2women2men
5月に上演される相葉雅紀主演の舞台、『君と見る千の夢』の製作発表会見が、326日に都内で行われた。
(相葉さんの写真は掲載されません) 

昨年の『グリーンフィンガーズ』(09年)での好演が記憶に新しい、嵐・相葉雅紀が早くも今作に挑む。
演出家・宮田慶子とのタッグは、『燕のいる駅』(05年)、『忘れられない人』(07年)、そして『グリーンフィンガーズ』に続き、4度目となる。
宮田が「相葉くんに、ぜひ純粋なラブストーリーを演じてほしい」と脚本家・金子ありさに依頼し、立ち上がった今作品。
金子いわく「宮田さんより伺った相葉くんの明るく、気さくなイメージとは違った大人っぽい面を引き出したい」と、新たな一面を見せられるような役を想定して描いたそう。映像関係の仕事が多い金子が、「舞台 でしか見せることの出来ないものにこだわった」という過去と現在が交錯する設定も注目される。

物語の舞台となるのは、病院。交通事故で昏睡状態になった男とともに、駆け込んできた相葉演じる池辺春也。集中治療室で処置を受ける男の元へは、春也の家族や幼なじみ、恋人たちが続々と駆けつける。
その顔ぶれに春也は、「この男はもしかして俺?!」と異様な事態に気付く。
ベッドに横たわる自分を不思議に見下ろす春也。事故の記憶がない中で、恋人との出会い、あきらめた夢、家族や友人との思い出の日々を振り返るのだった。そして様々な絆を感じ、確かめることで、春也はこの事故の真相を知ることとなる…。

 

この日の会見には、相葉を始め、共演の上原美佐、藤田朋子、相島一之、田山涼成、演出家・宮田、脚本家・金子が登場した。

lady

ーーまずは本作への意気込みをお聞かせください。

相葉「台本を初めて読んだとき、物語が幽体離脱するところから始まるので、現実とかけ離れているのかなと思ったのですが、そういうわけでもなくて。笑える部分もありますし、春也がいろんな顔をする作品なんだなと思いました。この作品を見に来ていただける皆様に、何かを感じてほしい。感じてもらえるように頑張ります」

上原「初舞台で、初めての現場に緊張してますが、今出せる力を出して頑張りたいです」

ーー稽古開始から1週間で早くもコミュニケーションが取れてるようですが、稽古中のエピソードなどありましたら、教えてください。

藤田「相葉くんは若いのに座長としての役回りをしっかりこなされていて、すごいなあと」

相島「藤田さんは顔合わせの日から、相葉くんのことをいろいろといってましたよ。

(院長役なので)私が楽しみにしているのは、相葉くんの頭からつま先まで輪切りにしたカルテをモニターに映して、私が解説する場面…」

相葉「そんなシーンないですよね(笑)」

田山「僕は相葉くんの父親役を演じますが、1週間たって、だんだん相葉くんと似てきたなと思って(笑)」

相葉「そっくりです、お父さん!(笑)」

ーー相葉さんと宮田さんは4作目のタッグとなりますが、お互いについてお聞かせください。

相葉「いつもアドバイスをいただきっぱなしですね。稽古中は手当たり次第、引き出しを広げて見ていただいてます」

宮田「1作目から感じていたが、本当にいい男になってきたなと。周りを受け止める、フォローする余裕が出来て、頼りがいある座長になれてる。貪欲だから前へ前へという姿勢なので、現在の相葉くんのいろんなものを投入できるチャレンジしがいのある作品にしたいです」man

相葉「稽古期間中にほめられるのはいつぶりか分からないくらい久しぶりですね(笑)」

ーー期待のかかる相葉さんですが、役作りについてお聞かせください。

相葉「長いセリフが多くて、難しいです。舞台上での、会話がキャッチボールにならない状況をどう表現しようか?いろんな感情表現の仕方を試していて、苦労というか楽しみつつやっています」

ーーではタイトルにちなんで相葉さんの夢を伺いたいのですが。

相葉「まずは52日の舞台初日を大成功するようにしたいです。これからの頑張り次第なので、その夢に向かって必死に頑張ってます。劇場という空間でお客さんと同じ夢を見たいです」

ーー最後にメッセージをお願いします。

相葉「宮田さんとは4回目になるんですが、これまでとは違った幅の広い役をやらせてもらってます。ぜひ見に来てください。よろしくお願いします!」

 

 

『君と見る千の夢』

●5/2〜 24◎ 東京グローブ座

演出◇宮田慶子

脚本◇金子ありさ

出演◇相葉雅紀 上原美佐 藤田朋子 相島一之/田山涼成 他

〈料金〉

S席¥8500 A席¥7500 B席¥5500 (全席指定・税込)

〈問合せ〉 03-3366-4020 東京グローブ座

 

 【取材・文/櫻井麻子】