稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

『ハンサム落語第十幕』

村上信五によるソロ・エンターテイメントショー『If or...IV』初日インタビュー


関ジャニ∞の村上信五によるソロ・エンターテイメントショー『If or...IV』の東京公演が、東京グローブ座にて幕を開けた。

初日を控えた2月16日には、プレスコールにより一部シーンを公開、その後囲み取材が行われた。


この作品は村上が「もしも…だったら」と様々なキャラクターに扮して繰り広げる一人舞台で、作・構成・演出も自身で手掛けている。09年の初演から4年目、先だって上演された大阪公演の千秋楽で通算100回を達成した人気シリーズだ。

今作は、村上演じるコージが主人公というストーリー仕立て。

幼い頃に母と妹と離れ離れになった少年コージは、やがて大人になり、二人を捜すべく島を出て都会へ向かう。貧しい生い立ちから一転、ホストからアイドルへと華やかな道を歩んでいくコージだが…。

人々との出会いに影響され、変化していくコージの人生を笑いや映像を交えて描いている。


この日、披露されたのはプロローグとホストクラブ、コージが参加したアイドルセミナーのシーン。

ホストを演じたかと思えば、セミナーでは講師としてハゲ頭のカツラを被って登場、アイドルをサッカーでアプローチして解説するなど多様に見せている。

プレスコール後には、セミナー講師の衣装であるカツラ、サッカーの代表ユニフォームに白衣という姿で現れ、笑いの起こる中、囲み取材に応じた。
 
 

【囲み取材】
 

ーーこの衣装で会見ですか(笑)。

いやぁ、代表の会見みたいでイイですね! (この衣装はシリーズ上)トレードマークでやらせて頂いてますんでね。
 

ーー冒頭ではホストを演じられてますが。

こんな格好してますけどね(笑)。ストーリーも作らして頂いてますけど、ホストは後付けですね。島から出て行った人で、若いですし、パッと出来る仕事でお金稼ぐんやったらホストやるんちゃうかなって。リアリティ持った感じで、いろいろ考えさせてもらいました。
 

ーー実際に村上さんがホストになったら、やはりNo.1に?

なるでしょうね、きっと。申し訳ないですけど。そうなるでしょうね、やりたくなくてもなるでしょうね、コレは(笑)。
 

ーー今回で4作目になりますが、お仕事が多忙になってキツイ点などはありますか?

ありがたいことに4年目になりました。まぁでもリズムみたいなのは体にしみついていて、体力的にしんどいとかはないですね。アイデアは…うーん、そうですね…、毎年ちょっと嫌になる時はありますね。でも新しく入ったスタッフの方とかいますんで、その辺は新鮮な意見を取り入れた方がいいかなという思いもありましたから。1年目じゃないですけど、新しい気持ちで出来ました。
 

ーーゲネプロはいかがでしたか?

ドッキドキですよ! でも今年が一番楽しめましたね。1年目が一番緊張しましたんで。一人で舞台に立って、どんな雰囲気になるかも分からなかったですし。一人で舞台に立つっていうのがグループでやってると、まず味わうことの出来ない空間なので。でも今年はいい意味で、すごく楽しめる余裕が生まれましたね。
 

ーーずっと喋ってるように感じますが、得意とはいえ大変では?

これがね…ずっと喋ってるんですよね(笑)。得意というか好きなだけです。得意かどうか分からないですけど、好きで楽しいからやらせて頂けてるんで。
 

ーー長く続いている秘訣ですね。

4年続けさせて頂いてるんで、ライフワークにしようというと、おこがましいですけど。まぁでも、毎年単年契約でやらせてもらってるんで、来年のことは分からないですね(笑)。
 

ーーファンの方はジャニーズの裏話が聞けるのも楽しみかと思いますが。

いやぁ、裏話でも何でもなく、僕の観点を好き勝手言わしてもらってるだけなんですけどね。でも楽しんでくれてるということは、皆さんの中にもそう思ってるところがあるんちゃうかなと思います。
 

ーージャニーズ愛に満ちた内容ですよね

ジャニーズ愛ね、僕、溢れてると思いますよ(笑)。ありがたいです、贅沢なことやらせて頂いてますんで。ジャニーズでなければ逆に出来ないことですから。先輩の恩恵があってのことですし、ジャニーズで良かったって、コレやる度に思います。
 

ーー関ジャニ∞のメンバーが観に来る予定は?

メンバー…来るんでしょうかね?そこそこ、みんな忙しいみたいですから。(前公演では)コソッと来てコソッと帰ったこともありましたんで。後でマネージャーから「来てたよ」とか聞いたりして。でもどこかしらで、みんな来てくれると思います。
 

ーー4年続けてきて、何か自分の中で変わったことや得たものなどはありますか?

変わってるのかなぁ…? 得るものねぇ…。自分で毎年コレを得たっていう具体的なものは、あまりないんですよね。ただホンマに修行というか、チャレンジというか、勉強の場なんですけど。そういう気持ちで新しいことをやらせて頂いてますんで、何か変わってるんでしょうね。
 

ーー大阪公演を無事終えて、チケットも完売という人気公演になってますが、手応えはいかがですか

手応えがね…、あるんですよコレが、ありがたいことに。チケットが取れないというのも、仕事冥利に尽きるといいますか、前は考えられないことでしたからね。
 

ーーそれでは最後に意気込みをお聞かせください

4年もこうやって一人でやらせて頂いて…、来て頂いた皆さんと温かいスタッフに囲まれて、ありがたいことに舞台に立たせて頂いてます。東京は20回公演あります。毎回毎回大事にやらせて頂きますので、ぜひお越し頂けたらと思います。



『If or...IV』

作・演出/出演◇村上信五

●2/17〜3/4◎東京グローブ座

<料金>S席 5,500円 A席 4,500円(※全席指定、未就学児童入場不可 ※営利目的の転売禁止)

<問い合わせ>03-3366-4020 東京グローブ座


【取材・文/桜井麻子】


演劇ぶっくのネットショップ【えんぶShop☆ミロクル】

演劇ぶっく」2月号 全国書店にて好評発売中!

▼こちらでもご購入いただけます▼

演劇ぶっくのネットショップ【えんぶShop☆ミロクル】

NMSグレイテストヒッツ〜のぞみ大阪発東京行き10両編成〜って?

nms10-1

♪石原正一からのメッセージ

僕は生瀬さんに憧れ劇団に入れてもらい 内藤さんのに出たいと憧れ マキノさんのを盗みたいと思い
劇団を辞めユニットを立ち上げ気付けば22年が過ぎました。そこには演劇の為に全てを捧げる気持ちがいつも心にありました。
正一ショー旗揚げの時に思った幸せな場所を求めてあちこちに行きました。たくさん出会いそして別れました。
言うなれば今回のこの企画はベスト盤ですから NMSが イシハラが 関西が 詰まってます。
一生語り続けたいこの10の作品とこれからも旅を続けたい。中崎町のカフェからアゴラ HEPと この先どこまで行くのやら と何処吹く風に聞いてみようと思います。


☆作品紹介

NMS_01『元少年の歌』脚本◇久馬歩(ザ・プラン9) 出演◇福山俊朗(マジックラジオ)
演出・出演◇石原正一(石原正一ショー)

なんでも屋のケースケの元に級友のマサヒコが、一通の手紙を届けにやってきた。訳ありの再会に隠された秘密は…?ザ・プラン9の頭脳、久馬歩が贈るNMS1作目のチョイほろ苦の友情コメディ。


NMS_02『グレープフルーツ・ムーン』脚本◇蟷螂襲(PM/飛ぶ教室) 出演◇久保田浩(遊気舎) 演出・出演◇石原正一(石原正一ショー)

とある舞台開演前の楽屋。出番を待つ役者2人がぽつりぽつりと話し始める過去の恋話。
芝居の稽古なのか現実の会話なのか、大きく灯る満月に照らされた意外な事実とは?


NMS_03『幸福論』脚本◇稲田真理(伏兵コード) 出演◇岸潤一郎(NAィKI) 演出・出演◇石原正一(石原正一ショー)

裏山の中腹にある防空壕から海が見える。山の下の海端から見える墓を眺める男が2人。「生きる意味が分からない」「分からない」「静かな音!静かな音が耳について、狂いそうなんだ。」
絶望を抱えた村の青年に芽生える奇妙な友情が胸を打つ。


NMS_04『スピカ』脚本・演出◇大牴躬法―弍蕁丹羽実麻子(劇団とっても便利) 出演◇石原正一(石原正一ショー)

成り行きで銀行強盗に巻き込まれた郵便配達人と消えた父の面影を人質にダブらせた美少女スピカの逃亡劇。夜空に輝く夫婦星を夢見て男は彼女に好意を抱き、そして意外な結末を迎える…。


NMS_05『日曜日よりの使者』脚本◇竜崎だいち(ミジンコターボ) 出演◇平林之英(sunday) 演出・出演◇石原正一(石原正一ショー)

喫茶店の老主人は突然現れた記憶を失くした老人のためあの手この手をつくす。そこで思い出したその記憶は少年時代の想い出の初恋の女の子と彼女からの贈り物だった。ミジンコターボの竜崎だいちが描く、大人のファンタジー。


NMS_06『宇宙のファンタジー』脚本◇山浦徹(化石オートバイ) 出演◇康喜弼(康組) 出演◇石原正一(石原正一ショー)

宇宙の誕生と生命の終末。ボロ下宿人生の冴えない男に現れた謎の男は正体不明。2人は現実を離れあてもなく旅出つ。果たして男のロマンを見つけることができるのか?


NMS_07『神様それではひどいなり』
脚本◇山崎彬(悪い芝居) 出演◇サリngROCK(突劇金魚) 演出・出演◇石原正一(石原正一ショー)

中年オタクが満員電車で恋をした。相手の美女が隠し持つ秘密を知った男の運命は?アングラ演劇の力で彼女を救えるか?


NMS_08『紛れて誰を言え』脚本・演出◇横山拓也(売込隊ビーム) 出演◇永津真奈(Aripe) 出演◇石原正一(石原正一ショー)

夫の仕事中に整形で美貌を手に入れた妻に、彼は醜い顔に整形し返した。いびつな関係が巻き起こす本当の愛を巡る不条理会話喜劇。


NMS_09『踊る赤ちゃん人間』脚本◇末満健一(ピースピット) 出演◇山浦徹(化石オートバイ) 演出・出演◇石原正一(石原正一ショー)

昭和56年「こち亀」連載開始の頃。未来からやって来た男は父が子守する赤ん坊だった!?親子の想いが時空をかけ巡る酒と泪と男とSF。


NMS_10『アイ・アム・ウェイティング・フォー・ザ・マン』
脚本・演出◇ウォーリー木下(sunday) 出演◇七味まゆ味(柿喰う客) 出演◇石原正一(石原正一ショー)

不条理の名作喜劇ゴドーを待ちながらを題材にした男女2人夢物語。柿喰う客の七味まゆ味が魅力炸裂。


tirashi_nms_2

★NMSとは?

関西演劇界の異端児、“石原正一ショー”の石原正一が2010年5月から始めた、2人芝居シリーズ《中崎町ミュージアムスクエア》(※)の略。コメディあり、シリアスあり、ウェルメイドあり、上質の作品を多数公演し、今年1月には柿喰う客の七味まゆ味を迎え、10作品目を上演!
今回、リクエストに応え待望の10作品の一挙再上演!
春には東京・アゴラ劇場で10作品をまとめて一挙に上演。大阪ではHEP HALLにて選抜4作品の凱旋公演が決定!石原正一は全作品に出演。新たな挑戦が始まります。

(※)《中崎町ミュージアムスクエア》って?

劇団☆新感線や南河内万歳一座などを輩出した関西小劇場演劇の中心的存在だった「扇町ミュージアムスクエア」の冠を拝借し、演劇生活20周年を迎え、新たなる挑戦を始めた石原正一ショーの石原正一(★)が2010年5月より始動した2人芝居プロジェクト。
関西を代表する「劇作家」の戯曲を関西の人気「俳優」と石原正一ショー・石原正一が中崎町common cafeを小劇場に仕立て上げ、上演する濃密な2人芝居シリーズ。役者の息遣いまで伝わる臨場感の中、隔月で登場する新しい物語、笑いあり、ペーソスあり、シニカルあり、情熱ありの丁寧にじっくりと創り上げる様々な劇世界。
第3回公演『幸福論(作:稲田真理・伏兵コード)』は2011年OMS戯曲賞佳作を受賞。第5回公演『日曜日よりの使者(作:竜崎だいち・ミジンコターボ)』は熱烈支持をいただき東京にて招聘公演が実現。今回、満を持して大阪から東京へのぞみに乗って(?)やって来ます!

_image001

(★)石原正一とは?

演劇人。役者、作家、演出家、振付家。 石原正一ショー主宰。 
1989年、劇団そとばこまちに入団、演劇活動開始。
1995年、"石原正一ショー"旗揚げ。脚本演出を担当、漫画を基にサブカル風ドタバタ演劇を呈示。
関西演劇界の年末恒例行事として尽力する。自称”80年代小劇場演劇の継承者”。外部出演も多数。
肉声肉体を酷使し漫画の世界を自身で表現する"漫画朗読"の元祖。FM大阪などラジオでも漫画朗読師として人気を博す。"振付"もできるし、”イシハラバヤシ”で歌も唄う。意欲的に活動する42歳。
石原正一ブログ「石原正一のガンバっとるわ!」 http://halashow01.blogspot.com/



演劇ぶっくのネットショップ【えんぶShop☆ミロクル】

上記10作品のチケットを20%オフにてチケット販売中!
♪ご購入はこちらより


演劇ぶっく」2月号 全国書店にて好評発売中!

▼こちらでもご購入いただけます▼

演劇ぶっくのネットショップ【えんぶShop☆ミロクル】



宮田慶子初演出のオペラ『沈黙』が初日開幕。

ko_20003372_chirashi

遠藤周作の不朽の名作文学『沈黙』は、発表当時、神の存在を問うという内容で大きな話題を呼んだ。その小説をもとに台本・作曲の松村禎三が、13年という歳月をかけて完成させた珠玉のオペラが15日に新国立劇場中劇場で開幕した(19日まで)。

今回演出を手がける宮田慶子は、同劇場の演劇芸術監督でオペラは初めて取り組むことになる。


背景になるのは、キリシタンへの弾圧が過酷を極めていた17世紀初頭の九州五島。
ひそかに渡来してきた若き宣教師ロドリゴの目の前で、村の貧しい信者たちが次々と捕らえられ、凄惨な拷問を経て死んでゆく。だが、それを助けることもできず、神からの救いの手が差し伸べられることもない。
やがて彼も捕らえられ、信者を救うためにはまず彼自身が棄教すべきだと恩師フェレイラに迫られる。ロドリゴは必死に神に祈るが、神は沈黙したままで何も答えてはくれない。

苛烈な状況の中で問い続ける神の存在とその心。救いとは何かという重い問いを美しい音楽と劇的な演出によって描き出していく作品だ。


演出の宮田慶子は「人間の心の業や、神との対峙・葛藤を扱った原作を個人的に愛読していたほど思い入れのある作品。台本を読むように、音を読んでいきたい」と語っているように、歌手たちとの綿密なコミュニケーションを大切にしながら、初めてのオペラ演出とは思えないほど、この作品を読み解いて作品に向かい合っている。

指揮は作曲家の言葉を伝えることで高く評価されている下野竜也で、新国立劇場には初登場となる。


photo_opera

オペラ『沈黙』

原作◇遠藤周作

台本・作曲◇松村禎三

演出◇宮田慶子

指揮◇下野竜也 

キャスト◇2/15・17・19>
ロドリゴ/小餅谷哲男 フェレイラ/久保和範 ヴァリニャーノ/成田博之
キチジロー/星野 淳 モキチ/経種廉彦 オハル/高橋薫子 他
キャスト◇2/16・18
ロドリゴ/小原啓楼 フェレイラ/与那城 敬 ヴァリニャーノ/大沼 徹

キチジロー/桝 貴志 モキチ/鈴木 准 オハル/石橋栄実 他
合唱/新国立劇場合唱団
管弦楽/東京交響楽団 

会場◎新国立劇場中劇場
〈料金〉S席15750円 A席12600円 B
席8400円 C席6300円 D席3150円 Z席1500円

〈問合せ〉新国立劇場ボックスオフィス:03-5352-9999

http://www.nntt.jac.go.jp/



【文/榊原和子】


演劇ぶっくのネットショップ【えんぶShop☆ミロクル】

演劇ぶっく」2月号 全国書店にて好評発売中!

▼こちらでもご購入いただけます▼

演劇ぶっくのネットショップ【えんぶShop☆ミロクル】

 

記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について