稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

浪漫活劇譚『艶漢』第二夜

話題作『博覧會』 間もなく開幕。

くせもの揃いの作家、演出家、そしてキャストで話題の舞台、『博覧會』の初日が近づいてきた。

4月8日の東京グローブ座を皮切りに、福岡、そして大阪と3都市で上演するこの作品は、パルコ・プロデュースならではの演劇の面白さを満載したエンターテイメント演劇である。

物語の背景になるのは戦前の台湾。成功を夢見て海を渡った旅芸人一座が、大舞台を前に繰り広げる人間模様。日本統治下とはいえ、異国である台湾で生きる日本人たちの、もの悲しくもしたたかな日々が、ペーソスと毒を含んだ役者たちの姿の中に浮かび上がる。

脚本は、劇団猫のホテルの主宰であり、自身のユニット「身も心も」などで作家・演出家・俳優として活躍する千葉雅子が、新たに書き下ろしたもの。また演出は、『鈍獣』や『印獣』を企画から参加した「ねずみの三銃士」の一員であり、『ヴァンプ・ショウ』や1昨年の『49日後…』などを手がけた池田成志が腕を振るう。

キャストは、一座の座長役として篠井英介、その娘に星野真里、座長に拾われて娘と兄妹のように育てられた男に荒川良々、一座の親方に大谷亮介、女形修業中の芸人には菅原永二という、まさに個性溢れる面々ばかり。また彼らを迎える台湾総督府の催事課長は池田が演じ、千葉も一座の女優兼女中として登場する。

その話題作に取り組むカンパニーの様子を、池田成志×菅原永二の対談記事の一部からお伝えしよう。
IKEDA,SUGAWARA
池田成志・菅原永二
池田 今回、千葉さんと打ち合わせしてて「戦前の台湾で売れない芸人が集まって、まるで場末スナックみたいに、ダラダラとリハーサルが続くっていうのはどうでしょ?」って提案を受けて、なんとなくその湿度の高そうな空気感を感じた気がしたんです。そこから話づくりが始まってます。僕も千葉さんも昭和30年代の日本映画が好きなんですよ。どうにもならないことにもがきながらも、生きているみたいな。
菅原 僕の役は一座の役者さんなんですよね。
池田 うん、女形もやるかも。
菅原 えっ、……英介さんがいるのに。
池田 そのくせ、星野真里ちゃんに惚れたりして。
菅原 なんじゃ、その役。
池田 ふふ、面白そうだね。
(中略)
池田 今回、僕をはじめバイブレーヤー体質の人が多いんです。こういう役者って、いろんな芝居で1人はこういう人はほしいよね、みたいなキャステイングをされるから、同じ芝居に出ることがなかった。そういうヤツら同士の打っては返しという芝居が観たかったから。
菅原 自分が学生だった頃から活躍されてる大先輩ばかりで……、ただ個々に面識はあって
……、緊張するというか、恐縮するというか……はい、すみません……、正直そういうの一切ありません(笑)。
(演劇ぶっく4月号、池田成志×菅原永二対談より)

といった具合に魅力的な役者たちを前に、池田成志演出のプランも絶好調。2人に言わせると「バカで悲しい千葉雅子ワールド」が花開く作品になりそうである。


パルコ・プロデュース
『博覧會〜世界は二人のために〜』
作・出演◇千葉雅子
演出・出演◇池田成志
出演◇荒川良々 星野真里 篠井英介 大谷亮介 菅原永二
●4/8〜21◎東京グローブ座
●5/1◎ももちパレス(福岡県立ももち文化センター大ホール)
●5/4、5◎梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

〈お問合せ〉
東京/パルコ劇場 03-3477-5858
福岡/ピクニック092-715-0374
大阪/キョードーインフォメーション 06-7732-8888

http://www.parco-play.com/


【文・榊原和子 撮影/岩村美佳】

『薔薇とサムライ〜GoemonRock OverDrive』囲み取材

s_P3170245

『薔薇とサムライ〜GoemonRock OverDrive』のプレスコールと、囲み取材が、3月17日、赤坂ACTシアターで行われた。

劇団☆新幹線30周年興行の第一弾となるこの作品は、
2008年に上演された『五右衛門ロック』のパラレルストーリーとなる。
古田新太演じる主人公の五右衛門はそのままに、
舞台をヨーロッパの小国コルドニアに変え、
そこに登場するのは天海祐希演じる、女海賊アンヌ・ザ・トルネード。
天海が披露する海賊姿や、ドレス、軍服姿も見どころの一つとなる。
天海のほかゲストとして浦井健治、山本太郎、神田沙也加、森奈みはる、藤木孝が出演。
橋本じゅん、高田聖子、粟根まことらの劇団員も揃い、まさに30周年にふさわしい豪華さだ。

プレスコールで披露されたのは、冒頭の20分ほど。
天海のコスチュームは女海賊姿しか見ることができなかったが、それだけでもかっこいいの一言。
古田の五右衛門との掛け合いも、回を重ねるごとにどんどん磨きがかかっていくに違いない。
生バンドによる演奏での歌あり、踊りあり、立ち回りあり、底抜けに面白いド派手な舞台になりそうで、期待で胸がふくらむ20分だった。

薔薇とサムライmain_L

新感線☆RX

『薔薇とサムライ〜GoemonRock OverDrive』

作◇中島かずき

演出◇いのうえひでのり

作詞◇森雪之丞

出演◇古田新太 天海祐希 浦井健治 山本太郎 神田沙也加 森奈みはる 橋本じゅん 高田聖子 粟根まこと 藤木孝 他

3/18〜4/18◎赤坂ACTシアター

4/27〜5/13◎梅田芸術劇場メインホール

〈料金〉

東京/S席¥12500 A席¥10500

大阪/S席¥12500 A席¥10500 B席¥7500 

〈問合せ〉

サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(10:00〜19:00)  

大阪/キョードーインフォメーション 06-7732-8888(10:00〜19:00)     

公式サイト http://www.bara-samu.com

【取材・文/岩見那津子】


 

 


見たらきっと好きになる。増山麗奈ドキュメンタリー映画『桃色のジャンヌ・ダルク』

momoiro
いつでも、どこでも、カメラに向かって自分の考え、感じたことをいつわりなく話す姿が印象的だった。

2003年イラク戦争に反対し、桃色ゲリラを結成。
その数ヶ月後にはイラクに赴く。
入国早々、米兵の本物の銃を間近に見て「ビビりまくりです」。
病室で対面した病気の子ども達を前に「まだ自分の中で消化できないよ」とつぶやく姿。

核燃料の再処理に反対し極寒の六ヶ所村に赴き、吹雪の中ピンクのビキニ姿で反対の意を表するアートを作成し、パフォーマンスを敢行する。
観客なんて一人もいないのに・・・。

と同時に、愛娘2人と夫と4人でつつましい生活を送っている実生活。
彼女にとっては、戦争や原発に反対することも、銀座の歩行者天国でパフォーマンスすることも、画を描くことも、イラクに行くことも、子どもと遊ぶこともみな実生活。

彼女はきっと自分が伝えたいことがはっきりしている。
だからそれを伝えるために、24時間、365日、自分を見つめる客観的な視線を持っているような気がする。
そうでないと、1時間45分の33歳、日本人女性のドキュメンタリー映画がこんなにおもしろいわけない。

お芝居をやっている人や、自分の考えを表現するのが苦手だと感じている人にぜひ見て欲しい作品です。


チラシ

3/27(土)よりユーロスペースにてレイトショー上映(連日21:00〜)

『桃色のジャンヌ・ダルク』公式サイト
http://www.momoirojeanne.com/

【文・矢崎亜希子】
記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について