稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

えんぶ9号ラインナップ

野田地図第16回公演『南へ』制作発表

s_RIMG4193

1月6日、東京芸術劇場の中ホールで上演されるNODA・MAP第16回公演『南へ』の制作発表が行われた。
妻夫木聡と蒼井優の初共演でも話題を集めるこの作品は、去年の『ザ・キャラクター』、『表に出ろいっ!』に続き、「信」じる側、「信」じない側、双方に疑問を投げかけるような作品になるという。
富士山に極めて似た名前の“ブジザン”という火山が物語の舞台。火山観測所に新任の観察所員としてやってくる男を妻夫木聡が演じ、さらにそこに蒼井優演じる虚言癖のある女が現れ物語は展開していく。300年間噴火しなかったブジザンであるが、ブジザンが噴火した300年前、その時代の話と絡めながら芝居は進む。
この日の制作発表には妻夫木聡と蒼井優をはじめ、渡辺いっけい、高田聖子、チョウソンハ、黒木華、太田緑ロランス、銀粉蝶、山崎清介、藤木孝、野田秀樹ら主要キャストが登壇した。またこれ以外にも野田が自ら「質が高い」と評した25人ほどのアンサンブルキャストも出演する。物語の内容にも関わってくるということで、役名は明かされなかったが、それぞれの役どころは以下の通り。

妻夫木聡・・・観測所に赴任してくる火山を愛する男
蒼井優・・・虚言癖のある女
渡辺いっけい・・・火山観測所の所長
高田聖子・・・火山の麓にある旅館の女将
チョウソンハ・・・火山観測所の観測員
黒木華・・・蒼井優演じる虚言癖のある女の分身
太田緑ロランス・・・旅館の女将の妹
銀粉蝶・・・尊い役どころ
山崎清介・・・火山観測所の観測員
藤木孝・・・尊い役どころ
野田秀樹・・・VIPという役

また役名だけでなく『南へ』というタイトル自体にも、物語に関する秘密が隠されているようだ。タイトルについて尋ねられると野田は「“南”という言葉で、色々お客さんにも想像して来てもらって、本番を見て色々感じてもらうのがいいかと思います。」と話した。

<登壇者挨拶>

s_RIMG4028
野田
 去年の新作二本では信じ込みすぎる人間の話を書いたのですが、今回は真逆で、嘘を書いてみたいと思っています。ご覧の通りすばらしい俳優陣と、日本に誇るべきスタッフさんが集まっているので、あとは台本と演出で良いか悪いか、出来が決まると思っています。稽古は良い感じで進んでいるんですが、やはり新作なので毎日不安を抱えながらも、今の日本の芝居の中では、なかなか見られないような骨太な建造物にしたいと考えています。信じるとか信じないとか、そういう話ではなく、見ていただいた後、日本というものをどういう風に思うかな。というような作品です。

s_RIMG4017
妻夫木 『キル』に続きNODA・MAPの作品に出演させていただくことになったんですが、『キル』は再々演ということもあって台本も最初からあったし、想像がつく中で「ここはこうしていこうか」っていう修正作業のほうが多かったと思うんです。今回は新作ということで一からスタート、野田さんの作品は二回目ですが、初めての体験が多いです。みんなでワークショップをやって、その時に出たアイディアを野田さんが使ってくれたりもするので、日々発見があるし、考えながら、試されていることが作品の中に生きてくる。いつも新鮮な気持ちでやらせてもらっています。不安も多少あるんですが、一つずつみんなで案を出し合いながら、力を出し合いながら、牛歩ではありますが進んでいってる感じがします。

s_RIMG4069
蒼井
 稽古の初日の朝に初めて台本を全部読んだんですが、すごく面白くなるのかなぁ、っていう気がして。新作ということもあって、みんなが共犯者のような、企んでいるような感じが楽しくてドキドキします。私は出て来て早々に嘘をつき始め、その嘘という自分の内側にあるマグマに飲み込まれたり、そこから出てきたりということを繰り返す女の子なんですね。自分が真実だと思って嘘を付くのか、嘘だとわかっていながら人を騙しているのか、そこも探り探りやっている段階です。でもどちらにせよ嘘を楽しんでいる女であることには間違いないと思うので、役と同様楽しめたらと。立って稽古をすると、台本からは読み取れなかった色んな出来事が出てきて、どんどんどんどん面白くなっていくんじゃないかと思っています。

s_RIMG4215
太田
 前回の『表に出ろいっ!』で野田地図に初めて参加させていただいて、本当に宝物のような経験をさせていただきました。今回は、『表に出ろいっ!』から打って変わって大人数の芝居なので、みんなで作る難しさと楽しさを感じさせていただいています。本当に憧れの方ばかりなので、色々なことを吸収して、自分もアウトプットしていけたらと思っています。

s_RIMG4093
山崎
 野田さんは遊眠社の頃から拝見させていただいているんですが、初めて今回出演させていただくことになりました。今、稽古に入って2週間ぐらいなんですが、時々野田さんが演出をしながら立ち稽古に入ったとき、そういう稽古の姿を僕は初めて拝見するんですけれど、ものすごく自由で、やっぱりとんでもない人だなっていうのを実感している毎日です。脚本もさることながら、役者としての野田秀樹さんの稽古中の姿を見るのが今は非常に楽しみな毎日です。

s_RIMG4101
藤木 
ワクワクドキドキしております。なけなしの想像力と直感をなんとか総動員して、この南へという芝居の一員として存在できたらなと思っております。野田さんの芝居には15年前に東宝制作の『虎』という芝居、あとはその2、3年前に『夏の夜の夢』で参加させていただいているんですが、何しろ15年ぶりですので、元気に、みなさんのパワーに負けないように頑張りたいと思っております。どうぞよろしくお願いします。

s_RIMG4105
銀粉蝶
 何しろ、大変タフな脚本が今、目の前にありまして、これをやるにはこちらも相当タフにならないと無理なので、稽古場でどんなことでもやってみよう、考えてみよう、そういう時間が楽しいです。大変ですけど。観たことない舞台になるといいなと思って、そこを一縷の希望にして頑張りますのでよろしくお願いします。

s_RIMG4124
黒木
 私は『ザ・キャラクター』と『表に出ろいっ!』と引き続き出させていただくんですが前回、前々回と変わらずに、一生懸命周りにいる役者さんたちを見て、色々なことを吸収していけてらいいなと思っています。蒼井さんの分身役なんですが、蒼井さんはずっとテレビで見るだけだったので、お会いして動いてらっしゃるのを見ると(笑)、なんていうか、すごく色々なことを考えてらっしゃったりとか、すごく元気で、とにかく一生懸命見て色々学んで生きたいと思っています。よろしくお願いします。

s_RIMG4095
チョウソンハ
 『ザ・キャラクター』に引き続き出させていただくんですが、もう野田さんの稽古場は本当に生き物のようにずっと変わり続けていくんです。野田さんは全部許してくれるというか、なんでもやらせてくれます。僕も今29歳で、アンサンブルで出るたくさんの人たちも20代だったり、すごく若い人たちと野田さんは接していて、本当にオープンというか、若い人間が今何を考えて、どういうことで悩んでいて、っていうのをすごく拾おう、聞こうとしてくれる。それが本当にありがたいというか、それで「やっていいんだよ」っていうメッセージをくれるので、じゃあやろうかなぁという感じです。

s_RIMG4138
高田 女将の高田聖子です(笑)。ロランスちゃんみたいな、美しい妹を持てて光栄なんですけれども、野田さんのお芝居に出させていただくのは、聡君と一緒の『キル』というお芝居と、藤木先生とご一緒した『虎』という芝居と、今度3回目なんですが、まぁいつも本を読ませていただいて全くわからなくて、頭悪いなぁ私っていつも思います(笑)。稽古の最初の日だったか、野田さんが「安いことをして志は高く」とおっしゃったのを励みにして、よくわからない大きい塊みたいなものの外側をぺたぺたと安いことをして、いっぱい触っていこうと。安い引き出しをいっぱい開いていこうと思います(笑)。よろしくお願いいたします。

s_RIMG4046
渡辺
 台本を全部読み終えたときに「おぉー」っと。あのそれぞれ見る人で見方が違うし、野田さんの舞台って色んなものが宝箱のようにあるので、引っかかるところが違うと思うんですが、僕自身は、胡坐をかいていたどこかの扉を開けられたような感じだったんです。それは演じる部分で何がどう違うかはわからないんですけど、たぶんお客で見てるとそうだろうなと思いました。ただ僕は役者として野田さんとやるのが好きで、見に行くより、自分が一緒にやるのが好きなので、非常に幸せに感じております。

s_RIMG4211



NODA・MAP 第16回公演
『南へ』

作・演出◇野田秀樹
出演◇妻夫木聡、蒼井優、渡辺いっけい、高田聖子、チョウソンハ、黒木華、太田緑ロランス、銀粉蝶、山崎清介、藤木孝、野田秀樹

●2/10〜3/31◎東京芸術劇場 中ホール

<料金>
S席:9,000円 A席:7,500円 サイドシート:5,500円(25歳以下3,000円要身分証)全ステージ当日券あり

<問い合わせ>
NODA・MAP TEL 03-6802-6681



【取材・文/岩見那津子】

壮大なスケールで迫力ある舞台。『銀河英雄伝説』公開舞台稽古レポ

s_DSCF7014
1月7日に初日を迎えた『銀河英雄伝説』の公開舞台稽古が、同日昼に多数の報道陣と一般ギャラリーを招いて行なわれた。本番さながらに迫力ある出演者たちの熱演と壮大なスケールで、原作を裏切らない迫力ある舞台に観客席から大きな拍手が送られた。

原作はSFファンタジー作家として人気の田中芳樹による長編スペース・オペラ小説。1982年に第1巻が刊行されて以来、全10巻と外伝4巻の全シリーズ累計で1500万部を誇るベストセラー小説である。物語は数千年後の未来を舞台に、「銀河帝国」VS「自由惑星同盟」の戦いを中心に描かれ、これまでに漫画、アニメ、ゲーム化などがされて、いずれも大ヒットしている。

宝塚歌劇など多数のカンパニーも上演を検討したものの、なかなか実現しなかったという待望の初舞台化が、今回の『銀河英雄伝説 第一章 銀河帝国編』で実現した。
原作では「銀河帝国」と「自由惑星同盟」の戦いで活躍する2人の名将、ラインハルト・フォン・ローエングラムとヤン・ウェンリーを軸に交互にストーリーが展開していくが、この舞台は「銀河帝国」サイドから描いたもの。
皇帝に奪われた最愛の姉を取り戻すべく軍人になったラインハルトが、親友のキルヒアイスとともに次々に戦い続け、やがて皇帝をしのぐ権力を手中にするが……。やがて全宇宙を支配するという野望へと変わるラインハルトの姿を中心に、今回の物語は展開されている。

s_DSCF7003
主演のラインハルトには若手注目株の松坂桃李が大抜擢、長身の堂々とした姿に元帥のコスチュームがよく似合う。下級貴族の生まれからのし上がった野心に燃える青年の激しさとともに、姉や父を愛する心の揺れが魅力で、人間的なヒーローだ。
幼い頃からラインハルトと兄弟のような親友のキルヒアイスは、歌や映像でも活躍中の崎本大海。戦いにも長けているが優しく穏やかな心の持ち主を、落ち着いた演技と確かな存在感で見せている。
ラインハルトの姉で皇帝フリードリヒ4世の寵愛を受けるアンネローゼには、元宝塚トップ娘役の白羽ゆり。気品ある美しさと情感ある演技で、熾烈な戦いの中でオアシスのような存在になっている。
伯爵家に生まれながらも、身分にはとらわれずにラインハルトの力になろうとする頭脳明晰な令嬢ヒルダは、人気グループAAAの宇野実彩子。有能な女性の一面と同時にキュートな持ち味が魅力的。

その他にもラインハルトの腹心の提督たち、ミッターマイヤー・中河内雅貴、ロイエンタール・東山義久などが凛々しく活躍。また義眼のオーベルシュタイン・貴水博之は冷徹で策略に富む人物をクールに演じてみせる。
また、フリードリヒ4世の長谷川初範、ラインハルトの父に堀川りょう、メルカッツ大将のジェームス小野田など脇を固める実力派俳優たちも見逃せない。

演出を手がけているのが、役者の身体表現を引き出す西田シャトナーだけに、原作の大きな見せ場である宇宙船団の戦いは、30人以上のコロスの統制されたフォーメーションで見事に表現。また青山劇場ならではのセリを多用、照明との組み合わせでスケール感を見せている。そして壮大な音楽は、アニメ「機動戦士ガンダムシリーズ」でもおなじみの三枝成彰が作曲している。

個性的なキャラクターたちが知力を尽くして繰り広げる戦略や戦術。そして、それぞれの心に起きるドラマがたたみ掛けるようにテンポよく運んでいく。原作のファンタジーとしての面白さが損なわれずにみごとなエンターテイメントとして舞台に立ち上がった。
このシリーズの「自由惑星同盟」側の物語もいつか上演してほしいものだが、すでに「銀河帝国編」の外伝として、ミッターマイヤー・ロイエンタールを主軸にした舞台が、6月に予定されているというからそちらも期待したい。

s_DSCF6956s_DSCF6989

s_DSCF6955s_DSCF6954s_DSCF6961-1



s_DSCF6952s_DSCF6985
s_DSCF6974



s_DSCF7026s_DSCF7022


s_DSCF6968s_DSCF7031



IMG_5197IMG_5022
(写真を2点追加しました。提供:銀河英雄伝説製作委員会)





『銀河英雄伝説 第一章 銀河帝国編』

原作◇田中芳樹

音楽◇三枝成彰

脚本◇堀江慶、村上桃子、西田シャトナー

演出◇西田シャトナー

舞踏監督・振付◇森田守恒

振付◇瀬川ナミ他

出演◇松坂桃李、崎本大海、宇野実彩子(AAA)/中河内雅貴、東山義久/ジェームス小野田/貴水博之/白羽ゆり/長谷川初範 他

●1月7日〜16日◎青山劇場

〈料金〉S席8500円 A席7800円

〈問合せ〉オフィシャルHP http://www.gineiden.jp/

 

『銀河英雄伝説』外伝

原作◇田中芳樹

音楽◇三枝成彰

舞踏監修◇森田守恒

出演◇中河内雅貴、東山義久、中塚皓平/三上俊(studio life)ほか

●6月(予定)◎サンシャイン劇場

【取材・文/榊原和子】

メインキャスト4人のインタビュー。『銀河英雄伝説』公開稽古

DSCF7043

『銀河英雄伝説』の公開舞台稽古の終了後、劇場ロビーでキャストの囲みインタビューが行なわれた。出席者は、主演のラインハルトの松坂桃李、ラインハルトの親友キルヒアイスの崎本大海、ラインハルトの姉のアンネローゼを演じる白羽ゆり、ラインハルト側につく令嬢ヒルダ役の宇野実彩子が、報道陣の前でインタビューに答えた。

ーー初日を迎える意気込みは?

松坂「キャスト全員、一丸となって無事成功させてやろうという気持ちですね」

ーー12月始めくらいから稽古に入られたそうですが、稽古場の様子は?

崎本「そうですね。コミュニケーション取る時間も多かったし、年末年始をはさんで忘年会や新年会という形でみんなで食事することが何度もありまして、そういう意味では仲良く乗り越えた感がありました」

ーー宇野さんは紅白に出られましたが。

宇野「みんなから紅白見たよと言ってもらって嬉しかったです。紅白出場は最高でした」

DSCF7039


ーーみなさん、役柄とかもう完成してる感じですか?

白羽「今回は戦いの場面が今回多いのですが、その中でアンネローゼは女性らしくできる役なので、大事に演じたいと思っています。今日の舞台稽古では、セリが多いので、まだそこに慣れていないので、初日は少しドキドキするかもしれません」

崎本「本当に今日のゲネプロで改めて発見したこともたくさんありますので、それをどう初日にプラスに繋げられるかということですね。それと流れに身をまかせる部分もあるのですが、自分の役はどちらかというと感情を抑えるタイプの役ですので、流れの中でもいかに流されないように伝えるべき部分を伝えていくか、それを考えてます」

宇野「私は長台詞の場面などは自分で理解するのがたいへんなこともあって、それをどう伝えたらいいのかという課題もあったのですが、これから初日に向けて、この舞台稽古で感じたことをぶつけていきたいと思ってます」

松坂「今日、一幕二幕通して、発見することもあったし、まだまだ改善しなくてはいけないこともわかったので、それは本当によかったなと思っています。僕の役は感情の起伏というか喜怒哀楽がすごくある人ですから、それをうまく表現できればいいし、お客さんにうまく伝えていけたらいいなと思ってます」

ーーコミュニケーション取れたというのは?

松坂「食事会が主ですね。ご飯を一緒によく行きました」

崎本「飲みすぎた話なんかは、まずい方もいるので(笑)。でも桃李くんの言った通りご飯が多かったし、さっきゲネプロが終わって桃李くんの第一声が“お腹が減った”でしたから(笑)、すごくいいなと思って。あそこがどうだったとか言うより、1つの舞台をやりきったという実感があって。きっといい初日を迎えられると思います」

DSCF7048

ーー宇野さんは紅白のリハーサルと稽古と重なったのでは?

宇野「そうですね、皆さんにご迷惑をおかけしてしまった部分もあったのですが、すごく皆さんにフォローもしていただいて。そういう焦りもあったのですが、自分をそのまま緊張状態に追い込めたので、自分としては集中できたなと思ってます」

ーー最後に松坂さんから抱負を。

松坂「無事、ゲネプロを終えまして、千秋楽までキャスト、スタッフ一同、怪我のないように過ごしたいと思います。そして来てくださったお客様のために、全力をつくして『銀河英雄伝説』をやり切りたいと思いますので、皆さんよろしくお願いいたします。ありがとうございました」

DSCF7042



『銀河英雄伝説   第一章 銀河帝国編』

原作◇田中芳樹

音楽◇三枝成彰

脚本◇堀江慶、村上桃子、西田シャトナー

演出◇西田シャトナー

舞踏監督・振付◇森田守恒

振付◇瀬川ナミ他

出演◇松坂桃李、崎本大海、宇野実彩子(AAA)/中河内雅貴、東山義久/ジェームス小野田/貴水博之/白羽ゆり/長谷川初範 他

●1月7日〜16日◎青山劇場

〈料金〉S席8500円 A席7800円

〈問合せ〉オフィシャルHP http://www.gineiden.jp/

 

【取材・文/榊原和子】 

記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について