_傾城反魂香(浮世又平 巳之助、女房おとく: 壱太郎)
『傾城反魂香』巳之助、壱太郎

若手俳優の登竜門として、勢いのある若手たちがそれぞれ大役に全力で挑戦、歌舞伎名作を華やかに上演する「新春浅草歌舞伎」。今年も尾上松也はじめ、坂東巳之助、中村壱太郎、中村隼人、中村梅丸、そして上置きとして中村錦之助も出演。1月2日の初日から、パワーあふれる舞台で連日観客を沸かせている。(26日まで。浅草公会堂) 

第1部は、毎年恒例の「お年玉」という年始の挨拶にはじまる。出演者の1人が、幕前で挨拶と簡単な見どころなどのトークを繰り広げる。若者らしい語り口で和ませ、最後はきっちりと歌舞伎調の挨拶で締めるところが気持ち良い。

最初の演目は夫婦の情愛を描く『傾城反魂香』。吃音の絵師・浮世又平(巳之助)と、その女房おとく(壱太郎)は、弟弟子の修理之助(梅丸)が土佐の名字をもらったことを知り、又平にも名字をと師匠の土佐将監のもとにやってくる。だが願いは聞き届けられない。悲嘆にくれた又平は自害を決意、庭先の手水鉢の石に精魂込めて自画像を描く。すると不思議なことに厚い石の向こう側にも、その絵が浮かび出る。この奇跡で師匠に認められた又平は、土佐の名字を許される。
巳之助が又平の言葉の不自由さ、たどたどしさを表情と動きで熱演すれば、女房おとくに扮した壱太郎が、夫の代わりにあれこれ喋る気遣いに夫婦ならではの情愛が滲み出る。浮き出た絵を見て驚きのあまり腰を抜かす2人の姿には、客席から泣き笑いが起きる。巳之助と壱太郎でおもに展開していく物語だが、修理之助の梅丸の端正な佇まいや、主家の騒動を伝えにやってくる狩野雅楽之助の隼人の勢いも楽しめる。正月にふさわしい盛りだくさんの見せ場とともに、ハッピーエンドの心地よさが残る舞台だ。

 吉野山( 実は源九郎狐 松也、静御前: 壱太郎)
『吉野山』松也、壱太郎

二番目は「義経千本桜」から舞踊劇『吉野山』。兄頼朝の不興をかった義経が、西国へと落ちのびていく途中で吉野の山中に身を隠していると、伝え聞いた静御前(壱太郎)と忠臣・佐藤忠信(松也)は、後を追って吉野山中にやってくる。そこに追手の早見藤太(巳之助)が捕手たちを連れてやってくる。
満開の吉野の桜を背景に繰り広げられる舞踊で、静御前と鼓の音を聞いて現れる佐藤忠信(実は狐)の「女雛男雛」の舞、早見藤太と捕手たちの滑稽でアクロバティックな立ち廻りと、静と動が楽しめる舞踊劇だ。静御前の壱太郎の美しさや艶やかな踊り、松也の凜々しさと狐の正体をふと見せる時のかわいらしさ、剽軽さと滑稽さで笑いをさそう巳之助と、それぞれ充実の演目だ。

 _角力場(放駒長吉: 松也、濡髪長五郎: 錦之助) s
『角力場』松也、錦之助

第2部も「お年玉」にはじまり、最初の演目は「双蝶々曲輪日記」から『角力場』。素人角力出身の放駒長吉(松也)と人気力士の濡髪長五郎(錦之助)の取組で賑わう角力小屋。取組は予想に反して放駒の勝利に終わるが、実は濡髪はある頼みごとのためにわざと負けたことがわかる。それを知った放駒は濡髪に怒りをぶつけ、濡髪も堪忍ならなくなり、2人は遺恨を残したまま後日の勝負を約束する。
放駒の松也が素人角力出身という若い力士の初々しさを醸し出し、一方の濡髪の錦之助は大物力士の風格十分。その2人のやり取りが次第に緊迫していく様子に客席も息を呑む。この演目では隼人の山崎屋与五郎も大活躍、濡髪を贔屓にする大店の若旦那で、つっころばしの二枚目を生き生きと見せる。また出番は少ないが、遺恨の発端にもなる遊女吾妻の梅丸の存在も華やかだ。

御存鈴ヶ森(幡随院長兵衛:錦之助、白井権八:隼人jpg
『御存鈴ヶ森』錦之助、隼人
 
続けて、白井権八と幡随院長兵衛の『御存鈴ヶ森』。品川宿のそばの鈴ヶ森は雲助たちの溜まり場になっている。今夜も駕籠に乗った若衆の金品を狙って、雲助たちが襲いかかる。だが若衆はお尋ね者の白井権八(隼人)で、雲助たちは次々に斬り殺されてしまう。その見事な腕前を見ていた俠客の幡随院長兵衛(錦之助)は権八を呼び止める。そして身の上を聞いたうえで、世話をしようと申し出る。権八は快く申し出を受け入れ、江戸での再会を約束する。
鶴屋南北作の歌舞伎らしく、殺し方の残酷美なども見せながら、2人の男出会いの一幕を見せる。隼人の権八は美しく冷血さもある若衆で、錦之助の長兵衛は粋で懐の深い男伊達。男気と色気があふれる一幕で、錦之助・隼人の親子が、相手役としてがっちり共演している姿が楽しめる。

 棒しばり(太郎冠者: 巳之助、次郎冠者: 松也) 
『棒しばり』巳之助、松也

最後は舞踊の『棒しばり』。大名の曽根松兵衛(隼人)に仕える次郎冠者(松也)と太郎冠者(巳之助)は、無類の酒好き。主人の留守に酒蔵の酒を盗み呑むので、大名は一計を案じて、次郎冠者の両手を棒にくくり、太郎冠者は後ろ手に縛って、出かけていく。だが2人は余計酒が恋しくなり、そのまま酒蔵に行き、知恵を絞って協力して酒を飲み交わす。そこに大名が帰ってきて…。
棒にくくられたままの松也と、後ろ手に縛られたままの巳之助のコンビネーションで見せる舞踊だ。それぞれ酔っ払ってからの踊りが見どころで、よろよろと危なっかしい動きにハラハラしながらも笑えて、歌舞伎の舞踊演目の中でもとくに人気の作品となっているのも頷ける。

一部二部とも、花形たちがめったに演じられない大役や難しい踊りに取り組んでいて、それぞれ技術の向上を見せてくれる充実の舞台。そして、浅草ならではの気軽さもあるのが、この「新春浅草歌舞伎」。まだ歌舞伎を観たことのない観客にとっても、その面白さに触れられる良い機会だ。

〈公演情報〉
top_photo2017
「新春浅草歌舞伎」
第1部 
 お年玉〈年始ご挨拶〉
 一、近松門左衛門 作
 傾城反魂香(けいせいはんごんこう)
 土佐将監閑居の場
 二、義経千本桜
 吉野山(よしのやま)

第2部
 お年玉〈年始ご挨拶〉
 一、双蝶々曲輪日記
 角力場(すもうば)
 二、四世鶴屋南北 作
 御存 鈴ヶ森(ごぞんじすずがもり)
 三、岡村柿紅 作
 一、近松門左衛門 作棒しばり(ぼうしばり)

●1/2〜26◎浅草公会堂
出演◇尾上松也、坂東巳之助、中村壱太郎、中村隼人、中村梅丸/中村錦之助
〈料金〉1等席9,000円 2等席6,000円 3等席3,000円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉チケットホン松竹 0570-000-489

【取材・文◇榊原和子 写真提供/松竹】


えんぶ3号発売!えんぶチャート投票ハガキついてます。




kick 

shop 

nikkan 

engeki