稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

えんぶ8月号

『下谷万年町物語』舞台レポート

tirasi

時間が交差していくのを感じた。
31年前に西武劇場で上演された初演。
唐十郎の戯曲、演出の蜷川幸雄はそのままに宮沢りえ、藤原竜也、西島隆弘という三人のメインキャストを得てのシアターコクーンのリニューアルオープンの初日。
31年前と今とを特別出演の唐十郎と蜷川幸雄が結ぶ。

016

舞台を見ていると理屈を超えて胸が揺さぶられる瞬間というのがあって、この舞台でも何度かそういう瞬間が訪れた。
6本目の指でお互いに触れ合うとき、宮沢りえ演じるキティ・瓢田が踊るタンゴ、また彼女の独白…言葉そのものの意味を超えて、その言葉に込められた思いや町の匂い、演じる役者の温度がじわっと客席にまで伝わってくる。その瞬間がたまらない。

009

舞台は唐十郎自身が幼少期を過ごしたという下谷万年町。
長屋にはたくさんオカマたちが暮らしていて、すぐ近くには不忍池がある。
辺りを仕切るオカマの代表であるお春のイロだった洋一(藤原竜也)は権力の象徴である警視総監の帽子を持って逃げている。
お春たちの一味が総監から奪った帽子だが、巡りめぐって帽子は洋一の手に。
その帽子の行方を追うようにお春から頼まれるのが文ちゃん(西島隆弘)だ。
帽子を追う内に当然ながら洋一と文ちゃんは出会い、行動を共にするようになる。
不忍池の奥底から死にかけたキティを抱きかかえて、出てくる洋一。
池の底からジリジリジリ…という芝居の開幕を知らせるベルが鳴り響く。

025022

贅沢をいうなら、もう少し小さくて小汚い劇場でも見てみたかった、ということだろうか。
この戯曲を上演するにはシアターコクーンという劇場は少し広い。役者が池を行き来するたび水しぶきが飛び散るが、席が遠ければ遠いほど水しぶきは観客とは無関係なものになっていくのが惜しい。オカマたちのむせ返るような白粉姿も劇場が広い分だけ冷静に見ることができてしまうだろう。
ただこういった力強い猥雑さと美しさとが一体となった芝居を上演できるところがシアターコクーンの良さでもあると思う。どんな戯曲を上演しても独特の品が感じられる劇場であることが心地良い。

三幕構成での上演なのだが初日ということもあってか、三幕で話が佳境に向うのと同時にテンポも良くなってきた印象。
宮沢は話が進むにすれてどんどん魂がむき出しになっていくような雰囲気。余分なものが削がれていって、ただそこに心と身体が存在しているといった風。だからこそ時折、突き抜けた美しさを感じさせるのかもしれない。
藤原演じる洋一は物語の発端を作ってしまう存在。キティが探し求める演出家の“ようちゃん”と、自身を重ねていってしまうところが切ない。
出色は西島の文ちゃん。台詞の一つ一つに情感があり、伸ばした手の先の緊張感にも、起こりゆく出来事を見つめる繊細さにも惹きつけられた。宮沢りえ、藤原竜也の二人と並んでも遜色ない。

030

この文ちゃんと唐十郎自身とが重なってみえてくる。
唐自身を投影させた役が文ちゃんなのだろう。
不忍池の水面に映る自分自身、そしてオカマたちの姿。
水面は揺れて現実と幻想とが入り混じる。
6本目の指で掴むものは?紫色のサフランの花なのか、注射器なのか。
夢なのか現実なのかわからない、その混沌とした空気を劇場で存分に吸う。

初日は唐十郎、宮沢りえ、藤原竜也、西嶋隆弘らの熱演を目撃した観客からの熱いカーテンコールで幕を閉じた。
31年の時を超え、ひとつの事件に出会えたような興奮で胸がざわつく公演である。

002

『下谷万年町物語』

作◇唐十郎
演出◇蜷川幸雄
出演◇宮沢りえ 藤原竜也 西島隆弘
 六平直政、金守珍、大門伍朗、原康義、井手らっきょ、柳憂怜、大富士
 沢竜二、石井愃一、唐十郎 他

●1/6〜2/12◎Bunkamuraシアターコクーン

<HP>
http://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/12_mannencho/index.html 


【文/岩見那津子 撮影/冨田実布】

☆3月9日発売の演劇ぶっく4月号に『下谷万年町物語』に出演中の唐十郎さんのインタビューと舞台写真が掲載されます。

演劇ぶっくのネットショップ【えんぶShop☆ミロクル】

演劇ぶっく」2月号 全国書店にて好評発売中!


▼こちらでご購入いただけます▼

演劇ぶっくのネットショップ【えんぶShop☆ミロクル】



第三舞台が30年の歴史に幕。『深呼吸する惑星』フィナーレ

第三舞台

2012年1月15日、劇団第三舞台がその30年にわたる活動に終止符を打った。

昨年11月26日に新宿の紀伊國屋ホールで初日を迎え、その後は大阪、横浜、再び東京、そして大千秋楽は福岡という4都市5会場、全46ステージという大規模なラストステージとなった。

第三舞台は1981年に早稲田大学の演劇研究会の中に作られた学生劇団として旗揚げ。モダンで疾走する演技表現と重層性のある迷宮のような劇構造、込められたメッセージ性で若者の心を捉え、伝説的な人気劇団となった。この解散公演は、その30年にわたる歴史の終幕らしく当時の観客たちも詰めかけて、30年のフィナーレはが華やかに盛り上がった
 

封印解除&解散公演となった作品は『深呼吸する惑星』。
作・演出は鴻上尚史、出演は大高洋夫、小須田康人、筧利夫、長野里美、筒井真理子、山下裕子という劇団員、そして客演で参加した高橋一生の7人がメインキャストをつとめた。

物語は、初期からモチーフになっていたスペース・ファンタジーの骨組みの中に、現在の日本の抱える原発問題や基地問題などを映し込み、登場人物たちの過去と未来を俯瞰しながらそれぞれの次の一歩へとストーリーを収斂していく。その同時代への視点や、展開上のダンスやギャグの織りまぜ方などはまさに第三舞台ならではのテイストで、すべてを当て書きオリジナルという形で表現し続けてきた第三舞台らしさが全開した解散公演だった。

 

大千秋楽が行なわれたのは福岡市博多区のキャナルシティ劇場。
終演後のカーテンコールには作・演出・主宰の鴻上尚史も登場。「役者も僕も芝居は続けます。よろしければ宇宙のどこかの劇場でお会いしましょう」と挨拶。20分以上鳴り止まない手拍子に三度の登場で、鴻上は「ちゃんと終わらせることができる人が、ちゃんと始められるんだからね。おしまい!」ときっちり締めた。

この大千秋楽の模様は、北海道から九州までの全国映画館(ワーナー・マイカル24館、TOHOシネマズ6館)でもリアルタイムでライブビューイングとして生中継され、どの会場も満員の観客から終演後には盛大な拍手が巻き起こるという感動的なフィナーレとなった。


第三舞台 封印解除&解散公演

『深呼吸する惑星』

作・演出◇鴻上尚史

出演◇筧利夫 長野里美 小須田康人 山下裕子 筒井真理子/高橋一生/大高洋夫

荻野貴継/小沢道成/三上陽水

2011/11/26〜12/18◎紀伊國屋ホール

2011/12/22〜12/26◎森ノ宮ピロティホール

2012/1/6〜1/9◎サンシャイン劇場

2012/1/15◎キャナルシティ劇場

大千秋楽クローズドサーキット◎全国のワーナー・マイカル、TOHOシネマズ


【文/榊原和子 撮影/田中亜紀】


演劇ぶっくのネットショップ【えんぶShop☆ミロクル】

演劇ぶっく」2月号 全国書店にて好評発売中!

第三舞台の記事が演劇ぶっく2月号で6Pの特集記事になっています。


第三舞台

▼こちらでご購入いただけます▼
演劇ぶっくのネットショップ【えんぶShop☆ミロクル】


※お詫びと訂正

演劇ぶっく誌面の記事中の鴻上尚史インタビューで高橋一生さんの名前に誤記がありました。

関係者の皆様、読者の皆様にお詫びして訂正をさせていただきます。(編集部)



蜷川幸雄、7度目のハムレットに挑む!『2012年・蒼白の少年少女たちによる「ハムレット」』

f04251e3

蜷川幸雄が率いる若手演劇集団「さいたまネクスト・シアター」、1年ぶりの最新作は蜷川幸雄のが何度も挑戦しているシイクスピアの『ハムレット』。
これまで平幹二朗(1978年)、渡辺謙(1988年)、真田広之(1995
年)、市村正親(2001年)、藤原竜也(2003年)、マイケル・マロニー(2004年)という数多くの俳優 たちが演じて来たハムレットを、2012年を生きる無名の若者が演じる。

時代とともに変容を遂げるのが蜷川ハムレットの面白さで、今回は物語の中で登場する父親を失った3人の若者(ハムレット、レアティーズ、フーティンブラス)に着目し、語るべきテーマを失った現代にふさわしい作品を生み出していく。 

さいたまネクスト・シアターとは?
2009年に蜷川がオーディションで選んだ若き無名俳優たちによって結成された「さいたまネクスト・シアター」は、第1回公演の『真田風雲禄』でそのエネルギーを爆発させ、第2回公演『美しきものの伝説』で、結成2年目にして第18回読売演劇大賞優秀作品賞、蜷川幸雄が同最優秀演出家賞を受賞するなど、高い評価を得てきた。

だが「集団は3年で腐る。だから新しい血を入れていく」という蜷川の厳しい方針で、2011年3月に追加メンバーのオーディションを実施する。応募者総数517名から蜷川が選抜したのは、現代を象徴するような一見無表情で自己主張が判りにくい12名。蜷川は現代の若者を嘆いたり拒絶したりするのではなく、彼らのスタイルの違い、欲望のあり方の違いを取り込むことで、時代を象徴する作品を作りたいと考えているのだ。2012年の若者、「さいたまネクスト・シアター」の29名と対峙する蜷川がどんな作品を生み出すのか、興味は尽きない。 

  

第1回公演【真田風雲録】_(C)宮川舞子_0224第2回公演【美しきものの伝説】_(C)宮川舞子_1334
  第1回公演『真田風雲禄』       第2回公演『美しきものの伝説』   
 舞台撮影/宮川舞子


こまどり姉妹が特別出演

またこの公演のもう1つの話題は、伝説の演歌の女王「こまどり姉妹」の特別出演。
13歳で北海道から上京し、浅草で流しの歌手として活動を始めたこまどり姉妹は、60年代の高度経済成長期に、日本を代表する演歌歌手の座に就いた。

蜷川が「上演中に突然、三味線を持ったこまどり姉妹が歌いながら来る。この時ぼくらの舞台は拮抗できるのか?」と、1973年上演の『泣かないのか?泣かないのか?一九七三年のために?』で演出ノートに書いたように、蜷川にとって「こまどり姉妹」は自分の仕事を照らすもう1つの目。「こまどり姉妹に代表される生活者のまなざしに自分の作品が耐えられるのか?」と常に考えて来た彼にとって、その最もラディカルな手法が舞台上にこまどり姉妹を出演させることである。
「2012年の蒼白の少年少女たちが演じる ハムレット」と「こまどり姉妹」は拮抗しうるのか? 
蜷川の40年越しの想いが結実したャスティングがついに実現する。 


蜷川幸雄4C(正面)photo_km_h


関連企画で稽古場見学会

彩の国さいたま芸術劇場では、この公演の稽古場に埼玉県内在住・在学の中学生・高校生限定 で稽古場見学会を開催する。

●日 時 

2月5日(日)午後1時から約1時間)

※稽古場見学会終了後、蜷川幸雄・出演者との質疑応答を予定  

●会 場 

彩の国さいたま芸術劇場 大稽古場 

●定 員 

30名(参加費無料)

●対 象 

埼玉県内在住・在学の中学生・高校生 

●申し込み方法 

ハガキに以下の事項を記入の上、締切日までに応募。 

※応募者多数の場合は抽選。この場合、当選通知の発送をもって抽選結果の発表に代えます。 

 【記入事項】 

1、郵便番号・住所 2、氏名(フリガナ)  3、年齢  4、学校名・学年  5、電話番号 

6、希望人数(ハガキ1枚につき2名まで)、2名で応募の場合は2名の2〜4も記入。 

【応募締切】 

2012年1月27日(必着)

 【応募先】 

〒338-8506 さいたま市中央区上峰3-15-1 

彩の国さいたま芸術劇場 「ハムレット」稽古場見学会係 

●問い合わせ 

彩の国さいたま芸術劇場 0570-064-939(休館日を除く10:00~19:00)

公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団Webサイト 
http://www.saf.or.jp/info_archive/info_1112_01.html


さいたまネクスト・シアター第3回公演 

『2012年・蒼白の少年少女たちによる「ハムレット」』 

作◇W.シイクスピア 

演出◇蜷川幸雄 

翻訳◇河合祥一郎

出演◇さいたまネクスト・シアター 

浅場万矢、浦野真介、大橋一輝、川口覚、熊澤さえか、小久保寿人、佐々木美奈、周本えりか、 

鈴木彰紀、朕紗友、手打隆盛、土井睦月子、隼太、深谷美歩、堀源起、松田慎也、茂手木桜子、 

露敏、内田健司、内田真莉奈、岡部恭子、長内映里香、河内耕史、白川美波、高橋クレア、 

高山皓伍、平山遼、何嘉晃、吉武遥、中西晶 

こまどり姉妹(特別出演) 

●2/20〜3/1◎彩の国さいたま芸術劇場 インサイド・シアター(大ホール内)

〈料金〉4000円(全席自由) 

〈問合せ〉彩の国さいたま芸術劇場 0570-064-939(休館日を除く10:00~19:00)

http://www.saf.or.jp/arthall/event/event_detail/2012/p0220.html




演劇ぶっくのネットショップ【えんぶShop☆ミロクル】

『2012年・蒼白の少年少女たちによる「ハムレット」』 チケットを20%OFFで発売中!

(送料・手数料無料)


▼ご購入はこちらより▼
http://enbu.shop21.makeshop.jp/

記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について