稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

松岡充主演。劇団鹿殺し『不届者』お得なチケット販売中!

岩崎大(スタジオライフ)インタビュー

昨年は、様々なスタイルの舞台に合計7本出演した岩崎大。今年の出演第一作目は、スタジオライフの記念碑的作品『トーマの心臓』。再演を重ねるごとに、着 実にファンを増やしてきた劇団の代表作である。そんな岩崎に多忙な一年を振り返りつつ、大切な作品を上演する次回公演への心情を語ってもらった。

岩?さん


2009年を振り返る

――去年出演されたお芝居についてお伺いします。

1月に深沢敦さんとバービ−ボーイズの杏子さんの両プロデューサーの作品(『URASUJI・III 寵愛−大陸編−』)がありました。
――どのような作品ですか。
「好色必殺時代劇」といっています。
――岩崎さんの役どころは?
京本政樹さんみたいな感じのクールな二枚目役です(笑)。途中、パロディチックな遊びもありつつ、きちんとストーリーも展開されて、ほろりと涙もあります。スズナリでやらせていただきました。
――その次は?
次は劇団のプロデュース公演で2月の末から3月初めまで『フルーツバスケット』という少女漫画(高屋奈月さんの作品)の音楽劇をやらせていただきました。若干コメディで最後はシリアスという感じです。その次はカムカムミニキーナの『アザラシ』です。
――カムカムミニキーナは初めてでしたか。
はい。プロットをもとに、作品全編をほぼエチュードでつくるというやり方も初めてでした。いろんな人とコミュニケーションをとりながら作品をつくっていく過程がすごくおもしろかったです。
――そのあとの作品は何ですか。
劇団の『LILIES』という作品です。カナダのミシェル・マルク・ブシャールさんの原作で、牢獄の中で繰り広げられる話です。牢獄にやってきた神父に、囚人たちが劇中劇を見せ、神父である彼の過去を断罪するんです。これは劇団としては再々演で3回目になります。僕は初参加で、自分で体験するとこうまで違うかと思いましたね。観てたときは、「自分だったらこういうふうにやれるのにな」とか勝手に思ったりしますけど、いざやってみると、こっちであってたんだなと思ったり。いろいろ試行錯誤しながらやりました。
『LILIES』の後は、『フルーツバスケット』の名古屋公演です。2月にやったのはプロデュース公演でしたが、8月のはほぼ劇団員だけでした。
11月にDIAMOND☆DOGSのストレートプレイがありまして。彼らはダンスも踊れるし歌も歌える7人グループなんですけど、プロデューサーの方が本当のストレートプレイをやりたいということで僕を呼んでいただいたんです。博品館で10日間やらせていただきました。
12月はgood morning N°5の公演です。去年はいろんな芝居に出させていただいて刺激を受けましたが、あの作品は「なんだこれ!」というぐらい、今までやったことのないことがふんだんに盛り込まれていました。普段口にしない言葉(下ネタ)もありましたし、格好もいきなり張りぼて被って着ぐるみみたいな格好で出て来たりとか・・・。

2010年の第一作に向けて

――次は『トーマの心臓』ですね。この作品はスタジオライフでは、何回も上演されていますね。
今度で7度目です。僕は5回目の出演です。でもオスカー・ライザーという役は初めてなんです。
――『訪問者』という作品で、子どもの頃のオスカー・ライザーを演じられていますよね。ということは、オスカーの複雑な背景を理解していますね。
以前に体感はしているので、なんとなく体が覚えています。前回の公演は9年前で、同じように連鎖公演でした。今でも台本を見るたびに「こういう心情覚えてる」とか、セリフを一回聞いたらその心情を思い出したり・・・血肉になっている部分が多いと思います。熱いものがありますね。
――そのような経験を経て、今回『トーマの心臓』のオスカーを演じるというのは幸せですね。
ものすごく幸せです。今まで、歴代のオスカーがいるんですけど、誰も経験してないことなんです。これはちょっと強みだなと思います。
――役者としての醍醐味がありますね。
この作品は、僕ら劇団にとっては大事な作品で、ターニングポイントになった作品でもあるので、思い出はすごく深いです。
――5回もやっていると全体の流れをつかんでいますね。
そうですね。しかも5役もやっているんです。1つの作品をいろんな目線や切り口から見ているので。オスカーから見たらどう見えるのか、稽古ではそれが楽しくてしょうがないですね。

トーマの心臓

公演情報
スタジオライフ
『トーマの心臓』『訪問者』
原作◇(c)萩尾望都/小学館文庫
脚本・演出◇倉田淳
出演◇山本芳樹 松本慎也 曽世海司 岩崎大 高根研一 青木隆敏 他
2/27〜3/22◎紀伊國屋ホール、3/27〜28◎名鉄ホール、4/13◎仙台市民会館・大ホール
公式ホームページ http://www.studio-life.com/

えんぶ特選割引チケット発売中!
演ぶShop【チケット店】
http://www.enbu.co.jp/kick/shop/

Piper製作発表記者会見

自らを天才集団とよぶPiper(川下大洋、後藤ひろひと、山内圭哉、竹下宏太郎、腹筋善之介)。各々、俳優、脚本家、演出家、ダンサーetc.などとプロフェッショナルな才能を持ち、それぞれに活躍をしながら、数年に1回、「そろそろ、なんかやりたいね?」と集まる異色の集団。それゆえ、「数年に1本の作品は、必ず全員がやりたいことである」というクオリティの高いコメディを作り上げてきた。満を持して行う次回公演『THE LEFT STUFF』は、豪華ゲストと観客参加型演劇という。どのような作品になるのか探るべく、1月26日に行われた製作発表記者会見に潜入した!

IMG_0158


【ゲスト挨拶】
相武紗季
初舞台でコメディという、難易度がちょっと高いんじゃないかという不安もあるんですが、思いっきり楽しんで、ぶつかっていきたいと考えています。どうぞよろしくお願いします。

岡田義徳
今回、参加できることを、大変光栄に思っています。まだ自分の役割がどういうものなのか分からないのですが、ものすごく楽しんでいい作品にしたいと思います。よろしくお願いします。

川田広樹
ぼくも初めての本格的な舞台ということで、緊張しているんですけど、みなさんの足をひっぱらないように一生懸命がんばりますので、よろしくお願いします。

IMG_0167

【ストーリー解説】
後藤ひろひと

日本海に埋蔵しているといわれるメタンハイブレードという次世代エネルギーを採掘するための最も優秀な海底作業員を選定しようとしている機関の実験場のお話です。その実験は7人の優秀な海底作業候補生たちを1部屋に閉じ込めて、7日間共同生活をさせて観察するというものです。


【今作の特長】
後藤
ひろひと
私は実験を行う立場の人間です。後ろには何か部屋があって、その中で7日間私以外のメンバーが全員治験の対象となり、共同生活をします。わたしはその部屋の前にいて、中にいろいろな指示を与えることができます。その指示内容を私はお客さんと会話をしながら、決めていきます。つまり見に来られたお客さんの指示により、中にいる共同生活の実験を受けている人たちがどう動くかを観察する作品となります。そのため、毎日やることが変わります。1日2ステージあれば、それごとに違うことが起こる。役者のアドリブ力も相当試される。そんなストーリーでお届けしたいと考えています。


【そんな作品と自分の役について】
腹筋善之助

アドリブ力が試されますね。わたしはアドリブ力が全くない人間なので、どうしようかなと思ってるんですけど。どうやらひきこもりっぽい元木海曹長という役らしいので、ひきこもりっぽい感じって、わたし自身じゃないかと思って。今度の舞台はナチュラルに、自分を出していけばいいんだって言い聞かせています。

竹下宏太郎
どっちかといえば、今回のような作品は、お客さんも「あーお芝居っていうのはライブなんだな」と普通の舞台とはちょっと違う遊び方ができるんじゃないかなと思って。どっちかといえば僕の畑はライブの方なんで。僕は濱浦栄吉という日本海の漁師役なので、普段のまんまでいいかなと。楽しみにしております。

山内圭哉
僕の役所は今のところエコロジスト。実際は反エコロジストなんですけど。実験的なお客さん参加型ということに関しては、元々Piperもコメディという部分では、お客さんがいないとできないところとか、お客さんのその日の雰囲気で変たりするところもあるので、そこが底入れされてできるということは、ぼくはすごく楽しみにしています。来てよかったなと思える作品ができるといいなと思っています。

川下大洋
海洋生物学者という役ですが、元々好きな分野ではあるので、そこに思い切りのめり込むようにしていけばいいかなと思っています。アドリブは自分では苦手意識はないつもりなんですけど、どうなんですかね?いったい作者がわたしにどういう部分を期待してアドリブをさせようとしているんですかね。

後藤ひろひと
この作品が成功するかしないかは、川下大洋が失敗するかしないかにかかっています。失敗した方が結果がよく出る人なので、できる限りみんなで川下大洋の失敗を煽っていきたいです。

IMG_0166

【客演陣との掛け合い】
相武
紗季
アドリブを今まで求められたことがなかったので、人が見ている前で毎回違うものをどうやって見せていくんだろうっていう不安もありますけど、楽しみの部分もあります。
三島ゆうという山内さんと同姓同名の役所なんですが、7人の中で紅一点といっても、いない方がよかったんじゃないかというほどの悪女らしいので。その悪女っぷりをうまくできればいいなと。

後藤ひろひと
役者が演じたい役っていうのは、反対側の役なんですよね。上手に演じられる役というのも実はその人と正反対の役というわけですよ。あのドラマを見る限りあれだけ嫌な役をやっているということは、これだけいい方だということですよね。悪女になるために努力とかはしないでください。よりいい人として存在してくれたら、どんどん悪女が上手になると思います。

岡田義徳
僕は山口という資源エネルギーを研究している役なんですけど。アドリブは得意なのか得意でないのか自分でもよく分からないですけど、後藤さんが言ったんですけど、ぼくいい人をやる機会がものすごく多いので、本来の僕はすごく・・・。

後藤ひろひと
ごめん、おれの公式だとそうなる。

岡田義徳
ですよね。けっこう、悪いやつなんだなと。ぼくもお酒を飲むとどんどん調子がよくなってくる人物なので、その辺で、首輪のはずれた犬のように走り回れればいいなと思っています。

川田広樹
アドリブに関しては、一応、大喜利とかはやってきたんですけど、お芝居の中でのアドリブっていうのは初めてなので、いったいどうなるのか。お客さん参加型というのも経験したことないので。お客さん参加型というと沖縄で凱旋ライブを行った時に、ステージの上でコントを演じていたら、客席から突然ガバッと立ち上がりステージに上がってきた人がいて。よく見たらそれが自分の母親で「広樹、カステラ食べなさい」って。観客参加型とは違いますが、そんなシーンを思い出しました。


【最後にみどころを】
後藤ひろひと

何よりも昨日見た物が今日違う。今日見た物が明日は違うという、その日その日、その回その回で何が起こるか分からないというところを我々一同が楽しみたいなと考えており、それはイコールお客さんにも存分に楽しんでいただけるものと思っております。演劇ということで、堅苦しく考えなく、テーマパークと思っていただいて、気軽に何度でも楽しんでいただける作品となりますので、ぜひ劇場へ足を運んでいただきたいと考えております。

piper
公演情報
Piper
『THE LEFT STUFF』
4/10〜25◎本多劇場
4/29〜5/2◎シアター・ドラマシティ
5/8・9◎名鉄ホール
5/11◎アステールプラザ 大ホール
5/13◎仙台市民会館大ホール

作・演出◇後藤ひろひと
出演◇Piper(川下大洋・後藤ひろひと・山内圭哉・竹下宏太郎・腹筋善之介) 相武紗季 岡田義徳 川田広樹(ガレッジセール)
[お問合せ]サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(東京公演)
キョードーインフォメーション 06-7732-8888(大阪公演)
http://www.piper-z.com/

『なにわバタフライN.V』囲み取材

s_P2070530
丸5年の時を経て三谷幸喜作・演出の戸田恵子の一人芝居『なにわバタフライ』が、『なにわバタフライN.V』、N.V=ニューバージョンとなってシアタートラムで再演される。
出演者はもちろん戸田恵子ただ一人。しかし、舞台には様々な登場人物があたかも存在するかのように感じられ、“一人芝居”のイメージを塗り替えたこの作品。三谷が台本を練り直し、言葉は磨かれ、よりシンプルになっている。
初演時にはあった生演奏も今回はなくなるというから、さらに戸田の演技が際立つようになるだろう。
喜劇女優・ミヤコ蝶々の人生を描いた『なにわバタフライN.V』。その囲み取材が2月7日シアタートラムにて行われた。

 

s_P2070541

<囲み取材>

ーー5年ぶりの上演ということで、改めてお気持ちはいかがですか?

戸田 今はいっぱい、いっぱいな感じで。自分の気持ちを確かめる余裕もない。やっぱり何度やっても大変だぞ!という感じです。

三谷 俳優さんがいっぱい、いっぱいになるのを見るのは楽しいですね。(笑)戸田さんぐらいになると、このくらい追い詰めないと更に高みを目指せない。なんでもできちゃう人だから、逆に追い込んでいくことが必要なんですよね。

ーー前回終えて「もういい!」って思われたそうですが、リベンジするその心境は?

戸田 (笑)本当にやりたくないと思ったのは事実なんです。思い出を綺麗にしまっておこうって思ったんですけど。初演ではあまりにできなかったことが多かったですし、全容が見えた上でプランも立て、体力もつけてこの作品に臨んだら、どのくらいできるのか?と、もう一回試したくなりました。

三谷 僕としては、もっと大勢の人に見てもらいたいなという気持ちはあって。やっぱり、すごいんですよ戸田さんは。一人で2時間を引っ張っていく。戸田さんの芝居で見えない登場人物がそこにいるかのように感じるわけで。最後カーテンコールで戸田さんが一人出てきた時に、「そっか、この芝居は戸田さんしか出てなかったんだ」って改めて気付くみたいな…だったら、まぁ一人芝居じゃなくていいじゃないか。って話だけど。(笑)これからもずっとやり続けて欲しいなと思いますよ。

ーー5年前と今回と違いはありますか?

三谷 前回は2時間、上演時間があったんですが、今回は1時間45分ですからね、短くなった。5歳年を重ねたにも関わらず短くなったので、このまま行くと60歳ぐらいの時は15分ぐらいになりますよ。(笑)肉体的には5年前よりも遥かに今の方が調子がいいんじゃない?

戸田 そうなんですよねー。身体は初演の時より、ジムに通うようになったりと普段から心掛けるようになったので、それは有意義だったと思いますね。全然大丈夫でしたね。

三谷 あと生演奏がないですね、今回は。前はもっとセットもあったんですが、とにかく戸田さんを見て欲しいので、もうそれ以外の部分はできるだけ排除しようと。

ーー三谷さんの演出は厳しいですか?

戸田 厳しいか厳しくないかで言えば厳しい。厳しいというか、常に三歩ぐらい私の先を行かれてる感じです。より高みを目指して、より深くというのが稽古初日におっしゃっていただいたことなんで、日々それです。

三谷 戸田さんだからこそ、信頼関係ですよね。戸田さんだったらやってくれるだろうと思うから注文を出すわけで。なんでもやってくれるから。(笑)

ーー最後に一言づつお願いします。

三谷 本当に、今回の『なにわバタフライN.V』は戸田恵子を見る2時間だと思います。こんなに一人芝居って豊かで面白いのかって、みなさんに感じていただけると思いますので、是非ご覧になってください。

戸田 私の気持ちも新たに、本当にニューバージョンになりました。5年経ちましたが、更に若返って、躍動的な舞台になっていると思います。本当にたくさんの方に見ていただきたいと思っておりますので、どうぞ劇場に足をお運びください。

s_P2070536

 

パルコ・プロデュース
『なにわバタフライN.V

作・演出◇三谷幸喜

出演◇戸田恵子

2/7〜2/28◎東京 シアタートラム

●3/5〜3/7北九州芸術劇場 中劇場

●3/9〜10◎愛知 名鉄ホール

●3/13◎京都芸術劇場 春秋座

●3/16◎新潟 りゅーとぴあ 劇場

3/20〜31◎サンケイホールブリーゼ

<料金>

東京 ¥7,500(全席指定・税込)

北九州  ¥7,000(全席指定・税込) ユース料金(24歳以下)¥5,000(全席指定・税込)※要身分証提示

愛知 一般¥7,800(全席指定・・税込)


京都  S席¥7,500(全席指定・税込)学生&ユース席¥5,000(全席指定・税込)

新潟   S席¥8,000 / A席¥7,000(全席指定・税込)

大阪 S席¥7,500/A席¥6,000/ブリーゼシート¥6,000(全席指定・税込)

<お問合せ>

東京/パルコ劇場チケットレスサービス 03-3477-5858

北九州/北九州芸術劇場093-562-2655

愛知/メ〜テレ・イベント事業本部  052-331-9966

京都/京都芸術劇場チケットセンター 075-791-8240(平日10:00〜17:00)

新潟/サンライズプロモーション東京 0570-00-3337

大阪/ブリーゼチケットセンター 06-6341-8888(11:00〜18:00)     

                  http://www.parco-play.com/


【取材・文/岩見那津子】

記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について