稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

『江戸のマハラジャ』

萩尾望都×倉田淳 スペシャル記念トークショー

2009年11月27日、『トーマの心臓』の世界を彷彿とさせる早稲田奉仕園スコットホール(礼拝堂)にて、萩尾望都デビュー40周年記念原画展とスタジオライフ創立25周年記念公演『トーマの心臓』『訪問者』の製作発表が行われました。
萩尾望都(漫画家)×倉田淳(演出家)によるスペシャル記念トークショー(原画展)とスタジオライフ製作発表の様子を2回に分けて、お伝えします。
まず今回は、萩尾望都×倉田淳によるトークショーの様子です。

倉田×萩尾

『トーマの心臓』の誕生

倉田 萩尾先生は12月に漫画家生活40周年を記念して原画展を開催され、わたしたちスタジオライフも来年25年目という節目の年に、『トーマの心臓』と『訪問者』を連鎖上演させていただきます。この機会に、ぜひ萩尾先生の作家生活の中で『トーマの心臓』を描かれた頃は、どのような時期だったのか教えていただきたいのですが。
萩尾 ちょうど漫画家になって5〜6年経った頃で、東京の生活に疲れたというか、ちょっと目を患っていて。友達の家に遊びに行ったら、埼玉県なのですが、すごい田舎で緑がいっぱいあって。これはいいなと思って引っ越したんです。すごく家賃が安くて、当時庭付き、四畳半、六畳、バス、トイレ付きで一月、1万2千円で借りられました。
倉田 それは何年頃でしょうか?
萩尾 1976年頃でしょうか。ただ電話は来てなくて、その後、引いたんですけど。家から会社に打ち合わせに行くのに、だいたい2時間くらいかかるんです。だけど空気がきれいだし、いいやと思っていて。そういう環境の変化が大きな時期でした。
倉田 数ある作品のうち『トーマの心臓』を生み出したきっかけというのは?
萩尾 当時、吉祥寺に『悲しみの天使』という映画を見に行って。それは男子校の2人の少年がお互いに好き合うのだけれど、周りに引き離されて、ショックで年下の方の男の子が自殺をしてしまう話なんです。映画は自殺をしたところで終わっていて。見終わった後、すごいショックで妄想モードに入ってしまったんです。この残されてしまった子はどうやって生きていくんだろう。すごくつらいし、忘れられないしと頭の中がぐるぐる回ってしまって。その子の気持ちを取り戻すために(作品を)描きたいなと思っていました。その頃私は20歳くらいで。展示会があるので、最近、当時の絵を見たら、すごく絵も下手でキャラクターも頭でっかちで。オスカーの頭の形なんて釣鐘草のようにとんがっていて、こわいなと思って・・・。
倉田 いえいえ、最初の窓辺に立っているあの姿がかっこいいんです。
萩尾 そんなわけで、ちょっと妄想系の話だったので、発表するつもりもなかったんですが、引っ越した後に、編集さんに「何か長編を描きませんか?」と言われて。「こういうの持ってるんですけど、無理ですよね?」と言ったら、そのとき、編集さんもどうかしていたんでしょうね、「じゃあやりましょうか」って。そんなわけで、始めたという話なんです。
倉田 描いてられた当時の緑の多い環境が、あのドイツの風景につながるのでしょうか。
萩尾 そうかもしれないですね。近くに工場があって、その壁に沿って、柳が並んで植えられていたんです。まだ寒くて何もない時期に、緑がすごいきれいなんです。なんだろう?と思ってよく見ると柳の新芽だったんです。ぱーっとすごくきれいでした。


『訪問者』のきっかけは『砂の器』

倉田 今回、『トーマの心臓』のサイドストーリーと言われているオスカー少年の生い立ちが描かれた『訪問者』を上演させていただくのですが、『訪問者』は『トーマの心臓』が描かれているときには、すでに誕生していたのでしょうか?
萩尾 『トーマの心臓』は主要人物、オスカー、エーリック、ユリスモールといるんですけど、当時、描いているとどんどん登場人物の背景に入り込んで行ってしまって。オスカーの背景も「お父さんと離ればなれで暮らしていて・・・」と浮かんでいました。連載当時、その話も入れたいなと思ったんですけど、メインストーリーだけでも大変なのに、サイドストーリーも描くと混乱するなと思って。連載もいつまで続けさせてくれるかわからないので、ちょっとはしょって、そのうち時間ができたら描こうと思っていました。それから、もうずいぶん経ってから、ある日ふと思い出して、「あ、『訪問者』を描こう」と思ったんです。思い出したきっかけは、当時松本清張の『砂の器』という小説が映像化されてテレビで放送されていたんです。小説とは物語が全然違って、父さんと散歩した主人公の過去の風景が写されていて、「あーやっぱり、子供を連れて旅をするのはいいな〜」と。オスカーもお父さんとこんな風にドイツをあっちこっち1年か2年間旅をしたんだろうな〜と思って、描き始めました。


まだまだ勉強中です。

倉田 『トーマの心臓』も『訪問者』も、登場人物たちは相手を理解したいと思いつつ、なかなか難しくて。萩尾先生が人を理解していくときに、これを大事な軸として立ち向かって行こうという何かはありますか?
萩尾 本当のところ、他者って分からないですよね。親子であっても、恋愛であっても、本当に相手のことは分かりづらい。人間、表に出しているところは、氷山の一角であって、9割は水の中に沈んでいるようなもので。しかも日々欠けたり、プラスされたり変化をしていて、多重な構造になっているものだと思うんです。でもけっこうみんな表面だけ見て、「あの人ああいう人だ。こういう人だ」って言うでしょう。端から見ていると、なんでこの人は心の中ではこう思っているのに、表面では違うことしてるのかなとか。人の隠れている部分にすごく興味があって、そこの部分を理解できたらもっと人とコミュニケーションが取りやすくなるんだろうか、ということを考えています。じゃあ日常にすぐにそこまで考えて人とつきあえるかというと、全然だめで。わたしもこの年になっても、毎日勉強している最中です。
倉田 最後に、『トーマの心臓』と『訪問者』の連鎖公演について、メッセージをいただきたいのですが。
萩尾 倉田さん、スタジオライフと知り合って、こんな風に何度も舞台化していただいて、わたしの方も舞台から学ぶことがたくさんあります。本当に感謝しています。来年の公演もとても楽しみにしています。


萩尾望都
はぎおもと◎漫画家。福岡県大牟田市生まれ。埼玉県在住。1969年、講談社「なかよし」に掲載の『ルルとミミ』でデビュー。代表作は『11人いる!』『残酷な神が支配する』など。受賞歴多数。1984年に発表された『半神』は野田秀樹の夢の遊眠社により舞台化された。

倉田淳
くらたじゅん◎演出家。1976年演劇集団「円」演劇研究所第1期生。芥川比呂志氏に師事。氏の亡くなる1981年まで演出助手をつとめた。1985年、河内喜一朗と共にスタジオライフを結成。男性ばかりの劇団で、唯一の女性として演出を手がけている。
---
スタジオライフ『トーマの心臓』『訪問者』
2/27〜3/22@紀伊國屋ホール、3/27〜28@名鉄ホール、4/13@仙台市民会館・大ホール
公式ホームページ
http://www.studio-life.com/


萩尾望都デビュー40周年記念原画展

原画展

萩尾望都さんより
様々な方のご協力により、このような原画展を行わせていただくことになりました。お話がきたのが7月くらいで、本当にばたばたと決まったものですから、なんだか未だにグッズを作っております。間に合うか非常に心配です。
来年、『トーマの心臓』と『訪問者』を上演するということで、スタジオライフの皆様にもご協力していただき、あれよあれよという間に、これだけのイベントになりました。あとは無事に開場し、無事に終了することを祈るばかりでございます。みなさまもご来場いただきお楽しみいただければ、うれしく思います。


《会期》
12/16(水)〜23(水・祝)
10:00〜20:00(入場は閉場の30分前まで)

《開場》
西武池袋本店別館2階=西武ギャラリー

《料金》
一般¥700 大学生・高校生¥500 中学生以下は無料

《展示内容》
・デビュー初期から最新作まで、年代順に抜粋された原画約270点
・未公開の白黒原稿(1話分ほど)
・作品イメージに使用したグッズ(お人形、雑貨など)
・人形作家恋月姫さんの『半神』へのオマージュ作品
・スタジオライフコーナー*

《イベント》
・スタジオライフ俳優、萩尾望都×倉田淳トークショー
・スタジオライフ俳優、萩尾望都サイン会

《販売》
・現在購入可能な下敷き、雑貨、版画類、『ポーの一族』をイメージした香水、図録など

*スタジオライフコーナー*
シュロッターベッツの制服を着た劇団員が日替わりでご案内します。週末にはトークイベントも開催。
過去に上演した萩尾作品(『トーマの心臓』『訪問者』『メッシュ』『マージナル』)の衣装や小道具、パンフレットも展示します。

公式サイト
http://www.hagiomoto-gengaten.com/


【取材・文◇矢崎亜希子】

『演劇/大学 09秋』4大学公演、まもなく開幕

演劇の現場で活躍する人材は、幅広いフィールドから生まれてきているが、その動きを大学というアカデミズムの場でも積極的に取り入れる流れは、ここ数年ますます盛んになっている。
このF/Tの上演企画も、そんな大学を取り上げて、作品の上演とフォーラムを通じて、その動きを体感してもらおうという意味付けで行われる。今回は、桜美林大学、京都造形芸術大学、近畿大学、多摩美術大学の4校が公演を展開する。

その各大学からのアピール文が届いたので、2回に分けて紹介しよう。

 

●多摩美術大学公演
『ファスナー』『氷山のイッカク』『健康少年』
作・演出・出演◇多摩美術大学在学生
12/1(火)19時、12/2(水)14時◎シアターグリーン

ご覧いただく舞台は、いずれも2009年度の上半期に多摩美術大学映像演劇学科上野毛キャンパスで生まれ落ちたエンゲキたちです。今回はF/T版として、3本立てに再構成しての上演です。
映像演劇学科のカリキュラムの中核に“Field Trial”と称している、企画立案から制作、公開発表をおこなう科目群があります。ここから映像演劇学科の演劇や映画の作品が生まれます。
『ファスナー』『氷山のイッカク』は、09年度前期“Field Trial”からの選抜。『健康少年』はこの7月に学内で自主企画公演として初演。8月にはオープンシアターミュージアム[But-a-I](芸劇前アトリウム広場)にて再演。授業以外でも自主企画公演が目白押しの中から選抜したものです。
『F/T09秋 演劇/大学』の参加4大学の中で、唯一在校生の作・演出作品です。全く違ったテイストの3作品ですが、今日の若者が見ている世界、感じている社会に対する感情が、通底していると思います。
ショートピース3本を休憩無し80分で疾走します。
初日に向けての、全ての大騒動を力にして、総勢40名の大一座の幕が上がります。
作品が生まれ落ちる現場に是非ともお立ち会い下さい。

(多摩美術大学 映像演劇学科 加納豊美)

 

 

●京都造形芸術大学公演
『木ノ下歌舞伎ー伊達娘恋緋鹿子』
作◇菅専助ほか 演出◇木ノ下裕一 出演◇京都造形芸術大学生
12/5(土)15時、12/6(日)13時◎シアターグリーン

 

—たとえこの身をつらぬかれ、ほね骨はこ粉となれはい灰となれ、こん魂はこの世にとどまりて—

大火に類焼した八百屋の娘・お七は避難先の吉祥院の小姓・吉三郎と恋仲になってしまう。店の再建がなって別れた後も思いはつのるばかり。
一方、江戸の町では相次ぐ火災を警戒し、次々と火の見やぐらが建てられ、夜間は全ての木戸を閉め、通行が禁じられることになった。同時にそれは、火事ではない時に火の見やぐらの半鐘を鳴らせば、いかなる理由があろうとも火あぶりの刑に処すという法であった…。

いくつかの有名な作品を残しながら、作家としては近松などの影に隠れて、今まで注目されることのなかった菅専助(すがせんすけ)を取り上げた、長期プロジェクト「菅専助—見知らぬ作家—」。
木ノ下歌舞伎が08〜09年まで3回に渡り、京都で実施したこのプロジェクトの集大成として上演された『伊達娘恋緋鹿子(だてむすめこいのひがのこ)』を、東京バージョンへと進化させ上演します。木ノ下歌舞伎の主宰・木ノ下裕一が演出を担当し、メンバーであり演出家で「サミット」ディレクターでもある杉原邦生が美術、京都造形芸術大学の在学生・卒業生によるキャストとスタッフが「八百屋お七(やおやおしち)」で有名なこの物語に、新たな視点をもたらします。

(京都造形芸術大学 制作)

 

 

フェスティバル/トーキョー09秋

『演劇/大学 09秋』
桜美林大学『カサブタ』12/5(土)18時 12/6(日)16時 ◎東京芸術劇場小ホール
近畿大学『腰巻お仙〜義理人情いろはにほへと編』12/2(水) 19時 12/3(木) 14時 ◎東京芸術劇場小ホール

<料金>¥1000《自由席》

問合せ◎F/Tチケットセンター03-5961-5209

http://festival-tokyo.jp/(パソコン)

http://festival-tokyo.jp/m/(携帯)

 

 

『マレーヒルの幻影』三宅弘城・荒川良々対談

対談インタビュー

『マレーヒルの幻影』

IMG_0019
荒川良々  三宅弘城

 

岩松了が、あの有名なF・スコット・フィッツジェラルドの小説、「グレート・ギヤツビー」の世界にインスパイアされて書き下ろした舞台が、12月5日に幕を開ける。
映画の「華麗なるギャツビー」でも知られているように、1人の女性に憧れ続け、やがては身を滅ぼすギャツビーの人生は、ロマンティシズムと同時に愛の苦さを突きつけてくる。その物語をモチーフに1929年のNYで暮らす日本人たちの人生そして愛憎を、岩松了ならではの鋭い人間観察と毒も甘さも深い言葉で描き出す。
物語の中心となる3人には、映像から今回が舞台初出演のARATA、映像でも舞台でも活躍する麻生久美子と松重豊が扮するが、彼らを囲む人間模様として岩松戯曲の面白さを伝える役割りを演じるのが2人の役者、三宅弘城と荒川良々。彼らに稽古場の様子や役柄などを語ってもらった。

 

【休憩も必要】

ーー三宅さんは今回初めて岩松さんの作品に出るわけですが、やはり独特の言語世界が戯曲にはありますか?IMG_0006

三宅 比喩的なことも多いし、ストレートではない面白さがありますね。例えかたとか言い回しとか岩松さんならではだなと。なんかセリフに色気があるっていうか。

荒川 ああ、そういう感じあるね。

三宅 稽古してても難しいなと思うし、でもそこがやってみたかったので。

ーー荒川さんは岩松作品は4度目ですね。所属する大人計画の芝居との違いはどんなところに? 

荒川 たとえば大人計画の舞台では、お客さんが笑ってくれることIMG_0014でどんどんテンションを上げていけたりするんですが、岩松さんの舞台は、笑いがきても「次のセリフが聞こえないといけないな」とかふっと思ったりするんです。どちらがどうっていうのではなく、作品世界が違うんだと思うんですけど。

三宅 セリフを聞いちゃうとこありますよね。麻生さんが「美しい本」と言ってたんですが、ホントそう思います。

ーー稽古場の岩松さんは恐いそうですが。

荒川 いや、別に恐くないですよ。あ、目が恐いかな(笑)。

三宅 うん、集中してるときは一見恐く見える(笑)。

荒川 今回もそうなんですが、初めて岩松さんの作品に出演した時は、僕は一番初めに登場する役だったんです。岩松さんはとくにオープングを大事にするかたで、「周りが見えてない」とか「セリフ言ったあと休んでる」とか(笑)。今はあまり言われなくなりましたけど、言われないほうがかえって心配ですね。

三宅 僕は初めてなのでまだ緊張感はありますが、言われることがすごく良くわかるし、しごく当然のことを言われているなと思います。

荒川 最近、役者の仕事が多くなったからか、ちょっと岩松さん変わりましたね。「やっぱり、休憩とらないとダメだな」とか(笑)。

三宅 だはは(笑)。

【それぞれの恋愛模様】

ーー1929年のNYが背景になっているそうですが、ご自分の役について教えてください。

三宅 僕はキタという役で、ARATAさん演じるソトオカの肩腕みたいな存在です。仕事で成功してる彼に仕事をもらったり一応フォローしたり。

荒川 僕はタナカという名前で市川実和子さんが演じるスージーの夫というかヒモというか(笑)。彼女はいわゆる立ちんぼみたいなことをしてるらしいんです。岩松さんの作品には珍しくまっすぐな人で。

ーーキタには恋愛部分は?IMG_0007

三宅 ないです。

荒川 いや、お手伝いさんといろいろあるでしょう?

三宅 あれは僕らがふくらませてる部分でしょ(笑)。

荒川 わざときつく言うのも女房的な部分があるかららしいです(笑)。

ーー岩松さんの芝居は、必ず愛ゆえの殺人とかが出てきますけど、今回も?

荒川 言えないです。

三宅 はい、言えません(笑)。

ーーキタとタナカには愛憎があるんですか?

三宅 具体的にはないですね。

IMG_0012荒川 あまり絡まないしね。でも愛憎という点では、タナカはお金がないせいもあるんでしょうけど、出てくる全員に憎しみを持ってて、そのせいかテンション高めで怒ってるシーンが多いですね。

三宅 キタは愛憎の“憎”はないと思います。岩松さんの作品では珍しい人間かもしれない。ソトオカさんをとにかく信頼してる男なんです。


【どんどんセリフを言っていく】

ーー言葉にさまざまな含みや裏があるのが岩松戯曲ですが、稽古場でセリフのダメだしでどんなことを言われますか?

荒川 僕の場合、あらかじめ台本読んでも、こうかなとか思わないようにしてるんです。稽古場で真逆のことを言われないようにというのもあるし、もともと「こういうことでしょう」みたいな意味を持たせる言い方はしないようにしてるので。岩松さんの場合、最初の頃に「そこ、もうちょっと大声で言って」と、それができて体が慣れてきたら「普通に戻していいや」と、そういう稽古なので動きも自分が先に決めたりとか、あまりしないようにしてるんです。

三宅 一度「最初に気持ちなんか作ってたらじれったくてしょうがない」みたいなこと言われるのを聞いて、なるほどなと。全然やりにくくはないですね。「どんどんセリフ、言ってきゃいいんだよ。あとから気持ちなんか付いてくるから」と。「はい、もう1回、もう1回」といやおうなしにやっていくうちに、気持ちも体も実際そうなってきたりするので、「ああ、ホントだ」と思ったし。IMG_0009

荒川 繰り返していくうちに体が慣れていくというか、機械的に反応していくんですよね。そこから気持ちも自然にできていくみたいな。

ーーそれはセリフの力もあるんでしょうね。

荒川 「動かされてるんだよ」とよく言われますね。動くんじゃなくて。

【新鮮な顔合わせで】

ーー映像からのARATAさんとか麻生さんは、おふたりは初共演ですか?

荒川 僕はARATAさんと『ピンポン』とか何回か一緒に出てます。麻生さんとも一緒の映画に出てるんですが、全然絡んだことはないですね。まあ映像と舞台は別ものなんで。

三宅 ARATAさんとは全くの初対面です。麻生さんとは映像で何回か一緒に出ていて、今思えば、その時に岩松さんとも少しだけ絡んでたんです。僕が物まね教室の先生でそこに岩松サンが習いにくるという(笑)。IMG_0003

ーーすごい出会いですね。ARATAさんとか麻生さんは稽古場で緊張してますか?

三宅 いや、そんなふうには見えないですよね?

荒川 いい感じになじんでると思いますよ。

ーーその2人と松重豊さんが、『グレート・ギャツビー』のような心理的な葛藤を繰り広げるわけですね。

三宅 そこはもう、すごく岩松さんの色気のある世界になってます。

荒川 それに、キタとお手伝いさんの関係もありますから。

三宅 いや、だからそれは出てこないって(笑)。

 

 

『マレーヒルの幻影

●2009/12/5〜27◎本多劇場

●2010/1/9◎梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

 

作・演出◇岩松了

出演◇ARATA 麻生久美子 三宅弘城 荒川良々 市川実和子/松重豊 他

<料金>本多劇場/¥6800(全席指定/税込)

            梅田芸術劇場/¥7500(全席指定/税込)

<お問合せ>本多劇場/03-5475-3436 森崎事務所 

                http://www.morisk.com/

       梅田芸術劇場/06-6377-3800

                 http://www.umegei.com/

                                 【取材・文/榊原和子 撮影/岩田えり】

記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について