稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

『サロメ』

2人で17役!『モジョ ミキボー』(稽古場ルポ&インタビュー)

DSCF2775

文学座の俳優、浅野雅博と石橋徹郎が、2人で17役を演じるというので注目の舞台『モジョ ミキボー』が、5月4日に初日の幕を開ける。

作者はオーウェン・マカファーティで、1961年生まれの北アイルランドを代表する劇作家。昨年、新国立劇場で上演された『シュート・ザ・クロウ』によって、日本の演劇界でも知られるようになった。

作品の背景は1970年代、場所は北アイルランドのベルファースト。
過激派のテロリズムや一触即発の政治状況のなかで、映画『明日に向って撃て!』のブッチとサンダンスに憧れる2人の少年、モジョとミキボーの冒険と彼らが生きる厳しい現実が、日常的な描写の中に浮かび上がってくる。
この戯曲は『ミキボーと僕』というタイトルで映画にもなり(英国映画 監督・脚本/テリー・ローアン)、日本でもノーザン・アイルランド・フェスティバルで2008年に上映されている。

演劇としては今回が日本初演。浅野と石橋が企画制作、演出の鵜山仁の協力を得て2人の手作り公演として立ち上げた。しかも下北沢OFF・OFFシアターを約1カ月借り切ってのロングラン公演ということでも大冒険である。
その稽古場を見学、そして役者でありプロデューサーという2人にインタビュー。

DSCF2740

【稽古場ルポ】

「モジョ」「ミキボー」、2人が並んで自分の名前を名乗るファーストシーンから稽古は始まった。浅野雅博がモジョで石橋徹郎がミキボー、実力派俳優の2人だけに、1970年代のベルファーストの少年がすでにそこに息づいている。
まだ椅子だけしかない稽古場での立ち稽古、2人のほかには演出の鵜山仁と演出助手の斎藤栄作、少人数だけにコミュニケーションが密で、まさに共同作業で作り上げている。

この作品の登場人物は全部で17人。モジョとミキボーとそれぞれの家族、喧嘩相手の少年たち、2人の冒険場所である映画館や町で出会う人々、それら17役を、2人の役者が分け合っている。
なかでもとくに大きな役割りを果たすのがナレーター。演じる浅野雅博のセリフで場面が変わっていくだけに荷は重い。だが立ち位置を移動した瞬間に、少年モジョの顔からナレーターの顔に変わり、口調もガラリと変化させてみせるのはさすがだ。
石橋も9役を演じていて、その見せ場の1つ、ミキボーと喧嘩相手がばったり出くわす場面での役の移動ぶりなどは実に鮮やか、大きな身体の乱暴者として出現して、先ほどまで自分が演じていたミキボーを脅かしてみせる。

DSCF2747演出の鵜山は、そんな2人の動きを見ながら、BGMや頭上に響く軍用ヘリの効果音を試してみたりしている。
音楽は1970年代ポップスで、少年たちが憧れたニューシネマ『明日に向って撃て!』の主題歌「雨にぬれても」が、懐かしさと哀愁をかき立てる。

台本の言葉はかなり言い換えられていて、戯曲の言葉から芝居の言葉、つまり生きた人間の生理から発するものに変わっている。その感性こそが鵜山仁の演出家としての力で、生き生きとした少年2人のリズミカルな会話が心地よい。
そんな稽古を約1時間ほど見学したところで2人に話を聞いた。



DSCF2773

【浅野雅博・石橋徹郎インタビュー】

ーーこの戯曲に決めるまでのいきさつを。

浅野 最初はとくに2人と決めずに、4、5人くらいでやろうと思って本選びをしてたんです。この『モジョ ミキボー』は鵜山さんが英文のままの戯曲で持っていたものなんですが、どうも2人芝居らしいと。しかも30代後半〜40代前半の男優が演じると書いてあるから、ますます2人にぴったりだなと(笑)。

石橋 映画のDVDも観たら3人ともピンときて、直感でこれだ!と。2人芝居なんだけど2人で17役やるというのもいいなと。2人芝居で2つの声しか聞こえてこないと、客席で退屈してしまう可能性もあるけど、これはいろんな人になって出てくるので、面白がってもらえるんじゃなかと思って。やるほうはたいへんですが(笑)。

ーー他の役にどんどん変身していくのがすごいですね。

石橋 1つの役でもたいへんなのに、人格を変えるのがこんなにたいへんだとは思いませんでした。でもそこがこの芝居の醍醐味なんでしょうけど。

浅野 観てる人もそこが面白いと思ってくれるんじゃないでしょうか。僕はナレーターが一番プレッシャーですね。次のシーンがナレーターによって始まるわけですから。なんと35個所、ナレーターのセリフはあるので、「1日に1個所は、絶対とばすと思う」と言ってるんです(笑)。

ーー背景ですが、1970年代当時の北アイルランドの状況があるわけですね。

浅野 橋を隔ててプロテスタントとカトリックに分かれてて、僕のモジョは丘から転がっていってミキボーに会うんです。

石橋 そういうことは全て大人がやってることというか、2人は家庭環境の違いで引き裂かれる。橋が象徴的な存在というか。橋なんか壊しちゃえばいいのにっていうセリフもあるんですが。

浅野 僕はその橋を渡って会いに行く。でもいろいろなことがあって、また最後に橋を渡るんですが、その気持ちがとても複雑ですね。

ーー悲劇的な物語ですか?

石橋 じゃないと思います。

浅野 悲劇的なことも起きるけどね。悲劇ではないです。

石橋 北アイルランドということで、そういうイメージはあるんですが、やっぱり暗い気持ちでお客様を帰したくはない。そこで子供が主役ということは大きいと思ってるんです。子供たち自身は、どれだけ屈託ないかというのを見せたい。DSCF2764

浅野 「ベトベトになってる飴を紙ごと食べるのが好き」とか(笑)、子供ならではの面白い会話がえんえんと続くんです。

石橋 そういう話を兵隊さんを見ながらしてたりするんだよね。

浅野 そうそう。

石橋 それをオジさん2人でやれと書いてあるところが素敵なんです。

浅野 鵜山さんが改めて「この本はけっこう深いよ」と言ってたんですが、他愛のない会話なのに裏に深いものが見えてくるんです。

ーー出てくる大人たちも、モジョとミキボーの目から見た大人たちという構造になってる気がします。

浅野 そうですね。僕はミキボーのお母さんもやるんですが、モジョから見たミキボーのお母さんなんですよね。そこに何役もやる意味があると思ってます。

石橋 その何役を、せいぜいエプロンつけたり帽子をかぶるくらいの変化で見せるので難しいんですが。観ているお客さんの想像力をかき立てたいですね。

浅野 まさに演劇でしかできない、演劇ならではの作品だと思います。

ーー期間もロングランですごいですね。

石橋 実はそれがやりたくて。

浅野 NYのオフオフみたいに、評判の芝居がその小屋に行ったらやってるというのがやりたかったんです。

石橋 とりあえず1カ月やってたらこちらも変わるし、来てくれるお客さんも入れ替わる。最後にはお客さんが増え過ぎて観られなかったというのが理想です(笑)。

浅野 口コミで観たい人が増えるという形になってほしい。

石橋 35年後までロングランが続いてるって夢を、鵜山さんが見たそうですから(笑)。

浅野 夢じゃないと思う。いろんな役者さんで出来る戯曲だから。

石橋 それも僕ら2人にかかってます(笑)。

 

o014001981268185411707

『モジョ ミキボー』

作◇オーウェン・マカファーティ

翻訳◇平川大作

演出◇鵜山仁

出演◇浅野雅博 石橋徹郎

●5月4日〜5月30日 下北沢OFF・OFFシアター

5月4日(火・祝)〜 7日(金) 2,000円(全席自由・前売当日共)

5月8日(土)〜30日(日) 3,500円(全席指定・前売当日共)

コマンドエヌ 03-5338-6215

http://ameblo.jp/mojo-mickybo/


【取材・文/榊原和子】

3人で演じる『ローマの休日』(舞台稽古取材と出演者コメント)

DSCF2918
オードリー・ヘップバーンとグレゴリー・ペックで有名な、あの『ローマの休日』がストレートプレイとして舞台化され、4月27日に初日を迎えた。

1953年に公開されたアメリカ映画で、以来60年近く経った今も、世界中で愛されているラブ・ストーリーである。ミュージカルでは舞台化されたことがあるが、ストレートプレイとしては日本で初めて。また今回はたった3人だけの舞台ということで話題を呼んでいる。

物語は、窮屈な親善旅行を抜け出して、ローマの街に飛び出したある国の王女アン。その彼女を王女と知らずに自宅に泊めてしまう新聞記者のジョー。彼は朝になってアン王女と気づくが、スクープを目当てに知らないふりをしてローマを案内する。そんな2人の間にいつしか恋心が芽生えて、というロマンティックなストーリー。

今回の舞台は、ジョーには吉田栄作、アン王女には朝海ひかる、ジョーの友人でカメラマンのアーヴィングには小倉久寛が扮している。

セットはジョーのアパートがメインで、その部屋は2階にあるという設定から、上手客席に降りる階段を作り、観客のそばを出演者が劇中で行き来するのが楽しい。

モノクロフィルムのよさを舞台でも生かすために、セットも衣装も、もちろん小道具もモノトーン。セピア色に撮影されたジョーとアンのローマ観光風景もどこか懐かしい美しさだ。観光名所の「真実の口」はもちろん登場して、よく知られている名場面が目の前で繰り広げられる。

スマートでありながら赤狩りで祖国を追われた屈折と陰を魅力的に漂わせる吉田栄作と、無邪気な可愛らしさと気品を感じさせる朝海ひかるのアン王女。凄腕のカメラマンなのに人の善い小倉久寛のアーヴィング。脚本・演出はマキノノゾミ、脚本を鈴木哲也が手がけて、この舞台でしか見られないオリジナル部分もある。映画の中でアンが乗り回すスクーターのベスパは、ガソリンは許可が出ないために電気仕掛けで、朝海が嬉しそうに乗っている。

DSCF2923

初日前の舞台稽古のあと、吉田栄作、朝海ひかる、小倉久寛が取材陣からの質問に答えた。

 

【一問一答】

ーーいよいよ幕が開くんですが。たまたま今日は映画が初公開された日でもあるそうですが。

朝海 えー、知らなかったです。

吉田 知ってて今日を初日にしたのかな(笑)。

朝海 プロデューサーに聞いてみましょう(笑)。

ーー今の気持ちは?

吉田 本当にいよいよという気持ちです。初日独特の、なんか感慨深いものがありますね。

朝海 とても緊張しますけど、落ち着いてやりたいです。

小倉 はい、すごいビビってます。楽しんでやりたいんですけどね。なんかドキドキしてます。

ーー改めて感じる『ローマの休日』のよさって?

吉田 本当に僕たちがずっと大好きだった映画ですし、それプラスアルファでそれぞれの人間関係が深まってる舞台ですし、なんといってもこれは生の舞台ですからね。

朝海 生の舞台ならでは息づかいとか、生の感覚をぜひ劇場で感じていただきたいです。あとは毎日大事に演じていきたいなと思ってます。

小倉 あれだけ素敵な映画ですし、あれだけ綺麗な物語ですから、負けないように可愛くキュートにと。

朝海 小倉さんがね(笑)。

ーー小倉さんのそのお腹は?

小倉 入れてますよ、もちろん。これだけあったらたいへんですよ。

ーー今回はセットもモノクロで素敵ですが、気に入ってるセットは?

吉田 基本的に僕のアパートが中心になってますし、やっぱり自分のアパートですね。居心地がいいです。ベッドも長椅子も。

朝海 私はこの「真実の口」が。鼻筋が通ってて、本物にそっくりなんですよ。

吉田 行ったことあるんですか?

朝海 はい、この間ローマに行って。

吉田 手を入れてきましたか?

朝海 はい。大丈夫でした(笑)。かまれませんでした。

吉田 この大きさ?

朝海 はい。毎日ローマにいるみたいです(笑)。

DSCF2919ーー客席で観ていてもローマそのものという雰囲気ですね。

小倉 それは嬉しいですね。僕もセットで好きなのはジョーのアパートですね。ちょっと段になってるとか、いいよね。

吉田 小倉さん的には狙いやすいんでしょ? こけるとか(笑)。

小倉 そういうわけじゃなくて(笑)。窓から見える景色なんかもいいよね。

吉田 実際、映画でも高台に住んでて、そういう映画の部分を大事にしてます。

小倉 ベスパに乗るし。ベスパはこの舞台用に排気ガスが出ないのを作ってもらって。2人で乗るところなんか袖で見てて、青春してて胸がきゅんとなっちゃいますよ(笑)。

ーー2人の腕前は?

小倉 彼は上手ですよ、もともと。朝海さんはみんなが心配してて、今でも心配ですよ。

吉田 今日もちょっとぶつかりそうだった(笑)。

朝海 あのスクリーンに、いつも(笑)。それがちょうどお芝居と重なっていいかなと(笑)。

小倉 朝海さんの場合、心配なところが2つあって。1つはベスパです。あと1つは自分で言ってください。

朝海 一幕の二場に寝てるシーンがあるんですが、そこで本当に寝ちゃいそうに(笑)。さっきは別に寝ちゃったんじゃないですからね。いろんなことを考えてて。

吉田 寝ちゃったんだ、さすがだなと思ってた(笑)。

朝海 そんなことはないです(笑)。

小倉 あの態勢なら俺は寝るな(笑)。

ーー3人きりということで苦労されたことは?

吉田 そうですね、ステージに乗ってる生きてる俳優は3人きりですからね、がんばらないと。

朝海 吉田さんがずっと喋っててくださるんで、なので私が間違ってはいけないな思うんですが、さっきも間違ってしまって(笑)、すみません。

小倉 僕がいちばんたいへんで、すみません。さっきもずっと見つめ合ってしまいました。

吉田 狙いだと思ってもらえたみたいだよ(笑)。

ーープライベートでも仲良し2人ということですが。

吉田 それを生かさないとね(笑)。ちょっと笑いそうになりましたが。

ーー小倉さん踊ってますね。かなりハードな。

小倉 ハードに見えますか?よかった。

朝海 終わってハアハア言ってますね。アップテンポで跳ねてる感じで、あれはハアハアすると思います。

吉田 ダンスは僕がいちばん劣等生ですから。初めてです。

朝海 いえいえ、経験者かと。エスコートもさすがです。

ーー最後に、見どころは?

吉田 皆さんの大好きな『ローマの休日』を、基本的にはそのまま皆さんのイメージを壊さないようにやれる努力をしてますし、みんなで一丸となっていい作品にしています。映画より深まってるので、そこを楽しみに劇場まで足を運んでください。

朝海 本当にローマに旅行にきた感じを味わっていただけるので、今回の火山噴火で、飛行機が止まってイタリア旅行をキャンセルしたかたがいましたら、ぜひ銀河劇場に足を運んでいただければローマにいれる気分になれます。

小倉 なんかロビーのバーにカクテルがあるそうですが、俺たちの。

吉田 そうそう、俺たち3人の役をそのままイメージしてるカクテルで、ジョーは緑で、小倉さんのアーヴィングが赤、アン王女は白で、3人を合わせるとイタリア国旗の色になるそうです。

小倉 いろいろな工夫があるので、ここにいらして『ローマの休日』を楽しんでいただきたいですね。

DSCF2920

『ローマの休日

●4/27〜5/9◎天王洲 銀河劇場

●5/12〜16◎梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

原作◇ダルトン・トランボ

演出・脚本◇マキノノゾミ

脚本◇鈴木哲也

出演◇吉田栄作、朝海ひかる、小倉久寛

<料金>銀河劇場/¥9000(全席指定/税込)

           梅田芸術劇場/¥9000(全席指定/税込)

<お問合せ>銀河劇場チケットセンター/03-5769-0011(10:00〜18:00)http://gingeki.jp

梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ/06-6377-3800  http://www.umegei.com/

 

 

 

  【取材・文/榊原和子】

 


小劇場が19世紀のテムズ河になる!


sutazio-raihu

イギリスのユーモア小説として1889年に刊行され大ヒットした、ジェロームKジェローム原作の「ボートの三人男」がスタジオライフ公演『スリーメン イン ア ボート+1』として新井薬師にある小劇場のウエストエンドスタジオで上演されます。この小説はこれまでにも映画、テレビ、ラジオ、舞台、ミュージカルとあらゆるエンタテイメントのジャンルで作品化され世界中の人たちに愛されてきました。

原作では、3人の友人と1匹の犬が気晴らしのために、ちょっとしたボートの旅に出ます。みないいやつで(いろいろと問題もあるもですが)、大げさなホラ話や、土地ごとの歴史なども旅をしながら楽しく語られていき、イギリス作家のもつ思い切りの良いユーモアが満載の作品です。

今回の公演が行われるのは観客席が100人ちょっとの小劇場ですので、観客も彼らと一緒にテムズ河をボートに乗って楽しく旅をしている気分になることでしょう。スタジオライフは(ご存じの方も多いでしょうが)男性俳優が女性役を演じるのが特徴のひとつなのですが(もちろんそれはそれでステキなのですが)、今回は女性は登場しませんので、ビギナーの方にも安心しておすすめできる作品です。ぜひ小劇場ならではの醍醐味を味わってみてください。

念のため、劇団からのメッセージもごらんください。
「病気だと思い込んでいる働くことが大嫌いな三人の男たちが、健康を取り戻すために愛犬を連れ、テムズ河の旅へ出発します。世間知らずの彼らは無事に目的地へ辿り着けるのか…!?  '93ロンドン・フリンジで観客参加型の即興ドタバタライブとして大ヒットした作品です。笑いの渦に巻き込まれたい方必見!!」??

■スタジオライフ公演
『スリーメン イン ア ボート+ワン』
(東京公演)5/20〜30◎中野ウエストエンドスタジオ
(名古屋公演)6/4〜6◎七ツ寺共同スタジオ
(大阪公演)6/10〜13◎ウイングフィールド
脚本・演出◇倉田 淳
出演◇深山洋貴 関戸博一 富士亮太 三上俊 船戸慎士
篠田仁志 緒方和也 神野明人
問い合わせ:03-3319-5645(スタジオライフ)




記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について