cast10

12月24日の聖夜に王子小劇場にて幕を開けるNICE STALKER(ナイスストーカー)の『ロリコンのすべて』。愛くるしい顔をした少女の入浴姿のイラストの入ったチラシで、まるでその少女が待っているような気がしてくるのですが・・・・・・。
「自分がもてたい!」ために旗揚げした主宰のイトウシンタロウ。かわいい女の子に囲まれて、少々ピンチを迎えているようです!(この取材は11月下旬、稽古が始まったばかりの時期に行いました)


rorikon
イトウ (おもむろにチラシと企画書を出しながら)これが
帯金 配りずらい
イトウ 今のところどこからも怒られていないチラシです。
本田 友達からは怒られましたよ。
帯金 近所にいつも私の出ている舞台を観に来てくれるおじさんがいて、チラシを渡しているんですけど、これだけはまだ渡せなくて。
イトウ もうちょっとしたら渡してあげて。
帯金 どうやって渡したらいいの?
イトウ とりあえず法律には触れていないんです。網掛けとかモザイクでぼかしてもすかしが入っていると有罪になっている判例もありますが、白で飛ばすと一番安心で大丈夫です。一応、お風呂に入っている場面なので、裸に必然性があるじゃないですか。
全員 ははははは。
イトウ ここすごく重要なんです! 頭の上に載せたタオルがないと一気にあぶなくなるんです。逆に言うとこれだけでOKになるのはおかしな話なんですよね。ぼく児童ポルノ法についていろいろ調べていて(中略・法案について熱く語ること10数分)それにまつわる「表現の自由」に関する動きもいろいろあるんですけど、今回はそういう話ではなく。「ロリコン」そのものが世の中にとっていいのかどうか。ロリコンを描いた作品自体が世の中の何の役に立つのかなと。でもロリコンをテーマにした作品は3000年くらい前から存在しているし、世界中に同時多発的に人殺しの物語が発生するように、「子供の裸っていいよね」っていう作品が生まれているので、人間の本能的にあるはずなんです。・・・・・・ぼくこのチラシの絵を見ていいなと思う部分があるので。
全員 !?
帯金 エロい目で? (自分に言い聞かせるように)分かる。見れる。女のわたしも。
イトウ でもこれをいいって言うと、おれ、もてなくなると思う。
本田 出演する女優さんがガチで引いてたし。
帯金 今、稽古場の雰囲気がすごいんです。
イトウ 今までの作品では大丈夫だったんですけど、今回は作劇してると「引くわ!」っていう気配があって。
帯金 こんな稽古場の雰囲気は初めてです。女優全員、出るって言ったから渋々みたいな感じで。
本田 まだ台本ができていないのでエチュードをやってるんですけど、逆に台本がないから、イトウさんの個人的な趣味なんだなという感じがひしひしと・・・・・・。
イトウ 口立てみたいにして、ぼくが言ったセリフを役者さんがその場で言わないといけないんです。
帯金 何が出てくるかわかんないんです。
本田 そのセリフも「この状況でこれ言わせる?」みたいな。
イトウ 言わないといけないから、言うけどその後、「嫌!」っていう嫌悪感があって。
帯金 演劇を使ったレイプだよ(笑)。
本田 だいたい男女のシーンなんですけど、男優さんが、その人に罪はないんだけど、気持ち悪いことをやらされて、気持ち悪がられています。
イトウ その役の人はロリコンの役なので。やると相手役の女優に嫌われるという。そのセリフを言わせたのはぼくなんですけどね。



——出演される方はみな大人ですよね。
イトウ もちろん!子供の役をやる人も一応いるんですけど。『ロリコンのすべて』なので、「ロリ」の全てではないんです。ロリコンが出てくるけど、ロリがでてくるわけではない。『マザコンのすべて』であった場合、母親は出てこない場合があるじゃないですか。出てくるのはあくまでマザコンで。
本田 コンプレックスをもっている人が出てくる。
イトウ あくまでも主役はロリコンなので。このチラシで期待して来た方には、・・・・・・最初に言っておくとこのチラシのような場面はないので。
——チラシの裏に「身長149cm以下の女子は何歳でも全員無料」という文言を見つけてどきっとしました。
イトウ 客席に女子児童が来てくれたらいいなと。
帯金 観ても大丈夫な作品なんですか?
イトウ たぶん、大丈夫だと思います。意味が分からないと思います。さっき怖い稽古をしている話になりましたけど。そんなに直接的なことはやってないですからね。
帯金 直接的なことは、確かに。
イトウ エロい言葉を言っているわけでもないし、接触もないし、下ネタを言うわけでもない。普通の単語しか言ってないんですけど。
本田 逆にそれが! 押し倒すとか行動に出れば「あ、それね」で済むんだけど、実際にそうはしないのに、なんかエロいっていうのが。
帯金 至近距離でねちねちやってるところが。
本田 気持ちが悪い。
イトウ 今、こうやって手を本田さんの肩に近づけているだけで気持ちが悪いのに、芝居だと抱きつけるのが嘘くさいと思っていて。1ミリ触れるか触れないかのほうが気持ちが悪いじゃないですか。
本田 気持ちが悪いですね。
イトウ その感覚を大事にしたいので。たぶん、ロリコンの人も99%の人は実際の子供に手を出さないはずだから。じゃあ何を普段考えているかというと、いつも相手には気づかれないけど、「いいな」って心の中で思っている状態だと思うんです。「今、ここで触ったらどうなるんだろう」って思うこと自体が悪いことなのかどうかということを考えてみたいと思っています。作品としては、古今東西のロリコン豆知識をちりばめながら、実際には手を出さないけど、どう見ても社会にとって悪だなっていう善良なロリコンが出てくる話にしたいなって。



——一般的にはタブーとされている相手に惹かれるというところは、同性愛者などと似ているのでしょうか?
イトウ 近いとは思うんですけど、ロリコンの場合は結ばれる可能性が限りなくゼロに近いんです。
——フィクションですけど、『源氏物語』の光源氏とは違うのですか?
イトウ ロリコンは8歳から14歳という決まりがあるんです。
全員 えー!!!
帯金 だれが決めたんだ!?
イトウ ロリコンの語源になった『ロリータ』という小説があるんですけど、(中略・ロリコンの定義と日本での歴史などについて語ること10数分)500ページくらいある退屈な作品なんですが。
本田 わたし、5ページくらいで挫折しました。
イトウ ぼくは18歳のときに読んだんですけど、最後から2章目くらいで号泣して。
本田 泣けるような文体じゃないですよ。淡々として。
イトウ それに出てくる少女は12歳なんですけど。(小説について熱く語り10分経過)
全員 ふーん。
イトウ 号泣したのは、性的な興味だけじゃなくて、深く愛してましたよっていうのが詩的な描写で沁みるシーンなんだけど。「結局、この純愛を分かってるのは読者だけだ。でもこの世界の中ではだれ一人理解しない」と書いてあるんです。そこにすごく共感して。僕がロリコンかどうかは秘密ですけど。
全員 わはは。
イトウ すごく年下の娘を裏切られた後もずっと愛し続け、最後、恋敵を殺した罪で投獄され、獄中で死んだ一人の中年男が残した手記という形をとった小説なんです。
——聞けば聞くほど、困難な恋愛に苦しむのはロリコンだけではないような気がしてくるのですが?
イトウ そうですね。『ロミオとジュリエット』などのケースもありますし。ロリコンについて語り過ぎちゃいました。



——先ほど、台本がまだという話がありましたが、頭の中にはもう構想はあるのですか?
イトウ はい、「フィクションだったら何をやってもいいのか」というのを検証してみたいんです。フィクションが現実に対してどういう影響を与えていくのか。邪悪なロリコンが出てきて、彼とそれに影響を受ける人の話になると思います。構想では巨大な額縁を作って、中にフィクションをつくって、額縁の外でそのフィクションを見ているような構図を考えています。今は額縁の中のロリコンのシーンをつくるのにすごい苦労をしていまして。外は現実的な世界なので問題ないんですけど、額縁の中は本物の子供を出すわけにも行かないし、本当のロリコンが出るわけでもないので・・・・・・。ぼくがロリコンを守りたいという気持ちが強過ぎて。ステレオタイプの変質者にもしたくないしと非常に悩みながらこうやってああやってて役者に指図していたら、演じている役者が気持ち悪がられるようになっちゃっいました。
——「ロリコン像」を描くのに苦労されているのですね。
本田 気づいていなかった。本当に「ロリコンのすべて」なんですね!
イトウ ロリコンの男性の全てです。
本田 「ロリ」の部分にだけ意識が行って引いてたけど、(うなずきながら)「ロリコン」なんだね。
イトウ 「ロリコン」を描く作品はあまりないので、少女にフォーカスを当てるのではなく、少女を好きなロリコンが活躍する作品を作りたいんです。だから、厳密には少女時代はいらないかなと。
本田 腑に落ちた〜。なんか稽古での意図が分かって安心した。
イトウ 今、話しててわかったんですけど、ぼくがこのテーマに思い入れが多すぎて・・・・・・だから書けないんですね。
帯金 渦中の人だとなかなか難しいということですね。
イトウ ぼくがロリコンかどうかは謎ですけど。まじめな作品です。現代版小説『ロリータ』みたいな作品が作れたらいいなと思っています。

【プロフィール】
イトウシンタロウ
いとうしんたろう○静岡県出身。劇団チャリT企画で俳優として活動する傍ら、2007年より個人で演劇活動を開始し、しばらくして独立。趣味はギター、ボードゲーム、キャンプ、フルマラソン。DTP、WEB・アプリ製作も得意なナイス(合法&無害)なストーカー。

帯金ゆかり
おびかねゆかり○山梨県出身。劇団北京蝶々を経て、フリーの役者として、ブルドッキングヘッドロック、犬と串、動物電気、ペテカンなど数々の小劇場や映像に出演。人生、軽はずみ!? 1日1回は腹を抱えて笑うがモットー。

本田留美
ほんだるみ○身長151cm。ENBUゼミナールを経て、NICE STALKER公演のほぼ全てに出演。はかなさと、肝の据わった力強さを併せ持つキー女優。今回の危ない作品にも大地のような包容力で挑む覚悟!


〈公演情報〉
rorikon
NICE STALKER
『ロリコンのすべて』
作・演出◇イトウシンタロウ
出演◇帯金ゆかり 本田留美 藤田彩子 白勢未生 藤本紗也香 山本光 イグロヒデアキ 神宮寺雄介 坂倉仁
●12/24〜28◎王子小劇場
〈料金〉
予約・当日共3,500円 学生2,500円 高校生以下0円
〈公式サイト〉http://nice-stalker.com/ 

【取材・文◇矢崎亜希子】

お得なチケットいろいろ販売中!『ロリコンのすべて』チケットも日時・枚数限定、若干枚数販売中!
shop_rogo_l

header_rogo


粟根まこと(劇団☆新感線)、松永玲子(ナイロン100℃)などなど連載中!
title