稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

『銀河鉄道999』お得なチケット販売中

映画『童貞放浪記』が始まりました!

dotei

オープニングシーンは
「写真撮影はお断りします」などという
映画上映の際の注意事項?みたいなアナウンスから始まった。
真っ黒な面が明るくなるとそこは
小さな小さなストリップ小屋で、最初のアナウンスは
踊り子登場前の注意だった。
ん!おもしろいゾ!

宣伝物にストリップにうんぬんと書いてあったけど、
冒頭にあるとは!
しかも見ていてむずむずしてきた主人公(山本浩司)は
劇場から抜け出し挙動不審に。
ストリップ小屋の女主人(?)に「個室?」と聞かれて、
「迷っちゃった」とわけのわからない言い訳をして出てくる様子が
なんとも情けない。

その後もかれは生活の様々な場面で
自分の思惑と現実との間にギャップが生じるたび、
「うん、うん、大丈夫」と小声で自分に呼びかけ、
現実に適応しようとする。
そんなカッコ悪い姿をさらしながら生きている様子は
かえって図太いというか、根性を感じる。

彼が想い思いを寄せる後輩(神楽坂恵)が、また食わせ者というか
アメリカに好きな人を追って留学する予定なのに、
主人公の自宅に泊まりに行っちゃったり。
女のずるさというか、矛盾した言動もリアル。
そんな彼女の行動に期待するというか、
思い人がいるのを知りつつ、自分の大願成就に期待をしてしまう
主人公の哀れな姿は、情けない自分に重なる瞬間も。

主人公が美男美女ではないのもとても好感がもてる。
後輩役の神楽坂恵はおっぱいをばほーんと見せているのもすごくいい。
脱ぐけど背中だけとか、そんなんでは、この大人の恋愛は描けないよね。
横になっても大きなお椀のようなおっぱいにびっくり!
大きい人は大きいんだな〜。

夜遅い時間にドキドキしながら、後輩に電話をかける主人公。
コードの長〜い家電を引きずりながらあっち行ったり、
こっち行ったり、懐かしい。
初めて二人きりで散歩するシーンなんか、
こっちがドキドキするほど初々しい!
忘れていたトキメキが蘇る!
最近、トキメキが足りない大人にぜひ見てほしいお勧め映画です!!


8月8日(土)よりヒューマントラストシネマ文化村通りにてロードショー
監督◇小沼雄一
脚本◇石垣直哉
脚色◇前田司郎(五反田団)
原作◇小谷野敦『童貞放浪記』(幻冬舎文庫)
出演◇山本浩司 神楽坂恵 堀部圭亮
古舘寛治 松井周 内田慈 木野花 志賀廣太郎 綾田俊樹 他

『童貞放浪記』公式サイト
http://www.doteihoroki.com/
【文/矢崎亜希子】

『ダンストリエンナーレ 2009』制作記者発表レポート

kisya002記者会見出席のみなさん(左より)

森下真樹さん、フランク・ミケレッティさん

黒田育世さん、中村恩恵さん


トリエンナーレとは、3年に一度行われる国際(美術など芸術に関する)展覧会。

今年は新たに映画館(シアター・イメージフォーラム)と書店(青山ブックセンター本店)が参加するとのこと。

いったい、今年の秋、青山で何が起こるのか?

この目で確かめてきました。

 

スパイラルホールのあるビルの1F

ガラスで囲まれ、普段は期間限定ショップになっている

場所に本物のダンサーが日替わりで登場!

いつ、どんなことが起こるのか?

街角で間近に遭遇するダンス。

何が起こるか楽しみです。

 

さらに青山ブックセンターでは、トークショーのほか、

人気ダンスカンパニー「コンドルズ」とのコラボレーションイベントも。

 

青山円形劇場ではフィンランドやイスラエル、トルコなど

国内外から集められたとびっきりのダンサー達による公演が行われます。

なかなか訪ねる機会がない国から、アーティストが集結。

台詞があったり、小道具を使っていたり、

「ダンス」の固定概念からはみ出しているみたい。

この目で確かめてみたくなりました。

 

シアター・イメージフォーラムではダンス映像作品の特集上映も行われます。

青山劇場のリハーサル室では、ダンス経験者に向けたワークショップも。

 

気軽にダンスの最先端が体感できるイベント。

芸術の秋、青山行を手帳に書き込まなければ・・・。

 

『ダンストリエンナーレ2009』公演情報

918日〜108日@青山円形劇場・青山劇場スパイラルホールシアター・イメージフォーラム青山ブックセンター

【取材・文/矢崎亜希子】

国立劇場9月文楽公演『天変斯止嵐后晴』制作記者発表レポート

kisya001
シェイクスピアの『テンペスト』が日本の伝統芸能、文楽になると聞き、その記者発表に潜入してきました。

当日の出席者は、脚本と演出を担当した山田庄一さん、

作曲を担当した人間国宝の鶴澤清治さん、

人形遣いの吉田和生さん、桐竹勘十郎さん、吉田玉女さん、

日本芸術文化振興会理事の織田紘二さんの6名。

 

国立劇場の脇にある「伝統芸能情報館」(無料で入れます!)の3階レクチャー室で行われました。

 

実はこの作品、17年前に2週間で脱稿したという山田庄一さん。

今回新たに改稿し、ラストには今までの文楽にはない試みを考えているとのこと。

作曲を担当した鶴澤さんは、山田さんの本が通常の義太夫節と変わりなかったため、曲を作る上で苦労はなかったそうです。

 

人形遣いの方々は、「音を聞きながら人形遣い同士で探り合いながら作っていく」といういつもと同じやり方で作っていきますとのこと。

「音を聞きながら」「いつものやり方」という落ち着いた様子は

伝統と訓練に裏打ちされた静かですが熱い情熱を感じさせました。

 

本作では「妖精」という文楽にはない概念を表現するために

いつもは使わない楽器を使ったり、人形が空を飛んだりします。

 

とにかく台詞を聞きやすく、

義太夫特有のうなりという節回しもないそうです。

文楽の魅力が減ってしまうのか、新しい表現を獲得するのか。

確かめに行く必要がありそうです。

 

文楽公演『天変斯止嵐后晴』

公演情報

718日〜85日@国立文楽劇場

95日〜23日@国立劇場[小劇場]

詳細・チケット予約

http://ticket.ntj.jac.go.jp/

 

【取材・文/矢崎亜希子】

記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について