DSCF0096
【「カッコよく死にてぇ」が合言葉】

彩の国さいたま芸術劇場では、芸術監督である蜷川幸雄の演出で、10月15日から『真田風雲録』を上演するが、その製作発表が9月4日開催された。

この作品は戦国の武将、真田幸村と、それを取り巻く真田十勇士の活躍など描いた青春群像劇で、1962年、安保闘争の時代に、劇作家の福田善之が書き下ろしたもの。「カッコよく死にてぇ」を合言葉に、敗北を覚悟しながらも、大坂(現・大阪)での戦いに青春と命を燃やす若者たちの姿に、生きることの意味を問いかける問題作だ

【無名の44人】

今回この舞台のほとんどのキャストを占めるのは、無名の若手俳優44人で結成した劇団「さいたまネクスト・シアター」。全国からの応募総数1225人の中からオーディションで選ばれた44人で、平均年齢24.8歳という若い世代ばかり。

彩の国さいたま芸術劇場の劇団には、55歳以上の中高年者で結成した「さいたまゴールド・シアター」があり、2006年の創設以来、本公演3回を成功させている。その実績もあるだけに、今回の「さいたまネクスト・シアター」も、その成果が大いに期待できそうだ。

上演する劇場は、彩の国さいたま芸術劇場の大ホールの舞台上に作られる300席のインサイド・シアター。舞台と観客が一体化した密な空間で、蜷川演劇の醍醐味を身近に体験できる公演だ。

DSCF0089

【公共の劇団になるということは】

この日の会見も、大ホールの舞台上で行われた。

まずは出席者の挨拶がある。

財団法人埼玉県芸術文化振興財団の竹内理事長から、設立15年目の記念の年であること、2つの幅広い年代の劇団を持つことは世界でも珍しいということ、そしてこの「さいたまネクスト・シアター」が日本の演劇界に新しい風を巻き起こす存在になってほしいという希望が語られた。

続いて演出家の蜷川幸雄が挨拶する。

「ネクストシアターの構想は、ゴールドを作ったときから当たり前のようにあった。若い人たちと高齢者という2つの劇団は車の両輪です。東京の劇場が有名な売れている俳優たちに場を与えるとしたら、無名の人たちが表現の場を獲得できる、自由に表現できる場も必要ではないか。それをこの劇場なら可能にできる。彼らをどういう形で支援してもらうか、たとえば給料制にするか出来高にするかとか、経済的には難しい問題ではあるけれど、これからの活動で埼玉の市民が支援するのは当たり前だと思ったときに、支援してもらえばいいと思ってます。

ゴールドもそうです。初めは素人の集団が、岩松了さんが本を書いてくれて、この間はケラリーノ・サンドロヴィッチが書いてくれた。これこそ埼玉でしか出来ないことだし、既成の演劇とは違った演劇の幅を広げる作業だと思ってます。ゴールドはスタートからこの間の公演まで沢山メディアにも取り上げてもらえたし、一種の社会現象として支持されるまでになった。

今度のネクストも同じで、他の集団とは違う演劇上の価値を持ち、ユニークな主張を持ち、日本の文化の大事な財産になっているということで、初めて公共のものとして認められていく。ここにしかあり得ない劇団だということで初めて認められる。そういう存在になっていけばいいなと思ってます。

今回取り上げる作品は福田善之さんの仕事で、若い頃に出会って、日本で初めてブレヒト作品のようだという感覚を覚えた。我々は歴史の連続性を学んでもいいんじゃないか。ゴールドのためには若い作家が書く。ネクストのためには高齢の劇作家が作品を提供する。その交差で日本の演劇の欠けているところが埋められるのではないか。

福田さんもよく知ってると思うけど、むかし新演劇研究所というところがあって、下村正夫さんがやってらしたんですが、そこのプロではない役者がやった『どん底』とか素晴らしかった。のちに有名になる杉浦直樹とか内田良平とか、若くて無名で才能のある俳優がそこにはいた。そういう劇団になればいいと思ってる」

DSCF0097続いて作家の福田善之から挨拶がある。

「この作品は何回か桐朋大学でやってるんです。蜷川さんは実はそこの学長です。一度33期生が東京芸術劇場で公演するはずなのにいろいろあって校内でやったんですが、そのときに蜷川さんが学生たちにきめ細かに稽古してるのを見て感心しましたので、今回も文句なしにお受けしました。その33期生が今回のメンバーにもいるし、他にも教え子がたくさんいます。よろしくお願いいたします」

今回の音楽を担当する朝比奈尚行が作曲した「下克上のブルース」に合わせて44名が入場する。続いてゴールドシアターがゲストで登場して代表からエールが送られる。ネクストの44名とゴールドの42名とともに並んだ蜷川幸雄と福田善之へ、記者からの質疑応答が行われた。

vol.2に続く)

さいたまネクスト・シアター 開館15周年記念公演

『真田風雲禄

●10/15〜11/1◎彩の国さいたま芸術劇場インサイドシアター(大ホール内)

作◇福田善之

音楽◇朝比奈尚行

演出◇蜷川幸雄

出演◇さいたまネクスト・シアター 横田栄司 原康義 山本道子 妹尾正文 沢竜二

<料金>¥3800

<お問合せ>彩の国さいたま芸術劇場 0570-064-939(10時〜19時)

                http://www.saf.or.jp

                                             【取材・文/榊原和子】

この公演のチケットを「えんぶ特選チケット」として、会員の方を対象に割引価格で販売しています。

http://www.enbu.co.jp/kick/shop/index.html