稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

『ストリップ学園』

『博覧會〜世界は二人のために〜』公開舞台稽古と囲み

『博覧會〜世界は二人のために〜』の公開舞台稽古と囲み取材が、8日、東京グローブ座にて行われた。

冒頭から約40分間ほど稽古が公開されたのだが、達者な出演者たちによって、心地よいテンポでストーリーが進み、後半の展開へと一気に引き込んで行く。
背景となるのは戦前の台湾。博覧會のためにやってきた一座の話で、女形役者とその娘、一座の親方や座員たち、また現地の役人などの登場人物が繰り広げる、おかしくちょっと切ない人情劇になっている。
作は劇団「猫のホテル」主宰の千葉雅子。演出は昨年の『49日後…』などを手がけた池田成志。千葉と池田は役者としても作品に出演し、更に大人計画の荒川良々、映画でも活躍中の星野真里、女形ならおまかせの篠井英介、実力派の男優たち、大谷亮介や菅原永二という個性的な役者が集まった。

囲み取材には演出の池田のほか、荒川、星野、篠井が登場した。

s_P4080352

ーー初日を前にした今の心境をお願いします。

篠井 楽しいお芝居なのでエンジョイしてます。我々舞台に上がっている人間がすごく楽しそうなのが、お客様に伝わればと思います。

星野 あっという間にこの日が来てしまったなというような感じで、時間がもっとあったらいいのになって思うのと、でも、あんまりやり過ぎてもどうなんだろうっていうのもありますし、とりあえず、お客さんが楽しんでくれたら嬉しいです。

荒川 楽しくやってます。演じる、ことが、はい、楽しく。

池田 今日からいよいよお客さんが入るので、期待と不安が。でも喜んでもらえるんじゃないかなって思います。

ーー稽古場の雰囲気はいかがでしたか?

篠井 和気藹々ですよ。私とか大谷亮介さんは、こんな時代に生まれていれば、もう少し日の目をみたのにも関わらず現代に生まれてしまったので、懐かしいというか、あんな時代に生まれたかったね、って感じでやってますけど、お若い方々が、昭和の古きよき時代の雰囲気をすごく良く出してくださって、そして、現代的な味わいもいっぱい出してくださってるんで、若い人を見てるのがすごい共演者として楽しみでございます。

星野 この頃のことは全然知らないので、篠井さんや、成志さんや、大谷さんに色々教えていただきながら、みんなで意見を出し合うというか。成志さんはもちろんですが、篠井さんも色んなことを教えてくださるので、すごく勉強になってます。

荒川 僕も本当に勉強、勉強で。本当に勉強させていただくことから、始まりました。あのやはり喋り方であるとか、そういうことが。今の現代人はハッキリものをいう、語尾をしっかりとか。基本的な、あと大きな声でっていうのを、はい、非常に勉強になりました。

池田 最初は潰れかけてる一座っていう雰囲気、昔の芸人さんの雰囲気っていうのを、どう出せばいいのかみんなで考えてて。でも毎日稽古つけてくにつれて、みんなどんどんそういう雰囲気になりましたね。戦前の話なんで、当然僕も篠井さんも大谷さんもみんな知らないんですよ。僕らなりの想像力を駆使した感じで、そういう雰囲気だろうな、と。とても良い感じになってると思います。

ーー演出家としての池田成志さんについての印象は?

篠井 成志さんはご本人も役者さんなんで、役者の生理をよくわかってくださっていて、とてもわかりやすいです。今度の作品は意欲作でして、演出の力で老若男女、色んな人に、見ていただける作品に見事に仕上がっていると思います。

星野 意外と厳しいなっていうのが(笑)、素直な感想で。でも表裏が全然ないので、良かったら良いっていうし、悪かったら素直に悪いって言ってくださるので、私はすごく心地良かったです。

荒川 迷いながらも、やはり良い方向に向いたんじゃないですかね。

一同(笑)

池田 なに、お前上から言ってるんだ(笑)!

ーー池田さんは今回個性的な俳優陣を演出していますが、いかがですか?

池田 本番に入ったら良くなるよってことを前提に先に先に言うんで、そこはみんな辛かったんじゃないかと。亀の人とうさぎの人をみんなうさぎにしようとするタイプなんですよ。でも今回はそういうこともいけないなと思いもいながら、行っては帰り、行っては帰りで。みなさん、舞台の上じゃ個性的ですけど、まっとうな方たちなので今回は本当に楽でしたね。

ーー荒川さんは二枚目の役だということですが。一味違った荒川さんが見られる?

荒川 そうですね。いや、どうですかね?自分自身では二枚目だとあんまり意識してなくて。自然にやっぱ出てくるものが、はい。

ーー二枚目の荒川さんはいかがですか?

星野 頼りがいのある背中をいつも見せていただいて。温もりを感じながらやらせていただいてます。

荒川 そうですね。身体、温かいですからね。背中は温かい、はい。

ーー星野さんのお父さん役が篠井さんですが、舞台の上で篠井さんを父親のように頼れるなっていう瞬間はありますか?

星野 本当にもう、男性としての動き、女性としての動き、全部わかってらっしゃるので、私にも、色々細かいところアドバイスしてくださいますし、ほかの方にもアドバイスしてくださいます。お稽古場で色んな人の事を見てくださっていて、それはすごくありがたいなって毎日感じていました。

篠井 うるさいおばちゃんなだけで(笑)、ただ芝居が好きなので、みんなを見ちゃう。この二人(荒川・星野)とかラブシーンやるんですよ。それがまたね、すごく意外って言ったらあれなんですけど、綺麗なんです。すごく素敵なんです。なので、みんなにそこを見てもらいたいって思います。とっても二人が美しく、清らかで綺麗で切ないんです。ちょっと想像できないでしょ、今ここに並んでるの見ても(笑)。みんな元々ファンなんですけど、改めて共演のみなさんのファンになりましたから、それはやっぱり嬉しいし、素敵なことなんですね。一緒にやってて。なので、嬉しい公演になってます。

ーー意気込みを最後にお願いします。

池田 若い方でも、お年を召した方でも、男でも、女でも、落語の人情噺のような、軽い気持ちで、ちょっと良い話見にいこうかなって感じで見ていただけると、本当に楽しめるんじゃないかと思うので、是非見にいらしてください。

荒川 最近、この難しい時代のなか、本当に簡単な、簡単なって言ったらあれだけど、人と人との繋がりが…まぁ(笑)、楽しんで見て頂ければ嬉しいです。

星野 私自身はあまり馴染みのない時代なんですけれども、そんな私でも、すごい素敵なお話だなぁと。自分が出ていなかったら見に行ってみたいなと思うような作品なので、一人でも多くの方に見ていただけたら嬉しいです。

篠井 脚本の千葉雅子さんと池田成志さんの力で、素敵だなぁ、楽しいなぁ、面白かったわ、なんか胸を打たれたわ、っていう風なものになってると思うので。割と今回、料金もちょっとお安めになっております。もうみなさん、演劇もいいよ!駆けつけてください!

hakurannkai

パルコ・プロデュース

『博覧會〜世界は二人のために〜』

作・出演◇千葉雅子

演出・出演◇池田成志

出演◇荒川良々 星野真里 篠井英介 大谷亮介 菅原永二

●4/8〜21◎東京グローブ座

●5/1◎ももちパレス(福岡県立ももち文化センター)

●5/4、5◎梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

〈料金〉

東京/¥5800 (8日プレビュー公演¥5000) (全席指定/税込)

福岡/¥6300

大阪/¥6300

〈お問合せ〉

東京/パルコ劇場 03-3477-5858

福岡/ピクニック092-715-0374

大阪/キョードーインフォメーション 06-7732-8888

http://www.parco-play.com/

 

 

【取材・文/岩見那津子】

『嫌われ松子の一生』長谷部優インタビュー

DSCF1895


映画やテレビで大ヒットした話題作『嫌われ松子の一生』が、舞台化されることになり、まもなく初日を迎える。

主役の松子に扮するのは、元女性ボーカル&ダンスグループ「dream」のメンバーで、現在は若手人気女優として活躍する長谷部優。テレビの『インディゴの夜』にも出演中だが、舞台にも意欲を燃やしていて、昨年は地球ゴージャスの『星の大地に降る涙』にも木村佳乃の妹役で出演した。今回は主演ということで、ひときわ張り切る長谷部優に抱負を聞いた。

 

【松子の心はわかる気がする】

ーーまずこの作品の主演と聞いたときは、どんな気持ちでした?

驚きしかなかったです。私は映画の中谷美紀さんの作品を観て印象に残っていたんですが。とにかく私でいいの?みたいな感じでした。そのあとでだんだん怖さが出て来て。ファンも多い作品ですから、私にやれるかすごく不安でした。でも役作りを考えたりしてるうちに、全然似てないと思ってた松子に、なんとなく似ている部分もあるかなと思いはじめて。たとえばすぐ人を信じてしまうところとか、困ってる人がいると放っておけないところとか。

ーーしかも松子って自分をダメにしてしまうくらい尽くすんですよね

たぶん自分では普通にしてるつもりなのに、気がついたらひどいことになってるんですよね。環境からか愛に飢えてて、すごく真面目だから人の面倒もみちゃうし、先生という職業をしてたからか育てたい精神もあるんだと思います。

ーーそういう松子の気持ちがわかったら、あとはそれをどう表現するかですね。DSCF1878

そうなんです。どう長谷部優の松子として見せるか、すごく難しいと思います。

ーーセリフ覚えは?

あまりいいほうでもないけど悪くもないです。ただ長ゼリフが出て来るので、それをちゃんと言えるか心配です。

 

【稽古場が大好き】

ーー舞台出演もここ数年、充実しているようですね。

1年前の『恋愛戯曲』で、初めて主役をさせていただきましたが、あれがなかったらこの松子も出来なかったと思います。5人芝居でほとんど出ずっぱり、セリフが沢山あって本当に覚えられるのかなと思いました。でもなんとかクリアできて役柄についてもいろいろ考えたり苦しんだりという体験をして、その結果、自分では成長できたと思うので、大きな自信になりました。

ーー長谷部さんにとって舞台の魅力とは?

ドラマとかは、短い時間にどれだけ集中できるかという感じで、そこにもっていく努力がいるんですけど、舞台はとにかく持続力だと思います。稽古から本番まで期間が長いですからね。昨年の地球ゴージャスは67公演ありましたから、体力も含めていい状態をキープしていく努力が必要でした。でも本番を含めて2カ月半くらい皆さんと一緒にいられて成長させてもらえるから、舞台は好きなんです。とくに稽古場が好きで、そこでいろんなことを考えたり提出したり、役のことだけでなくストーリー自体も深く知ることができる機会になるので楽しいんです。それにベテランの俳優さんから初舞台の人までいろいろいらして、新人さんからも学べるものはあるので。

 

【芝居の世界の奥深さ】

ーー確か地球ゴージャスの公演では木村佳乃さんの妹役でしたね。DSCF1883

すごく親しくしていただきました。綺麗な方なので一見近寄り難い風なんですが、すごくさっぱりしてて、でも可愛くて好奇心が強くて、ちょっとやんちゃな大人っていう面もあるんですが、仕事ではすごく真面目で。お姉ちゃんとしてたくさんお話してくれました。

ーー今回は周り中が男優さんで、それぞれと愛憎がありますね。

松子としてはとにかくまず好きにならないといけないなと。好きにならないと憎めないので。ちゃんとお話をして皆さんの人柄を知りたいなと思います。紅一点ですけど演出家のかたが女性で心強いです。年齢も近いのでいろいろお話できるので。

ーー長谷部さんは今は女優さんですが、もとは歌から入られたんですね。

10年前にオーディションを受けて女の子のグループでデビューしたんです。その事務所の方針でミュージカルもできるようにというのがあって、グループで公演をしたんですが、それが楽しかったし、お芝居って奥深いなとすごく惹かれるものがありました。とくにある公演で7人それぞれが主役みたいな公演があって、そこで7通りの分裂した自分を演じたんですがすごく面白かったんです。そのあと今の事務所に入って、一昨年、樫田正剛さんが作・演出された『どんずまり…』という作品に出たときにまた発見があって。皆がすごく役のことを考えてるし、衣装とか装置とか自分たちで作ったり、それまでスタッフさんが用意してくれたものしか知らなかったから、全てにすごく刺激を受けたんです。芝居を作ることの面白さを味わって、生き甲斐みたいなのをすごく感じた公演でした。

ーー長谷部さんはアイドル風なのに、実は地道なことが好きなんですね。

歌の華やかな世界から、役を追求していくお芝居の世界に触れて、私の中でいろいろ変化したと思います。地味で目に見えないことを丁寧にやっていかないといけない、そこが逆に好きなんです。

ーーそういう意味では、本物の女優への大きなチャンスがこの『嫌われ松子の一生』ですね。座長で主役ですからね。

そうなんです。タイトルロールなんですよねー。不安もありますが皆さんに助けていただきながら。でも終わったあと自分では120%やりきったという気持ちになれるようにがんばります。

DSCF1893

 

『嫌われ松子の一生』

原作◇山田宗樹(「嫌われ松子の一生」幻冬舎刊)

脚本・演出◇葛木英

出演◇長谷部優、木村了、津田健次郎、森山栄治、今奈良孝行、大堀こういち/KEIJI(EXILE)

●4/17〜28◎青山円形劇場

〈料金〉¥6800(全席指定/税込)

〈問合せ〉サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(10:00〜19:00)  

 

 

【取材・文/榊原和子】

 

 

 


『滝沢歌舞伎』通算200回 囲み取材

flier_s

4月5日、日生劇場にて、滝沢秀明が主演する舞台『滝沢歌舞伎』の公演が通算200回を迎えるにあたり、囲み取材が行われた。

滝沢主演のこの作品は、06年に初めて、新橋演舞場にて『滝沢演舞城』として公開され、最新映像を駆使し、フライングやマジック等を取り入れたパフォーマンスの数々、源義経をクローズアップした歴史絵巻などで、以後、さまざまな新しい試みを加えながら、観客を魅了し続けた。
09年までの4年間に及んだロング公演が、今年は日生劇場に『滝沢歌舞伎』と銘打って登場。さらに進化したショーを魅せるべく、滝沢自身が初めて舞台演出を手掛ける。
日本初の4Dフライングでの立ち廻りシーンなどその演出家としての才能はもちろん、5月8日の千秋楽には250回を数える今公演に期待が高まっている。 

この公演の舞台衣装でステージ上に取材のために登場した滝沢。一問一答は以下の通り。

ーー昨日、初日を迎えられていかがでしたか?

今回、初めて演出を手がけまして。劇場が変わったので、洋式な演出を取り入れました。そして(ステージを覆った)布がなくなると、一気に和の世界になります。

ーー演出デビューされての感想をお聞かせください。

単純に仕事が2倍になりましたね(笑)。出来るだけお客様の目線で考えるように心がけました。やっと幕が開いたという感じです。

ーー目元に絆創膏を貼られていますが、どうされたのですか?

昨日のプレビュー公演で怪我をしてしまいまして。殺陣のシーンで切れたみたいです。僕は気付かなかったのですが、血が流れていたらしく。たまたまというか、僕にとってはラッキーだったんですけど、機材トラブルで舞台が中断されたので、そのまま病院に行きました。12ミリ位?切ってて縫いました。お医者さんに細 かく処置していただきましたので、大丈夫です。

ーー実際怪我をされて危険を伴うとなると、周囲の意見などで演出に影響は出てきませんか?

一人の演出家として作ったステージなので、ちゃんと自分が考えたものをやりたいんです。だから最後まで、このまま走りたいと思います。

ーー日本初となる4Dフライングが最も注目されますが、実際やられてみてどうですか?

フライングしながら、殺陣をしなければならないので大変ですね。でもこれも一つの新しい動きになればと思って挑戦しています。

ーー演出家として、今まで以上にお客さんの反応も気になるのでは?

喜んでいる様子を裏で見てるときとか、ニヤッとしちゃいますね(笑)。本当に嬉しいです。

ーー(総合演出を手掛ける)ジャニーさんからアドバイスはありましたか?

「問題ないから自信持ってやれ」と言ってくれてます。

ーー歌舞伎”がテーマになっていますが、オリジナルに近づけていくお考えですか?

いいえ。いわゆる古典的な歌舞伎ではなく、”滝沢歌舞伎”という新しいものを目指しています。海外の方にも伝わるように考えたので、僕だけの発想ですけど、海外公演を勝手に描いてます(笑)。地方も回りたいし、日本の美しさ、素晴らしさを海外の方にもぜひ見ていただきたいんです。

ーーでは最後に200回を迎えられてのご感想と、今後の意気込みをお聞かせください。

この200回はお客様、スタッフの皆さん、何より応援してくれたファンの皆様のおかげですので、一緒にお祝いしたいです。千秋楽には250回となりますが、それまで素敵な一日一日を送りたいと思います。
これからもっと本格的に歌舞伎の資料を見たり、観劇に行ったりして勉強し、この舞台を強化していきたいです。皆様、ぜひ見にいらしてください。

 

 

『滝沢歌舞伎 −TAKIZAWA KABUKI−』

 ●4/4〜5/8◎日生劇場 

作・構成・総合演出◇ジャニー喜多川

主演・演出◇滝沢秀明 他

〈料金〉¥12,000(全席指定/税込)

〈お問い合わせ〉03−5550−1686 松竹演劇興行部

 

【取材・文/櫻井麻子】

 

 


記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について