稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

『ストリップ学園』

現代に繋がる舞台『変身』

「圧」を感じる作品だった。

家族を自分が養って支えていかなければならないこと、

上司から遅刻についてしつこく言及されたり、

妹を希望の進学先に行かせてやれなかったこと、母親の期待、父親の叱咤、

毎日同じように過ぎていく時間、代わり映えのない日常、

全てグレゴール自身が選んだことだけれど、

その全ての圧力が、グレゴールを醜い虫に変える。

 

人が虫になってしまうというのは、不条理なことであるけれど、

こうして彼が背負ってきたものの重さや、不自由さを思うと、

こちらまで息苦しくなり、身体もこわばる。

そのことを比喩的に表現したのが「虫になる」ということだとすると納得である。

 

鉄格子が組まれただけの、シンプルで無駄の一切ない舞台美術。

音や光による効果や役者の演技にしても、同じ事が言える。無駄がない。

到達点がきちんと感じられて、

全てが同じ方向を目指して進んでいるのがわかるので、見ていて気持ちが良かった。

キレイな舞台である。

それだけに終盤に下宿人として家に訪れた男が、

とあるモノマネをして笑いをとった時に、

同じリズムで流れていた作品のテンポをせき止められたような違和感を覚えた。

下宿人は家に訪れる部外者であり、むしろ空気を乱すのが役割ともいえるのだが、

それは演技のテンションの違いで見せてもらえれば充分ではないだろうか。

 

グレゴールを演じた森山未來。

鉄格子にぶら下がる姿や、床を這い回る姿はまさに虫。

森山の身体能力が生きていたが、そこにプラスして、

グレゴールの内面を感じさせる演技が光っていた。

仕事に精を出すのも、何もかも、彼が家族を思うからこそとった優しい行動であって、

嫌々始めたことではない。

しかし、その窮屈さの中で彼は自分自身を失っていく。

良い意味で生気を感じさせないグレゴールだった。

 

これが初舞台となった穂のかは、思い切りの良い舞台姿。

虫になった兄の世話をし、少しでも愛情を注ごうとするのもグレタであるが、

一番最初に兄に見切りをつけるのもグレタである。

誰よりも若く、将来があるからこそ、

必要のなくなった古いものを情もなく切り捨てられるのかもしれない。

永島敏行が演じたザムザ氏の父親然とした姿はグレゴールをより追い詰め、

ザムザ夫人の久世星佳は虫になった息子に恐怖を抱きながらも、

母親としての愛情も感じさせた。

 

最後まで見終わった時、物悲しい気持ちになった。

家族が踏み出す新しい一歩に希望や生きていく強さを感じるからこそ、

その一歩を一緒に踏み出すことのない、虫になってしまったグレゴールが哀しい。

フランツ・カフカの『変身』自体は1912年、およそ100年前に書かれたものであるが、

作品から感じた、息苦しさ、圧力は、確かに今と通じるものがある。

きっと誰もがグレゴールのように虫になってしまう可能性を持ちながら生きている。

『変身』と、今とが、この舞台によって繋がれたような気がした。

パルコ・プロデュース

『変身』

●3/6〜22◎ル テアトル銀座

●3/31◎岡山市民会館

●4/2〜4◎サンケイホールブリーゼ

●4/6◎福岡市民会館

●4/11◎富山オーパードホール

●4/13◎新潟市民文化会館 りゅーとぴあ

作◇フランツ・カフカ

脚本・演出・美術・音楽◇スティーブン・バーコフ

出演◇森山未來、穂のか、福井貴一、日下部そう/久世星佳/永島敏行

 

<料金>

ル テアトル銀座 S席¥8000 A席¥6000 (全席指定/税込)

岡山市民会館  ¥7800 (全席指定/税込)

サンケイホールブリーゼ S席¥7800 A席¥5800 プリーゼシート¥5800(全席指定/税込)

福岡市民会館   S席¥7500 A席¥6000 B席¥4500(全席指定/税込) 学生券¥3000(当日座席指定、学生証有)

富山オーパードホール  S席¥7800 A席¥6500(全席指定/税込)

りゅーとぴあ   ¥7000 (全席指定/税込)

 

<チケットに関するお問い合わせ>

東京/パルコ劇場 03-3477-5858  http://www.parco-ts.com/

岡山/グッドラックプロモーション 086-903-2001

大阪/キョードーインフォメーション 06-7732-8888  

福岡/ピクニック 092-715-0374  http://www.picnic-net.com

富山/キョードー北陸チケットセンター025-245-5100  http://www.kyodo-hokuriku.co.jp

新潟/りゅーとぴあチケット専用ダイアル 025-224-5521(11:00〜19:00)  http://www.ryutopia.or.jp

 

【文/岩見那津子】


『ULTRA PURE!』の公開舞台稽古と囲み取材

DSCF1860DSCF1856
『ULTRA PURE!』の公開舞台稽古と囲み取材が、3月8日、東京グローブ座にて行われた。

V6の三宅健が主演するこの『ULTRA PURE!』は、彼にとって6本目の主演舞台。最近の舞台は『殺人者』(07年)でTHE SHAMPOO HATの赤堀雅秋、また翻訳物の『第17捕虜収容所』(08年)では鈴木裕美演出と、気鋭の作・演出家の作品に出演してきた三宅だが、今回タッグを組むには福島三郎。東京サンシャインボーイズで演出補をつとめ、その後は泪目銀座などの公演で脚本、演出も手掛け、数多くの作品を発表してきた。

そんな福島と三宅が挑むのは、「チェリーボーイ」の物語。30歳を目前としながら、いまだ初体験をすましていない沢田俊太郎。彼が旅行で訪れた雪山の別荘で雪崩に巻き込まれ、絶体絶命の大ピンチに陥る。その時、俊太郎がとる行動は…?

DSCF1850三宅の他に、この作品が宝塚退団後の初舞台となる陽月華、グラビアを中心に活躍中の磯山さやか、大久保麻理子、福島カツシゲ、西ノ園達大、瀧川英次、鷲尾真知子という多彩なメンバーが出演する。

初日前の通し稽古のあと、三宅健、陽月華、磯山さやかの三人の囲み取材が行われた。

 

【三人のコメント】

ーーすごく激しい言葉が飛び交ってましたが。

三宅 そんなに出てました? そんなにですか?(笑)。でも、やっぱり年齢も年齢ですし、このくらいは大丈夫なんじゃないかな、と(笑)。台詞も抵抗なく出てきますし。

ーー陽月さんは宝塚退団後、初の舞台ということですがいかがでしたか?

陽月 毎日稽古場で必死でしたが、キャストのみなさんがとてもいい方ばかりなので、支えられて、頑張ってます!

ーー本物の男性とのお芝居は初めてですよね?(笑)

陽月 あははは!(笑)、そうですね、はい。

ーーあまり、その辺は意識してるように見えませんでしたが。

陽月 あ、よかったです。私、緊張するんで、自分で意識はしないようにしようとは思ってるんですが。三宅さんが懐の大きい方ですので。

ーーやっぱり宝塚の方とは違いますか?

陽月 そうですね。それぞれ素敵な魅力があると思うんですけど、筋肉が違うな!と思いますね。

三宅 ありがとうございますっ(笑)。

DSCF1855ーー磯山さんは、初舞台いかがでした?

磯山 楽しかったです!あの、お芝居するの苦手だったし、初舞台なので緊張するかな?と思ったんですが、本当にキャストのみなさんが、三宅さんをはじめ、愉快な方たちばかりなので、楽しみながらできるなって感じですね。

ーー三宅さんから見て磯山さんの印象は?

三宅 いや、初舞台ということだったんですけど、何の気負いもなく、やってらっしゃって、素晴らしいなと思いました。あとは自分の二十歳の頃を思い出しましたね、初舞台を。もう、なんだろう、僕はいっぱいいっぱいで、こなすのに精一杯って感じでしたけどね。

ーー今でも舞台に上がる前に緊張したりするんですか?

三宅 そうですね、でも、その時だけですね。板の上に乗ってしまうと大丈夫ですね。

ーーちょうど井ノ原さんにお子さんが生まれたという、おめでたい話もありますが。

三宅 嬉しかったです、やっぱり。自分の事のように。僕はこの公演の稽古中だったんですけど、可愛い写真付きのメールもらって、みんなでお祝いして。どっちに似てるかは、まだわからないけど(笑)、これからわかるんじゃないですかね。目も大きいですよ(笑)。

ーー今回の舞台は、子供とか、その段階にもいってないところから、ですね。

三宅 そうですね。この年齢でも、そういう方もいらっしゃると思うんで、今回の話を見て恥ずかしいと思わずに、恋愛だったりを楽しもうと思っていただけたらな、と。

ーー最近楽しいことは何かありましたか?

三宅 いやもう、この舞台が楽しくてしょうがないですね(笑)。本当にさっき磯山さんがおっしゃっていた通り、愉快な人たちばかりで、笑いが絶えない稽古場なんです。(磯山とも)今日から一緒に腹筋やるって言ってて、初日からスタートするって約束をみんなとして。

磯山 一緒にやろうとか、そういう優しいところがちょくちょくあるんです。

三宅 ありがとうございます(笑)。まぁでも、この舞台の後にツアーがありますので、そのための体力づくりに共演者を巻き込んでいるというパターンですね(笑)。

ーー最後に舞台に対する意気込みをお願いします。

三宅 是非みなさん、何も考えずに!この舞台を観に来ていただいて、楽しいものを持ち帰ってもらえたらなと思っております。劇場でお待ちしております!

 

DSCF1842

『ULTRA PURE!』


●3/8〜22◎東京グローブ座

●4/9〜11◎シアターBRAVA!

脚本・演出◇福島三郎

出演◇三宅 健 陽月 華 磯山さやか 大久保麻理子 福島カツシゲ 西ノ園達大    瀧川英次 鷲尾真知子

<料金>

東京グローブ座 S席¥8500 A席¥7500  B席¥5500(全席指定/税込)

シアターBRAVA! S席¥8500  A席¥7500(全席指定/税込)  

<お問合せ>

東京公演/東京グローブ座  03-3366-4020

Quarasエンタメ事務局 0570-044-099

キョードーインフォメーション 06-7732-8888

http://pure.mx


【取材・文/岩見那津子】

 

『変身』囲み取材

s_P3050570
ル テアトル銀座で6日に初日を開けた『変身』のフォトコールと囲み取材が、初日開幕前に行われた。

「ある朝、不安な夢から目覚めると、グレゴール・ザムザは自分がベッドの中で大きな虫に変わっているのに気がついた」
フランツ・カフカの不条理劇の名作をスティーブン・バーコフが演出する『変身』は、1912年に書かれた同名の小説を、バーコフが1969年に舞台化したものである。
その際、グレゴール役はバーコフ自身が演じ、更に脚本、演出、美術、音楽も彼が担当し話題となった。それ以来、各国で様々なアーティストによって演じられ、日本では1992年にバーコフの演出のもと、宮本亜門のザムザで上演、今回、18年ぶりの再演となった。

虫に変身してしまうグレゴールを演じるのは森山未來。顔が青白く見えるようなメイクをほどこし、眼鏡をかけ、スーツ姿で役の持つエキセントリックな雰囲気を漂わせる。
虫になった兄の面倒を見る妹のグレタ役には穂のか。彼女はこれが舞台初出演となる。グレゴールの父には永島敏行、母は久世星佳。その他、福井貴一、丸尾丸一郎という少人数の舞台になる。

この舞台では、虫になってしまったグレゴールの動きは森山の身体能力の見せどころだし、また彼がどうグレゴールの内面を表現してみせるかということも注目だろう。

この日のフォトコールは開幕シーンから30分ほど。その出番を終えた森山未來、穂のか、永島敏行の三人が囲み取材に出席した。


s_P3050559
【一問一答】

ーー虫になられるということですが、何か研究はしましたか?

森山 演出のスティーブン・バーコフの世界と、カフカの世界を自分なりに解釈して。やはり日本の演劇にはあまり種類がない世界なのでそれをまず理解していくことに、とても頭と身体を使った怒涛の稽古場でした。(笑)

ーー稽古場の雰囲気はいかがでしたか?

永島 今、森山さんがおっしゃったように、全員がバーコフの世界を理解しないといけない。自分の持ってる既成概念を壊していかないと先に進めないような部分があったので、進むために出演者がみんな思いを同じくして、バーコフさんの世界を自分の身体に取り入れるという作業を続けました。だから、体力的に終わるとヘトヘトになるっていう(笑)、濃度の濃い稽古場。

ーー穂のかさんは今回が初舞台ですね。

穂のか 本当に右も左も、何がわからないのかもわからないスタートでしたが、みなさんに優しくしていただきました。バーコフさんも厳しいらしいんですが、理解しようと努力して、毎日が勉強の日々でした、いや、今もです。

森山 台本が文字だらけだもんね。

穂のか 色んな人に「すごいね」って言われるぐらい真っ黒になるぐらい書き込んで。(笑)

ーーお二人から見た穂のかさんの印象は?

森山 華があると思いますね。もちろん、わからないことだらけなのは、しょうがないですし、しかも初舞台でこんなあくの強い舞台に(笑)でもそれはとても素敵な初体験だと思いますし、とてもエネルギッシュですね。

永島 若さと素直さ、吸収していく力がある。できないことはできないで当たり前なんだから、素直に吸収していけるっていうのが、素晴らしいと思います。

ーー穂のかさんは舞台に立つのが楽しそうに見えましたが?

穂のか 大前提に楽しいんですよ。精神的、体力的に辛かったりしても、本当に自分が今やりたいことができているので。こんなに贅沢で素敵な初舞台はあまりないと思うので、本当に楽しんでやってます。

ーー今回グレゴールは色々の苦悩を抱えて虫になってしまいますが、みなさんは虫になってみたいと思ったことありますか?

森山 虫っていう表現が、色んな解釈があると思うんですが、例えばゴキブリがいたとして、ゴキブリになりたいという感覚よりも、今まで家族に対して、グレゴールが出来ること、お金だったり、生活だったりを保障するために頑張ってきたものを「疲れた!やめた!」と言って家の中に閉じこもる、その形をカフカが虫という形にデフォルメしたと思ってます。

ーー穂のかさんは虫はお好きですか?

穂のか 大嫌いです。あんまりこの世の中に嫌いなものはないんですけど、その中ですごく上位にいるものですね。はい。

ーー森山さんは虫になってしまいますが。

穂のか 森山さんとして見ていると、「すごく大変そうだなぁ」と思いますが、グレタ役として見ると、好きなお兄ちゃんだけど、自分は虫嫌いなんで、「キモイ!」っていう。(笑)

ーー森山さんはその言葉を受けて複雑ですか?

森山 いいんじゃないでしょうか。(笑)

ーー今回舞台をどんな人に見ていただきたい?

穂のか 本当に初舞台なので、この私のはちゃめちゃに頑張っている姿を色んな方に見ていただきたいです。

森山 バーコフは40年前から、これをやり続けている。40年経ってもカフカって存在だったり、『変身』っていう作品が語り継がれるのは、そこに普遍性があるからだと。

老若男女、見終わって、今の現代に通じるメッセージが必ずあると思うので、(衣装やメイクが)こんなナリですけど(笑)、色んな世代に感じてもらいたいですね。

永島 僕は親子に見て欲しい。グレゴールを虫にしてしまった大きな原因は親にあるんです。この舞台をやってみて、カフカってすごいな、と。100年以上前にこの親子関係を見据えていたのか、と。僕も森山さんとか、穂のかちゃんの親世代なんだけれど、その僕の世代の人にも見て欲しいし、親子関係を考える上で子供にも見て欲しいなという気持ちが、非常にありますね。そういう意味ではすさまじいファミリードラマ。(笑)

ーー閉じこもりたい願望はみなさんの中にありますか?

永島 僕は閉所恐怖症だから、閉じこもるのは嫌です。(笑)じっとしてるのが無理なんでね。虫になって飛び回るほうがいいですね。

森山 逃避したい願望っていうのはありますよね。ありませんか?逃避したい願望。

「もうこの仕事イヤだ!ちょっと今日一日家に引きこもっていたい!」っていう。(笑)

穂のか 私は最近、稽古中にありました。「もう行きたくない、もう出たくない!」

でもそんなことは言ってられない。行ってしまえば楽しいので、頑張って打ち勝っていきたいと思います。

ーー最後に作品に対する意気込みをお願いします。

森山 スティーブン・バーコフとカフカの世界観を楽しんでいただければと思います。

精一杯やりますので、見にいらしてください。

永島 芝居って異次元の世界に入るというか、2時間弱なんですけど異空間に入れる芝居じゃないかと思います。是非見にいらしてください。よろしくお願いします。

穂のか 右も左も何もわからないまま始まった初舞台。みなさんに支えられて、凄い内容で、凄い舞台になっていますが、楽しみながら頑張っているので、皆様是非見にいらしてください。

 

パルコ・プロデュース

『変身』

●3/6〜22◎ル テアトル銀座

●3/31◎岡山市民会館

●4/2〜4◎サンケイホールブリーゼ

●4/6◎福岡市民会館

●4/11◎富山オーパードホール

●4/13◎新潟市民文化会館 りゅーとぴあ

 

作◇フランツ・カフカ

脚本・演出・美術・音楽◇スティーブン・バーコフ

出演◇森山未來、穂のか、福井貴一、日下部そう/久世星佳/永島敏行

 

 

<料金>

ル テアトル銀座 S席¥8000 A席¥6000 (全席指定/税込)

岡山市民会館  ¥7800 (全席指定/税込)

サンケイホールブリーゼ S席¥7800 A席¥5800 プリーゼシート¥5800(全席指定/税込)

福岡市民会館   S席¥7500 A席¥6000 B席¥4500(全席指定/税込) 学生券¥3000(当日座席指定、学生証有)

富山オーパードホール  S席¥7800 A席¥6500(全席指定/税込)

りゅーとぴあ   ¥7000 (全席指定/税込)

 

<チケットに関するお問い合わせ>

東京/パルコ劇場 03-3477-5858  http://www.parco-ts.com/

岡山/グッドラックプロモーション 086-903-2001

大阪/キョードーインフォメーション 06-7732-8888  

福岡/ピクニック 092-715-0374  http://www.picnic-net.com

富山/キョードー北陸チケットセンター025-245-5100  http://www.kyodo-hokuriku.co.jp

新潟/りゅーとぴあチケット専用ダイアル 025-224-5521(11:00〜19:00)  http://www.ryutopia.or.jp

 

【取材・文/岩見那津子】


記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について