yoshihara02

ナンセンスなんだけど感動的。
そう、ありきたりな理由なんかない。
シーンの積み重ねも、意味があるのかないのかわからない。
だけど、胸にジーンとくる一瞬がある本能中枢劇団の作品。
色白で博多人形のような容姿と身のこなしから、意外な台詞や動きが炸裂する!
そのギャップに一目見たときから虜になった劇団員、吉原朱美に本能中枢劇団の秘密を聞いた。


——西島さんが主宰していたベターポーヅの舞台を初めて見たとき、どう感じられました?

本当にすごいおもしろい! 今までに見たことのない感じだったし、この中に入って自分もしゃべったり動いたりしたいって思いました。

——実際に参加してみて、いかがでしたか?

最初は夢中だったので、楽しいとか難しいとか感じなかったですね。ただ言われたままにやってみる感じでした。

——単語そのものは普通の単語なのに、組み合わせの妙というか、独特の世界を形成しているあの台詞をもらって、まず最初に考えるのは何ですか?

最初はとにかく台詞を覚えて、その書かれている人がどういうふうにやったら一番魅力的に見えるかということですね。見た目はとっぴなことをやっている芝居かもしれないですけど、リアルなお芝居とベースは一緒だと思っていて。お客さんが、その世界をリアルに感じるかどうかだと思うんですよ。一見支離滅裂な台詞でも、それを言っている私はその世界では真面目に生きていて、その世界を当たり前として生きている人として、本当に説得力を持つように、見ている人に届くようにやりたいなと思っています。

——リアルに感じるように届けるために、実際はどんな風に演じるのですか?

自分がどう思うかとかはあんまり考えないんですけど・・・、やるときはできるだけ普通に入っていけるようにしますね。リラックスして。でも、なんかね、力んじゃうんですけどね(笑)。今回も新しい方とかいっぱいいて、みんな面白かったりすると「自分ができることって何だろう?」とか余計なことを考え始めると力が入って、おかしなことになっちゃうんで。もっとリラックスしてどんどんやれたらなと思っているんですけど。

——今日もいろんな劇団で活動されている方が集まっていますが、どの方も魅力的に見えて、びっくりしました。

西島さんは誰も気付かなかった魅力とか、その人がチャーミングに見えるように書くのが上手だなと思います。

——台詞のあるシーンもそうですけど、ダンスシーンも毎回印象的ですが、踊っているときは何を考えているのですか。

私はダンサーじゃないのであれですけど、台詞がない分よりコミュニケーションをしようっていう気持ちが強くなるっていうか・・・なんて言い表したらいいかわからないけれども、何かを共有できたらという感じがあります。

——前回、初参加された出演者の方たちが、西島さんの世界に戸惑いを感じていたと耳にしましたが。

これまで当たり前だったことが、当たり前じゃなかったんだというか。戸惑っている人の姿を見て、改めて西島さんの本のことについて考えられるというか、すごい新鮮に受け止められました。前回も今回も出演者の方には、すごく恵まれていて。みんな分からないと言いながら、絶対よくしようと思って取り組んでいらっしゃるので、そういう姿を見て刺激を受けています。

——稽古が意外と穏やかで、価値観の押しつけがないようなので、驚きました。

稽古はまだまだの段階ですね。たぶん6合目くらいだと思います。西島さんはすごく自分のアイデアとか台詞に執着しないというか、ばっさり面白いシーンをカットしたりするんです。その執着のなさはすごいなと思ったりします。でも結果それより面白いものが出てくるので、すごいですよね。

——稽古場のリラックスした空気感も印象的でした。本番間近になるとピリピリした雰囲気になったりするのですか?

今日なんて、全然ゆるゆるでしたよね(笑)。これから本番に向けてピリピリすることは・・・ないと思います。西島さんの芝居の場合はそれがいいですよね、きっと(笑)。
yoshihara01

稽古の様子はこちらでご覧いただけます。

演ぶShop【チケット 店】では、公演日の一週間前まで、割引価格でチケットを販売中です。
http://www.enbu.co.jp/kick/shop/

公演情報
tirashi
本能中枢劇団
『家庭の安らぎの喜びと恐怖』

7/23〜8/1◎こまばアゴラ劇場
作・演出◇西島明
振付◇山田うん
出 演◇猿飛佐助 吉原朱美 森下亮(クロムモリブデン) 飯野遠(民藝) 真下かおる(くねくねし) 成田さほ子(拙者ムニエル) 森田ガンツ(猫のホテル) 横塚真之介 宮下今日子
<料金>前売¥3000  当日¥3300(整理番号付自由席)
<お問い合わせ>三村里奈  090-2916-1739 mrco@m8.dion.ne.jp

http://honchu.net/

【取材・文/矢崎亜希子】