001

Bunkamuraは設備改修工事のため7月より全館休館となるため、他の会場で公演する「大規模修繕劇団」の旗揚げ公演が、にしすがも創造舎体育館・特設劇場で6月24日より上演されている。


『血の婚礼』は、1986年に清水邦夫が発表した作品で、フェデリコ・ガルシーア・ロルカの同名戯曲がもとになっている。舞台は同じ86年にGEKISYA NINAGAWA STUDIO(現ニナガワ・スタジオ)で初演。その後も蜷川幸雄演出で再演、今回は12年ぶりの上演となる。


物語は、
結婚式で親友の花嫁を奪い、故郷から逃げてきた男だったが、2年後には女との仲は冷め切って、別居状態になっている。その2人が暮らす町に、花嫁に逃げられた男や親戚が訪ねてきて、再会したものの…という愛憎劇。


主演の窪塚洋介は、昨年のシアターコクーン公演で蜷川演出の『血は立ったまま眠っている』に続く2度目の舞台。
その他に中島朋子、伊藤蘭、田島優成、丸山智己、高橋和也、近藤公園などが出演。
舞台では上演時間100分のうち90分の間、7トンにおよぶ雨が俳優の上に降り続ける中で熱い演技を繰り広げている。


 

その初日を控えた22日に、公開舞台稽古が行なわれ、演出家の蜷川幸雄と窪塚洋介、中島朋子、伊藤蘭、田島優成、丸山智己、高橋和也、近藤公園が出席して、この舞台にかける気持ちを語った。

 【出席者挨拶】

 s_002

蜷川「この体育館すごいでしょ。日本で大災害があったときには皆さんが避難するところで、体育館というのは象徴的な意味を持ってる。我々は「大規模修繕劇団」の公演場所として体育館を選んでいたのですが、偶然とはいえ、3月11日以降、体育館でやるということはいろいろな意味を持つことになった。そこでこの『血の婚礼』をやるということは、まさに象徴的な意味を担っていると思います。1時間半、雨が降り続く中で激しい芝居が繰り広げられます。その中で、もう骨折者1名、滑って頭を打ったひと1人。というような苦難の公演ですが、我々の激しい試みを観に来て下さい」

 s_008JPG

窪塚「今日は暑い中をありがとうございます。この中もクソ暑いですけど(笑)。大規模修繕劇団ということで、最初は演劇界の建て直しをということでは、若干、僕はまだ舞台は二度目なんで敷居の高い劇団になってるなと思ったんですけど、奇しくも3・11が起きた中で、未曾有の危機の中での大規模修繕劇団でできるということでは、意味があるというだけでなく、まさに今年これをやるためにここにいるとさえ思っています。自分の命ということとかみんなの命ということとか、この板の上で響かせ合って、雨に打たれて、それで何か感じてもらえたら。そしてみんなの明日からの元気だとか力だとか、今日を生きていく力になることを心から願っています。今日はありがとうございました」

s_004
 
中島「今日は本当にありがとうございます。この舞台では、みんなエネルギーをぶつけていますが、生きるということをこの時期すごく感じさせられる戯曲だなと思って、体当たりしています。観てくださる方々にも、生きるということ、人と人とか関係を築くということ、言葉を交わし合うということに私たち人間にはとても深い意味があるということを、すごく感じる作品にしたいなと思っています」


 s_Ito Ran

伊藤「今日はありがとうございます。今回は清水邦夫さんの詩情あふれる美しい言葉がたくさん詰まった戯曲を、熱い蜷川さんの思いでちゃんと形にしていくという様を拝見して、毎日毎日、私も充実した思いをしております。この時期に観に来てくださったかたがた1人1人と、何か同じ思いを分かち合いたいという気持ちでいっぱいです。この激しくも素敵な舞台を体感しに来てください」

 s_005

田島「トランジスター少年の田島です。今日はありがとうございます。本当に恵まれた状況と幸せな環境の中で、この役に挑戦させてもらってます。最後までしがみついてがんばりたいと思ってます。自分と同じ若い世代のかたにたくさん観てもらいたいと思います。どうぞよろしくお願いします」

 s_006

丸山「春樹役の丸山です。今日はありがとうございました。チラシをみて大規模修繕劇団の劇団員になっていることにすごく興奮しました。去年も蜷川さんに出していただいて二度目なんですが、今まであまりやったことなかったものをやらせてもらっているというのを感じていました。今回もそれをひしひしと感じてやらせてもらってます。奇しくも3・11ということがあって、どこにも行き着かない思いとか、回収されない思い、みたいなものがこの作品に中にも息づいていると思うので、すごくリンクしながら、僕の中のそういう思いも乗っけていきながら最後までやらせていただきたいと思います。ぜひ多くの方に観ていただければと思っています。よろしくお願いいたします」

 s_007

高橋「兄さん役の高橋です。蜷川さんとお芝居をしてると眠れなくなります、毎日、毎日、楽しくてしょうがないです(笑)。20歳の時に初めて蜷川さんのお芝居でデビューしたんです。ですから20年ぶりに帰ってきて、「帰ってきたよ、お父様」(笑)という気持ちです。こういうときだからこそ、命がけで毎日、暑い夏をびしょびしょになりながらやろうと思ってます。たくさんの人に観てもらいたいです。よろしくお願いいたします」

 s_003

 近藤北の弟役の近藤公園です。和也さんの後だと何も言うことがないんですが、こういう学校だったところでやるのは観に来てくれる方も面白いと思います。あと、作品の熱量、雨の冷たさに負けないように、体温をガッと上げて僕らがんばりますので、どうぞよろしくお願いいたします」


蜷川
「今の手応えは、すごく良い芝居だなと思ってます。そして、3回目なんですが、実は一番いいかなと思ってます(笑)。前のもよかったと言われるんですけど、今回はだんぜん良いです(笑)。劇場が広いので(セットの)自販機なども多いし。音楽も新しく作り直してあります。窪塚ですか?雨にめちゃくちゃ打たれてる姿がすごくいいし、みんなを引っ張ってる。感動的です。もちろん雨もただの雨ではない、今の時期と現在進行形の意味を持っています。この公演は清水の故郷である新潟も回ります。劇団名は亡くなった井上ひさしさんが名付けてくれたし、ある意味では僕らの世代への鎮魂の作品でもあるんです」



009023018014

027


大規模修繕劇団旗揚げ公演

『血の婚礼』
演出◇蜷川幸雄
脚本◇清水邦夫
出演◇窪塚洋介、中嶋朋子、丸山智己、田島優成、近藤公園、青山達三、高橋和也、伊藤蘭 ほか
●6/24〜7/30◎にしすがも創造舎体育館 特設劇場(東京)
●2011/8/06〜8/07◎新潟市民芸術文化会館(新潟)
●2011/8/18〜8/21◎森ノ宮ピロティホール(大阪)
●2011/8/27〜8/28◎北九州芸術劇場(福岡)
〈料金〉8000円(全席指定/税込)

Bunkamuraチケットセンター 03-3477-3244

http://bunkamura.co.jp



【取材・文/榊原和子 撮影/冨田実布】