野良女ビジュアルJPG

舞台『野良女』が佐津川愛美、芹那ら豪華キャストで、4月に上演される!
原作はヒットメーカー宮木あや子の小説で、宮木は『花宵道中』で第5回 R-18文学賞大賞と読者賞を受賞してデビューしている。同作品は2014年に実写映画化。2016年秋には『校閲ガール』がテレビドラマ化され、高視聴率を叩き出すなど、宮木作品のメディアミックスからは数々のヒット作が誕生している。その宮木作品からの初めて舞台化が本作の『野良女』だ。

結婚?仕事?なんの為に生きている?と常に悩みがつきず、何事をするにも現実が重くのしかかってくる年齢を迎えたアラサー独身女子が、行きつけの小汚い居酒屋で泡盛を飲みながら続けられるガールズトーク。愚痴を言ったり自暴自棄な発言をしながらも、心底にあるのは「幸せになるまで死ねません!」ということ。そんなあがき続ける5人の女性たちの日常と葛藤を描いている。
 
今回の舞台化で、オンナのホンネを身体を張って演じる女優たちは、この5人。数多の映画やドラマに出演し、実力派女優として知られ、最近では舞台『娼年』でも評価を高めた佐津川愛美。バラエティアイドルだけでなく、つかこうへい七回忌追悼特別公演『リング・リング・リング2016』への出演などで本格的な女優へ活躍の場を広げた芹那。実写版『セーラームーン』で主演月野うさぎ役でデビュー。その後、女優・声優・グラビアなど幅広い活躍を続ける沢井美優。新国立演劇研究所卒業生で、ネクストシアター版『ハムレット』など蜷川幸雄演出作品に数多く出演、『頭痛 肩こり 樋口一葉』など栗山民也作品にも出演する深谷美歩。『特捜戦隊デカレンジャー』のピンク役で特撮ヒロインとしてブレイク。ミュージカル『レ・ミゼラブル』や『Endless SHOCK』をはじめ舞台で活躍中の菊地美香。

演出は文学座に所属する気鋭の若手で、イプセンの『野鴨』演出でも話題を呼んだ稲葉賀恵。脚本のオノマリコは「趣向」の主宰で、『THE GAME OF POLYAMORY LIFE』で第61回岸田國士戯曲賞の最終選考にノミネートされている。稲葉とオノマは2015年に、『解体されゆくアントニンレーモンド建築 旧体育館の話』(シアタートラム)を上演した間柄。そして音楽には「劇団鹿殺し」に所属するオレノグラフィティを迎えている。また、今回は稲葉の意向により、5人の女性の意中の男性、5つの役を1人の男性キャストで表現。5役すべてで異なる表現方法を用いるため、舞台装置はストリップ劇場をモチーフとしたものになる。客席に張り出した「花道」の先に、「ベッド」と名付けた直径2mの円形のステージを設置。女性たちの「勝負」の場は、この「ベッド」で行われる。
 
このほど、作品のキービジュアルも発表された。繁華街のネオンをバックに出演者である佐津川ら5人が決意に燃えた鋭い視線でこちらを見据える印象的なデザインで、「しょぼくれSex And the City@中央線の荻窪より 西側」と、原作者の宮木が自らキャッチコピーをつけた世界観を表すべく、デザイナー自ら西荻窪や三鷹、武蔵境などを歩き、独特な街並みをデザイン上に再現したもの。立ち並ぶ5人の表情には、世間、年齢、男など彼女たちを取り巻く様々な問題と闘おうとする強い意志が込められている。彼女たちが着ているものは、実際に舞台上で用いられる衣装で、このビジュアルで闘う女たちを熱演する舞台『野良女』に期待が高まる!
 

〈公演情報〉
舞台『野良女』
演出◇稲葉賀恵(文学座) 
脚本◇オノマリコ(趣向) 
音楽◇オレノグラフィティ(劇団鹿殺し)
出演◇佐津川愛美 芹那 沢井美優 深谷美歩 菊地美香 他
●4/5〜9◎新宿シアターサンモール
〈料金〉6,900円(全席指定・税込)
〈お問い合わせ〉東映ビデオ カスタマーセンター 0120-1081-46(受付 月曜〜金曜 10:00〜13:00、14:00〜17:00/土・日・祝祭日を除く)
〈公式サイト〉http://noraonna-stage.jp
〈公式ツイッター〉@noraonnna_stage





えんぶ4月号 




kick 

shop 

nikkan 

engeki