稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

観劇予報は2019年2月20日に引っ越しました。
新しい記事はこちらから読めます。

ニコミュー『源氏物語』が初日開幕。キャストコメント

集合

ネットとライブの融合による新たなエンターテイメント、ニコニコミュージカルの新作『源氏物語』が11月16日に全労済ホール/スペース・ゼロにて、初日の幕を開けた。

ニコミューの第7弾となる本作の題材は、平安時代に生まれた日本が誇る傑作文学の『源氏物語』。「光源氏の君をめぐり、さまざまな女性たちが織りなす艶やかで美しい絵巻物語…と思いきや、その実態は紫式部の妄想が生んだ、平安時代のライトノベルだった!?」という新解釈でアレンジしてある。


【あらすじ】

日本の文化が花開いた平安の世、宮廷に仕える紫式部は、その溢れんばかりの妄想力と文才を駆使して”イケメンの元祖”光源氏と、それを取り巻く女性たちの、甘く激しい恋愛小説『源氏物語』シリーズを、仲間と共に精力的に発行し、今や宮廷きっての超大手作家になっていた。印刷所も本屋もない平安時代、ひっそりと広まっていったその書物は、あたかも甘美な同人誌のごとく、宮廷中の女性を虜にした。やがてその評判は、時の人、藤原氏の耳にも入ることとなる。そんな中、紫式部に合コンの話が持ち上がる。なんとその合コンには、藤原氏もやって来るというが…。



主演の光源氏役は、ニコニコ動画人気歌い手の“ぽこた”で、GACKTの声に激似と人気に火がつき、今年ついにメジャーCDデビューを果たした。また、演出を務めるのはニコミューにはかかせない存在の湯澤幸一郎。脚本は劇団「ナイロン100℃」に所属し、アニメ『テニスの王子様』海堂薫役などで声優としても活躍する喜安浩平が担当する。音楽は、ドラマ『やまとなでしこ』『アンフェア』、映画『源氏物語ー千年の謎ー』など、話題のドラマ・映画を手がけている住友紀人。そして、源氏物語に登場する姫たちには、大河元気やKimeruら若手イケメン俳優らも女装して挑む。
 

初日公演に先立って公開舞台稽古が行なわれ、初日を控えてのキャストからコメントが届いた。


ぽこたs
ぽこた(光源氏役)

台詞に現代の言葉ではない昔の言葉が多々あるのですが、普段使わない言葉なので、全然頭に入らなくて…台詞覚えが一番大変です。そもそも使い慣れない言葉ばかりなので、台本を読むだけで噛むのですが、本番ではスラスラ台詞が出てくる(はず)なので見ていて下さい(笑)頑張りまするるるる!(∩^u^∩)


富田麻帆(紫の上役)

紫の上は光源氏によって大切に育てられています。湯澤さんには「麻帆ちゃんをさらいたいとは思わない」と稽古初日から言われてしまいました…。とても愛しい紫の上を演じられるよう精一杯頑張ります。源氏物語の世界を存分にお楽しみください。

湯澤幸一郎(演出/紫式部役)

歴史上の人物を演じるのは初めてなので、どうしたらいいものか困っています。

紫式部に会ったこともないので。本人に会ったらとりあえず色々謝りたいと思っています。


ぽこた&富田麻帆ぽこた&平田裕一郎ぽこた&川隅美慎

ニコニコミュージカル第7弾

『源氏物語』

演出・作詞・美術◇湯澤幸一郎

脚本◇喜安浩平

音楽◇住友紀人 

出演◇ぽこた、富田麻帆、大河元気、Kimeru、広瀬友祐、高木俊、平田裕一郎、川隅美慎

大浦育子、小松美咲、尾崎桃子、冨士枝千夏、大谷咲子、寺田有希、新谷真弓、湯澤幸一郎  他

●11/16〜23◎全労済ホール/スペース・ゼロ

〈料金〉リアルチケット6800円

〈問合せ〉サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(10:00〜19:00)  

〈ネットチケット購入〉http://info.nicovideo.jp/nicomu/genji/ticket.htmlより販売 

【公式ホームページ】http://info.nicovideo.jp/nicomu/genji/ 




タッキー&翼『TOUR 2011 OUR FUTURE』コンサートルポ

0001


タッキー&翼が『TOUR 2011 OUR  FUTURE』公演を、11月1日、国立代々木競技場第一体育館で行った。

全国8ヶ所(13公演)を回ったツアーの終盤にあたる東京公演は、02年のデビュー以来初めての会場での開催となった。


幅広い年代で埋まった客席に「タッキー! 翼!」コールが響き渡る頃、ステージ上のスクリーンに3Dのアクション・ムービーが。2人のアップに歓声が上がり期待が高まる中、メインステージにタッキー&翼が手をつないで登場。1曲目は『Journey Journey 〜ボクラノミライ〜』。

『Hey Now!』『山手線外回り』でセンター、バックステージへと移動、『Venus』ではファンも振付きで歌い踊る。

『愛してるぜ T&T』で彼らが現れたのは2階席エリア。

今井「今井翼、30歳になりました。30歳も愛し続けます。滝沢秀明!」

滝沢「皆さん、こんばんは。あ、あんなに遠くにいるなんて寂しい。愛してるぜ。今井翼!」

今井「福田、辰巳、松崎、越岡、来年も『SHOCK』頑張ります。ふぉ〜ゆ〜!」

滝沢「今回もこのツアーについてきてくれました。心に響く演奏してくれてます。愛してるぜFiVe!」

今井「みんな言わなくてもわかると思うけど、俺たちはお前たちのことを愛してる。Youたち!」


再三のコール&レスポンスで会場はまさに一体になる。先にメインステージに戻った今井が両手を広げて滝沢を出迎え、だが、その目は閉じられ顔も上向きに(笑)。唇のケアを終えた滝沢(笑)は今井の腰に抱きつきしっかりと抱き合ったが、何故かそのまま今井を持ち上げエアプレーンスピンを(笑)。笑顔で今井を下ろした後は、客席を半分に分け「タッキー!」「翼!」のコール対決に。声援を煽る2人に一際目立って応える男性ファンも見受けられ、最後は揃ってのコールで締めてオープニングMCへ。


0007

【オープニングMC】

今井 大きなタキツバコールありがとうございます。タッキー&翼です。ここ代々木は僕たち初めてということで。

滝沢 お初でございます。この会場は距離が近いですね。

今井 後ろの方でも近く感じるね。今日はしっかりと皆さんにタッキー&翼を男にしていただきたいなと。

滝沢 今日はカメラがいっぱいありますね。

今井 ぜひ中高生の気分でブチ上がってほしいなと思います。今回はシングル曲を豊富に歌っていくんですが、前半戦いかがですか?この後もしっかりキレイに踊ってくださいね。

滝沢 よろしくお願いします。

今井 最悪振りがわからなければ自分が中高の頃、流行った感じで踊っていただければ(笑)。

滝沢 盛りだくさんに歌って踊ってください。

今井 皆さん、ちゃんと踊れますか?僕の愛する相方も覚えられたんですからね。

滝沢 俺が覚えられたんだから大丈夫…って、今井さん! 何の話ですか(笑)?!

今井 カメラも入ってますんで、タキツバファンがすごいこと証明していきましょう。

滝沢 代々木1日目ですから勢いつけていきましょうね。

今井 そして僕らデビュー10年目を迎えることが出来ました。10周年に向けて皆さんと時間を共有出来たらと思います。

滝沢 それでは『愛はタカラモノ』いきたいと思います。皆さんの愛を感じながらね。


『愛はタカラモノ』『L.O.V.E.』を歌い、メインステージへ。『Billions of you』『スポットライト』から、ステージは妖艶な雰囲気に変わり、スクリーンには"Travis Pain Choreographer"のクレジットが。『Diamond』を炎で真っ赤に彩られたステージで踊り魅せた。

『queen of R』『HEY!! LISTEN TO THE MUSIC 』ではアリーナからバック、メインステージへと会場を巡った。

続いては『翼左衛門の部屋』の3D上映。番組MCの"翼子"の代役"翼左衛門"がゲストの"滝沢総長"とトークするという某番組仕立てで、本家と違わずゲストの話を聞き流すシーンもあり(笑)場内は笑いに包まれた。

続く『ギミラ』もコメディ寄りの演出。さらにステージ上でのシルエット生着替えのファンサービス(笑)から、メインMCへ。


0011

【メインMC】

滝沢 ホールの会場もいいけど、こういう大きな会場もいいね!

今井 やっぱり気持ちいいですね! 開演前の皆さんの声援がバクステにも響いて、とってもいいテンションになれましたからね。ありがとうございます! 私事ですが、今井翼30歳になりました!

観客 おめでとう〜!

今井 ありがとうございます!

滝沢 どうですか?何か変わった?

今井 そんなにね、個人として変わることはないんですが、10代の頃の気持ちに戻ってね、(中山)優馬なんかに負けないぞ! って感じで(笑)。30歳の誕生日ですが、今年も滝沢にお祝いしてもらいまして。今年もすごかったね! 去年は東京ドーム貸し切ってもらいましたけど、今年はまず2人きりで個室で食事をね…間違えた、密室でね。

滝沢 個室でいいんですよ。まあ、密室だったけど(笑)。

今井 緊張したね〜。

滝沢 なかなか2人だけでってないじゃないですか。

今井 あっても年に1回くらい?中華料理屋に密室で2人きりって…ねぇ?

滝沢 個室(笑)!

今井 お酒飲まなきゃ緊張が取れないというか。デート?ってくらい緊張しちゃって(笑)。

滝沢 2人で飯行くのって、皆さんの中では普通に思うんじゃないですか?

今井 いやあ。女子ならガールズトーク出来ますけど、男同士ですからね。

滝沢 俺的には前もあったから気持ち的には楽だったけど…。

今井 いやあ、緊張すんぞアレは!

滝沢 まあ、緊張はしますよね。

今井 1個1個が都会的、いわゆるアーバンっていうんですか、食事も洒落た中華料理屋ですよ。最後にろうそくの立ったケーキを店員さんが持って来た時には、正直そこで抱かれるんじゃないかって。でもまだ一軒目だから抱かれることはなかったんですけど…。

滝沢 抱くかっ(笑)!

今井 外出たら豪華なリムジンが止まってるんですよ。何でしょう、『SEX and the CITY』?気分はサラ・ジェシカ・パーカーですよ。

滝沢 せっかくなんでね、30歳になったんですから。

今井 2軒目には、ふぉ〜ゆ〜、FiVeも待っててくれて。気になるプレゼントですけど、去年は携帯電話を買ってくれて…ってヒモみたいだな(笑)。

滝沢 そんなことないって(笑)。

今井 家賃とか光熱費とかも払ってもらってるんじゃないかって、そんなことありませんから(笑)。

滝沢 ないない(笑)。あれは、たまたま眺めてたからね。

今井 でね、今年は何だろうなって。40インチの3Dテレビですよ!

滝沢 今回のコンサートでも3D使ってるからさ。

今井 この流れで行くと家を狙えんじゃないかって。

滝沢 狙うな! 今井さん、ヤらしいですよ(笑)。

今井 あとは家でしょ。

滝沢 違うだろ! もっと電化製品とかあるだろ(笑)!

今井 最終地点として家でしょ、土地込みの。

滝沢 それは自分で購入していただいて。でもプレゼント選ぶの難しいよね。ムチャクチャ悩みましたよ。

今井 滝沢も来年は45歳になりますんでね。

滝沢 ちげーよ、コラッ! さっきからチョロチョロおかしい。30歳!

今井 (観客に)何がいいと思う?

観客 今井翼〜。

今井 なるほどね。今回の誕生日でも抱かれることはなかったので、自らこう抱いてしまえ! みたいなね。

滝沢 もう何でもいいですよ。気持ちですから。

今井 じゃあ気持ちと体で。

滝沢 気持ちだけにしてください(笑)。もうお菓子セットとかでいいよ。

観客 翼〜!

今井 では来年、心と体をあげたいと思います。

観客 イエ〜!

滝沢 イエ〜、じゃないから! 本当何でもいいから。

今井 何でもいいんでしょ?

滝沢 だったらお菓子セット! おかきセットとかおつまみ系の。

今井 そんなの自分で買えるじゃない。やっぱり手に入らないものがいいじゃないですか。近くて遠い存在から、近くてもっと近いっていう。

観客 フ〜!

滝沢 フ〜じゃねえし(笑)!

今井 これ以上は止めときます(笑)。ところで今日はV6の坂本(昌行)くんが来てくれてます! ジュニア当時はV6のバックをやらせてもらってましたね。

滝沢 僕ら一番踊ったんじゃないですか。

今井 デビューイベントがこの(会場の)外で行われて。

滝沢 95年の今日ですよ。そんな先輩が僕らのコンサートに来てくれてありがとうございます!

今井 後半戦、坂本くんも一緒になって踊ってください!

坂本 (両手で大きな丸を作り、笑顔で応える)

今井 ありがとうございます! 僕ら年数でいったらまだまだですけど、この一年は勝負の時だと思ってますので、皆さん応援よろしくお願いします。今年のデビュー日は宮城県に行きまして、"Marching J"もやらせてもらってますが、震災は過ぎ去ったことではなく、まだまだこれから一人一人の力が必要と感じました。そういう思いを込めて、『友よ』です。


0004

後半にさしかかり、FiVeが『Cry』、ふぉ〜ゆ〜が『Oh〜PGF』を披露。

ソロ曲『瞳を閉じて〜気まぐれJET』では、まっピンクのスーツに身を包んだ滝沢が客席に。あやまんJAPAN風ダンスもありのアゲアゲっぷり。

『滝沢革命』&『PLAYZONE』のダイジェスト・ムービーを挟み、『イマジン〜君が望んだのは』では今井がクールに舞った。

『Cherry Sweet』『REAL DX』『夢物語』からシングルメドレー『Ho! サマー』『×〜ダメ〜』『One day One dream』『仮面』『SAMURAI』で盛り上がりはMAXに。

『空のスクリーン』『Luv the Shangri-la』から、新曲『Heartful Voice』を白バルーンが舞い落ち、雪色に染まったステージで歌い上げた。

滝沢「皆さん今日は本当にありがとうございました。短い時間の中でみんなといろんなことを感じながら、一公演一公演やらせていただきました。久々全国ツアーをやって、タッキー&翼はライブが似合うと感じました。また皆さんと楽しい時間を過ごしたいと思います。本当にありがとうございました」

今井「またこうして今回のツアーで東京に戻ってこれて、皆さんの笑顔に再会出来て嬉しく思います。僕ら10年目を迎え、10周年に向けていろんなことを考えてます。そうした時間の中でみんなと楽しい時間を共有していけたらと。これを大きなきっかけにNo.1を目指して、みんなと共に成長していけたらと思いますので応援よろしくお願いします。今日は本当にありがとうございました」

それぞれ挨拶し、手を振りながらステージを後にした。

その直後からの「タッキー! 翼!」コールには、『ラブ・スパイラル』『時間旅行』『Journey Journey〜ボクラノミライ〜』で応えたが、彼らが再び去った後もまたコールが沸き起こる。おさまらない声援に再々登場。

2人「いっちゃいますか?!」と『ひと夏の…』を歌い終えると、早くも「もう一回!」とノリノリの客席。戸惑いを見せつつ今井は「ホント『ひと夏の…』で終わる予定でしたが、気持ちがいいのでもう一回いっちゃいますか! 『愛はタカラモノ』」と、満面の笑みでさらなるアンコールに応じた。勢いづいた客席は、「今日はこのあたりで。淋しいけど、また次ね!」と言う今井とそれに深く頷く滝沢に大ブーイング(笑)。

その熱気に、今井「総長どうしますか?」、滝沢「みんなではしゃぎたいよな。何かクルクルしてえな、クルクル。ぶっこんでいけるか!? OK! 行こう!『Crazy Rainbow』!」。

ファンと一体になってはじけ、ラストは互いに手の甲にキスをし手をつなぐ2人。「また会いましょう! タッキー&翼でした! どうもありがとう〜!」と、笑顔に満ち溢れたエンディングとなった。

すでに舞台人として個々にポジションを確立している2人だが、タッキー&翼としての10周年に向けて、新たなスタートを切ったコンサートだった。

0008

 
タッキー&翼 Tour 2011『OUR FUTURE』

●9/13〜9/14◎名古屋国際会議場センチュリーホール

●9/25◎大阪城ホール

●10/9◎長崎ブリックホール

●10/10◎福岡サンパレス

●10/23◎札幌・ニトリ文化ホール

●10/30◎石川・本多の森ホール

●11/1〜11/3◎国立代々木競技場第一体育館

●11/6◎広島・ALSOKホール


【取材・文/桜井麻子 撮影/冨田実布】

★演劇ぶっく12月号発売中!★
亀梨和也、早乙女太一、城田優ら舞台写真とインタビューなど盛りだくさん!

演劇キック【演劇ぶっく試し読み】コーナー

http://www.enbu.co.jp/kick/enbuwork/enbuwork.html

♪ご購入はこちらよりえんぶ☆Shop

 

伝説の二人芝居が新バージョンで甦る『ピカレスク・ホテル』

picaresqueAtpicaresqueBt

1991年〜94年にかけて、新宿の小劇場のメッカとして知られたシアタートップスで上演された人気シリーズ、「ピカレスク・ホテル」が、新しい装いとなって登場する。

ホテルの一室を舞台に繰り広げられる、男と女の二人芝居の2本立て、音楽はピアノの生演奏のみ。しかも劇場受付から座席までベルボーイがアテンドをしてくれるというリアルホテル感。そんな洒落たコンセプトの舞台が、赤坂レッドシアターという都会の真ん中の劇場で、20年ぶりに復活する。


今回の2つのドラマは、第1話「リボン、ちゃんと結びなさい」、第2話「男か、女か、」の2作品。

第1話は、シリーズの企画者であり、ほとんどの作品を手がけてきたプラチナ・ペーパーズの堤泰之が作・演出。ラッパ屋などで知られる男優のおかやまはじめと、小劇場から井上ひさし作品まで活躍する女優、内田慈という組み合わせ。

第2話は、TRASHMASTERSを主宰する気鋭の作・演出家、中津留章仁が手がけ、俳優は映像や舞台で活躍する2人、元ジョビジョバの長谷川朝晴と東京乾電池の江口のりこという組み合わせになる。


ホテルの一室を舞台にした「男と女」の物語は、晴れの日もあれば曇りも、そして雨の日もある。暑い日もあれば身も凍るほど震える夜もある。そんな幾つものストーリーがこの一室で生まれては様々な形の終焉を迎える。

都会の片隅のホテルの一室で、今夜も様々な人間模様が生まれる。



『ピカレスク・ホテル』

第1話『リボン、ちゃんと結びなさい』 

作・演出◇堤 泰之  
出演◇おかやまはじめ 内田慈

第2話『男か、女か、』 

作・演出◇中津留章仁  

出演◇長谷川朝晴 江口のりこ 

ピアノ◇小林 洋  

特別ゲスト◇小林 桂(12/18 19:00 スペシャルジャズライブのみ)

●12/13〜18◎赤坂RED/THEATER

〈料金〉5000円(全席指定・税込)

〈問合せ〉ジェイ.クリップ 03-3352-1616 (平日10:00〜19:00)  

http://www.j-clip.co.jp/jCLIP/stage.html#pcrc(PCのみ)



演劇ぶっく12月号発売中

表紙・インタビューに市川亀治郎と蒼井優、

亀梨和也、早乙女太一、城田優ら舞台写真とインタビューなど盛りだくさん!


↓試し読みはこちらより(PCのみ)↓

演劇キック【演劇ぶっく試し読み】コーナー

http://www.enbu.co.jp/kick/enbuwork/enbuwork.html


♪ご購入はこちらより

えんぶ☆Shop


記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について