稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

カムカムミニキーナ『>(ダイナリィ)』

東京ヴォードヴィルショー『無頼の女房』 佐藤B作インタビュー

DSCF1866

「堕落論」などで有名な小説家、坂口安吾をモデルにした東京ヴォードヴィルショーの舞台が、まもなく幕を開ける。

この『無頼の女房』という作品は、作家の中島淳彦が2002年に劇団道学先生に書き下ろして上演、高い評価を上げたもので、その後2006年にも他のカンパニーで再演されている。

内容は、無頼派と呼ばれ奇行で文壇を賑わした文学者の、身を削る創造の苦しみと、それを支えた妻の壮絶なまでの闘いが、中島淳彦ならではの人間への愛と洞察によって、面白くおかしく、ある崇高ささえともなって描かれる。

その戯曲に惚れ込んで、今回ヴォードヴィルショーの公演にと企画したのが座長の佐藤B作。ものを生み出す苦しみという点では、安吾にある共感を感じるという彼に、『無頼の女房』という作品の魅力と稽古場の様子を聞く。

 

【破滅的な作家に共感】

ーーこれは他の劇団でも上演した作品ですが、それをご覧になって惹かれたのですか?

いや、残念ながら観てなくて。中島くんの戯曲を読んで、すっかり魅せられてしまったんです。なんというか、すごく共感するんですよ。人間は素晴らしいところもあるけれど、同時にだらしのない動物であるというようなところを突きつけられるし、そこがすごく好きなところでもあるんです。他の作家の作品だと、わりと艱難辛苦があっても人間はがんばるものだというようなところがあるんですが、中島さんは「いや人間は所詮だらしないんだ」というのがあって、そこがすごく好きですね(笑)。

ーーこれは坂口安吾と奥さんがモデルになっている話で、物を生みだす人間とその家族のすさまじい闘いが描かれていますが、俳優にも似たような面がありますよね?

うちはあめく(みちこ)も役者ですから、それはかなりありますね。互いに役に入れば入る程、家では口をきかなくなりますから(笑)。片方だけが公演してる時は何かと相談にのったりできるんですが、2人とも出ているとなかなか難しい。

ーーでも演劇という共通言語があるのはいいですね。

僕も頼りにしてますからね(笑)。喧嘩すると最低なヤツだなと思うんですが(笑)、女優としては劇団の看板ですし、あいつがいてくれるから今回のこの作品もできるわけですから。

ーーこれはまさに妻の視点が中心になっていて、夫をはじめとする芸術家たちの生態が描かれている感じですね。

そうです。そこがすごくうまく描かれていて面白い戯曲だなと思います。主人公である坂口安吾という人は、僕なんか青春時代に読んで浸りましたし、すごい人だなと思ってますから、それを演じるのは正直プレッシャーなんですが。とりあえず役名の塚口圭吾だと思って(笑)、見るかたにはどちらに受け取ってもらってもかまわないし、そう思ってやらないと、なにしろとんでもないスケールの天才ですから。

ーー自分の肉体も精神も傷めつけながら物を書いた人ですね。

まさに壮絶で、そこを出すのはなかなかたいへんなんですが。自分も足元にも及ばないけど、近いことをしてる部分はあるんです。体に悪いから酒を飲むなと言われるとかえって飲むし(笑)、そっちへ行っちゃいけないよと言われるとわざわざその道を選びたくなる(笑)。人生でもいつも悩んだあげくたいへんな方に行っちゃってる、そういう気がしますからね(笑)。

ーーしかも、破滅的なだけでなく奥さんがいるのに他の女性に憧れ続けていたり、困った人ですし。

それもわかる気がするんですよ。初恋の女性とは大体うまくいかなくて別れたりするわけですが、かえってそれを一生引きずってしまう。女性は掴み切れない存在というか、目の前にいる人とは別の面影を求め続けてしまうところもあるんでしょうね。

ーー太宰治の役も出て来て、面白い役になってますが。

あのあたりも本当にうまく書いてます。笑える場面もあるし、ちょっとブラックな感じもあるし。

 

【一つ上の笑い】

ーー今のヴォードヴィルの芸達者な役者さんたちだからこそできる芝居でもありますね。

それなら嬉しいんですが、本当に喜劇的な部分と悲劇的な部分がうまく書かれてる戯曲です。僕もこの年齢になったからこそ、この本の凄さがわかるというか。こんな良い戯曲とよく出会えたなと思ってるんです。もうちょっと若かったら、もっと単純に面白い戯曲に目が向いてると思うんですが、切なかったりつらかったりしながら笑う、そういうものがやってみたいなと思ってたので、これはまさにぴったりなんです。

ーーネタバレですからあまり言えませんが、最後がなんとも切なくて。

僕はあそこが大好きで、たまらないですね。でも稽古はそのぶんたいへんです。読んだ時のこの面白さを表現できるかと言ったらまた別ですから。消化するまでは苦しみですからね。それに、それぞれの役者たちがこの戯曲を読み解いて、面白いと思ってる気持ちの部分が同じにならないといけないので。

ーー演出の中島さんはわかりやすいですか?

わかりやすく言っていただけるので有り難いんですが、それを出来るかはまた別問題ですからね(笑)。でもみんなの気合いが違いますね。昔、芝居を始めた頃みたいな気合いで。たとえばチェーホフとかゴーリキーの『どん底』みたいな、そういう戯曲と取り組む姿勢に似てるというか。それだけしっかり出来てて、面白いぶん手強い戯曲なんだと思います。

ーー劇団ももう37年ですが、劇団という形の強さがあるから出来る作品かもしれませんね。

確かに今回、単なる笑劇というものよりまた1つ上をめざすというか、演劇と言える喜劇というか、そういうものになるという確信と思いがあるんです。さらに深いところで笑ってもらえるんじゃないかと。とにかく登場人物たちがちゃんと生きていればすごく面白いものになるはずなので。いや稽古は思ったよりたいへんな毎日ですが(笑)。

ーー客演のかたも豪華ですね。

うちに出ていただくのは皆さん初めてです。でも大西多摩恵さん、井之上隆志さん、土屋裕一さんと、皆さん中島ワールドの方たちですから安心です。それから斉藤清六さんがすごくいい役で、すごく素敵ですから。そういう皆さんに劇団員も刺激を受けながら頑張ってますので、ぜひ楽しみにして来てください。

 

 

劇団東京ヴォードヴィルショー

『無頼の女房』
作・演出◇中島淳彦
出演◇佐藤B作、石井愃一、市川勇、山口良一、たかはし等、あめくみちこ、まいど優、京極圭、金澤貴子/斉藤清六、大西多摩恵、井之上隆志、土屋裕一
 ●4/3〜11◎新宿・紀伊國屋ホール

〈料金〉前売¥6000 当日¥6500

〈問合せ〉03-3227-8371 東京ヴォードヴィルショー

●4/16◎福島県文化センター大ホール

●4/24◎日南市・南郷ハートフルセンター

●4/25◎都城市綜合文化ホール

〈問合せ〉
福島/024-534-9331 福島県文化センター事業課

日南/0987-31-1145 日南市役所文化生涯学習課

都城/0986-23-7140 都城市文化振興財団

 

http://www.vaudeville-show.com

 

【取材・文/榊原和子】

 


話題作『博覧會』 間もなく開幕。

くせもの揃いの作家、演出家、そしてキャストで話題の舞台、『博覧會』の初日が近づいてきた。

4月8日の東京グローブ座を皮切りに、福岡、そして大阪と3都市で上演するこの作品は、パルコ・プロデュースならではの演劇の面白さを満載したエンターテイメント演劇である。

物語の背景になるのは戦前の台湾。成功を夢見て海を渡った旅芸人一座が、大舞台を前に繰り広げる人間模様。日本統治下とはいえ、異国である台湾で生きる日本人たちの、もの悲しくもしたたかな日々が、ペーソスと毒を含んだ役者たちの姿の中に浮かび上がる。

脚本は、劇団猫のホテルの主宰であり、自身のユニット「身も心も」などで作家・演出家・俳優として活躍する千葉雅子が、新たに書き下ろしたもの。また演出は、『鈍獣』や『印獣』を企画から参加した「ねずみの三銃士」の一員であり、『ヴァンプ・ショウ』や1昨年の『49日後…』などを手がけた池田成志が腕を振るう。

キャストは、一座の座長役として篠井英介、その娘に星野真里、座長に拾われて娘と兄妹のように育てられた男に荒川良々、一座の親方に大谷亮介、女形修業中の芸人には菅原永二という、まさに個性溢れる面々ばかり。また彼らを迎える台湾総督府の催事課長は池田が演じ、千葉も一座の女優兼女中として登場する。

その話題作に取り組むカンパニーの様子を、池田成志×菅原永二の対談記事の一部からお伝えしよう。
IKEDA,SUGAWARA
池田成志・菅原永二
池田 今回、千葉さんと打ち合わせしてて「戦前の台湾で売れない芸人が集まって、まるで場末スナックみたいに、ダラダラとリハーサルが続くっていうのはどうでしょ?」って提案を受けて、なんとなくその湿度の高そうな空気感を感じた気がしたんです。そこから話づくりが始まってます。僕も千葉さんも昭和30年代の日本映画が好きなんですよ。どうにもならないことにもがきながらも、生きているみたいな。
菅原 僕の役は一座の役者さんなんですよね。
池田 うん、女形もやるかも。
菅原 えっ、……英介さんがいるのに。
池田 そのくせ、星野真里ちゃんに惚れたりして。
菅原 なんじゃ、その役。
池田 ふふ、面白そうだね。
(中略)
池田 今回、僕をはじめバイブレーヤー体質の人が多いんです。こういう役者って、いろんな芝居で1人はこういう人はほしいよね、みたいなキャステイングをされるから、同じ芝居に出ることがなかった。そういうヤツら同士の打っては返しという芝居が観たかったから。
菅原 自分が学生だった頃から活躍されてる大先輩ばかりで……、ただ個々に面識はあって
……、緊張するというか、恐縮するというか……はい、すみません……、正直そういうの一切ありません(笑)。
(演劇ぶっく4月号、池田成志×菅原永二対談より)

といった具合に魅力的な役者たちを前に、池田成志演出のプランも絶好調。2人に言わせると「バカで悲しい千葉雅子ワールド」が花開く作品になりそうである。


パルコ・プロデュース
『博覧會〜世界は二人のために〜』
作・出演◇千葉雅子
演出・出演◇池田成志
出演◇荒川良々 星野真里 篠井英介 大谷亮介 菅原永二
●4/8〜21◎東京グローブ座
●5/1◎ももちパレス(福岡県立ももち文化センター大ホール)
●5/4、5◎梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

〈お問合せ〉
東京/パルコ劇場 03-3477-5858
福岡/ピクニック092-715-0374
大阪/キョードーインフォメーション 06-7732-8888

http://www.parco-play.com/


【文・榊原和子 撮影/岩村美佳】

『薔薇とサムライ〜GoemonRock OverDrive』囲み取材

s_P3170245

『薔薇とサムライ〜GoemonRock OverDrive』のプレスコールと、囲み取材が、3月17日、赤坂ACTシアターで行われた。

劇団☆新幹線30周年興行の第一弾となるこの作品は、
2008年に上演された『五右衛門ロック』のパラレルストーリーとなる。
古田新太演じる主人公の五右衛門はそのままに、
舞台をヨーロッパの小国コルドニアに変え、
そこに登場するのは天海祐希演じる、女海賊アンヌ・ザ・トルネード。
天海が披露する海賊姿や、ドレス、軍服姿も見どころの一つとなる。
天海のほかゲストとして浦井健治、山本太郎、神田沙也加、森奈みはる、藤木孝が出演。
橋本じゅん、高田聖子、粟根まことらの劇団員も揃い、まさに30周年にふさわしい豪華さだ。

プレスコールで披露されたのは、冒頭の20分ほど。
天海のコスチュームは女海賊姿しか見ることができなかったが、それだけでもかっこいいの一言。
古田の五右衛門との掛け合いも、回を重ねるごとにどんどん磨きがかかっていくに違いない。
生バンドによる演奏での歌あり、踊りあり、立ち回りあり、底抜けに面白いド派手な舞台になりそうで、期待で胸がふくらむ20分だった。

薔薇とサムライmain_L

新感線☆RX

『薔薇とサムライ〜GoemonRock OverDrive』

作◇中島かずき

演出◇いのうえひでのり

作詞◇森雪之丞

出演◇古田新太 天海祐希 浦井健治 山本太郎 神田沙也加 森奈みはる 橋本じゅん 高田聖子 粟根まこと 藤木孝 他

3/18〜4/18◎赤坂ACTシアター

4/27〜5/13◎梅田芸術劇場メインホール

〈料金〉

東京/S席¥12500 A席¥10500

大阪/S席¥12500 A席¥10500 B席¥7500 

〈問合せ〉

サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(10:00〜19:00)  

大阪/キョードーインフォメーション 06-7732-8888(10:00〜19:00)     

公式サイト http://www.bara-samu.com

【取材・文/岩見那津子】


 

 


記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について