稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

『サロメ』

吉田栄作インタビュー

s__MG_0559

名作映画『ローマの休日』が舞台化される。ストレート・プレイとしては日本で初上演、しかも出演者は3名だけというから、新しい試みの舞台である。

この舞台で新聞記者のジョーに扮するのは吉田栄作。オードリー・ヘップバーンが演じたアン王女には朝海ひかる、ジョーの友人でカメラマンのアーヴィングには小倉久寛、という3人が繰り広げる有名映画の世界。

演出のマキノノゾミが原作者からインスパイアされ、この舞台でしか観られない幻のオリジナルという視点を加えてあるという。その新しい『ローマの休日』の稽古場で、舞台俳優としての吉田栄作に語ってもらった。

 

【映画より深い部分も】

ーーこれは3人の芝居だそうですが、まずその話を聞いていかがでした?

実際どうしたら現実的になるんだろうと疑問でしたし、皆さんが不可能だろうと思っても当たり前だと思いました。でも出来上がった脚本を見てみたら、ちゃんと成立するんだと、それはいい意味で驚きでした。

ーーいわゆるローマ観光のシーンとか出て来るわけですか?

映像で見せる部分もありますが、たとえば観光名所の「真実の口」など、有名なシーンも舞台上に出て来ますから、皆さんが見たいと思っている場面はいろいろ出てくると思いますよ。

ーー名作映画でイメージが出来上がっているということは、どう受け止めましたか?

僕もあの映画のファンの1人ですから、オードリー・ヘップバーンとグレゴリー・ペック以外はやってはいけないと思ってましたし、それがファンの気持ちだと思います。でも話を聞いてやらせていただこうと思ったのは、映画よりも深いところが描かれているんです。
映画ではなぜ新聞記者のジョー・ブラッドレーがローマにいるのかは説明されてないんですが、舞台ではそれを説明する場面があるんです。当時のアメリカという国の中で起きていた社会背景に“赤狩り“というのがあって、この「ローマの休日」の原作者のダルトン・トランボは、実際に“赤狩り“にあってハリウッドを追放されているんです。
そんな時代のことを、今回、演出のマキノノゾミさんと脚本を共同執筆された鈴木哲也さんが投影しています。そこがあるのでカメラマンのアーヴィングとの友情もさらに深くなってますし、ある意味ではそこは映画より勝ってるところだと思います。

ーージョーはローマに逃れてきたわけですか?

逃れて来たのか追われて来たのか。どちらにしろそういう自分の国に対しての憂いみたいなものがベースにあるんです。そして第二次世界大戦で大きな犠牲を払って勝ち取った自由と民主主義を、今度はソ連との冷戦下でまた失おうとしている。アメリカは何をやってるんだろうという愛国心があるからこその葛藤があるんです。
そういうブレやすい政治への怒りみたいなものを抱きながらローマにいる、というのがだんだん見えて来るので、そこが面白いと思います。皆さんの知ってるあの映画を、自分たちによってより深めることができるのが楽しみです。

s__MG_0436-1

【ロックな役】

ーーここ数年、とても面白い舞台に出ていらっしゃいますが、最初の舞台が永井愛さんの『やわらかい服を着て』(06年)でしたね。

僕はそれまで舞台に立ちたいと思わなかったし、立てるとも思わなかった。それが永井愛さんのおかげで、舞台の面白さに気づかされたんです。
まず出ると決めた時点で、永井さんが、いろいろ話し合ったうえで書きたいと言ってくれて、内容についてもお互いの話の中で出来上がった部分がだいぶありました。それに第三場の途中で歌う場面があったんですが、それは僕の中から出てきた歌だったんです。僕の役が歌が好きということもあって、なんとなく戦争中のイラクの子供たちに向けて歌う歌があればいいなとギターを爪弾いてたら、わーっと降ってきたみたいにスルッとできて、気づいたら泣きながら歌ってる自分がいたんです。
そういう経験もあったりして、僕にとって舞台で表現するということでは、テレビとか映画とは違う楽しさが感じられたんです。

ーー次が白井晃さん演出の『三文オペラ』(07年)でしたね。

あれは特殊な作品でしたが、面白かったですね。それまで白井さんとは面識がなかったんですが、世田谷パブリックシアターのそばのイタメシ屋に軟禁されて、出てほしいと詰め寄られて(笑)。60年前の作品ですからそのままやっても面白くないとか、今の時代の池袋とか渋谷とか、そういう設定でも十分通じるからそういうことをやりたいとか、そういう話をした覚えがあります。

ーー取り組みが難しそうな作品でしたが、いかがでしたか?

今回の『ローマの休日』もそうですが、僕は自分に都合のいい解釈から入るんです。たとえばアルセーヌ・ルパンではなく孫のルパン三世をやると思えば、すごくラクになるじゃないですか(笑)。古典とか時代劇をやるのではなく、現在の物語をやるという気持ち、それでいいんじゃないかと。『三文オペラ』の主役のメッキー・メッサーなんかも結局伝えたいことはシンプルだったり、民主主義に対する反発で、それは今の我々が政治に対して疑問を投げかけるというのと同じだし。そういう解釈でやってました。

ーー次の『オットーと呼ばれる日本人』(08年)も問題意識の高い内容でしたね。

これもやりがいのある作品でした。主人公はあの戦争が悪いと分かっててそれを命がけで回避しようとしたわけですから。なんていうのかな、本当の意味のロックを感じますよね。そういう意味ではその前の2本の役もそれぞれロックですね。それは今回の『ローマの休日』でも、増えた部分にもちゃんとロックがあるので、僕もやりがいがあるなと思ってます。

s__MG_0489

【芝居筋が鍛えられる】

ーー舞台という表現について感じることは?

ある意味ではやっかいな表現だなと思うんです。一番前のお客さんと一番後ろのお客さんがいる空間で、そこで自分が話してることを同じように伝えなきゃならないこと自体に矛盾がある。だから最初は関わりたくないと(笑)。そもそも自分が志したのは映像でしたし、たぶん一生関わらないだろうなと思ってたんですが、永井愛さんとの出会いをきっかけにいい作品に巡り会えて、いい演出家に巡り会えた。
僕はいつも思うんですが、“芝居筋”という筋肉があるならばそれを確実に鍛えてくれる場所だなと思います。それで1作1作ちゃんとやって映像に帰ったときにーーあえて帰るといいますがーーそれが生かされるのを感じることができる。たとえばバッターで言えば、前は打てなかった球が打てるようになってる。そういうのを実感するんです。それは同時に自分の未熟さを実感することでもあるわけですから、まだしばらくは舞台にお世話になったほうがいいかなと思ってます。

ーー芝居筋というのを具体的にいうなら?

反復運動をすることで身につくもの、先程言ったような矛盾をなんとかしようとするために必要なもの、いろいろな方向から役にアプローチできる表現力とか、そういう全部ですね。

ーー舞台は長丁場ですが、それだけに、より試行錯誤も可能ですね。

僕はバスケットボールを小さい頃からやっていたんですが、なんか演劇の現場って似てるなと思うんですよ。合宿所があって選手が集まって、コーチがぎゃーぎゃー言って指導して(笑)、試行錯誤があって、フォーメーションがあって、1人できないヤツがいたら出来るまでみんなでやって。でも試合が始まったら選手にまかせるしかない。

ーーこの『ローマの休日』は、その選手が3人ですね。

新たな競技です(笑)。

ーー共演の朝海ひかるさんはどんな印象ですか?

まだ語れるほど稽古をしてないんですが、昨日、ダンスできない僕に付き合ってくれて、有り難いなと。

ーー小倉久寛さんとは飲み友達だとか?

出会いは10年ぐらい前の大河ドラマだったんですが、飲み会みたいなので仲良くなって、そこからずっと飲み友だちみたいにさせていただいてます。そのときは芝居ではちゃんと絡むことがなかったから、今回初めて正面から芝居をやれるのが嬉しいですね。もちろんSETの舞台は何度も観に行ってますから、彼の役者としての凄さもわかってるのですが。

ーー3人きりなので、お互いが頼りだし、逆に言えば責任も重いですね。

それもやりがいですからね。これから3人で、稽古と本番をチームワークよくやって行きたいと思ってますので、楽しみにしていてください。

 

s__MG_0611

 

『ローマの休日』

演出◇マキノノゾミ

脚本◇鈴木哲也 マキノノゾミ

出演◇吉田栄作、朝海ひかる、小倉久寛

4/27〜5/9◎天王洲 銀河劇場

5/12〜16◎梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ 

〈料金〉¥9000 (全席指定、税込)

〈問合せ〉

東京/03-5769-0011  銀河劇場チケットセンター(平日10時〜18時)http://gingeki.jp(pc&携帯)

大阪/06-6377-3888  梅田芸術劇場  http://umegei.com

 

【取材・文/榊原和子 撮影/岩村美佳】

 

『君と見る千の夢』製作発表会見

2women2men
5月に上演される相葉雅紀主演の舞台、『君と見る千の夢』の製作発表会見が、326日に都内で行われた。
(相葉さんの写真は掲載されません) 

昨年の『グリーンフィンガーズ』(09年)での好演が記憶に新しい、嵐・相葉雅紀が早くも今作に挑む。
演出家・宮田慶子とのタッグは、『燕のいる駅』(05年)、『忘れられない人』(07年)、そして『グリーンフィンガーズ』に続き、4度目となる。
宮田が「相葉くんに、ぜひ純粋なラブストーリーを演じてほしい」と脚本家・金子ありさに依頼し、立ち上がった今作品。
金子いわく「宮田さんより伺った相葉くんの明るく、気さくなイメージとは違った大人っぽい面を引き出したい」と、新たな一面を見せられるような役を想定して描いたそう。映像関係の仕事が多い金子が、「舞台 でしか見せることの出来ないものにこだわった」という過去と現在が交錯する設定も注目される。

物語の舞台となるのは、病院。交通事故で昏睡状態になった男とともに、駆け込んできた相葉演じる池辺春也。集中治療室で処置を受ける男の元へは、春也の家族や幼なじみ、恋人たちが続々と駆けつける。
その顔ぶれに春也は、「この男はもしかして俺?!」と異様な事態に気付く。
ベッドに横たわる自分を不思議に見下ろす春也。事故の記憶がない中で、恋人との出会い、あきらめた夢、家族や友人との思い出の日々を振り返るのだった。そして様々な絆を感じ、確かめることで、春也はこの事故の真相を知ることとなる…。

 

この日の会見には、相葉を始め、共演の上原美佐、藤田朋子、相島一之、田山涼成、演出家・宮田、脚本家・金子が登場した。

lady

ーーまずは本作への意気込みをお聞かせください。

相葉「台本を初めて読んだとき、物語が幽体離脱するところから始まるので、現実とかけ離れているのかなと思ったのですが、そういうわけでもなくて。笑える部分もありますし、春也がいろんな顔をする作品なんだなと思いました。この作品を見に来ていただける皆様に、何かを感じてほしい。感じてもらえるように頑張ります」

上原「初舞台で、初めての現場に緊張してますが、今出せる力を出して頑張りたいです」

ーー稽古開始から1週間で早くもコミュニケーションが取れてるようですが、稽古中のエピソードなどありましたら、教えてください。

藤田「相葉くんは若いのに座長としての役回りをしっかりこなされていて、すごいなあと」

相島「藤田さんは顔合わせの日から、相葉くんのことをいろいろといってましたよ。

(院長役なので)私が楽しみにしているのは、相葉くんの頭からつま先まで輪切りにしたカルテをモニターに映して、私が解説する場面…」

相葉「そんなシーンないですよね(笑)」

田山「僕は相葉くんの父親役を演じますが、1週間たって、だんだん相葉くんと似てきたなと思って(笑)」

相葉「そっくりです、お父さん!(笑)」

ーー相葉さんと宮田さんは4作目のタッグとなりますが、お互いについてお聞かせください。

相葉「いつもアドバイスをいただきっぱなしですね。稽古中は手当たり次第、引き出しを広げて見ていただいてます」

宮田「1作目から感じていたが、本当にいい男になってきたなと。周りを受け止める、フォローする余裕が出来て、頼りがいある座長になれてる。貪欲だから前へ前へという姿勢なので、現在の相葉くんのいろんなものを投入できるチャレンジしがいのある作品にしたいです」man

相葉「稽古期間中にほめられるのはいつぶりか分からないくらい久しぶりですね(笑)」

ーー期待のかかる相葉さんですが、役作りについてお聞かせください。

相葉「長いセリフが多くて、難しいです。舞台上での、会話がキャッチボールにならない状況をどう表現しようか?いろんな感情表現の仕方を試していて、苦労というか楽しみつつやっています」

ーーではタイトルにちなんで相葉さんの夢を伺いたいのですが。

相葉「まずは52日の舞台初日を大成功するようにしたいです。これからの頑張り次第なので、その夢に向かって必死に頑張ってます。劇場という空間でお客さんと同じ夢を見たいです」

ーー最後にメッセージをお願いします。

相葉「宮田さんとは4回目になるんですが、これまでとは違った幅の広い役をやらせてもらってます。ぜひ見に来てください。よろしくお願いします!」

 

 

『君と見る千の夢』

●5/2〜 24◎ 東京グローブ座

演出◇宮田慶子

脚本◇金子ありさ

出演◇相葉雅紀 上原美佐 藤田朋子 相島一之/田山涼成 他

〈料金〉

S席¥8500 A席¥7500 B席¥5500 (全席指定・税込)

〈問合せ〉 03-3366-4020 東京グローブ座

 

 【取材・文/櫻井麻子】

 


『サイド・ショウ』伊礼彼方インタビュー  


irei

『サイド・ショウ』が4月7日にいよいよ開幕する。

この作品は、1930年代のアメリカで、ヴォードヴィルの世界で人気者として名を残した結合双生児、ヒルトン姉妹の数奇な生涯を描いた傑作ミュージカルである。

『ドリームガールズ』や『タップ・ダンス・キッド』などで有名な作曲家ヘンリー・クリーガーの珠玉のナンバーで綴られていて、97年に第52回トニー賞のミュージカル作品賞をはじめ4部門にノミネートされている。
その作品で、妹のヴァイオレットに恋するミュージシャンのバディ・フォスター役に扮する伊礼彼方。08年『エリザベート』のルドルフでデビュー、以来、ミュージカルの若手人気スターとして活躍する彼に、この作品と近況をインタビューした。

 

【歌は動きながら覚える】

ーー『サイド・ショウ』でのバディ役はどんな感じですか?

一言でいうと、陽気なアメリカ人という感じです(笑)。ストレートに「結婚しよう」みたいな歌もあって、登場人物の中では一番明るく陽気な人物かも。でも姉妹がくっついているという現実からは逃れられないので、色々な葛藤もあるし、そこがどう結びついていくかというところなんですが。

ーー曲もたくさん歌ってるそうですね。

セリフが音楽で流れるので、とにかくすごくたくさん歌います。曲の入りで一緒に歌って、そのままそこにいて歌っていなくても、ラストでまた一緒に歌う、みたいなこともあるし、ソロ以外にも20数曲たずさわってます。普通は自分の曲を覚えればとりあえず一安心ですけど、これは全体を覚えないとどうにもならないので、そこがたいへんです。毎日稽古を通したいくらいです(笑)。

ーーいつも曲はどんなふうに覚えるんですか?

セリフと一緒で、相手の部分を覚えながらですね。あとこの作品は全部セリフが歌なので、なぜこういう音階になっているのか、そういうことを考えながらとか。僕は座っては覚えられないんです。歩きながらとかジムで自転車こぎながらとか、動きながらのほうが感情がわいてくるんです。だから覚えるという結果は同じでも、動いてたほうが速く覚えられるんです。今、稽古場まで一駅分約20分ぐらい歩いてるんですが、その時間が覚えるのにちょうどいいんです。そういうプロセスが僕には大事で、稽古場はすでにシュミレートしてきたものを実際にやる作業だし、それをチェックしてもらう場という感じです。

 

【刺激的で危うさのある存在】

ーーこの作品の前に出演した『GARANTIDOー生きた証ー』は、ミュージカルだけど、シリアスなお芝居でしたね。

すごく面白かったです。毎回作品に育てられていると思うんですが『GARANTIDO』もそういう作品でした。1つ1つの作品ごとに自分が変化しているといちばん感じるのは、いろんなものを素直に受け入れたり認めることができるようになってきてること。自分が間違ってるなと思ったら、すぐ直せるようになりました(笑)。

ーーすごく前向きで柔軟になってるんですね。

この作品もベテランの方々ばかりですから、僕が混じることのプレッシャーはあるんですが、でもバディという役を伊礼彼方にやらせようということは、今の僕の何かを活かせばいいのかなと。毎日迷ったりする、完璧ではないところが役に活きればいいかなと。バディはそういうところが、僕と重なる。だから今の自分のいっぱいいっぱいなところとか、そんなに頑張らなくていいのに、みたいなところが、バディの痛々しさとかそういうのに結びつけばいいなと思います。

ーー伊礼さんのその若さとか危うさが、いい意味で現場の刺激になるんでしょうね。

いつも「何をしでかすんだろう」と思われていたいですね。どんな現場でも、「なるほどそう行くのか」みたいな意外性とか(笑)。どこか緊張感を感じさせる、危うさも含めて常に刺激的な存在でいたいですね。

 

【バディはぎくしゃく?】

ーー歌唱力もアップしてますね。

いや、まだまだです。日々修行中ですが、やっぱり常に思うのは歌はうまさじゃないんだなと思ってて、聞いてくれる人の心にちゃんと届く、心に響く歌を歌いたいと思っています。でもそれを表現するためにも技術は必要なんで、そこはしっかり頑張ります。『GARANTIDO』のときにも再確認したんですが、誰もうまく歌おうなんて思ってない。言葉を伝えよう、心を伝えようとしてて、それがお客様にも伝わるんです。今回のデイジー役の樹里咲穂さんは『GARANTIDO』でもご一緒だったんですが、本当にそういう面でも技術はもちろん、表現力とかすごい方で、上手く聞かせようとする前に、心に湧き出たモノを素直に表現する…というか、僕が言うのもおこがましいのですが、そういう所がとても素敵でたくさん学ばせて頂いてます。今回もご一緒できるので嬉しいです。ちなみに次回もまたご一緒なんで勉強させてもらいます(笑)。

ーー恋人役の貴城けいさんとは、たしか初共演ですね?

何度か舞台は拝見してますが、まだちゃんと稽古してないせいか、僕が勝手にぎくしゃくしてます(笑)。樹里さんと話してる姿はとても可愛らしいし気さくそうな方なんですが、なぜかまだ僕が緊張してて(笑)、でもバディは実際うぶなのでこれはこれでいいかなと(笑)。貴城けいさんも経験豊富な魅力的な方ですから、一緒に演じ、歌うのが楽しみです。

ーークリーガーさんの音楽はすごく素敵みたいですね。

1曲目を聞いたとたん「このミュージカルやりたい!!」とすぐ言ってたぐらいですから(笑)。こんな職業なんですが僕はすごく一般的な耳で、普通の人の感覚で音楽を聞いちゃうほうなんですが、そういう感覚でいうと、このミュージカルは本当に惹かれるものばかりです。大きいナンバーの間の芝居をつなぐ曲は、ちょっと一般的ではない感性のものもあったり、かもしれないけど、だからこそ大ナンバーが映えるような構成になっている。そういう部分をメリハリつけて聞いていただくために、実際今は稽古場で演出家と相談しながらセリフ調にしたりしてます。

ーーこの作品でまたミュージカルの俳優としての実力をアップさせられそうですね。

させたいですね。芝居の筋はちゃんと通さないといけないけど、同じ人物でも歌い方で感情もどんどん変わってくるので楽しみです。心を叫ぶみたいなシャウトっぽいのもありますし、歌を通じて改めて芝居の奥深さも感じてて、いろいろなことにチャレンジできる素敵な作品に出させて頂いていると思います。

irei_222

 

 

『サイド・ショウ』

脚本・作詞◇ビル・ラッセル

作曲◇ヘンリー・クリーガー

演出◇板垣恭一

出演◇貴城けい 樹里咲穂 下村尊則 大澄賢也 伊礼彼方 岡幸二郎 他

●4/7〜4/18◎東京芸術劇場 中ホール

〈料金〉

【平日】S席?10,000、A席?8,000

【土日】S席?11,500、A席?9,500(全席指定・税込)

〈問合せ〉オフィス・ミヤモト 03-3312-3526(平日11時〜18時)

【取材・文/榊原和子】

 

 

 

記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について