稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

『Like A Room 002』

ゲキ×シネ『薔薇とサムライ』試写会

 

 

T0009877p

「演劇の迫力をスクリーンで体感する」という言葉に嘘はなし!

生の舞台の魅力を限りなくそのままの形で、スクリーン上でも表現しようと試みてきたゲキ×シネ。04年の『アカドクロ』から始まり、07年『朧の森に棲む鬼』や10年『蛮幽鬼』と着々と上映作品を増やし、少しずつではあるが公開館数も増え、認知度も広まってきているといったところ。
6月25日から全国公開が決まっているのが、2010年に劇団☆新感線の30周年記念興行として赤坂ACTシアターなどで上演された『薔薇とサムライ』。劇団の看板役者である古田新太と、ゲスト出演した天海祐希のW主演が大きな注目を集めた超話題作だ。
公開に先駆けて試写を見てきたのだけれど、これがもう本当に面白かった。

もちろん劇場で生の舞台も見ている。
観客同士の興奮が充満していく独特の劇場の雰囲気だとか、笑い声や拍手から生まれる連帯感だとかは、やはり劇場で見たときの方が実感できるし、それが生の舞台の代えがたい魅力でもあると思う。
映画館で見るとやはりその辺りの興奮は薄くなる気がするが、そのマイナスを補ってくれるのが、編集された映像ならではの表情のアップだったり、音や台詞の聞き取りやすさ。
ここぞ!という表情は必ずアップ。劇場でオペラグラスを使うよりも近く細かな表情がわかるから、その時の心情もぐっと伝わってくる。

上演時間は途中休憩有りの197分と、とても長いのだけれど、作品のテンポの良さと迫力で、その長さを感じないままカーテンコールまで見続けることができた。正直にいって、今どこの劇場の椅子と比べても最近の映画館の椅子のほうが、はるかに座りやすいだろうし、時間の長さはまったく問題にならないはず。

見終わって、いち演劇ファンとして、演劇に興味のない友人を誘いたい。
という気持ちになった。いや、むしろ誘う。
前売り券だと2000円、当日売りの一般券でも2500円、学生・小人券は1800円という安さも魅力。
それだけの価値があったとは思っているが、実際の上演ではS席12500円。
さすがに気軽には誘える値段ではない。

普段演劇とはかけ離れている人にも、劇団☆新感線をはじめとする演劇の面白さに触れてもらえるとても良いチャンスになりそうで、今から6月25日からの全国公開が楽しみだ。

とにかく天海祐希と古田新太が格好良い。
劇場で見た方も見ていない方も是非。
私もまた絶対見に行ってしまうと思う。




ゲキ×シネ
『薔薇とサムライ』
作◇中島かずき
演出◇いのうえひでのり
作詞◇森雪之丞
出演◇古田新太 天海祐希
浦井健治 山本太郎 神田沙也加 森奈みはる 橋本じゅん 高田聖子 粟根まこと 藤木孝 ほか

6/25〜全国ロードショー

HP
http://www.bara-samu.com/



【文/岩見那津子】


 

佐藤アツヒロと風間俊介など出演者の力演で見せる『デスティニー』

003

30-DELUX THE Ninth Live『デスティニー』が、名古屋、大阪を経て、池袋・サンシャイン劇場にて東京公演を上演中である。

その東京初日である18日昼に、報道陣に向けて公開リハーサルが行われた。


この作品は、元MOTHERの清水順二、劇団☆新感線のタイソン大屋が9年前に立ち上げ、年に1、2回の公演を立ち上げている「30-DELUX」が、3年振りに行なう本公演。
作・演出に劇団少年社中の毛利亘宏、主演に佐藤アツヒロ、そして風間俊介というジャニーズ勢を迎え、ミュージカル界の実力派である坂元健児、元宝塚娘役スターの城咲あいなどが参加、豪華ゲスト陣での本格派アクション活劇の決定版。

026

011016

物語は遥か昔、小国のライカが大盗賊団ゴンタルの侵略によって、未曾有の危機に陥るところから始まる。

佐藤アツヒロ演じる「ジン」(のちに「テムジン」)という主人公を軸に、ライカとゴンタルの戦いが繰り広げられる。

生き残るために悪魔に魂(タイソン大屋)を売り、勝ち上がっていくテムジン。
ライカの王となるため、生きるために戦い、多くの人を殺めていく。

一方、自国ライカのためゴンタルの密偵を務める「アラン」(風間俊介)は、アイデンティティーを失い、生きる気力を無くしていた。

命への執着が相反する二人。互いの思い、出来事が複雑に交じり、やがて対峙することになる。
それぞれが葛藤を抱きながら、必死に戦いに生きる。その未来は?というもの。


佐藤アツヒロは、生き続けることで道を見いだし、それ故にもがき苦しむ主人公を熱演。
また戦闘シーンでの魅せる殺陣には、惹き付けられる。 

若手演技派として成長している風間は、残酷な人生を歩むアランの葛藤を表現しようと力演を見せる。

大人の男で引き締める坂元健児。凛とした力強さを持つ王女の城咲あいは、まさにはまり役。 

「30-DELUX」の清水順二とタイソン大屋は、楽しい前説を含めて、いつも以上の気合いで張り切っTて支えている。

017


012022


物語を通して、「人は自らの力で、運命〈デスティニー〉を切り開くことは出来るのか…?」

そんな言葉を問いかけてくる作品だ。


018
004014
010021

30-DELUX THE Ninth Live

『デスティニー』

作・演出◇毛利亘宏

出演◇佐藤アツヒロ、風間俊介/城咲あい、はねゆり、タイソン大屋、清水順二/坂元健児 ほか 

●5/18〜5/22◎池袋・サンシャイン劇場

〈料金〉前売・5,800円/当日・6,300円(税込・全席指定)

〈問い合わせ〉ジェイズプロデュース 03-3980-2415

〈公式ホームページ〉

http://www.30-delux.net/(PC)

http://www.30-delux.net/keitai/(携帯サイト)


【取材・文/桜井麻子 撮影/冨田実布】




明治座で染五郎、亀治郎、勘太郎、七之助『明治座五月花形歌舞伎』

稽古写真・義経千本桜

明治座で16年振りの歌舞伎公演が賑わっている。
 

若手ばかりでつとめる「 明治座五月花形歌舞伎」で、
昼の部では『義経千本桜  川連法眼館』『蝶の道行』『恋飛脚大和往来 封印切』、
夜の部は『通し狂言  怪談牡丹燈籠』『高坏』というよく知られた演目揃い。

出演者は市川染五郎、中村亀治郎、中村勘太郎、中村七之助という若手の人気役者たちだけに、観客も若い女性が多くて華やかだ。
 

昼の部の『義経千本桜』は、かつて市川猿之助が宙乗りや早替わりなどのけれんの面白さで大人気となった作品。
甥の市川亀治郎が今回からチャレンジ、本興行で初めてつとめるとは思えないほど、狐忠信では鮮やかな動きを見せる。
猿之助は明治座を拠点にして、狂言の通し上演や埋もれた作品の堀起こしを行なっていただけに、
亀治郎も「これを機会に猿之助四十八撰や『四の切』の1000回などを行なえれば」と、この劇場にかける夢を語った。
 

また昼の部の『封印切』は、中村勘太郎が忠兵衛を、傾城梅川を中村七之助がつとめ、敵役・八右衛門は染五郎。
勘太郎は最後の引っ込みでは涙を見せるなど情の深い忠兵衛を心を込めて演じている。
坂田藤十郎の忠兵衛を新橋演舞場で観て、劇場に流れるなんともいえない空気感に圧倒されたという勘太郎。「これはできないなと思いましたが、少しでも吸収して近づきたい。明治座出演は初めてなので楽しみ」と前向き。
 

稽古写真・封印切

夜の部は『通し狂言  牡丹燈籠』で、市川染五郎が白塗りの新三郎と初役の伴蔵。
三遊亭円朝の怪談噺が下敷きの『牡丹燈籠』だけに「業と欲にまみれた伴蔵の心情を繊細に演じたい」と意欲的。

七之助は『牡丹燈籠』でお峰は初役、そしてお露の二役。「震災のあと、自分は何ができるのかと思い悩んだ時期もありました。舞台には見る人を元気にするパワーがあるのだと信じて、いい芝居を」と語る。


稽古写真・牡丹燈籠

初日前には、市川染五郎、市川亀治郎、中村勘太郎、中村七之助が劇場前で約200人の観客を前にあいさつ。

染五郎は「明治座を歌舞伎のもう1つの拠点となるように盛り上げていきたい」と語った。

最後には地元小学生から1人ずつ花束を贈られた。

 

DSCF8292


『明治座 五月花形歌舞伎』

●5/3〜27◎浜町・明治座

昼の部『義経千本桜  川連法眼館』『蝶の道行』『恋飛脚大和往来 封印切』、

夜の部『通し狂言  怪談牡丹燈籠』『高坏』

http://www.meijiza.co.jp/info/2011/05/main.html


【取材・文/榊原和子】 
記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について