稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

おすすめチケット半額セール!

最後の試合に全身全霊をかけた球児たち『野球 飛行機雲のホームラン〜Homerun of Contrail』上演中!

IMGL6361

元プロ野球選手で野球解説者の桑田真澄が野球監修を手がける舞台『野球 飛行機雲のホームラン〜Homerun of Contrail』が、西田大輔の作・演出、安西慎太郎の主演で7月27日から、サンシャイン劇場にて上演中だ。(8月5日まで。そののち大阪公演もあり)

IMGL4626

【あらすじ】
1944年夏、戦局が深刻化し、敵国の競技である野球は弾圧され、甲子園大会は中止されていた。甲子園のグラウンドに立つ夢を捨てきれないまま予科練への入隊した少年たちは、「最後の1日」に出身校同士で紅白戦を行うーー。
甲子園優勝候補と呼ばれた強豪・伏ヶ丘商業。実力派は未知だが有力と思われる会沢商業。野球への憧れ、強い仲間への憧れーー「憧れ」を通して、人が生きていく力、「生きたい」という希望を描く。

IMGL4641

舞台は、主人公の穂積均(安西慎太郎)と良きライバルであり豪腕投手として知られる唐澤静(多和田秀弥)、それぞれの出身校である会沢商業と伏ヶ丘商業の紅白戦の試合の進行状況を軸に、登場人物たち個人個人の背景や、当時の日本の状況が織り込まれていく。

IMGL4738

「全国中等学校野球大会の中止」という知らせに落胆する球児たち。そんな彼らに赤紙(召集令状)が届き、容赦なく戦争に巻き込まれていく。

IMGL4685

敵性スポーツである野球は試合も禁じられ、用語も、ストライクは「よし」、ボールは「だめ」、セーフは「安全」など、言い換えて使用しなくてはならない。そんな理不尽な国策に、少年たちは愛する「野球」を奪われていたが、ある理由で一度だけ紅白戦が許されることになる。 

IMGL5272

劇中の大半を占める試合シーンは、まるで映画のカット割りのように全方位から工夫を凝らした演出で、みごとなまでに試合の臨場感を伝えてくる。
ある場面は投手の背後にバッターボックスを配し、ある場面では捕手と打者が言葉で牽制し合う様子を2人にズームするような演出で見せる。フライやゴロを捕らえ、走者を刺すまでの野手たちのフォーメーション、ベースへ滑り込む走者と審判の息詰まるような一瞬の間合い、どのシーンも野球というスポーツが持つ緊迫感と迫力がリアルに表現され、球がグラブに収まる瞬間のズシンとした手応えまで、観る側に伝わってくる。
 
IMGL4657
IMGL5133
IMGL6088

俳優たちは野球経験者だけでなく、今回初めて野球に触れた者もいるというが、この舞台に全身全霊をかけて取り組む姿は、当時の球児たちが「最後の1日」に、ひたすら愛する「野球」に打ち込む姿に重なり、どのシーンも涙なしには見られない。

IMGL5342
IMGL5687

できるなら試合終了したくない、いつまでもいつまでも球を追い続けていたい…そんなささやかな願いさえ許されない時代の残酷さ、不条理。そして、自らその想いを断ち切って、空に海に若い命を散らしていく球児たち。その最期が潔ければ潔いほど、虚しくやりきれない想いが胸を締めつける。
笹川美和によるテーマソング「蝉時雨」が、逝く夏と若者たちへのレクイエムとなって、舞台を切なくしみじみと彩っている。

IMGL6333
IMGL6258

【初日挨拶】

公演の初日に先駆けて公開舞台稽古が行われ、出演者たちから一言ずつ挨拶があった。 
また、安西慎太郎による始球式が行われた。 

 IMGL4527
IMGL4561
田中良子 村田洋二郎 永田聖一朗 伊崎龍次郎 白又敦 松本岳 小西成弥 松井勇歩 林田航平
西田大輔 小野塚勇人 多和田秀弥 安西慎太郎 内藤大希 永瀬匡 藤木孝 

IMGL5701

安西慎太郎(穂積均
作品の時代背景なとして色々ありますが、劇場の客席、舞台上も舞台袖も、すべてが舞台というか空間を使って表現しているので、僕たちの全力プレーを観てほしいという思いがあります。

多和田秀弥(唐澤静)
この時代背景の中で少年たちが、大好きだった野球に打ち込む姿、熱意、輝きを、この舞台を通してお客様と体感できるようにがんばりたいです。そして西田さんがおっしゃっていた「新しい演劇が出来ているんじゃないか」という実感が自分にもあるので、あとはフルパワーで、全力で力を入れていきたいと思います。

IMGL4735
 
永瀬匡(岡光司)
いよいよ初日が始まりますが、毎日毎日、この日が最後だとそういう勝負なので、1球1球、1日1日を全力で演じていきたいと思います。

小野塚勇人(菱沼力)
ついに初日の幕が上がるので、どういう反応なのかすごく楽しみなのですが、細かい技術とかうまさとかは置いておいて、僕たちの熱量とか、その1日に青春を懸けた男たちのストーリーを、存分に感じていただければ嬉しいです。

IMGL4987

松本岳(田村俊輔)
素晴らしい舞台です! 以上です!(笑) 

白又敦(早崎歩)
僕はこの舞台のために頭を丸めて来ました。そのくらい気合が入っています。ぜひ楽しんでください。

IMGL6054

小西成弥(浜岡喜千男)
1公演1公演、1試合1試合にすべてを懸けて、すべてを出し切って、お客様に良い作品を届けられるように頑張りたいと思います。
 
伊崎龍次郎(佐々木新)
初日に西田さんがおっしゃった「全員野球で行く」と。スタッフさん含めてそうなったと思います。ぜひ僕たちの全員野球を楽しんでいってください。

IMGL6134

松井勇歩(堂上秋之)
1分1秒がかけがえのない作品になっていると思います。皆様の心と記憶にずっと残るような、作品を届けたいと思います。

永田聖一朗(大竹明治)
僕は伏ヶ丘商業のキャプテンなので、みんなをまとめていけるように1公演1公演がんばっていきます。

IMGL5085

林田航平(菊池勘三・海軍少尉)
今回は野球を知らない教師を演じるのですが、誰よりもプレーを楽しんで、大切に、この素晴らしいナインの子たちを温かく見守っていけたらと思っています。

村田洋二郎(穂積大輔・海軍中尉)
この作品は、カッコいい衣装やカッコいいウィッグはありません。生身の人間が演じます。そして、ド派手な殺陣や歌はありません。やることは野球だけです。それだけで人の心を打つような作品になっていると思います!

田中良子(唐澤ユメ)
稽古場でこんなに泣いたことはないな、というくらいに彼らの野球を見ていて涙が流れました。それが伝わるといいなと思っています。

IMGL5332

内藤大希(島田治人)
僕はwキャストなので、皆様より早く客席で1幕を見せてもらいましたが、本当に、めちゃめちゃ面白かったです! よろしくお願いします。

藤木孝(遠山貞明・海軍中佐)
野球を熱烈に愛する遠山貞明中佐を演じます。この作品は西田さんの大傑作だと思います。そして、劇場でしか味わえない、演劇でしか実現できない演出も見どころだと思います。がんばって演じます。どうぞよろしくお願いいたします!

西田大輔(作・演出)
「反戦」という言葉をメッセージにするのではなく、野球で、僕らなりのやり方でメッセージを伝えられたらと思い、ここまで頑張ってきました。普段、演出としては、自分の作品には冷静であることを心がけているのですが、それさえも忘れるくらいの俳優の熱と、制作陣の熱意が、ウソのないお芝居を作ってくれたんだと思います。本当に1球1球が、舞台上で1球落としたら終わってしまうような緊張感と、覚悟を持って、たった1日の野球の試合に臨みます。本当に演劇でしかできないことを、俳優とスタッフの皆さんと作り上げてきました。色々な方に観ていただければ嬉しいです。
 
IMGL4759



〈公演情報〉
野球PR
 
舞台『野球』飛行機雲のホームラン〜Homerun of Contrail
作・演出◇西田大輔
出演◇安西慎太郎/多和田秀弥 永瀬匡 小野塚勇人 松本岳 白又敦 小西成弥 伊崎龍次郎 松井勇歩 永田聖一朗 林田航平 村田洋二郎 田中良子/内藤大希/松田凌/藤木孝
●7/27〜8/5◎サンシャイン劇場
●8/25・26◎梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
〈料金〉8,900円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉
東京/サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(全日10:00〜18:00)
大阪/キョードーインフォメーション0570-200-888(全日10:00〜18:00)

【取材・文/榊原和子 撮影/友澤綾乃】




『最遊記歌劇伝-異聞-』


kick shop nikkan engeki  

錦織一清が演出するオリジナルミュージカル『GRIEF7』上演中!

_MG_2064

俳優としてのみならず演出家としても活躍、つかこうへい作品からミュージカル、商業演劇まで多才ぶりを発揮している錦織一清。その手がける新作ミュージカル『GRIEF7』が、7月26日から俳優座劇場で上演中だ。(31日まで)
聖書の「七つの大罪」をモチーフに、牢獄で出逢った男たちの過去と心の闇を描くオリジナルミュージカルで、原作は『竹久夢二のすべて』や『猫と裁判』などで知られる野村桔梗、脚本は『Club SLAZY』シリーズやミュージカル『Dance with Devils』などの三浦香が手がけている。

【登場人物(キャスト)
IMGL3943
リュウ(カラム) 
シンガ􁻕ー。元⽇本の5⼈組トップアイドルX-BOYSのメンバー。現在は脱退し単⾝渡⽶。⼤物⾳楽プロデューサーであるア􁻕ーロンを殺害したとして逮捕。無実を主張。
 
IMGL4037
グニョン(碕 理⼈)  
ブローカー。⽇系韓国⼈。⺠家に不法侵⼊と不法滞在した罪で逮捕。とある事情があり過⾷症と拒⾷症を併発。

IMGL4364
サム(SHUN) 
ハッカー。IQ250。コンピ􁼁ュターウイルスをばら撒いた罪で逮捕されている。
 
IMGL3822
ムラセ(三浦海⾥)
看守。⽇系アメリカ⼈。中央拘置所アジア⼈を担当している新⽶の看守。⽇本語が出来ることからリュウたちと話すことも多い。
 
IMGL3906
ライタ・カワイ(加藤良輔) 
⼼理カウンセラ􁻕ー(元外科)。 ストーカーの罪で逮捕された。リュウたちと同じ牢屋に⼊り何かと若者たちの世話をする。
 
IMGL4291
エディ・フクダ(⽶原幸佑)
リュウの友⼈と名乗る男。 アメリカにリュウがや􁻵って来た時から世話をしているリュウの先輩。寿司屋「EDO」を経営。

さらにJustcrew(今井稜・矢内康洋)が、看守1、看守2、弁護⼠、裁判官、記者たちなど複数の役柄を演じている。


IMGL3844
IMGL3877

牢獄で出逢った男たちのドラマという、いわばシリアスな状況を描いた舞台だが、錦織一清演出ならではのエンターテインメント性で、上質なオリジナルミュージカルとして仕上がっている。
ミュージカルだけに音楽がさまざまな場面を彩っているが、ポップな曲も心情を託したドラマティックな曲も、キャストたちはみごとに歌いこなしてみせる。
また、要所要所で織り込まれているダンスシーンも、SHUNや加藤良輔といったダンサーを筆頭にキレの良い躍動感で楽しませてくれる。

IMGL3999
IMGL4135

舞台美術はシンプルだが、照明や生活音などで、牢獄の中庭、エディ・フクダの寿司屋の店先、リュウのコンサート、空港など、次々に時空を切り換え、登場人物たちの過去や、彼らがここにきた経緯を浮かび上がらせる。

IMGL4280
IMGL4069

それぞれの過去や役割が次第に見えてくるにつれ、物語に秘められた謎はより深まっていく。まさにミステリアスで陰影に富んだ舞台だ。

IMGL4376
IMGL4163


【初日挨拶】

初日の昼にプレス向けの公開ゲネプロが行われ、錦織一清と出演者たちが抱負を述べた。  

IMGL4495
今井稜 SHUN 碕 理人 米原幸佑 カラム 加藤良輔 三浦海里 矢内康洋 錦織一清
 
DownloadedFile-4
錦織一清 
梅雨明けからほぼ1ヶ月間、稽古してきましたけれど、今日、ゲネプロでちゃんと通して観るのを楽しみにしていたんです。ただ、初日が開いた瞬間から、演出家は要らない人間になるんですけど(笑)、これで、ちゃんとバトンタッチができたかなと思っています。僕の中で色々感想はありますけど、荒削りなところもありますが、そこも僕の好きなところですし、僕から渡ったバトンがたとえばお客さんの前で落ちてしまっても、必ずまた走ってくれれば、お客さんは喜んでくれると思います。良いお客さんがいらっしゃることで、このお芝居がすくすくと育っていくと思います。僕も一観客として期待しています。 
 
_MG_2211
カラム
この中で1人だけ国籍が違うので、言葉のことで僕なりに大変なこともあったけれど、錦織さんはじめ、皆さんにいろいろと手助けしてもらい、こんな素敵なミュージカルに出演することができて、とても嬉しいです。これまで色々なミュージカルに出演してきましたけれど、一番安定しているというか稽古も長くきちんとやったので、今までの作品のなかで一番自信のある作品になりそうです。早くたくさんのお客さんに見せたいです。がんばってもっと素敵な作品になりますように、力を合わせていきたいと思っています。 

_MG_2206
米原幸佑
本当に豪華で素敵なスタッフ陣、脚本や演出や音楽だったり、そんな方々が集結している『GRIEF7』ですので、そんなスタッフの皆さんに恥じないパフォーマンスで、ここから10公演、キャスト一同でがんばっていこうと思います。

_MG_2188
加藤良輔 
いよいよだなという気持ちです。緊張感のあるお芝居ですが、良い緊張感を持って、しっかりみんなでつないで、ラストまでいければいいなと思っています。最後まで応援よろしくお願いします。

_MG_2168
碕 理人
 
稽古が始まってから、初めは緊張していたんですけど、あっという間だった気がします。お話自体はすごく重たい話なんですが、錦織さんの演出で、笑いが入っていたり、ダンスや歌も入っていて、極上のエンターテインメントになっていると思います。そして、このメンバーだからこそできる、できた作品だと思います。皆さんに観にきていただいて、「最高だったな!」と思っていただけるように、僕らもがんばっていきたいです。応援よろしくお願いします!

_MG_2162
SHUN
あっという間の1ヶ月でしたけど、本当にみんなで一緒に作り上げてきた作品なので、すごい愛情がありますし、あとは来ていただくお客様にもこの作品を愛してもらえるように、楽しんでもらえるように、僕たちも全力で挑みたいと思います。とにかく世界一のミュージカルだと、記者の皆さん、書いてください(笑)。よろしくお願いします!

_MG_2152
三浦海里
僕は基本、一度出れば緊張しないタイプなんですが、この作品はなぜかずっと緊張しっぱなしなんです。とりあえず今の目標なんですが、顔がこれですから弱そうに見えるので、肩パットが入ってるんです(笑)。この肩パットに頼らなくてもいいような男になるよう、精一杯、10公演がんばりたいと思います。

_MG_2126
今井稜
今回このGRIEF7という作品で、最初は不安もあったのですが、今までやってきたことを信じて、最後まであがき続けてお客様に良いものをお届けできるように精一杯がんばりたいと思います。

_MG_2122
矢内康洋
ゲネプロを終わって、初日が開くのが楽しみです、10公演がんばりたいと思います。よろしくお願いいたします。


〈公演情報〉
『GRIEF7』
原作◇野村桔梗 
脚本◇三浦 香
演出◇錦織一清
出演◇カラム 碕 理人 SHUN(Beat Buddy Boi)三浦海里/加藤良輔/米原幸佑
《Just crew》今井稜 矢内康洋
●7/26〜31◎六本木・俳優座劇場
〈お問い合わせ〉CLIE 03-6379-2051(平日 11:00〜18:00)



【取材・文/榊原和子 撮影/友澤綾乃】




『最遊記歌劇伝-異聞-』


kick shop nikkan engeki 

東憲司の演出で、石橋徹郎×朴王路美×山路和弘による心理サスペンス劇『死と乙女』上演中!

_ABE3210

⽇本の演劇シーンの中で異才を放つ作・演出家の東憲司、ジャンルにとらわれず活動し続ける女優・朴璐美。2⼈は互いのホームでこれまで三度のタッグを組んできた。その2⼈がホームから⾶び出し挑む第4作⽬はアリエル・ドーフマン作『死と⼄⼥』。東憲司にとっては欧⽶戯曲への初挑戦である。

原作の『死と⼄⼥』はローレンスオリビエ賞最優秀戯曲賞、トニー賞主演⼥優賞(グレン・クローズ)受賞の傑作で、1994年には監督ロマン・ポランスキーにより映画化もされている。
作者のアリエル・ドーフマンは、1942年アルゼンチン⽣まれ、現在の国籍はチリ。作家、劇作家、詩⼈、エッセイスト、ジャーナリストで、1973年9⽉11⽇、チリで軍事クーデターが勃発、亡命⽣活が始まる。このときから詩、⼩説、戯曲などの多彩な形式でピノチェト政権後のチリの「闇に葬られたもの」に「声」を与える作業を開始。⽇本では近年特に劇作家として有名であり『⾕間の⼥たち』『THE OTHERSIDE/線のむこう側』などが好評を博した。

_MG_4238

⼒量が求められるこの作品に、朴璐美とともに取り組んでいるのは2人の実力派俳優。第59回毎⽇芸術賞を受賞した⻘年座の⼭路和弘、そして⾃主企画などでも⾼い評価を得る⽂学座の⽯橋徹郎。この3人の出演者が、緊迫した台詞の応酬から成る⼼理サスペンス劇を、濃密な劇場空間で繰り広げている。

_MG_3834

【あらすじ】
独裁政権が崩壊し、新政府が正常を取り繕っている某国。ポリーナ(朴璐美)は、かつて学⽣運動に加わり、治安警察により誘拐・監禁され、その時の事がトラウマとなり過去から脱却出来ずにいる。新政府よりキャリアを約束されようとしているポリーナの夫・ジェラルド(⽯橋徹郎)でさえ、妻の汚された⾁体と精神を癒すことが出来ない……
ある夜、⾞がパンクし⽴ち往⽣していたジェラルドは、通りがかりの⼀⼈の医師・ロベルト(⼭路和弘)に助けられ、彼を家に招きいれる。ポリーナはロベルトの声に戦慄した。その声こそ、シューベルトの弦楽四重奏曲『死と⼄⼥』をかけながら何度も拷問・恥辱した男の声だと……ポリーナの復讐⼼が燃え上がる。
――あなた、あの男をレイプして――忌まわしい過去を⾃ら裁こうとするポリーナ、⾃⾝ではないと⾝の潔⽩を主張するロベルト、妻の思い込みだと暴⾛を諌めようとするジェラルド。
銃⼝を向ける妻は正気なのか。過去を明かす医師の⾔葉は本当なのか。⾷い違う3⼈の主張。何が真実で、何が嘘なのか。駆け引きの果てに⾒えるそれぞれの正義とは。
シューベルトの『死と⼄⼥』の調べに乗せ、過去との闘いが始まる──

_ABE2918
_MG_4041
_MG_4080
_ABE3006

前売チケットはすでに完売、当日券は少ないが用意される。また8月3日14時に追加公演を実施、こちらは前売販売中。

〈公演情報〉
LAL STORY_死と乙女_フライヤー表
 
LAL STORY『死と⼄⼥』
作◇アリエル・ドーフマン 
翻訳◇芦沢みどり
演出◇東 憲司(劇団桟敷童⼦) 
出演◇⽯橋徹郎 朴 璐美 ⼭路和弘
●7/26〜8/5◎サンモールスタジオ
〈料金〉4,800円 当⽇5,300円 U-20割 3,800円[20歳以下/年齢確認有り](全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉LAL STORY 080-7727-0754(平⽇12:00〜17:00/公演期間中10:00〜22:00)


【写真提供/LAL STORY】



『最遊記歌劇伝-異聞-』


kick shop nikkan engeki 
記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について