0114
泉見洋平・上原理生

世界中で愛され続ける傑作ミュージカル『ミス・サイゴン』。2014年9月、ロンドンのプリンス・エドワード・シアターで上演された25周年記念公演を最新の映像技術で撮影、映画化。映画『ミス・サイゴン 25周年記念公演 in ロンドン』と題し、2017年3月10日(金)よりTOHOシネマズ 日劇他にて公開される。

この映画の公開を記念しトークイベントが開催され、04年、08年、12年、14年とトゥイ役を演じた泉見洋平、そして12年から17年1月までジョン役を演じた上原理生が登壇! 『ミス・サイゴン』が25年以上も愛される理由について語った。
 
トークイベントは2月27日、東宝東和試写室にて行われた映画『ミス・サイゴン 25周年記念公演 in ロンドン』試写会後。会場には白熱の本編を見終えた来場者の熱気が漂う中、MCの呼びかけと共に泉見洋平と上原理生が登場。来場者の中にはミュージカルファンも多く、ミュージカル界を代表する2人に盛り上がる!

0028
 
MCから『ミス・サイゴン』の魅力について聞かれた泉見は「先ずは、音楽ですよね」とコメント。「ふとイントロの音楽を聴くたびに、身体が反応する。音楽の力はあらためてすごいなと思いました。」と、長年ミス・サイゴンで演じていたからこそ感じる魅力をしみじみと語る。続いてMCから音楽以外の魅力を尋ねられた上原さんは、「音楽以外ですか(笑)」と笑いながらも、「扱っているものがベトナム戦争という、身近にあった戦争を題材にしていて、人類の長い歴史の中でいっぱい戦争が起こって、その中で何か学んだはずなのに、でも起こってしまう。それってなんでだろうと思うし、その中で巻き込まれた人の苦しみと悲しみ、でもその中で生まれた愛や、それでも生きてやるんだという強さとかが描かれていて、そういうものが見ている人たちを引き付けてやまないのかなと、あらためて見て思いました」とコメント。戦争という状況下で描かれる愛の物語と音楽が、本作の魅力であると語った。

0008

またMCから舞台で演じていた当時のことを尋ねられた泉見は、「355回出演させていただいたんですけど、演じるたびに、舞台上でしか感じられない新たな感情が生まれるというか。間違えないように演じるというのを超えた、演じている役を生きなければ、この物語を皆さんに伝えられないというのがありまして、本当に死んでも良いというような覚悟があった。色々なことをミス・サイゴンで学びました」と、心の底から役に入り込んで演じていたことを明かす。そして泉見と共演した上原は、「泉見さんが演じたトゥイの亡霊がとても怖かった」と今ならではの告白!  泉見は「あれはトゥイ自身ではないんですよ。あれはトゥイに対してキムが抱いている罪悪感であったり、後悔の念であったりするんですけど、演じる時は120%の力で呪ってやろうと思って演じました!(笑)」と、役に対する解釈を語りながらも、会場に笑いを誘った。

0104

そしてMCから、映画として公開される本作ならではの魅力を尋ねられた二人。泉見は、「『ミス・サイゴン』を離れてもうしばらく経つんですけど、先ずは音楽だけでキュンキュンしてしまう。舞台映像をただ撮っただけではなく、様々な映像がインサートされていて、カット割りなんかもライブ映像を超えたまさにミス・サイゴンの映画版という感じで、僕が(トゥイ役を)やっていたという感覚は勿論あるんですけど、全く新しいものを見たという感じもありました」と、長年演じた作品であっても新鮮に感じる発見があったと語る。また上原は、「カメラが入ったことで役者の細かい表情もすごく見えて、役者もとてもリアルな芝居をしているから映像になっても全く違和感がなかった。演出がものすごくよい形で生かされていて、また舞台で観るのとは全然違う印象を持つことができたことが、興味深かったですね。1本の映画作品として観ることができたのもすごく楽しかった」とコメント。作品の出来栄えにも申し分ないと太鼓判を押す!

また、本作に収められている25周年を記念し歴代の新旧キャストが登壇したスペシャルフィナーレについて、泉見は「感動以外の何物でもない」と、しみじみと語り、上原も「出演者として、サイゴンファミリーの一員になれたことの嬉しさをあらためて感じた」と喜びを語り、「また世代を超えて新旧キャストが共に演じられる音楽の素晴らしさを感じましたし、『ミス・サイゴン』が伝えようとしているメッセージを改めて多く感じることができました」とコメント。世界中で25年も愛されてきた『ミス・サイゴン』のファンは勿論のこと、『ミス・サイゴン』を知らない人でもその魅力が十分に伝わる作品になっていることを最後にアピールした。

0079

来場者に見守られながら終始和やかな雰囲気で行われた本イベント。日本で『ミス・サイゴン』を演じ、引っ張ってきた泉見と上原だけに、『ミス・サイゴン』の魅力、そして映画として生まれ変わった本作の魅力を語り尽くした充実のイベントとなった。最後は会場いっぱいのミュージカルファンに見守られながら、2人は会場を後にした。

unspecified-5
〈映画情報〉
製作◇キャメロン・マッキントッシュ「レ・ミゼラブル」「オペラ座の怪人」「キャッツ」
作◇アラン・ブーブリル/クロード=ミッシェル・シェーンベルク 
音楽◇クロード=ミッシェル・シェーンベルク
キャスト◇エンジニア=ジョン・ジョン・ブリオネス/キム=エバ・ノブルザダ/クリス=アリスター・ブラマー/エレン=タムシン・キャロル/ジョン=ヒュー・メイナード/トゥイ=ホン・グァンホ/ジジ=レイチェル・アン・ゴー
スペシャル・ゲスト◇ ジョナサン・プライス/レア・サロンガ/サイモン・ボウマン 
上映時間:時間7分 ※休憩2回含む

(C)2016 CML 


 




kick 

shop 

nikkan 

engeki