稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

おすすめチケット半額セール!

静岡芸術劇場 SPAC公演『グリム童話』 2作品を上演。


stage25286_1

2011年3月に初演された『グリム童話〜少女と悪魔と風車小屋〜』は、シンプルなストーリーと率直なメッセージを鮮烈に印象づけ、多くのお客様から感動を伝える声が寄せられた。
この春、SPACでは「少女と悪魔と風車小屋」を再び上演するとともに、同じく『グリム童話』シリーズから「本物のフィアンセ」を、SPAC芸術総監督・宮城聰の最新演出作として上演する。
 

現代フランスを代表する劇作家オリヴィエ・ピィの戯曲『グリム童話』は、グリム兄弟の童話をもとに作家が独自視点を盛り込んだ作品である。
「少女と悪魔と風車小屋」と「本物のフィアンセ」には、どちらにも少女が登場し、苦難の人生を生き抜いていく。彼女たちは、天使の力を借りたり自分の知恵を絞りながら、それぞれの方法でハッピーエンドを獲得する。ひたむきな少女の姿は、生きていること自体を奇跡として浮かび上がらせ、観客を勇気づけてくれる。また、「本物のフィアンセ」には「少女と悪魔と風車小屋」の一場面が取り込まれており、2作を観劇することでいっそう楽しめる趣向になっている。    

    

2011年『グリム童話〜少女と悪魔と風車小屋〜』初演からSPAC芸術総監督・宮城聰は「詩の復権」を掲げ、舞台における詩のあり方を追究してきた。俳優も観客も「詩の雨に濡れる」ためにはどういう演技が必要なのか――今回の『グリム童話』の演出も、そんな問題意識をもとになされている。宮城はそのための演技方法を「弱い演劇」と呼んでいる。「詩にうち震える身体は、なすすべもなく弱いはずだ」と。果たして「弱い演劇」の全貌はいかに――宮城聰とSPACが、演劇表現の新境地に挑戦するのが『グリム童話』である。
 

【あらすじ】 

「少女と悪魔と風車小屋」 

風車小屋に住む粉屋が森で見知らぬ男に出会い、「風車小屋の裏にあるものを3年後にくれるなら金持ちにしてやろう」と言われる。粉屋は男の提案を受け入れ、瞬く間に金持ちになる。だが男と約束したそのとき、風車小屋の裏にいたのは粉屋の一人娘だった。男は悪魔だったのだ。3年後、悪魔は風車小屋を訪れ、粉屋に命じて娘の腕を切り落とさせる。娘は悲しみのあまり放浪の旅に出て......。    

「本物のフィアンセ」

少女は継母に毎日無理難題を押しつけられていた。森に逃れた少女は王様と出会い、互いに恋に落ちる。 王様は再会を約束して森を去る。だが、継母が王様に「忘却の水」を飲ませたために、王様は少女を忘れ、継母の実娘そっくりの人形に恋をしてしまう。そうと知らない少女は王様を探しに行くが、継母の手によって牢獄に囚われ、死を覚悟する。しかしそこで俳優たちと出会い......。 


 

『グリム童話〜少女と悪魔と風車小屋〜』 

演出◇宮城聰 

作◇オリヴィエ・ピィ 

訳◇西尾祥子、横山義志 音楽監督:棚川寛子 

出演◇

「少女と悪魔と風車小屋」

池田真紀子、武石守正、 大内米治、貴島豪、大道無門優也、永井健二、 布施安寿香、森山冬子、若宮羊市 

「本物のフィアンセ」

美加理、赤松直美、石井萠水、泉陽二、大高浩一、小長谷勝彦、牧山祐大、三島景太、吉植荘一郎、渡辺敬彦 

●会場 静岡芸術劇場  

「少女と悪魔と風車小屋」 

1月21日(土)15:00/1月28日(土)15:00/2月25日(土)13:30(※) 

「本物のフィアンセ」 

2月25日(土)16:00(※)/3月3日(土)15:00/3月4日(日)15:00/3月10日(土)15:00/3月11日(日)15:00 

※2月25日(土)は2演目通しでご覧いただけます。 


●多彩な割引を用意。

■ 2作品セット券:6,400円(2作品) 

※各作品それぞれご希望のお日にちをお選びいただけます。 

※ウェブ、携帯電話からの予約およびセブン・イレブンでの販売に関しては2月25日(土) 

のみの販売となります。 

■ペア割引 ペアチケット(2枚)7,000円 

■ グループ割引 3名様以上で1名様3,200円 

※学割対象者は人数に含みません。 

※10名様以上は電話・窓口のみでのお取り扱いになります。 

■ ゆうゆう割引(満60歳以上の方対象) 3,400円 ペアチケット(2枚)6,400円 

※ペアチケットをご購入される場合は、同行者も満60歳以上の方が対象となります。 

※公演当日受付 にて年齢のわかる身分証をご提示ください。 

■学割 大学生・専門学校生2,000円 高校生以下1,000円 

 ※公演当日受付にて学生証をご提示ください。 

■障がい者割引:障害者手帳をお持ちの方2,800円 

 ※付き添いの方(1名)は無料となります。 

 

※各種割引を組み合わせてのご利用はできません。 

※割引をご利用の際は、必ずご予約時にお知らせください。 

※静岡県内の中学生以下の方をご招待(1公演先着30名様) 

○電話予約:SPACチケットセンター  054-202-3399(受付時間10:00~18:00) 

○ウェブ予約 http://www.spac.or.jp/ticket.html

○ 携帯電話からの予約 http://www.spac.or.jp/m/

○ 窓口販売:静岡芸術劇場チケットカウンター(受付時間:10:00〜18:00) 

○セブン・イレブンでの販売:店内マルチコピー機をご利用ください。 

※チケットのご予約受付は公演前日の18時までとなります。 

当日券:公演当日開演1時間前より、静岡芸術劇場チケットカウンターで販売します。 

※当日券の有無を公演当日必ずお電話もしくはtwitter (@_SPAC_)でお確かめください。 


中高生鑑賞事業/静岡県の中高生のための無料招待公演を行っています。 

●鑑賞事業公演日

「少女と悪魔と風車小屋」 

1月16日(月)、17日(火)、19日(木)、20日(金)、24日(火)、25日(水)、26(木)、27日(金)、31日(火)、2月3日(金)、9日(木)、20日(月)、22日(水) 各日13:30開演 

「本物のフィアンセ」 2月14日(火)、15日(水)、16日(木)、17日(金)、21日(火)、23日(木)、3月6日(火)、7日(水)、8日(木)、9日(金)

各日13:30開演 3月13日(火)18:30開演 

※ 各鑑賞事業公演日に、約30席の一般席を販売いたします。(1月31日(火)、2月14日(火)は除く) 

〈問合せ〉 SPACチケットセンター 054-202-3399    


演劇ぶっくのネットショップ【えんぶShop☆ミロクル】

演劇ぶっく」2月号 全国書店にて好評発売中!

▼こちらでもご購入いただけます▼

演劇ぶっくのネットショップ【えんぶShop☆ミロクル】

 


唐十郎率いる劇団唐組、劇団員募集!締切迫る!

『下谷万年町物語』で宮沢りえ、藤原竜也らと共演中の劇作家・演出家・俳優の唐十郎率いる劇団唐組が、2012年度劇団員を募集中!
紅テントでユーモアと叙情溢れる唐十郎ワールド!その瞬間に立ち会う!
「情熱あるものは、門をたたけ」

kara
【申込方法】
1.履歴書 2.写真1枚 3.作文「紅テントと私」(本公演を観ていない方は「演劇と私」でも可)400字詰め原稿用紙3枚の以上3点を劇団事務所まで郵送

【審査】
2月13日以降を予定
1次・・・書類審査
2次・・・面接審査(1.体操 2.実技試験 3.面接)

【費用】
受験費用1万円(当日持参)入団金2万円(入団時)維持費毎月5千円(入団後)

【締切】
2月初旬

【発表】
面接審査後、翌日電話にて発表

【お問い合わせ・申込先】
〒165-0034 東京都中野区大和町4-3-9
電話・ファックス 03-3330-8118

※電話でのお問い合わせ受付中です。


演劇ぶっくのネットショップ【えんぶShop☆ミロクル】

演劇ぶっく」2月号 全国書店にて好評発売中!

▼こちらでもご購入いただけます▼

演劇ぶっくのネットショップ【えんぶShop☆ミロクル】

『カンタレラ2012〜裏切りの毒薬〜』キャストが登場。 ニコニコ生放送「ニコミュの楽屋〜美女毛ジャンクション〜#9」

4shot

3月7日から銀座・博品館劇場にて上演されるニコニコミュージカル第8弾『カンタレラ2012〜裏切りの毒薬〜』に出演する兼崎健太郎と郷本直也が、1月13日の23時からのニコニコ生放送「ニコミュの楽屋〜美女毛ジャンクション〜#9」に登場した。(番組の総来場者数は約2万人、コメント数は約12,500件を記録)

この『カンタレラ2012〜裏切りの毒薬〜』は、ニコニコ動画やYoutubeで合計再生回数250万回を越える大ヒットボカロ曲(※ヤマハが開発した音声合成ソフト「VOCALOID」に歌わせたオリジナル楽曲)である『カンタレラ』を中心に、『パラジクロロベンゼン』『サンドリヨン』の3曲の中で表現される感情や情緒を繋ぐ物語である。


この日の「ニコニコ生放送」には、演出・振付・出演の上島雪夫、企画・脚本の大石薫夏もゲスト出演し、初演時と比較して大きく変わった点について、まだまだ明らかになっていない作品の中身が語られた。

また、番組内では、劇場で観劇するリアルチケットを購入した来場者に、もれなく出演者が歌った日替わりCDがプレゼントされることや、アフタートークショー、お見送りなど、劇場ならではのイベントを実施することが明らかになった。

その番組レポートが届いたのでご紹介する。


兼崎&郷本

【番組レポート】

1月13日23時スタートのニコニコ生放送「ニコミュの楽屋〜美女毛ジャンクション#9」に、チェーザレ・ボルジア役の兼崎健太郎さんとサヴォナローラ役の郷本直也さんが出演した。

昨年の夏に上演された初演から引き続き出演する2人。ニコニコミュージカル第7弾『源氏物語』にも出演し、ミュージカル『テニスの王子様』では2人と共演したMCのKimeruさんから、「2人は仲いいの?」と尋ねられると、「けっこう長い付き合いだし、仲は良い…わりと(笑)」とコメント。

そして、Kimeruさんより2人は卵かけご飯が好きだということが明らかにされ、それぞれのこだわりの食べ方を披露することに。最初に兼崎さんがこだわりの食べ方を実演し、通常の卵かけご飯にかつおぶしと生の玉ねぎスライスを加えたレシピを紹介した。

ユーザーからは「美味しそう〜」「食べたくなってきた」というコメントがたくさん投稿された。

美味しそうに食べる兼崎さんの姿を見た郷本さんは「某お茶漬けのCMみたいやね〜。これは卵かけご飯のCM来るぞ!」とコメントし、Kimeruさんから「卵かけご飯のCMとか無いからw」という鋭いツッコミも入りました。
 

キャプチャ画像2

その次は郷本さんが実演。卵の混ぜ方からこだわりぶりを見せたが、説明が長すぎてKimeruさんからは「この後出演する上島さんと大石さんも待っているんだから、早くして!」と注意が入ってしまうほど。

結局、用意されていた具材をすべて使わず、通常の卵かけご飯に納豆を加えたレシピを紹介。

あまりに長い卵かけご飯のくだりにユーザーからも「今日のニコミュの楽屋は料理番組です」「本日は番組の趣旨を変更してお送りしています」というツッコミコメントが。
 

後半からは、演出の上島雪夫さんと脚本の大石薫夏さんも登場。上島さんが登場した途端「てんてー!(※先生の意)」「てんてー愛してる」という弾幕が起き、人気ぶりを見せた。

初演との違いを質問されると、上島さんは「前回も様々な挑戦をしてきたが、今回は博品館劇場という割と小ぶりな劇場になることもあり、前回よりもドラマ性を強く、掘り下げようと思っています。キャラクター像も多少変わる予定です。例えば、サヴォナローラというキャラクターはもう少し悪魔的になります」と明かした。

また、脚本の大石さんは、創作のきっかけについて「ボカロ曲が好きで、毎週ニコニコ動画にアップされる『週刊ボーカロイドランキング』という動画をがっつり見ていた時期があったんです。その中で紹介されるボカロ曲の中で、耳に残る曲、ストーリー・情緒がハッキリしている曲があって、そういう曲を使って一つのストーリーを創り上げれたらと思ったことがきっかけです」と語った。
 

キャプチャ画像1

番組内では新情報が次々と飛び出した。

まず、キャストの人数が前回は17名であったのに対し、今回は12名と出演者人数が減ることも明かされた。

ダンサーの人数も前より半分になっており、演出の上島さんは、「他に踊る人が出てくるかも…」とキャストによるダンスシーンが初演時よりも増える可能性をにおわせた。

話題は、歌の話へ。前回ソロパートは10秒くらいしか歌っていないという郷本さんに対し、上島さんは「今回はたくさん歌ってもらうから頑張って」とコメント。基本のボカロ曲3曲は変わらないが、新曲が加わるという。

「一緒にボイトレですね」と兼崎さんと郷本さん。郷本さんは「正月からサヴォナローラの歌をずっと風呂場で、近所迷惑なほど熱唱しているんです(笑)」と明かした。

舞台セットについて話が及ぶと演出の上島さんより「少し変わる予定ですが、言えません(笑)」とコメント。前回とどのように変わるのか期待が高まる。


最後に本作に対する意気込みをそれぞれが語った。

兼崎健太郎(チェーザレ・ボルジア役)「キャストのみならず、台本など全てが変わるので、楽しみです。素晴らしい作品を届けられるように頑張りますので、是非観に来て下さい」

郷本直也(サヴォナローラ役)「歌います!2012年、郷本直也、歌わせて頂きます!!役が違うということも、また全てが一新して作品が進化するということも、楽しみで仕方ないです」

上島雪夫(演出/振付/ロドリゴ・ボルジア Aキャスト役)「もう一段高みにあがった『カンタレラ』を楽しみにしていてください」

大石薫夏(脚本)「みんなで新しいものを創ろうと思いますので、よろしくお願いします」



 cr_ll2012
ニコニコミュージカル第8弾

『カンタレラ2012 〜裏切りの毒薬〜』

演出・振付◇上島雪夫

原案◇カンタレラ(作詞/作曲:黒うさP)

原案協力◇サンドリヨン(作詞:orange、作曲:Dios/シグナルP)、パラジクロロベンゼン(作詞/作曲:オワタP)

出演◇

兼崎健太郎(チェーザレ・ボルジア役)

郷本直也(サヴォナローラ役)

齋藤ヤスカ(フェルナンド三世)

小野田龍之介(ホアン・ボルジア役)

野田和佳子(ルクレツィア・ボルジア役)

彩夏涼(クラウディア/ヴァノッツア役)

兼松若人(ミゲル役)

吉岡麻由子(ローザ役)

上島雪夫/別紙慶一(ロドリゴ・ボルジア)ダブルキャスト

渡辺大輔(ジョヴァンニ・デ・メディチ役) ほか

●3/7〜13◎銀座 博品館劇場

〈料金〉

リアルチケット 6300円(税込)/一般発売 1月28日(土)

ネットチケット プレミアム会員500円/一般会員1500円

(ネットチケットはニコニコポイントで購入。1pt=1円。)

公式HP http://info.nicovideo.jp/nicomu/cantarella/


※来場者CDプレゼント

劇場で観劇するリアルチケットを購入すると、出演者が歌ったCDを来場者全員に日替わりでプレゼントすることが決定。CDは『カンタレラ』『サンドリヨン』『パラジクロロベンゼン』の3種類。

・『カンタレラ』CD配布日…7日(水)・10日(土)ソワレ・12日(月)

・『サンドリヨン』CD配布日…8日(木)・10日(土)マチネ・11日(日)ソワレ

・『パラジクロロベンゼン』CD配布日…9日(金)・11日(日)マチネ・13日

※公演日限定イベント

◆アフタートークショー

・3/10(土)ソワレ…兼崎・小野田・郷本

・3/11(日)ソワレ…兼崎・渡辺・齋藤

◆お見送り

・3/8(木)…兼崎・野田・小野田・兼松・別紙・兼松

・3/9(金)…渡辺・郷本・齋藤・彩夏

詳細は公式HPhttp://info.nicovideo.jp/nicomu/cantarella/


演劇ぶっくのネットショップ【えんぶShop☆ミロクル】

演劇ぶっく」2月号 全国書店にて好評発売中!

▼こちらでもご購入いただけます▼

演劇ぶっくのネットショップ【えんぶShop☆ミロクル】


記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について