JPG

一昨年の12月5日に57歳で亡くなった十八世中村勘三
の三回忌、その先代である十七世中村勘三郎の二十七回忌を追善する舞台が、10月の歌舞伎座に引き続き、11月は新橋演舞場で上演される。
その『十一月新派特別公演』に出演する中村勘九郎と中村七之助、水谷八重子、波乃久里子、柄本明、近藤正臣の6人が、11月1日からの公演を目の前に控えた
10月28日、台東区の光照山西徳寺の勘三の墓前で舞台の成功を祈念した。
 
上演される演目は、芸道物の名作『鶴八鶴次郎』と、舞の世界を描く『京舞』の2本立て。
『鶴八鶴次郎』は、新内節の人気コンビである鶴八と鶴次郎が、内心では惚れ合っていながら、意地の張り合いで別れてしまう。やがて再会の日がくるが…という、新派ならではの情緒溢れる物語だ。勘九郎が新内語りの鶴次郎、七之助は相方で三味線の鶴八を演じる。ともに今回が新派初挑戦となる。
一方の『京舞』は京舞の井上流を舞台に、三世家元とその内弟子である四世の、芸への想いを感動的に描く物語。三世の春子を水谷八重子が、四世の愛子を波乃久里子が演じる。劇中での見どころは数々の舞踊場面。「猩々」「八島」といった代表的な舞、また、芸妓たちが拍子木を打ち鳴らしながら演じる「手打ち花づくし」や、舞妓たちの「京の四季」などが、華やかに繰り広げられる。

s_(子(み)
水谷八重子・柄本明・中村勘九郎・中村七之助・近藤正臣・波乃久里子
 
墓参を終えたのちの会見で、出席者たちは以下のように語った。
 
勘九郎 父が生前、祖父の追善でやろうと決めていた演目ですので、10月の歌舞伎座では、なぜここに父の名前がないんだろうと不思議な想いでした。11月も父がやりたがっていた『鶴八鶴次郎』を、こういう形でさせていただけるのは幸せなことです。父が大切にしていた作品なので、演じるのは不安もありますが、きっと見守っていてくれると思いますから、精一杯いい舞台を作っていきたいと思っています。
七之助 新派には女方は出られないと思っていたので、まさか出演できるとは思っていませんでした。以前のものを映像で見せてもらいましたが、難しくてできない!と思いました(笑)。初めて新派をご覧になるかたもいらっしゃると思うので、名作に傷をつけないようにがんばります。父の声はまだ聞こえてこないけれど、パワーを下さいとお願いしました。 
波乃 甥2人が新派の舞台に出てくれて嬉しい。でも弟(十八世中村勘三)がいないのが寂しいですね。2人とも立派になって伯母をとっくに超えてます(笑)。
水谷 2人のことは小さなときから知っていて、廊下を走り回ってお母さまに叱られていた兄弟がこんなに立派になるなんて。でも本当によく似ています。『京舞』は、おじいちゃま(十七世)がやりたがっていた春子の役を、追善の公演でできるのは有り難いことだと思います。公演が成功するようにと責任を感じます。
近藤 勘三さんの思い出は沢山あります。その記念の公演に出させてもらえるとは夢にも思わなかった。嬉しいです。十七世も十八世も僕の大好きな役者さんでしたから、この公演は自分が一番喜んでいます。
柄本 亡くなられる1年前に電話があって、先代の二七回忌の追善公演に来れないかと言われたけれど、知らないのでと断ると、俺が出るからと。口上にも出てよと。そういう約束をしていた公演だけに特別な思いがあります。一生懸命やります。

なおこの公演の『京舞』の劇中で「ゲストコーナー」が設けられていて、ゆかりの人たちが登場し、勘三の思い出を語ることになっている。それについては勘九郎は、「亡くなってからいろいろな方が、父のことを語ってくださることが力になります。タクシーに乗ったら運転手さんが、父に勧められて中村座を観に行ったとか、そういう話を聞くととても幸せになるんです。このトークのゲストにいろいろ伺えれば嬉しいですね」と語った。

 

〈公演情報〉
 img_0img_1
新橋演舞場

『十一月新派特別公演』
十八世中村勘三郎 二七回忌
十七世中村勘三郎 三回忌  追善
 一、鶴八鶴次郎

 二、京舞

  ―劇中追善ご挨拶申し上げます―

●11/1〜25◎ 新橋演舞場
〈料金〉1等席:13,000円 2等席:8,500円 3階A席:4,500円 3階B席:2,600円 桟敷席:14,000円(全席指定・税込)
〈問合わせ〉新橋演舞場 03-3541-2600
〈公演サイト〉http://www.kabuki-bito.jp/news/2014/08/post_1167.html
 
※劇中追善ご挨拶ゲスト 
1日(土)石井ふく子

2日(日)竹下景子(昼の部)/池畑慎之介(夜の部)

3日(月・祝)笹野高史(昼の部)/黒柳徹子(夜の部)
4日(火)佐藤B作

5日(水)石原良純(昼の部)/ベンガル(夜の部)

6日(木)上杉祥三(昼の部)/大竹しのぶ(夜の部)

7日(金)宮藤官九郎

8日(土)山本陽子(昼の部)/古田新太(夜の部)

9日(日)熊谷真実(昼の部)/辰巳琢郎(夜の部)
10日(月)草笛光子

11日(火)榎木孝明(昼の部)/ラサール石井(夜の部)

12日(水)司葉子(昼の部)/広岡由里子(夜の部)

13日(木)中村時蔵

14日(金)いとうせいこう(昼の部)/明石家さんま(夜の部)

15日(土)上島竜兵(昼の部)/中村橋之助(夜の部)

16日(日)山川静夫
17日(月)大村崑(昼の部)/青木功(夜の部)

18日(火)多岐川裕美(昼の部)/江川卓(夜の部)

19日(水)高橋惠子

20日(木)串田和美(昼の部)/立川談春(夜の部)

21日(金)渡辺えり

22日(土)永島敏行(昼の部)/六平直政(夜の部)

23日(日)大和田美帆(昼の部)/石川さゆり(夜の部)

24日(月・祝)片岡仁左衛門(昼の部)/井上八千代(夜の部)

25日(火)新内仲三郎




【取材・文/榊原和子 写真提供/新橋演舞場】


shop_rogo_sp

header_rogo

side_twitterside_facebook  
  
上質な本革で職人が手作り♪ ねこコインケース/パスケース好評販売中!
banner_nekocoin