稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

えんぶ8月号

井上ひさし生誕77フェスティバル2012


こまつ座半天落合高仁撮影(小)s

こまつ座では昨年4月9日亡くなった井上ひさしが、今年11月16日に迎えるはずだった喜寿77歳の誕生日を祝って、2012年にフェスティバルを開催する。

このフェスティバルは亡くなった本人も「それは、大変おもしろいね」と、楽しみにしていたものだった。 

井上ひさしの戯曲は、1969年の『日本人のへそ』から2009年の『組曲虐殺』まで、40年にわたり70作にも及ぶ。 1984年には自身の劇団「こまつ座」を旗揚げ、まさに演劇を愛した生涯だった。 

 

今回のフェスティバルは、井上戯曲とつながりの深い名演出家を迎えて、さまざまに趣向を変え、生誕77年のフェスティバルとして開催する。 

 

『十一ぴきのネコ』

【演出】長塚圭史 

【出演】北村有起哉 中村まこと 市川しんぺー 粟根まこと 蟹江一平 福田転球 

  大堀こういち 木村靖司 辰巳智秋 田鍋謙一郎 山内圭哉 勝部演之 

【上演スケジュール】 

 1月10日(火)~31日(火) 紀伊國屋サザンシアター 

【主催】こまつ座&ホリプロ (予定) 

 

『雪やこんこん』

【演出】鵜山仁 

【出演】高畑淳子 金内喜久夫 今拓哉 村田雄浩 山田まりや 

         宇宙 佐藤麻衣子 新井康弘 キムラ緑子(台本順) 

【上演スケジュール】 

 2月19日(日)~3月11日(日) 紀伊國屋サザンシアター 

【主催】こまつ座 (予定) 


『闇に咲く花』   

【演出】栗山民也 

【出演】辻萬長 石母田史朗 浅野雅博 増子倭文江 山本道子 藤本喜久子  

         井上薫 高島玲 大樹桜 小林隆 北川響 石田圭祐 水村直也 (台本順)

【上演スケジュール】 

  4月19日(木)~29日(日) 紀伊國屋サザンシアター 

【主催】こまつ座 (予定) 


『藪原検校』 

【演出】栗山民也 

【出演野村萬斎 秋山菜津子 浅野和之 小日向文世  

         熊谷真実 山内圭哉 たかお鷹 大鷹明良 津田真澄 他 】(台本順)

【上演スケジュール】 

  6月 世田谷パブリックシアター 

【主催】こまつ座&公益財団法人せたがや文化財団 (予定) 


『しみじみ日本・乃木大将』 

【演出】蜷川幸雄 

【出演】後日発表 

【上演スケジュール】 

  7月 彩の国さいたま芸術劇場 

【主催】こまつ座&ホリプロ&公益財団法人埼玉芸術文化振興財団 (予定) 


『芭蕉通夜舟』 

【演出】鵜山仁 

【出演】後日発表 

【上演スケジュール】 

  8月 紀伊國屋サザンシアター 

【主催】こまつ座 (予定) 


『日の浦姫物語』  

【演出】蜷川幸雄 

【出演】後日発表 

【上演スケジュール】 

  11月 Bunkamuraシアターコクーン 

【主催】こまつ座&ホリプロ (予定) 


『組曲虐殺』    

【演出】栗山民也 

【出演】井上芳雄 石原さとみ 山本龍二 山崎一 神野三鈴 高畑淳子 

【演奏】小曽根真 

【上演スケジュール】 

  12月 天王洲 銀河劇場 

【主催】こまつ座&ホリプロ (予定) 



「フェスティバルによせて」
 


蜷川幸雄 

私は井上ひさしさんとは最も遠いところにいる演出家と思われているかもしれません。 

しかし、ほぼ同じ時代を生きたものが全力で、この腐敗した世界を疾走しようとする時、走る者の吐く息と吸う息は、離れた場所にいても共有しているのです。 

このフェスティバルでは、私は孤独な参加者でありますが、誠実な参加者でありたいと思っています。 

 

栗山民也 

井上さんの書いたいくつもの台詞は、そのまま井上さんの声となって聴こえてきます。台本を開いて、一つひとつの言葉をそこから聴くのです。声は音ですから、頁をめくるたびに登場人物たちの声となって重なり合い、いろんな和音で聴こえてきます。 

台本には、同じ大きさの活字が並んでいますが、それがどんな状況のもとで発語されるかによって、意味は違います。俳優たちは、その活字を人間の声に必死で立ち上げます。私たちは稽古場で台本に刷られた一つひとつの言葉に、どんな人間の気持ちが隠されているかを見つけ出すことから出発し、その台詞に一番適った音を発するために、稽古を続けるのです。そのうち、井上さんの台本の中のすべての言葉が、人間のあらゆる感情を表す声のために書かれた、音楽のように聴こえてきます。 

その井上さんの77のお祝いのために、8本の作品が揃いました。どこまでも水のように静かに、ある時は激しく動き続ける台詞の流れに、耳をすましてみましょう。きっと、その物語の森の中で、必死に生きようとしている多くの人たちと出会うでしょう。 


鵜山仁 

井上ひさしという劇作家と、同時代を生きることができたこと。その新作を演出する機会に恵まれ、稽古場を、また劇場での時間を共に享受することができたこと。これは僕の演劇人生にとって決定的な出来事でした。何より有り難かったのは、僕自身、時には疑ってしまう「芝居の力」、「劇場の力」に対する信頼を、心の底で支えてもらえたことです。今後は、芝居にたずさわる危険と悩み、誇りと楽しみを、いくらかでも若い世代の人達に伝えていきたいと願っています。 

生誕77年フェスティバルが777年フェスティバルにつながる期待を込めて、この企画を喜びたいと思います。 

 

長塚圭史 

『父と暮せば』の英訳版と出会ったのは留学中でした。オリジナルの日本語版も載っていましたので、これはもうすぐにと下調べを始め、ナショナルシアターのスタジオで英国人俳優たちとワークショップをやりました。その時、改めて井上ひさしさんのメッセージの根幹は国境を越えるものであるという強い実感を得ました。そして私にとっては、この作品を通して異国の演劇人たちと議論を繰り返しながら試行錯誤したこのワークショップで、演劇の持つ可能性と豊かさを得る事が出来たのです。 

2011年夏、とうとう『父と暮せば』を生で観ることが出来ました。どうにも涙が止まりませんでした。『父と暮せば』も泣いていましたから。「しっかりなさい」と舞台上から井上さんが日本人全員に仰っているよう感じました。 

このフェスティバルを通して井上さんの人間を鋭く見つめる眼差しを、しっかりと皆様にお届けしたいと思います。 


後援:読売新聞社 

協賛:JT 

実行委員会:株式会社こまつ座 有限会社井上事務所 

http://inouehisashi77.jp/


【文/榊原和子 写真/落合高仁 】


上川隆也主演『隠蔽捜査』『果断・隠蔽捜査2』の公演チケットを枚数限定50%OFF
えんぶ☆Shop
  ↓
◎会員専用ページ◎にて発売中!

「演劇」の魅力、魔力を見せつけた唐組公演『西陽荘』

資料1
小さなアパート、銀行通帳、おでん屋ちくわぶ、30円。
ゴミの山、乙女の涙、記憶、用心棒の狼次郎。
覚えられるセリフは断片的で、物語の理解度もおぼつかない。
だけど、夢中で時に笑い、最後にホロリとなってしまう。
とびっきりの装置、照明、音響で、情緒のスイッチに入り込む。

弟を思う姉の気持ち。女を思う男の気持ち。
いろんな気持ちが渦巻いて、自分の周りにまとわりつく。
目の前で人が演じるという「演劇」では、当たり前のこと。
その魅力、魔力を見せつけた唐十郎の紅テント。
まだまだ目が離せない。


◇公演データ
劇団唐組『西陽荘』
作・演出◇唐十郎
出演◇唐十郎 安保由夫 久保井研 辻孝彦 稲荷卓夫 藤井由紀 赤松由美 ほか

●10月1日(土)、2日(日)、8日(土)、9日(日)、15日(土)、16日(日)

◎吉祥寺・井の頭恩賜公園内
 三鷹の森ジブリ美術館横 木もれ日原っぱ
※JR中央線三鷹駅南口より玉川上水沿いを徒歩約18分
 又は、コミュニティバスで約5分
 (「三鷹の森ジブリ美術館」バス停下車、10分間隔で運行)
※JR中央線・京王井の頭線吉祥寺駅公園口(南口)より徒歩約20分
又は、小田急バスで約10分
(◆銑番のりば、「明星学園入口」バス停下車、200m位戻る)

●10月22日(土)、23日(日)、29日(土)、30日(日)
◎雑司ヶ谷・鬼子母神
■雑司ヶ谷・鬼子母神
(「池袋」駅/都電荒川線「鬼子母神前」駅/副都心線「雑司が谷」駅下車)

毎夕7時開演(6時30分開場)

<入場料>
前売券=3500円 当日券=3600円

<問合せ>
唐組事務所:03-3330-8118

<チケット取扱所>
唐組・チケットぴあ・イープラス

【文/矢崎亜希子】

★10月12日まで上川隆也お楽しみプレゼント実施中!会員限定お得なチケット販売もあります!
えんぶ☆ミロクル


★10月〜12月の話題の公演チケットを20%OFFにて発売中!
えんぶ☆Shop

滝沢秀明が101年目の帝劇で『新春 滝沢革命』制作発表

takizawa_t


帝国劇場の2012年正月公演『新春 滝沢革命』の制作発表が10月3日、都内で行われ、滝沢秀明、戸塚祥太、錦織一清が出席した。

滝沢が主演を務める『新春 滝沢革命』は、09年元日に初演スタート、以来、毎年の正月に上演されている。
フライングや本水を用いた臨場感溢れるスペクタクル演出はジャニー喜多川氏が手がけており、その喜多川氏がギネスブック登録後の初演出公演になるということで、ひときわ注目される。

3人が登壇すると、04年『ドリームボーイ』から11年『新春 滝沢革命』までの公演のVTRが流れ、帝劇でのジャニー氏×滝沢作品の歩みと進化が伝えられた。
その後、滝沢と出席者からの挨拶と質疑応答が行なわれた。
 

【挨拶と質疑応答】
 
滝沢 皆様、本日はお忙しい中ありがとうございます。2012年、帝国劇場に自分の作品でステージに立てることを本当に嬉しく思います。みんなで1月1日から突っ走れるよう頑張ります。今回はA.B.C-Zのトッツー(戸塚)を起用し、帝劇101年目のスタートを気持ちを新たに、お客様と一緒に楽しめるようしたいと思いますので、今回も皆様よろしくお願いします。

戸塚 A.B.C-Zの戸塚祥太です。個人としてグループとして、たくさん学ばせてもらったこの舞台に立てることが出来て嬉しいです。座長・滝沢くん、先輩の錦織さんの背中を追いかけながら新たな気持ちで頑張ります。ジャニーさんがギネスをお取りになられて初めての作品ですので、期待感で胸がいっぱいです。

錦織 2009年から出演させていただいてます錦織です。毎年呼んでもらっていて、僕の中ではライフワークみたいになっている作品です。やる度に森光子さんが出演されたり、ギネス記録があったりと楽しみが一つずつ増えていく舞台です。僕は後輩の舞台に出る機会は今までなかったのですが、後輩の背中を見て、若い子が頑張っている姿を見て、色々考えさせられてます。楽しくやりたいと思いますので、よろしくお願いします。

ーージャニーさんがギネス記録を取られて初めての作品ですが、新しい目玉はありますか?

滝沢 細かいことはまだなのですが、毎年スケールアップしてきているので、僕も期待してます。第二幕クラシック組曲の15分間ほど、ダンスで表現していくコーナーがあるんですけど、僕、滝沢が楽曲を作曲します。歌ものではなく、インストの曲は初めてなので、僕の中では目玉になるかなと思ってます。

ーー作曲は何を使ってされるのですか?

滝沢 ピアノです。

ーージャニーさんのギネス記録については?

滝沢 そうですね、本当にすごい記録ですし、ジャニーさんの下で僕も仕事が出来るというのも幸せなことですね。ジャニーさんについていけば間違いなく素敵なショーになるんじゃないかと思います。
錦織 携われて嬉しいですね。ジャニーズ事務所に限らず、日本の芸能界、ショービジネスに広い意味で立ててくれた金字塔だと思います。僕らの時代はニューヨークへショーをやりに行ってましたが、これからは日本に外国の方が見にくるようになるのではと。そういう門を開けてくれたのは、ジャニーさんではないかと思います。
滝沢 世界の扉を開けてくれた感じだと思いますので、日本の方以外にも世界に発信していきたいですね。

ーージャニーさんから報告は?

錦織 あんまりそういうことを言わない方なので。
滝沢 とくになかったですね。
錦織 言われてないの俺だけかと思ってた。よかった〜(笑)! 戸塚は?
戸塚 僕も言われてないです。ギネスブック見てビックリ、本当にビックリしました! 僕も(プロデュース作品に)参加出来て、光栄なことだと思います。

ーーお祝いはされたのですか?

滝沢 してないですけど、みんなそれぞれ心の中で祝福してると思います。
錦織 よかった!俺だけ呼ばれてないのかと思った(笑)。
滝沢 いやいやいや(笑)。特にしなくても、みんな本当に感謝してると思いますので。
錦織 この舞台をお祝いの気持ちを込めてやりたいと思います。

ーーギネスを受けての作品でプレッシャーはありますか?

滝沢 今までと同じでプレッシャーは感じてないですね。ジャニーさんの言うことを自分なりに解釈して、ついていけば問題ないと思います。
錦織 僕も同じです。スピリットは同じなので。反対にもっと楽しんじゃっていいかなと思います。
戸塚 僕はジャニーさん、錦織さん、滝沢くんについて行かさせていただきます。

ーージャニーさんの演出は、どういった感じなのですか?

滝沢 先ほどトッツーも言ってたように、全てがサプライズなんですね。毎回驚かされてます。今では当たり前になってますけど、1月1日から舞台を踏めることも僕の中では革命ですからね。
錦織 僕以上にジャニーさんという方は面白いんです。僕が子供の頃、舞台で萎縮することなく自然な形でやる楽しさを教えてくれたのが、ジャニーさんなんですよ。皆さんに見ていただけないのが残念ですが、作っている時がものすごく楽しいんです。
戸塚 僕は今が一番ビックリしているので、逆に稽古が開始したらすごい楽しい現場になるんじゃないかと今から楽しみです!

ーー作曲する曲はかなり長めみたいですが。

滝沢 そうです。普段から作曲はやってるんですけど、いつもは歌もの、歌う楽曲なので。時間があれば1日中やってます。今回インストは初めてなので、迷いながら作ってます。

ーーどんなイメージですか?

滝沢 お正月にふさわしい華やかなショーナンバーにしたいですね。まだちょっとどうなるかわからないですけど、思いっきり作りたいです。

ーー組曲も含めて、まだこれからという感じでしょうか?

滝沢 ジャニーさんの頭の中には、既にあると思うんですけど、これからいろいろ形にしていきたいですね。ジャニーさんが記録を取ってからのものなので、日本を代表する作品になれるよう頑張りたいと思います。内容はこれから細かい所を詰めていきますが、メンバーが多少変わったのでメンバーに合わせた変更をします。日本をテーマに海外の方を意識してやっていきたいですね。

ーー新加入の戸塚さんの役どころは?

滝沢 トッツー(戸塚)は僕の相手役で、敵役のリーダーですね。僕とトッツーが争う形になります。
戸塚 やっと今、把握することが出来ました! 今この壇上にいますけど、4日ほど前にジャニーさんから「You、1月入れたから」と一言あったばかりで…(笑)。今、把握出来ました。

ーー最後に、帝劇101年目の新たな幕開けの公演になりますが。

滝沢 100年目の今年も公演をやらせていただきましたが、歴史ある劇場ですので気持ちを新たにステージに立たせていただきたいと思います。
錦織 僕たちはたまたま生きて偶然の偶然が重なって、ここにいるんだなと、去年は感慨深いものがあって…。僕らが責任を持って、大先輩が作ってきたものを僕ららしく継いでいきたいですね。
戸塚 新たな1年に舞台に立たせていただけて、とても素敵なことだと思います。この仕事をやっている上で、幸運なことです。いつも通り常に全力で1公演ずつぶつかっていこうと思います。
 

制作発表が終了し、3人は報道陣に拍手で送られ退席した。

そのあと滝沢と戸塚が再登場し、フォトセッションと囲みインタビューに応じた。
 

【囲みインタビュー】
 

 ーー恒例の新春公演です。

滝沢 お正月の1月1日からやらせていただいて、僕らとしても楽しみですね。

ーー初詣でならぬ"滝詣"ですね!

滝沢 あはは(笑)。嬉しいですね、そう思ってもらえたら。

ーーご自身の初詣は?

滝沢 毎年恒例になってましたけど、ここ何年か行けてないですね。稽古の真っ最中です。本当に本番ギリギリまでやっているので。

ーー戸塚さんは、滝沢さんの敵役ということですが。

戸塚 はい。見てください! 滝沢くんがいるセンターがここです。僕がここ(隣)に立つなんて、ジャニーズ事務所に入ってから初体験です! おこがましいですけど、滝沢くんと対決出来るようなところまでもっていかないといけないと…。とても重要なことなので、緊張してます!
滝沢 いつもはA.B.C-Zのメンバーがいるしね。

ーー戸塚さんを起用した理由は?

滝沢 やっぱり相手役って大事なんですよ。今回トッツーを選んだのは何でも器用にこなすからです。殺陣とかやる上で、相手がかっこよくないと自分自身もよく見えないので。そういう…息ですかね。息が合うのもトッツーかなと。本当頼ってますね。
戸塚 ありがとうございます! ありがたいお言葉をいただいたので、滝沢くんが言ってくださったように見えるように頑張ります!滝沢 僕がよく見えなかったら、トッツーのせいです(笑)。
戸塚 本当、滝沢くんのファンのためにも頑張らないと。
滝沢 真面目ですね〜。本当イイ奴なんですよ。
戸塚 いつもは(メンバーが)5人いるので、25歳にして初めての体験なんです。甘えられない場所に来てしまったなと。今まで甘えっ放しで、メンバー全員、橋本(良亮)くんにすら甘えてましたから。

ーー戸塚さんにとって、滝沢さんとはどのような存在なのですか?

戸塚 僕もそうですしグループにとっても縁があって、とてもお世話になってます。ターニングポイントというか何かある時には、だいたい滝沢くんがいるんですよ。スターでありたい、男の中の男ですね! オーラが漂っていて、許容範囲がどこまであるのか計り知れないです。
滝沢 いやあ、嬉しいですね。言葉で言うのではなく自分で動いて伝えるスタイルなので。

ーー20代最後の革命、男と女の革命はいかがですか?

滝沢 どういう意味ですか? ああ、いきなりそっちの話ですか(笑)。いずれはもちろんしたいですけど…。もうそろそろいいですよね。機会があれば、そっちも革命起こしたいです。よくわからないですけど(笑)。

ーー革命ということで、震災後の日本を元気にしてほしいです。

滝沢 やっぱり僕たちは、夢を皆さんに見ていただけるように作品を提供してますので。皆さんが本気で喜んで笑顔になってくれるのが大事なことかと。とにかく日本全体が進み始めてます。僕たちが出来ること、ステージから皆さんにいろんなこと、メッセージや笑顔を伝えていきたいです。感謝の気持ちで伝えていきたいです。
ジャニーさんのギネスも応援してくれるファンの皆様がいるからいただけたと思いますので、これからはファンの方に恩返し出来るようにと思ってますね。

ーー最後にファンの皆さんにメッセージをお願いします。

滝沢 2012年の『滝沢革命』、本当に僕たちも楽しみにしています。またステージに立つことが出来るようになりましたので、ぜひ皆さんと素敵なお正月を迎えられたらと思いますので、よろしくお願いします!


『新春 滝沢革命』

作・演出・構成◇ジャニー喜多川

主演◇滝沢秀明

出演◇中山優馬 戸塚祥太(A.B.C-Z) They 武道(岩本照 深澤辰哉 佐久間大介 渡辺翔太 宮舘涼太) 木南晴夏 紫吹 淳(特別出演) 錦織一清(特別出演)

●2012.1/1〜1/29◎帝国劇場

<料金>S席 12,000円 A席 8,000円(税込)

<問い合わせ>03-3213-7221 帝国劇場

東宝HP http://www.toho.co.jp/stage/


【取材・文/桜井麻子】


10月12日まで上川隆也お楽しみプレゼント実施中!会員限定お得なチケット販売もあります!
えんぶ☆ミロクル


10月〜12月の話題の公演チケット20%OFFにて発売中!
えんぶ☆Shop

記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について