s_001

2011年に上演された演劇の中から優れた舞台作品、人物を顕彰する読売演劇大賞(日本テレビ放送網後援)の贈呈式が、2月27日に都内のホテルで行なわれた。

今回で19回目を迎える演劇賞で、歌舞伎、能、ミュージカル、新劇、小劇場まで国内外を問わず広いジャンルを対象に選ばれる。大賞のほかに作品賞や俳優賞など5部門5人(5作品)とそれぞれの最優秀賞、新進に贈られる杉村春子賞、長年の功績者に贈られる芸術栄誉賞、以上の受賞者が栄誉ある賞を受けた。
 

s_003

まず主催側の読売新聞グループ本社の取締役最高顧問の老川祥一氏から挨拶があったあと、各部門受賞作品および人物が登壇し、表彰状と記念品などを贈られる。
 


s_006

芸術栄誉賞 
別役実

文学座公演アトリエの会『にもかかわらずドン・キホーテ』(2011年)の劇作などを含め、長年にわたる氏の精力的な活動により贈られた。74歳という年齢を感じさせないかくしゃくとした姿で挨拶した別役さんは「まだまだ書き続ける」ことを宣言。大きな拍手が送られた。


s_007

選考委員特別賞 『背水の孤島』TRASHMASTERS

昨年の東日本大震災を鮮烈に捉えた作品として高い評価を受けた。主宰で作・演出家の中津留章仁が挨拶。「被災地に行ってボランティアをした経験から書いた。選んでいただいたことを感謝します」と語り、この夏に再演することを発表した。


s_008

杉村春子賞 小川絵梨子
(オフィスコットーネ『12人』、響人『夜の来訪者』、tpt『プライド』の演出)

現代古典ともいうべき『12人』や『夜の来訪者』への独自の読み解き、また日本初演となった『プライド』の的確な演出で受賞、まだ33歳という若さで、「演出家が受賞するのは初めてということですが、重く受け止め励みにしていきたい」と話した。                                                      
s_011
デヴィッド・フィン代理パルコプロデューサー フランソワ・セガン 原田保 福田暢秀

スタッ
フ賞/デヴィッド・フィン(『猟銃』)

      原田保(『奇ッ怪 其ノ弐』)

      福田暢秀(『背水の孤島』)

      フランソワ・セガン(『猟銃』)


s_012

最優秀スタッフ賞 松井るみ
(『トップ・ガールズ』、『雨』、『GOLD 〜カミーユとロダン〜』の美術)

『トップ・ガールズ』の額縁の変化、『雨』の五寸釘を模した柱、『GOLD 』の白いアトリエなど戯曲への読み込みの深さが賞賛された松井は、「美術は大道具さんをはじめ様々な方たちの力で出来上がる。私はその代表として賞をいただいた」と名前の出ない多くのスタッフへの感謝の気持ちを伝えた。 
 

s_014
シルビア・グラブ 中谷美紀 三田和代 麻実れい


女優賞/麻実れい(『トップ・ガールズ』、『みんな我が子』)

    シルビア・グラブ(『国民の映画』)

    中谷美紀(『猟銃』)

    三田和代(『秘密はうたう』)


s_015

最優秀女優賞 大竹しのぶ
(『大人は、かく戦えり』、『ピアフ』の演技)

『大人は、かく戦えり』における感情の表出や『ピアフ』の歌唱などを含め、入魂の演技を見せた大竹は、出てきたとたん「袖で段田さんから“笑わせて泣かせて感動する挨拶を”とプレッシャーを受けました」と笑いを取り、「舞台は生もので消えていくけれど、こういう賞をいただくことで確かな実感となって残る。これからも演劇に携わる人たちを応援してほしい」と訴え大きな拍手を受けた。


1
尾上菊之助 段田安則 平幹二朗代理平岳大 村井國夫代理東宝芸能プロデューサ
 


男優賞/尾上菊之助(『盟三五大切』、『京鹿子娘道成寺』、『髪結新三』)

             段田安則(『大人は、かく戦えり』、『国民の映画』)

    平幹二朗(『サド侯爵夫人』、『エレジー』)

    村井國夫(『秘密はうたう』)


s_017

最優秀男優賞 小日向文世
(『国民の映画』の演技)

歴史上の人物ヨゼフ・ゲッベルズをリアルに舞台上に息づかせたことで受賞した小日向は、演劇での賞は初受賞で感激の面もち。「35年間の俳優生活でいちばん緊張し恐い舞台だった」と役柄への取り組みを振り返り、「役者は良い作品と出合うことがすべて。この作品を書いてくれた作・演出家の三谷さんに改めてお礼を言いたい」と語った。


s_018
シス・カンパニー代表 世田谷パブリックシアター代表 パルコ代表

作品賞/『大人は、かく戦えり』(シス・カンパニー)

    『奇ッ怪 其ノ弐』(世田谷パブリックシアター)

    『猟銃』(パルコ、USINE C)


s_019

最優秀作品賞 『国民の映画』パルコ        

政治権力と芸術のせめぎ合いと、人間のうちにある善と悪を描き切ったと讃えられたこの作品の作・演出家の三谷は、「重いテーマを重くならないように笑いをまじえて書くのが僕の仕事」と語り、「15年前にも権力と芸術の闘いを描いた作品(『笑の大学』)で受賞しました。僕はそういうものでないと受賞できないのか」と不満げに訴え、「次は、“笑ってもらうことだけを目的に書いた笑える作品大賞“という賞を貰いたいですね」と会場を沸かせた。


2
小川絵梨子 中津留章仁 三谷幸喜 蜷川幸雄代理彩の国さいたま芸術劇場プロデューサー


演出家賞/小川絵梨子(『12人』、『夜の来訪者』、『プライド』)

     中津留章仁(『黄色い叫び』、『背水の孤島』)

     蜷川幸雄(『あゝ、荒野』、『ルート99』)

     三谷幸喜(『国民の映画』)


s_023

大賞と最優秀演出家賞 前川知大
(世田谷パブリックシアター『奇ッ怪 其ノ弐』、イキウメ『太陽』の演出)

『奇ッ怪 其ノ弐』は大震災直後に鎮魂を描き、『太陽』は知的な想像力で近未来を見つめたと高く評価された。前川は『奇ッ怪』について「こんなに苦しんだ作品はない。キャスト、スタッフ、関わった皆さんに助けてもらった」と感謝。また『太陽』は「元劇団員がある事件に関わったことで残りの人間が危機感でまとまりエネルギーを出した」と語り、「一応その元劇団員が不起訴になったことを彼のためにお伝えしておきます」と劇団主宰らしい心遣いをみせた。


s_024

授賞式でプレゼンターになったのは昨年度の受賞者たちだが、
麻実れいはプレゼンターであるとともに女優賞にも選ばれるという忙しさ。作品賞のプレゼンターの野田秀樹が「こういう場で、貰う側ではないというのは面白くない(笑)。でも三谷くんは僕ができない作品を作れる作・演出家、素直に喜びたい」と率直に語れば、男優賞プレゼンターの浅野和之が小日向に渡す前に「この人に賞を渡すことができるなんてドキドキします」と興奮気味に語り、よく共演する段田とも固く握手するなど、壇上ではいつにも増して感動的な光景が繰り広げられた。


s_026

s_020

s_027
『国民の映画』カンパニーが集合



【取材・文/榊原和子 撮影/冨田実布】


演劇ぶっくのネットショップ【えんぶShop☆ミロクル】

演劇ぶっく」4月号 3月9日、全国書店にて発売!

▼こちらでもご購入いただけます▼

演劇ぶっくのネットショップ【えんぶShop☆ミロクル】