか、そういうものになるという確信と思いがあるんです。さらに深いところで笑ってもらえるんじゃないかと。とにかく登場人物たちがちゃんと生きていればすごく面白いものになるはずなので。いや稽古は思ったよりたいへんな毎日ですが(笑)。

ーー客演のかたも豪華ですね。

うちに出ていただくのは皆さん初めてです。でも大西多摩恵さん、井之上隆志さん、土屋裕一さんと、皆さん中島ワールドの方たちですから安心です。それから斉藤清六さんがすごくいい役で、すごく素敵ですから。そういう皆さんに劇団員も刺激を受けながら頑張ってますので、ぜひ楽しみにして来てください。

 

 

劇団東京ヴォードヴィルショー

『無頼の女房』
作・演出◇中島淳彦
出演◇佐藤B作、石井愃一、市川勇、山口良一、たかはし等、あめくみちこ、まいど優、京極圭、金澤貴子/斉藤清六、大西多摩恵、井之上隆志、土屋裕一
 ●4/3〜11◎新宿・紀伊國屋ホール

〈料金〉前売¥6000 当日¥6500

〈問合せ〉03-3227-8371 東京ヴォードヴィルショー

●4/16◎福島県文化センター大ホール

●4/24◎日南市・南郷ハートフルセンター

●4/25◎都城市綜合文化ホール

〈問合せ〉
福島/024-534-9331 福島県文化センター事業課

日南/0987-31-1145 日南市役所文化生涯学習課

都城/0986-23-7140 都城市文化振興財団

 

http://www.vaudeville-show.com

 

【取材・文/榊原和子】

 


記事検索
QRコード
QRコード

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について