S09_6538
「石橋」隼人・歌昇・種之助

江戸以来の繁華街、芝居町としても栄えた浅草ですっかり初春の風物詩となった1月の『新春浅草歌舞伎』は、今年も連日満員のうちに千秋楽を迎えた。
この浅草での正月公演は、若手花形俳優たちにとっては、普段はなかなか演じられない大役や舞踊にチャレンジする登竜門のような貴重な公演であり、観客にとってはその活躍ぶりを目の当たりにして、若手メンバーの新たな魅力を発見できる絶好の機会だ。
今年の出演者は、四代目を襲名して2年ぶりの登場となる市川猿之助、今や飛ぶ鳥落とす勢いの片岡愛之助を中心に、浅草歌舞伎の常連である市川男女蔵、中村亀鶴も出演、また市川門之助、上村吉弥、市川寿猿、嵐橘三郎などのベテランが出演。
そんな先輩たちの胸を借りて、中村歌昇、坂東巳之助、中村壱太郎、中村種之助、中村米吉、中村隼人、市川弘太郎、中村梅丸といった平成生まれのフレッシュなメンバーが浅草の舞台に立った。その若手たちの活躍ぶりを報告しよう。

第一部
「義賢最期」
平家全盛のなかで源氏の一門である木曽義賢の壮絶な生き様を描き、派手な立廻りも見どころ。これが5演目で、いまや持ち役ともいえる愛之助の義賢、奥方の品位のある吉弥の葵御前、田舎者で人のいい橘三郎の九郎助、りりしい亀鶴の蔵人に交じって、壱太郎の小万と梅丸の松宵姫の奮闘も光る。10年4月のこんぴら歌舞伎で「義賢最期」に出演したときは松宵姫役だった壱太郎は、今回は「女武道」とよばれる男勝りな小万を演じ、豪快さと女らしい情け深さを見せた。梅丸も、楚々とした姫様ぶりと内なる恋の情熱を表現。どちらも成長ぶりがうかがえた。


S10_8565義賢最期」愛之助

「上州土産百両首」
皮肉な運命のなかでの男同士の友情物語である。10年8月の「亀治郎の会」ですでに同じ役を経験した猿之助の正太郎、亀鶴のみぐるみ三次、門之助の隼の勘次、吉弥の女房おせきが役に磨きをかけるなか、前回は渡辺哲が演じたコワモテの優しい親分の与一に男女蔵、料亭の娘おそでには梅丸。そして前回は福士誠治が演じた正太郎の幼馴染み牙次郎には巳之助が初挑戦。ドジで不器用で泣き虫だが真っ正直で、兄貴分の正太郎への尊敬と、どこか恋心にも似た親しみの気持ちがストレートに伝わってくる。福士とはまた違った魅力のある牙次郎がそこにいた。

S10_8830
 「上州土産百両首」巳之助・猿之助

第二部
「博奕十王」
市川猿翁が自ら執筆、初演した舞踊劇で、猿之助が11年に「亀治郎の会」で、およそ40年ぶりに復活上演している。博奕打ちが地獄で博奕を打って天国への通行証を手に入れるという楽しい話で、博奕打ちの猿之助が軽やかでリズミカルな踊りを見せる。閻魔大王の男女蔵、獄卒の猿四郎というベテランに混じって、弘太郎も獄卒で可笑しみを見せて活躍している。

S10_9280「博奕十王」猿之助
 
「新口村」
愛之助が演じる上方和事の名作。遊女梅川を身請けするために、商売の金に手を付けた忠兵衛が、追われる身となり、故郷の新口村に辿り着くというもの。愛之助は当たり役の忠兵衛に扮して世話物の情感を全身に滲ませる。梅川に扮した壱太郎は、郭勤めの色気とともに忠兵衛ひと筋という純な気持ちを感じさせ、嵐橘三郎演じる舅の孫右衛門との場面ではいじらしさで泣かせる。

S10_9365「新口村」壱太郎・愛之助

「屋敷娘」
お屋敷奉公をしている3人の若い娘が、宿下がりの帰り道で、恋の話をしながら艶やかに踊る。垢抜けた美しさの壱太郎、正統派美女の米吉、可憐で可愛い梅丸と、三者三様の華やかさ。色違いの衣裳も楽しく、若手女形の魅力をたっぷり楽しませてくれた。

S09_6385
「屋敷娘」梅丸・米吉・壱太郎

「石橋」
唐の国、清涼山の石橋に、文殊菩薩のつかわしめた獅子の精が、忽然と姿を現す。壮麗に舞う獅子の舞踊が見どころだ。親獅子役が中村歌昇で、仔獅子役が中村隼人と中村種之助。生きのいい若手3人だけに、猛々しさのなかにも清新さがみなぎる。見せ場の勇壮な毛振りでは大きな拍手が湧いた。
 
この若手たちのなかで、中村歌昇、中村壱太郎、中村種之助、中村米吉、中村隼人は明治座 五月花形歌舞伎』にも出演して、それぞれ大きな役どころに挑戦する。
http://www.meijiza.co.jp/info/2014_05/
また坂東巳之助は3月は京都南座で『三月花形歌舞伎』、4月は歌舞伎座に出演。
http://www.shochiku.co.jp/play/
市川弘太郎は新橋演舞場の3月公演『空ヲ刻ム者ー若き仏師の物語』に出演。
http://www.kabuki-bito.jp/news/2013/11/post_956.html
中村梅丸は4月に東京と大阪で公演する『新版 天守物語』で歌舞伎以外の舞台に初登場する。
http://www.sunrisetokyo.com/schedule/details.php?id=2133 

平成生まれの若き歌舞伎の旗手たちの、これからの活躍ぶりに注目したい。




『新春浅草歌舞伎』
●第一部
お年玉〈年始ご挨拶〉
一.「源平布引滝 義賢最期」
二.「上州土産百両首」
●第ニ部
お年玉〈年始ご挨拶〉
一.「博奕十王」
二.「恋飛脚大和往来 新口村」
三.上「屋敷娘」下「石橋」
出演◇市川猿之助 片岡愛之助 市川男女蔵 中村亀鶴 中村歌昇 坂東巳之助 中村壱太郎 中村種之助 中村米吉 中村隼人 市川弘太郎 中村梅丸 市川寿猿 嵐橘三郎 上村吉弥 市川門之助
1/2〜26◎浅草公会堂



【文/塩田史子 写真提供/松竹(株)】

えんぶチケット日時・枚数限定、お得に販売中! 
shop_rogo_sp

header_rogo
side_twitter
side_facebook