flier_s

4月5日、日生劇場にて、滝沢秀明が主演する舞台『滝沢歌舞伎』の公演が通算200回を迎えるにあたり、囲み取材が行われた。

滝沢主演のこの作品は、06年に初めて、新橋演舞場にて『滝沢演舞城』として公開され、最新映像を駆使し、フライングやマジック等を取り入れたパフォーマンスの数々、源義経をクローズアップした歴史絵巻などで、以後、さまざまな新しい試みを加えながら、観客を魅了し続けた。
09年までの4年間に及んだロング公演が、今年は日生劇場に『滝沢歌舞伎』と銘打って登場。さらに進化したショーを魅せるべく、滝沢自身が初めて舞台演出を手掛ける。
日本初の4Dフライングでの立ち廻りシーンなどその演出家としての才能はもちろん、5月8日の千秋楽には250回を数える今公演に期待が高まっている。 

この公演の舞台衣装でステージ上に取材のために登場した滝沢。一問一答は以下の通り。

ーー昨日、初日を迎えられていかがでしたか?

今回、初めて演出を手がけまして。劇場が変わったので、洋式な演出を取り入れました。そして(ステージを覆った)布がなくなると、一気に和の世界になります。

ーー演出デビューされての感想をお聞かせください。

単純に仕事が2倍になりましたね(笑)。出来るだけお客様の目線で考えるように心がけました。やっと幕が開いたという感じです。

ーー目元に絆創膏を貼られていますが、どうされたのですか?

昨日のプレビュー公演で怪我をしてしまいまして。殺陣のシーンで切れたみたいです。僕は気付かなかったのですが、血が流れていたらしく。たまたまというか、僕にとってはラッキーだったんですけど、機材トラブルで舞台が中断されたので、そのまま病院に行きました。12ミリ位?切ってて縫いました。お医者さんに細 かく処置していただきましたので、大丈夫です。

ーー実際怪我をされて危険を伴うとなると、周囲の意見などで演出に影響は出てきませんか?

一人の演出家として作ったステージなので、ちゃんと自分が考えたものをやりたいんです。だから最後まで、このまま走りたいと思います。

ーー日本初となる4Dフライングが最も注目されますが、実際やられてみてどうですか?

フライングしながら、殺陣をしなければならないので大変ですね。でもこれも一つの新しい動きになればと思って挑戦しています。

ーー演出家として、今まで以上にお客さんの反応も気になるのでは?

喜んでいる様子を裏で見てるときとか、ニヤッとしちゃいますね(笑)。本当に嬉しいです。

ーー(総合演出を手掛ける)ジャニーさんからアドバイスはありましたか?

「問題ないから自信持ってやれ」と言ってくれてます。

ーー歌舞伎”がテーマになっていますが、オリジナルに近づけていくお考えですか?

いいえ。いわゆる古典的な歌舞伎ではなく、”滝沢歌舞伎”という新しいものを目指しています。海外の方にも伝わるように考えたので、僕だけの発想ですけど、海外公演を勝手に描いてます(笑)。地方も回りたいし、日本の美しさ、素晴らしさを海外の方にもぜひ見ていただきたいんです。

ーーでは最後に200回を迎えられてのご感想と、今後の意気込みをお聞かせください。

この200回はお客様、スタッフの皆さん、何より応援してくれたファンの皆様のおかげですので、一緒にお祝いしたいです。千秋楽には250回となりますが、それまで素敵な一日一日を送りたいと思います。
これからもっと本格的に歌舞伎の資料を見たり、観劇に行ったりして勉強し、この舞台を強化していきたいです。皆様、ぜひ見にいらしてください。

 

 

『滝沢歌舞伎 −TAKIZAWA KABUKI−』

 ●4/4〜5/8◎日生劇場 

作・構成・総合演出◇ジャニー喜多川

主演・演出◇滝沢秀明 他

〈料金〉¥12,000(全席指定/税込)

〈お問い合わせ〉03−5550−1686 松竹演劇興行部

 

【取材・文/櫻井麻子】