s_IMG_4267

7月12日からシアターコクーンで上演される、つかこうへい三回忌特別公演『新・幕末純情伝』の公開稽古が6月下旬に行なわれた。

物語は幕末、武士になりたい一身で京都へと急ぐ一群の男たちがいる。近藤勇率いる新撰組。その隊士の中に「女」がいた。沖田総司。
小さい頃から男として育てられ、ただひたすら剣の修行を強いられてきた孤独な女ーーその沖田総司の前に1人の男が立ちふさがった。日本に新しい時代をもたらす男、坂本龍馬。
そんな2人が、そして幕末を生きる若者たちが夢見た新しい時代の夜明けとは……。 


新撰組の沖田総司は女だったという設定で、女性でありながら男たちの集団、新撰組の中に入って活躍する女沖田総司を演じるのは女優の桐谷美玲。これが桐谷には初舞台で、数々の有名女優たちが挑んだ総司役の7代目となる。

共演の坂本龍馬には神尾佑、土方歳三には鎌苅健太、岡本以蔵には和田正人などが顔を揃えている。
この日が全員揃っての稽古は初めてとあって、桐谷はかなりの緊張した面持ちで、アクションや殺陣、対話などの稽古シーン公開に挑んだ。


s_IMG_4233

【公開稽古前の挨拶】

 

桐谷 初舞台で初主演、男の格好をする役も初めて。初めてずくしで不安ばかりですが、今から少しずつでも成長する姿を見ていただきたいです。

神尾 つかさんの三回忌記念公演で坂本龍馬をやらせていただけるのが嬉しいです。生きていたら「お前にはやらせない」と言われそうですが、育ててもらった人間としてがんばります。今回は最高の布陣だと思っています。この男たちで美玲ちゃんが輝くように支えていければと思っています。

鎌苅 昨年の『新・幕末純情伝』を観て圧倒されました。まさか出来ると思っていなくて、しかもこんな大切な役をさせてもらえるなんて。新しい自分を見られるかなと期待しています。稽古してこれまでの方たちに負けないようにしたい。今日から美玲さんが参加してくれてみんな優しい顔になってます(笑)。

和田 前回に引き続き岡田以蔵をさせていただきます。山本亨さんと対決するシーンがあるのでビビってます。でも全力で殺しに行くくらいの気持ちでいきたいと思ってます。それから昨年の鈴木杏ちゃんは紅一点の感じがしなかったけど、今年は本当の紅一点になりました。 
 

その他のメンバーも一言ずつ挨拶していよいよ稽古が開始。

s_IMG_4250
最初のシーンは男として育てられた沖田総司が、苦悩を吐露する場面で、斬り掛かる数人を相手の大立ち回りをしながらの独白だ。一度目では段取りを追うだけで殺陣の形が決まらなかった桐谷だが、演出の岡村俊一から「今、できない自分が悔しかっただろ?」と聞かれ、桐谷は悔しそうにうなずく。「じゃあ、もう1回やってみるか」と提案されると、「はい」と大きくうなずき再び挑戦。二度目は気迫がみなぎり、綺麗に殺陣も決まる。桐谷美玲の根性を見せた一場だった。


s_IMG_4270
二シーン目は
鎌苅健太の土方歳三と出会い、結核の身を告白するシーン。ひょうきんな土方の言葉に救われる表情を見せる桐谷の総司。だがその途中で喀血する姿が切ない。

s_IMG_4290
三シーン目は神尾の
坂本龍馬と和田の岡田以蔵と出会い、平等で自由な国を目指すと語る龍馬の「いつか泰平の世になったら真っ白なウェディングドレスで俺の嫁になるんじゃ」という言葉に衝撃を受ける総司。距離をおいて対峙しながらの会話に緊迫した空気が稽古場にみなぎる。 

公開稽古が終わったあと、全員の記念写真と囲みインタビューが行なわれた。

s_IMG_4304

【囲みインタビュー】
 
 

ーーやはり緊張しましたか?

桐谷 めっちゃ緊張しました(笑)。朝の練習でやれてたこともできなかったです。これからいっぱいやらないと。
 

ーー男ばかりの中で1人というのは?

桐谷 慣れないのですが、皆さんが助けてくれます。

和田 か弱いかなと思っていたらたくましい(笑)、杏さんに負けないぐらい男らしい。姐さんと呼ぼうかなと(笑)。
 

ーーつかさんの三回忌記念ですが、つかさんの話を。

桐谷 お会いしたことはなくて、直接お話を聞きたかったです。この舞台を一生懸命やって、つかさんに届けたいと思います。

神尾 あれだけ演劇界を変えた人、天才です。哲学者のような人です。書かれているものは、わざとうまく笑いにしてありますが、本当はとても深いです。

 IMG_4286


ーー桐谷さんの殺陣とか皆さん見てどうですか?

鎌苅 今、ザンと斬るのを見て鳥肌が立ちました。儚いというか切ないというか、美玲ちゃんに一気に気持ちをもっていかれました。

神尾 僕もそうですが立回りはとにかく練習するのみですね。セリフを吐くことはできているので心配ないし、声の質がいい。この役に合ってます。あとは焼肉を食べて体力をつけて(笑)。

和田 焼肉は僕が誘います(笑)。

桐谷 やはり殺陣が心配です。刀を持つのも初めてなので。殺陣を綺麗にやりたいですね。とにかく必死でやります。
 

ー最後に抱負を。

桐谷 総司は強い女性なんですけど、もともと強かったわけじゃなくて、こういう時代に男として育てられたから、強くならざるを得なかったと思います。演出の岡村さんからは、「そのままの美玲で大丈夫。そこから成長していく姿を見せられればいいから」とアドバイスを受けました。不安もありますが、皆さんに助けられながら成長していけたらと、1つ1つ進めたらと思っています。初めてということは1回しかないので、それを楽しみたいし、そういう私を観ていただきたいです。


s_IMG_4271


2012bakumatsu

つかこうへい三回忌特別公演

『新・幕末純情伝』

作◇つかこうへい

演出◇岡村俊一

出演◇桐谷美玲/神尾佑、鎌苅健太、和田正人/山下翔央、菊田大輔、平田祐一郎、平沼紀久、須藤公一、広海深海、中井和鶴(子役)/吉田智則、相馬一貴/山本亨

 ●7/12〜22◎Bunkamuraシアターコクーン

〈問合せ〉東京音協 03-5774-3030

http://www.rup.co.jp/

-

【取材・文/榊原和子】


演劇ぶっく8月号(通巻158号)は7月9日発売!
えんぶ☆Shopにて、予約受付中です。

♪ご予約はこちらより
http://enbu.shop21.makeshop.jp/

全国書店でも7月9日(月)よりご購入できます。