「ショーガール」舞台写真1

大人の恋の物語を歌と踊りの90分間で綴る、パルコ・ミュージック・ステージ『ショーガール』〜こんな出会いも悪くない〜が、渋谷のPARCO劇場で上演中だ(22日まで)。

1974年から1988年まで福田陽一郎脚本・構成・演出、木の実ナナ、細川俊之の出演により、小粋な大人の恋のドラマと、華やかなショータイムを持ったステージとして、PARCO劇場で上演を重ねた『ショーガール』シリーズ。12月の公演だったことから「『ショーガール』を観ないとクリスマスもお正月も来ない!」という熱狂的なファンを生み、愛され続けた伝説のステージとして今も語り継がれている。

「ショーガール」舞台写真4

そんなPARCO劇場の顔としても親しまれた作品が、脚本・作詞・構成・演出・三谷幸喜、出演・川平慈英、シルビア・グラブというゴールデントリオにより、新生『ショーガール』として新たな船出を遂げたのは2014年8月のこと。同じ三谷幸喜の作品『君となら』を上演中のPARCO劇場で、『君となら』のセットを使い、夜10時からの公演という異色づくめの初演は瞬く間に大評判となり、注目を一身に集める成果を生んだ。

その喝采に応えた今回の再演は、舞台となったPARCO劇場が地域の再開発計画に乗っ取り、42年間の歴史を一度閉じ、新たな船出をする、そのしばしのお別れを記念した「クライマックス・ステージ」の一環としてのアンコール公演であり、新生『ショーガール』初の単独公演でもある上演で、時間も90分に拡大。よりパワーアップしたショーステージが展開されている。

「ショーガール」舞台写真3

前回のようにセットに縛られない形での再演だけに、「こう来たか!」という新たな導入部分を経て、舞台は謎めいた女からの依頼によって、探偵が思わぬ事件に巻き込まれていく…という、大定番のハードボイルド風展開へ。けれども、「渋い二枚目の探偵」が川平慈英で、彼の調査対象となる「全く目立たない地味な女」がシルビア・グラブ、という時点で、意外性の味が濃くなり、設定が日本なのにどこか非現実のシャレた感触がただようのは、いかにも三谷幸喜らしい仕掛けだ。舞台上の2人もその新たなキャラクターと格闘しつつ、さすがアンコール公演の余裕で十分に楽しんでいる様も見えて面白い。先の展開が読めない作りではないのに惹きつけられるのは、2人の息のあったテンポの良さ故だろう。有り得なさそうでいて、ひょっとしたら有り得るのかも?!という大人の「ボーイ・ミーツ・ガール」のドラマに夢があり、この出会いの行方をいつしか応援したくなる。

「ショーガール」舞台写真2

だからこそ、そんなドラマから更に、エネルギーが爆発するショータイムの弾けっぷりが爽快だ。懐かしい歌謡曲、ポップス、ラテン、ロック、ミュージカルナンバー、次々に繰り広げられる音楽に乗って、2人が歌い踊り時には楽器演奏まで披露する。今更改めて言うまでもないほどの、川平慈英のダンス力、シルビア・グラブの歌唱力を筆頭とした、歌えて踊れて芝居ができる実力派の2人が、なんでもこいのノンストップショーを繰り広げるのだから、これが楽しくない訳がない。ステージは熱く、でもどこまでも軽やかで、最後の最後に、ドラマにも素敵な落としどころがつき、大人のエンターテイメントショーが完結していく様は見事なものだった。コンパクトに凝縮された上演時間も含め、すべてがオシャレで、小粋なのだ。

そして何よりも嬉しいのは、「伝説のショーガール」に挑むという、大きなプレッシャーをはねのけたステージが、偉大なシリーズへのリスペクトを存分に含みつつ、次の1歩、これからの新たなシリーズ化への大いなる可能性と魅力を示したことだ。この「新生ショーガール」は、PARCO劇場のこれまでの歴史を、新しい劇場として生まれ変わる明日へつなぐ、バトンとしての役割を、きっと果たしてくれるに違いない。新しい劇場の桜の季節もまた、『ショーガール』と共に。そんな未来への夢もかけられる、PARCO劇場クライマックス・ステージに相応しい舞台だった。


〈公演情報〉
pr のコピー 3
パルコ・ミュージック・ステージ 
KOKI MITANI's SHOW GIRL
『ショーガール』〜こんな出会いも悪くない〜
脚本・作詞・構成・演出◇三谷幸喜
作曲・編曲◇荻野清子
出演◇川平慈英 シルビア・グラブ
演奏◇荻野清子(ピアノ) 一本茂樹(ベース)
萱谷亮一(パーカッション)
●3/13〜22◎PARCO劇場
〈料金〉¥6,000(全席指定・税込) 
〈お問い合わせ〉パルコ劇場
03-3477-5858



【取材・文/橘涼香 撮影/阿部章仁】 


お得なチケットえんぶSHOPで販売中!

shop_rogo_l

header_rogo


粟根まこと、松永玲子ほか、キーポイントQ&A【演劇人の活力源】など連載中!
title