9827c0d2-s

未知、そして交差を連想させる「X」の文字。
とびきり悪いことも、とびきり良いことも、
交差する時、出会ったその瞬間から動き出す。
未知の何かが起こるその日が「Xday」。

たった6人きりの地球ゴージャスの舞台。
岸谷五朗と寺脇康文、この二人が生み出すエンターテイメント感満載の舞台に、
中川晃教、陽月華、藤林美沙、森公美子。
この4人がそれぞれの技術とエネルギーを、出し惜しみせずに上乗せしていったような、
人数は少ないけれど、それを全く感じさせないボリューム感のある作品に仕上がっていた。

6つのACTに分かれた作りになっていて、ACTごとに中心となる人物が変わる。
どの場面にも個性を生かした笑いや、歌、ダンスなどが盛り込まれていていて、
単純に楽しめもするのだけれど、
話を追う中で見えてくるのは、人が抱える闇、拭いきれない孤独。
楽しいけれど、心の隙間にちょっと風が吹くような、寂しさも同時に味わう。

ACT6で、それまでバラバラに見えていた物語が、
パズルのピースを一つづつはめ込んでいくように、
パチパチと一つの形に向って、猛スピードで動き出した。
こんな偶然ってあるんだろうか?でもあり得ないとは言い切れない。
出会ってしまったから生まれる葛藤と、出会えたからこそ感じる幸せがある。
喜びも悲しみも、誰かと誰かが出会い、交差するからこそ生まれる。
人はそこから逃れられない。


「辛い時もあるよね?哀しい時もあるよね?
でも、前向いて、頑張って生きて、せっかくだから毎日を楽しもうよ。」

というようなメッセージがACT6からは伝わってきた。
痛みを受け入れてくれた上で、手を引いて一緒に歩もうとしてくれる暖かさ。
そのメッセージを受け取ることができたのも、
劇場という空間での出会いがあったからこそだ。

バーテンダーに扮した岸谷が、
「バーに来たお客さんの気持ちを少しでも救えるような、
そのお客さんの為のカクテルを、僕は作りたいと思っている」
というような台詞を言う場面があった。

それがそのまま『Xday』という舞台が目指した所だったと思う。
人の心をそっと元気付ける、その人のためのカクテル。
色とりどりの魅力を放つ6人が、出会って、混ざって、
そこから思いもよらない、新たな味が生まれる。
そう思って、チラシの6人の写真を見ると、また楽しい。
青・岸谷、紫・寺脇、黄色・中川、ピンク・陽月、オレンジ・藤林、緑・森。
一人一人の個性が持つ色。混ざった時に生まれる色。
その両方を味わった後に、自然と笑顔になれる作品だった。

 

 

77cda116-s

地球ゴージャスプロデュース公演 Vol.11

『Xday』

作・演出・出演◇岸谷五朗

出演◇寺脇康文、中川晃教、陽月華、藤林美沙、森公美子

●7/16〜8/8◎天王洲 銀河劇場

●8/13〜15◎札幌 道新ホール

●8/21〜22◎仙台イズミティ21大ホール

●8/28〜29◎福岡市民会館大ホール

●9/3〜5◎中京大学文化市民会館プルニエホール

●9/8〜9◎新潟市民芸術文化会館・劇場

●9/18〜29◎イオン化粧品 シアターBRAVA!

 

〈料金〉

銀河劇場/S席10000円 A席8000円(全席指定/税込)

札幌/8400円(全席指定/税込)

仙台/8400円(全席指定/税込)

福岡/8500円(全席指定/税込)

名古屋/8500円(全席指定/税込)

新潟/8500円(全席指定/税込)

大阪/9500円(全席指定/税込)

〈問合せ〉

銀河劇場/チケットスペース 03-6264-999

札幌/ハンドクラップ 011-615-8500

仙台/キョードー東北 022-217-7788

福岡/キョードー西日本 092-714-0159

名古屋/サンデーフォークプロモーション 052-320-9100

新潟/キョードー北陸チケットセンター 025-254-5100

大阪/キョードーインフォメーション 06-7732-8888

 

【文/岩見那津子】