稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

『ストリップ学園』

hideの世界観が舞台に!Rockミュージカル『ピンク スパイダー』

RIMG1422

一世を風靡したロックバンド「X JAPAN」のギタリスト、hideがこの世を去ってから12年の月日が流れた。
13回忌を迎えるこの時に、彼の遺した数々の名曲を基に生み出されたRockミュージカル『ピンク スパイダー』が、3月8日から東京グローブ座で開幕した。

物語は、とあるライブハウスで居合わせ、偶然電車の中で出会ったエスとメル。
2人はひょんなことから、サイコミュニティと呼ばれる仮想世界と、現実世界とを行ったり来たりし始めて…。
エスとメルのやりとりが、『DAMAGE』をはじめ、『A STORY』『FLAME』『TELL ME』『ピンク スパイダー』など、hideが遺した20曲以上を紡いで描き出していく。
主人公のエス役をWキャストで務める武田真治と渡部豪太、メル役の南沢奈央と高橋瞳。また、hideと親交のあったLUNA SEAのJが友情出演として、毎公演生演奏をするほか、hideの盟友iNAが、音楽監督としても手腕を振るう。


この公演の初日前のフォトコールが3月8日に行なわれ、Wキャストの4人が取材に応えた。
 
RIMG1433
渡部、高橋、南沢、武田
 
【キャストコメント】
武田真治は『エリザベート』や『時計じかけのオレンジ』など、様々なミュージカル作品で活躍し、今作品でもサックス演奏を披露している。
「今回はロックミュージカルというだけあって、普通のミュージカルよりもステージ上の音は大きいですね。音もバーン!!と出ていますから、迫力は相当あると思います。
この作品にはLUNA SEAのベーシストであるJさんが参加してくださるということで、hideさんの音楽が、よりリアリティをもっていくのではないかと思います。皆さんが想像されているよりもポップな仕上がりになっています。先日、Jさんから、亡き人を知った風なふりして掘り下げるんじゃなくて、遺してくれたものを、楽しく明るく解釈して次の世代に伝えていってくれ、と言われて、すごく胸がスッとしました。この作品を通してJさんに出会えてよかったです」

武田と同じくエス役を演じるのは渡部豪太。『夜は短し歩けよ乙女』『余命1ヶ月の花嫁』などに続いて舞台出演が4作品目となる。
「真治さんが、ここはもっとこうしたほうがいいぞ、と言って、やって見せてくださるので、すごい勉強になっています。この作品は、曲の中でストーリーが展開されるので、すごく観ていて面白いと思います。歌っていても楽しいので、幸せの4分間(1曲分)というか、それ掛ける曲数分なので、あっという間に終わってしまいます。あれ、もうこんなに過ぎたんだ、みたいな(笑)」

ヒロイン・メル役に挑むのは、今回ミュージカル初挑戦の南沢奈央。
「すごく緊張しています。稽古中なのに胃が痛くなっちゃったりして…。歌は、高橋さんが専門なので教わっています。発声とかあとノドのケアのこととか。ほかのみなさんもミュージカル経験されていたりする方が多いので、ストレッチとか、稽古場で教えてもらいながらやってます。
今まで合唱をやっていたので、みんなで並んで歌うっていうのはすっごく好きなんですけど、ソロの曲があるので、私は今回そこを一番練習しています」

南沢と同様、メルを演じるのは、05年に歌手デビューした高橋瞳。
「ミュージカルは経験がゼロだし、観に行くということもなかなかなかったので、私にとってはこの『ピンク スパイダー』が、未知の世界ですごく新しい挑戦です。先輩方にいろいろアドバイスをいただきながら、毎日励んでおります。この稽古の中で『ever free』がものすごく好きで、毎回泣きそうになっちゃっています」

hideをはじめ、キャスト、観客、いろいろな人の想いを受けて曲と舞台空間はますます深まっていく。 
なおこの舞台は、3月11日に起きた東日本巨大地震の影響を受け、16日まで休演。一応17日から再開が予定されている。
RIMG1442RIMG1474
RIMG1455RIMG1480
RIMG1462RIMG1493
RIMG1463
RIMG1568
RIMG1528RIMG1605

Rockミュージカル
『ピンクスパイダー』
●3/8〜3/27◎東京グローブ座
●4/10◎愛知県芸術劇場 大ホール
●4/12◎新潟県民会館
●4/15◎神戸国際会館こくさいホール
●4/20◎仙台電力ホール
●4/23◎ニトリ文化ホール
脚本◇竹内佑
演出◇荻田浩一
音楽監督◇iNA
出演◇武田真治/渡部豪太(Wキャスト) 南沢奈央/高橋瞳(Wキャスト)
TAKA J(友情出演)他
〈料金〉
東京グローブ座 ¥9000円 (全席指定・税込)
〈チケットに関する問い合わせ〉
東京公演/サンライズプロモーション東京 0570−00−3337
名古屋公演/サンデーフォークプロモーション 052−320−9100
新潟公演/キョードー北陸 025−245−5100
神戸公演/キョードーインフォメーション 06−7732−8888
仙台公演/仙台放送 022−268−2174
札幌公演/エーダッシュ 011−533−7711
 
【取材・文/安孫子惠】

ブルーマンと伝統芸能がコラボ!『BLUE MAN MEETS JAPAN!』

TEP_3947

世界的なエンターテインメントと日本の伝統芸能が、オリジナルステージで奇跡の共演を果たした。
NYのオフブロードウエイで誕生して、世界中でロングラン公演を続ける「ブルーマン」と、そのかっこよさで若者にも再注目されている日本の伝統芸能「和太鼓」や「歌舞伎」とのコラボレーションがWOWOWの企画で上演され、5月には2夜連続で放送される。  

「ブルーマン」は1980年代後半にニューヨークの路上で生まれたパフォーマンスグループで、1991年にオフブロードウエイで劇場公演となってから、世界各地でロングラン公演を続け、今年で20周年を迎える。日本では六本木に特設劇場を造ってロングラン上演中で、大勢の観客を集めていることでも有名だ。
そんな世界的なエンターテインメントとし知られる存在となった彼らのパフォーマンスは、実は日本の伝統文化からの影響が大きい。その日本の伝統芸能「和太鼓」や「歌舞伎」と、「ブルーマングループ」が、正面からコラボするのが今回の企画になる。
まず3月1日に行なわれたのが「ブルーマン×市川亀治郎」で、映画やTVで話題の歌舞伎俳優・市川亀治郎が“スピン(回転)”をテーマに舞踊「獅子」を舞った。
3月29日に公演を予定しているのは「ブルーマン×鼓童」で、新潟の佐渡島を拠点にする太鼓芸能集団「鼓童」と、“リズムとリズム”をテーマに共演する。

この2つの公演をWOWOWは2夜連続で5月に放映する。第1夜が「ブルーマン×鼓童」、第2夜「ブルーマン×市川亀治郎」。 番組では、彼らの出会いからそれぞれのオリジナルレパートリーを融合させ、全く新しいパフォーマンスを誕生させるまでのメイキングもあわせてオンエア。芸と芸、技と技が国境を越えてつながり、新たな化学反応が起こる感動の瞬間をとらえる。 

写真は3月1日に行なわれた ブルーマンと市川亀治郎の共演ステージ
 TEP_3789TKP_7906
TKP_7856TKP_7812
【公演予定】
『ブルーマン×鼓童』 
 ●3/29◎東京 六本木ブルーマンシアター
〈問合せ〉ブルーマングループ東京公演事務局 03-5414-3255

【放映予定】
『BLUEMAN MEETS 和太鼓』5/2(月) 夜 10:00   
『BLUEMAN MEETS 歌舞伎』5/3(火・祝) 夜 10:00 
〈番組に関する問合わせ〉0120-580-807 (WOWOWカスタマーセンター/年中無休9〜20時) 

【文/榊原和子】
【撮影/JAMES PORT(ブルーマン)、洲崎拓郎(鼓童)、市川亀治郎(TEPPEI)】

ハッピーなミュージカルが3年ぶりに開幕!『ウェディング・シンガー』

RIMG1214
06年に、アメリカのアル・ハーシュフェウルド劇場で世界初演、そして08年には、東京・帝国劇場で日本初演されたコメディ・ミュージカル『ウェディング・シンガー』が、3月6日に東京・シアタークリエで開幕した。
この作品は、井上芳雄演じるウェディング・シンガーのロビーと、上原多香子演じるジュリアの2人の恋の行方を描くもので、本当の愛に目覚めるまでの主人公2人のドタバタぶりに笑いながら涙する、いわゆるスタンダードなハッピー・ミュージカル。
 
アメリカ・ニュージャージーの結婚式場で働くウェディングバンドマンのロビーは、フィアンセのリンダとの結婚を目前に控え、幸せいっぱいの気持ちで毎日を過ごしていた。
ロビーと同じ結婚式場でウェイトレスをしているジュリアもまた、エリートビジネスマンの恋人グレンからのプロポーズを心待ちにしているのだった。
しかし、ロビーは結婚式の日、花嫁になるはずのリンダに結婚式を
ドタキャンされてしまう。傷心のロビーとは対照的に、グレンから念願のプロポーズをされ、幸せいっぱいのジュリア。
結婚式を控えているジュリアの買い物に付き合うことになったロビーは、そこで結婚式の予行演習として、彼女と誓いのキスの練習をすることに。ただの練習のつもりが、キスを交わした2人に衝撃が走って…。

キャストは井上・上原コンビをはじめ、大澄賢也、樹里咲穂、初風諄、鈴木綜馬など芸達者でシンガー揃い。すべて08年の初演時のメンバーで、よりパワフルにハートフルになって帰ってきた。
初日前日の3月5日に行なわれた公開舞台稽古で、主演の井上と上原が囲み取材に応じ、意気込みを語った。
RIMG1153
 

【井上芳雄】
RIMG1174初演のときから、作品のことをみんな愛していて、ずっと再演をやりたい! と言い続けてきたので、今回、再演が出来るということが楽しみで仕方ないです。
初演時からメンバーの仲もよかったので、今回は稽古場からちょっと和気藹々すぎるんじゃないかと(笑)。でもみんなプロなので、やるときはやって、和気藹々とするときは和気藹々して、メリハリがついてとってもいいカンパニーです。
再演ということで、稽古もすごい順調に進んでいるので、通し稽古も普通の作品よりもたくさん出来ました。もう早くお客さんの前でやりたいです(笑)。
この作品は,
本当にとってもよく出来たミュージカル・コメディで、観終わったときには必ず、幸せな気持ちになれる作品だと思います。とにかく何も考えずに来ていただければ、とっても幸せな気分になっていくと思いますし、笑ったりとか、笑顔になったりするチカラってすごいと思うので、僕たちは力いっぱい、みなさんに笑っていただけるように。みんな頑張っているので、ぜひ一緒に楽しみに来ていただければ嬉しいです。

【上原多香子】
RIMG1233再演できるとは思てなかったので、毎日楽しくて、夢みたいです。
この作品を観たお客さんに、幸せになってもらったりとか、結婚したいな、って思ってもらえたらいいな、そしてハッピーな気持ちになってもらえたらいいなと。
私の演じるジュリアは、ウェディングドレスを着ても、ウキウキというよりはマリッジブルーの気持ちやシーンが多いんです。
でも作品中に“一緒に年をとろう”という歌詞やセリフがあるんですが、結婚って、年をとるまでずっと続くからこそ、運命の相手なのかな、と演じていく中で思うようになりました。年をとった2人が想像できる相手が、理想の相手ですね。
本当に幸せになれる、劇場にいるだけでハッピーな気持ちになれるミュージカルなので、日ごろの疲れやストレスをたくさん発散して楽しんでほしいです。

 
RIMG1168RIMG1193
RIMG1258RIMG1293
RIMG1315RIMG1316
RIMG1341RIMG1407
ミュージカル
『ウェディング・シンガー』
音楽◇マシュー・スクラー
脚本◇チャド・ベグリン/ティム・ハーリヒ
作詞◇チャド・ベグリン
演出◇山田和也
上演台本・訳詞◇飯島早苗
出演◇井上芳雄 上原多香子 樹里咲穂 大澄賢也 新納慎也 初風諄 鈴木綜馬 ちあきしん 徳垣友子 他
●3/6〜29◎シアタークリエ
〈料金〉
S席¥11,000 A席¥8,500 (全席指定・税込)
〈問合せ〉
シアタークリエ 03-3591-2400
●4/1〜4◎梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
〈料金〉
¥11,500 (全席指定・税込)
〈問合せ〉
梅田芸術劇場 06-6377-3888
●4/8〜10◎名古屋・中日劇場
〈料金〉
A席¥11,000 B席¥7,000 (全席指定・税込)
〈問合せ〉
中日劇場 052-263-7171
●4/13◎山梨・山梨県立県民文化ホール
〈料金〉
S席(1階)¥8,000 A席(2階)¥6,500 (全席指定・税込 当日席は各500円増し)
〈問合せ〉
舞芸センター 055-228-3589
●4/17◎福岡・福岡市民会館
〈料金〉
S席¥11,000 A席¥8,500(全席指定・税込)
学生¥5,000 (当日座席指定・引換時要学生証・税込)
〈問合せ〉
ピクニック 092-715-0374
●4/19◎大分・iichiko総合文化センター
〈料金〉
S席¥7,000 A席¥5,000(全席指定・税込)
学生¥3,000(当日座席指定・引換時要学生証・税込)
〈問合せ〉
財団法人大分県文化スポーツ振興財団 文化企画課 097-533-4004
●4/22◎盛岡・盛岡市民文化ホール(マリオス)大ホール
〈料金〉
貸切公演のため、一般発売なし
〈問合せ〉
いわて生活共同組合 019-603-8299
●4/26◎東京・日本青年館
〈料金〉
S席¥11,000 A席¥8,500(全席指定・税込)
〈問合せ〉
東宝テレザーブ 03-3201-7777
【取材・文/安孫子惠】


記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について