稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

観劇予報は2019年2月20日に引っ越しました。
新しい記事はこちらから読めます。

人気ヘアメイクプランナーがミュージカル・舞台の創作現場を語るトークショー「Bumpy Lens Bumpy Lens〜劇場で出会ったクリエイティブな人たち〜」第8回を開催!

告知用ビジュアル

夜明けの劇場 Theatre at Dawn(シアター・アット・ドーン合同会社 本社:東京都千代田区有楽町、代表 平野美奈)は、2019年2月13日(水)に Architects Studio Japan 共催のもと。「Bumpy Lens#8 〜劇場で出会ったクリエイティブな人たち〜」を開催する。 

丸の内の建築スタジオASJ TOKYO CELLを会場に、ミュージカルや演劇の第一線で活躍するヘアメイクプランナー宮内宏明、ZARA国内店舗などの設計を手がける建築家小山光とのクロストークを展開。ナビゲーターは演劇メディアなどで人気のフォトグラファー・ライターの岩村美佳が務める。
フォトグラファー・ライターの岩村美佳が、取材をする中で出会ってきた演劇・ミュージカル界の「クリエイター」や「アクター」。彼らはみな、何千何百というオーディエンスに極上のエンターテインメントを日々届ける仕事人であり、それぞれにユニークな人間的魅力を持つスゴイ人たち。Bumpy Lens はそんな
インタビュアーの「レンズ(Lens)」を通し、舞台づくりで活躍するプロフェッショナルの「でこぼこ(Bumpy)」な個性と頭の中をのぞき見するトークショー。今回は「Architects Studio Japan (ASJ)」 との特別タイアップ編。舞台クリエイターと数々のパブリックスペースを設計されてきた建築家のトークセッションをお届けする!


■プロフィール 
ヘアメイク宮内宏明さんプロフィール写真
第一部・第二部ゲスト 宮内宏明 (ヘアメイク) 
M’s factory主宰。舞台作品を中心に、TV、コンサート、CM などのヘアメイクデザイン、ウイッグデザイン、特殊メイクなど幅広く手掛けている。近年の主な作品に 『歌舞伎 NARUTO』(G2 演出)、『モーツァルト!』(小池修一郎演出)、『プリシラ』(宮本亜門演出)、『Kinky Boots』(ジェリー・ミッチェル演出)、『髑髏城の七人 Season 花鳥風月極』『メタルマクベス 1・2・3』(いのうえひでのり演出)、『ナイツテイル』(ジョン・ケアード演出)、『メリー・ポピンズ』(リチャード・エア演出)など

建築家小山光さんプロフィール写真
第二部ゲスト 小山 光 (建築家)
(株)キー・オペレーション代表取締役、一級建築士、英国登録建築家、王立英国建築家協会会員
1970年東京都生まれ。1994年東京都立大学工学部建築学科卒業。1996年ロンドン大学バートレット校建築修士修了。1998年東京工業大学理工学研究科建築学修士修了。デビッドチッパーフィールドアーキテクツなどのイギリスの建築事務所で設計活動後、2005年キー・オペレーション設立。個人住宅、集合住宅、オフィス、飲食物販店舗、映画館、商業ビル、複合施設など様々な物件の設計を手がけている。王立英国建築家協会国際賞、Good Design賞、JCDアワード、Architizer A+ Awards、Blueprint Awards、German Design Awards、Iconic Awards など受賞。   

岩村美佳プロフィール画像
ナビゲーター
フォトグラファー・ライター/岩村美佳
ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。子供の頃から舞台、歌、踊りが好き。小学校4年生の時、初めて宝塚をみて虜になった。幼稚園の発表会からはじまって、演劇クラブ、ミュージカルサークルなどを巡ってきた。ウェディング衣装メーカーに入社したときも、志望理由は舞台衣裳に似ていたから。振り返れば筋金入りの舞台ファン。世界で一番好きなのは「猫」。 

【岩村美佳よりコメント】
Bumpy Lens第8回は、ヘアメイクの宮内宏明さんをお迎えします。宮内さんは、舞台ヘアイクの第一人者。SNS での発信や、表に出ていらっしゃることがないため、ご存知ない方も多いかもしれませんが、みなさんが日々ご覧になる舞台作品のチラシやポスターの多くを宮内さんが担当されています。多くの制作者の方々が、なぜ宮内さんを指名するのか、そこには、ミュージカルやエンターテインメント作品のビジュアルが、よりナチュラルに美しく進化するための秘密がありました。宮内さんご自身の歴史と、仕事のこだわりをお伺いします。
さらに第2部では、建築家の小山光さんをお迎えし、異業種トップクリエイターによるクロストークを展開。私もよく買い物に訪れますが、ZARA各店舗デザインは小山さんの手によるものです。小山さんはロンドンで建築を学ばれ、イギリスでは古城を劇場に改築する珍しいご経験もされています。全く違う土壌のおふたりながら、「わかる! わかる!」と、大いに盛り上がった打合せ。トップクリエイター達のトークセッションをぜひお楽しみください!
 
トークショー「Bumpy Lens #8〜劇場で出会ったクリエイティブな人たち〜」
ナビゲーター◇岩村美佳
ゲスト◇宮内宏明(ヘアメイク)、小山光(建築家)
日時:2月13日(水) 19:00-20:30 *18:30 開場、
〈参加費〉3,500 円 



 

音楽劇『ライムライト』


kick shop nikkan engeki

安西慎太郎・宮崎秋人らの出演でTRUMPシリーズ最新作『COCOON 月の翳り星ひとつ』キャスト発表!

「TRUMP」10thlogo

劇作家・末満健一が作・演出を手掛けるTRUMPシリーズ10周年にあたり、『COCOON 月の翳り星ひとつ』を2019年5月、6月に上演される。本作は「月の翳り」編・「星ひとつ」編という2作を同時期に交互上演する公演となる。このほど両作のキャストが発表になった。
 
【キャスト】 
◆「月の翳り」編
安西慎太郎
荒木宏文
碓井将大
宮崎秋人
田中 亨
郷本直也
鬼頭真也
大久保祥太郎
池村匡紀
細貝 圭

◆「星ひとつ」編
宮崎秋人
荒木宏文
安西慎太郎
三津谷 亮
木戸邑弥
郷本直也
鬼頭真也
大久保祥太郎
池村匡紀
陳内 将
染谷俊之
 
奥田一平 小原悠輝 菊池祐太 小比類巻諒介 竹鼻優太 本多釈人
※「月の翳り」「星ひとつ」両作に出演  

〈公演情報〉
「COCOON」仮タイトル
『COCOON 月の翳り星ひとつ』
作・演出◇末満健一 
●5/11〜26◎東京 サンシャイン劇場
●5/30〜6/5◎大阪 サンケイホールブリーゼ
〈料金〉一般 8,000円(全席指定・税込)
〈一般発売日〉4月6日(土)






音楽劇『ライムライト』


kick shop nikkan engeki

世界的ダンスカンパニー公演で上田竜也(KAT-TUN)が主演に抜擢!

Political Mother_Photo 3 by Victor Frankowski
cVictor Frankowski

欧米の各国の主要メディアが絶賛し、2016年トニー賞最優秀振付賞にもノミネートされたコレオグラファー、ホフェッシュ・シェクター率いる世界的なダンスカンパニーの舞台『ポリティカル・マザー ザ・コリオグラファーズ・カット』の日本初公演が決定。主演にKAT-TUNのメンバー・上田竜也が抜擢された。
またミュージシャンとして元BLANKEY JET CITYのメンバー中村達也(ドラム)、自身のバンドHEA、LOSALIOSでの活動のほか、数々の著名ミュージシャンのサポートでも知られるTOKIE(ベース)が参加することが決定した。

現在、舞台界で最も注目を浴びる舞踊家ホフェッシュ・シェクター。彼の手掛けた作品は、パリ・オペラ座(仏)、ロイヤル・オペラ・ハウス(英)、ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場(米)など世界最高峰の劇場で上演され、ブロードウェイでは、『屋根の上のヴァイオリン弾き』(演出:バートレット・シャー)の振付を担当し、2016年トニー賞最優秀振付賞にノミネートされた。
そのホフェッシュ・シェクターが、振付・音楽を担当して世界各国で絶賛されている本作は、41名のアーティストが出演。轟音と静寂、光と影が交錯し、圧倒的エネルギーと フルスピードの疾走感に溢れた、公演時間75分の最高傑作。
本作の初期版である「ポリティカル・マザー」は2010年に日本に初上陸、埼玉と山口で公演が行われて好評を博した。その後の世界ツアーも成功したことで名声を確立。翌年にダンサー、ミュージシャンの数を大幅に増やし、演出・振付も大きくパワーアップして誕生したのが本作『ポリティカルマザー ザ・コレオグラファーズ・カット』。
本作の世界ツアーでは公演開催国のアーティストたちとコラボレーションを行なって次々に成功させ、初公演となる日本では、ドラムに中村達也、ベースにTOKIEを迎えることになった。さらに本作としては初めて、音楽で人心を惑わす主人公役としてKAT-TUNの上田竜也が決定。開催国からの参加アーティストとしては、初めて主役に挑む。
世界が注目するダンスカンパニーと、上田竜也の魂のぶつかり合い。怒涛の75分間に期待したい! 

Political Mother_Photo 1 by Victor Frankowski
cVictor Frankowski

【コメント】
ホフェッシェ・シェクター(振付・音楽)
『ポリティカル・マザー ザ・コレオグラファーズ・カット』は、ジャンルの境界を崩し、音楽やダンスのファンをひとつにしてくれる、まるでモンスターのような、私にとって特別な作品です。この作品が私の愛する街、東京で上演されること、さらに上田竜也さん、中村達也さん、TOKIEさんといった素晴らしいアーティストとともに作品に取り組めることを非常に光栄に思います。ひとりのアーティストと創作をともにすることも稀有な経験ですが、今回は一度に3名のアーティストと出会えるのですから、私にとってはまさに今シーズンのクライマックスとも言える経験です。音楽や振付が構築されてはいるものの、このような大型の作品は、まるで生き物のような性質も持っています。新たなダンサー、ミュージシャンもカンパニーのメンバーに加わりましたし、日本人アーティストの皆様との邂逅も大きな話題になると思います。ですから、再上演というよりは、新たな作品を初演するような気持ちで、東京のアーティストや観客の皆様と、この特別な体験を共有できることを、心から楽しみにしています。

上田竜也アーティスト写真
上田竜也(主演)
Q 『ポリティカル・マザー -ザ・コレオグラファーズ・カット-』への出演が決まった時の感想を。
A  ホフェッシュ・シェクターさんが過去のライブ映像などを見て即断で自分を選んでくれたと聞き、とても光栄でした。また何度も熱いオファーを頂いたことを知り、素直に嬉しかったですし、とにかく期待に応えたいという気持ちになりました。
Q  海外のカンパニーに主演で参加することについての期待している点は。
A  世界的なパフォーマンスを身近に感じられるのは貴重なことなので、少しでも多くのことを吸収したいと思います。言葉の壁はありますが、気持ちで通じ合えると思うので、積極的にコミュニケーションを取っていきたいです。
Q  公演に関して特に楽しみにしていることは。
A  伝統のあるオーチャードホールに立てることを誇りに思います。この作品と自分が交わることで、どのような化学変化が起こせるかを楽しみたいです。
Q  意気込みをお願いします。
A  自分のするべきことは魂で作品にぶつかっていくことだと思っています。主演をさせていただくので、おもいっきりかき回しながら引っ張っていき、結果として、この作品の素晴らしさを多くの人に届けられたらいいです。75分間、迫力のあるパフォーマンスを見せること、約束します。

〈公演情報〉
PARCO presents 『ポリティカル・マザー ザ・コレオグラファーズ・カット』
振付・音楽◇ホフェッシュ・シェクター
出演◇上田竜也
ホフェッシュ・シェクター・カンパニー
中村達也 (ex.BLANKEY JET CITY)
TOKIE (HEA、LOSALIOS/ex.RIZE、AJICO)
●4/6〜11日◎Bunkamura オーチャードホール
〈料金〉12,000円(全席指定・税込)
〈チケット発売日〉2019年3月9日(土)〜
〈お問い合わせ〉サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(全日10:00-18:00)
〈公式サイト〉http://www.parco-play.com






音楽劇『ライムライト』


kick shop nikkan engeki
記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について