s_0023

演劇界の革命児として次々に話題作を演出する西田シャトナー。その代表作のひとつ『ソラオの世界』が、彼のプロジェクト「SHATNER of WONDER」の第4弾として、7月28日から31日まで、Zeppブルーシアター六本木で上演される。

ある日昏睡状態に陥り、自分の夢の中に閉じ込められてしまったソラオ。
普通なら目覚めようと必死になるはずなのに、能天気なソラオはどうせならと夢の世界を楽しみ始める。現実ではテキトーだったバンド活動もメジャーデビュー、片想いだったヨルダさんとも恋人同士になり、夢の世界では輝いていくソラオの日々! 
だが、この世界の遠い果てから夢の主を食い殺すほどの凶暴な魔物が近づいてくる。所詮夢の中の出来事なのか、それとも夢の中では済まされないのか?
夢と現実をめぐる孤独なソラオの冒険譚!

主演の多和田秀弥は、2011年ミュージカル『テニスの王子様』2ndシーズンで手塚国光役を演じて人気になり、また『手裏剣戦隊ニンニンジャー』(2015年)では追加戦士として戦隊史上最速加入した。映像でも活躍中で、ドラマ『不機嫌な果実』への出演、『めざましテレビ』(CX)でレポーターもつとめるなど人気急上昇の若手俳優。初の主演にひときわ期待が集まる。また共演には小野建斗、平牧仁、桑野晃輔、はねゆり、加藤啓、村田充など、若手人気俳優から実力派までが顔を並べている。

その開幕を前に、西田シャトナーと多和田秀弥が『ソラオの世界』について語った演劇ぶっく8月号のインタビューを、別バージョンの写真とともにご紹介する。

s_0022
西田シャトナー・多和田秀弥

演者を観る楽しさを大切にする観客

──今回のソラオ役、多和田さんの印象はいかがですか?
西田 とても明るい気持ちにさせてくれる人です。誠実に芝居というものを考えていると思いますし、一緒にやることが楽しみです。あと素直に、スターニンジャーが稽古場にいるのが嬉しい気持ちがありますね。
多和田 僕もご一緒させてもらえることが今から楽しみです。スターニンジャーを見てくださっていたんですね。
西田 今、ちょっと時代が一巡りしてきて、昔からあった「芝居を観ると同時に役者を観る」という、歌舞伎などはそうですが、演者を見る楽しさも大切にしてくださる観客も多いですね。最初の『ソラオの世界』を作った頃に、その気配はよく感じました。
多和田 もしかしてそれと繋がるのかなと思うのですが、西田さんのお芝居はどこまでが台本なのか役者のアドリブなのかわからないところがあって、台本を見てみたいな、明日はまた違う感じになるのならそれも観てみたいなとか、そんなことを思わせてくれるんです。
西田 セッションの出来がいいときはそうなるんです(笑)。
多和田 そういう空間に僕が入ったらどうなるんだろうと、いつも想像していたので、今回、それが確かめられるのが嬉しいです。

s_0029

何が夢で何が現実かわからないのが「生きること」

──『ソラオの世界』が生まれたきっかけというのは?
西田 高校時代に、50年間の人生を過ごす夢を見てしまったんです。目覚めて1週間くらい現実に戻りにくくて、何が夢で何が現実かわからないような。まるで「胡蝶の夢」みたいな話ですけど、あの夢の中で一緒に暮らしていた家族はどこにいってしまったのか、もしかしたら僕の意識が及ばないような深層で生きてるのかもしれないとか。夢の中の友人たちにまた会えるのだろうかとか。そう考えていくと改めて、現実の世界でも、以前会ったあの人は今も生きているのかわからなかったりするし、夢も現実も大してかわらないなあと思ったりして、しまいに自分が自分なのかさえわからなくなるんです。でも、そういうわからなさの中に世界の美しさがあるような気もして、そういう果てしのなさを芝居にしてみたくなったんです。
多和田 僕は夢をあまり見ないんです。インパクトのある夢でも起きると内容を忘れてしまって(笑)。でも夢を見た自分が確かにいるので、そういう感覚なのかなと。
西田 演劇における登場人物も同じようなものです。たとえばスターニンジャーを多和田くんが演じなくなっても、子供たちはまだどこかにスターニンジャーはいると思っていたりする。
多和田 わかります。よく言われるんです。スターニンジャーにまた会わせてねとか。自分も演じた人物として会えることは、とても楽しみですし、僕自身子供時代に本当にいると思っていましたから。
西田 みんな現実と夢とを行ったり来たりしながら生活している。意識してはいなくても。


s_0034

世界はすごいスピードで変化していく
 
──今回の『ソラオの世界』ですが、2016年ということで、違ってきたことは?
西田 劇中に脳内の情報をプラウジングするという技術が出てくるんですが、当時現実にその研究は始まっていて、最近ではかなり普通に語られるようになりました。もうこの設定にSF感はありませんね。世界は変化するのが当たり前で、いつまでも同じまま続いたりはしない。多和田くんたちはもっとすごいスピードで世界が変化していく中で生きているからね。
多和田 SF的な情報とか科学の話は、僕たちはゲームとかアニメで見て、わりと馴染んでいるので、理解しやすいです。
──では最後に、『ソラオの世界』への抱負を改めて。
多和田 シャトナーさんと色々お話できて、僕の中に新たにいろいろなことが湧いてきたので、2人で想像を超えた世界に行きたいし、お客様も一緒に行きましょう。
西田 座長と作・演出はどっちが船長と言えない間柄ですから、『ソラオの世界』という船に2人で乗って、未知の大陸に冒険に行って、そこはヤバイ化け物も出てくると思うし、逆に何もない凪の中を行くことになるかもしれない。でも船旅を楽しんで、お客様に冒険の報告をできればと思っています。



s_0024
西田シャトナー・多和田秀弥

たわだひでや〇大阪府出身。11年ミュージカル『テニスの王子様』2ndシーズンで手塚国光役を演じて人気になり、また15年『手裏剣戦隊ニンニンジャー』では追加戦士として戦隊史上最速加入した。テレビドラマ『不機嫌な果実』にレギュラー出演、『めざましテレビ』(CX)でレポーターもつとめるなど活躍中。

にしだしゃとなー〇大阪府出身。作家・演出家・俳優、折り紙作家としても活動している。90年、神戸大学在学中、腹筋善之介・保村大和・佐々木蔵之介らと、劇団「惑星ピスタチオ」を旗揚げ。代表作『破壊ランナー』などを発表。00年に解散。最近の演出作品は『銀河英雄伝説』『弱虫ペダル』『遠い夏のゴッホ』『ソラオの世界』『ロボ・ロボ』『小林少年とピストル』『モッシュ・モウソワール』など。

★この作品の多和田秀弥インタビューはこちら http://kangekiyoho.blog.jp/archives/52001737.html


〈公演情報〉
0000000066212

SHATNER of WONDER #4
『ソラオの世界』
作・演出◇西田シャトナー
出演◇多和田秀弥、小野健斗、平牧 仁、桑野晃輔、はねゆり
久下恭平 ・ 瑛(劇団番町ボーイズ ☆)、千綿勇平(劇団番町ボーイズ ☆)、西原健太(劇団番町ボーイズ☆)、三岳慎之助(10神ACTOR)
加藤 啓、村田 充
●7/28〜31◎東京・Zeppブルーシアター六本木
〈料金〉プレミアムシート-9,800円、指定席-7,600円
〈お問い合わせ〉東京音協 03-5774-3030(平日11:00〜17:00)




【取材・文/吉田ユキ 撮影/田中亜紀】




OSK「CRYSTAL PASSION 2016 〜情熱の結晶〜」




kick 

shop 

nikkan 

            engeki