稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

光より前に

松本潤、小出恵介 出演『あゝ、荒野』公演レビュー

s_001

昨年の『あゝ、荒野』は、蜷川幸雄と2人の若い役者が作り上げた奇跡的な舞台だった。

作者の寺山修司が亡くなったのはもう30年近く前になる。
1983年5月4日、死因は肝硬変で、まだ47歳という若さだった。

『あゝ、荒野』は、歌集『田園に死す』や、エッセイの『書を捨てよ、町へ出よう』など伝説的な書物で知られる寺山が唯一つだけ残した小説で、1966年に出版、この公演で初めて戯曲化されて舞台として立ち上がった。


物語の背景になるのは戦後の荒廃と荒々しいエネルギーが残る時代の「架空の新宿」。
そこで出会った2人の若者の青春を描き出しているとともに、新宿という欲望のるつぼに集まる人間たちをも見つめていて、街娼たち、自殺研究会の大学生、覗きで欲望をかきたてる金持ちなど、さまざまな生き方が2人の周辺を彩っている。


松本潤が演じるのは新宿新次。安ポマードの匂いをさせながら女をひっかけるような少年院上がりのワルだが、荒ぶる魂の中に優しさを隠している。この魅力的な若者を、絞り込んだ体で派手なアロハと白スーツを着こなして演じる松本潤は、若さと猛々しさが全身から匂い立つように美しい。

小出恵介が扮するバリカン建二は、吃りというコンプレックスの暗闇と、詩を口にするときの叙情が印象的で、いつも口ずさむ黒人詩人ラングストン・ヒューズの詩の一節「「七十五セントぶんの 切符をくだせい」というフレーズの咆哮で、どこにも居場所のない彼の孤独を伝えてくる。


s_010

2人を育てようとするのは元ボクサーの片目のコーチ(勝村政信)で、胡散臭さと同時に愛情に溢れた彼の教育で、新次はみるみるうちに才能を花開かせていくが、バリカンは人と殴り合うことに躊躇いを抱き、なかなか一人前になれない。

そんな2人がお互いの孤独を癒し合うように夜の公園のジャングルジムのてっぺんで語り合う。

新次「街の光が雲に反射してるんだろう。なんか世界の終りみたいだなあ」

バリカン「せ、せかいは、も、もうぜんぶ、ま、まぼろしだ」

新次「あれが全部、まぼろしだとしたら、俺たちはなんなんだろうな?」

叙情に溢れて美しいシーン。それだけに後半の2人の闘いが切ない。


s_007

物語のクライマックスは2人の悲しい対決となる。憎むことでしか闘うことへのモチベーションをかきたてられないバリカンが、新次との対戦を望んでジムを移籍する。そんなバリカンの自分への真情と孤独な思いがわかるだけに、新次は闘うことでそれを受け止めようとする。だが命がけの闘いが行き着く先を、2人とも心のどこかでわかっている。
 

本物を用意したというリング上での試合シーンはまさに凄絶で、新次とバリカン、いや松本潤と小出恵介はむきだしの闘志で殴り合う。この死闘に2人の若者を追い込んだ演出家・蜷川幸雄は、残酷なまでに愛に満ちている。なぜなら闘う彼らは神々しいまでに美しかったから。

そして、闘うことで輝く青春の瑞々しさを、衒いなく表現する蜷川演出の若さに圧倒されるとともに、今もなお、切っ先鋭く現実と世界を刺し貫く「詩人」寺山修司の、魂の言葉に打ちのめされた舞台だった。
 

s_008s_002


〈公演情報〉
『あゝ、荒野』

原作◇寺山修司

演出◇蜷川幸雄

出演◇松本潤、小出恵介、勝村政信、黒木華、渡辺真起子、村杉蝉之介、江口のりこ、月川悠貴、立石涼子、石井愃一 他

●10/29〜11/6◎彩の国さいたま芸術劇場大ホール

●11/13〜12/2◎青山劇場
 
 

【文/榊原和子 撮影/冨田実布】

 


演劇ぶっくのネットショップ【えんぶShop☆ミロクル】

演劇ぶっく」2月号 全国書店にて好評発売中!

★『ああ、荒野』公演舞台写真を中心に、初日会見レポートなどをカラー6pで掲載!


▼こちらでもご購入いただけます▼
演劇ぶっくのネットショップ【えんぶShop☆ミロクル】


劇団AUN『十二夜』 吉田鋼太郎×横田栄司インタビュー 

s_029
横田栄司×吉田鋼太郎


1月11日から劇団AUNがシェイクスピアの『十二夜』が、赤坂レッド・シアターで幕を開ける。

劇団AUNは1997年に旗揚げして、以来15年間、シェイクスピア作品を上演し続けているカンパニーである。
劇団員は25名、主宰の吉田鋼太郎は蜷川幸雄のシェイクスピアには欠かせない俳優で、2011年の『アントニーとクレオパトラ』では主演をつとめた。また他の舞台でも活躍、若年性アルツハイマーの苦しみを描いた『リタルダンド』のリアルな演技は記憶に新しい。 

今回の『十二夜』は、劇団公演としては19作目で、客演に安寿ミラと文学座の横田栄司を迎え、劇団員で声優としても人気の大塚明夫も出演という豪華な顔合わせでの上演となる。
 

昨年末、『十二夜』の稽古場を訪ねて、演出家兼マルヴォーリオ役で奮闘する吉田鋼太郎と、サー・トービー役で稽古場を沸かせている横田栄司に話を聞かせてもらった。


s_012

『十二夜』とは縁がある吉田鋼太郎


ーー劇団AUNはシェイクスピア作品を次々に上演していますが、今回『十二夜』を選んだわけは?

吉田 まず僕が大好きな戯曲だということと、すごく縁があるんです。高校時代に最初に観た芝居が劇団雲の『十二夜』で、初舞台は大学のサークルで『十二夜』、役はセバスチャンでした。それから、のちに入団するシェイクスピア・シアターで初めて見た作品も『十二夜』、とにかく面白い戯曲だなと。ただ面白い『十二夜』ばかり観てきたので、自分で作るのはもう1つ自信がなかったんです。劇団でも10年ぐらい前に1度上演したんですが、やはりどこか物足りない思いがあった。できればもう1度ちゃんと作りたかっし、前回の劇団公演が『ヴェニスの商人』で「喜劇は面白いな」と思ったところでしたから、「そうだ、また『十二夜』に挑戦してみようかな」と。
 

ーー横田さんもシェイクスピアにはよく出ていますが、『十二夜』は?

横田 初めてなんです。蜷川(幸雄)さんの舞台でのシェイクスピアでもまだ出合ってなくて。もともと面白い作品だとは思っていましたが、鋼太郎さんの稽古場に入って、また認識が変わりましたね。出てくる人間のへんてこりん加減が深くて(笑)、かなり個性的なキャラクターが揃ってて面白いです。

吉田 シェイクスピアは基本的にそうなんですが、この『十二夜』は、何回やっても飽きないんです。僕はセバスチャン、オーシーノ、フェステ、アントーニオ、サー・トービー、そして2回目のマルヴォーリオ。6役もやってるんですが、やるたびに変わって見えるんです。
 

ーー6役ですか! しかも道化から二枚目、中年の酔っぱらいまで演じるというのはすごいですね。

吉田 いや、節操がないだけで(笑)。役によっても話の見えかたが違うし、光の当て具合で微妙に違って見えるんです。そのたびにこういうふうにやりたいという自分の思いも変わるし、セリフの解釈もきりがない。

横田 鋼太郎さんがおっしゃるように、『十二夜』に限らずシェイクスピアはいろいろな解釈ができるし、どこまでもイマジネーションを働かせることができるので、僕もそれほど出演経験はいないんですが大好きです。


s_023s_018

実体が見えない人たちが出て来る


ーー稽古を拝見していて、吉田さんの演出はセリフのモチベーションを大事に指導されていて、レトリックとかダジャレでも意味を把握してきちんと喋るようにされてますね。

吉田 『十二夜』という作品はシェイクスピアが書いた喜劇としては最後で、そのあと悲劇の時代に入るんです。だから1人1人の造形が深い。一見おかしな人たちに見えるけど、それぞれの動機がちゃんとあるしそれぞれの思いがある。同じ双子の取り違い物で『間違いの喜劇』という作品がありますが、あちらのほうが登場人物が記号的ですね。そのぶん若さとかエネルギーで乗り切れる部分があるんですが、『十二夜』はもっと大人でないとできない芝居という気がします。ダジャレや掛け言葉がすごく多いんですが、それを言っても成立するように、洒落のめしていても裏にはちゃんと人生がある人たち、それを作っていかないとちゃんとした『十二夜』にならないんじゃないかと思ってます。
 

ーーその点、横田さんのサー・トービーなんてまさに深い役ですね。チャランポランなようで実は悲しい人というか

横田 本当に面白い役です。人を操ったり画策したり、そういうことばかり考えているんですよね。時間もお金もあるから、毎晩のように酒を呑んで、気に入らないマルヴォーリオとかアンドリューを懲らしめたり意地悪をして大騒ぎをする。でも鋼太郎さんの解釈では、いろいろなことに厭きていると同時に飽き足らないところがある人だと。

吉田 トービーは金があるし仕事はしなくていい。高等遊民みたいなもので、人生をまだ見つけられないのかなと思うんです。ですからトービーのやりどころでもあるんですが、あれだけいろいろなことをやる動機、なにが彼をあそこまで駆り立てるのか、そこに『十二夜』の秘密が隠されている。
 

ーーこの作品のテーマということですね。

吉田 それに、ヴァイオラがシザーリオに変身して、つまり女が男の格好をしていることに誰も気がつかない。じゃあ人というのは服を変えただけで惑わされるのかと。つまり実体が見えていない人たち、自分の実体さえも見えていない人たちが集まって馬鹿騒ぎを繰り広げているのかなと。それは僕たち自身もそうで、初めて会った相手がどんな人間なのかわからないまま恋して結婚してしまったりする(笑)。だからこそ人間というのは面白いわけで、『十二夜』はそういう深いことを内側に隠した喜劇という気がします。


s_022s_027

感情の振れ幅を表現する


ーー横田さんが稽古ですごく自由に動いているのがすごいなと。

吉田 おまかせ状態です。

横田 いやいや、出る前に思いついたことをやってるだけで(笑)。とりあえず自由にやらせていただけるのがいいですね。最初にこの劇団の芝居を観たときの第一印象も、自由で楽しそうだったんです。その流れでもう5本目の客演で、毎回好きにやらせてもらってます。

吉田 もう劇団員みたいなもんです(笑)。うちの劇団員はまだ経験が少ないので、台本を読んだ次元で、膨大な台詞の量やレトリックを消化する時点で精一杯で、なかなか解釈と表現が追いつかないんです。それでただ流暢に言うだけになったりする。また、それが一見上手いように聞こえたりするから。

横田 それはありますね。

吉田 そうすると芝居が弾まない。だからちゃんと理由とか動機を見つけていってほしいので、そこは細かく注意しているんです。さっき稽古していたシーンなど、オリヴィアが兄の死を悲しんで引き籠っていたはずなのに、ほんの5分も経たないうちにシザーリオに恋してしまうんですよね。その振れ幅たるやたいへんなもので、そこをちゃんと演じ切らないといけない。そこまで振れ幅がある芝居ってそうはないし、そこがシェイクスピアならではの魅力なんです。

横田 でもいつも感心するのは、みんなシェイクスピアのセリフに慣れているし、達者にしゃべるんです。それが僕にはすごく刺激になっていて、それで客演させてもらう部分もあるんです。
 

ーー吉田さんはマルヴォーリオ役も演じるわけですが、こちらもいろいろ考えられる役ですね。

吉田 シェイクスピア・シアター時代に、出口典雄さんの演出で1度やっているんですが、難しいですね。僕がやると強い人になってしまう。でも全然強い人ではないし、最後なんか悪いことをしていないのに、酷い目に遭うんです(笑)。

 s_036


まず言葉をきちんと伝える


ーー劇団AUNならではのシェイクスピアをアピールするなら?

吉田 まずセリフをきちんと届ける舞台であること。そして劇団はそんなに予算がありませんから、装置や衣装はシンプルにしてあります。それでも成立するのがシェイクスピアの懐の深さでしょうね。とにかく基本は言葉を伝えていくことで、言葉を伝えるための訓練を大事にしています。ちゃんとしゃべると一見回りくどいようなレトリックでも、意味をちゃんとお客さんは汲んでくれるんです。ですからなるべく訳をカットせずにできるだけそのまま使いたいと思っています。 

横田 僕はこの劇団で小田島先生の訳を初めて経験したんですが、楽しいですね。ダジャレがたくさん出てくるし(笑)。
 

ーー今回は、横田さんと安寿ミラさんが客演して、劇団の重鎮の大塚明夫さんも出演ということで豪華ですね。

吉田 大塚さんはアントーニオで出てくれます。客演3回目になる安寿さんはヴァイオラ役でまさに男装の麗人でぴったりです。先日も立ち稽古に付き合ってくれて感じたのですが、すごく動きが綺麗なんです。そういうところを劇団員の子たちに見習ってほしい。それに横田は出てくるだけで空気がふっと変わる。そういうすごさを羨ましいと皆が思って勉強すればいいと思っているんです。
 

ーー劇団員のかたが25人、それも若い人が多いですね。

横田 鋼太郎さんが情が深いというか、愛情があるんです。稽古場の指導は厳しいですけど本当に温かい。だからこれだけ若い人が集まってくるんだと思います。

吉田 まだまだですが、とにかくちゃんとシェイクスピアをしゃべることだけは教えていって、そのうえで生まれてくる、今回なら喜劇の面白さ、そこを見ていただけるようにがんばります。

横田 シェイクスピアはとつっきにくいという人が最初に観るのにいい作品だと思いますよ。

吉田 そう、俺も『十二夜』でシェイクスピアの虜になったんだから(笑)。

 

s_031

劇団AUN 第19回公演

『十二夜』

作◇W.シェイクスピア

訳◇小田島雄志

演出・出演◇吉田鋼太郎

出演◇安寿ミラ、横田栄司、大塚明夫 ほか劇団AUN

●2012/1/11〜22◎赤坂レッド・シアター

〈料金〉当日5500円/前売5000円

〈問合せ〉03-6327-4232 劇団AUN

http://homepage2.nifty.com/aun-company/


【取材・文/榊原和子 撮影/冨田実布】

演劇ぶっくのネットショップ【えんぶShop☆ミロクル】
『十二夜』チケットを20%OFFで発売中!(送料・手数料無料)
瀬奈じゅん主演『ビューティフル・サンデイ』
大鳥れい出演ミュージカル『パルレ』

▼ご購入はこちらより▼
http://enbu.shop21.makeshop.jp/
 
 

 木村花代独占インタビュー


【人気の韓国ミュージカル『パルレー洗濯ー』で始動!】


s_023

劇団四季を代表するヒロイン女優の1人として『キャッツ』、『オペラ座の怪人』、『美女と野獣』などのミュージカルで活躍していた木村花代が、退団後1年の充電期間を経ていよいよ始動する。
韓国で05年から大ヒットロングラン中で、ミュージカル大賞をはじめ数々の賞を受賞している『パルレー洗濯ー』である。

背景になるのはソウルの下町、そこに住むOLのナヨンとモンゴルからやってきた青年ソロンゴの恋物語と、周辺の人々の生きるうえでの哀歓を描き出す。

木村花代はナヨン役で、野呂佳代(SDN48)とダブルキャストで演じることになる。また相手役のソロンゴもトリプルキャスト(松原剛志・野島直人・LEN)なので、6通りの組み合わせが見られるという贅沢な公演だ。

その『パルレ』にかける思い、そして退団してから今日まで、そしてこれからの活動などを木村花代に聞いた。


s_022

【観客との近さが楽しいソロライブ】

 

ーー退団されて1年経ちますが、この期間も活動はされていたそうですね。

個人的にライブ活動をしておりました。月に1回は必ず開催して、出身地の大阪でも3回ほどやらせていただきました。これまで大きな劇場でしかお会いできなかったお客さまと、すごく近い空間でお会いできるのが楽しかったし、皆さんがすごく喜んでくださったので、これからも続けていこうと思っているんです。
 

ーー楽曲はどんなものを?

有名なミュージカルの曲もありますし、ポップス、フォークソング、それに演歌まで(笑)。お客さまが喜んでくださるかぎりいろいろなものにチャレンジしてみたいです。主人(奈良坂潤紀)が一緒に出ているので、コントまでやったりしています(笑)。自分たちで構成を考えて、アレンジもしたりとたいへんですけど、直接お客さまの反応が返ってくるので勉強と刺激になります。
 

ーー劇団にいたら考えられないことですね。

はい、お客さまたちも距離の近さをとても喜んで下さったし、私は私で「いつもお手紙くださるあの方だ」とか、名前とお顔が一致する感動がありました(笑)。本当に劇団時代から、驚くほど沢山の方に支えていただいていたんだなと。
 

ーー木村花代を愛してくれている人たちを実感したということですね。

本当に私はお客さまと一緒に歩んできたんだなと思いました。そしてこれからも一緒に歩いていきたいと思っています。


s_010
【何もできないまま飛び込んで】

 

ーー劇団時代の木村さんは努力家でがんばりやで有名でしたね。

とにかく何もできないまま入ってしまったので。この前向きなキャラクターだけで取っていただいたようなものです(笑)。歌も初めて、踊りも初心者クラスからでした。周りは音大とか演劇学校で学んできたような方ばかりで、初舞台を踏んだのも同時期の研究生では一番最後。そんな中でできることは人一倍がんばることだけでした。
 

ーー自主レッスンも熱心だったそうですね。

基本的には午前中にレッスンがあって午後はフリーなんですが、個室は先輩方でほとんどいっぱいなんです。私はたまたま劇団のそばに住んでいましたので、夕方、皆さんが帰られて個室が空く頃に行ってレッスンしていたんです。それを見ていてくださった先輩がいて、とても可愛がってくださった方なのですが、退団された後にお会いしたら「いつも個室を最後に覗くと花(木村)と丸ちゃん(石丸幹二)が練習していた。こんなにやってるんだからきっと報われると思ってた」と。そのとき「ああ、誰かが必ず見ててくれる、努力は無駄にはならない」と思いました。
 

ーー歌が得意ではなかったというのは、今では信じられないのですが?

高校時代までカラオケに誘われても行かないくらい苦手でした。でもこの世界に入ってからは、『オペラ座の怪人』のクリスティーヌをやることが夢でしたから、ソプラノの声をなんとしても出せるようになりたくて、オペラの先生に習いに行ったんです。
 

ーー鍛えたんですね。何年くらいかかりましたか?

10年くらいかかりました。途中で何回かオーディションを受けましたが、「ダメだ、ダメだ」とはねられて。やっとGOサインをいただけたのが2007年で、ちょうど関西で『オペラ座の怪人』が開幕するということもありまして、ラッキーだったと思います。



s_013
【夢みた役はクリスティーヌ】

 

ーー大きな役が付くようになっても、劇団にはたくさんライバルがいますし毎回闘いがあったのでは?

まず自分との闘いで必死でした。つねに自分のレベルより少し上のものがくるんです。評価してもらおうとか思う以前に、とにかく必死で食らいついていかないとクリアできないんです。それに歌を歌えるようになると欲が出て、いろいろな声色で表現してみたくなる。ソプラノだけでなく『クレイジー・フォー・ユー』のボリーみたいに地声を張るようなものも歌いたくなったり。そういうふうに好きなことに取り組んでいって、その結果を評価していただけたことは有り難かったです。
 

ーー憧れのクリスティーヌへの取り組みはいかがでした?

いろいろな方たちのを見せていただいて、そのなかで私は自分の理想のクリスティーヌ像というのがありました。その1つが最初に出るときポワントを履いているということで、とにかくしっかりバレエの稽古をしました。
 

ーーだんだんポワントを履く人が少なくなっていたそうですね。

オリジナルの方からも「ぜひポワントを履いてね」」と言われましたし、私は『キャッツ』などでもすごく踊らせていただいてましたので、踊って歌えるクリスティーヌが目標でした。ロングランすることで摩耗していくところがあったりするのですが、私はなるべく基本の形で取り組みたいと思っていました。
 

ーー劇団四季は技術レベルが高いので、14年間の在籍で鍛えられましたね。

本当に真面目で努力する人ばかりの集団ですから、良い時代を送らせていただいたと思っています。これからもその精神は大事に持っていたいです。



s_015

【観客と一体化するミュージカル】

 

ーーそしていよいよ再スタートですが。

これも欲なんですが、劇団に入った当初から、舞台も映像も含めていろいろなものにチャレンジしたいと思っていましたので、そろそろ次を目指したいと、退団を決めさせていただきました。劇団にもその意向も汲み取っていただいて、本当に円満に退団させていただきました。
 

ーーこれからは望み通りいろいろなものにチャレンジできますね。

ストレートプレイ、ショー、コンサート。ミュージカルを足場にいろいろなものに挑戦できればと思っています。
 

ーー今回の『パルレ』は、そういう意味でまさにチャレンジですね。

この間、韓国まで行って観てきました。最初からすごい迫力だし楽しくてワクワクしました。客席は200くらいしかなくて舞台との境目がないような、一番前に座ったら舞台に足が触れるような小劇場で、お客さまの熱気もすごくて。音楽賞もたくさん受賞している作品ですから音楽も素晴らしいんです。
 

ーーロングランも当然の楽しさだそうですね。

韓国のお客さまがまた盛り上げていて、泣くし、笑うし(笑)、話の中身に一喜一憂して一体化しているんです。日本のお客さまはわりと遠慮がちですが、参加型ミュージカルですのでぜひ舞台と一体化していただきたいですね(笑)。客席通路も使うかもしれませんので、お客さまとの交流が楽しみです。
 

ーー木村さんはナヨンで、野呂佳代さんとダブルキャストですね。

はい。そして相手役のソロンゴはトリプルキャストですので、6通りの組み合わせで上演します。お稽古がたいへんなことになりそうです(笑)。それに恋人役以外の6人のキャストの方たちが、何役も入れ替わり立ち替わり演じるんです。大家さんとか本屋さん、取り立て屋、スーパーの店長とか、全部で30役くらいを6人で演じるのが面白いんです。扮装して声も変えて出てくるので、私は全然見分けられませんでした。そこをぜひ皆さんでチェックしていただいて(笑)。
 

ーー木村さんは変身は?

役は残念ながら1役なんですが、陰コーラスに入ってますから出ずっぱりです(笑)。とにかくエネルギッシュで、内容もすごく素晴らしいので、この作品で新しくスタートできるのが嬉しいです。



s_012

韓国オリジナルミュージカル

『パルレー洗濯ー』

作・演出◇チュ・ミンジュ

音楽◇ミン・チァンホン

出演◇木村花代、野呂佳代/松原剛志、野島直人、LEN/川島なお美/大鳥れい/安福毅、上田亜希子、奈良坂潤紀/三波豊和

●2/4〜16◎三越劇場

●2/17〜18◎サンケイホールプリーゼ

〈料金〉8300円

〈問合せ〉東京音協 03-5774-3030

ピュアーマリー 03-3714-5004

http://www.puremarry.com/


【取材・文/榊原和子 撮影/冨田実布】


演劇ぶっくのネットショップ【えんぶShop☆ミロクル】
『パルレ〜洗濯〜』チケットを20%OFFで発売中!(送料・手数料無料)


▼ご購入はこちらより▼
http://enbu.shop21.makeshop.jp/

記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について