稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

光より前に

「セルリアンタワー能楽堂」特別内覧会と舞囃子「羽衣」披露

_X7D7152C)大久保惠造

2011年12月1日よりBunkamuraが運営することになった「セルリアンタワー能楽堂」の特別内覧会が、1月26日に開かれ、友枝雄人(能楽師シテ方喜多流)による舞囃子「羽衣」が披露された。


「セルリアンタワー能楽堂」は、2001年に建設されたセルリアンタワー東急ホテル(渋谷)の地下2階に開設された。以来、能の五流儀(観世、宝生、金春、金剛、喜多)による主催公演を中心に、様々なジャンルの日本の伝統文化の発信や異文化との共演といった公演活動を行ってきた。Bunkamuraはこれまでもチケットセンターでのチケット販売協力、及びオリジナル公演の企画・制作を担ってきた。今回の運営受諾により、伝統芸能の更なる普及・発展と「セルリアンタワー能楽堂」の認知度向上を目指しているという。

今後は五流儀の公演を定期的に継続するほか、「伝統と創造」をテーマに他ジャンルとのコラボレーションなど、独自の公演を開催する。

3月には島地保武、津村禮次郎、酒井はな等が出演するコンテンポラリーダンスの新たな試み「伝統と創造シリーズvol.4『藪の中』」、10月にはクラシック音楽と能楽それぞれを上演する企画が予定されている。また、特長である料亭「金田中」から観覧できるスペシャルシートやホテル内にあることを利用したレセプション実施などをアピールした。

能楽堂という空間を使用した斬新な舞台パフォーマンスが発信される予感がある。また、渋谷駅を挟んで反対側にオープン予定の東急シアターオーブと共に、渋谷の文化色をアップし駅周辺を変えていくことが期待できそうだ。


_X7D7123 (2)

「羽衣」能楽師シテ方喜多流・友枝雄人 (C)大久保惠造
s059s069s007
s047s080

【取材・文/佐藤栄子】




演劇ぶっくのネットショップ【えんぶShop☆ミロクル】

演劇ぶっく」2月号 全国書店にて好評発売中!

▼こちらでもご購入いただけます▼

演劇ぶっくのネットショップ【えんぶShop☆ミロクル】

 

ミュージカルNEW『ヒロイン』トークショーのお知らせ

heroine-4Rs


榊原郁恵、早見優、松本伊代、石野真子という超豪華な元アイドルたち。彼女たちが等身大の“元アイドル”役を演じて話題となった2011年上演のミュージカル『ヒロイン』。その続編であるミュージカル NEW『ヒロイン』が、いよいよ2月16日から博品館劇場にて開幕する。


4人が演じるのは、80年代に圧倒的な人気を誇ったアイドルグループ「ミューズ」が、25年ぶりに1日限りの再結成を果たす物語。
昨年の『ヒロイン』公演は、その元アイドル役をかつてのアイドルスターである榊原郁恵・早見優・松本伊代・石野真子の4人が演じることで話題となり、劇場は連日ソールドアウト。変わらぬ姿で歌い踊る彼女たちの姿は、かつてのアイドル時代そのままであり、また、それぞれが悩みを抱えつつも力強く生きようとする姿勢は同時代を生きる観客たちの共感を呼んだ。

そして、「また観たい!」という声に応えて、さらに美しくなった4人がステージに帰ってくる。


そのミュージカル NEW『ヒロイン』公演中にアフタートークショーの開催が決定した。

稽古場や本番中のエピソードや、アイドル時代のエピソードなど、このメンバーならではの貴重な話が飛び出すかもしれない。


アフタートークショー】

2月20日(月)19時開演

榊原郁恵×石野真子×川崎麻世

2月21日(火)19時開演

早見優×松本伊代×川崎麻世

※各公演終了後15分程度を予定。

※アフタートークショーは対象公演当日日時のチケットを持つ方のみ参加可能。


ミュージカル NEW『ヒロイン』

〜女たちよタフであれ!〜

脚本・作詞◇高橋知伽江  

演出・振付◇川崎悦子  

作詞・作曲・音楽監督◇深沢桂子

出演◇榊原郁恵 早見優 松本伊代 石野真子 ダレアレ悟 川崎麻世

●2/16〜23◎博品館劇場

〈料金〉7500円

〈問合せ〉サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(10:00〜19:00)

●2/27◎崇城大学市民ホール

〈料金〉S席7000円 A席5500円

〈問合せ〉テレビ熊本事業局 096-351-1140

●3/3◎周南市文化会館

〈料金〉6500円

〈問合せ〉山口放送企画事業部 0834-31-9300

●3/8◎森ノ宮ピロティホール

〈料金〉7500円

〈問合せ〉キョードーインフォメーション 06-7732-8888(10:00〜19:00) 

●3/15◎中日劇場

〈料金〉A席7500円 B席5000円

〈問合せ〉中日劇場 052-263-7171


演劇ぶっくのネットショップ【えんぶShop☆ミロクル】

演劇ぶっく」2月号 全国書店にて好評発売中!

▼こちらでもご購入いただけます▼

演劇ぶっくのネットショップ【えんぶShop☆ミロクル】

 

『ABC座 星(スター)劇場』初日レビュー&インタビュー

NEC_0129

アクロバットパフォーマンスグループのA.B.C-Zが初座長を務める『ABC座 星(スター)劇場』が2月4日、日生劇場にて開幕した。

それに伴い前日にメンバーの囲みインタビュー、初日となる4日の昼には公開ゲネが行われた。


この作品は、2月1日にDVDで鮮烈デビューを遂げた彼らの新たな一歩となる作品。ジャニー喜多川氏が作・構成・演出する新作オリジナルミュージカル「We are the Five Stars!」とA.B.C-Zライブの二本立てで魅せるエンターテイメント・ショーだ。


第一幕のミュージカルは家族をなくし、夢を持ちつつも無気力に生きる少年・リョウスケ(橋本良亮)が時代を巡り、ミュージシャンの彼のおじいちゃん(戸塚祥太)、戦国武将のひい×15おじいちゃん(河合郁人)、兵士のひいおじいちゃん(五関晃一)、エンジニアのお父さん(塚田僚一)と交流する様を描いている。出会いを通してリョウスケは友情、勇気、志、夢などの大切さを学び、ミュージシャンになる夢を叶えるまで成長していく。

目玉はスーパー・アクロバット「Five Star」が披露されるシーン。舞台上の直径4mのリングにかたどられた星をメンバーの力で回転させ、5人が正に星(スター)となるというもの。彼らにふさわしく、クライマックスをバランスとチームワークでアクロバティックに飾る。


第二幕のA.B.C-Zライブでは自身の楽曲他、ジャニーズグループのヒット曲をジャニーズJr.を交えて華やかに歌い踊る。


2月3日に舞台上で行われた囲みインタビューは、劇中衣装で登場した。
 

【インタビュー】

ーーデビューされて慌ただしい中での本番ですが、いかがですか?

橋本 バッチリですね! 明日に備えて、僕たち準備は整ってます!

河合 スムーズに進行してますし、僕たちのことなので、いつ何が起きても対応できる技量を持ってます!
 

ーー十分な自信があるということですね。

河合 あります!
 

ーーところで、役衣装がバラバラですが。

橋本 簡単にというか分かりやすくいいますと、僕たち先祖でございまして…。

河合 先祖?!

橋本 僕たち先祖なんです、ストーリー上では。最初の先祖が河合郁人くんで、戦国時代ですね。

河合 殺陣のシーンもあったりなかったり…。

塚田 あるある(笑)。

河合 あります(笑)。

橋本 その次が五関晃一くんの戦争時代です。

五関 踊りで戦場の重さを表すイメージでやらせてもらってます。兵士の覚悟というか、そういうのを見ていただけたらなと。

橋本 そして五関くんの息子である戸塚祥太くんが、何時代ですか?

戸塚 ロック、音楽が栄えたロックンロールの時代ですね。僕が一番好きな時代です。一番ここから影響受けてます。

塚田 僕は橋本のお父さん、トッツー(戸塚)の息子で、町の工場で働く技術者ということで。その町が、1980年代くらいなんですけど、都市開発で潰れかけてしまう、それを救う町の人です。

河合 何そのまとめ(笑)。

塚田 エンジニアですね。アクロバットと結びつかない部分もあったんですけど、そこに自分らしさを出していきながら作りました。

橋本 最後に僕が、18歳の頭の空っぽな少年ですね。空っぽだから、一人一人の時代を廻って身をつけるみたいな。

河合 身をつける?

橋本 勉強して学んでいくんです。

河合 いろんなシーンで、仲間とか夢とかを現代の橋本良亮が学んでくるっていう感じですね。
 

ーーそして一幕終わりのアクロバット。見てると怖そうですが。
河合 全然! 気持ちいいですよ。俺ジェットコースターがダメなのに出来ますから。

橋本 でも一番最初はビビりましたよ、やっぱり。

河合 自分たちの息が合わないと出来ない、息が合わないグループには出来ないですね。

橋本 息が合わないと出来ない、息が合うグループといいましたね、遠まわしに!

河合 何でお前、今日そんなにテンション高めなの(笑)?

橋本 そりゃ高いですよ! 明日本番ですよ! 頑張りたいと思います!

河合 息が合い過ぎて勢いつき過ぎちゃうこともあるから、調整しつつ息を合わせてやろうと思ってます。
 

ーー直径4mの鉄輪を5人で回すのはかなりの大技ですよね?

塚田 オリジナルのアクロバットの技なんです!

戸塚 塚ちゃんはプライベート用にコレ買うんでしょ(笑)?

塚田 もちろん! 家用、仕事用、自宅用ってね(笑)。

戸塚 「Five Star」という名前なんです。

河合 自分たちでつけました。「Five Star」なんで1個も欠けたらダメなんです。

戸塚 5つの頂点がないとダメなんですよ。
 

ーー皆さん仲良さそうですが、ケンカすることは?

橋本 全然ないですね。

河合 打ち合わせでコレがいいとかはあるんですけど、ケンカまでにはならないです。みんな本当バラバラの意見があるんで、逆に勉強になるって感じですね。そういう意見もあるって、取り入れて作っていってるんで。(メンバーを見て)ケンカしなそうじゃないですか?

五関 見るからにね(笑)。
 

ーーDVDもダントツの売り上げで絶好調ですね!

全員 ありがとうございます!

河合 いや何か自分のことじゃないみたいですね。この間は手渡しイベントとかありましたし、今回日生劇場にたくさん来てくれると思うので、そういうファンの方のおかげで1位を取れたということで、今度はこっちからお礼しないといけないですね。

全員 (深く頷く)
 

ーーデビューして何か変わりましたか?

橋本 特に変わってないです。あ、でも責任感ですかね。もちろん昔からあったけど、さらに感じるようになりました。

戸塚 僕たちの置かれている環境が変わったというのはあるけど、僕たち自身は変わらないですね。周りがどんどん変わって色んな人たちが僕たちに協力してくれる、たくさんの方々の力をいただいて、こうして僕たちはステージに立たせてもらっている。痛いほど痛感しますね。
 

ーーデビュー日は何かやりましたか?

河合 5人でですか?とりあえず(A.B.C-Zキャラクターの)それぞれのマスコットをつけました。塚ちゃんはバッグにつけてるというか、いつもね?

塚田 バッグの中に入れて、いつもお守りにしてます。

河合 神様なんでね(笑)。

塚田 健康運とか上がるんで、皆さんもぜひお守りに(笑)。
 

ーーでは最後に意気込みをお願いします。

河合 とりあえず本当にやるだけです! こちらの準備は万端なので、あとはどういう反応が返ってくるか。お客様が入って、初めて完成するので。120%の力を出して、お客様に見せて、お客様の判断でいいか悪いか決めてもらってと思ってます。全国ツアーもやります!
 

ーー本公演ぜひ頑張ってください。

全員 ありがとうございます! 頑張ります!

戸塚 お忙しい中、足を運んで頂きありがとうございました!


DVDリリースという異例のデビューで話題となったA.B.C-Zが、豊富な舞台経験をもって挑む初座長公演。全国を巡る大規模な舞台でのアクロバットは、勢いを感じさせるライブな仕上がりになっている。スタートダッシュを切った彼らの華やかで力強いパフォーマンスが期待される。


NEC_0131

『ABC座 星(スター)劇場』

作・構成・演出◇ジャニー喜多川

出演◇A.B.C-Z(橋本良亮 河合郁人 戸塚祥太 塚田僚一 五関晃一)   Sexy Zone(中島健人 菊池風磨/交互出演)   noon boyz(真田佑馬 野澤祐樹/交互出演)   他 ジャニーズJr.総出演

●2/4〜2/29◎日生劇場

〈料金〉8,000円(均一料金・税込)

〈問合せ〉03-3213-7221 帝国劇場東宝日生劇場公演係


【取材・文/桜井麻子】


演劇ぶっくのネットショップ【えんぶShop☆ミロクル】

演劇ぶっく」2月号 全国書店にて好評発売中!

▼こちらでもご購入いただけます▼

演劇ぶっくのネットショップ【えんぶShop☆ミロクル】

 


記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について