稽古場見学、記者発表、インタビューなどから、近々公開される作品のおもしろさを探ります。

『僕のド・るーク』

『Reel’Trip ー水の記憶ー』に見る夢 中西俊博インタビュー

DSCF6356

メロディアスな曲作りとヴァイオリン演奏で多くのファンを魅了し、同時に既成の枠にとらわれずフリーな発想で独自の音楽を展開し続ける音楽家の中西俊博。演劇ファンには青山円形劇場の『ア・ラ・カルト』シリーズで見せる、洒落たエンターティナーぶりでおなじみだが、その彼のコンサートが青山円形劇場でまもなく幕を開ける。

「Reel’Trip」という新しいシリーズとしては今年で2回目になるこのコンサートは、若手精鋭ミュージシャンとともにイメージ豊かな音楽世界を生み出しているものだが、今回のテーマは「水の記憶」。その言葉から浮かび上がる音のさまざまなイメージが、深く豊かに広がっていく。そんな音の世界に聴くものを飛翔させてくれるアーティスト、中西俊博にインタビュー。


【水から生まれるイメージ】

−—昨年の「Reel’Trip」は、ケルト音楽のイメージがあって懐かしい感じがしました。

最近僕がわりとケルトに傾倒しているので、去年からそういう流れになっていますが、とくにジャンルにはこだわらないんです。毎年さまざまなコンセプトで構成したいと思っていて、ジャズっぽいのもあるしクラブっぽいのもあるというふうに、いろいろな音楽を入れるようにしています。

—−現代音楽の要素もあるし、実験的な曲もあるし親しみやすい曲もありましたね。今回のテーマは水だそうですが?

第一部は「水の記憶」というタイトルなんですが、初めは一滴の水があって、そこから川になり、あるいは蒸発して空に行くものもあれば、川から海にいく水もある。そういうイメージが軸になっていて、それに合わせて曲をちりばめていきます。でもその演奏される音から浮かぶイメージはぞれぞれ受け止める方たちの自由で、たとえばある場所では豊作のお祭りというイメージで僕が演奏しても、聴いている方は別のことを思い浮かべるとか、自由に発想できる部分を残しておきたいんです。

——昨年のコンサートも1つ1つの曲にドラマがあって陰影が深かったのですが、中西さんのなかで演劇的な音楽表現に変化するきっかけというのは?

僕はもともと音を絵に合わせるのが好きなんです。だからCMとか映画音楽の仕事も好きなんですが。それとともに、以前から生活の中で、その人の気持ちと融合してエネルギーになる音楽を作りたいとずっと思ってきたんです。そういう思いをさらに深めて表現できるきっかけになったのが、やはり『ア・ラ・カルト』です。映画やCMの世界で感じてきた絵と音楽の融合する面白さに加えて、現場で直接やりとりするなかで変化していく楽しさ、これは無駄かなと思っていたものが思いがけない形で使われたり、投げかけたものがこちらの考えと違う形で返ってくる。つまりキャッチボールできる現場だったんです。音楽だけをやっていると足らないところも音楽で説明しようとしたり、良いものをやっていればいいんだとなりがちなところもあるんですが、順番をこうしただけで伝わりやすくなるとか、この曲を入れただけで流れがわかりやすくなる、いわゆる構成的なところで勉強させてもらったと思います。

——22年も『ア・ラ・カルト』に参加してきたことで、演劇を観ることへのスタンスも変わりましたか?

まず最初は演劇を観たことなかったので、どう観ていいのかというところから戸惑いがありました。でも関わっているうちに楽しみ方がわかってきました。すごく現実に近い表現、バーチャルなものもあれば、現実からは遠くて想像力で観る演劇もありますね。そういう中で、だんだんリアルすぎるものよりは想像できるもののほうが楽しくなってきて、そういう意味でも『ア・ラ・カルト』は、すごく楽しめる世界だなと思います。

DSCF6360

【「ここ」と「遠く」を行ったり来たりする】

——今回のコンサートも、『ア・ラ・カルト』と同じ吉澤耕一さんの演出ですね。

彼と話してると僕の発想に火がつくんです。セッションというのは、繰り広げられている音そのものを楽しむ部分と、ここで目の前でセッションしてるけど、思いとか焦点は遠くに翔んでいく、そこを楽しむ面白さもあると思います。そして僕は、「ここ」と「遠く」を行ったり来たりするセッションをやりたいと思っているんです。「この曲いいね」だけではなく、聴いている人たちがその曲で「遠くに遊びに行く」のも嬉しいですから。

——うかがっていると作曲は演劇の演出にも似てるという気がします。

僕はよく浮かんだ音を絵で描いておくんです。たとえば音楽で急に転調して世界が変わるみたいなことを表現したいとしたらどんな絵になるかなと。昔、部屋を真っ暗にして音を聴いているときに、だんだん自分が音の中に埋まっていくのを感じたり、ある人の曲を聴いているときに人工衛星が大気圏に入ってブワッと燃え上がるというイメージを受けたことがあったりしたんですが、そういうイメージを喚起できるような音楽をやれたらいいなと思っています。

——ヴァイオリンはそう意味ではでいろいろな表現が可能な楽器なのでしょうね。

ただ、あまりに伝統がありすぎて正統な弾き方から離れない人たちが多かったんです。僕は天の邪鬼で小さいころから横のものを縦にして使う子供で(笑)、なんでも「なぜこれしかダメなの?」と考えたり、たとえばピアノの色は赤にしたいとか思ったりしてました(笑)。今でも本来ではない使い方をしたがったり、なんでも楽器にしようとするクセは変わりなくて(笑)、楽器を改造したり弾き方も工夫したり、とにかくいろいろやりたくなってしまうんです。

——今回も、そんな中西さんらしい型にはまらないコンサートになるのでしょうね。

これはどんなジャンルの音楽なの?と言われるかもしれません。でも僕の中ではジャンルはないし、どんなに振り幅の広い音楽でも、僕のイメージでストーリーを作って組み合わせていくと、あらゆるジャンルが全部収まっていくんです。ただ、それに付き合うメンバーはたいへんですが(笑)、でもみんな才能のある素晴らしい人たちなので僕も刺激されます。こんなに若くてこんなに才能のあるミュージシャンが集まるってそんなにないことです。そんな『Reel’Trip』の世界に、ぜひ皆さんのイメージを遊ばせにきてください。

DSCF6370

中西俊博Leapingbow 2011 

中西俊博コンサート『Reel’Trip ー水の記憶ー』

演出◇吉澤耕一

出演◇中西俊博(vln)、木村将之(b)、ファルコン(g)、伊賀拓郎(p)、はたけやま裕(perc)

●1/29〜30◎青山円形劇場

〈料金〉6000円(全席指定、税込)

〈問合せ〉こどもの城劇場事業部 03-3797-5678

 

【取材・文/榊原和子】 

圧巻のアクションとフラメンコ『ゾロ ザ・ミュージカル』

s_DSCF7142
人気グループ「V6」の坂本昌行が主演する『ゾロ ザ・ミュージカル』が、1月13日に日生劇場で開幕した。
ロンドンで08年7月からロングラン中のヒットミュージカルで、09年度のローレンス・オリヴィエ賞やベスト・ニュー・ミュージカル賞などをはじめ多数の演劇賞に輝いている。
今回が日本初演になるが、オリジナル版の英国の演出家であるクリストファー・レンショウが、オーディションで坂本昌行の演技や歌唱、身体能力にほれ込み「ゾロ」の役に指名したという。坂本にとっては、ジャニーズ入団以来というオーディションを受けて獲得した役であるだけに、スポーツジムでの身体作りに励み、筋肉を強化してアクションと剣戟満載のこの舞台に挑んでいる。

s_DSCF7101
物語は19世紀初頭のカリフォルニア、父親に反抗して故郷を飛び出し、ジプシーの仲間として自由な暮らしを送っていたディエゴのもとに、幼なじみのルイサがやってきて、総督だった父ドン・アレハンドロの死の知らせを告げる。しかもそののちに総督となり村の人々に圧政を強いているのが、かつて兄弟同様に育ったラモンと知ってディエゴは故郷へと向う。そして黒マスクと黒マントの正義の味方「ゾロ」に変身し、民衆を助けるための闘いを始める。

s_DSCF7137
誰にでもわかりやすい勧善懲悪のストーリーを、フランスの人気グループ「ジプシー・キングス」の名曲に乗せて賑やかに情熱的に演じるミュージカルだが、ディエゴに対するラモンの複雑な愛憎や、ジプシーや民衆の苦しみ、またガルシア軍曹など心弱い人間への目配りなど、観客にとって胸に刺さる部分がたくみに描き込まれている。

そしてこのミュージカルの一番の見どころは、なんといっても激しいアクションで、フェンシングによる闘いや命綱なしでのフライングが、屋台崩しなどの迫力のなかでダイナミックに繰り広げられる。また、ダンサーたちが客席から登場したり、坂本ゾロの神出鬼没な登場で観客も巻き込んで、日生劇場の空間いっぱいに『ゾロ』の世界が広がる。そのスリリングな舞台をさらに盛り上げるのが、フラメンコダンスと音楽で、今回は本場から5人のフラメンコダンサーとギタリスト1人が参加している。
 s_DSCF7162
デェエゴ=ゾロの坂本昌行は歌声も力強く、しなやかな身体を駆使して踊り闘い、まさに縦横無尽の大活躍ぶり。また、総督をあざむく場面のダメっぷりでは笑いをさらう。ルイサ役の大塚ちひろは真っ直ぐで可憐な娘を生き生きと演じていて歌声も伸びやか。ジプシー女のイネスで圧倒的なパワーを見せているのは島田歌穂(池田有希子とW)、ディエゴを愛し自由に生きる女性の凄みがあり、またガルシアとの関係では純な一面も見せる。悪辣な支配者ラモン総督を演じるのは石井一孝、愛への飢餓感を抱えた男の屈折した愛憎を全身で表現し、歌声にもその暗い情念が込められる。権力の手下となって民衆を圧迫する単純なガルシア軍曹は芋洗坂係長(我善導とW)で、笑いとペーソスを感じさせ、後半は美味しい役どころ。老ジプシーとドン・アレハンドロの二役を演じる上條恒彦は、深みのある声と存在で出て来るだけで場面を引き締める。
s_DSCF7109
またこの舞台を一段と活気のあるものにして楽しませてくれるのは、振付家のラファエル・アマルゴに見出されて今回も参加している本場スペインのフラメンコダンサーたち。日本側のダンサーたちを率いて叩きつけるように踊るサパティアードの迫力は、それだけで物語世界へと引き込む力を持っていて、哀切で気迫に満ちたギターの音色とともに、全編を通してこの作品に豊かな陰影と土の匂いとでもいうようなリアリティを与えている。
s_DSCF7144
ロンドン発で、パリ、モスクワ、日本、そしてついにニューヨーク開幕も決まったというこの『ゾロ ザ・ミュージカル』。痛快アクション劇でありながら人間同士の愛憎がきめ細かく描かれ、手に汗握る面白さとともに愛や哀しみが心に伝わる上質なミュージカルである。

s_DSCF7167

『ゾロ ザ・ミュージカル』

音楽◇ジプシー・キングス

脚本・歌詞・原案◇ヘレン・エドマンドソン

追加曲◇ジョン・キャメロン

振付◇ラファエル・アマルゴ

演出◇クリストファー・レンショウ

翻訳◇酒井洋子・松田直行

出演◇坂本昌行、大塚ちひろ、石井一孝、島田歌穂・池田有希子(Wキャスト)、芋洗坂係長・我善導(Wキャスト)、上條恒彦 他

●1/12〜2/28◎日生劇場

〈料金〉S席12500円 A席6000円

〈問合せ〉東宝テレザーブ 03-3201-7777

 

【取材・文/榊原和子】

結成5周年!柿喰う客『愉快犯』

yukai_web-300x129-thumbnail2

結成5周年を迎えた劇団、柿喰う客が新年の初めに上演する『愉快犯』は、斜に構えながらも「愛してくれ!!」とありったけの勢いで訴えかけてくるような生身の人間臭さのある、過剰なまでに“演劇”を感じさせてくれる芝居だった。小さく、ただ上手く収まったりしていない。うるさくて、派手で、大声を発しながら動いて、動いて、とにかく舞台の上で暴れまくる。

幸運に恵まれ続け、繁栄してきた琴吹家。ただこの一族は、幸運に恵まれて生きてきただけに、不幸にめっぽう弱い。些細な不幸に見舞われるただけで、それは琴吹家の一族にとっては命の危機。センター試験のプレッシャーに襲われただけで命を落としかねない。そんな一族の血を継ぐ父親と息子、琴吹家に嫁にきた妻と、その姑、そして家に訪れた女性警察官の間で物語は動いていく。

台詞や動きの異物感。ダンスまではいかなくとも、デフォルメされた一つ一つの動作にはじめは違和感を感じたものの、慣れればそれが面白くなってくる。極めて個性的。「今このタイミングでその台詞?!」とツッコミを入れたくなるような台詞や、その台詞を発するタイミングにも魅力があり、いつの間にか引き込まれて笑っていた。

玉置玲央が父親の琴吹慶二郎役。とにかく動いて、騒いで、物語を牽引するエネルギーに満ちていた。その妻・千幸役の七味まゆ味は、もうそこにいるだけで、怖くて、面白い。愛する人がいるからこそ狂気に走ってしまう、そんな人の一面を垣間見せる。この夫婦の息子である亀太郎を演じた村上誠基は完全にキャラクターが立ち上がっていて、笑わせられずにすべるところまで味方に付けて、作品の欠かせないスパイスに。深谷由梨香は二役で姑・琴吹フクと死んでしまった慶二郎と千幸の娘・鶴子を演じる。甲高い声が気になる時もあったが、目が離せず憎めない存在。警察官・和澤井沙凪役はコロ。およそ警察のイメージからはかけ離れた服装と髪型が格好良い。時おり訪れるシリアスな場面もきっちり締める。

誰も見たことのないもの。
誰もやったことのないもの。

そんな舞台を作ってやろうという意志がビシビシと伝わってきて、ぐっと胸が熱くなった。しかし楽しみながら観客を裏切っていくような、そんな掴み所のなさも同時に感じた。愉快な確信犯だ。

 

柿喰う客 2011年新春公演
『愉快犯』 

作・演出◇中屋敷法仁
出演◇七味まゆ味 コロ 玉置玲央 深谷由梨香 村上誠基

【東京公演】1/71/16◎東京芸術劇場 小ホール2
【大阪公演】
1/211/25◎芸術創造館

<料金>
一般:2,800円(1/811まで)/3,300円(1/1325まで)
学生:
2,000円(受付にて要証明)
高校生以下:
1,000円(受付にて要証明)

<問い合わせ>
柿喰う客
TEL
 080-6801-7389(劇団)
E-Mail info@kaki-kuu-kyaku.com
WEB
 http://kaki-kuu-kyaku.com/



【文/岩見那津子】 

記事検索
演劇キックラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

日刊えんぶ

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

広告について