稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

カムカムミニキーナ『>(ダイナリィ)』

『真田風雲禄』舞台稽古 蜷川幸雄囲み取材

DSCF0439

【泥の中で大迫力の戦い】

無名の若手俳優44人で結成した劇団「さいたまネクスト・シアター」による『真田風雲録』が、15日に初日を開けた。芸術監督である蜷川幸雄の演出で、劇作家福田善之が、安保闘争の時代1962年に書き下ろした青春群像劇。戦国の武将である真田幸村と、それを取り巻く真田十勇士が、繰り広げる鮮烈な戦いと彼らを取り巻く世の中の状況を描いている。

初日前日にフォトコールが行われたその舞台は、今回の公演用に大ホール上に作られた「インサイドシアター」。
三方の客席に囲まれた舞台には1.7トンの泥が運び込まれ、水を含んでいるその様子はまるで泥の田んぼのよう。飛ぶ泥の防御にと客席にはビニールシートも用意されている。
その大量の泥に足を取られながらも、関ヶ原の戦いとその後の混乱の模様を、ひたむきに身体ごと演じる若き役者たち。勢いある彼らの動きは泥の重みをはね返して走り回る。
そんなプリミティブな光景を見て満足な笑顔を浮かべ、気持ちよさげに泥田に踏み込んで立つ蜷川幸雄に、記者からの質問がぶつけられた。

DSCF0460

【蜷川幸雄コメント】

「ネクストのみんなの顔つきが、かなりたくましくなった。少年達が荒々しくなりました。泥の舞台というのは昔、帝劇でやったことがあります。この作品は泥の中で上演されるのはたぶん初めてじゃないかな。僕なんか泥んこの中で育った世代だから平気だけど、彼らは慣れてない。でもあえて彼らの身体に負荷をかけるためにこれを考えた。くるぶしまで埋まるし、すべる。でもこの『真田風雲禄』の時代は、開発途上国以下の汚さのなかで人間は生きて暮らしていた。その実感を感じてもらいたい。

DSCF044644名のなかで脱落者はいません。最後まで観てもらうと分かるけど、全員がこの芝居の中でいろいろな共同作業をしなくてはいけない。場面転換があったり、相当な労働も含めてみんなでやらなくてはならない。泥の中でスタッフもキャストものたうっている、その姿を観てください。演劇は人間同士が関わりながらものを作っていく作業。そのための道具なんだよ泥は。

今回は手間も3倍かかってる。役者たちも泥だらけの身体を洗って下着も替えているし、衣装やカツラの洗濯、劇場と階段、ロビーなどの掃除、たいへんです。ここを歩いただけで泥が付いてくるから、スタッフも足を洗って履物を替えて、すごく手間ひまとお金のかかることをやってます。そんななかで彼らは初々しく一生懸命で、今、その能力のぎりぎりまでいってると思う。たくましくなった顔を見てやってください」

DSCF0455
【埼玉県民栄誉章を受賞 蜷川幸雄コメント】

彩の国さいたま芸術劇場の芸術監督である蜷川幸雄氏に、このたび埼玉県から「埼玉県民栄誉章」が贈られることになった。

この章は1984年に制定され、世界的、全国的に広く文化に貢献し、社会の向上に役だった個人、団体に与えられるもの。蜷川氏の受賞理由は、さいたま芸術劇場での「シェイクスピア・シリーズ」や、4年前に芸術監督に就任してからの「さいたまゴールド・シアター」や「さいたまネクスト・シアター」といった創造的な芸術活動が評価され、日本のみならず世界的に大きな功績を残したことによるもの。この受賞について蜷川幸雄はこの日のインタビューで、以下のように語った。

「本当にありがたく感謝しています。僕はキューポラのある町川口で生まれて40年間暮らしました。少しでも故郷に恩返しできたらと思っていますので嬉しいです。がんばらないといけないと思っています。この彩の国さいたま芸術劇場は公共の劇場ですから、埼玉県の皆様のおかげで作品ができている。これからも喜んでいただけるような作品作りに挑戦し、彩の国の劇場は面白いよと言ってもらえるように、そして県民のかたたちが誇れるような劇場にしていきたいと思っています。ゴールド、ネクスト、ファミリー劇場、シェイクスピア・シリーズで、たくさんの人たちの欲望を組織し、刺激する劇場になればいいと思っています」

なお、この「埼玉県民栄誉章」の贈呈式は、18日の『真田風雲禄』公演の終了後、たくさんの観客に見守られながら舞台上で行われた。
 

さいたまネクスト・シアター 開館15周年記念公演

DSCF0453『真田風雲禄

●10/15〜11/1◎彩の国さいたま芸術劇場インサイドシアター(大ホール内)



作◇福田善之

音楽◇朝比奈尚行

演出◇蜷川幸雄

出演◇さいたまネクスト・シアター 横田栄司 原康義 山本道子 妹尾正文 沢竜二

<料金>¥3800

<お問合せ>彩の国さいたま芸術劇場 0570-064-939(10時〜19時)

                http://www.saf.or.jp

                                             【取材・文/榊原和子】

この公演のチケットを「えんぶ特選チケット」として、会員の方を対象に割引価格で販売しています。

http://www.enbu.co.jp/kick/shop/index.html

『ブルーマン』ファイナルカウントダウン、開始!

カウントダウン用写真
(C)BMP

【2年間完走の最終コーナーに突入!】 

来場者40万人突破を突破、そして2年間のロングランを満了し、11月29日にいよいよ千秋楽を迎える『BLUE MAN GROUP IN TOKYO』。

その残り50公演目にあたる10月12日から、ファイナルカウントダウンのイベントが行われることになった。

千秋楽へのカウントダウンのイベント内容は、これまで世の中を“クスッ”とさせてきたブルーマンらしく、観客参加型で、 YouTube 協力企画「私の千秋楽、教えます!」。以前も好評だつた「YouTubeメッセージボックス」が、インボイス劇場のロビーに再び出現。ムービーカメラが設置され、開演前、そして終演後に観客からメッセージを発信してもらう。

 

【メッセージのテーマは「あなたの千秋楽」】

自分の身近で「そろそろ終わりがくること」、「目標に達成しようとしていること」、たとえば、「歯磨き粉のチューブ、間もなく使い切ります」「定期預金、間もなく満期!」「語学学校のコースが終わります」「免許が切れます」「彼(彼女)とそろそろ千秋楽・・」などなど。

『BLUE MAN GROUP IN TOKYO』が目標であった2年完走でめでたくゴールを切るように、観客1人1人の達成の日、あるいは密かにカウントダウンをしていることや、特別な“終わり”をメッセージとしてカメラに収録。その“千秋楽”はYouTubeにアップされ(容量に限度があるので、全員のムービーがアップされるわけではありません)、世界中があなたの「千秋楽」に注目してくれる、かもしれない!

 

『BLUE MAN GROUP IN TOKYO』

「ブルーマン、ファイナルカウントダウン」イベント

●インボイス劇場(六本木)

10月12日(月・祝)〜11月29日(日)千秋楽

http://blueman.jp/index.html

 

『グレイ・ガーデンズ』制作発表(9月30日)

DSCF0284
11月から12月にかけて、東京、大阪、名古屋で上演するミュージカル『グレイ・ガーデンズ』の制作発表が、30日に開催された。メインキャストの大竹しのぶ、草笛光子、また演出の宮本亜門らが出席、取り組みや抱負などを語った。

このミュージカル『グレイ・ガーデンズ』は、1975年にドキュメンタリー映画としてアメリカで公開され、一大センセーションを巻き起こしたもの。故ケネディ大統領の夫人だったジャクリーンの叔母にあたるイーディスとその娘イディをめぐる実話で、舞台版は、華やかなセレブの暮らしを満喫する1941年の1幕と、32年後に没落し、ゴミ屋敷と呼ばれる荒れ果てた邸宅で、50匹以上のネコとともに自由気ままに生きる2幕からなっている。見どころの1つは2人が身にまとっていたボロ布の奇抜なファッションやアイデアで、その後のファッション業界にも大きな影響を与えたと言われている。

 

出演者は、第1幕は母のイーディスに大竹しのぶ、娘のイディに彩乃かなみ。第2幕では母のイーディスに草笛光子、娘のイディに大竹しのぶというユニークなキャスティング。男優陣は吉野圭吾、川久保拓司、デイビット矢野、光枝明彦(この日は欠席)が出演。そして演出には宮本亜門という豪華な顔ぶれが揃って会見にのぞんだ。 

DSCF0293【コメント要約】

宮本「映画を観て衝撃を受けた。アメリカ人はよく知っている一族の実話で、母娘の関係をとても面白く切実に描いているので、そこを観てほしい。草笛さんは高校生のころに観た『ラ・マンチャの男』のアルドンサが強烈な思い出です。大竹さんは『スウィニー・トッド』からの付き合いで、この作品は大竹さんとぜひ一緒にやりたかったので嬉しい」

大竹「母と娘という関係の微妙で不思議な部分を描いてる作品ですね。私も他人にはいい顔をするのに母には冷たいこと言っちゃったリするんですが、娘も私に似てて同じような関係です。草笛さんとは初共演ですが、私を見る目がいい意味でライバル視されてるなと(笑)。それが素敵だなと思います。音楽も綺麗なメロディで、歌うのは大好きなので、とても楽しみです」

 

草笛「衣裳が奇抜というか、毛布を巻いただけとか半裸に近いみたいなので、落ちたらどうしようと心配です(笑)。ミュージカルは本当に久しぶりで、これで再スタートという気分。昔はいつもニューヨークに観劇に行っては、60代や70代の役者さんがすごく楽しさをふりまきながら出ているのを観て、あんなふうになりたいけど、いつかなれるんだろうかと思っていました。それが実現したので嬉しい」

DSCF0278彩乃「1幕で大竹さんの娘の役をさせていただきます。このような大先輩と一緒の舞台に出られて光栄です。とにかく足を引っ張らないように、お邪魔にならないようがんばります」

川久保「ケネディ家の長男です。今回、いちばん感じてるのは、普通であることと普通でないことの境界の曖昧さで、なんだか生きる勇気を貰いました」

矢野「執事の役です。裕福で華やかなイメージですがその陰の部分も描かれている作品です。素晴らしい共演者のかたたちのなかで持ってるものを最大限出していきたい」

吉野「住み込みの音楽教師の役です。何を言ったらいいのか(笑)、とにかく楽しんでやりたいと思っています」

 

この日の制作発表には、ネコ屋敷という設定にちなんで、背景に1000個以上のキャットフードが飾られていたが、ネコの出演に関しては、宮本「いくらなんでも本物のネコは演技ができないので出しません(笑)」。その言葉にネコが苦手だという大竹と草笛は安堵の表情だった。

DSCF0280

『グレイ・ガーデンズ

●11/7〜12/6◎シアタークリエ

 12/10〜13◎シアターBRAVA!

12/18〜19◎中日劇場

台本◇ダグ・ライト

音楽◇スコット・フランケル

作詞◇マイケル・コリー

演出◇宮本亜門

出演◇大竹しのぶ 草笛光子 彩乃かなみ 川久保拓史司 吉野圭吾 デイビッド矢野 光枝明彦

<料金>シアタークリエ/S席¥11000 A席¥8500 

           シアターBRAVA!/S席¥11000  A席¥8500 

           中日劇場/A席¥11000 B席¥7000

 

<お問合せ>東京公演/東宝テレザーブ 03-3201-7777

                 http://www.toho.co.jp/stage/

               大阪公演/キョードーチケットセンター 06-7732-888                   http://kyodo-osaka.co.jp

               名古屋公演/中日劇場チケットセンター 052-290-1888

                 http://www.chunichi-theatre.com

                               【取材・文/榊原和子】

記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について