稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

『サロメ』

スタジオライフ創立25周年記念公演製作発表

2009年11月27日、『トーマの心臓』の世界を彷彿とさせる早稲田奉仕園スコットホール(礼拝堂)にて、萩尾望都デビュー40周年記念原画展とスタジオライフ創立25周年記念公演『トーマの心臓』『訪問者』の製作発表が行われました。
今回は、スタジオライフ『トーマの心臓』『訪問者』の製作発表の様子をお伝えします。

スタジオライフチラシ

《ごあいさつ》
「25周年の感謝の気持ち」河内喜一朗(代表)
私たちスタジオライフは1985年に新宿の小劇場で旗揚げをいたしました。この25年もの間、劇団活動ができたのも、ひとえに1996年に萩尾先生の作品『トーマの心臓』を初演できたということにほかなりません。
まだまだ足りないことばかりの劇団で、これからもよりよい芝居と高みを目指して精進するつもりでございます。この記念すべき年に、切っても切れない大切な作品『トーマの心臓』『訪問者』を上演することができることを大変幸せに思っています。

「連鎖公演にかける思い」倉田淳(脚本・演出)
『トーマの心臓』は最初、優に3時間を超える脚本だったため、仕方なくオスカーの物語を削りました。この悲しい思いをいつかリベンジしたいと願い続けた結果が、『訪問者』の舞台化につながりました。『トーマの心臓』と『訪問者』はそれぞれが独立した物語でありながら、あぶり出しのように、それぞれの背景が広がっています。それを舞台にしていく過程で、わたしたちは今までにないくらい演技について考え、検討し、結果としてみんなの力を引き上げてもらったと思っています。この2つの作品世界を一時期に体験するということは、贅沢で本当にありがたく思います。

《公演に向けた言葉》
松本
松本慎也(『トーマの心臓』エーリック役)
前回2006年にエーリックをやらせていただいて、本当に人として役者としてたくさんのことを学びました。今、僕がここに役者として立っていられるのも、エーリックに出会えたからだと思っています。これまで役者として過ごし、得てきたものすべてをかけて、全力でお芝居に取り組んでいきます。一人でも多くの方に『トーマの心臓』の世界と感動を共にしていただきたいと思っています。

青木
青木隆敏(『トーマの心臓』ユリスモール役)
ぼくは『トーマの心臓』に3回参加させていただいていますが、いずれも5人組のイグー役でした。イグーにとってユリスモールとは憧れの存在で、イグーのヒーローはいつもユリスモールでした。そんなヒーローのユリスモールをイグーだったぼくが、演じさせていただくのはとても感慨深いです。不安もありますが、きちんと向き合って、日々一歩ずつ進んでいきたいと思っています。

岩崎
岩崎大(『トーマの心臓』オスカー役)
僕が入団したときに上演されていたのが『訪問者』で、自分の初舞台も『訪問者』でした。2000年の上演の際、『訪問者』で少年オスカーという役をやらせていただいて、ものすごく苦しみながら、悩みながら、世界観を探し、いろいろなことを感じました。それが今度『トーマの心臓』では、ちょっと大人になったオスカーをやらせていただきます。この劇団の25周年の年に立ち会えた喜びと、萩尾先生の作家生活40周年の時に、オスカーとして舞台に立てることの喜びを胸に、がんばっていきたいと思います。

山本
山本芳樹(『トーマの心臓』ユリスモール役)
ぼくはこの作品では、この役一筋でやらせていただいています。この作品と出会い、この役を演じさせていただくということは、ぼくの俳優人生の中ですごく幸せなことだと思っています。この役は、今のぼくを形成している諸々の中ですごく大きな割合を占めているといっても過言ではありません。そんな大切な作品を今回も精一杯つとめさせていただきます。

吉田
吉田隆太(『訪問者』オスカーの母親ヘラ役)
『訪問者』という作品では、家族はばらばらになってしまいます。本当に幸せを一生懸命探した家族3人が、それぞれに悩み、苦しみながら最後オスカーがシュロッターベッツの門をたたくまでのお話です。自分も幸せについて、稽古や本番を通じて深く深く旅をしていきたいなと考えています。お客さんには『トーマの心臓』と『訪問者』と2つの作品を見ていただいて、萩尾先生の世界を深く深く感じていただきたいと考えています。

高根
高根研一(『訪問者』グスタフ・ライザー役)
ぼくもこの『訪問者』という作品が初舞台なので、この作品でグスタフ・ライザーという役をやらせていただくことをとてもうれしく思っています。本当に全力でこの役に当たっていきます。お時間がありましたら、ぜひ劇場の方まで足を運んでいただきたいと思います。

曽世
曽世海司(『トーマの心臓』オスカー役)
僕はオスカー役を何回かやらせていただいている中で、『訪問者』という作品が、自分の役作りに不可欠なバイブルのような存在になっています。この2作品を同時に上演する連鎖公演は僕にとって、またオスカーにとっても、とても意味のあることだと思います。役者人生すべてをかけて演じさせていただきます。


最後に記者より萩尾望都さんに、質問がありました。

これまでスタジオライフによって上演された『トーマの心臓』と『訪問者』をご覧になり、具体的に印象に残ったシーンと、今回の舞台化に向けて気になるシーンがあれば教えて下さい。

萩尾望都さんのご回答

私は初回を見逃しまして、2回目のベニサンピットから拝見しています。漫画なり、小説なりという媒体が、まったく別のものとして、たとえば舞台として立ち上がる場合、演出家の意図によって、全然別の作品に作り替えられたりすることがあります。倉田さんは、ずっと原作のスピリットを大切にして、それを壊さないで表現するという制作方法を行っていらっしゃいます。それがまず、すごいなと思います。原作者と演出家は全然他人ですから、作品をどう読むかは、演出家の個性によるところが大きいと思います。倉田さんは私も及ばなかったようなところまで、作品世界にどっぷり浸かって、すべてを表すように舞台を構成してくださる。この能力が本当にすごいなぁって思います。ですからスタジオライフ、倉田さんの演出される作品はどれも本当に信頼していますし、わたしもどんな風に美しい倉田世界、スタジオライフの世界が表現されていくのか。ファンタジー? 魔法? のようなマジックアートを何度も見せていただいて、本当に原作者冥利に尽きるというか、感激しております。
今回もまた連鎖公演で、新しい登場人物達に会えるということをすごく楽しみにしております。何度も上演され、いろんなバージョンがありますが、本当に役者さんが違うとこんな風に雰囲気が違うのかという楽しみがあって、なかなか見所の尽きません。そういうところもみなさんにも、楽しんでいただけたらいいなと思っています。

★萩尾望都(漫画家)×倉田淳(演出家)によるスペシャル記念トークショーはこちら

スタジオライフ『トーマの心臓』『訪問者』
2/27〜3/22◎紀伊國屋ホール、3/27〜28◎名鉄ホール、4/13◎仙台市民会館・大ホール
公式ホームページ
http://www.studio-life.com/


萩尾望都デビュー40周年記念原画展
12/16〜23◎西武池袋本店別館2階=西武ギャラリー
公式ホームページ
http://www.hagiomoto-gengaten.com/


【取材・文◇矢崎亜希子】

『妹と油揚』月船さらら・出口結美子インタビュー

DSCF0894
出口結美子・月船さらら

今年1月に月船さららと出口結美子が結成した女性ユニット
métroその第2回目の公演『妹と油揚』が、12月3日に初日を迎える。

今回の作品は、作・演出の天願大介が、PFFアワード'90で審査員特別賞を受賞したカルトムービーの傑作をベースに、登場人物やエピソードをふくらませて戯曲化したもの。同映画に主演し最優秀男優賞を獲得した鴇巣直樹をはじめ寺十吾、外波山文明、若松武という濃い男優たちを客演に迎えて、ホラーとコメディがほどよくミックスされた刺激的な舞台になりそうだ。

その作品作りも進んでいる稽古場で、métroの2人、月船さららと出口結美子に話を聞いた。
DSCF0973

 

【コメディな妖怪もの?】

ーーこれを2回目作品に取り上げた動機から聞かせてください

出口 第1回作品は乱歩の『陰獣』という原作のあるものだったんですが、今回はオリジナルをやりたいなと思ったんです。そこで前に見た天願監督の映画『妹と油揚』が候補に挙がってきて。でも映画は35分で女性も1人しか登場しないので、今回の舞台用にだいぶふくらませて書き直していただきました。

月船 乱歩を最初にやったので次は純文学系がくるかなと、周りにもお客様にも思われていたみたいなんですが、そこを最初に裏切りたかったというか、方向が狭くなっていくのはいやだったので。映画で主役をされた鴇巣さんも出てくださることだし、この映画しかないなと。

ーー鴇巣さんは妖怪イヅナということですけど、ホラ−なんですか?

月船 ホラーなんだかコメディなんだかわからない作品です(笑)。JPG

出口 私なんてオバカな探偵助手ですから(笑)。映画にはなくて新たに作ってもらった役なんです。映画もそうなんですが、あまりまともな人は出てこなくて(笑)、私は若松武さん演じる探偵先生の助手で、先生に「変態が好き」と言われるちょっと知能が低い助手なんです(笑)。

月船 私は寺十さんのお兄ちゃんと近親相姦という女性で、というと『陰獣』をイメージされるかたも多いと思うんですが、今回は全然セクシーなところは出てこなくて(笑)、チラシとか見て期待して来られたかたには申し訳けないんですが(笑)、でも内容は絶対に裏切らない面白さですから(笑)。イヅナに取り憑かれてる女性なんですが、取り憑かれてからは価値観がいろいろな変化が出てきます。

ーー天願さんならではの価値観の転倒みたいな感じなんですね。

月船 登場人物でもまともなのはお兄さんだけで、若松さんの探偵は妖怪をこよなく愛してるし、外波山さんは妖怪研究家ですし、世間的な価値観を逸脱してる人たちばかりです。後半にみんなでお鍋をつつきながら話をするところがあるんですが、そこで出てくる会話がすごく面白くて、私もしゃべってて既成の価値観をぐちゃぐちゃにされる感覚があるんです。

DSCF0907出口 監督の映画でもそういうところが私も好きで、そこが今回はすごくわかりやすく出てきてると思います。

月船 たった10分の映画も監督は作られてるんですが、7分くらいまで何が言いたいのか分からなくても、最後の3分でふっと温かくていい気持ちにさせられる、そういう感覚がこの『妹と油揚』にもあります。

 

【苦しいけど手応えが】

ーーユニットもいよいよ2回目ですね。第1回目との違いとか、新たに感じることは?

月船 続けることならではの面白さと難しさをすごく感じてるところです。

出口 2回目は周りもお客様もやっぱりシビアになってくるし、それはすごく感じます。DSCF0952

月船 いい意味で1回目はご祝儀的につきあってくださったスタッフさんたちやお客さんもいたと思うのですが、今回は本当の信頼関係が生まれてきてるなと感じるので、赤字でも3回目をやりたいねって話してるんです。


DSCF0975出口 本当に何も知らないままで体当たりで始めましたから、よく1回目はできたなと思います(笑)。でも、今回は2回目だから少しは余裕があるかなと思っていたら、とんでもなくて(笑)。

ーー2人ともプロデューサーという役割ですけど、分担とかあるんですか?

月船 とくに分けずに、お互いに1人でもできるように全部がわかるようにしてます。

ーーすごく仲のいい2人ですけど、うまくやっていくコツみたいなものは?JPG

出口 とくにないよね? なんか考えてることがすごくわかるんです。

月船 そうそう。ユニットの仕事をしなかったら絶対に見ないだろうなというような顔も見せ合ってるけど、喧嘩しないし。

出口 あまり言い合いもしないよね。

月船 うん。2人だからいいというか、たぶんもっと人数が多かったらうまくいってないかもしれない。

出口 そう、いろんな価値観が出てきちゃうからね。

ーー赤字でも続けたいというのはなぜ?

月船 すごくたいへんだし苦しいことも多いんですけど、めちゃくちゃ生きてるっていう、幸せだなと思える瞬間がいっぱいあって、人との関係も今まで以上に強くなってます。宝塚時代にも、たくさんのお客様にチケットを買っていただいて感謝していたつもりなんですが、今は本当に1枚のチケットを買ってくださるかたがありがたいし感謝する気持ちです。この芝居ができる、そのことへの感謝とか幸せはお金に代えられないって思います。


JPG出口 役者だけでいたらこんな苦労も味合わなかったと思うけど、こんな人間関係も築けなかった。すごく有り難いなと思います。すごい財産を得てるし、本当に生きてるって手応えがあります。

 



【自由度の高いユニット】

ーーこの作品を経て、これからmétroの芝居はどうなっていきそうですか?

月船 やりたい方向は見えてるんですけど、でもそれに縛られず自由度の高いユニットにしたいなと。métroってこういう分野だよねというふうにはならないようにと思ってます。

出口 私も前からずっとコメディがやりたいと思ってて、今回コメディができるのが嬉しいんですけど、また違うものを求めていきたいし、いつも自由でいたいなと思います。できればmétroとしては1年に1回は足跡を残していきたいと思っているし、お互いのスケジュールもあるので1人でもできるような形も考えられれば。DSCF0939

月船 それもいいよね、métroスピンオフみたいな。métroっぽいよねという色は必要ですけど、métroはこうでしょみたいに色を決められたくはないんです。たとえば海外の戯曲とかも含めて考えていきたいし、大人の女性が描かれているものを考えていきたい。

出口 ゲストのかたたちも、毎回がらっと違う顔ぶれに出ていただきたいし。女性ばかりの公演もいいと思う。

月船 夢はいろいろあるんですが、まずはこの作品を成功させたいです(笑)。

出口 そう(笑)。『陰獣』とはまったく違った2人が見られるし、びっくりしていただけると思います(笑)。

月船 ゲストのかたたちが本当にすごくて、この顔ぶれが揃う公演ってあまりないと思いますから。

出口 みなさんおちゃめなんですよ(笑)。

月船 男の人の可愛らしさがうまく出てるし、その濃くて面白い人たちのなかに私たち2人が入るとどうなるのか、それを観ていただきたいです。

DSCF0888



métro公演

『舞台版 妹と油揚 MY SISTER and IZUNA

●12/3〜13◎SPACE雑遊

演出・台本◇天願大介

出演◇寺十吾、外波山文明、若松武、鴇巣直樹、

月船さららmétro、出口結美子métro

〈料金〉当日・前売 4800 (税込/全席自由)

〈問合せ〉080-6624-0101(métro制作)

http://www.metro.2008.jp/  (パソコン)

 

萩尾望都×倉田淳 スペシャル記念トークショー

2009年11月27日、『トーマの心臓』の世界を彷彿とさせる早稲田奉仕園スコットホール(礼拝堂)にて、萩尾望都デビュー40周年記念原画展とスタジオライフ創立25周年記念公演『トーマの心臓』『訪問者』の製作発表が行われました。
萩尾望都(漫画家)×倉田淳(演出家)によるスペシャル記念トークショー(原画展)とスタジオライフ製作発表の様子を2回に分けて、お伝えします。
まず今回は、萩尾望都×倉田淳によるトークショーの様子です。

倉田×萩尾

『トーマの心臓』の誕生

倉田 萩尾先生は12月に漫画家生活40周年を記念して原画展を開催され、わたしたちスタジオライフも来年25年目という節目の年に、『トーマの心臓』と『訪問者』を連鎖上演させていただきます。この機会に、ぜひ萩尾先生の作家生活の中で『トーマの心臓』を描かれた頃は、どのような時期だったのか教えていただきたいのですが。
萩尾 ちょうど漫画家になって5〜6年経った頃で、東京の生活に疲れたというか、ちょっと目を患っていて。友達の家に遊びに行ったら、埼玉県なのですが、すごい田舎で緑がいっぱいあって。これはいいなと思って引っ越したんです。すごく家賃が安くて、当時庭付き、四畳半、六畳、バス、トイレ付きで一月、1万2千円で借りられました。
倉田 それは何年頃でしょうか?
萩尾 1976年頃でしょうか。ただ電話は来てなくて、その後、引いたんですけど。家から会社に打ち合わせに行くのに、だいたい2時間くらいかかるんです。だけど空気がきれいだし、いいやと思っていて。そういう環境の変化が大きな時期でした。
倉田 数ある作品のうち『トーマの心臓』を生み出したきっかけというのは?
萩尾 当時、吉祥寺に『悲しみの天使』という映画を見に行って。それは男子校の2人の少年がお互いに好き合うのだけれど、周りに引き離されて、ショックで年下の方の男の子が自殺をしてしまう話なんです。映画は自殺をしたところで終わっていて。見終わった後、すごいショックで妄想モードに入ってしまったんです。この残されてしまった子はどうやって生きていくんだろう。すごくつらいし、忘れられないしと頭の中がぐるぐる回ってしまって。その子の気持ちを取り戻すために(作品を)描きたいなと思っていました。その頃私は20歳くらいで。展示会があるので、最近、当時の絵を見たら、すごく絵も下手でキャラクターも頭でっかちで。オスカーの頭の形なんて釣鐘草のようにとんがっていて、こわいなと思って・・・。
倉田 いえいえ、最初の窓辺に立っているあの姿がかっこいいんです。
萩尾 そんなわけで、ちょっと妄想系の話だったので、発表するつもりもなかったんですが、引っ越した後に、編集さんに「何か長編を描きませんか?」と言われて。「こういうの持ってるんですけど、無理ですよね?」と言ったら、そのとき、編集さんもどうかしていたんでしょうね、「じゃあやりましょうか」って。そんなわけで、始めたという話なんです。
倉田 描いてられた当時の緑の多い環境が、あのドイツの風景につながるのでしょうか。
萩尾 そうかもしれないですね。近くに工場があって、その壁に沿って、柳が並んで植えられていたんです。まだ寒くて何もない時期に、緑がすごいきれいなんです。なんだろう?と思ってよく見ると柳の新芽だったんです。ぱーっとすごくきれいでした。


『訪問者』のきっかけは『砂の器』

倉田 今回、『トーマの心臓』のサイドストーリーと言われているオスカー少年の生い立ちが描かれた『訪問者』を上演させていただくのですが、『訪問者』は『トーマの心臓』が描かれているときには、すでに誕生していたのでしょうか?
萩尾 『トーマの心臓』は主要人物、オスカー、エーリック、ユリスモールといるんですけど、当時、描いているとどんどん登場人物の背景に入り込んで行ってしまって。オスカーの背景も「お父さんと離ればなれで暮らしていて・・・」と浮かんでいました。連載当時、その話も入れたいなと思ったんですけど、メインストーリーだけでも大変なのに、サイドストーリーも描くと混乱するなと思って。連載もいつまで続けさせてくれるかわからないので、ちょっとはしょって、そのうち時間ができたら描こうと思っていました。それから、もうずいぶん経ってから、ある日ふと思い出して、「あ、『訪問者』を描こう」と思ったんです。思い出したきっかけは、当時松本清張の『砂の器』という小説が映像化されてテレビで放送されていたんです。小説とは物語が全然違って、父さんと散歩した主人公の過去の風景が写されていて、「あーやっぱり、子供を連れて旅をするのはいいな〜」と。オスカーもお父さんとこんな風にドイツをあっちこっち1年か2年間旅をしたんだろうな〜と思って、描き始めました。


まだまだ勉強中です。

倉田 『トーマの心臓』も『訪問者』も、登場人物たちは相手を理解したいと思いつつ、なかなか難しくて。萩尾先生が人を理解していくときに、これを大事な軸として立ち向かって行こうという何かはありますか?
萩尾 本当のところ、他者って分からないですよね。親子であっても、恋愛であっても、本当に相手のことは分かりづらい。人間、表に出しているところは、氷山の一角であって、9割は水の中に沈んでいるようなもので。しかも日々欠けたり、プラスされたり変化をしていて、多重な構造になっているものだと思うんです。でもけっこうみんな表面だけ見て、「あの人ああいう人だ。こういう人だ」って言うでしょう。端から見ていると、なんでこの人は心の中ではこう思っているのに、表面では違うことしてるのかなとか。人の隠れている部分にすごく興味があって、そこの部分を理解できたらもっと人とコミュニケーションが取りやすくなるんだろうか、ということを考えています。じゃあ日常にすぐにそこまで考えて人とつきあえるかというと、全然だめで。わたしもこの年になっても、毎日勉強している最中です。
倉田 最後に、『トーマの心臓』と『訪問者』の連鎖公演について、メッセージをいただきたいのですが。
萩尾 倉田さん、スタジオライフと知り合って、こんな風に何度も舞台化していただいて、わたしの方も舞台から学ぶことがたくさんあります。本当に感謝しています。来年の公演もとても楽しみにしています。


萩尾望都
はぎおもと◎漫画家。福岡県大牟田市生まれ。埼玉県在住。1969年、講談社「なかよし」に掲載の『ルルとミミ』でデビュー。代表作は『11人いる!』『残酷な神が支配する』など。受賞歴多数。1984年に発表された『半神』は野田秀樹の夢の遊眠社により舞台化された。

倉田淳
くらたじゅん◎演出家。1976年演劇集団「円」演劇研究所第1期生。芥川比呂志氏に師事。氏の亡くなる1981年まで演出助手をつとめた。1985年、河内喜一朗と共にスタジオライフを結成。男性ばかりの劇団で、唯一の女性として演出を手がけている。
---
スタジオライフ『トーマの心臓』『訪問者』
2/27〜3/22@紀伊國屋ホール、3/27〜28@名鉄ホール、4/13@仙台市民会館・大ホール
公式ホームページ
http://www.studio-life.com/


萩尾望都デビュー40周年記念原画展

原画展

萩尾望都さんより
様々な方のご協力により、このような原画展を行わせていただくことになりました。お話がきたのが7月くらいで、本当にばたばたと決まったものですから、なんだか未だにグッズを作っております。間に合うか非常に心配です。
来年、『トーマの心臓』と『訪問者』を上演するということで、スタジオライフの皆様にもご協力していただき、あれよあれよという間に、これだけのイベントになりました。あとは無事に開場し、無事に終了することを祈るばかりでございます。みなさまもご来場いただきお楽しみいただければ、うれしく思います。


《会期》
12/16(水)〜23(水・祝)
10:00〜20:00(入場は閉場の30分前まで)

《開場》
西武池袋本店別館2階=西武ギャラリー

《料金》
一般¥700 大学生・高校生¥500 中学生以下は無料

《展示内容》
・デビュー初期から最新作まで、年代順に抜粋された原画約270点
・未公開の白黒原稿(1話分ほど)
・作品イメージに使用したグッズ(お人形、雑貨など)
・人形作家恋月姫さんの『半神』へのオマージュ作品
・スタジオライフコーナー*

《イベント》
・スタジオライフ俳優、萩尾望都×倉田淳トークショー
・スタジオライフ俳優、萩尾望都サイン会

《販売》
・現在購入可能な下敷き、雑貨、版画類、『ポーの一族』をイメージした香水、図録など

*スタジオライフコーナー*
シュロッターベッツの制服を着た劇団員が日替わりでご案内します。週末にはトークイベントも開催。
過去に上演した萩尾作品(『トーマの心臓』『訪問者』『メッシュ』『マージナル』)の衣装や小道具、パンフレットも展示します。

公式サイト
http://www.hagiomoto-gengaten.com/


【取材・文◇矢崎亜希子】
記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について