東京マハロ0085[1]

劇団東京マハロの結成10周年記念作『紅をさす』が、ゲストに木ゆりあ、滝沢沙織、市川知宏らを迎えて、12月7日に東京芸術劇場シアターウエストで開幕する。(14日まで)

私鉄沿線の一軒家に暮らす夫婦と7歳の息子。外から見れば平和で幸せな家族だが、妻の母親が他界した通夜で母に死化粧をすることになる。親族が遺体に口紅を塗る中、息子が「僕も塗りたい」と騒ぎ始める──。
性同一性障害をテーマにしたこの舞台、『紅をさす』は主宰で作・演出家の矢島弘一の渾身の1作となる。この作品で初舞台を踏む木ゆりあ、ヒロインを務める福田ゆみ、そして主宰の矢島弘一に公演への意欲を語ってもらった「えんぶ12月号」の記事をご紹介する。

「すごく面白い舞台なんだけど、やる?」と秋元先生が

──全員喪服のチラシビジュアルが印象的ですが、それぞれの役柄を教えてください。
矢島 福田ゆみさんは7歳の息子を持つ女性で、彼女の母親が亡くなったお通夜で、ある出来事が起きます。木さんは福田さんの弟の恋人役で、弟は市川知宏さんが演じますが、どうしようもないダメ男で(笑)、その彼を支えるちょっと頭のいい女性という設定です。
 自分とは似ていなくて…すみません(笑)。
矢島 ぎりぎり大丈夫です(笑)。
──木さんが、この東京マハロで初舞台を踏むことになったきっかけは?
 秋元(康)先生からなんです。「すごくおもしろい舞台あるんだけど、やる?」とサラッと聞かれて、その瞬間「やりたい!」と。舞台には出てみたかったので、とにかく右も左も分からない状態ですけれど、勉強させていただく気持ちで頑張ろうと。
矢島 この公演について秋元さんに相談をさせてもらってたとき、「木さんはどう?」と名前が出て。僕は木さんが出ているCMを見ていて、この人いいなと前から思っていたんです。だから「ぜひお願いします」と。
 うれしいです。仲のいいメンバーに舞台をやっている子が多かったので、いつも観に行っては刺激を受けていたんです。今はみんなを超えたいな、頑張らなきゃという気持ちです。

映像では取り上げにくい題材も舞台でならできる

──福田さんは東京マハロにはずっと出ているのですね。
福田 2年前からで今回で8本目です。
矢島 今回がほぼ初ヒロインになります。まだ未知数なところを持っていて、もっともっと爆発する可能性があると思います。「日本一のコメディアンヌ」になれる要素を持っているので、これを機会にステップアップしてほしいです。彼女は声が印象的で、あまり綺麗な女優さんが出さない音を出すんです。そんな音どっから出るの?というような(笑)特徴のある声なので、それを生かすといいんじゃないかな。
──福田さんから見た東京マハロの魅力というのは?
福田 矢島さんの書かれる作品は、なかなか映像では取り上げにくい、舞台だからできるという題材が多いんです。震災の話であったり不妊治療の話だったり。そういうものを人間関係の面白さで書いていて、綺麗なところばかりではなくドロドロしたところも出すのですが、その描き方が風刺的でとても面白いんです。
──今回は性同一性障害がテーマだそうですね?
矢島 7歳の男の子が純粋に女の子になりたい夢を持っているという話で、その夢を家族やまわりの大人たちが、どう受け止めて、その子とどう向き合っていくか、ということを描いています。
──性同一性障害は、最近やっとオープンに取り上げられるようになってきましたね。
矢島 ただ、それが自分の息子だったり、身内だったり、とくに成人ではない場合、どういう教育をしたらいいかということが起きてきます。2800人に1人というのが、一応、国が言っている数ですが、実はクラスに1人いるとも聞きます。そういう現実について、「国を変える」とかそんな大きな事は言えないのですが、きちんと知ってもらいたいし、現代社会が抱える問題を僕らなりに提示していければと思っているんです。劇団も10周年ということで、今まで同様地に足をつけながら、でも、また次の10年をやるために、ここで1回、ぎゃふんと言わせたいなと(笑)。


東京マハロ0085[1]
矢島弘一・木ゆりあ・福田ゆみ

やじまこういち○東京都出身。脚本家、演出家、俳優。劇団東京マハロ主宰。東京マハロ全公演の作・演出を手がける。最近の活動は『ふるカフェ系ハルさんの休日』(脚本/NHK Eテレ)、『毒島ゆり子のせきらら日記』(脚本/TBS)など、

きざきゆりあ○愛知県出身。女性アイドルグループAKB48チームBのキャプテン。SKE48から移籍した。最近のTVドラマは『GTO』『 戦う!書店ガール』(関西テレビ)、『マジすか学園』5(NTV)、AKBホラーナイト『アドレナリンの夜 』第1話:主演(テレビ朝日)、『劇場霊からの招待状』第10話:主演(TBS)、『AKBラブナイト 恋工場』 第27話:主演(テレビ朝日)、『キャバすか学園』(NTV)など。

ふくだゆみ○奈良県出身。女優として映像や舞台で活躍。最近のドラマは、『東京スカーレット〜警視庁NS係』(TBS)、『ディア・シスター』(フジテレビ)、『ボーダーライン』(NHK)、『上流階級〜富久丸百貨店外商部〜』(フジテレビ)、『○○妻』(NTV)、舞台は東京マハロ第11回公演から第17回公演間で全作品に出演。

〈公演情報〉
image

東京マハロ第18回公演 『紅をさす』
作・演出◇矢島弘一
出演◇金替康博(劇団MONO) 、福田ゆみ、市川知宏、滝沢沙織/木ゆりあ(AKB48)  他
●12/7〜14◎東京芸術劇場 シアターウエスト
 〈お問い合わせ〉Age Global Networks  03-3587-2120(平日11:00〜17:00)




【文/中山圭 撮影/山崎伸康】





タクフェス『WHAT A WONDERFUL LIFE』




kick 

shop 

nikkan 

engeki